「学校や仕事をサボってやったこと」

27歳 女性のエピソード
私は小学生から高校生まで学校をさぼると家で映画を見ていました。当時は今のようにネットで映画を観ることはできなかったので、録画しておいた金曜ロードショウを繰り返し見ていました。近所にレンタルビデオ店があったので、時には母に無理を言ってビデオを借りてきてもらうこともありました。
社会人になった今でも時々さぼりで仕事を休みます。その際も、もっぱら家で映画を見ています。私は職場と家が大変近く、コンビニに行くことすら心配になる距離なので家からは一歩も出られないのです。ただ、学生時代と異なるのは、今はテレビをネットに繋いでいろいろな映画を観ることができるということです。ネットのおかげで、サボった日の映画鑑賞がはかどります。
このテーマの他のエピソード
20歳 女性のエピソード
高校三年生の時、私は大学の公募推薦入試の前日に学校を休みました。休んだその日の授業は受験で必要ない科目ばかり、おまけに体育の授業まであり、一日そんな授業なら最後の追い込みをしたいと思って、同じ大学を受...
続きを読む
30歳 女性のエピソード
大学時代の話です。午前中の授業を終えて、食堂で友だち5~6人とお昼ご飯を食べながらいろいろな話をしていました。その中で、音楽の話になり、カラオケの話題になりました。そんな話をしていたら友だちがカラオケ...
続きを読む
37歳 女性のエピソード
若い時ですが、仕事をずる休みしたことがあります。
会社に行くつもりで家を出たけれど、急に彼氏に会いたくなって、風邪をひいたと嘘の理由で会社に電話して休んで、特急電車に乗って、遠距離恋愛していた彼氏に会...
続きを読む
39歳 女性のエピソード
私が通っていた高校は進学校でありながら、出席に関してはとてもゆるかったので、時々さぼってはいろいろなところに行きました。
たとえば専門学校がやっている、平日のみの美容院。美容師のタマゴさんがカット50...
続きを読む
47歳 男性のエピソード
私は、仕事をサボってパチンコやスロットルを頻繁に行なっています。

住宅関係の営業職をやっており、お客様に営業をかけるのは夕方から夜にかけての時間であり、必然的に日中は時間を持て余すことから、仕事をサ...
続きを読む
36歳 女性のエピソード
今までここまで好きになった人はいないというくらい盲目な恋愛をしたことがあります。
そのときは、彼氏が会いたいといったら学校もサボって会いに行きました。年上で包容力があり、甘えるのが上手で好きになりまし...
続きを読む
29歳 女性のエピソード
昔からストレス耐性の低い私は、学校生活でも社会人になっても、蓄積したストレスが爆発し、現実逃避しがちになる。その時は決まって学校や仕事をズル休みし、映画館で映画を観たり、本屋に入り浸ったり、一人カラオ...
続きを読む
48歳 女性のエピソード
わたしは、毎年11月から12月のクリスマスシ-ズンに、1日だけ平日に仕事をさぼってディズニ-シ-に行き、その年の厄払いをします。

このシ-ズンのディズニ-シ-は、まるで外国にいるような気分に・・・。...
続きを読む
22歳 男性のエピソード
大学の講義があまりにも面白くなく、スマホでやる作業もなかったので出席だけ取ったのちに図書館へ直行してノートPCでネットサーフィンをやっていたり、気ままにアマゾンの欲しいものリストとバイト状況のにらめっ...
続きを読む
33歳 女性のエピソード
私が学校をサボってやったこと。
ものすごくありがちですが、学校をサボってディズニーに行った事でしょうか。
当時、専門学校に通っていたのですが、学校に行く振りをしてバイト先の友人たちと舞浜で待ち合わせを...
続きを読む
33歳 男性のエピソード

 私は逃げ癖といいますか、とにかく面倒な物事があったら問題を放り投げてしまう癖があります。小学生から就職した後にも面倒なことから逃げだしてきた経験があります。
 中でも私が専門学生の頃のが酷かったで...
続きを読む
22歳 男性のエピソード
推しの好きなグループのライブがちょうど祝日の授業日とかぶってしまいどうしようかと悩んでいました。しかし、好きなグループですし、推しが最も輝いている瞬間は今しかない、またライブのグッズも欲しいと思い、授...
続きを読む
31歳 男性のエピソード
小学校時代あまり人前に立つことが好きではなかった私なので、日直がやりたくなく風邪をひいたと嘘をついて小学校をサボり家でアニメを観たり、ゲームをしたりして過ごしたことがあります。
午前中は学校を休むこと...
続きを読む
19歳 女性のエピソード
高校の時に学校の数学のテストがあったのですが、私はあまり数学が好きではなかったので、あまり勉強をしていなかったのですが、テスト当日にテストを受けるのがめんどくさくなって、学校の近くの映画館で映画を見て...
続きを読む
50歳 女性のエピソード
私が短大の1年生だった時、友達との関係が悪くなり仲間はずれにされていました。なんだか学校にいきたくなくて、普通通りに学校に行くふりをして本当はサボり、駅ビルで立ち読みしたり、少し離れた公園でお弁当を食...
続きを読む
60歳 女性のエピソード
一時期、パチンコにはまりにはまっていた時代の話です。出勤経路にある大型のパチンコ屋が新装開店とのチラシを配っていました。新装開店時は出玉が良いのは誰でも知っていることですから、会議は午後からだし、午前...
続きを読む
35歳 女性のエピソード
高校卒業までは無遅刻無欠勤でした。きちんと真面目に生きてきました。なぜか社会人になってからパッカーンして、これまでとは正反対のサボり人生が始まりました。以下、仕事中に業務を放棄してサボってやったことで...
続きを読む
32歳 男性のエピソード
大学4年生の研究室配属されてからのことです。
朝8時半に来て、16時くらいまでいればOKという緩い部屋でした。
実習部屋や図書館など、別の場所にいてもよいので、必ずしも全員が研究室にいるわけではありま...
続きを読む
26歳 女性のエピソード
1年前の夏の出来事です。
当時勤めていた会社は残業が多く、日付が変わってようやく帰ってこれる、という毎日でした。些細な疲労が積み重なり、その日わたしは盛大な寝坊をしてしまいました。目が覚めたときにはと...
続きを読む
44歳 男性のエピソード
学校や仕事をサボってやったこと。
競馬をやりました。地方競馬は大きいレースが平日に行われることが多いのですが、どうしても競馬場に行きたくて、仕事をどうするか、ギリギリまで悩んで、仕事をサボろうと決意し...
続きを読む
26歳 女性のエピソード
高校生の頃、サボり癖がつき、学校にあまり行かなくなってしまいました。全日制の学校でしたが、週に3回くらいのペースで行っていたこともありました。卒業する事はできましたが、かなりギリギリの単位で卒業しまし...
続きを読む
30歳 女性のエピソード
好きなアーティストのライブ(とても当選確率の低い、ライブハウスでのライブ)に当選してしまい、仕事で本来なら休んではいけない日だったのに、休んでライブに参戦してしまいました。その休む連絡も、事前に休むな...
続きを読む
35歳 男性のエピソード
学生時代、自転車通学で1時間をかけていたが「出て5分程の距離で大雨が降ってきた」
それだけで通学が億劫になり「家でゲームがやりたい」衝動に駆られサボりました。
自宅近くに戻り、まずは両親が仕事に出る様...
続きを読む
37歳 男性のエピソード
私は仕事をサボって、喫茶店+スーパー銭湯で過ごしました。
仕事場には「私用があってお休みさせて下さい」と伝え、会社に行くふりをして家を出ました。1日丸々予定がない時間をつくり、日頃のせわしい喧騒を離れ...
続きを読む
46歳 女性のエピソード
仕事の発注が延期になって、ぽっかり時間が空いてしまい、部署全体がヒマな時期がありました。
ぼーっとしてるのも限界があるので、「街や話題の店を見てくるのも仕事のうちだ」ということにして、勤務時間中に、先...
続きを読む
24歳 男性のエピソード
その日は遅刻確定の時間に起きてしまったことから始まる。
1日くらいいいやという考えで頭が痛いなど、熱が出たなどの理由で結局学校を休んでしまった。自分は遅刻も欠席もしていない真面目な人ということで通って...
続きを読む
46歳 女性のエピソード
夏の平日、仕事で取引先に行ったら、意外と早く仕事が終わりました。本来なら、職場に戻らないと行けないのですが、あまりにも暑くて汗びっしょりで疲れたのと、会社に戻るより自宅のほうが早い距離にあったので、職...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
中学校3年間、特に最後の1年の後半は殆ど学校に行かず行ってるフリをしてサボっていた。
自転車通学だったため、最初は近くのちょっとしたショッピングモールや図書館で時間を潰していたがだんだん友達のお母さん...
続きを読む
25歳 女性のエピソード
仕事が多忙になり、毎日終電始発でフル勤務で働いていた時のことです。このままだと体も心も全て壊れてしまうと思い、ある通勤した時に、最寄駅に着いたのにもかかわらず、最寄駅に降りずに会社へ連絡し「今日は体調...
続きを読む
24歳 女性のエピソード
高校生の頃、部活も引退した3年生の時
ずっと部活をしに高校に行っていたようなものだったので
その部活を引退したら高校に行く気力が一気になくなってサボったりすることが多くなりました。
卒業はできるように...
続きを読む
43歳 女性のエピソード
大学の授業があるのにもかかわらず、映画を観てまわりました。
昔は観客席が500席以上が当たり前の時代(昭和ですね)
80席や120席と小さな映画館がレアで私はとても居心地が良かったので、
レトロな映画...
続きを読む
38歳 女性のエピソード
どうしても、行きたいアーティストのLIVEが当選して、迷った挙句、行ってしまった。
チケットを、定価で譲るか、誰かに譲渡するか、ギリギリまで悩みに悩んで、考えた挙句、
LIVE当日になると、自然と身体...
続きを読む
25歳 女性のエピソード
高校時代、勉強についていけなくなって、よく学校をサボっていました。
サボった日は、両親が仕事に行った後の時間に家に戻り、ひたすら動画サイトで趣味に関連する動画を見ていました。
音楽を聴いたり、クオリテ...
続きを読む
23歳 女性のエピソード
小学生の頃、新任の担任だったので言うことを聞く生徒が少なく授業の途中だろうが何だろうが、教室を飛び出して当時の仲良しメンバーで家でタコパをしたり小学生ながらにおおちゃくをこいていたことと、高校の頃、学...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
学校をサボって2つ駅隣の彼氏がいる学校近くまで行き会いました。
すごく会いたくて毎日でも一緒に居たかったので学校の途中で仲良かった子に
ちょっと今から帰るね何か言われても体調が悪かったみたいとでも言っ...
続きを読む
54歳 女性のエピソード
自分で言うのも変ですが、とても真面目な学生だったと思います。
しかし、後にも先にも一度だけ学校をサボった事がありました。
高校生の頃、プロレスに熱狂していました。地方に住んでいたので、プロレスの巡業は...
続きを読む
31歳 男性のエピソード
私は月曜日の仕事を仮病でサボり土日月の3連休にしました。それから1日ずっとスマホゲームをしていました。というのもそのゲームはリリースしたばかりで曜日イベントやレイドボス、時間イベントがありました。それ...
続きを読む
52歳 男性のエピソード
私は大学を卒業し、一旦企業に就職したものの
溶接の技術を学んで見たくなり
職業訓練校に30代半ばで入学しました。

その時学校で知り合ったのがいまの家内ですが
当時彼女は生徒ではなく、商業関係のインス...
続きを読む
34歳 女性のエピソード
高校の頃、学校に行くのが億劫なときは、よく電車に乗って遠くに出かけていました。親には学校に行っていることにしたいので、いつもと同じ時間に出て同じような時間に帰ってきました。
学校の最寄り駅へ行く電車は...
続きを読む
29歳 女性のエピソード
昔からストレス耐性の低い私は、学校生活でも社会人になっても、蓄積したストレスが爆発し、現実逃避しがちになる。その時は決まって学校や仕事をズル休みし、映画館で映画を観たり、本屋に入り浸ったり、一人カラオ...
続きを読む
19歳 女性のエピソード
とても悲しいことがありとてもじゃないけど学校になど行ける気分ではなかったので、もともとその日は休みだった友達といっしょに買い物に行きました。
今までサボりなんてしたことがなく、母もそういったことには厳...
続きを読む
43歳 男性のエピソード
家を出るときには、元気に「行ってきま~す」と出ていったのですが、なぜか気分が乗らず、会社に「体調不良で」と嘘をつき有給をもらったことが数回あります。
街中をふらついていても、どこで誰が見ているかわから...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
小学生のとき、私は森田剛、母はキムタクにどっぷりハマっていて、一度だけ平日に学校をサボって、母と2人で電車を乗り継いでジャニーズショップに行ったのが楽しくて忘れられません。「学校サボっちゃえ!」と提案...
続きを読む
28歳 男性のエピソード
学校(大学)時代。
よく授業をサボってパチンコパチスロに行っていました。当時はジャンキーで学校サボってはパチ屋を4.5軒は渡り歩いていました。しかも金がないのにどこかで絶対大勝ちをすると変に夢を見てひ...
続きを読む
38歳 女性のエピソード
大学生のときですが、授業をサボって年上の彼氏と遊んでいました。
私はまだ1年だったので、ほぼ毎日大学へ行き、割とタイトな時間割をこなさないといけなかったのですが、大学までの通学時間が長く、行ったふりを...
続きを読む
23歳 女性のエピソード
学生の時、通っていた学校の最寄り駅まで着いた途端行くのが嫌になり、そのまま電車で他県まで一人旅しました。誰も自分のことを見咎めず、気にされないというのは大変楽でしたね。最初に知らないカフェに入って、一...
続きを読む
21歳 女性のエピソード
私は中学校の時からずっとK-POPが好きでした。その中でもKARAがとても好きでした。中学の時にあったK-POPの女性のグループでは初の東京ドームコンサートコンサートに行きたかったのですが私はお小遣い...
続きを読む
36歳 女性のエピソード
友達との飲み会で、結果サボりになりました。
専門学校の時、友達との時間が本当に楽しくてクラスの半分以上(少人数のクラスです)と飲みに行き、そのまま私のアパートに流れてみんなで朝まで飲み、朝まで飲んでい...
続きを読む
20歳 女性のエピソード
学校へ向かうつもりで家を出ましたがそのままカラオケ店に入りました。
その日は寝坊し、髪型や洋服等が自分の理想と合わないままにやむを得なく家を出たので、学校へ向かう途中の電車の中でズル休みすることを決意...
続きを読む
24歳 男性のエピソード
高校生当時、学校をサボって冬の海まで行ったことがあります。
当時お付き合いしていた彼女と別れ、行き場のない気持ちが思春期というフィルターを通して発露したのだと思います。
海の寒さに身震いしたことと、こ...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
有給が溜まっても、なかなか消費できず…
周りから休みなよ!と言われても、ちゃんと予定が入ってない時って休みにくいんだよなぁと思っていたら、年の離れた弟がインフルエンザに罹って、弟の看病というか見張り(...
続きを読む
43歳 男性のエピソード
宿泊営業の仕事をしています。僕が仕事をサボってやっていることは語学の勉強とデイトレードです。宿泊営業のセールス先の多くは旅行会社ですが、以前に旅行会社で働いていた経験があり業界の人脈を活かして、少ない...
続きを読む
24歳 女性のエピソード
高校1年生の冬に特に理由はないのですが、学校に行きたくない時期があり、ある日の朝お腹が痛いと言って休もうとしました。母親は私の嘘を見破いたのかは分かりませんが休ませてくれず、そのまま学校へ行きました。...
続きを読む
37歳 男性のエピソード
高校の時にたまにサボりましたね。

友人の家に泊まって、朝起きてから学校いかずにまずファミレスでモーニング。(もちろん私服で)
三時間目から出勤が多かったですが、ひどいときは、午後からとか、授業全部終...
続きを読む
32歳 男性のエピソード
毎週月曜日はとても早起きでした。
なぜなら新装開店だからです。そう、パチンコ屋に並び新台を打つために朝並ぶために早起きし
ていました。早朝のため会社の上司にはメールにて具合が悪い旨を伝え、お休みいただ...
続きを読む
28歳 女性のエピソード
私が学校をサボってやってたことはバイトとバンドの追っかけです。

私の通っていた高校はアルバイト禁止だったのですが小さいスーパーマーケットでレジのアルバイトをしていました。
当時は最低賃金が770円ぐ...
続きを読む
27歳 男性のエピソード
私が新卒で入った車のディーラーに営業マンとして入った時の話です。入社して1.2年目は、覚えることもたくさんあり、2年目は後輩も多く入ってくるため、なかなか気を抜けず、休日も返上して仕事に励む日々が続い...
続きを読む
41歳 男性のエピソード
当時のメル友が九州にいて、どうしても会って話がしたいと連絡があり、関西から仕事を丸3日サボり車で向かいました。九州には初めて行くので友達に夜中から美味しいラーメンをたべにいこうと誘いそのまま九州へ向か...
続きを読む
44歳 女性のエピソード
遠くから友達が遊びに来てくれていたので、仕事をさぼって一緒に遊びに行きました。
友達は休職中だったので、平日に遊びに来たのです。
私は出勤日だったのですが、久しぶりに会う友達だし、今度はいつ会えるのか...
続きを読む
37歳 女性のエピソード
某私立中高一貫校の教員になって6年目のこと。上司とうまが合わず、一緒に仕事することが苦痛で苦痛で仕方なかった頃、あることをきっかけに過呼吸になってしまいました。もう、自分がわからなくなり、母親に「仕事...
続きを読む
33歳 女性のエピソード
高校2年生の時の体験です。その日は校外学習で、学年全員が指定のミュージカルを見に行く日でした。
しかし、私と友達はそれには参加しませんでした。学校に学生や先生たちが居ないことをいいことに、体育館に忍び...
続きを読む
72歳 男性のエピソード
随分昔の話になりますが、学校や仕事をサボってやった事は麻雀とパチンコですね。特に麻雀の覚え始めの頃はとにかくやってみたくて機会があればとにかくやりまくっていましね。勝っているときに止めるのは簡単なので...
続きを読む
25歳 女性のエピソード
学校に行くのが嫌だな〜めんどくさいなと思っていた時がありました。その頃は高校に行くふりをして家をでて、地元で学校をサボっていかないような友達がいたのでその子とよく遊んでいました。朝、その友達の家に行っ...
続きを読む
42歳 男性のエピソード
仕事をサボってやったことは、日帰り温泉にいきました。
その日、普段と同じ様に出社して朝礼を済ませ、営業に出ました。
予定は、電車で1時間程かかる海が近くにある営業先に向かい、午後には、帰社して事務処理...
続きを読む
22歳 女性のエピソード
学校に行きたくなくてサボった時は、両親にもばれたくなかったので、とりあえず制服で学校に行く時間にしっかり出かけました。
私服は持たずに、校則違反の色付きカーディガンとスカートを折って短くして、一見学校...
続きを読む
21歳 男性のエピソード
自分は趣味がアイドルオタクなのですが、学校の授業をサボって何度かイベントに行ったことがあります。そして、ライブでとても盛り上がって、その後友達とカラオケに行ってライブのセットリスト通りに歌うということ...
続きを読む
24歳 男性のエピソード
1,漫画喫茶に行く
実家暮らしだったのでサボったことがバレたくないと思い時間がつぶせて楽しめる漫画喫茶をたくさん利用していました。結果バレていたのかはわかりません。

2,地域の散歩
これは大学生の時...
続きを読む
43歳 女性のエピソード
高校は海の近くにありました。徒歩10分かからずに海まで行ける近さでした。そこで、夏になると授業や補修をサボって海に遊びに行っていたものです。何をするわけでもなく、ただ海に行っていた気がします。
不思議...
続きを読む
45歳 女性のエピソード
高校生の頃、1年生の頃から軽音部に入ってバンドを組んでいました。
そのため、スタジオやライブハウスへ普段から入りびたり、先輩や他校の生徒や
その他の一般社会人のバンドマン(ウーマン含む)達と知り合いに...
続きを読む

「家族に一番感謝したこと」

46歳 女性のエピソード
産まれたときからいる家族ではなく、結婚して築いた家族に感謝しています
家族といっても夫だけですが、わたしの内面を変えて支えてくれる人です

親や妹とは心からの信頼関係はありませんでした
ただ書類上一緒に生活した関係のような気がします

でも夫とは心から笑い、一緒に考えてくれて、支えて共に歩んでくれる
私は何て素晴らしい家族をもてたんだろうと感謝の気持ち以外ありません
私が楽しむことを快く許して、喜んでくれる

20代後半になって結婚をあせったこともありましたが、焦らずに待ってよかった
もし別の人と結婚していたら私の幸せは大きく狂っていたかもしれない
それぐらい夫との生活が充実しています

子供はいないけど、2人で支え合って年を重ねたいと思います
このテーマの他のエピソード
27歳 女性のエピソード
私が家族に感謝したこと。それは周りは大反対していたのに、留学に行かせてくれたことです。元々海外へ興味があった私は、大学の時に留学をしたいと決めていました。しかし両親はどんな反応をするだろう…そう思った...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
仕事で気持ち的にボロボロに追い詰められたときに、そんなに辛いならばやめてもいいんだよ、と言ってくれたことです。当時は夜勤がある職場で人でも足りなくて夜勤の回数が多く、熱が高くても出勤し、心に余裕がない...
続きを読む
38歳 女性のエピソード
私には子供がおります。
産後6カ月の頃腰が痛くなり、ついに起き上がれなくなりました。
独身のころにも腰椎椎間板ヘルニアを患ったことがありすぐにそれだとわかりました。
前回は痛み止めと使い、一週間弱横に...
続きを読む
57歳 女性のエピソード
 私は長いことうつ病を患っていて、こんなにうつって長引くものなのかと思っていたら、最近「双極性障害Ⅱ型」という診断が出ました。うつ病だけだとあんなに長く、また繰り返すものではないそうです。双極性もうつ...
続きを読む
36歳 女性のエピソード
家族に一番感謝したのは、私が20代のころのことです。
当時付き合って、周囲にもうちの両親にも結婚する体で紹介していた同棲していた彼氏が、職場の女と浮気してしまい、同棲が解消されました。結局は別れました...
続きを読む
39歳 男性のエピソード
私は中学生の時に病気の癲癇になりました。
大学時代に、発作をおこして、自転車で交通事故にあいました。
そのために、手術することになりました。
両親は看護婦とサラリーマンでしたが、看護婦の母が会社を
休...
続きを読む
51歳 女性のエピソード
仕事を長年やってきたがとてもしんどくてはっきり言ってブラック企業になってしまった。むかしは事務部署と営業部署が力を合わせて仕事を完成しようという感じだったが、管理職が上層部から命令を受けるからそうなる...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
私が婚約破棄をしてしまったときのことです。家を出て行く覚悟もしており、仕事も辞めることも伝えていました。家族からも彼と幸せになるためだったら出て行ってもいいよと言ってくれていました。転勤族の彼の力にな...
続きを読む
41歳 女性のエピソード
私は、一人っ子として育ちました。
現在両親は既に他界してしまいましたが結婚し子供が1人います。
生活は楽では有りませんが充実した生活を送っています。
その理由は、私には兄がいたそうですが彼が3歳の時に...
続きを読む
48歳 男性のエピソード
もう大分前になりますが、私が離婚をして実家に戻った時の話です。
元嫁や、その親、姉妹と価値観が合わずに離婚をしました。
向こうの家は金銭的に大変な事があり、借入金を申請する時に、二度も保証人になったり...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
今私には夫と子供3人、そして私の母の6人で暮らしています。母とは性格が似ていて些細な事ですぐに言い合いになり、喧嘩をしてしまいます。そして間に夫がいつも挟まれている感じです(笑)
子供が3人保育園へ通...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
私は二年前に娘を出産しました。妊娠中から主人に助けられ、つわり期も乗り切れました。
特に出産中から産後は助けられました。私が陣痛に苦しむ中、声を掛けてくれたり、背中をさすってくれた時はとても嬉しかった...
続きを読む
51歳 男性のエピソード
私は現在親子3世代で2世帯に住む50代無職の男性です。片方の家には長女と小学生1年生の孫が住んでいます。長女の旦那は数年前に急病で他界したため子供も小さいこともあり近くに住むことになりました。我が家に...
続きを読む
46歳 女性のエピソード
家族といっても、私が産声を上げて育った家族ではありません
結婚して一緒にいる家族です

血のつながった続柄なのにそっけない関係でした、絆や家族への想いは希薄です
自分は親から考えを押し付けられて育ち、...
続きを読む
24歳 女性のエピソード
私が病気になった時に家族が1番支えになってくれました。
精神的に弱っていた私を見捨てることもなく
諦めることもなく話を聞いてくれ、調子が良くなるように色々調べてくれ、実践してくれたりいておりました。
...
続きを読む
21歳 女性のエピソード
私はかつて大きな病気をしたことがあります。その時私を一番に支えてくれたのが、家族でした。まだ子供だった私は周囲に対してはっきり向ける目を持たず、病気になったことを嘆いたり当たり散らしたりしました。ひど...
続きを読む
37歳 男性のエピソード
私は妻と子ども3人の5人家族です。
結婚して7年目、仕事も36歳なので脂ののってきたところなので、
残業も毎日多いです。
残業が続くと、日が変わったぐらいに家につき、晩御飯をレンチンして
一人で寂しく...
続きを読む
49歳 女性のエピソード
昨年の春に鬱病となりました。6月に自殺をしようと首を吊りましたが、ロープが切れて未遂となりました。その後は、精神病院の閉鎖病棟に強制的に入院となりました。鬱は、様々なことが組み合わされて発生しているの...
続きを読む
39歳 男性のエピソード
専門学校を出て初めての就職で、何もわからない中で通勤をしていましたが、上司が何も教えてくれず、職場の雰囲気にも馴染むことが出来ない状況で、何とか数年務めましたが結局精神的にしんどくなり、最終的に無断欠...
続きを読む
46歳 女性のエピソード
社会人になって一年目に、ストレスで自律神経失調症になった時のことです。
当時一人暮らしをしていたので、実家に帰って療養することになりました。
私は、親の期待を裏切ったような気がして、両親に申し訳ない気...
続きを読む
38歳 男性のエピソード
自分が病気になったときに父親が仕事を辞めてまでも看病してくれたことです。父親は仕事に対してやりがいを持っていましたし絶対にやめたくないと思っていたはずです。それでもこちらに気を使わせないようにしていろ...
続きを読む
40歳 女性のエピソード
心労がたたって、人混みや乗り物に乗ることが苦手となりました。できるだそのような状況を避けるようにしていますが、どうしても避けられないとき、夫や子どもが付き添ってくれて、なんとか無事に乗り切ることができ...
続きを読む
22歳 女性のエピソード
私は昨年、妊娠出産を経験しました。
妊娠期間中の想像を超えるつわりで、食べ物を食べても吐き、食べれるものも限られて体重は5キロ減りました。
また子宮が大きくなったための内臓の痛みや、骨盤などの痛み、足...
続きを読む
41歳 女性のエピソード
私はシングルマザーですので、両親に手伝ってもらうことが大変多かったです。今でも中学校の子どものために習い事の送迎を頼んだりしています。子どもが小さい頃は、保育園の送迎等もお願いしていました。仕事をして...
続きを読む
49歳 女性のエピソード
学生の頃からとにかく決めたことは曲げない性格で良く言えば行動力がありました。大学派行きたい所が決まっており両親からは家から通える学校にしなさいと言われたのにどうしても行きたい学校が通えない所だったにも...
続きを読む
26歳 女性のエピソード
私は、中学時代、吹奏楽部に入っていたのですが、中学1年生の頃から部活内でハブられたり、こそこそと陰口をされたり散々でした。私の左腕には、生まれた時から赤いアザがあるのですが、半袖の季節になると、否が応...
続きを読む
39歳 女性のエピソード
普段ならいて当たり前、空気のような存在なのが家族だと思っていました。そんなに仲がいいわけでもなく、喧嘩もするような関係だったのあり、ありがたみを感じることはさほどありませんでした。
それが変わったのが...
続きを読む
45歳 男性のエピソード
仕事で、ちょっとした交通事故に見舞われ、3カ月入院することになりました。不安と絶望に毎日、日々からけていました。心優しい妻は、毎日お見舞いに訪れてくれて、しかも毎日励ましのお手紙を書いてくれました。そ...
続きを読む
31歳 女性のエピソード
私は地元から遠い大学に進学したことをキッカケに一人暮らしを始めました。
最初は人並みにホームシックにもなりましたが、人との出会いや交流の多い大学生活の中ですぐに解消され、次第に実家に連絡する頻度も下が...
続きを読む
25歳 男性のエピソード
一人っ子で今の家庭に生まれました。
小さい頃から、厳しくも優しく育ててくれました。
そんな中で感謝していることは、沢山あります。
しかし、その中でも、やはり、1番感謝していることと言えば、小学校から大...
続きを読む
33歳 女性のエピソード
高校から進学する際、私はまだ就職も不安定な資格の職業に就きたいと両親を説得して、地元から離れた専門学校への進学を希望した。進学先は都会であるため、心配した両親は学費の他に寮での生活費なども援助してくれ...
続きを読む
31歳 女性のエピソード
去年の5月は初めての出産。妊娠経過は卵巣嚢腫があり、手術する羽目になったけれど極めて順調だった。お腹のこどもも「少し大きめの男の子だね」って医者に言われてたぐらいで健康優良児っぽかった。
予定日近くに...
続きを読む
43歳 女性のエピソード
一人暮らしをしていた時は、仕事もしていましたし友人もおりましたが、体調が悪い時に病院に行きたいので車を出してほしいとか、会社の先輩や友人には言えませんでした。
仕事が休みの日に起き上がるのも辛くてどう...
続きを読む
41歳 女性のエピソード
シングルマザーで、仕事をしているので、実家の父母には特に感謝しています。子どもが保育園の時は送迎をお願いしていました。朝子どもを保育園まで送るのはほとんど大丈夫だったのですが、仕事が遅くなることが多か...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
家庭環境があまりよくない中で育ったため、両親に対して特別な思い入れなどがないのですが自分を産んで育ててくれたことに関してはとても感謝しています。今自分が子供がいるので尚更感じます。
あの家庭環境があっ...
続きを読む
36歳 女性のエピソード
今は結婚して旦那と二人で住んでいます。
独身時代は父親と祖父と弟と私の四人暮らしでした。離婚していて母親とは一緒に住んでいなかったため、洗濯物や洗い物、掃除、料理や買い物すべてというか、ほとんど祖父が...
続きを読む

「忘れられない夏の思い出」

23歳 女性のエピソード
19歳の社会人1年目の時に、久々に高校の友達3人と遊びました。夏だったので花火をしようと河川敷で花火をしました。車を止めて、携帯だけ写真を撮るために持っておりました。車から100メートル離れたところで花火をして楽しんでいました。するとバーンっと音が聞こえて、何?と言ってビビっていたのですが、近くに高速道路があったのでトラックの音かな?と言ってました。30分ほど花火をして終わって車に戻ったらなんと車の窓が割られていました。まさかの車上荒らしにあってました。携帯だけ持って荷物は置いていたので見事に全て盗まれていました。後々気づいたのですが、あのバーンとした後は窓を割る音だったんだと思うと、ゾッとします。忘れられない夏の思い出です。
このテーマの他のエピソード
40歳 女性のエピソード
私の両親の実家は、双方ともに地方にあります。
親戚は、それぞれその地方に固まり、しょっちゅう交流をしているようで、我が家だけが1年に1回、夏休みに帰省するのが毎年恒例の夏休みの行事でした。
親戚が我が...
続きを読む
57歳 女性のエピソード
57歳の専業主婦です。忘れられない夏の思い出は、恋の思い出です。20歳の時会社の得意先の方で、月に何回か来られる時に会釈程度ぐらいで、特に意識はしてませんでした。
しばらく経って、映画館でバッタリ...
続きを読む
43歳 男性のエピソード
高校生の頃の話です。卒業する学年になり、仲の良かった人たちで海に行こうという話になりました。BBQもついでに行うということにして、すでに車の免許を持っていた友人たち何人かの運転で海に向かいました。私は...
続きを読む
24歳 女性のエピソード
小学生の頃、近所の夏祭りを友達と楽しんでいた時のこと、突然夕立に見舞われました。真夏だというのに、雨で冷え、浴衣は台無し。二人でプルプル震えながら、肩を寄せ合い、ごった返す人波の中、財布を握りしめ、雨...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
中学生の時友達と海に行く約束をしました。
好きな男の子達と一緒に行くこともあって、計画は友達と念入りに考えました。海に行く交通手段やお昼ごはん、そして水着!中学生ながら背伸びして友達とビキニを買いに行...
続きを読む
40歳 女性のエピソード
高校生の夏休みにイギリスにホームステイに行った時の人生最大のモテ期だった体験を告白します。
当時私は女子校に通っていました。中学まで共学だったので、出会いがなく、恋バナがしたかったのでオーバーに軽いノ...
続きを読む
49歳 女性のエピソード
1998年7月に横浜スタジアムで開催された氷室京介さんのライブに行った事が忘れられないです。
OneNightstandライブ、ファイナルとその前日の2日間参戦したのですが、ファイナルの日は座席がアリ...
続きを読む
37歳 女性のエピソード
花火大会の後に下駄の靴擦れが痛くて、用意しておいた普通のサンダルに履き替えて歩いて帰りました。しかし、下駄を忘れてきてしまい、忘れた場所が悪くてちょっとした騒ぎになってしまいました。

その花火大会で...
続きを読む
22歳 女性のエピソード
私は夏が大好きです。海にプールに川遊び・・・毎年夏はアウトドアを、沢山して楽しんでいます。
特に私は海などでするBBQが大好きで毎年10回以上する程です。
ある年の夏も毎週のように海などに遊びにいって...
続きを読む
43歳 男性のエピソード
私が小学生の時、夏休みには友達と集まって近所の山や空き地などに良く遊びに行きました。今の時代ならあまり子供達も外では遊びませんし、出かけるにしても日焼け対策や熱中症対策など万全にして出かけると思います...
続きを読む
40歳 男性のエピソード
私の忘れられない夏の思い出は、「仕事に明け暮れた」ということである。
私は塾講師をしているので、夏は「夏期講習」に明け暮れることになる。普段平日昼間子供達は学校に行っているので、塾講師の仕事は午後から...
続きを読む
62歳 男性のエピソード
今から30年ほど前になりますが、当時は中学校の教師として働いていました。夏は、部活動の稼ぎ時でもあります。また、市郡の大会で県大会への出場権を得た場合や、それに続く中国大会・全国大会への出場権を得た時...
続きを読む
52歳 男性のエピソード
小学生の頃、夏休みに和歌山の方へ家族で、2、3泊でしたが、親に海に連れて行ってもらいました。電車とバスでの移動で、宿泊は民宿でした。場所は和歌山県日高町産湯の辺りでした。弟も含め、家族4人で毎年、その...
続きを読む
37歳 男性のエピソード
当時28歳でした。
地元のお店で接客業をしていました。
そこに高校中退の女の子が新人で来ることに。

ツンデレな感じな女で、「この仕事お願い」といっても

「めんどくさいです」「やりたくないです」とい...
続きを読む
24歳 女性のエピソード
それはまだ私が大学生だったころ、学校のカリキュラムでクラス全員で行った月山への写生旅行。
初夏だというにもかかわらず、着いた場所はひんやり冷えており、山の山頂付近では雪が積もっていた。どこで写生するか...
続きを読む
33歳 女性のエピソード
小学生の頃に通っていた学習塾のキャンプでの出来事です。その学習塾には仲の良い友達と通っていました。キャンプ場はログハウスがあり、プールも付いており昼間はプールを友人達と楽しんで、夜はログハウスでみんな...
続きを読む
48歳 男性のエピソード
江ノ島に彼女と行った事です。付き合いはじめて間もない頃だったのですが、2人で江ノ島水族館へ行きました。
昼御飯は、釜揚げしらす丼を食べました。美味しかったです。
水族館では記念撮影をして、館内をブラブ...
続きを読む
29歳 女性のエピソード
夏は、私と夫が付き合いはじめた記念日がある。それで毎年、決まったお店でディナーを楽しんでいる。去年も例年通り、今までの思い出に浸りながら楽しく食事をした。食事が終わり外に出ると、たまたま地元の祭りが開...
続きを読む
37歳 男性のエピソード
親の介護と上司への信用がなくなり仕事を辞めた直後の夏の一件が未だに忘れられません。その日はとても暑く、ビアガーデンに行ったら最高だろうなと思う日でした。かくいう私も友人達と飲みに行く約束をしており友人...
続きを読む
33歳 男性のエピソード
当時中学生だった僕は、夏休み限定で家庭教師を頼んでいました。
来てくれていたのは地元の国立大に通う19歳の大学生のお姉さんです。
勉強はわかりやすく、楽しくて夢中になっていたのを覚えています。
当時は...
続きを読む
34歳 男性のエピソード
ひと夏の恋関係のネタは残念ながら一つも持ってないんですが、中学時代の話で自分自身は部活で美術部に所属し、元々、絵を描く事は嫌いではなく、また帰宅部だと担任(中学3年同じだった…)が口うるさい(どちらか...
続きを読む
21歳 男性のエピソード
中学時代の友人と久々に会うことになり、会った時、彼に彼女がいました、
しかも相手は自分も好きだった女性、そう彼もその女性が好きだったそうです。

話を聞くと、中学卒業式後に告白したみたいでした。

私...
続きを読む

「嘘みたいなほんとの話」

48歳 男性のエピソード
 私、今年の1月20日に、幽霊を見たんですよ。生まれてはじめて。驚きましたねー。
 JR新潟駅の構内。万代口東通路の少階段のある曲がり角。朝早い時間でした。白人女性型の、幽霊なんでしょうねー。ほんとに脚がないんですよ。足首の辺りから先がありませんでした。
 そこにいるわけではなくて、3Dでもないんでしょうね。亜空間違いなんでしょうか。そこに、光のような、魔法性質というんでしょうか。そういったものが、あるような気がしたんですね。
 顔はわかりませんでした。ただ、白いドレスを着ていたような感じでした。「見た」と言っても、「見えた」部分がある、ということなんですね。身長は、188.3センチという感じ。脚があれば、の話ですね。
このテーマの他のエピソード
22歳 女性のエピソード
以前付き合っていた彼氏の話です。半年も経たないうちに別れを切り出されました。私から告白した相手なのであきらめきれず、理由を問い詰めました。
はじめは言葉を濁していた彼でしたが、やっと白状した理由がなん...
続きを読む
41歳 女性のエピソード
子どもの小学校には地域毎に子ども会というものがあります。子ども会の運営は保護者が順番に役員をして当たっています。だいたいは高学年保護者がそれにあたります。ここまでが前提です。

子どもが二年生だった頃...
続きを読む
33歳 男性のエピソード
数年に1回大きな事故に遭います。
小学生の時から事故に遭い始め、最後は交通事故まで経験しました。

ここ10年以上身体的な事故には遭っていないのでこの先が不安です。
また、規模も年々大きくなっていって...
続きを読む
39歳 女性のエピソード
私は生まれつきずっと猫背で悩んでいました。自分ではまっすぐな姿勢を心がけているつもりでも周りからは口うるさいくらいに猫背と言われ、努力も認めてもらえず、とても辛かったです。特に高校時代、年に1回の健康...
続きを読む
72歳 男性のエピソード
嘘みたいな本当の話です。
高校を卒業して就職した会社を3ヶ月で退職して放浪の旅に出ました。お金はほとんど持っていませんでしたが、所謂住み込みの求人広告を見て京都の中華料理店でホール係や皿洗いの仕事をし...
続きを読む
42歳 男性のエピソード
毎日電車で通勤しています。通勤時は大体同じ時間なので周りの乗車する人も同じ人で乗る車両も大体同じ車両に乗ります。その時、可愛い女子高生と毎日同じ時間、同じ車両に乗っていました。相手が気づいているかわか...
続きを読む
41歳 女性のエピソード
高校生の頃自分で耳の上部にピアスを開けようとして氷で冷やして安全ピンを刺して抜いた後、「ポタッポタッ」という音が聞こえてどこから音がしてるのかなーと呑気に思いながら鏡を見たら自分の耳から血が滴ってる音...
続きを読む
34歳 男性のエピソード
マッチングアプリを利用していた時にある女性と出会ったのですが、その女性が私と出身地が一緒で、尚且つ出身高校も同じでした。私には3歳年下の妹がおり、妹も同じ高校の出身なのですが、その女性は私の妹の同級生...
続きを読む
51歳 女性のエピソード
主人の仕事で地元を離れ、慣れない土地での出来事です。
固定電話の番号がどこかの施設と似ていたのか、毎日と言っていいほど間違い電話が多かったのです。
その日も間違い電話だろうと電話に出たら、相手は年配の...
続きを読む
26歳 女性のエピソード
それは、私が高校3年生だったとき、ある冬の日の夜に起きました。
私は当時電車通学をしていて、高校と駅の間の距離は15分くらい自転車移動でした。
私の高校は進学校で、学校が終わるのが18時くらいだったの...
続きを読む
50歳 女性のエピソード
私がオーストラリアの北部の亜熱帯地域を旅した時の話です。

その日は、ボートで渓谷を巡る1日ツアーに参加しました。ボートに乗る前にトイレに行っておいてくださいとツアーガイドさんに言われ、私はトイレに行...
続きを読む
37歳 男性のエピソード
僕の母親の話です。僕が小さい頃父親が母親のものを質入れしてから人間不審になりました。その結果学校に行く時かばんの中身を調べられ裸にされ何か外に持ち出ししないか確認され毎朝学校に行くまで1時間その作業を...
続きを読む
23歳 女性のエピソード
 LINEが普及し、現在のようにID検索に制限がなかった時代がありました。その当時私は高校生になりたて、世の常識も分からず、中学の頃から欲しかった携帯をようやく手にして有頂天になっていました。
 LI...
続きを読む
38歳 女性のエピソード
宝くじのエピソード。一時期、ナンバーズを、当てようと地道に、宝くじ売り場に、行っていた。ある時、私の前に居たマダム(決して派手な成金という感じではなく、しっとりとした艶やかな年配の奥方)が、私に向かっ...
続きを読む
37歳 女性のエピソード
私は昨年結婚したのですが、主人と初めて出会った瞬間に、あれ?私この人と多分すごく仲良くなると瞬時に思いました。
実際に話していると全く同じタイミングで同じ言葉を言ったり、連絡を取ろうとするタイミングが...
続きを読む
73歳 女性のエピソード
これって一体誰のお通夜?
約二十年前、職場の同僚のお義父様のお通夜にお参りする事になりました。
場所も分らないまま出発!目的地付近に着くとお通夜らしき明かりが見えてきました。 受付でお香典を手渡し、記...
続きを読む
19歳 女性のエピソード
小学生のころ、学校のブラスバンドに所属していたのだが、ある日音楽室から体育館に打楽器をを運ぶ時間があった。同じパーカッションパートの友達と仲良く談笑しながら鍵盤打楽器を押し廊下を移動していたのだが、話...
続きを読む
30歳 女性のエピソード
大学生の夏、母だけ予定が合わず、私と父の二人だけで墓参りに行ったときの話です。
自転車で20分、肝心の墓地に着いた瞬間、まさかの父から「うちのお墓はどれ?」と聞かれてしまいました。父は私が知っていると...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
私の母は昔から天然です。塩と砂糖を間違えたり、いい間違いをするのは日常茶飯事でした。私が学生時代のころ、送り迎えを車でしてもらったときのことですが、帰り道によく行くスーパーへ買い物に行くことになりまし...
続きを読む
41歳 女性のエピソード
夫の趣味が錦鯉を飼うことで、インターネットで錦鯉を購入したんです。
するとクロネコから電話がかかってきて「水が漏れているので、今すぐに行きます!」と言われ、ずぶ濡れの段ボール箱を持ってきました。
夫は...
続きを読む
23歳 女性のエピソード
中学から6年間刑務所なみの学校で寮生活をしていた。
ダウンタウンの浜田がいた学校に通っていた。
昔よりはだいぶ落ち着いたがまだまだ昔と同じような学校で私がいる時、学校で先生が自殺して警察や救急車が来た...
続きを読む
36歳 女性のエピソード
時が戻ったことがあります。
小学校5年生のお盆の時でした。
その前の年に亡くなった親戚の家に行き、親戚が集まって話しているのを退屈に過ごしていました。
キュウリの漬物を食べたり、麦茶を飲んだりして、「...
続きを読む
38歳 女性のエピソード
当時3歳の息子とは良いことをすると必ず神様が見ていて良いことが回ってくるんだよという話をしていました。だから悪いことをしたら悪いことが戻ってくるよということを教えたかったのです。
2人目が欲しいなぁと...
続きを読む
31歳 男性のエピソード
僕のおかんの話です。
妹が家でチーズをこぼしてしまい、妹が家の掃除機で掃除。
そしてそっからまた掃除機をかけたらめちゃくちゃチーズくさく、おかんにこのチーズくさいのはいやだどうにかしてくれというと
わ...
続きを読む
33歳 女性のエピソード
大学時代に付き合っていた彼氏は社会人でした。付き合って半年くらい経った頃、束縛がひどく嫌になってきていました。そんな時に久々に中学時代に好きだった同級生と偶然会い一緒にご飯へ行くことになりました。約束...
続きを読む
52歳 女性のエピソード
13年前、体調が悪く婦人科に行きました。
そしたら、妊娠していました。
これからもう一人増えると思うと楽しみでした。次の検診に行くと先生が険しい顔をしてます。私は、癌のステージⅢでした。
子どもは諦め...
続きを読む
64歳 男性のエピソード
50歳を超えるまで野球ばかりやっていた私が、脳出血で野球が出来ない体になり、今まで全国大会出場を目指していた野球もこれまでとあきらめていたのですが、仲間が頑張って北海道代表になり全国大会の出場権を獲得...
続きを読む

「今だから言えるごめんなさい」

23歳 女性のエピソード
 LINEが普及し、ID検索に関しても制限なく自由にできていた時代のお話です。当時、高校に入学し携帯を買ってもらったばかりの頃、常識も知らなかった私は、検索からやってきた知らない人ともLINE上でのやりとりを行っていました。変な人も居ましたが、その当時は好奇心旺盛、もはや好奇心の固まりで、何の危機感もなくしていたんです。今思うと、ありえない行為ですが…(笑)
そんななかで、ある一人の同年代の子と繋がりました。その子は、恋愛体質といえば良いのか、とにかくネット上で何股もかけているような子でした。そして、寂しがり屋なのか電話を毎日かけてきてLINEも数分で返してくるよう求めてくるくらいでした。部活もろくにしていなかった私は、暇だったのでその子の要望に応えるように毎日連絡を取り合っていました。(今では、そんな時間も余裕もないのでありえませんが笑)
その付き合いは、私が受験に打ち込む前まで続いたような気がします。その期間で、この子を通じて後一人ほどメンヘラ気質の子と連絡を取り合うまでの仲になりました。ですが、2人とも気分の浮沈みが激しく、その子たちの話を聞いているうちに私までつられるようにして気分が落ち込むようになってきました。そして、そのような状況にだんだんと嫌気がさしてきたものの、自分を良い人だと思いたかった私はその子たちと縁を切れずにいました。どうしても離れたかった私は、受験を理由にその子たちと距離置くようになりました。それからというもの、かかってくる電話には出ず、LINEのやりとりも半日経って返すなど段々と希薄な関係になるようにしていきました。そうして、長らく続いた関係も私が連絡を取り合うのしんどくなり、音信不通になって一方的に終わらせてしまいました。
 きっと今までも傷ついてきたであろう子たちに中途半端に関わり、私の都合で連絡を絶ってごめんなさい。
 
このテーマの他のエピソード
18歳 女性のエピソード
高校時代のお話です。当時、コンピューター部に所属していたのですがとても緩い部活でした。先生も優しい方でよくしてもらったのを覚えています。しかし、緩すぎて少しコンピューター室のルールを破っていたことがあ...
続きを読む
42歳 男性のエピソード
小学校6年生の夏休みに母親の実家のおばあちゃんの家に弟と二人で遊びに行きました。
新幹線にローカル線にと電車を乗り継いで7時間ほどかけてやっとの思いでおばあちゃんの家に到着しました。年に数回しか会うこ...
続きを読む
28歳 女性のエピソード
私は7歳上の姉、5歳上の兄、7歳下の弟がいます。
私が17歳ぐらいの時、ドラッグストアで除毛テープや脱毛クリームを買っていました。
姉と一緒に除毛テープを試してみたものの全く効果が感じられず2人で男兄...
続きを読む
26歳 女性のエピソード
私は小学生高学年の頃父を亡くしました。
私にとってはとても頼りになり大好きな父でした。
相談も聞いてしっかり答えてくれる父だったのでとても悲しかったです。
私の母は父とは違い私はあまり好きではありませ...
続きを読む
23歳 女性のエピソード
小さい頃から泣き虫で、怒られるどころか、怒るそぶりを見せられるだけで泣いてしまうタイプでした。普段から鈍臭くて、親兄弟、学校の先生、近所のおじさんからもよく怒られていて、中学、高校でもずっと泣き虫キャ...
続きを読む
28歳 女性のエピソード
彼氏に嘘をついてしまいました。
どうしても彼と別れたくなくて、
妊娠したと嘘をついてしまいました。
そしたら彼が本当に信じてしまい、
私のことを大事にしてくれるようになって
嬉しかったです。
そしてし...
続きを読む
31歳 男性のエピソード
何年も前になりますが、けんえいじゅうたくにすんでいたころ、こねこをちゅうおうこうえんでひろってしまいました。
その猫でしばらくあそんでいましたが、そのままほかの子にあげてしまい、忘れていました。ですが...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
私は小学校5年生の時から20歳ぐらいまでずっと父親に対して反抗していました。
きっかけは家族旅行出発前に起きた両親の喧嘩から、今まで聞いてきた話は嘘だったのかという絶望を抱いたことからでした。
そして...
続きを読む
30歳 男性のエピソード
中学生の頃に夏休み、両親共働きのためおじいちゃんと2人で過ごすことが多かった。

昼ごはんをいつも買ってきてくれるおじいちゃん。

最初に頼んだ唐揚げ弁当を多分何を選んでいいのかわからず毎日買ってきて...
続きを読む
23歳 女性のエピソード
私が中学生の頃の話ですが、
おばあちゃんは長年500円貯金をしていました。
可愛いたぬきの大きな貯金箱だったと思います。
何キロにもなるほど500円貯金をしていました。
ある日、一緒に数えようと言って...
続きを読む
24歳 女性のエピソード
彼氏がLINEを乗っ取られたと騒いでいた。話を聞くと、知らないパソコンからログインされたと通知が来たようだ。仕方なく、既存のアカウントを削除して新しい物を作成したが、トークはおろか友達もほとんど消えて...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
私にはもうおじいちゃんおばあちゃんはいません。全員亡くなってしまいました。
そのなかで、父親の方のおじいちゃんおばあちゃんに申し訳ない気持ちがあります。
それは私が小学校のときからずっと、父親の弟の叔...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
中学の時、部活動の同学年代でいじめ、嫌がらせがありました。
運動部だったのですが、休憩中に陰口を言われたり、無視されたり、
パス練習でボールを強く、あさっての方向へ投げられたり…

ターゲットはリーダ...
続きを読む
22歳 女性のエピソード
中学生のときどうしても生理的に無理で嫌いになってしまった男の子と授業で隣の席でした。小テストを交換しなければならなかったけど本当に嫌すぎて、完全に無視してしまってとても気を使わせてしまいました。その子...
続きを読む
45歳 女性のエピソード
父親が分割で中古車(父の好みの車)を購入したのですが、
私も車を使用していたこともあり、父親が毎月車の支払い代として
私にお金を数万円支払わせ、勿論、そのお金を車の支払いに
充てていたようなので、私も...
続きを読む
26歳 男性のエピソード
小学生の頃の話です。
小学校の図書館の本棚
の棚は自由に棚の位置を変えれるタイプのもので、棚の四方に固定するピンのようなものがありました。
そのピンは1つ取っても本棚はあんていを保てていたため何個かピ...
続きを読む
24歳 女性のエピソード
学生時代、人にべったりとされるのが苦手だった。ある一人の友達に入学当初べったりされてしまい、行動するときいつも一緒にいた。誰か一人の人とずっと一緒にいるのが苦手なので、だんだんその子の嫌な部分が見えて...
続きを読む
50歳 女性のエピソード
私は短大の保育課を中退しました。本当の理由は友達に嫌われ仲間はずれにされていたからですが、親には「進路が変わった。保育士ではなくて看護師になりたいから中退して受験したい」と言いました。親は私がどんな道...
続きを読む
52歳 女性のエピソード
私がまだ20代の頃です。高校時代の部活の同学年の仲間から手紙が届きました。彼女は大きな病院に入院中との事。その時の私はなんて返事を書けば良いかわからず、そのままにしてしまいました。彼女とは仲間ですが親...
続きを読む
24歳 女性のエピソード
これは私が小学生の時の話なのですが、その日は非常にむしむしした夏の暑い日でした。そんな日に私の小学校では全校集会が開かれました。
その全校集会に行く前から私は自分の体に異変を感じます。
「 あれ、なん...
続きを読む
26歳 男性のエピソード
小学生のバレンタインデー。
前日の帰りの会で先生から、『明日はバレンタインデーですが、学校にお菓子は持ってきてはいけませんからね!』と忠告があった中、朝学校に来てみると、机の中に大きめの箱でが入ってい...
続きを読む
43歳 女性のエピソード
今だから「お兄ちゃん」ごめんなさい。

お母さんのお財布からお金盗ったのワタシ…なんだ。お財布からお金が減っているのにお母さんが気付いて、即座にお兄ちゃんを呼んだよね。たしかに、前からお兄ちゃんはお金...
続きを読む
29歳 女性のエピソード
私は学生の頃、両親に対してすごく口が悪かったです。
また悪い態度ばかりとっていました。
結婚して妊娠して実際に子供を育ててみると
こんなに苦労するんだと初めてわかりました。
そして、それと同時に感謝と...
続きを読む
19歳 女性のエピソード
これは私が小学生だった頃の話。私の家庭はまあまあ厳しく、パソコンもケータイも与えてもらえず、9時には布団に入らなければなりませんでした。そのおかげで私は健康ですごく元気な少女でした。しかし周りの子はみ...
続きを読む
30歳 女性のエピソード
今だから話せるごめんなさいというテーマで以下にお話させていただきます。
わたしは小学生の頃、片道45分ほど歩いて通学しておりました。朝、自宅を7時半に出る際には雨の日で無い時がありがたかったです。一方...
続きを読む
67歳 男性のエピソード
小学校から仲良くしてくれていた先輩が10年前に突然亡くなりました
運動会の男子のマスゲームで5年・6年は組み体操をしました。私が5年、彼が6年でした。
2人組みで組むことになりました。彼はスポーツマン...
続きを読む
35歳 女性のエピソード
現在3児の子育てをしています。
自分の子供は可愛いですが、結婚前は子供があまり好きではありませんでした。公共の場で泣き叫んだり、床に転がったりする子供を見かけると、態度には出しませんが、内心うるさいな...
続きを読む
21歳 女性のエピソード
いま20歳なのですが妹がいて小さい頃に何か悪いことをしたりする自分が悪いのに全部妹のせいにしていました。親は私が言ったことの方を信じるので妹もなぜ怒られているか分からないはずなのに否定することなくめん...
続きを読む
36歳 女性のエピソード
私が子供のころ、どこかに出かけようと玄関で母が来るのを待っている間、鍵を振り回して遊んでいました。
すると手が滑り、ガラスがはめ込まれた玄関の戸に直撃してしまいました。
「うわ~やっちゃった~!」
ガ...
続きを読む
45歳 女性のエピソード
「今だから言えるごめんなさい」、と聞いて、必ず思い出すのが大学時代から長年付き合っていた元彼のこと。
悪いことをしたな、と思い出すことも多く、その罪悪感からかいまだに時々夢でその当時に戻って謝っている...
続きを読む
50歳 女性のエピソード
20代のころスキーに夢中になっていました。その頃、正社員で事務の仕事をしていて普通のオフィスワーク、平日出勤の土日休みでした。でもどうしても出勤の日に泊まりで行きたいスキー旅行がありました。事前に休み...
続きを読む
22歳 女性のエピソード
私はつい数年前まで専門学校に通っていました。
そこではおよそ2年間知識を取り入れていくことが大切でしたが私は一切そのことに関して気持ちがなくそもそも専門的な知識を取り入れていくことに関心すらありません...
続きを読む
48歳 女性のエピソード
22~23歳の頃の事です。私はタバコを吸っていて、結構ヘビースモーカーで1日1箱は無くなっていました。
アルバイト先で好きな人がいて、両思いになる前は常にバッグの中にタバコを入れていました。両思いにな...
続きを読む
29歳 女性のエピソード
高校時代から仲の良い友人だった子と
20代前半では結婚したいねーと2人で婚活っぽいことをしていました。私が最初に彼氏ができたのですがあまりうまくいっていませんでした。
その友人も後から彼氏ができました...
続きを読む
33歳 男性のエピソード
私は現在既婚者で過去に付き合った女性は今の奥さんを除いて1人しかいません。
その人は20歳のとかにバイト先で知り合いました。
顔はそこまで可愛くもなく、身体は細く少しお洒落ですが性格も暗く正直あまり好...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
本当に大人になった今となってはしょうもない話です…。けれど当時私は小学生。

仲の良い女の子といつもの様に小学校から帰っていた時に、偶然対立していた男子グループに会いました。
そこでちょっとまあ小学生...
続きを読む
72歳 男性のエピソード
古い話ですが、高校を卒業して就職した会社を3ヶ月足らずで辞めて放浪の旅に出ました。理由は特にないのですが、何となく生活の全てが面白くなかったと思います。
求人広告を見て京都の中華料理店でホール係と皿洗...
続きを読む
36歳 女性のエピソード
その当時は、付き合っていた彼氏の方が好きで好きでたまらなくて大学を卒業する大事な時期に彼氏の家によくいっていました。就職も適当に決めてなぁなぁで過ごしていました。
そして卒業したあとも、結婚する気は無...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
中学生のころ、私はまぁまぁ遊んでいて、友達と中学生だがコンパニオンに行って2時間接待してお給料貰ったり、万引きしたり、原付バイクを2人乗りしていたりしていました。そんな遊びまわっているある日、今日の夜...
続きを読む
49歳 女性のエピソード
反省すべきいたずらをしたのは小学2年生のことでした。
近所に住む祖父母の家で、親戚が集まり鍋パーティーをする日のことです。
居間には大きなローテーブルが置かれ、その上には卓上コンロとすでに大きな鍋がセ...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
中学校の頃仲良かった子がいました。
その子は小学校の時に大阪から転校してきた子でした。
向こうから話しかけてきてくれたのでそこから話すようになり帰り道も坂の下で家も近くて一緒だったのでいつも一緒に帰っ...
続きを読む
45歳 女性のエピソード
もう30年位前になりますが、わたしが小学生の頃、休憩時間に廊下で友達と話しをしてまったりしていました。
5クラスが並ぶ長い廊下だったので、定期的に消火器が設置してあり、私達はその消火器の横あたりで話し...
続きを読む
42歳 女性のエピソード
社会人なりたての頃、常識が全くなくて、会社名をことごとき聞き間違えて
社内中をパニックに陥れたことがあります。
例えば、伊藤忠商事の伊藤忠を、伊藤 忠(タダシ)さんと言ってしまったり、
丸紅を紅花と言...
続きを読む
29歳 女性のエピソード
今の恋人の元カノが別れた直後からずっと連絡が頻繁で、内容は「あなたが好きそうな音楽を見つけた!」「あなたが好きそうな店があった」「最近こんな悲しいことがあった」など、連絡の必要度が低いことばかり。
さ...
続きを読む
23歳 女性のエピソード
今から10年ほど前、私がまだ中学生だったころのお話です。
当時私には周りに秘密で付き合っていた彼氏がいました。その彼は学年でも特に目立つような人ではなく成績もルックスも標準の人でしたが彼の優しさと告白...
続きを読む
39歳 女性のエピソード
現在は遠距離で一人暮らしですが、実家住まいだった頃、母にすごく可愛がられていたのもあり、お金の面でつい甘くしてもらいがちでした。欲しいものがある時、「お母さん、〇〇が欲しいんだけど、お金がなくて、、、...
続きを読む
33歳 男性のエピソード
昔のことですが、アパートに住んでいて、梅雨時期に雨連発だったのですが合間に一度だけ晴れた日がありました。正面の家と道路の間で子供とサッカーしていた。その時、家の玄関口にあるポストにボールをぶつけ、ポス...
続きを読む
54歳 男性のエピソード
僕は昔中学生の同級生と遊んでいて仲間5人である飲食店で
食い逃げをしました。お金は持っていましたがスリル半面悪い事をしていると認識をしていましたけどお客さんがたくさんいたのでバレないのでは無いかと思っ...
続きを読む

「修学旅行の思い出」

39歳 女性のエピソード
中学時代の修学旅行が一番の思い出です。初日はバスで岡山入りし、遊覧船に乗って瀬戸内海の景色を楽しむというプログラムがあったのですが、そこでビックリしたことがありました。何と瀬戸大橋の下を列車が走っていたのです。まさか橋の下に列車が走ることなど考えたこともなかった私は驚きのあまり言葉も出ませんでした。そして後になって瀬戸大橋の下を列車が通るということはすぐ下の景色は瀬戸内海なので、そこから眺めを楽しむことが出来るのは斬新だなと思う一方で、高所恐怖症の人は怖くてたまらないだろうなとも思いました。
また、初日の岡山では倉敷市にある大原美術館にも行きました。そこにレオナルド・ダ・ヴィンチの名画「モナリザ」のレプリカがあったのですが、たくさん落書きがされていたのが残念だったのを覚えています。たとえレプリカとは言え、展示品には触れないはずなのに誰がこんなことをと思うしかありませんでした。
このテーマの他のエピソード
20歳 女性のエピソード
中学時代の修学旅行の思い出で、その時付き合っていた彼と私の友達カップルの自由行動のグループを組んだのですが、私の彼に元カノが修学旅行直前に猛アタックしてきて、「グループ私とやっぱり組もう」と言ったり、...
続きを読む
26歳 男性のエピソード
高校の時の修学旅行の話である。私が当時在学していた高校は【北海道】、【沖縄】、【シンガポール】の3ヶ所から選択できるのだが、私は沖縄を選択した。その理由はその当時の好きな女の子(仮名、A子)が沖縄を選...
続きを読む
48歳 女性のエピソード
わたしは埼玉県に生まれて埼玉県の高校生を卒業しましたが、当時の修学旅行で和歌山~四国を回りました。
その時に不思議な体験をしました。

生まれも育ちも埼玉で、当時は埼玉か東京くらいしか行ったことのない...
続きを読む
44歳 男性のエピソード
小学生の頃は、自分と同級生の身体の成長の違いに戸惑うこともあります。
私は、修学旅行の頃、アソコの毛が生えてきていまして、同級生の成長度合いが分からなかったので、生えているのが恥ずかしいと思ってました...
続きを読む
30歳 男性のエピソード
高校の修学旅行にフランスのパリがあったので、フランスを選んだ。
英語は元々得意だったので、英語以外にも外国語を学びたいと思っていたので、旅行前のフランス語講座を楽しみにしていたが、講師の方の都合で中止...
続きを読む
18歳 女性のエピソード
高校の修学旅行で、長崎県のハウステンボスに行きました。ハウステンボスといえ一ば年中花が咲いていることで有名なので、楽しみにしていました。
4月に行ったので、さぞかし綺麗な春の花を見ることができるのだろ...
続きを読む
24歳 男性のエピソード
高校の修学旅行の時の話です。当時、自分のクラスは男子が8人しかおらず、普段から男子8人で行動することが多かったのですが、修学旅行も例に漏れず、4人ずつの班に別れてはいたものの、実態は8人で行動してい...
続きを読む
37歳 女性のエピソード
高校時代の修学旅行が北海道でした。体験を事前に選ぶものでした。そば打ち、ジャガイモ掘り、ラフティング、バター作り等々、選べる体験はたくさんでした。そのなかで、ラフティングを選びました。人生で初めてのラ...
続きを読む
49歳 女性のエピソード
高校の京都奈良の修学旅行最終日、おこづかいをほとんど残さず、八つ橋やいろいろなおみやげを沢山買いました。
最近の高校生の修学旅行の荷物はスーツケースで片面はおみやげ用に空けていくようですが当時はそんな...
続きを読む
33歳 女性のエピソード
修学旅行中ですが、英語の宿題がありました。
内容は、外国人に名前と出身地を聞くというもので、人数が多いほど得点が加算されるというものでした。
旅行先が都内であったため、外国人を探すのに苦労はありません...
続きを読む
18歳 男性のエピソード
 それは私が中学二年生の時でした。中学二年生といえば待ちに待った修学旅行。私の通っていた学校は奈良・京都に行きます。一か月の間、クラス全員で旅行プランを立てて、その時を待っていました。
 そして修学旅...
続きを読む
23歳 女性のエピソード
高校の時の修学旅行がマレーシアでした。マレーシアの学校に通っている子たちと英語で交流するというプログラムがありましたが、とても驚いたのは彼女たちの人の暖かさです。
2人ペアで校内を案内してもらいました...
続きを読む
42歳 男性のエピソード
修学旅行は京都奈良に行きましたが、一日目の京都の清水寺の男子トイレで仲間達とタバコを吸っていたら学年主任の先生に見つかり。逃げはしましたが、捕まり‥宿泊施設に行っても他のクラスメイト達との翌日の打ち合...
続きを読む
44歳 女性のエピソード
友達とのお泊りをするのが初めてだった小学生の時の修学旅行が思い出です。
隣のクラスの子と同じ部屋になりたくて学年混合での部屋割りを先生に提案したりなど我ながら積極的に活動したと思います。
修学旅行先は...
続きを読む
33歳 女性のエピソード
高校時代、修学旅行で長崎へ行きました。
当時違うクラスの子と付き合っていた私は、事前に彼氏と「修学旅行中にお互いにプレゼントを買い、最終日の夜に交換しよう」と約束していました。

班別で自由に買い物を...
続きを読む
40歳 女性のエピソード
高校時代、まじめな人間だと先生に思い込まれていた私。
夜に違う班の子の部屋に行って騒いでたら先生に見つかり、1時間ほど正座で説教。
「まさかあんた達(ほかのまじめだとおもわれてた人たち)がこういうこと...
続きを読む
44歳 女性のエピソード
京都で半日だけ貸切タクシーに乗りグループ毎自由行動でした。使い捨てカメラが班ごと支給され、自分達で行きたいところを事前にプランニングし、運転手さんに説明を受けながらまわるのですが、お昼になると運転手さ...
続きを読む
34歳 女性のエピソード
小学校の修学旅行、1泊2日の東京観光という日程で行きました。
当時はまだ北陸新幹線ができる前だったので特急で上野駅まで行きそこからバスで最初の目的地お台場にある船の科学館へ行き色々な船の歴史や展示を見...
続きを読む
47歳 男性のエピソード
小学六年生の時、修学旅行で会津若松に行ったが、初日に学校に集合したときから、校長先生に怒られた。その原因は校長が話を始めている最中に遅刻者がノソノソ来て、みんなそちらに注目が行ってしまい、校長の話なん...
続きを読む
47歳 女性のエピソード
中学校の修学旅行は関東民なら定番の奈良、京都でしたね。昼間は制服で移動、宿泊施設に帰ったら学校のジャージ。当時はこれが普通。お風呂の時間までも監視がいるような、軍隊かよ的な昭和ならではの修学旅行でした...
続きを読む
35歳 男性のエピソード
修学旅行は全て雨!
小学校、中学校、高校の修学旅行は全て雨でした。
全て雨!ずっと雨!雨雨雨!雨の中スペースワールドに行ってジェットコースターを乗ったり(小学)、雨の中沖縄の国際通りを自由行動したり(...
続きを読む
64歳 男性のエピソード
修学旅行もう40年以上前のことになります、時がたつのは速いものですね。当時は汽車での修学旅行がほとんどだったのですが、そんな中一回だけ乗ることが出来たのが、当時は私たちの乗ることが出来なかった新幹線に...
続きを読む
33歳 女性のエピソード
高校3年生の修学旅行でオーストリアへ行きました。初海外にワクワクドキドキ。元々英会話に興味があった私は、現地の人と会話をすることが楽しみでした。とあるショッピングセンターでお土産を物色していたら、欲し...
続きを読む
38歳 女性のエピソード
高校の時の修学旅行は沖縄。私は誰も言えずにいたが、初めて沖縄に行くし、初めて飛行機にものる旅にわくわく。そして一番驚いたことは、共学の高校であったが、旅行先のホテルの部屋男女一緒であったことであった。...
続きを読む
33歳 女性のエピソード
高校生の修学旅行は嫌な思い出しかありません。
仲の良かった友達が初日はずっと一緒にいたのに、2日目の夜からは部屋に戻ってこなくなり他の部屋にいたほうです。最終日は私の隣にいるのがイヤだと、飛行機の中で...
続きを読む
33歳 女性のエピソード
修学旅行の思い出と言えば、始めてのスキー体験でしょうか。
沖縄出身のため、雪はもちろんスキー等にはほぼ縁がなく修学旅行のインイベントとしてスキーに行ったのですが。
二泊三日の二日目。前日にはっちゃけす...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
高校時代の修学旅行は、グアムでした。
グアムということで、海外の高校生との交流行事がありました。
交流ということでしたので、英語と日本語交じりで必死です。(グアムの高校生は英語が話せる方がたくさんいま...
続きを読む
22歳 女性のエピソード
わたしの修学旅行の思い出で一番印象に残っているのが、高校生卒業旅行です。その旅行先がカナダで一週間の旅行で、各首都を巡る旅行でした。トロント、バンクーバーなど巡り一生に残る思い出となりました。特にその...
続きを読む
37歳 女性のエピソード
高校生の時の修学旅行が沖縄だったので、飛行機に乗ること自体が初体験で、特にトラブルはありませんでしたが、行きも帰りも発着陸が怖かったのを覚えてます。
沖縄に着いてからは「さすが元アメリカだなぁ」と思う...
続きを読む
31歳 女性のエピソード
高校生の時の修学旅行の思い出です。当初、海外の予定でしたが、当時新型肺炎が海外で流行しており、急遽国内となった修学旅行。行先は九州でしたが、初めての九州、また修学旅行ということで、みんなとても楽しみに...
続きを読む
36歳 女性のエピソード
小学生の修学旅行で、自分のグループは背の高い子ばかりだった。
グループ行動で、ある博物館に入ろうとしたら、みんな背が高いので、本当に小学生?と疑われた。
全員私服だし、名札も確かつけてたし、黄色い帽子...
続きを読む
54歳 女性のエピソード
少し切なく、やるせない修学旅行の思い出があります。
高校の修学旅行は京都方面でした。旅館の部屋割りは大部屋で、私の部屋は女子が八人位いたと思います。そこで起きた出来事でした。
T子の財布がなくなりまし...
続きを読む
35歳 女性のエピソード
高校の修学旅行、沖縄へ行くはずでした。関東の海無し県民にとって海は憧れです。
しかしこの年、9.11が発生。その影響で、飛行機は危険とされ、行き先が変更になってしまいました。変更後の行き先は苦渋の決断...
続きを読む
19歳 女性のエピソード
中学校の修学旅行で某有名温泉に行ったときの話です。
〝ようこそ○○温泉へ!〟という看板が見えてきたあたりから、急に具合が悪くなってきました。普段は車酔いなどもあまりしないのですが、慣れない旅行だからか...
続きを読む
30歳 男性のエピソード
高校生の時の修学旅行にて二泊三日での沖縄になったのですが、一日目が西表島残りが沖縄本島に移動してのスケジュールでした。
一日目は楽しく西表島にて予定されていたスケジュールをこなし夜には外に出て街灯がな...
続きを読む
22歳 女性のエピソード
私の中での1番良かった修学旅行は小学生の時の修学旅行です。
なんといってもあの有名なUSJに行くことが出来たのはなによりも喜びに感じました。
それに、今であれば可愛いミニオンたちが楽しませてくれるので...
続きを読む
77歳 男性のエピソード
小学校の修学旅行で日光へ行った。標高が高いのと曇天のため温度が下がった。薄着だったので体が冷え、腹痛に見舞われた。霧の中で記念写真の撮影が行われたが、苦しくてそれどころではなかった。
高校の修学旅行の...
続きを読む
42歳 男性のエピソード
高校の修学旅行で北海道に行ったのですが、私は長崎に住んでいるので、白銀の世界が素晴らしかったです。また普段は接する事のない、競走馬にも会えました。特にオグリキャップは綺麗だと思いました。真冬の北海道だ...
続きを読む
34歳 女性のエピソード
高校生の頃、遠距離恋愛をしていました。電車でも3時間かかる距離…会えるのは長期休み程度でした。そんな彼と電話で修学旅行について話をしている時、日程が近いことに気付きました。でも私の高校は修学旅行の行き...
続きを読む
37歳 女性のエピソード
今から約20年前のこと。
滅多に雪が降らない場所に住んでいた私は、修学旅行先でのスキー研修をとても楽しみにしていた。
バスに揺られ数時間。目的地近くのサービスエリアに着いたときに、一面の雪が目に入って...
続きを読む
37歳 女性のエピソード
私は、高校の修学旅行に行けませんでした。高校2年の秋、国民体育大会地元開催を目前の修学旅行。もちろん、「行く」という選択肢はありませんでした。(競技の特性上、数日休むとパフォーマンスに影響が出る為)過...
続きを読む
45歳 男性のエピソード
関東に修学旅行に行き、鎌倉の大仏を見た後ホテルへバスで向かいましたが、
その途中で大渋滞に巻き込まれたあげくバスが追突事故を起こしてしまいました。
結局、バス会社の社員が来て事故処理を引き継ぎへこんだ...
続きを読む
28歳 女性のエピソード
中学校の修学旅行で東京に2泊で行きました。二日目に班別行動で色々な企業を訪問するというのがありました。行くまでにも、学校でグループごとに調べたり電話したりアポを取ったりなど、将来の夢に向けて調べるチー...
続きを読む
44歳 男性のエピソード
私は修学旅行では京都に行きました。修学旅行といえば京都というほど有名な所なのではないでしょうか。
私の修学旅行の思い出は、座禅です。私の学校ではホテルでご飯を食べた後ある寺に行って座禅をするのです。ま...
続きを読む
51歳 男性のエピソード
高校の修学旅行の話です。旅行先は奈良・京都でした。三泊四日の旅でした。
2日目に奈良から京都へ行く途中で宇治に寄りました。平等院鳳凰堂を見学した後、京都市内へ移動することになりました。推測ではあります...
続きを読む
30歳 女性のエピソード
いまだから言えますが私の修学旅行の思い出といえば、仲の良い女子でグループを組み行く前から沢山計画を立てとっても楽しみにしていた宿泊や初めて行く場所での自由行動に期待で胸を膨らませていったのですが…
グ...
続きを読む
33歳 女性のエピソード
修学旅行の思い出で1番思い出に残っているのは高校の時に行った北海道です。
私はずっと3人で行動していたのですが3人共食べることが好き過ぎて観光よりも食べることを優先していました。
蟹が乗ってるラーメン...
続きを読む
37歳 男性のエピソード
私の高校3年生の時の修学旅行先は沖縄でした。
6月だったんですが、とにかく蒸し暑かったです。
私の学校は男子校だったので、バスの中でみんなが指定の制服(ポロシャツ)の腕をまくっていました。むさ苦しかっ...
続きを読む
22歳 女性のエピソード
私の学年が、というべきなのか、私の学校の修学旅行の時期が、というべきなのか、小中高とどの修学旅行も話題には事欠きません。
小学校のときには新型インフルエンザ(豚インフル、だったと記憶)の流行によって、...
続きを読む
22歳 女性のエピソード
私の学校では校則で携帯電話を持っていっていけないことになっていました。けれど、修学旅行の夜にこっそり携帯電話を使ってメールをしていた学生がいて、それが見つかってしまいました。一人が見つかったことで芋づ...
続きを読む
57歳 男性のエピソード
もう、数十年前の小学校修学旅行の思い出です。
当時の家計は厳しかったようで修学旅行費すら払えるかどうかの現状でした。
父は公務員で低給料、母は自宅で駄菓子屋を行っていましたが、なかなか収入面に
ゆとり...
続きを読む
29歳 女性のエピソード
小学6年生の修学旅行で、奈良と大阪を回ったのですが、その頃はUSJがまだ出来たばかりの頃で、人より早くUSJデビューが出来て嬉しかったことを覚えています。ジョーズは40分待ち、ジュラシックパークやバッ...
続きを読む
50歳 女性のエピソード
小学校の修学旅行の就寝は、1クラス毎、男女に分かれて、畳の大部屋で雑魚寝でした。1クラス男女が15人ずつくらいだったと思います。後で男子から聞いたのですが、男子の部屋では朝早くに面白いことが起こったよ...
続きを読む
28歳 女性のエピソード
小学六年生の修学旅行で、札幌生まれだった私が、その時期ちょうど市外の田舎の小学校にいたため、行き先が札幌だったということがありました。田舎の小学校の子たちは電車にも乗ったことがなく、マクドナルドも食べ...
続きを読む
54歳 女性のエピソード
高校の修学旅行の新幹線でのお弁当を彼の分まで手づくりして、冷やかされたけれど、嬉しそうに食べてくれて、私は嬉しかったなぁ〜

途中の川下りの船は無理やり私が乗った船に乗り込んできたり〜

ってなことを...
続きを読む
51歳 女性のエピソード
私の修学旅行の思い出は、中学生の時のこと、クラスでも嫌われていたので、孤立していてバスに乗り込むときも一人でいました。一応班行動をすることになっていたので、どこかに入れてもらってはいたのですが、意地悪...
続きを読む
50歳 女性のエピソード
高校の修学旅行といえば、今からもう30年以上前になります。
行き先は東京と、立山黒部アルペンルート。

なかでも東京では、班行動ではあるけれど1日フリーの日があり、
どんな所へ行くかについて事前の話し...
続きを読む
42歳 男性のエピソード
あれは、忘れもしない中学3年の修学旅行の時でした。修学旅行の行き先が奈良・京都だったので、定番の寺社仏閣を巡り、午後の自由行動などをして、奈良・京都の街を堪能していました。

事件(といっても犯罪等で...
続きを読む
55歳 男性のエピソード
中学のとき、沖縄から九州へ。
長崎は、グラバー邸でコーラを飲む。
当然ながら、観光地巡るので、それなりに、人がいっぱい。
長崎の平和公園では、友だちとだらだら歩いたので、昼食に遅刻して、先生に怒られた...
続きを読む
45歳 女性のエピソード
高校の修学旅行の話。
となりのクラスの男の子が、東京駅のホームにすでに停まっていた回送電車にふざけて乗ったらそのままドアが閉まり発車してしまった!
担任の先生だけ残り他の生徒は予定通りの新幹線に乗り出...
続きを読む
33歳 女性のエピソード
私が高校2年生の頃、初めて同じクラスの男の子にメールアドレスを聞かれて、メールのやり取りを始めました。
その時は見た目もタイプではなかったので、ただの友だちとしてやり取りを続けていて、話しやすいなー、...
続きを読む
20歳 女性のエピソード
中学1年生の時から気になっていた異性がいて、2年でその人と同じクラスになった。その上、修学旅行ではその人と同じ班になり、修学旅行までと修学旅行後の少しの期間と修学旅行の数日間はその人と話す機会が増えた...
続きを読む

「あの人と縁を切ってよかった」

29歳 女性のエピソード
私が結婚するときにお祝いも何もしてくれなかったので、友達Aとは縁を切って良かったと思います。私は友達Aの結婚式には出席し、ご祝儀も相場の三万円を包みました。遠方でしたが、お願いされたので受付まで引き受けました。都合をつけて二次会も参加しました。しかし、いざ私が結婚するときには結婚式に出席もしてくれず、お祝いも電報もありませんでした。今までお金のことや損得勘定で友人としての付き合いを決めるつもりはありませんでしたが、友達Aがお祝いする気持ちすら持っていなかったことを知り、縁を切る覚悟ができました。友達Aはもともと気が利かないタイプではありましたが、連絡不精なところや自分本意なところ、薄情なところが次々に浮かびました。人生の節目や冠婚葬祭で、縁を切る良い機会になったと思います。
このテーマの他のエピソード
31歳 男性のエピソード
私の友達に、
『みんなで相談して決めたことを後になって文句を言いだす』ことや、
『お金にルーズで、人からよく借金をする』こと、
そして『アルバイトを転々としながら遊んでばかりいる』ことの、
三拍子を揃...
続きを読む
39歳 女性のエピソード
以前、会社社長の愛人をしていたことがあったのですが、いつまで経っても妻と別れる気配がなかったので、結局縁を切るというより、私が一方的に振って、囲ってもらっていた部屋を出ていくことにしました。

結果的...
続きを読む
33歳 女性のエピソード
20代前半の時に描いていた未来予想図は、25歳くらいに結婚して30代にはもう第一子もいてという状態を描いていたのですが、実際は30代前半独身、絶賛婚活中です。
30代までは仕事に遊びに全力で、今が楽し...
続きを読む
41歳 女性のエピソード
職場で一緒に仕事をしていたAさん。
自分の親ほど年が離れており面倒見の良いタイプの人でした。
私のようにずいぶん年下だと親のように接し、また何年か年下の人にとっては姉御肌。
最年長ではなかったのですが...
続きを読む
30歳 女性のエピソード
わたしの友人・Aさんは、なぜか自分の好きなことはみんなも好きだという認識を持っています。
それは例えば学校の授業や好きな異性のタイプ、食べ物などもすべて含んでいるのですが、一番厄介なのが趣味のことでし...
続きを読む
47歳 女性のエピソード
以前に近所に住んでいた方で、何組かのご家族と一緒に家族ぐるみのお付き合いもありましたが、今はお互いに転居して距離が離れたこともあり全く交流しなくなった方がいます。
私よりも年下だったので知り合った頃こ...
続きを読む
30歳 女性のエピソード
23歳の時に12上の人と結婚をしました。
子供も3人に恵まれたのですが、2人目が生まれた後に旦那が転職をしました。
そこから結婚生活が少しずつ狂いだし、旦那の浮気が発覚。
1週間も帰ってこない、帰って...
続きを読む
61歳 女性のエピソード
私は、60歳です。多くの経験をしてきました。今までで、縁を切ってよかた人というのは、ある女性です。必ずしも男性とは限らないのです。
学生時代は、友達と適当に接してきました。クラスの友達は1年から4年で...
続きを読む
34歳 女性のエピソード
 あの人と縁を切ってよかった、と思うのは結婚前に勤めていた会社で同僚だった女性社員です。
 彼女はあまり良い噂が有りませんでした。「男性社員に媚を売って社員にしてもらった」とか、見えないところで他の男...
続きを読む
23歳 男性のエピソード
私には、最近まで仲良くしていた女性の友人がいました。
その女性には友人を連れて来てもらってよくみんなで遊んでいたため、私にも女性の友人がたくさんできました。私は当時、出会いの少ない業界で仕事をしていた...
続きを読む
35歳 男性のエピソード
実の父親と縁を切って良かった。
子供の頃から自分勝手で口先だけは家族を心配する素振り。
母親が追い詰められて心が病んでも支えてやる事もせず
あっちへフラフラこっちへフラフラいい思い出はとても小さい頃に...
続きを読む

「これまでで一番悲しかった時」

36歳 女性のエピソード
職場の上司とうまく意思疎通ができなかった時です。
働いている会社は異動が多く、その時も来年度から異動で別の所属にお世話になることが分かっていたので、ご挨拶に伺うことになりました。
そういう場合は通常、現上司と二人でいくことになるのですが、当時の上司との折り合いが悪く、好きな時に勝手に行っておいでと言われてしまいました。
その時はそんなものかと思っていましたが、異動後少しして、どうして一人で来たのかと一人の同僚に聞かれました。
やはり一人で行くことはかなり珍しかったようです。
そのことを知った時は自分がそんなにもその上司に嫌われていたのかと思って悲しかったです。
特に、お気に入りの子にはこれ以上ないほどの手厚いサポートをする人だったのでその差は明らかでした。
このテーマの他のエピソード
34歳 女性のエピソード
京都アニメーションの放火事件がショッキングで悲しかった。
以前から京都アニメーションのアニメを好んで見ていて、スタッフさんが登壇されるトークイベントや体験会みたいなものに何度か参加していたり、スタッフ...
続きを読む
30歳 女性のエピソード
私には子供が2人いるのですが、妊娠した事は5回あります。
3回は流産でした。
体質的に初期がかなり不安定なようで、妊娠が分かりしばらくすると出血、流産という感じでした。
流産といっても、初期なのであま...
続きを読む
49歳 女性のエピソード
子供の頃から両親が共働きだったため、私は祖母に育てられました。
私が初孫と言う事もあり、祖母は厳しくもありましたが、それ以上に愛情もお金もかけてくれました。
雛人形や成人式に着た着物は今でも持っていま...
続きを読む
29歳 女性のエピソード
これまで一番悲しかったことは祖母が亡くなったことです。
祖母とは家族の中で1番仲が良いと言っても過言ではないくらい仲良しでした。小さい頃からずっと一緒にいるので祖母がいるのは当たり前と思っていました。...
続きを読む
52歳 女性のエピソード
配偶者の突然死です。
いつもと変わらずの休日で、息子のスポーツの為に外出している最中、配偶者が車に息子の荷物を置きに行ったのが最後の別れになりました。
配偶者は心筋梗塞で車のトランクの後ろにちゃんと荷...
続きを読む
52歳 男性のエピソード
私が中学生の頃、家の軒下に燕が巣を作りました。
ヒナもかえり、玄関先が糞で一杯になりながらもヒナの成長を楽しみにしていしました。

ある日、学校から帰宅すると巣がなくなっていました。
小学生の通学路に...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
これまで1番悲しかった出来事は
ずっと信用していた友達に裏切られた事です。
私が付き合っていた彼と隠れて浮気をしていたので、彼に裏切られるよりも
女友達に裏切られた方がすごく傷つきました。
友達にいろ...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
結婚も考えていた四年付き合った彼氏に二股をかけられていた。しかもその期間はなんと2年半弱。わたしが付き合った期間の半分以上だ。相手はわたしより1つ上のバツイチ子持ち。

それを知った時は本当にハンマー...
続きを読む
48歳 女性のエピソード
まだ結婚する前に
3年間付き合ってた人がいたのですが、ある日突然連絡がとれなくなました。
しばらくしてから兄弟と名乗る人から彼氏は交通事故で死んだと連絡がありました。

なにか不自然さを感じ、兄弟と名...
続きを読む
24歳 女性のエピソード
私が今までに1番悲しかった経験は、初期流産を経験した時です。
結婚を前提に一緒に暮らしていた彼氏との子どもを授かり、初めは驚きましたが、なによりもこのお腹に命があるということに嬉しさが大きかったのを今...
続きを読む
26歳 女性のエピソード
20代の頃に久しぶりに出会った彼とのお話です。
彼も私もお互いに久しぶりの恋人ができて凄く毎日が新鮮で楽しかったです。
プチ遠距離恋愛で、お互い仕事もあるので毎日は会えませんでしたが各週でデートに行っ...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
一緒に暮らしていた祖父は幼い頃からわたしを可愛がってくれていました。
社会人になり数年後、祖父は癌のため長期入院をすることになりました。
市内なのでお見舞いによく行っていき最後の別れ際には「また会いに...
続きを読む
37歳 女性のエピソード
私は昔から、自分は強い人間だと思っていました。
悲しい事があっても、人前で涙は見せず、すぐに立ち直れるタイプだと。
しかし、それは間違いだった事に気付かされました。

昨年、突然父が亡くなりました。
...
続きを読む
49歳 男性のエピソード
何と言っても、私の父親が亡くなった事です。
今まで、親と言う人物はいつまでも、いつまでも永遠に生きてくれていているだろうと思っていましたから(実際にはそのようなことはないのでしょうが)

今でも、早朝...
続きを読む
20歳 女性のエピソード
小学生3年生の頃から飼っていた犬が亡くなりました。

初めての死を見届けることになりました。

亡くなる前は急に心臓の病気になってしまい獣医さんからも覚悟しといてくださいと言われてました。

散歩には...
続きを読む
24歳 女性のエピソード
いままででとても悲しくてどうしようもないとおもったのは、3.11の地震。
私はディズニーシーにいて、その日は家に帰ることさえもできなかった。外の状況がどうなっているかわからず、家族とも連絡がとれず、と...
続きを読む
57歳 女性のエピソード
悲しかった出来事といえば、肉親の死、友人の死や別れなど悲しい出来事を経験してきましたがそれは長い人生の中で出会う当然の悲しみで、幸い大きな悲劇には今のところ見舞われていません。
なので一番悲しかった時...
続きを読む
42歳 男性のエピソード
自分が5歳の時に両親が離婚したことです。その時に両親にこれからどっちと一緒に暮らしていきたいかを問われたのです。

まだ幼かった私は子供心にも直感というか優しかった父親のほうを選びました。母親の方は時...
続きを読む
56歳 男性のエピソード
私の母が平成16年12月11日に、交通事故に遭いました。
その知らせを聞いて本当に驚きました。初めての経験で、私の頭の中は,何を考えているか、わかりませんでした。人生の中で、最低最悪の、1日でした。そ...
続きを読む
49歳 男性のエピソード
やはり、自分の父親が他界を下のが今まで一番いきていて悲しいことです。
私自身親と言う人物はいつまでも、長生きをしてくれると思っていたからです(永遠に)

今考えればいつまでも長生きをしてくれるわけでは...
続きを読む
48歳 女性のエピソード
12年間当たり前のように一緒に過ごしていた愛猫が、4年前に天国に旅立ったことです。
当たり前のように生きて側にいると思っていただけに、亡くなった時は茫然自失でした。

一人暮らしなので、常にその子がわ...
続きを読む
35歳 女性のエピソード
これまでで一番悲しかったのは、飼い犬が死んでしまった時です。もともと捨て犬で、いとこが拾ってきたのを我が家で飼い始めました。まだ小さく、生後2ヶ月くらいだったため、世話が大変でした。慣れるまでは夜鳴...
続きを読む
49歳 男性のエピソード
今でこそ、父親がなくなり、改めて父親の偉大さ、家族を縁の下の力持ちと私を高校卒業まで支えてくれた事に非常に感謝をしています。

生前の時は親に文句、いうことを聞かなく迷惑ばかりをかけていた事、親孝行が...
続きを読む
49歳 男性のエピソード
まさか!と思いました。親は永遠に生きてくれると思っていましたから。

もう、人にはわかってもらえないでしょうが、本当に辛く悲しかったです。それに、人並みですが、なぜ、親孝行ができなかったのか。今まで、...
続きを読む

「わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳」

29歳 男性のエピソード
私が実際にやってしまった言い訳ですが、平日の木曜日の深夜にフットサルをしました。いつも行きつけのイタリアンパスタ屋さんのオーナー達の集まりと言う事もあり私は気合を入れて行きました。スタートが夜の22時からでした。フットサルの終わりは深夜の4時でした。家についたのは、朝の5時でしたが睡魔が家についた瞬間に襲ってきました。私はすぐに寝てしまいました。目が覚めたのは、昼の12時でした。会社の上司からは数十件の電話がありました。私は急いで準備をして会社に行き上司に本当の事を言いました。その言い訳は「朝起きるために目覚まし時計などはしっかりとして寝坊をするつもりは一切ありませんでした。だから、申し訳ありませんでした。」と訳のわからないとても厳しい言い訳をしていました。
このテーマの他のエピソード
40歳 男性のエピソード
仕事していると言いつつ、実際は仕事もせずに毎日フラフラしていた虚言癖のある元旦那。

働いてるという会社に在籍確認しても、当然そんな人はいないと。
それでも出向で別の所で働いてると言い張り、あげ...
続きを読む
35歳 男性のエピソード
会社の先輩が、仕事上で自分で処理しきれなかったり、上司に強く責められたりなど、何か嫌なことがあると休む人でした。
半年で、インフルエンザに2回なり、お母様が3回危篤になり、交通事故に2回あったとのこ...
続きを読む
33歳 男性のエピソード
学生時代の話です。遅刻癖のある友達と待ち合わせをしていたのですが、その日も相手が遅刻してきました。その言い訳が「電車が遅れていたから」でした。「いやいや、同じ駅にいたんだから電車が遅れてたら私にも情報...
続きを読む
32歳 男性のエピソード
・部下から、事故で怪我してICUにいるため出勤できません。と言われた。
・デイサービスの居宅訪問で、おやつ代わりにキュウリ漬けを出されて、キュウリが大嫌いな同僚が「母がキュウリだけは食べてはいけない...
続きを読む
33歳 男性のエピソード
寝坊した旦那が、「車の鍵がなくなくなってしまって、息子もなんだか調子悪くて病院に連れていかなくてはならないのに出かけることができなくて…ちょっと仕事遅れます」1人で起きられず人を当てにしている旦那を起...
続きを読む
45歳 男性のエピソード
専門学校の教員をしています。
学生達は協力企業での実習があります。
私は学生達の指導教官として、協力企業へと出向き、学生指導担当の社員の方と実習の進捗状況について情報交換をします。
とある学生が...
続きを読む
44歳 男性のエピソード
スーパーマーケットで働いています。土地柄、学生が多く、アルバイトも外国人、特に中東、東南アジア系が働いています。なかでもバングラデシュ、ネパールの学生(真面目な学生ももちろんいますが…)はとにかく時間...
続きを読む
28歳 男性のエピソード
昔働いていたシステム会社で、顧客の会社にシステムを導入する仕事をしていました。
顧客側の担当者の方はいい方ではあったのですが、いかんせんシステムの話に弱く、導入が遅々として進みませんでした。
お客...
続きを読む
26歳 男性のエピソード
友達と久し振りに会う約束をしていた時のことです。その子は遅刻癖があったのですが、まず最初に「バスが遅れてるからちょっと遅れる」と連絡がありました。それはまだいいのですが、その後に「乗り換えのバスに乗り...
続きを読む
26歳 女性のエピソード
会社の上司の話です。
この上司はその上の上司からも問題児として目をつけられているのですが、怒られても言い訳をするで有名で、部下としては見てて見苦しい感じなんです。
ある日遅刻10分ぐらい遅刻するとLI...
続きを読む
36歳 男性のエピソード
職場で先輩に理不尽な指示を出されて腹立ちが抑えきれなかった同僚が、事務所の外ですごい音を立てて壁を蹴りつけているのを見てしまいました。思わず驚いて固まっていると、私に気づいたその人が、事務所を出たら壁...
続きを読む
34歳 男性のエピソード
以前働いていたところの上司が遅刻魔で、出勤時間にぴったりくることが奇跡でした。
それでも人柄がよかったのもありますし、一応仕事も適度にこなしていたのと何よりも慣れていたのもあり
周りは今日も遅刻か...
続きを読む
60歳 女性のエピソード
一昨年の夏の事です。飲食店のホールで働いていたのですが、蕎麦居酒屋の厨房は湿度も高く、エアコンをフル稼働して、汗まみれの毎日。体調を崩すスタッフも居て大変でした。
そんな中、アルバイトのT君からある日...
続きを読む
30歳 女性のエピソード
私の出会った「流石にこれは厳しい」という言い訳は私の姉の言い訳です。姉はニートで私からちょくちょくお金を借りることが多く、身内ということ、姉の尊厳を守るためもあり返金を要求したり、督促したりすることは...
続きを読む
39歳 女性のエピソード
私が大学入学して初めてアルバイトをした時の話です。
某ハンバーガーショップで働いていたのですが、ある日
一つ年上のバイトリーダーが、なかなか来ない。
大幅に遅刻したと思ったら、「バイクで事故った」と言...
続きを読む
32歳 男性のエピソード
愛犬が下痢してたので病院に行ってきました。
と、部下に言われた時はえぇー?と思いました。
その子からは普段から犬を飼ってる話は聞いた事なかったので、嘘だろと思いましたが呆れすぎて反論はしませんでし...
続きを読む
20歳 女性のエピソード
居酒屋アルバイトでの出来事でした。私がお客様の靴にお料理をこぼしてしまい、店長に対応をお願いしました。ルールとして、お客様の持ち物を汚染してしまった場合、名前・電話番号・メールアドレスなどの個人情報を...
続きを読む
35歳 女性のエピソード
学生時代、友達と朝まで飲んだ帰り、コンビニに寄ると、たまたまそこに居合わせた以前何度も通っていたバーのマスターが「〇〇ちゃんだよね?ほら、以前よく僕のバーに来てくれてたじゃない?久しぶりだね」と声をか...
続きを読む

「結婚っていいなと思った瞬間」

50歳 男性のエピソード
毎日、一緒に話せる人がいる。好きな時に一緒にお酒が飲める。旅行に行きたい時に、一緒に行く人を探す必要がない。体調不良の時に、お互いに助け合える。共稼ぎだと、経済的に余裕がある。自分の不得意分野をカバーしてくれる。気持ちが安らぐ。頼ったり頼られたりする人がいると、精神的に落ち着く。お互いの友達と知り合いになることで、人脈が広がる。週末や大型連休でも一人ぼっちじゃない。家事を分担して、自分で全部やらなくてもいい。他のご夫妻とも仲良くなれる。子供がいると、家族団欒ができて心が温まる。パートナーが明るいと自分も元気になれる。自分の知らなかった世界を教えてくれる。社会的に自分に自信が持てる。孤独感が無い。
このテーマの他のエピソード
51歳 女性のエピソード
 近所に母の姉(伯母)家族が住んでおり、そこへ遊びに行くと伯母が決まっていろいろな料理を作って出してくれたりしました。
 母もかなり完璧な専業主婦でしたがチョット変わっていて、自分は親戚の家に行くのに...
続きを読む
29歳 男性のエピソード
現在、結婚して4年が経ちますが、つい半年前に待望の第一子を授かる事ができました。
どこにでもある普通の話ですが、子供を作り始めたのは、結婚してすぐの頃からでした。
始めは時期に自然にできるだろうと軽く...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
25歳で結婚し、夫と2年間2人暮らしです。結婚して最も良いと感じている点は、新しい恋を探さなくて済むことです。世間では婚活、恋活と煽られ、若い人は盆正月に帰省するたびに彼氏はまだか、結婚はまだかとせか...
続きを読む
43歳 男性のエピソード
新婚旅行でいったメキシコのカンクンが忘れられず、いつかもう一度行くと夫婦でずっと思っていました。子供たちも3人小学生、長男は来年中学生のこの時期が、家族で行くには一番のチャンスと意気込んで、大金をはた...
続きを読む
31歳 男性のエピソード
彼女との結婚を考えていた際いろいろな人に相談したところ返ってくる答えは「給料全部自分の好きに使えたのに今では決められた小遣いだけで辛い」だとか「家に帰っても家事と育児を手伝わなければならないから自分の...
続きを読む
33歳 女性のエピソード
一人だったら諦めているだろうなってことも、結婚して家族がいるとみんなで乗り越えられる所。
毎日「いってきます」と「ただいま」を言ったら「いってらっしゃい」「おかえり」と、言葉が返ってくる所。
仕事で嫌...
続きを読む
54歳 男性のエピソード
妻と結婚して25年を迎えます。
妻との結婚のきっかけは、私の実家の隣のおじいさんが世話好きな人で、その人の紹介によるものでした。
その頃の私は、北海道で教員を始めて3年目で、日々の仕事で心が荒み...
続きを読む
31歳 男性のエピソード
 高校の頃から付き合いがある友達が最近結婚したのですが、その結婚式と披露宴に参加した際、結婚っていいなと思いました。
 
 その友達とは、高校の頃からほかの友達と一緒に馬鹿な事ばかりをして遊んでたので...
続きを読む
29歳 男性のエピソード
私が『結婚っていいな』と思った瞬間は、街中やイベント会場で見かける夫婦や子連れの家族を見かけた時です。

よくカップルを見かけた時にもそう思うとは言いますが、カップルはある意味互いに独立した個々人のグ...
続きを読む
49歳 女性のエピソード
両親が離婚したりまた、結婚したり家にいても、言い争ったりして、どうして好きあって何度も結婚し直して暮らしているのに、仲が悪いのだろうかと子供心に理解が出来なくて結婚に対して、前向きでなかったのに、結婚...
続きを読む
39歳 男性のエピソード
結婚して干支1周りしてしまいましたが、結婚前では思えなかった感情がこの間に生まれています。当時は実感もなければその後のイメージもわかない。自分にそうした時がくるのかとわからなかった時期でもありました。...
続きを読む
35歳 女性のエピソード
独身の時は部屋に帰ると真っ暗な部屋で何も聞こえてこなく一人でご飯をたべなくてはならないけど、夜遅くに仕事が終わって帰ると真っ暗の部屋ではなく電気の灯った部屋が外から見えるのはとても安心するし、寒い中帰...
続きを読む
51歳 女性のエピソード
3年前に乳癌が見つかり、休職して手術、抗がん剤治療をしました。脇の下に転移があったので再発の心配があり、それを抑えるためのホルモン治療をしていますが不安な日々が続いています。
主治医から、再発を防ぐに...
続きを読む
36歳 女性のエピソード
学生の時のアルバイトになりますが、披露宴会場でのお手伝いの仕事をさせていただいておりました。
一緒に一度の結婚式、注意する点や気をつける点は毎回違い、確認することは多々あります。私たちが失敗しないよう...
続きを読む
31歳 男性のエピソード
独身の時には味わうことのなかった嬉しいこと、楽しいことを共に共有できたときに結婚っていいなとしみじみ感じます。
例えば、週末の朝にコーヒーが上手く炒れることができ、それを飲んだ妻が美味しいと笑顔になっ...
続きを読む
34歳 女性のエピソード
日々の生活の中でいつも思うことですが、一緒に生活を共にするパートナーが居るという事自体がまず、いいなと思えるのですが、特に結婚っていいなと思う瞬間はいくつかあります。
1つ目は、居場所です。
家が居に...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
今の夫とは学生時代からの付き合いで交際期間が8年ほどありました。夫が家を購入したことをきっかけに同棲が始まりました。長いこと付き合っていたので特に結婚しなければという意識もなくそのままお付き合いをして...
続きを読む
35歳 男性のエピソード
私の結婚っていいなと思った瞬間は、仕事にやりがいが出たことです。
独身時代は自分の趣味や自分の貯金のために働いてきましたが、やはり全ては自分が中心であり自分がそれをいらないと思えばいつでも辞められる状...
続きを読む
23歳 女性のエピソード
先日、友人の結婚式に行ってきました。
留学時代の友人で、同期だったのですごく感慨深かったです。
学生時代のその子は、いつも賑やかでおしゃべり好きで、大人しめの私にも積極的に声をかけてくれた記憶がありま...
続きを読む
32歳 男性のエピソード
私の思う結婚っていいなと思った瞬間ですが、色々ありますが、一つは仕事から帰ってくると、晩御飯を用意して待っていてくれてるときです。とても幸せな気分になります。独身だと、仕事終わりに自分で晩御飯を作らな...
続きを読む
41歳 女性のエピソード
私は20代前半に、パニック障害、鬱、摂食障害になりました。その頃、父の不倫から両親の離婚問題に発展し、家族や親戚を巻き込み耐え難い日々を過ごしていました。
もともと不仲で物心ついた時には既に家庭内別居...
続きを読む
40歳 男性のエピソード
私が結婚っていいなと思った瞬間は、小さな子供を連れている夫婦が子供を真ん中にして楽しそうに手を繋いで歩いている姿を見た時です。家族で幸せそうにしている姿とも言えるのかもしれませんが、微笑ましい光景を見...
続きを読む
35歳 男性のエピソード
結婚してよかったと思えるのは、仕事が終わって家に帰った瞬間です。
子どもたちがお昼寝から起きているときは、走って玄関まで出迎えに来てくれます。その瞬間から仕事の疲れも吹き飛びますし、自分に甘えに来てく...
続きを読む
59歳 女性のエピソード
今は結婚観も多様な時代。結婚するかしないかはそれぞれが考え決めればいいと思う。
ただ、一生独身というのは若い時はいいけれど歳を重ねるにつれ寂しい気がします。
私は夫と二人暮らしで、今はいい夫婦関係が築...
続きを読む
19歳 男性のエピソード
近くの公園で保育園の遠足を見たとき。歩道橋から電車を見る子、前日降った雨の水溜まりで泥遊びをする子、道具の取り合いで喧嘩して、泣きわめいている子。大人に忘れてしまった純粋なキラキラした心、キラキラした...
続きを読む
29歳 女性のエピソード
結婚して2年が経ちました、結婚したきっかけは出会い系サイトで出会った人と勢いで半年お付き合いしたのに、半年同棲したあとに結婚しました。最近子供を授かり自分のことよりも子供のことを考えて行動することが中...
続きを読む
30歳 女性のエピソード
私は、5年前に結婚し、今では3人の元気な子どもたちがいます。主人とは短大のころから知り合いでその頃は付き合っていなかったので、今こうして結婚して子どもがいることが不思議だと主人が話します。

私たちは...
続きを読む
35歳 女性のエピソード
友達が震災で亡くなった時です。
彼女には、お子さんが1人いました。
彼女が亡くなって、悲しくて、辛かったのです。なんで。って思いました。お葬式でも、現実だと受け止めることができませんでした。人前で泣く...
続きを読む
29歳 女性のエピソード
勤めている会社の方たちが、今までの呼び方が旧姓だったものが新姓に変わった時
結婚っていいなと思えました。

交際4年目に入り、遠距離恋愛を続けていた彼と同棲を始めました。
同棲初日にプロポーズを受け、...
続きを読む
29歳 女性のエピソード
私は結婚して2年になります。今の旦那さんとは恋愛を5年して結婚しました。恋愛している時はしている時で楽しかったのですが、結婚すると一緒にいる時間が長くなりより旦那さんの事を知る事ができます。独身時代は...
続きを読む
29歳 女性のエピソード
ひとりの時間がもともと好きなのもあり、暇な時間を自由に使えること。カフェしたり買い物したり、知らない駅や場所を開拓したり。人見知りじゃないので喋りたいときは店員さんや始めてお会いしたひととも喋れるので...
続きを読む
44歳 女性のエピソード
40歳も過ぎてくると、家族や自分に病気がふりかかってくる。
そんなとき身近に相談できる相手がいるととても安心できる。
自分の場合は不安な気持ちを聞いてもらったり、一緒に検査結果を聞きに行くことができる...
続きを読む
24歳 女性のエピソード
去年の秋に4年おつきあいしている彼と結婚をしました。年も違えば、生まれた国も文化も言葉も何もかも一致することがない凸凹国際結婚カップルです。4年一緒にいたとはいえ、ほとんど一緒にいたことがなくトータル...
続きを読む
31歳 男性のエピソード
結婚については、良いパートナーと巡り合えず諦めているのが現状です。

仕事と一人暮らしのアパートの往復だけで、人生に刺激もなく
また、守るべきも特になく毎日ダラダラしているのが現状です。
「守るべきも...
続きを読む
36歳 男性のエピソード
2013年に結婚し、2015年に子供が生まれました。現在、6年が経ちましたが、一番いいなぁと思った瞬間は親子の家族愛を感じた事です。

私は幼少期(2歳ぐらい)に親が離婚をしたため、母親と実弟、祖父母...
続きを読む
34歳 女性のエピソード
夫と付き合ってる時から仲は良かったのですが、結婚してからはラブラブ度は減ったかもしれないけど一緒にいて落ち着く関係になれた事が嬉しいです。
自分の身内以外で自分のことをよく知っていてくれる人がいる事、...
続きを読む
53歳 女性のエピソード
旦那さんと結婚して早20年が過ぎましたが、旦那さんに飽きるということが一度もなく、ずーっと好きでいられるのが不思議だと思います。普通の就職だと転職を何度か経験しているので、結婚となると永久就職と一昔前...
続きを読む
63歳 男性のエピソード
私の妻は本が好きでいろいろな本を読みます。一方、私はというとあまり本を読まない方でこれまで生きてきました。だから『何か面白い本を紹介してほしい』と頼むことが時々あります。今まで紹介してくれた作家でよか...
続きを読む
29歳 女性のエピソード
私の親は昔から喧嘩ばかりしていて、私は絶対に結婚なんてしたくないと思っていました。今まで恋人はできたことはありますが、恋人といっても赤の他人ですし、その人と一生一緒に暮らしていかなければならないのかと...
続きを読む
31歳 女性のエピソード
独身時代、結婚に関しては興味も全くありませんでした。付き合う人それぞれとも、結婚したいとも思わず、結婚したら自由じゃないというイメージだったので、私には無縁だと思っていました。
そんな折に妊娠が分かり...
続きを読む
28歳 女性のエピソード
彼氏と付き合って5年で結婚しました。結婚して最初は結婚式や引っ越しの準備でバタバタして大変でした。一緒に住み始めたとき、今まで別々に住んでいたので、朝起きたときに顔が見れるは嬉しいと思いました。喧嘩も...
続きを読む
34歳 女性のエピソード
結婚して5年。
子供も生まれて実家から離れたところで暮らしています。
年末年始に実家に帰りましたが、その時私が母と喧嘩をしてしまいました。
事あるごとに子供の教育方針などに価値を出すくせに、孫を目の前...
続きを読む
56歳 女性のエピソード
結婚をしてよかったことは、いつも誰かがそばにいてくれて、いろいろな話を二人で話し合い、これから先の人生を二人で一緒に歩んでいけるのがとてもうれしいなと思いました。結婚すると 付き合っていた頃にはわから...
続きを読む
24歳 男性のエピソード
一緒にいる時間が増えて楽しいと思えたときが一番結婚してよかったーと思えました。結婚してから一緒に暮らすようになりました。
やっぱり一緒の時間が増えるとうれしいです。それから結婚してまわりの友人や家族か...
続きを読む
56歳 男性のエピソード
自分はルックスも悪く、お金もない男だったが、唯一、勤務先だけは安定していて自慢できるものであった。ある時、職場の男友達と合コンへ行き、素敵な女性と出会った。しかし、女性は最近、元彼と別れたばかりで、ま...
続きを読む
29歳 女性のエピソード
長い遠距離から、やっとのことで結婚しました。
福岡、東京で遠く5年も離れていましたが、ずっとすぐに会いに行ける距離でもなくお金もかかり、一緒に居たくてもいれない寂しさが募ってましたが、結婚して同棲を始...
続きを読む
23歳 女性のエピソード
結婚のいいなと思ったところはやっぱり、好きな人とずっと一緒に居れるところです。
付き合っている頃はお互い忙しく会う回数も月に1.2回でした。
いつも寂しい思いをしていましたが、我慢していました。結婚し...
続きを読む
46歳 男性のエピソード
 独身で独り暮らしをしていると、男性の場合は夕食等が外食になる傾向が多いです。外食では一般的に揚げ物系統や中華料理など油物が多く、量も多いため気を付けなければ体重が増加して健康診断でも引っかかることが...
続きを読む
46歳 女性のエピソード
いざという時、そばにいてくれる存在がいるということに、結婚の良さを感じます。
東日本大震災で余震が続いて心身ともに疲れている時に、家でひとりだったら心細さを感じますが、夫がいるだけで、なんだか心強さを...
続きを読む
28歳 女性のエピソード
両親が早くになくなり、長い間一人暮らしをしてました。そんな中結婚して一人暮らしから二人暮らしへなった時、普段はどうしようもなく腹が立ちます。
イライラします。なんでも二人分になってしまったし、何もして...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
両親と過ごした楽しい時間ももちろん幸せな思い出ですが、やっぱり結婚して子供が生まれて自分たちで家庭を作り上げて行けることは本当に結婚して良かったと思います。
夕方、夫の帰宅に子供と一緒におかえりと出迎...
続きを読む
賞金あり!アワード開催中!
賞金あり!アワード開催中!
人気のエピソード
いろんな瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
自分は特別だと思った瞬間
独身っていいなと思った瞬間
こんなひといました
今だから言えるごめんなさい
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
わたしの周りで大変身した人
人が豹変した話
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
あの人と縁を切ってよかった
これまでに出会った天才
わたしの周りで一番勉強ができた人
わたしの周りで一番お金持ちの人
わたしの周りの大恋愛
ノウハウ
○○の裏話
業界ならではの話
異性は知らないなと思う話
人間関係
女って本当に恐いと思った瞬間
女同士って面倒くさいと思った話
家族に一番感謝したこと
一番ひどい友達からの裏切り
学んだこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
これまでの人生で悟ったこと
思い出
今までで体験した一番怖い体験
修学旅行の思い出
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
これまでで一番お金を無駄にした話
一番おいしかった食べ物
奇跡だと思った話
忘れられない先生の話
学校や仕事をサボってやったこと
死ぬかと思った話
一番の苦労話
人を見返してやった話
これはひどいなと思った結婚式
これまでで一番悲しかった時
人生で一番運が良かったなと思う出来事
忘れられない夏休み
人生最大の修羅場
嘘みたいなほんとの話
これまでで一番笑った話
とっておきのすべらない話
これまでで一番驚いた話
今までで一番感動した話
忘れられない夏の思い出
お金さえあればと感じた瞬間
どうしても許せないこと
人生で一番贅沢した話
人生最大の失恋話
これまでに一番勇気を出した瞬間
私について
人生が変わった出来事
わたしがやめられないもの
もっとも尊敬する人
私の変えたい過去
仕事での大失敗
誰にも言っていない秘密
誰かに聞いてもらいたい愚痴
わたしの初恋と、その結末
苦手だったのに得意になったエピソード
そういえば昔夢見ていたこと
結婚・恋愛
夫婦関係を続けていくのが不安になった話
結婚を後悔した瞬間