「忘れられない夏の思い出」

23歳 女性のエピソード
19歳の社会人1年目の時に、久々に高校の友達3人と遊びました。夏だったので花火をしようと河川敷で花火をしました。車を止めて、携帯だけ写真を撮るために持っておりました。車から100メートル離れたところで花火をして楽しんでいました。するとバーンっと音が聞こえて、何?と言ってビビっていたのですが、近くに高速道路があったのでトラックの音かな?と言ってました。30分ほど花火をして終わって車に戻ったらなんと車の窓が割られていました。まさかの車上荒らしにあってました。携帯だけ持って荷物は置いていたので見事に全て盗まれていました。後々気づいたのですが、あのバーンとした後は窓を割る音だったんだと思うと、ゾッとします。忘れられない夏の思い出です。
このテーマの他のエピソード
40歳 女性のエピソード
私の両親の実家は、双方ともに地方にあります。
親戚は、それぞれその地方に固まり、しょっちゅう交流をしているようで、我が家だけが1年に1回、夏休みに帰省するのが毎年恒例の夏休みの行事でした。
親戚が我が...
続きを読む
57歳 女性のエピソード
57歳の専業主婦です。忘れられない夏の思い出は、恋の思い出です。20歳の時会社の得意先の方で、月に何回か来られる時に会釈程度ぐらいで、特に意識はしてませんでした。
しばらく経って、映画館でバッタリ...
続きを読む
40歳 女性のエピソード
高校生の夏休みにイギリスにホームステイに行った時の人生最大のモテ期だった体験を告白します。
当時私は女子校に通っていました。中学まで共学だったので、出会いがなく、恋バナがしたかったのでオーバーに軽いノ...
続きを読む
43歳 男性のエピソード
高校生の頃の話です。卒業する学年になり、仲の良かった人たちで海に行こうという話になりました。BBQもついでに行うということにして、すでに車の免許を持っていた友人たち何人かの運転で海に向かいました。私は...
続きを読む
49歳 女性のエピソード
1998年7月に横浜スタジアムで開催された氷室京介さんのライブに行った事が忘れられないです。
OneNightstandライブ、ファイナルとその前日の2日間参戦したのですが、ファイナルの日は座席がアリ...
続きを読む
24歳 女性のエピソード
小学生の頃、近所の夏祭りを友達と楽しんでいた時のこと、突然夕立に見舞われました。真夏だというのに、雨で冷え、浴衣は台無し。二人でプルプル震えながら、肩を寄せ合い、ごった返す人波の中、財布を握りしめ、雨...
続きを読む
22歳 女性のエピソード
私は夏が大好きです。海にプールに川遊び・・・毎年夏はアウトドアを、沢山して楽しんでいます。
特に私は海などでするBBQが大好きで毎年10回以上する程です。
ある年の夏も毎週のように海などに遊びにいって...
続きを読む
37歳 女性のエピソード
花火大会の後に下駄の靴擦れが痛くて、用意しておいた普通のサンダルに履き替えて歩いて帰りました。しかし、下駄を忘れてきてしまい、忘れた場所が悪くてちょっとした騒ぎになってしまいました。

その花火大会で...
続きを読む
43歳 男性のエピソード
私が小学生の時、夏休みには友達と集まって近所の山や空き地などに良く遊びに行きました。今の時代ならあまり子供達も外では遊びませんし、出かけるにしても日焼け対策や熱中症対策など万全にして出かけると思います...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
中学生の時友達と海に行く約束をしました。
好きな男の子達と一緒に行くこともあって、計画は友達と念入りに考えました。海に行く交通手段やお昼ごはん、そして水着!中学生ながら背伸びして友達とビキニを買いに行...
続きを読む
48歳 男性のエピソード
江ノ島に彼女と行った事です。付き合いはじめて間もない頃だったのですが、2人で江ノ島水族館へ行きました。
昼御飯は、釜揚げしらす丼を食べました。美味しかったです。
水族館では記念撮影をして、館内をブラブ...
続きを読む
37歳 男性のエピソード
当時28歳でした。
地元のお店で接客業をしていました。
そこに高校中退の女の子が新人で来ることに。

ツンデレな感じな女で、「この仕事お願い」といっても

「めんどくさいです」「やりたくないです」とい...
続きを読む
24歳 女性のエピソード
それはまだ私が大学生だったころ、学校のカリキュラムでクラス全員で行った月山への写生旅行。
初夏だというにもかかわらず、着いた場所はひんやり冷えており、山の山頂付近では雪が積もっていた。どこで写生するか...
続きを読む
52歳 男性のエピソード
小学生の頃、夏休みに和歌山の方へ家族で、2、3泊でしたが、親に海に連れて行ってもらいました。電車とバスでの移動で、宿泊は民宿でした。場所は和歌山県日高町産湯の辺りでした。弟も含め、家族4人で毎年、その...
続きを読む
40歳 男性のエピソード
私の忘れられない夏の思い出は、「仕事に明け暮れた」ということである。
私は塾講師をしているので、夏は「夏期講習」に明け暮れることになる。普段平日昼間子供達は学校に行っているので、塾講師の仕事は午後から...
続きを読む
29歳 女性のエピソード
夏は、私と夫が付き合いはじめた記念日がある。それで毎年、決まったお店でディナーを楽しんでいる。去年も例年通り、今までの思い出に浸りながら楽しく食事をした。食事が終わり外に出ると、たまたま地元の祭りが開...
続きを読む
62歳 男性のエピソード
今から30年ほど前になりますが、当時は中学校の教師として働いていました。夏は、部活動の稼ぎ時でもあります。また、市郡の大会で県大会への出場権を得た場合や、それに続く中国大会・全国大会への出場権を得た時...
続きを読む
33歳 男性のエピソード
当時中学生だった僕は、夏休み限定で家庭教師を頼んでいました。
来てくれていたのは地元の国立大に通う19歳の大学生のお姉さんです。
勉強はわかりやすく、楽しくて夢中になっていたのを覚えています。
当時は...
続きを読む
21歳 男性のエピソード
中学時代の友人と久々に会うことになり、会った時、彼に彼女がいました、
しかも相手は自分も好きだった女性、そう彼もその女性が好きだったそうです。

話を聞くと、中学卒業式後に告白したみたいでした。

私...
続きを読む
34歳 男性のエピソード
ひと夏の恋関係のネタは残念ながら一つも持ってないんですが、中学時代の話で自分自身は部活で美術部に所属し、元々、絵を描く事は嫌いではなく、また帰宅部だと担任(中学3年同じだった…)が口うるさい(どちらか...
続きを読む
33歳 女性のエピソード
小学生の頃に通っていた学習塾のキャンプでの出来事です。その学習塾には仲の良い友達と通っていました。キャンプ場はログハウスがあり、プールも付いており昼間はプールを友人達と楽しんで、夜はログハウスでみんな...
続きを読む
37歳 男性のエピソード
親の介護と上司への信用がなくなり仕事を辞めた直後の夏の一件が未だに忘れられません。その日はとても暑く、ビアガーデンに行ったら最高だろうなと思う日でした。かくいう私も友人達と飲みに行く約束をしており友人...
続きを読む

「わたしの周りで一番お金持ちの人」

22歳 女性のエピソード
現在大学生なのですが、パパ活だけで生計を立てている子がいます。最初はキャバ嬢をしていた子のですが気付けばパパ活を始めてそのままキャバ嬢をやめて、パパを10人ほど作り、毎月100万程パパに貰い学費も自分で払いながらかなり自由な生活をしているみたいです。
話を聞いていてもパパは55~70位の年配の方が多いらしく、身体の関係は一切ないようです。
男性の方も忙しいらしくそんなに会えなからお手当も貰えないからと言って毎月パパが増えているみたいなので、毎月お手当の額も増えているようです。
今ではBMWの車もマンションも買ってもらっているようで、大学生では有り得ないような生活を毎日送っています。見てるだけでめちゃくちゃ羨ましいです。
このテーマの他のエピソード
38歳 女性のエピソード
高校の時の同級生の話です。
彼女は高校生の時から現実思考で、将来の夢が薬剤師でした。
薬剤師は安定して仕事がありますし、お給料もかなり良いので、絶対に薬剤師になるんだと言っていました。
そして実際に薬...
続きを読む
31歳 男性のエピソード
職場の同僚の方で年齢は60近くの男性。
趣味は多岐にわたるが、別荘を2件所持している。
最近までもう1件所持していた。
クルーザー船も所持しているのを見たことがある。
自分と同じ身分で給与にもさほど差...
続きを読む
34歳 男性のエピソード
私の周りでの一番のお金持ちの話を述べますと、ボランティア仲間の男性です。
30歳の時に離職をし、今では株と実家の仕送りだけで生計を立てております。
定職も一切していません。
さらには家も2件も借りてお...
続きを読む
24歳 女性のエピソード
私の幼稚園の同級生が一番お金持ちでした。
私が通っていた幼稚園は名進研の系列の私立の幼稚園だったのでお金持ちの人はいっぱいいましたが、その人の誕生日パーティーをするから家に遊びに来てよと言われ、家に行...
続きを読む
40歳 男性のエピソード
田舎住まいですが相当貯め込んでいるようです。
以前母が入院したときは「お見舞い金」だと言って100万円が届きました。
流石にそんなに受け取れないと言いましたが、好きに使ってくれとのこと。
また、母の退...
続きを読む
26歳 男性のエピソード
祖父が一番お金持ちです。
祖父は公務員であり、Wikipediaで調べても名前が出てくる人物であり、勲等を授与されたこともあり、私がとても尊敬する人です。

孫の私にはとてもやさしいのですが、仕事では...
続きを読む
44歳 女性のエピソード
私の元上司の話です。休日1日はいろんな勉強しているという努力家の方でした。独学で英語もペラペラです。若い時から投資をやっていた方のようで株や先物取引を先駆けてやっていました。

少し若い奥さんをもらい...
続きを読む
47歳 女性のエピソード
私の住む場所の近辺では、かなりの土地を所有していて、その場所とかに有名な飲食店やスーパーを建てたり、マンションにアパートその他手広く資産運用している一族がいらっしゃります。

有名過ぎて誰でも知ってる...
続きを読む
49歳 女性のエピソード
身内の話で申し訳ないのですが、私の1番身近なお金持ちの人は旦那の母親です。
旦那の母親の両親の話まで行くと身元がバレてしまうので簡単な説明になってしまうのと、夫婦であっても旦那の父親は逆玉の輿なので、...
続きを読む
25歳 女性のエピソード
私の高校時代の同級生で毎月ディズニーに行っている子がいました。
母は看護師さん、父は郵便局員さんで両親がディズニー好きなことから幼稚園のころから毎月のようにディズニーに行っていたそうです。
高校時代も...
続きを読む
59歳 男性のエピソード
近所で仲良くしている方の話です。
本業は会社経営ですが、会社はもう実体なくて経費のためだけの会社です。
不動産も沢山持っていて、駅前にビルをいくつも持っていますし駐車場もかなりのぢ数を保持しています。...
続きを読む
34歳 女性のエピソード
元職場の同期。
その同期は、結婚相手として将来養ってもらえるような人(外見は多少タイプでなくてもよかった)を探し、IT関係の自営業をしている男性と結婚した。
現在は、2人の子どもに恵まれ、1人を出産し...
続きを読む
46歳 女性のエピソード
職場の同僚が結婚したおじさんが一番のお金持ちだと思う。
仕事は飲食店を何軒か持っている社長さん。
普段はぱっとしないおじさんだが彼女と付き合っていたときに誕生日プレゼントに車を買ってくれた。
しかもク...
続きを読む
30歳 女性のエピソード
元同僚は、実家暮らしでドケチなのでお金持ちです。
週に何度も趣味のプラモデルを買って、時間があれば作る。
年に2回は、友達の車で遠出して旅行。
友達から誘われたら、オールで飲み会。
週末は、一人カラオ...
続きを読む
43歳 男性のエピソード
私の大学時代の先生はもう停年退職されておられますが、
金融資産は1億以上あるとのことです。
東大卒業で、博士号を持ち、大学の教員となり、国立大学の教授と
なられたので、生活は全く困ってないようでした。...
続きを読む
22歳 女性のエピソード
社長関係の知り合いが多くいますが、お金持ちの人は大体、車3台くらいは保有してます。
おまけに愛人も結構な確率で居ます。
奥さんとは真反対なタイプが多いですね。
でも、お話を聞く限りだと奥さんもその人に...
続きを読む
26歳 女性のエピソード
亡くなった祖父。
生き物が好きな人だったが、多忙で世話ができず、現役時代はひたすら剥製を集めて客間に飾っていた。
現役を退いてからは離れを建てて、各種鳥類をそこで飼っていた。
また、裏庭を拡張して犬も...
続きを読む
23歳 女性のエピソード
高校生時代の友人です。
友人のお父さんが美容院を経営している方でした。
いつも話の次元が違っていました。基本的に習い事は、どこかに習いにいくのではなく自宅に講師がくるという形でした。
家庭教師の方や、...
続きを読む
33歳 女性のエピソード
私の友人でMRの仕事をしている30代後半の男性がいます。
彼は勉強家でよくビジネス関連の書籍を読んでいたり、動画を見ています。
彼は仕事の休みを利用してよく海外に旅行しています。
おそらく100か国以...
続きを読む
41歳 女性のエピソード
知り合いにフィリピン系中国人がいますが、とても豊かな暮らしをしています。
家業が何なのか謎でしたが、どうやら不動産収入が大きいようです。
10年程前ワンルームタイプのコンドミニアムをビジネスタウンに一...
続きを読む
26歳 女性のエピソード
私の大学時代の友人に超がつくほどお金持ちの子がいました。身につけているものはほとんど全てがブランド物。カバンも何個もブランドのものを持っており、携帯ケースも1個1万はするであろうものを1ヶ月と言わずに...
続きを読む
30歳 女性のエピソード
会社の友人です。友人のご両親が大企業の役員でかなりのお金持ちです。
彼は、最近都内のタワーマンションを購入。遊びにいきましたが、家具や家電も一流品ばかり。
驚いたのが、ものは基本的に使い捨てということ...
続きを読む
30歳 女性のエピソード
友人の男性の家が不動産を持ってるお家。
京都一帯を管理しているお父さんを持ってるのでお金持ち。
マンションの4フロアを所有していて、友人の部屋は1フロア全部。
お父さんからベンツを買ってもらい、それで...
続きを読む
31歳 女性のエピソード
友人は都心に家を持っていて、家族の人数分車所有しています。
もちろん駐車場付き。

お肉はブランド牛のA5ランクしか食べたことがないそうで、自宅で料理するときもA5ランクのお肉を配達してもらうんだとか...
続きを読む
37歳 女性のエピソード
大学のサークルの後輩に某一部上場企業のオーナーの娘さんがいました。
車通学は認められていませんでしたが、彼女はいつも運転手つきの車で正門まで送ってもらっていました。
バックやアクセサリー、その他持ち物...
続きを読む
23歳 女性のエピソード
40代の親戚の男性が、私の周りだとお金持ちだと思います。
結婚されてないので、休日は趣味で出かけたりしていました。
その趣味が、まずは自電車、釣りと至って普通なんですが、その人は大体のものが高級品で自...
続きを読む
34歳 女性のエピソード
以前勤めていた会社の上司と一緒に、上司の知人に挨拶に行ったことがあります。
健康食品の販売や美容系の講習などを行っている方で、自宅である都内のマンションにお邪魔しました。
天井の高い、何十畳もありそう...
続きを読む
22歳 女性のエピソード
お金持ちだなと思った最初は、なんでも奢ってくれるし、いつも外食でいいものばかりたべていたからです。すべての支払いをカードで行っていたのでしっかりとした金額を全く本人が確認してなくて、大丈夫なの?と思う...
続きを読む
38歳 男性のエピソード
私の元部下の人の話です。5年前までは、私の部下でしたが、昔からやりたいことがあると言っており、ようやく準備ができたので退職して、起業をしました。その方は、国籍が中国の方なのですが、日本語はN1レベルで...
続きを読む
57歳 女性のエピソード
母のお友達グループの中の一人です。
といっても母はもうじき80歳になりますが、そのお友達はまだ60過ぎ。
ご主人は保険会社に勤務していらしたのですが、数年前、定年を待たずに急逝されました。
とてもお元...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
いとこのお姉さんです。
ご夫婦で会社を経営してるので次元が違います。
年商などは知りませんが、車はお兄さんがマセラティお姉さんはベントレーに乗っています。
車好きな私からすると羨ましいです。
後7台程...
続きを読む
26歳 男性のエピソード
ダントツで海外保険と資産運用を手がけいるフリーサンスの営業マンですね。

拠点はインドネシアにしており、そこではファミリーで暮らしています。
奥さんも子供もインドネシアでそれぞれ会社勤めと学校に通って...
続きを読む
41歳 男性のエピソード
私の知り合いの中で、最もお金持ち(推定)の方についてです。
その方は50代前半の地方公務員で、奥さんと大学生の子供が2人の4人家族です。
職業も市役所の一般職で身なりや車も極めて普通で、自宅に至っては...
続きを読む
24歳 女性のエピソード
何十万点もする指輪やネックレスを平気で買ったり
服も2着で5万円するような服を悩むことなく即買ったりしていた友人がいます。
基本欲しいと思った物は高くても買う、といつも言っています。
また乗ってる車が...
続きを読む
30歳 男性のエピソード
わたしの周りで一番お金持ちの人は、私の父親です。
 私が小さな頃に起業し、バブルの恩恵を受けたのか成功したようで、現在でも会社経営を続けています。お金持ちになって気分を良くした父は、気が大きくなったの...
続きを読む
34歳 女性のエピソード
建設会社を経営している母の友人。
我が家が金銭的に苦しいとき、私立大学に通っている兄の学費を無条件に出してくれ、それについての返済は求めないと言ってくれている。
母はその友人の悩みや家族の愚痴などをよ...
続きを読む
22歳 女性のエピソード
私の周りで1番お金持ちな人は、中学生のときの同級生で、まず中学生の月のお小遣いが1万5千だったということが衝撃的でした。その子自身はお金持ちアピールとかは全くせずに、ただお小遣いの話をしてた時にそれを...
続きを読む
40歳 女性のエピソード
お金持ちと言えば、中学時代の友人ですかね‥。
子供の頃、そんな意識はしていませんでしたが、確かに他の友人のお家にお邪魔した時とは違うことがたくさんありました。
まず、家が今思えば、こだわりが見えていた...
続きを読む
57歳 女性のエピソード
わたしの周りで一番お金持ちなのは、娘だろうか。
なにしろ、毎月お小遣いをもらい2ヶ月に1度はわたしの実家へ行った際に
母方のおばあちゃんからお小遣いをもらい、
年4回の夫の実家への帰省で父方のおばあち...
続きを読む
39歳 男性のエピソード
正確な年齢は覚えていないのですが、おそらく40代後半の方です。
その方は結婚をされていて、まだお子さんはいらっしゃいませんでした。
数年前に自宅で飲み会をしようと呼ばれた事があり、行かせてもらいました...
続きを読む
37歳 男性のエピソード
20歳前半で1等ジャンボ宝くじが当たった人がいます。
時間をかけて家族で世界一周旅行に行き、人生を満喫した後、地元の自治体やNPO法人等の公共の福祉のために寄付をしている人がいる。
お金がありすぎて持...
続きを読む

「独身っていいなと思った瞬間」

43歳 男性のエピソード
結婚したら、独身ではないということ。結婚した時から、独身生活とはさよならしなければならない。稼いだお金の使い道や自由な時間の使い方のすべてが結婚生活に費やされることになります。もっと独身時代にいろんなことを経験していればよかったと思うことが多々あります。独身は、稼いだお金を自分の使いたいことに自由なだけ使うことができる。独身は、時間を自由に使うことができる。誰にも縛られることなく、行きたいところに行き、遊びたい人と気兼ねなく遊び、独身は毎日の自由を選ぶことができる。独身は独身の時にしかできなことをやりまっくておく。独身の時にもっと冒険しておけばよかった。独身の時にもっと遊んでいればよかった。いま独身の人をみるといいなと思う時が多々ある。
このテーマの他のエピソード
28歳 女性のエピソード
20代後半の女です。独身の時は結婚願望が人よりも強く早く結婚したいと思っていました。
そんな事を考えていた最中、今の旦那さんと出会いました。そして交際期間1年未満で婚約しました。
当時はこの人と結婚し...
続きを読む
48歳 女性のエピソード
結婚して独身の方が毎日楽しそうに遊んでいたり、呑みに行ったり、その時に独身でいれば良かったと後悔しました。

シングルマザーになってから、絶対にずっと再婚しないと決めました。

子供が社会人になって今...
続きを読む
45歳 女性のエピソード
40代、独身です。好きな職業、好きな人に囲まれてようやく生きられるようになりました。この環境を手に入れた瞬間、独身で良かったと思いました。なぜなら、もし自分を自分で満たす術を知らずに私が結婚したとした...
続きを読む
38歳 女性のエピソード
 韓国の男友達2人が平日に日本に来た時のこと。事前に来ることは知らされてはいたものの、平日だったということと、彼ら宿泊する場所が私の住んでいるところからはやや距離があるところだったため、私は合うことが...
続きを読む
33歳 女性のエピソード
私は旅行が趣味で、時間を作っては1人でよくハワイなどに行ったりしています。その時の写真をSNSなどにアップすると、「よく旅行行ってるよね!よくお金があるよねぇ。」などと言われることが多いです。
私は収...
続きを読む
33歳 女性のエピソード
20代前半時に友人が結婚をした。当時、彼女はウエディングハイを起こすほど喜んでいて、私も含め友人数名で苦笑するほどだった。
そんな彼女は旦那さんの仕事の関係で県外に引っ越してしまい疎遠になった。
当時...
続きを読む
38歳 女性のエピソード
韓国在中の男友達2人が平日、日本に遊びに行くという連絡が入ったのですが、平日ということもあり、また、彼らの宿泊地が私の住んでいるところよりも遠くいるということもあり、私は仕事もあるし無理だと断っていま...
続きを読む
20歳 女性のエピソード
両親ともに毒親です。父は家族に対し無関心な精神疾患患者で、約20年もの間共に過ごしてきたはずなのに趣味や好物など全く知りません。母は元々の支配者気質に加えて現在更年期障害を患っており、以前にも増して心...
続きを読む
41歳 男性のエピソード
独身っていいなと思った瞬間は、自分のために時間を使えるところ、自分のためにお金を使えるところ、この2点が大きな部分です。
妹家族を見ていて、大変だなと感じる部分があります。
子どもが熱を出したり、病気...
続きを読む
25歳 男性のエピソード
私は25歳になり、高校や大学時代の友達の結婚ラッシュが始まってきました。そして、結婚した友達に結婚後の話を聞く機会も多く、いろんな話を聞くのですが、口々にみんなこういいます。「結婚はいいかもしれないが...
続きを読む
45歳 男性のエピソード
お相手の事を気にする、気を使うことが無いので自分の好きなように時間を過ごせることが独身でいいなと思っています。例えば今週末は1泊2日の観光旅行したいなって思い立ったら、遠慮なく行動できます。観光ルート...
続きを読む
46歳 女性のエピソード
独身のころは、結婚を強く憧れていました
一人じゃない、そばにいてくれる人がいるという安心感はありますが時々独身でいる自分ってどうなんだろうと想像することもあります

体調が悪いとき家族がいれば心強いと...
続きを読む
21歳 女性のエピソード
私の両親がケンカをよくしていて私に八つ当たりしたり家にあるものに当たっていたりしたし、私の祖父母もいつもケンカをしていて昔は窓を壊したり机をひっくり返したりしていた。私は、家で結婚している人間のケン...
続きを読む
25歳 女性のエピソード
現在25歳なので、周囲の友人がちらほらと同棲を始めたり結婚するようになりました。私は独身で、一人暮らしをしています。
独身っていいなと思ったのは、好きな時間に起きて、好きなものを食べ、時間も好きに使え...
続きを読む
30歳 女性のエピソード
1人暮らしなので、誰にも干渉されることなく過ごせるときは、独身で良かったと思います。例えば、最近結婚した友達は、お盆に旦那さんの実家に行き、気を遣い休みが逆に疲れたと言っていました。その点、独身だと誰...
続きを読む
30歳 女性のエピソード
30歳目前で独身だと周りからの視線がかなり痛いが、毎日自分の好きなおつまみ系メニューの晩御飯を食べながらビールを飲んでいるときと自由にお買い物しているときは独身で良かった~と心から思う。(たまに声も出...
続きを読む
38歳 男性のエピソード
独身っていいなと思った瞬間は、結婚してから二人で生活が始まった翌月の生活費の計算をしている時に感じました。
自分のお金に関する性格は人から見るとケチといわれる部類で、独身時代も実家暮らしでお金を生活の...
続きを読む
31歳 女性のエピソード
年末年始に実家に帰りました。私は今は都会に出ていますが、元々は田舎出身です。本当に田舎なので、田舎に残っている友人たちは誰も残らず皆結婚していて、子供もいます。
そんな友人たちと年末年始にランチへ行き...
続きを読む
39歳 女性のエピソード
子供はかわいいが、毎日朝起きて朝ごはんや洗濯から始まり、子供の支度や自分の仕事に掃除に夕飯にお風呂に片づけにとバタバタしてほっとする時間もなく日々眠りにつく。
休みの日には、普段足りていない掃除を細か...
続きを読む
39歳 男性のエピソード
現在私は,結婚10年経過しました。
子どもは2人いて,共に小学生です。
私は会社員で妻はパート勤めで,仕事帰りは家事を分担するというその生活が日常となっています。

その中で独身がいいなと思った瞬間は...
続きを読む
37歳 女性のエピソード
結婚して10年です。子供も3人いてますが最近独身の幼馴染を見ると独身っていいなと切実に感じます。仕事もある程度の地位に就くことができる年齢ですしそうなると収入も安定していますし、自由も手にはいるのでと...
続きを読む
30歳 女性のエピソード
結婚した友人の話を聞いていると、旦那さんに対する愚痴や自由な時間が制限されてしまうことに対する話をよく聞かされるので、独身だとそのような悩みもないので良いなと思いました。
独身なら、自分の好きなように...
続きを読む
31歳 男性のエピソード
結婚していないので、自身の好きなように時間を使えるのが良いと思っている点です。
仕事に関しても集中してできますし、仕事に関わる資格取得、スキルアップの為の勉強にも時間を充てられます。あとは、プライベー...
続きを読む
28歳 男性のエピソード
私は現在独身ですが友達は結婚している人が多いです。
友達は家事の仕方や料理の味付けについて奥さんと揉めることがしょっちゅうでイライラするそうです。自分は一人暮らしなので完全に行動がフリー。
洗濯を好き...
続きを読む
36歳 女性のエピソード
結婚してから独身の友達が羨ましくなりました。充実した独身時代を過ごしすぎたのかもしれません。
妊娠中や子供が小さいうちは母親が子育ての中心で90%を担うことが少なくないと思います。
それでもなんとか、...
続きを読む
39歳 女性のエピソード
結婚して子供がいる男友達は、奥様に隠れて飲みに行ったり、奥様から許可が下りてても22時過ぎたらすぐ帰ったりと、「子供は可愛い。幸せだ」と嬉しそうに話すが、ずっと家族に気を使っていて窮屈そうに見える。
...
続きを読む
31歳 女性のエピソード
わたしは独身時代、4年ほど一人暮らしをしていたのですが、そのときが一番楽しかったのではないかと思います。

朝何時に起きてもいいし、好きなものを食べられる。時には自分のためだけに美味しい料理を作り、き...
続きを読む
39歳 女性のエピソード
友人や妹、周囲の女性たちが結婚し妊娠出産を経て、自分の時間がなくなっただけでなく、経済的にも困窮してしまったり、義実家、とくに姑との問題に巻き込まれて苦しんでいる姿、さらには育児に追われているのを目の...
続きを読む
25歳 男性のエピソード
一人で自由に使えるお金を確保した瞬間に思います。そのお金で自由に何買っても怒られませんし、子供のころ欲しかったものを大人買いしても誰にも咎まれないので漫画アニメゲーム映画フィギュアに使っています。また...
続きを読む
33歳 男性のエピソード
現在、勤めている職種を何度も変更したいと考えてました。1年前に職場環境の変化と給料の激減により転職をしましたが、その時にも異業種を視野に入れて、転職活動をしましたが、どうあがいても今までの給料よりかわ...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
私は現在結婚して、子供2人の育児中です。子供のことにかかりっきりになることが多く、家事や育児で毎日が終わってしまいます。
そんな時、SNSなどで独身の友達の近況がわかると、羨ましくなることがあります。...
続きを読む
31歳 男性のエピソード
結婚してみてからわかる、独身っていいなと思った瞬間がいくつもあります。

まずは自分の時間が持てるということです。夫婦で生活を共にすると、団らんの時間を過ごしたり、会話を楽しむなどの何かと時間を共有し...
続きを読む
52歳 男性のエピソード
 働いていると思うことがある。それは、友人、知人が「今日はとことん吞みに行くんだ」「明日から旅行に行くんだ」などという話をしているときがある。それに正直憧れる瞬間がある。
 一人鍋、一人酒、一人旅、私...
続きを読む
36歳 女性のエピソード
何より自由に時間とお金を使うことが出来ることです。
私は子育て中の既婚者です。先日、バリバリと働く元職場の先輩と久しぶりにご飯を食べました。
素直に感じたことは、お肌ツルツル、ステキな洋服やカバンを持...
続きを読む
50歳 女性のエピソード
今年で50歳になります。
20代前半で、心肺停止状態の病気をして以来、結婚というのもを諦めました。
お付き合いしていた方には、母から相手に対して、「ご自分の人生を歩いて下さい。」と私がまだ、意識が戻ら...
続きを読む
23歳 男性のエピソード
まずお金の面で、妻のファッションや趣味、ランチ代、子供が居るのであれば養育費などがすべて掛かりません。同時にそれらに使われる時間も一切掛かりません。という事でとにかく趣味と仕事に打ち込むことが出来る。...
続きを読む
38歳 女性のエピソード
今現在趣味をもっています。イラストを書いたり、粘土で動物を作ったりと完全インドアな趣味です。また創作活動なので、1人で集中できる時間が何よりも大事で、今では音楽を聞きながら自分の世界にこもるのがストレ...
続きを読む
23歳 男性のエピソード
独身のいい所はやっぱりパートナーの状況に左右されずに趣味に没頭できる所かなって思います。
趣味を理解できないパートナーと付き合って毎日イライラ。話も合わないっていう人達を何度も見てきましたが本気で見て...
続きを読む
36歳 男性のエピソード
気軽に、自分の好きな事、やりたい事が気軽にできる。
欲しいものがあったら、我慢せずすぐ買える。
どこか行く時、いちいち許可を取らなくて良い。
友達と飲みや遊びに行った時に、帰る時間を気にしなくていい。...
続きを読む
28歳 男性のエピソード
私は12歳から絶えずずっと彼女がいました。
フリー期間も1ヶ月以上経過することはなく、常にパートナーがいました。
高校生の時から付き合う彼女とはいつもすぐにどちらかの家に棲みつき、少しでも離れると常に...
続きを読む
43歳 男性のエピソード
人生の半分を一人暮らし+独身という状態で過ごしてきました。
誰に気を遣うわけでもなく、自分の好きなように起きて、飯を食べて、遊んで、寝るという生活に慣れてしまいました。
いまさら、他人との同居など考え...
続きを読む
54歳 男性のエピソード
現在、単身赴任中です。既婚者でありながら、独身生活を満喫してます。離婚こそしていませんが、一人の安心感はしみじみと実感します。私が自宅に住んでいるころ、妻は、私に怒鳴りまくりです。実際は怒鳴ってはない...
続きを読む
28歳 女性のエピソード
この年になると、周囲には結婚したり子どもを持った知人も増えてきます。彼らと話しているとよく聞くのは、幸せを感じさせるエピソードよりも、配偶者やその家族・親族への不満です。やはり結婚というのは当人たちの...
続きを読む
39歳 男性のエピソード
周りが次々と結婚していく中で、自分だけが結婚せずに残っていると、20代はよかったのですが、30代前半になるとまだか、いつ、いい人はいないのか?親族、両親、同僚、そして上司にまで心配される始末。つきあっ...
続きを読む
44歳 男性のエピソード
私の職場には、結婚をしている人、独身の人が、約半々の割合でいます。
結婚をしている人は、月々の生活費を捻出するのに、非常に頭が痛いそうです。
特に、子供に関しての支出が多くを占めているみたいで、自分の...
続きを読む
35歳 女性のエピソード
食事ひとつにしても、独身であれば、作るのが面倒だったらご飯も出来合いのもので済ませたりしても誰にも文句を言われません。
撮りためたドラマを徹夜で観ていて、休日に起きる時間がお昼を過ぎても怒る人もいませ...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
去年、26歳で結婚しました。
主人は優しく穏やかな性格でとても平和な結婚生活を送っています。
ただ、周りの友人たちは結婚していない人が多く
インスタグラムやツイッターを見ているとたまに羨ましくなります...
続きを読む
32歳 男性のエピソード
私は生まれてこのかた恋人や配偶者がいませんでした。
ですが、そのことを悪いと思ったことはありませんでした。
なぜなら、クリスマスや誕生日などのイベント日にわざわざ恋人や配偶者に時間やお金を割かなければ...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
現在2児の母をしていますが、独身がいいなと感じるところは自分のペースで時間、お金を使えることです。仕事では残業がある時に子供のお迎えがあるので、みんなに申し訳ないと思いながら先に退社しますし会議も長時...
続きを読む
30歳 女性のエピソード
結婚を全体に付き合っている彼氏と半同棲している友人がいるのですが、
その彼氏が電車で女子高生を盗撮している疑惑が浮かんだり、前カノとのいざこざがあったりなど、心身ともにボロボロ状態のようで
す。
友人...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
私は2歳の娘が居ます。
友達は結婚している子は少なく、独身で趣味に没頭している子達が多いです。
私も元々、趣味に没頭していて、独身を謳歌していました。
その為、独身の友達のTwitterや、Insta...
続きを読む
39歳 女性のエピソード
自分の為だけに時間とお金を使えるということは贅沢なことだなと思い、独身はいいなと思います
休日に好きな時間まで寝ていられること、好きなだけテレビやネットを見ていられること、好きなものだけ食べられること...
続きを読む
50歳 男性のエピソード
一番良いと思う事は結婚してる人達は職場や社会で気を遣い、我慢しなければならない事が山ほどあるのに、家庭を持てば家の中でも我慢しないといけないし、たまの休みも結婚してれば疲れていてもゆっくり寝てる訳にも...
続きを読む
38歳 女性のエピソード
独身って良いなと思う最大の瞬間は、自分がしたいことをしたいようにできたときだ。

することはなんだって良い。
仕事の拘束から解放されたその瞬間、もうそこからはすべて自分のためだけに時間とお金のを使える...
続きを読む
46歳 女性のエピソード
独身はやはり独身貴族です。
自分が独身のころは結婚がいいなと思っていましたが、いざ結婚すると独身がいいなと思うようになりました。
自分で生活を支える必要はありますが、自分のペースで生活できます。
結婚...
続きを読む
51歳 女性のエピソード
私はプロ野球のあるチームを応援しています。
2年前のその日、新人の頃から応援していた選手が、引退する引退試合が設けられました。
私は、同じチームのファンである友人と一緒にその日のチケットを取って、楽し...
続きを読む
25歳 男性のエピソード
 先日、既婚者の友人(男)と飲みに行った際に感じたことことなのですが、彼はお小遣い制で毎月やりくりしているらしく、月のお小遣いは3万円だそうです。それを聞いて、正直、「大学生かよ。」と思いました。独身...
続きを読む
49歳 女性のエピソード
子供を育てる苦労を知らない分、ストレスフリー。年齢毎の苦労、思春期になり反抗期の時の苦労、高校、大学入試、就職難での就職活動などその時々で苦労が変わるのを独身者は知らないし経験しなくても良い。お金は全...
続きを読む
39歳 男性のエピソード
自身は独身なのですが、やっぱり独身のほうがいいなと思う時が多いと思います。

私の趣味はスポーツ観戦なのですが、それをどのように時間やお金をかけるのかは
すごく自由なのです。

例えば野球観戦をすると...
続きを読む
38歳 男性のエピソード
細かく注文をつけられない事です。
結婚している時は、頼まれた買い物をしても、

「このメーカーじゃない」
「24個入りの物のほうがお得だったのに」

等と言われ、休日に家事をしても、

「掃除機のかけ...
続きを読む
26歳 女性のエピソード
私は20代後半の独身女性です。私の回りにはすでに結婚していたり子供がいる人が多く、結婚ラッシュも続いている時期となります。私の友達も結婚しており、友達同士で集まっても結婚や子供の話ばかりで独身の私から...
続きを読む
29歳 女性のエピソード
独身の良いところは、自分のために、時間とお金が使えることだと思います。独身であると、自分が中心で考えて行動ができるので、いつどこで何をしててもさほど問題ではありません。また、時間に融通が効くので食事や...
続きを読む
29歳 男性のエピソード
もちろん年齢も年齢ですので、何名かの女性とお付き合いしたことはあります。
そこで、交際していた時分と独身である時分を比較して
とにもかくにも、第一と言えるのは、お金が自由に使えること

時間も加えよう...
続きを読む
32歳 男性のエピソード
私は3年前に結婚しており、2年前には女の子が生まれた。
もちろん今の生活には満足しているし毎日嫁と子供の二人と過ごす日々は楽しくてしょうがない。
しかし最近私は一つだけ悩みがある。
それは最近始めた趣...
続きを読む
30歳 女性のエピソード
独身時代は好きな時間に寝て好きな時間に起きて食べて仕事行ったり遊んだりといった事が当たり前だったけど、子供が産まれてからは自分の時間など子供が寝たあとしかなく、起きてから子供が寝るまでずっと用事です。...
続きを読む
28歳 女性のエピソード
出産してからは自分のタイミングで好きな時に出掛けたり、好きなことして過ごすことが全く出来なくなってしまい、独身時代をもっとゆっくり楽しめば良かったかなと思うことが多々ある。特に自分の好きなアーティスト...
続きを読む

「忘れられない夏休み」

19歳 男性のエピソード
中学1年の夏休みを僕は忘れることはないと思う。
毎年お盆休みになると家族でお婆ちゃんの家に遊びに行きます。お婆ちゃんの家はドがつくほどの田舎で周りは山と畑に囲まれていて1番近くのコンビニに行くのに30分くらいかかります。その年はたまたまゲームの充電器をわすれて遊ぶものがなくなりつまらなくて何もない田舎を適当に散歩していました。10分くらい歩いたところで僕より少し身長が高くて高校生くらいの女の人に会いました。僕は年が近い人を見つけて嬉しくなってついつい話しかけました。驚いて振り返った女の人はすごく綺麗なひとでした。女の人は僕と一緒でお婆ちゃんの家遊びに来ているらしくお互いのことをいろいろ楽しく話しました。夕暮れ時になり明日もここで話そうと約束して帰りました。しかし父親が仕事で帰らなければならなくなり会うことができませんでした。それからあの女の人に会えたことはありません。
このテーマの他のエピソード
24歳 男性のエピソード
私にとって一番忘れられない夏休みは今年の夏休みです。というのも、私は大学4年生であり、今年の夏休みは就職活動に尽力し、ようやく第一志望のところから内々定を頂きました。私は一般の就活生と異なり、就職活動...
続きを読む
22歳 女性のエピソード
大学2年生の夏休みに20歳を迎え、何か今までにやったことがないことがしてみたいと考えました。とは言っても学生の自分でできることは多くなく、結果「1人で二泊三日京都旅行」を敢行しました。
私は地方に住ん...
続きを読む
52歳 男性のエピソード
3つの人生初が多かった2019年の夏休み。
まずは転職。子育てと介護が終わったので、新しいことに挑戦したくて、
早速エージェントに登録。エージェント登録も人生初でしたが、
結局はハローワークで紹介して...
続きを読む
52歳 女性のエピソード
中学1年の夏休み、母が手術を受けるため入院した。
学校のお弁当があるため、夏休みを選んだが、家に一人でいる時間が長くさみしかった。
父が朝食をつくり、お昼はスーパーで買って、病院で母と一緒に食べた。大...
続きを読む
34歳 男性のエピソード
子供のころ、友達とプールに行った事が楽しかったです。

近所のプールなのですが、流れるプールと波の出るプール、スライダーなどがあって、いつまででも遊んでいられるような楽しい所でした。

そこに売店もあ...
続きを読む
24歳 女性のエピソード
中学生の夏休みです。
私は吹奏楽部に所属していたのですが、活動日がお盆以外ほぼ毎日朝から夕方まで練習していました。コンクールがちょうど夏休みの間にあったため、ずっと練習でした。演奏するにも意外と体力を...
続きを読む
42歳 男性のエピソード
自分が高校2年生の時の夏休みの話です。今から20年以上も前の話ですがその頃私には仲のいい親友と呼べる友達が4人ほどいました。

夏休み前に原付バイクの免許を全員が取得して夏休み前半には全員が人生で初め...
続きを読む
37歳 女性のエピソード
高校生のときに、夏休みだけホテルのベッドメイキングのバイトをしました。
その時にお昼ゴハン食べるのに廊下で食べるしかなくて、一人で外に買いに行ったら小さな喫茶店を見つけてそこのオーナーの息子とひと夏の...
続きを読む
37歳 女性のエピソード
小学生の頃、遠くに住む幼馴染の家にお泊りに行った。
私と私の弟と、幼馴染と幼馴染の弟と遊んでいた。
その時代、家庭用ビデオカメラが普及していて、
それを使った遊びをしたくて、
そのために、
昼間に4人...
続きを読む
37歳 女性のエピソード
夏休みといえば学生。そんなイメージがありますが、夏休みは大人になっても楽しめます。
これは、社会人4年目の夏休みのことでした。職場の同僚が仲良く、みんなで夏休み1泊2日の海水浴旅行を計画しました。計画...
続きを読む
37歳 男性のエピソード
もうずっと昔の事だが、高校3年の1学期期末試験で友人たちと点数勝負をした。
負けたら夏休み中にとあるイベントに参加するという条件で乗ったのだが、まさかの敗北。
そしてそのイベントに参加した事で、そのイ...
続きを読む
29歳 男性のエピソード
僕が専門学校に通っていた時なので10年ほど前の話になるのですが、夏休みに実家に帰省している時にお盆でほかの友達やら後輩もいて夜に何人かで灯台のふもとで流星群を見ようということになりました。
寝ずにおし...
続きを読む
22歳 女性のエピソード
高校一年生の夏。

その頃の私は、「高校生」というなんとも輝かしい響きに胸踊り、なんにもないのになにかに期待するバカな女子高生でした。

そんな私にも一丁前に好きな人がいました。
同じ部活の2年生の先...
続きを読む
21歳 女性のエピソード
初めての東京
ネットで知り合った人とそのご兄弟と東京に12時間かけて行きました。
初めての秋葉原行き、そこで初めてヴァンガードとと言うTKGのゲームをしたあと欲しいカードを買いに行きました。その後にス...
続きを読む
44歳 女性のエピソード
それは、次男が幼少期に、先定性の生まれつきのずがの病気の為に、一回目の手術、約7〜8時間かかり、無事に終わり検査通院しながら、2回目の手術3〜4時間かかり、無事に終了しました。主人は海外勤務中でしたの...
続きを読む
32歳 男性のエピソード
小学6年生の夏休みです。何の変哲もありません。朝は早く起きてラジオ体操に行って、帰ってきたら庭の草花に水やりをして、朝食。テレビを見て、宿題をして、午後には兄弟や友達と市民プールに行きます。プールでが...
続きを読む
41歳 男性のエピソード
小2の夏休み、おばあちゃんの家へ行って、従兄弟達と会って遊んでいました。私は、おばあちゃんが履いていた普通のサンダルが何となく好きで従兄弟達と外で遊びに行く時に、必ずそのサンダルを履いて遊んでいました...
続きを読む
48歳 男性のエピソード
大学3年の夏休み、北海道へ列車で旅行に行った時のことです。
函館から札幌に向かう夜行快速「ミッドナイト」の自由席で、たまたま向かい合わせになった女性がいて、発車までの間、お菓子を食べながら話をしていま...
続きを読む
26歳 女性のエピソード
子どものころ(小学生の時)には、夏のお盆の時期に毎年いとこや祖父母などの親戚たちと祖父母宅に集まっていました。
まずは、だいたいお昼ごろに集まって、お墓参りに行きました。

夜にはみんなで夜ご飯を食べ...
続きを読む
36歳 男性のエピソード
小学4年の頃、友達と遊んだ帰り、一人で畑に挟まれた道を歩いて帰っていた。前から歩いてきた男の人は近所では見かけない顔で、里帰りか何かだろうとそのまますれ違った。その瞬間、その人がこちらを見て笑ったよう...
続きを読む
28歳 女性のエピソード
15歳。中学3年生の夏休みでした。
当時私は周りの友達より早く携帯電話を持っていました。1番中の良かった友達も持っていました。
私たち2人は夏休み毎日のように会い、毎日簡単に出来る出会い系サイトの掲示...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
小学生のころの話です。小学3年生の私は両親は共働きでしたが児童館や学童には行っておらず、お昼ご飯のお弁当の用意も無く、毎日毎日お金が置いてあり、自分で好きなものを買いに行くスタイルの日々を送っていまし...
続きを読む
55歳 男性のエピソード
中学2年の夏休みのときに、沖縄から横浜の親戚の家に、約2週間滞在。
いま思うと、いろいろ迷惑かけたな~と反省しきりな面も...
しかし、ぼく自身は、当時は田舎ものだったので、いろいろと刺激があって、楽...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
私が中学一年生だった年の夏休み。
入学式での吹奏楽部の歓迎演奏で、私は指揮者の先輩に一目惚れをしました。
彼は三年生。どうしてもお近づきになりたくて、彼と同じ吹奏楽部、しかも同じパートに入ることができ...
続きを読む
29歳 女性のエピソード
毎年小さい頃、夏休みには父方の実家の鹿児島に帰っていました。親戚やいとこと遊んだり、鹿児島の名所桜島や海に行ったりと楽しかった思い出がたくさんあります。
その中でも20年以上前に亡くなってしまったおば...
続きを読む
22歳 女性のエピソード
社会人1年目で初めて訪れた夏休み(お盆休み)。
高校生の頃からお付き合いしている同い年の彼と少し距離を置いていた。
高校生活はずっと彼と一緒だった。(放課も週末も)私は少し疲れていた。
1人の時間が欲...
続きを読む
51歳 男性のエピソード
高校の夏休みは必ず仲間と自転車でテントなどの荷物を持って一週間ほどキャンプ、野宿などをしながらサイクリングをするのがたのしみでした。仲間は固定の四人組で夏休みが近づくと計画をたてるのも楽しみでありまし...
続きを読む
19歳 女性のエピソード
今年の夏休みは今の段階でまだ半分ほどですが、すでに自分史上最高に楽しくて、忘れられない夏になりつつあります。
夏休み前夜祭(テスト最終日)から夜にカラオケに行き、高校のころや中学のころの友達と連日朝か...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
19歳、短大2年生の夏休みが忘れられません。
片思いをしていた一つ年上の彼と、頻繁に2人で遊んでいました。彼の家に2人きりで泊まったり、ドライブをしたり。今思えばただの都合のいい女でしたが、当時は彼か...
続きを読む
61歳 男性のエピソード
 子供たちが小さいころ、毎年夏休みには家族で海水浴をしていました。自宅から車で2,3時間程度で行くことができる海水浴場は5,6か所あり、夏休みを含めた夏の期間に度々行っていたものです。
 ある年の夏休...
続きを読む

「自分は特別だと思った瞬間」

27歳 女性のエピソード
これまで音楽活動をしてきましたが、
演奏・アレンジばかりで作詞・作曲に関しては全く素人でした。
しかし、個人的には幼少期から読書が好きで文章を書くのも得意でした。
今年に入り、ご縁があって、
元から存じ上げていた憧れのアーティスト様とお仕事させてもらえることになり、
その際に、作詞にチャレンジしてみないかということになり、
思いきって言葉と向き合ってみることにしました。
すると、提出期限が1週間だったのにもかかわらず2日で書き上げ、
またそのアーティスト様にも大変気に入って頂けて、
次回から歌っていただけることになりました。
現在追加で作詞の依頼を頂き、
新しい可能性が見えてきました。
まず、憧れのアーティスト様とお仕事できただけでも私は特別だと感じましたが、
このチャンスをつかめたことも特別だとかんじました。
このテーマの他のエピソード
46歳 女性のエピソード
すごく楽しく働いていた派遣先の事です。
そこは、ワンフロアに1000人近くもいるかなりの大手の会社でした。
そこでは、たくさんの人と多く関わる業務をしていたため、たくさんの人から慕ってもらい、ちょっと...
続きを読む
35歳 女性のエピソード
今年、映画「天気の子」が非常に大きな話題となりました。私は周囲に驚かれるほど的確な晴れ女です。的確というのは、ピンポイントで「この日だけは晴れてほしい」と思うと、自分がいない場所でも晴天になるからです...
続きを読む
38歳 女性のエピソード
インターネットの世界ではなかなか真面目な人、誠意のある人との出会いは少ないイメージで、実際にSNSをやって仲良くなった人からの相談を聞いていてもネットの人間関係で悩んでいる方々が沢山います。ですが、私...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
これまで音楽活動をしてきましたが、
演奏・アレンジばかりで作詞・作曲に関しては全く素人でした。
しかし、個人的には幼少期から読書が好きで文章を書くのも得意でした。
今年に入り、ご縁があって、
元から存...
続きを読む
33歳 女性のエピソード
今年3歳になる娘と、今年生まれの娘の二人の母です。
娘は二人とも安産で、二人合わせても、出産には5時間もかかっておりません。術後の回復も比較的早く、二回とも出産した1時間後には、普通に小走りが可能でし...
続きを読む
36歳 男性のエピソード
小学生の高学年からサッカーを始めたのですが、その時にはすでに周りの友達はクラブに入って経験を積んでいました。
その友達から体験でクラブの見学に来ないかと誘われたので、行ってみることにしました。
その見...
続きを読む
26歳 女性のエピソード
私が小学校高学年頃から父親がアルコール中毒になり、家で暴言吐いたり暴力を振るうようになりました。それから良くなったり、酷くなったりを繰り返すようになりました。
10年以上経った今でもアルコール中毒は治...
続きを読む
31歳 女性のエピソード
特別美人でも不細工でもない、ごく普通の女子大生だった頃のおはなし。
ゼミの教授はとても厳しい事で有名だったが、バイトで忙しくしていた私にだけ、卒論のベースを作ってくれ、今後の方向性を示してくれた。私自...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
これまで音楽活動をしてきましたが、
演奏・アレンジばかりで作詞・作曲に関しては全く素人でした。
しかし、個人的には幼少期から読書が好きで文章を書くのも得意でした。
今年に入り、ご縁があって、
元から存...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
これまで音楽活動をしてきましたが、
演奏・アレンジばかりで作詞・作曲に関しては全く素人でした。
しかし、個人的には幼少期から読書が好きで文章を書くのも得意でした。
今年に入り、ご縁があって、
元から存...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
これまで音楽活動をしてきましたが、
演奏・アレンジばかりで作詞・作曲に関しては全く素人でした。
しかし、個人的には幼少期から読書が好きで文章を書くのも得意でした。
今年に入り、ご縁があって、
元から存...
続きを読む
46歳 女性のエピソード
自分で言うのは自慢みたいなのですが、私は子供の頃は勉強がとてもよくできて、常に学年トップの成績でした。
塾に通うこともなかったし、家で毎日何時間も勉強することもありませんでしたが、物事の理解が早く、記...
続きを読む
28歳 女性のエピソード
女に生まれてよかったことはいくつかありますが、おじさんたちにかわいがられていて得しているなと思うことがたまにあることです。
多分男だったとしたらこんなにいろいろしてもらえることは無いと思っています。
...
続きを読む
33歳 男性のエピソード
私は小中と学生時代は人気者で同じ学校だけでなく、他校にもその人気が広まるほどの人気者でした。生徒会長や実行委員長などありとあらゆる事に対して、リーダーシップを取ってきました。その部分が評価され、内心評...
続きを読む
35歳 男性のエピソード
私はエナジードリンクが好きでして、中でもMONSTERが一番好きです。時々、街で配っていることがあります。去年は3週間近く、街で配っていて自分は合計で15本近く貰いました。街では大町の入り口やフォーラ...
続きを読む
19歳 女性のエピソード
私には特別に初めてとても、好きになった相手がいて、その相手に凄いいつも縛ってしまって、相手はそれが嫌だといつも言われているのですが、「あぁ、またしてしまった」と思い、自分自身、分かってはいるんですがな...
続きを読む
22歳 女性のエピソード
私が皆んなと違う特殊なんだろうなと思った特技は今年に入ってからやっと気が付きました。
それは、効き生活音です。
これは何かというと、シンプルに人の足音やドアの開け閉め、インターホンの音の鳴らし方などの...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
これまで音楽活動をしてきましたが、
演奏・アレンジばかりで作詞・作曲に関しては全く素人でした。
しかし、個人的には幼少期から読書が好きで文章を書くのも得意でした。
今年に入り、ご縁があって、
元から存...
続きを読む
33歳 男性のエピソード
私が益子町で行われている産業祭というお祭りにいったときでした。
そこで地元の人達と色々と話していたのですが、当時30歳だったのに高校生ですか?と聞かれたときに、自分の外見の若々しさに自信を持ち自分は特...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
自分は特別だと思った瞬間は2つあります。
1つは幼少期のころの話です。
幼少期の頃、自分で言うのも恥ずかしいのですが可愛いとよく言われていました。今の自分とはだいぶ違うのですが、人見知りもせずよく笑い...
続きを読む

「あの人と縁を切ってよかった」

31歳 男性のエピソード
私の友達に、
『みんなで相談して決めたことを後になって文句を言いだす』ことや、
『お金にルーズで、人からよく借金をする』こと、
そして『アルバイトを転々としながら遊んでばかりいる』ことの、
三拍子を揃えた人間がいました。

当時、私も若くて友達と遊ぶことが楽しくて仕方がない時期であまり気にならなかったのですが、年齢が上がり様々な経験をしていくとその友達のことが気になるようになりました。

彼自身もそうですが、彼と関わる人にあまりよくないことが立て続けに起こっているのを見て、『やはり自分や周囲に悪影響をもたらすようなことを言ったりしている人のそばにいると、自分も同じような目にあう』と思い、その友達とは縁を切ること決めました。

今ではあまり不幸なこともないものの、やはりその友達は風の噂を聞くとあまりいいことが起こっていないようなので、改めて縁を切ってよかったなと思っています。
このテーマの他のエピソード
29歳 女性のエピソード
私が結婚するときにお祝いも何もしてくれなかったので、友達Aとは縁を切って良かったと思います。私は友達Aの結婚式には出席し、ご祝儀も相場の三万円を包みました。遠方でしたが、お願いされたので受付まで引き受...
続きを読む
33歳 女性のエピソード
20代前半の時に描いていた未来予想図は、25歳くらいに結婚して30代にはもう第一子もいてという状態を描いていたのですが、実際は30代前半独身、絶賛婚活中です。
30代までは仕事に遊びに全力で、今が楽し...
続きを読む
39歳 女性のエピソード
以前、会社社長の愛人をしていたことがあったのですが、いつまで経っても妻と別れる気配がなかったので、結局縁を切るというより、私が一方的に振って、囲ってもらっていた部屋を出ていくことにしました。

結果的...
続きを読む
61歳 女性のエピソード
私は、60歳です。多くの経験をしてきました。今までで、縁を切ってよかた人というのは、ある女性です。必ずしも男性とは限らないのです。
学生時代は、友達と適当に接してきました。クラスの友達は1年から4年で...
続きを読む
47歳 女性のエピソード
以前に近所に住んでいた方で、何組かのご家族と一緒に家族ぐるみのお付き合いもありましたが、今はお互いに転居して距離が離れたこともあり全く交流しなくなった方がいます。
私よりも年下だったので知り合った頃こ...
続きを読む
23歳 男性のエピソード
私には、最近まで仲良くしていた女性の友人がいました。
その女性には友人を連れて来てもらってよくみんなで遊んでいたため、私にも女性の友人がたくさんできました。私は当時、出会いの少ない業界で仕事をしていた...
続きを読む
30歳 女性のエピソード
わたしの友人・Aさんは、なぜか自分の好きなことはみんなも好きだという認識を持っています。
それは例えば学校の授業や好きな異性のタイプ、食べ物などもすべて含んでいるのですが、一番厄介なのが趣味のことでし...
続きを読む
30歳 女性のエピソード
23歳の時に12上の人と結婚をしました。
子供も3人に恵まれたのですが、2人目が生まれた後に旦那が転職をしました。
そこから結婚生活が少しずつ狂いだし、旦那の浮気が発覚。
1週間も帰ってこない、帰って...
続きを読む
34歳 女性のエピソード
 あの人と縁を切ってよかった、と思うのは結婚前に勤めていた会社で同僚だった女性社員です。
 彼女はあまり良い噂が有りませんでした。「男性社員に媚を売って社員にしてもらった」とか、見えないところで他の男...
続きを読む
41歳 女性のエピソード
職場で一緒に仕事をしていたAさん。
自分の親ほど年が離れており面倒見の良いタイプの人でした。
私のようにずいぶん年下だと親のように接し、また何年か年下の人にとっては姉御肌。
最年長ではなかったのですが...
続きを読む
35歳 男性のエピソード
実の父親と縁を切って良かった。
子供の頃から自分勝手で口先だけは家族を心配する素振り。
母親が追い詰められて心が病んでも支えてやる事もせず
あっちへフラフラこっちへフラフラいい思い出はとても小さい頃に...
続きを読む

「私の変えたい過去」

30歳 女性のエピソード
息子が6歳になり、誕生日会で保育園の担任先生より、
「○○君は大きくなったら何になりたいですか?」
という質問をされた事をきっかけに将来の夢についてを考えるようになりました。
勿論、母親の将来の夢と今の職業について、問われます。

私の変えたい過去は、18歳の頃の過去です。

高校で、演劇部に所属して、全国大会や実際のプロ(劇団四季など)の方からの指導を頂く機会が多い中、高校三年生の秋に個人演技賞を近畿内の大会で受賞しました。
それをきっかけに、プロの方からのオファーがいくつかあり、私は是非とも舞台俳優としての道に進みたいと父親に打ち明けました。

当然の如く、「アカン」の一点張りの父。母親も、「そんなんで食べていけないでしょ?」と拒否されました。

でも、どうしても演劇の道に進みたい私は、秘密で、アルバイトのような形でプロダクションに所属しながら大学へと通いました。

秘密というのはどこかでばれてしまうもの。
親に見つかり、プロダクションを強制で辞めさせられてしまいました。

それでも、自分が進みたい道へとガンガン進む勇気が私には無く、諦めて一般企業へと就職しました。

でも、子どもが出来て、その子どもから、
「ママ、夢は諦めちゃそこでおしまいなんやって!いつか掴むチャンスがあるかもしれへんからその時までじーって待つんや」
と息子に励まされ、勇気をもらいました。

あの時、息子みたいな背中を押してくれる人で出会ってれば、私は今、こうしてここにはいなかったのかな?と思います。
このテーマの他のエピソード
34歳 男性のエピソード
自営業で接客業をはじめました。始めた当時、とある会社から営業の電話がきて、
『御社専用の予約アプリを作成しませんか?』
と言われました。自分一人でのスタートでしたし、周りに相談しようにもなかなか相談で...
続きを読む
31歳 女性のエピソード
子供の時私は好きな人ができると、もういてもたっても居られずに、好きを最大限アピールしていました。それは、好きな人の帰り道をずっとつけたり、休みの日に家に電話して本人が出たら切ったりなど、今になっては本...
続きを読む
26歳 男性のエピソード
メンヘラセフレが妊娠。。その時の対応を失敗した。。

私が大学2年生だったときのことです。女に飢えてた私は、出会い系サイトを使ってセフレを探していました。確か「LINEチャット」というアプリを使ってい...
続きを読む
40歳 女性のエピソード
大学受験せず専門学校を選んでしまったことです。
その時は、音楽以外の勉強は自分には不必要とすることが格好良いことだと思い、両親は大学への進学を進めてくれたのに、2年で4年分の学費がかかる専門学校へ進ん...
続きを読む
19歳 男性のエピソード
私は高校時代友達がいなくて寂しくて2・3回しか関わったことない先輩の女の子と青春してみたくて告白しました。しかし彼女は彼氏がいるみたいで私は気まずくなりました。高校にいるのも気まずくなりました。しかし...
続きを読む
40歳 女性のエピソード
誰かと会って、一緒に時を過ごしたり、遊んでいる最中..もしくは、相手の家へ泊った時とかでも、自分自身がしっくりこなくて、違和感を感じてしまったら即座に「帰ろう」「帰りたい」と思ってしまう事。もちろん、...
続きを読む
40歳 女性のエピソード
昔は絵本作家になりたかったです。
というのも、絵を描くのも大好きだったし、話を作るのも大好きだったからです。
一人遊びとして、よく広告の裏の白紙を利用して、頭で話を考えてセリフを考えながら絵をかいてい...
続きを読む
40歳 女性のエピソード
20代の頃、付き合っていた彼がパチスロにハマっていて、自然とデートの時間に私も一緒に行くようになりました。もともとゲームセンターのコインゲームは好きだったのですが、「どうせお金でコイン交換して遊ぶなら...
続きを読む
45歳 男性のエピソード
私の変えたい過去は高校生時代です。
高校入試の際に1次入試に落ちてしまい、1.5次入試で私立高校に合格しました。
合格したのはいいのですが、この学校ではひたすら大学合格を目指す勉強漬けの日々であり、し...
続きを読む
34歳 女性のエピソード
私の変えたい過去は大学三年生の時に行った転職活動です。
あの時は「とにかく早く就職先を決めて、残りの大学生活を謳歌したい」というようなことしか考えていなかったため、企業研究もろくにしないまま就職活動を...
続きを読む
26歳 女性のエピソード
高校時代、冬の寒い朝。寝坊してしまったばっかりに急いで通学することに。
いつも使う急な坂を、この日は猛ダッシュで下っていました。
すると、おじいさんと小学生の子供が上ってくるのが見えたので、少しスピー...
続きを読む
50歳 女性のエピソード
私の変えたい過去は、幼少時代、男性にいじめられていたことです。そのため、登校拒否児になり、勉強が遅れてしまい、公立に行けませんでした。
未だにそれが原因なのか分かりませんが、男性に嫌われています。職場...
続きを読む
48歳 女性のエピソード
私は18歳まで田舎で育ちました。
小さい頃から何らかの表現者になりたいと思っており、絵、歌、演技・・・様々な表現手法に興味がありました。
それらを習いたいと思っても「東京の子じゃないから無理」と言われ...
続きを読む
18歳 男性のエピソード
私は現在高校三年生です。中学校では勉強をさぼってしまいあまり偏差値が高くない高校に入学しました。
高校入学後は留年などのことも考えたくさん勉強をしてきました。しかし、中学生の内に基礎ができていなかった...
続きを読む
43歳 男性のエピソード
これは私が実際に体験した人生の中でもかなりショッキングな出来事です。その日は、仕事でイベントもあり、いつもと違う場所への出勤でした。とはいってもそれほど遠方に行くわけでもなく、使い慣れた電車だったので...
続きを読む
26歳 女性のエピソード
私の変えたい過去は高校三年生の受験期です。もともと兄弟が美大に進学しており家計は余裕があるわけではなく、私が進学の際にはできればお金がかからないようにしてほしいという親の意向を直接ではなく間接的に伝え...
続きを読む
26歳 女性のエピソード
それは私が中学生の時のことでした。

背の小さかった私は整列をするたびに一番前で
それはそれは悔しい思いをしていました。
そんな私が体育祭の行進の練習で、とある
お願いを先生からされました。

それは...
続きを読む
48歳 男性のエピソード
私の変えたい過去は、バツイチなので前回結婚した事実を変えたいです。
理由は、私の家族、親族、友人、知人など色々な方に迷惑をかけた生活でした。結婚が早く、10年位生活をしていましたが、子供もおり普通にア...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
私は小学校から仲の良い親友がいました。何をするにも一緒で失恋したり失敗しても励まし合える、言葉なんかなくてもわかるようなそんな仲だと思っていました。
でも、気づいたときにはアラサーですべて嘘偽りだらけ...
続きを読む
21歳 女性のエピソード
精神的障害を持ち、自分らしさを生まれつき制限される機会が多かった(今もですが)のですが、自分ももちろん家族も気がつくことはありませんでした。
ただ症状に耐え、我慢を続ける日々が限界に達した時、私がスト...
続きを読む
45歳 女性のエピソード
子供は親を選べないけど、親を選びたかった!
両親は私が3歳で離婚、新しい父は酒、ギャンブル好き、毎日のように母と喧嘩。
酔って大声で怒鳴ったり、人に怪我をさせて警察のお世話になったり。
母は私のことは...
続きを読む
25歳 女性のエピソード
私は高校卒業まで親の言う通りにしてきましたが高校卒業後の進路先である動物の専門学校も親の言う通りのところに通いました。
でも私はその頃漫画家をめざしていて絵の専門学校に通いたかったんです。
親には手に...
続きを読む
38歳 男性のエピソード
ギャンブル依存症により消費者金融で300万円借金を作り、それをすべて両親に代わりに完済してもらったこと。
お給料を毎月すべて湯水のごとく使うのは当然、最初の内は知り合いに言い訳を適当に作り借金をしてい...
続きを読む
28歳 女性のエピソード
高校2年生の時に出会った彼と付き合ったことを変えたい。
今では、違う彼と幸せに生活していますが、当時の人とは今の彼と結婚するまで悩まされました。簡単に別れてくれず、自傷行為に走ったりストーカー化して付...
続きを読む
24歳 男性のエピソード
大学の卒業式の話だ。
私は大学ではほとんど友達のような者はいなかったが、たまに話すくらいの人はいた。特別に仲が良かったわけでもないが、向こうはよく絡んできた。授業でも真面目でちょっと浮きやすいタイプだ...
続きを読む
41歳 男性のエピソード
現在、インターネットビジネス・FXトレーダーをして生活しておりますが、4年前まで7社グループの会長をしておりました。自分の変えたい過去はずばり、1円の大事さも気づいていなかった当時の自分です。
社員に...
続きを読む
36歳 女性のエピソード
私は過去、精神的にかなり弱くギャンブル依存症になってしまったことがあります。
とにかく毎日パチンコへ行っていた時期もありました。
そのきっかけになった元彼と付き合う前に戻りたいです。
その元彼自身がパ...
続きを読む
30歳 女性のエピソード
大阪の大学を卒業し、地元だが実家からかなり離れた田舎街に就職した。自分のやりたかった仕事につき厳しい先輩のもと一生懸命に勉強しながら働いた。同じ職場で出会った一人の男性と交際し、いつかは結婚を考えるよ...
続きを読む
45歳 男性のエピソード
幼少期より現在に至るまで基本的な性格は変わっていないのですが、
人に対して喜怒哀楽を伝えることができない私。
喜んでいる、楽しんでいるのだけれど「つまらない?怒っている?」
と言われることが多々ありま...
続きを読む

「これまでで一番悲しかった時」

30歳 女性のエピソード
私には子供が2人いるのですが、妊娠した事は5回あります。
3回は流産でした。
体質的に初期がかなり不安定なようで、妊娠が分かりしばらくすると出血、流産という感じでした。
流産といっても、初期なのであまり痛みなどは感じませんでした。
無事産まれた子供達の時も妊娠初期は危なく、自宅安静になったりしました。
妊娠した事が分かるといつも不安で、さらにつわりや貧血もひどい体質なので毎日横になり安静にしてるにも関わらず流産してしまうのがとても悲しかったです。
さらに悲しいのは初期の流産は流産してしまったと確定になると、中絶手術と同じ手術を行わなくてはいけなかったという事です。
事務的に書類も書かなければいけません。
毎回涙を流しながら書いていました。
流産がこんなに起こりやすい事も自分に起こった後で初めて知りました。
それが今までで一番悲しかった話です。
このテーマの他のエピソード
49歳 女性のエピソード
子供の頃から両親が共働きだったため、私は祖母に育てられました。
私が初孫と言う事もあり、祖母は厳しくもありましたが、それ以上に愛情もお金もかけてくれました。
雛人形や成人式に着た着物は今でも持っていま...
続きを読む
36歳 女性のエピソード
職場の上司とうまく意思疎通ができなかった時です。
働いている会社は異動が多く、その時も来年度から異動で別の所属にお世話になることが分かっていたので、ご挨拶に伺うことになりました。
そういう場合は通常、...
続きを読む
34歳 女性のエピソード
京都アニメーションの放火事件がショッキングで悲しかった。
以前から京都アニメーションのアニメを好んで見ていて、スタッフさんが登壇されるトークイベントや体験会みたいなものに何度か参加していたり、スタッフ...
続きを読む
29歳 女性のエピソード
これまで一番悲しかったことは祖母が亡くなったことです。
祖母とは家族の中で1番仲が良いと言っても過言ではないくらい仲良しでした。小さい頃からずっと一緒にいるので祖母がいるのは当たり前と思っていました。...
続きを読む
48歳 女性のエピソード
まだ結婚する前に
3年間付き合ってた人がいたのですが、ある日突然連絡がとれなくなました。
しばらくしてから兄弟と名乗る人から彼氏は交通事故で死んだと連絡がありました。

なにか不自然さを感じ、兄弟と名...
続きを読む
52歳 女性のエピソード
配偶者の突然死です。
いつもと変わらずの休日で、息子のスポーツの為に外出している最中、配偶者が車に息子の荷物を置きに行ったのが最後の別れになりました。
配偶者は心筋梗塞で車のトランクの後ろにちゃんと荷...
続きを読む
24歳 女性のエピソード
私が今までに1番悲しかった経験は、初期流産を経験した時です。
結婚を前提に一緒に暮らしていた彼氏との子どもを授かり、初めは驚きましたが、なによりもこのお腹に命があるということに嬉しさが大きかったのを今...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
結婚も考えていた四年付き合った彼氏に二股をかけられていた。しかもその期間はなんと2年半弱。わたしが付き合った期間の半分以上だ。相手はわたしより1つ上のバツイチ子持ち。

それを知った時は本当にハンマー...
続きを読む
26歳 女性のエピソード
20代の頃に久しぶりに出会った彼とのお話です。
彼も私もお互いに久しぶりの恋人ができて凄く毎日が新鮮で楽しかったです。
プチ遠距離恋愛で、お互い仕事もあるので毎日は会えませんでしたが各週でデートに行っ...
続きを読む
52歳 男性のエピソード
私が中学生の頃、家の軒下に燕が巣を作りました。
ヒナもかえり、玄関先が糞で一杯になりながらもヒナの成長を楽しみにしていしました。

ある日、学校から帰宅すると巣がなくなっていました。
小学生の通学路に...
続きを読む
57歳 女性のエピソード
悲しかった出来事といえば、肉親の死、友人の死や別れなど悲しい出来事を経験してきましたがそれは長い人生の中で出会う当然の悲しみで、幸い大きな悲劇には今のところ見舞われていません。
なので一番悲しかった時...
続きを読む
37歳 女性のエピソード
私は昔から、自分は強い人間だと思っていました。
悲しい事があっても、人前で涙は見せず、すぐに立ち直れるタイプだと。
しかし、それは間違いだった事に気付かされました。

昨年、突然父が亡くなりました。
...
続きを読む
35歳 女性のエピソード
これまでで一番悲しかったのは、飼い犬が死んでしまった時です。もともと捨て犬で、いとこが拾ってきたのを我が家で飼い始めました。まだ小さく、生後2ヶ月くらいだったため、世話が大変でした。慣れるまでは夜鳴...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
一緒に暮らしていた祖父は幼い頃からわたしを可愛がってくれていました。
社会人になり数年後、祖父は癌のため長期入院をすることになりました。
市内なのでお見舞いによく行っていき最後の別れ際には「また会いに...
続きを読む
24歳 女性のエピソード
いままででとても悲しくてどうしようもないとおもったのは、3.11の地震。
私はディズニーシーにいて、その日は家に帰ることさえもできなかった。外の状況がどうなっているかわからず、家族とも連絡がとれず、と...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
これまで1番悲しかった出来事は
ずっと信用していた友達に裏切られた事です。
私が付き合っていた彼と隠れて浮気をしていたので、彼に裏切られるよりも
女友達に裏切られた方がすごく傷つきました。
友達にいろ...
続きを読む
49歳 男性のエピソード
何と言っても、私の父親が亡くなった事です。
今まで、親と言う人物はいつまでも、いつまでも永遠に生きてくれていているだろうと思っていましたから(実際にはそのようなことはないのでしょうが)

今でも、早朝...
続きを読む
49歳 男性のエピソード
やはり、自分の父親が他界を下のが今まで一番いきていて悲しいことです。
私自身親と言う人物はいつまでも、長生きをしてくれると思っていたからです(永遠に)

今考えればいつまでも長生きをしてくれるわけでは...
続きを読む
20歳 女性のエピソード
小学生3年生の頃から飼っていた犬が亡くなりました。

初めての死を見届けることになりました。

亡くなる前は急に心臓の病気になってしまい獣医さんからも覚悟しといてくださいと言われてました。

散歩には...
続きを読む
49歳 男性のエピソード
まさか!と思いました。親は永遠に生きてくれると思っていましたから。

もう、人にはわかってもらえないでしょうが、本当に辛く悲しかったです。それに、人並みですが、なぜ、親孝行ができなかったのか。今まで、...
続きを読む
42歳 男性のエピソード
自分が5歳の時に両親が離婚したことです。その時に両親にこれからどっちと一緒に暮らしていきたいかを問われたのです。

まだ幼かった私は子供心にも直感というか優しかった父親のほうを選びました。母親の方は時...
続きを読む
56歳 男性のエピソード
私の母が平成16年12月11日に、交通事故に遭いました。
その知らせを聞いて本当に驚きました。初めての経験で、私の頭の中は,何を考えているか、わかりませんでした。人生の中で、最低最悪の、1日でした。そ...
続きを読む
49歳 男性のエピソード
今でこそ、父親がなくなり、改めて父親の偉大さ、家族を縁の下の力持ちと私を高校卒業まで支えてくれた事に非常に感謝をしています。

生前の時は親に文句、いうことを聞かなく迷惑ばかりをかけていた事、親孝行が...
続きを読む
48歳 女性のエピソード
12年間当たり前のように一緒に過ごしていた愛猫が、4年前に天国に旅立ったことです。
当たり前のように生きて側にいると思っていただけに、亡くなった時は茫然自失でした。

一人暮らしなので、常にその子がわ...
続きを読む

「結婚を後悔した瞬間」

28歳 男性のエピソード
私は、今の妻と結婚する前、東証1部上場の大手企業にて働いておりました。

結婚するとき、妻から「一緒にしっかりと、共働きで稼いでいこう。お互いに好きなことを仕事にしていこう」という話を結婚前にしており、結婚と同時にそれまで勤めていた会社を辞め、自分の興味のあるベンチャー企業に転職しました。給料は前職の約半分です。

その直後、妻がメンタルの病気を発症し、会社を長期で休むことになりました。結局退職することになり、メンタル不調が寛解し、新しい仕事に就いても、すぐ嫌に転職する、という流れを現在まで繰り返しております。

これではとても生活していくことができないということで、やむを得ず副業をはじめて稼いでおりますが、こんなことならあのとき結婚せずに会社を続けていればよかったと後悔が残っております。
このテーマの他のエピソード
49歳 女性のエピソード
結婚して、しばらくは気づきませんでした。人は結婚すれば自然と子どもができるもんだと思っていました。1年経ち2年経ち、一向に妊娠しませんでした。病院に行ってみても、これといった原因は見つかりませんでした...
続きを読む
46歳 女性のエピソード
付き合っているときはほとんど喧嘩したことはありませんでした、結婚後も数年間意見の違いはあるものの喧嘩にはいたりませんでした
夫の母は「嫁姑」で大変苦労したようで、夫には結婚したら奥さんの味方をするよう...
続きを読む

「これまでで一番お金を無駄にした話」

41歳 女性のエピソード
東京に越したばかりの頃のことです。
洗濯物を干すための竿を買わなければと思っていたところに、物干し竿売りの小型トラックがスピーカーを鳴らしながら近所にやってきたのがわかりました。
もしかして買えるかも?と思い、財布を手に外に出ました。
洗濯物用なんですが、一本いくらですかと値段と尋ねると、お兄さんは198!(イチキュッツパ)と言いました。
ベランダで使用するんですがと指さすと、お兄さんは竿を適当な長さにカットしてくれました。
さて会計と、1,980円を支払おうとすると、19,800円と言われて固まりました。
ぼったくりだったようです。
すでに竿はカットされてしまったので、払わないわけにはいかず。
痛い出費でしたが学びました。
このテーマの他のエピソード
44歳 女性のエピソード
ずばり、高校の学費です。
私学の女子高を希望していました。
大学の進学実績がそこそこ良く、憧れのモダンダンス部もあったからです。
推薦は成績の関係上取ることができず、一般入試を受けました。
残念ながら...
続きを読む
40歳 女性のエピソード
ふと通りかかって足が止まったこをきっかけに買ってみたナンバーズという宝くじがあります。
その日から20年余り、その宝くじを抽選がある時は毎回買い続けてどれだけのお金を使ってきたでしょうか‥。
3桁の番...
続きを読む
34歳 女性のエピソード
数年前、結婚式の準備をしていました。
新築の式場だった為、会場の雰囲気や料理はカタログや写真を見て相談していました。
日取りを決め、予約金10万円を振り込みました。
その後も結婚式の準備を進めていきま...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
元彼に貢いだのが本当に今となっては後悔してます。
初めはジムのインストラクターをしていて出会ったのですが、自分で飲食店を経営すると言ってオープンしたのですが、あまり利益が上がらなくて潰してしまいそれか...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
20歳の頃、大恋愛をしました。相手はホストをされている方でした。今思えば色恋営業でした。
彼が務めるホストクラブに週5程通っていました。毎回数万円を払う日々。そしてイベントでは数万円から100万円以上...
続きを読む
40歳 男性のエピソード
25歳の時、不幸が重なり結婚寸前だった彼女と破局になった。
式場に支払っていた予約金5万円がパー。
ヤケクソになって制限速度50キロの県道を100キロ以上で飛ばして車を走らせていたところ、見事に白バイ...
続きを読む
40歳 男性のエピソード
家を建てたこと。
できるだけお金をかけずに家を建てようとしたけれど、なかなかコレだ!というハウスメーカーは見つからず。
地域の工務店も見て回ったけど、なかなか決められずズルズルと日にちが過ぎていくだけ...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
ガチャを回すためにソシャゲに課金したお金が人生で一番の無駄遣いだと思います。

最近ソシャゲのガチャで大金を使う子供たちが多いというニュースをよく耳にしますが、大人になってもガチャの誘惑には勝てないと...
続きを読む
33歳 女性のエピソード
現在海外に住んでいるのですが、移住する前に持っていた車を知人に譲ることになりました。
新古車で購入し1年ほどしか使っていなかったので、車の状態も良かったです。
ただ私自身も車の売り買いの経験がなかった...
続きを読む
33歳 女性のエピソード
大学生になったばかりの時の話です。
田舎から大きな町に住み始めたということもあって,私は初めての一人暮らしにだいぶ浮かれていました。
入学してすぐ、町のおしゃれな美容室に行き、カラーやエクステを付けて...
続きを読む
30歳 女性のエピソード
アメリカのディズニーランドのチケットを、数日分余分にまとめ買いしてしまったことです。
4日間の滞在予定だったこと、またまとめ買いするとかなりお買い得になると旅行会社の人に言われたことから、出発前にパー...
続きを読む
30歳 女性のエピソード
地元のバンドを応援していた時のことです。
一回のライブでチケット代が3500円、売り上げに貢献しないといけない使命感によりグッズ代で3000円、差し入れ代で2000円、自分の飲食代を合わせて毎回1万円...
続きを読む
47歳 男性のエピソード
40代後半の独身の男です。この年代と世間体を考え結婚を意識しますが、どうも異性との会話や生活に自信がなく、とある「無料の」セミナーに参加して「いかに異性とうまく会話をはずませるか」という話を聴きに行き...
続きを読む
39歳 女性のエピソード
私が21〜23歳の間に経験したことです。
まだ学生だったときと、社会人になったばかりの頃の2回に渡って、うまく営業されて半分騙されたような形で高額な商品を購入してしまったことがあります。1つは着物、2...
続きを読む
26歳 女性のエピソード
手元にある本や漫画を未だに全冊読破していません。
いわゆる積ん読状態です。
買うときは積ん読があっても売り切れてしまうのではないか、早く手元に置いていつでも読みたいと思いついつい買ってしまいました。
...
続きを読む
37歳 女性のエピソード
学生の頃、デザインを学んでいたので服装も派手めでした。
主に古着を愛用していたのですが、とにかく沢山の服を着こなしたかったし、質より量!という感じだったので、安いものを中心にバンバン古着を買っていまし...
続きを読む
38歳 女性のエピソード
大学を卒業して、まだ世の中のことが何もわからない頃、実家に出入りしていた保険屋さんにうまく丸め込まれ将来絶対役に立つからと、保険会社の話だけを信じて高い年金保険に加入してしまいました。
またタイミング...
続きを読む
54歳 男性のエピソード
パチンコがCR機全盛のときの話です。
近所の行きつけの店に新台「フルーツカクテル」が設置されました。
この新台をとても楽しみにしていました。
朝一番に相棒と並び、取り難い「端台」を狙いました。
作戦通...
続きを読む
31歳 女性のエピソード
去年本格的にダイエットに取り組もうと主人とも相談して託児付きのパーソナルトレーニングに2か月通いました。
よしやるぞ!と意気込んだもののジムに行ってトレーナーとトレーニングするのは週に二回後は自宅にて...
続きを読む
31歳 女性のエピソード
寂しくて特にやることもないとき、ふとスマートフォンのゲームを開きました。
すると、前から欲しかったキャラクターの
ピックアップガチャ(キャラクターゲットのチャンス)が来ていました。
そのキャラクターが...
続きを読む
35歳 女性のエピソード
学生時代に1番お金を無駄に毎日使っていたと思います。

とても無駄に使っているつもりも無いのに日々の生活で散財していたように思います。
スーパーやドラッグストアで買えるものをほとんどコンビニで買ってい...
続きを読む
46歳 女性のエピソード
大学時代、家を出て一人暮らしをしていた頃の話です。
日本のことわざシリーズというビデオテープセットを50万程度でいつのまにか購入することになり、当時二十歳前後だった私は、クーリングオフ制度の使い方も分...
続きを読む
54歳 男性のエピソード
季節は10月、とある紅葉の名所に向かって、まっすぐの広い田舎道を車で走っていました。天気も晴れており、どこか美味しいレストランで家族四人、仲良く昼食でも食べようと思っていたところ、目の前に赤い大きな「...
続きを読む
43歳 男性のエピソード
株投資で、新薬が承認されたとの情報で個別銘柄の信用買いをしたが大きく買った直後、まとまった売りが入り、二日で200万円値が下がったこと。最初に小さく下げたときに手放せは良かったものを、あがると信じて次...
続きを読む
31歳 女性のエピソード
初めて生まれた子供の為に買った一眼レフカメラです。
生まれたばかりの頃、これからたくさん成長していく我が子をたくさん良い写真で残してあげたいと8万の一眼レフカメラを買いました。
最初こそちょっとした写...
続きを読む
26歳 女性のエピソード
これまでで一番お金を無駄にしたのはたくさんのゲームを買ったことだと思います。

小さいころからゲームが好きで新しいゲームが出るたびに買っていましたが、ほとんど長続きしなくて
やってもすぐに飽きてしまう...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
ソシャゲのガチャにつぎ込んだお金がこれまでの人生で一番の無駄遣いだと思います。

最初は少ない額の課金と無料でもらえるジェムでどうにかなる様にしようと頑張ってみるのですがイベントなどで推しキャラが出て...
続きを読む
24歳 女性のエピソード
実家を出て友人とシェアハウスをしていたのですが
シェアハウス中に仕事を辞め、新しい職を探していました。
新しい職を探すまで、今までずっと働きっぱなしだったので
休憩しよう、と半年ほどニートをしていまし...
続きを読む
30歳 女性のエピソード
その当時付き合っていた彼氏とのルールは、「お金が貯められる方が貯める」でした。
お互い遠距離恋愛だったため、月に1~2回どちらかがどちらかの県に5日ほど遊びに行くのが暗黙の了解だったのです。
最初はお...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
元アルバイト先の仲の良い友達から急に電話がかかってきました。
電話に出ると、鼻をすすりながら泣いていました。「どうしたの?」と聞くと、コインパーキングに2~3日程車を置きっぱなしにしていたため、管理会...
続きを読む
46歳 女性のエピソード
妹夫婦とのコミュニケーション費用

お互い結婚し、家を持ちました
距離も続柄も近い、よくいう「困ったとき近くにいればイザというときに…」精神で
妹夫婦は子供がいますが私たちにはおりません、少額ですが渡...
続きを読む
24歳 男性のエピソード
FXでの話(クリントンとトランプが選挙結果が出る日)
あの日、結果が出る前はクリントン優勢でトランプは劣勢でした。
しかし、結果はご存知の通り逆でトランプが勝ちました。
FXではクリントンが勝つとドル...
続きを読む
25歳 女性のエピソード
大学に入学して半年経って理由はないが何となく全てが嫌になって不登校になった。
バイトは楽しかったので行っていたが、授業には全く行けなくなった。サークルや授業など全てが億劫になった。そして、授業に行って...
続きを読む
賞金あり!アワード開催中!
賞金あり!アワード開催中!
人気のエピソード
いろんな瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
独身っていいなと思った瞬間
自分は特別だと思った瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
こんなひといました
わたしの周りの大恋愛
わたしの周りで一番勉強ができた人
わたしの周りで一番お金持ちの人
これまでに出会った天才
人が豹変した話
あの人と縁を切ってよかった
今だから言えるごめんなさい
わたしの周りで大変身した人
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
ノウハウ
業界ならではの話
異性は知らないなと思う話
○○の裏話
人間関係
女って本当に恐いと思った瞬間
女同士って面倒くさいと思った話
一番ひどい友達からの裏切り
家族に一番感謝したこと
学んだこと
これまでの人生で悟ったこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
思い出
人生で一番贅沢した話
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
これまでに一番勇気を出した瞬間
忘れられない夏休み
今までで一番感動した話
忘れられない先生の話
これまでで一番笑った話
人を見返してやった話
人生最大の失恋話
人生で一番運が良かったなと思う出来事
嘘みたいなほんとの話
忘れられない夏の思い出
奇跡だと思った話
これまでで一番驚いた話
とっておきのすべらない話
今までで体験した一番怖い体験
これまでで一番お金を無駄にした話
これはひどいなと思った結婚式
どうしても許せないこと
お金さえあればと感じた瞬間
一番の苦労話
一番おいしかった食べ物
死ぬかと思った話
人生最大の修羅場
学校や仕事をサボってやったこと
修学旅行の思い出
これまでで一番悲しかった時
私について
苦手だったのに得意になったエピソード
わたしの初恋と、その結末
そういえば昔夢見ていたこと
わたしがやめられないもの
誰にも言っていない秘密
仕事での大失敗
私の変えたい過去
もっとも尊敬する人
人生が変わった出来事
誰かに聞いてもらいたい愚痴
結婚・恋愛
結婚を後悔した瞬間
夫婦関係を続けていくのが不安になった話