「人生で一番運が良かったなと思う出来事」

43歳 男性のエピソード
会社にバイクで通勤をしていて、高速道路を走行中に
アクセルが自然と元に戻らなくなってしまいました。
自分で戻す分には影響はなかったので、なるべくスピードを
出さずに、ゆっくりと高速を走りました。
夜に仕事が終わり、帰宅しようとアクセルを回した瞬間
ブチとワイヤが切れてしまい、エンジンが回せない状態に
なってしまいました。
修理にだして後に判明したことですが、どうやらアクセルワイヤーを
イタズラされていたらしく切れやすい状態だったそうです。
もし、朝の高速道路でワイヤーが切れて、元にもどらなかったら
どうなっただろうかかと思うと背中に寒いものが走りました。
今に覚えが、走行中の出来事でなかったので運がよかったのだと
思います。
このテーマの他のエピソード
51歳 女性のエピソード
運の良かった出来事と聞くと一瞬のインパクトのある出来事のようなイメージがありますが、私にとってはずっと連れ添ってきた最愛の主人に出会えたことが人生で一番運が良かったとしか思えません。
結婚は人生を左右...
続きを読む
21歳 男性のエピソード
私は地方の田舎出身で、あまり勉強が好きではなく、高校3年生までは進学校ではなかったというのもあり、勉強という勉強はほぼ全く勉強してこなかったのですが、急にふとこのまま田舎で就職か名前を書けば受かるよう...
続きを読む
46歳 女性のエピソード
今年4月下旬、着替えの際にみつけた胸のしこり
「乳がん」でした
すぐにクリニックで診察を受け「乳がん」の宣告で頭の中が真っ白です
クリニックの先生から「ステージ2ぐらいですから大丈夫ですよ」と声をかけ...
続きを読む
34歳 女性のエピソード
二年前に長女を妊娠しました。フルタイム勤務&通勤片道70分でしたが、「妊婦は歩いたほうが良い」と聞いていたので、たまにお腹張るけど大丈夫!と産休まで頑張りました。
里帰り出産のため、産休に入ってから一...
続きを読む
67歳 男性のエピソード
67年生きていてさほど運が良いと思った事はありませんでした。
運でなく実力だという認識からくるものだと思います。
ところが定年退職した昨年から1年も経過しない本年初め前職の会社の総務の方からお願いした...
続きを読む
35歳 女性のエピソード
私は、人見知りで、嫌とは言えない性格でした。今考えてみても、どちらかというと人に尽くすという感じのタイプだったので、もちろん使われるようなこともありました。嫌な思いもたくさんしたし、毎日悩んだこともあ...
続きを読む
30歳 女性のエピソード
大学入試です。
推薦で、他のクラスメイトより早く、年内に合格を決めました。
試験の内容は、小論文とディスカッションでした。
ディスカッションは、2人の面接官と5人ほどの受験生が集まり、一人ずつ1分程度...
続きを読む
40歳 女性のエピソード
今の夫に出会えたことだと思います。
20代のころは自分が結婚できるとは全く考えられませんでした。
30も後半になり、そのころたまたま職場で幸せな結婚生活を送っているように見える同僚がいて、あてられて私...
続きを読む
48歳 男性のエピソード
ある業界で4回バブルに踊れたこと。
可愛げのない社員でした。
主たる業務で可愛がられてたらそんな事なかったのですが、問題児のレッテルを貼って頂き(体育会系だったので同期と時間外に遊びに行こうにも見事に...
続きを読む
34歳 女性のエピソード
恩師と呼べる先生に一人も出会えない人が多い中、部活動を通して二人、高校のクラス担任の先生とたくさんの恩師と呼べる人と出会えたことです。
部活動では音楽(吹奏楽部)以外の人間性を学ぶことができました。そ...
続きを読む
22歳 女性のエピソード
今までで単純に運が良かったと思えるのは度々ありましたが、1回だけほんとに運が良かったと、良い1年になるなと思ったことがありました。
あれは小学生?の時。お正月に三社参りをしていた時でした。地元の太宰府...
続きを読む
35歳 女性のエピソード
一番運が良かったことは、自分のことをとても愛してくれた人がたくさんの海外旅行へ連れていってくれたことです。
旅費含め何も支払いをせず、美味しいものを食べ、洋服を買い、色んな場所を訪れ、夢のような時間を...
続きを読む
46歳 女性のエピソード
私の人生の中で一番運が良かったなと思う出来事は、キャリアコンサルタントの資格を取れたことです。
まだキャリアコンサルタントが国家資格ではないころ、ちょうど私は妊婦でしたが、つわりの中休み休みの実技試験...
続きを読む
47歳 男性のエピソード
高校受験での出来事です。
数学の問題で、答えが「8」と「√3」の2つがどうしても出てきてしまい、どちらにしようか最後の最後まで悩んでいました。
(たぶんテンパっていたので答えが2つ、なんておかしなこと...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
私の人生で一番運が良かった出来事は、大学受験です。
自分の学力よりレベルが高い大学を第一志望にしていた私は、
判定が悪い中でも毎日勉強を続けました。
その結果、センター試験はかなり良い点数を取ることが...
続きを読む
24歳 女性のエピソード
私の人生で一番運が良かったなと思うことは、自分の両親のもとに生まれてきたことです。
私が、前の職業をやりたいといった時も、その職業を辞めたいといった時も、辞めて東京に行きたいといった時も、たとえどんな...
続きを読む
37歳 女性のエピソード
進学したい短大に、系列の高校があることが志望校を決める直前に判明したことです。私は中学生の頃に苦手教科があったせいで、もともとの志望校を目指すのはちょっと無理だろうと悩んでいました。でも、高校の数が少...
続きを読む
48歳 女性のエピソード
今、私は統合失調症と言う精神科の病気になり、薬の副作用なども有り、制限される事が沢山有ります。好きな音楽も聴けない音楽など有り、大変苦しい思いをしています。
病気になる前は、工場で働き、今はもう無いの...
続きを読む
40歳 女性のエピソード
高校受験の年、それまで小学校6年生から塾に通っていた私は、どこか「ま、どこかには受かるだろう…」なんて気楽に考えていました。
今思い返してみても、決して校内でも好成績ではなかったと思います。
でも、上...
続きを読む
28歳 女性のエピソード
私が人生で一番運が良かったなと思ったのは、オンラインゲーム内でコミュニュケーション能力が高いフレンドと出会えたことです。
このフレンドに出会うまでは、オンラインゲーム内でも現実の世界でも自分から人に話...
続きを読む
34歳 男性のエピソード
私が人生で一番運が良かったなと思う出来事、それは「この国(日本)」に生まれてきたことです。
少し大袈裟かもしれませんが、人やモノ、国などの歴史が好きな私からすると、日本という国は、国としても、文化や風...
続きを読む
36歳 女性のエピソード
複数の俳優さんがステージでトークをするイベントで、登壇者全員と写真を撮ってもらえる権利があたるくじ引きに当たったこと。
それまでにも同様のイベントはあったし、その都度くじに挑戦していましたが、毎回残念...
続きを読む

「これまでで一番驚いた話」

41歳 男性のエピソード
私が経験した、これまでで一番驚いた話です。
新卒で入った会社に勤務していた頃、その年は例年になく業績が好調で、夏のボーナスも前年度比1.5倍程度頂ける状態でした。
しかしながら業績が好調と言うことは、仕事量も半端なく増えてしまい社員一同疲労困憊でした。
そこで社長から、私の部署を1週間休暇としいきなりハワイ旅行をプレゼントされました。
正直なところ、お世辞にも太っ腹とは言えない社長が社員旅行をセッティングしてくれただけでも驚きなのですが、その旅行先で更に驚く事になりました。
飛行機に乗り現地に着いた頃、ホテルの送迎待ちで空港ロビーで待機していました。
そうすると、私の背中の方から日本人女性の話す声が聞こえてきます。別にハワイにおいて日本人が居ることは珍しくもなんともありませんが、どうも聞き覚えのある声なんです。
その女性の方を振り返ると見覚えのある顔が。
なんとその声の主は、自宅の裏手に住んでいる私の従姉妹でした!
しかもその時は知らされていない後に旦那となる男性との極秘旅行に遭遇してしまいました。
身内には内緒にしておいて!と懇願されましたので結婚するまで黙っていました。
このテーマの他のエピソード
46歳 女性のエピソード
私が37歳の頃、当時住んでいた町の神社にお参りに行くと、「5月のチャンスを逃すな」と声がしました。
私は子供を望んでおり、きっとそのことを言われたのだろうと思いました。
5月のチャンスの日は、夫の会社...
続きを読む
30歳 女性のエピソード
私が当時とても仲が良かった女の先輩が、社内不倫をしていたことです。
とても仕事ができて、周りに気遣いもできるような常識がある先輩で、社内だけでなく取引先からも好かれていた女性でした。
しかし、他部署か...
続きを読む
25歳 女性のエピソード
名古屋にセカイノオワリのライブに行った時の話です。
誘ってくれた子は職場の同僚でした。本来一緒に行くはずの子が急遽行けなくなり、代わりに私を誘ったようです。
1日目ライブ、2日目観光の日程でした。
当...
続きを読む
51歳 男性のエピソード
出張が多く、飛行機を良く使います。
たまに、離島に行く時は10人乗りくらいのセスナ機にも乗ります。
そのようなこともあるので、多少の荒天でのフライトも慣れておりいます。
2年くらい前、荒天ではなかった...
続きを読む
21歳 男性のエピソード
初めて働いてもらった給料での、税金の引かれ方に、驚きました。

学生時代、平均3万前後が給与から引かれるものかと思っていたのが、実はそうではなく

私の場合、引かれる前の金額と引かれた後の給与の差額が...
続きを読む
34歳 男性のエピソード
つい最近、交流が途絶えてしまった女性の話ですが、その方は、元々、僕が行く趣味の鉄道模型店にいた方で約6年位前に知り合い、その後、お店を諸事情で辞められてしまいましたが、お店にいる時にSNSで繋がって、...
続きを読む
47歳 女性のエピソード
私が数年前に住んでいた場所で、とあるコンビニがあったのですが、その土地がまだ店舗を建てる前に、その場所から白いベビが見つかり、逃してあげたみたいです、その数年後にそのお宅のオーナーが宝くじで高額当選し...
続きを読む
47歳 女性のエピソード
お店の仕入れが、昨年急に止まってしまったことです。
仕入れ先への支払いが滞っていたらしく、ギフト屋さんだったのですが、入学のお返し時期に品物が入荷しなくなり、びっくりしました。
しかも経営者の店長は自...
続きを読む
21歳 女性のエピソード
子供が熱を出した日のこと。咳がひどく水も飲めない状態だっため夜間救急の電話をかけたら、その日の対応の病院を紹介された。
念の為サイトを確認したら小児科医も常駐、とのこと。
安心して病院に電話をかけたら...
続きを読む
24歳 女性のエピソード
高校以来の友達がいるのですが
お互い仕事が忙しく、連絡はとっていましたが
会う時間が作れなかった友人がいます。
でもそんな時、久しぶりに空いている日程が合い
久しぶりに会い、今まで会ってなかった時の色...
続きを読む
38歳 女性のエピソード
以前の勤め先の同期が社内結婚したことです。
その同期は同期の中で一番若誰が見てもかわいかったです。さらに、性格もよくて仕事もできて誰もが羨むパーフェクトな女性でした。入社してすぐに一個上の先輩と付き合...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
妹と妊娠した時期が一緒だった事です。
息子が11月産まれで、甥っ子が9月産まれでした。
お互いに安定期に入るまで、親にも身内にも内緒にしてたので、安定期に入ってから実家に行って報告したら、あんたも?と...
続きを読む
34歳 男性のエピソード
キャデラック1993年式に乗っていた時、後ろの
ナンバープレートを落っことした話です。
夜、ドライブに出かけて帰る途中、ガソリンを入れにセルフスタンドに行き給油口がトランクの真ん中にあるためそこに移動...
続きを読む
29歳 女性のエピソード
タイムリーですが、京都アニメーションの火災にとても驚きました。
私は平成2年生まれで、29年間35人も個人が殺害をする事件にあったことはなく、サリン事件よりも大きな事件と聞いて本当に信じられないなと思...
続きを読む
47歳 男性のエピソード
オーストラリアに旅行に行った時の話です。エアーズロック周辺を散策していました。中東あたりの人と仲良くなり、お喋りしながら歩いていました。細い下りの階段に差し掛かり、私は彼の前を歩き、彼は私の後ろを歩い...
続きを読む
46歳 女性のエピソード
驚いた話はいくつかあります

夫の妹さん、入籍したと私にメールで知らせてくれました
「おめでとう、こちらこそよろしくお願いします」とお返事しました

数日後、夫から顔合わせをすると言われました
わたし...
続きを読む
38歳 女性のエピソード
いつものようにリビングでゴロゴロしていた時の事。
テレビはいつもつけたままだったのですが突然テレビが私の名前を呼びました。
ビックリしてテレビを観るとその番組は有名人や著名人などその人の生き方や考え方...
続きを読む
40歳 女性のエピソード
私も今年でアラフォー。
未だ未婚者ですが、結婚願望がもともとないため、アラフォーだからと言って独身で何がわるい?というスタンスでした。
周りにもフリーな人が多いのもそんな気持ちに拍車をかけているのかも...
続きを読む
41歳 女性のエピソード
短大を卒業して初めて就職した先でパート勤務をしていた時の事です。
日によっては本社と支社を行き来していたのですが、支社には決して逆らってはいけないお局様と呼ばれるアラフィフの女性がおりました。お局様が...
続きを読む
33歳 女性のエピソード
おじいちゃんの家で犬を飼っていました。

白くてかわいい雌犬です。
当時私は小学生でしたが、よく散歩に連れ出していました。
その犬の様子が変な時期がありました。
おてんばでよく脱走したりしようとしてい...
続きを読む
43歳 男性のエピソード
大学院でちょうど博士号を取ったころ、生物の研究をしていました。その結果が科学雑誌のNatureに掲載されたのですが、その数日後、新聞に成果について図と一緒に1面に載っていたのです。取材を受けてもおらず...
続きを読む
45歳 女性のエピソード
知り合いの50代男性の話です。
以前は、公立高校で教諭として勤務しており、野球部の顧問としても頑張っていました。奥様、子どもと幸せそうな家庭も築き、仲間からも慕われ、誰もが羨む生活をしていました。
あ...
続きを読む
48歳 女性のエピソード
 これまでに一番驚いた話は、今から32年前に高校から自宅への帰宅途中、自身に起きた出来事です。

 当時、自宅→自転車→JR→徒歩通学をしていました。その日はテスト休みだったので、JRを途中下車して買...
続きを読む
29歳 男性のエピソード
中学生の頃、家庭教師のお姉さんに自転車で家に来てもらっていました。
その自転車を見て、隣の隣にすむ同級生男子が「これ、友達の盗まれた自転車だ!」と言ってきました。
後から聞くと、お姉さんの自転車は...
続きを読む
24歳 女性のエピソード
小学生の時に一戸建てに家族で引っ越し
初めて自分の部屋がもててとても嬉しかったのです。結構広い部屋で
兄弟たちの中では一番広い部屋をもらえて
ベッドも買ってもらい小学生さながら
テンションはMAX、部...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
弟の結婚についてです。
弟は学生の頃からお付き合いをしていた彼女がいました。長いお付き合いで私や親の誕生日やイベントもお祝いしてくれる優しく気遣いが出来る子でした。ただご両親が離婚していて家庭も何かと...
続きを読む

「そういえば昔夢見ていたこと」

27歳 男性のエピソード
小さい頃は「プロ野球選手」という典型的な夢を抱いていた。
小学校低学年から野球をはじめ、野球ばかりの生活だった。当時はプロ野球の中継も盛んで、毎日のように観戦していた。球場に足を運んだこともあった。
それなりに練習もしていたし、チームの中でも上手な方ではあったと思う。だから、当然のように「プロ野球選手」を目指していた。
あの頃はスポーツをしてお金を稼ぐには、どれだけの努力が必要なのか、どれだけすごいことなのか、と考えるようなこともなかった気がする。一番身近で一番かっこいいと思ったのが「プロ野球選手」で、自然とそれを目指していた。
しかしながら、肩の故障から中学1年で野球を辞め、夢を諦めるとともに軟式テニスを始めた。結構性に合っていたみたいで、30歳手前の現在でも続けている。
このテーマの他のエピソード
36歳 男性のエピソード
僕は子供の頃からサッカーをしていました。中学生の頃は市の選抜に選ばれたり、少しは自分のサッカーの技術には自身を持っていました。高校は強豪高に進学して、その後はプロになりたいなんて夢を見ていました。
月...
続きを読む
54歳 男性のエピソード
私の「そういえば昔夢見ていたこと」は、海辺のそばにある町の公務員になって、サーフィンをしながらのんびりと人生を過ごすことです。
私は大阪の在住ですが、大学は関東にある某マンモス大学に通っていました。そ...
続きを読む
66歳 女性のエピソード
世界中の遺跡を訪ねてみたい。エジプト、インカ、イースター島、ボロブドールの遺跡、ッポンペイの火山灰に埋もれた廃墟、イギリスの先史時代の遺跡、ペルシャ戦争の後、チンギスハンの墓、などなど。子供の頃から夢...
続きを読む
28歳 女性のエピソード
小学生の頃、囲碁にハマったことがありました。
ハマったきっかけは週刊少年ジャンプで連載、アニメ放送された「ヒカルの碁」。作品として面白かっただけでなく、プロ棋士の梅沢由香里さんの囲碁解説ミニコーナーが...
続きを読む
66歳 男性のエピソード
少年の頃はたくさんの夢を見ていました。1番最初の夢は、プロ野球の選手、私の子供の頃はなんといっても、王・長嶋の時代でしたので憧れました。次の夢は特撮映画の大ファンでしたので円谷英二に憧れて、特撮監督に...
続きを読む
54歳 男性のエピソード
小さい頃は飛行機のパイロットになりたかった。
人間にはできない、空を飛ぶというあこがれが、そう思わせたのだろう。
小さいころから飛行機が好きで、いろんな飛行機を作って飛ばした。
自分で言うのもなんだが...
続きを読む
34歳 女性のエピソード
高校生の頃は、アニメやゲームが好きだったこともあって声優を目指していたことがありました。その頃は看護師を養成する学校に通っていたので、看護師は命を守る仕事であるのに対して声優はキャラクターに対して命を...
続きを読む
51歳 男性のエピソード
毎晩、寝る時が一番幸せだと感じている。一日を過ごし床に就けることに感謝している。
観たい夢を見れることは無いが、現実ではかなっていない夢を見れる頃がある。
なぜその夢を覚えているかというと、トイレに起...
続きを読む
23歳 男性のエピソード
そう言えば、昔(少年時代)はよく夢を見ていた、ワールドカップが終わればサッカー選手になろうと思ったし、日本シリーズの時期はプロ野球選手になりたいと思った。そんな影響をもろに受けていた少年時代に特に夢を...
続きを読む
61歳 女性のエピソード
私は貧しく育ちました。友達を家に呼ぶこともできず、家族のことを聞かれるとごまかしたりうそをついたりしてきました。ですから、とにかく、お金持ちになり、自分の家に住み、少しは人に自慢できる仕事や生活をした...
続きを読む
38歳 女性のエピソード
小学生の頃、初めてなりたいと思った職業はピアノの先生でした。
ただ、小学3年の時点で親から音大はお金がかかりすぎるから絶対そっち方面は行かせないとストップがかかり、親が全てという意識の中で行きてる小学...
続きを読む
52歳 男性のエピソード
中学校のときの担任の先生に「お前は手先が器用だから医者になるべきだ」と言われ、自分自身もその気になり、大学の医学部への進学を夢見て勉強に励んだのを覚えています。
友人からも医者の中でも選ぶなら外科医が...
続きを読む
54歳 男性のエピソード
今、学校の教師をやっているのですが、ここ15年くらい学校では、キャリア教育が行われています。
生徒に、自分の人生を設計させたり、地域の事業所にお願いして職場体験をさせたり、手厚くやってあげてはいる...
続きを読む
37歳 女性のエピソード
ホームアローン1を初めて観た時に、海外のクリスマスに憧れた。
(泥棒とのやりとりの部分も好きだったけど。。)
大きな家がライトアップされ、きれいに飾り付けのされたもみの木や、暖かそうな暖炉。真っ赤なウ...
続きを読む
37歳 女性のエピソード
小学生の頃、洋服と絵を描くことが好きでした。そのため、ドレスの絵を描いてみたり、女性の絵を描いたりということをよくしていました。そうした中で、ファッションデザイナーになることを夢見ていました。色々な雑...
続きを読む
31歳 女性のエピソード
小学校の卒業文集には、将来の夢「ファッションデザイナーになる」と書きました。
幼いながら普通のOLにだけはなりたくないとなんとなく思っていましたが、現実は思い切り普通のOLです。

暇があればノートに...
続きを読む
33歳 女性のエピソード
今の主人と付き合い始めた頃、主人は初めから私と結婚するつもりで付き合っていると伝えてくれたので、私も自然と、主人と結婚した後の生活をいろいろと妄想・夢見ていました。
願わくば、子供は授かりたい。そして...
続きを読む
37歳 女性のエピソード
ホームアローン1を見た時に、海外のクリスマスに憧れた。
(泥棒とのやりとりも、面白かったけど。。)
クリスマスが近づくと、大きな家にクリスマスのライトがキラキラと光る。美しく飾られたもみの木と、大きな...
続きを読む
45歳 女性のエピソード
小学校低学年の時中森明菜さんに憧れて歌手になりたいと思った。ヤマハ音楽教室に通い、音感は悪くなかったものの声の出し方がわからず大きな声は全く出せなかった。合唱部の主将だった母にもピアノで伴奏することば...
続きを読む
47歳 女性のエピソード
あれはまだ、義務教育の最中だったと思います。親に「一億円の豪邸を建てる」と豪語していました。何の根拠もなくどこで覚えた言葉だったのか、将来は「印税生活する」と息巻いていました。当時の私は友人も少なくク...
続きを読む
45歳 男性のエピソード
私が昔夢見ていたのがサラリーマンになることでした。
今から考えるとなんて面白みのない少年だったのかとがっかりしてしまいます。
しかもその通りのサラリーマンになってよかったなあとは思えないのです。
やは...
続きを読む
52歳 男性のエピソード
学生時代に科学者になろうと思ったことがあった。それで大学の理学部に入って、そこで勉強をしていくことになった。
その頃は、そのうち夢が実現するかと思っていた。科学者のことを何も知らなかった。学んでいくう...
続きを読む
25歳 女性のエピソード
今は全然違う事をしていますが、小学生の頃はずっと獣医さんに憧れていました。きっかけはテレビで見た動物病院のドキュメンタリーでした。何気なく見ていた番組でしたが、内容がとても印象的でその1つのきっかけで...
続きを読む
64歳 男性のエピソード
私は子供のころから野球をやっていて、昔はプロの選手になることにあこがれていました。しかし環境がよくなかっつたので,高校へ進学した時点であきらめてしまいましたが、その後も野球は続けていました。そうして4...
続きを読む
46歳 女性のエピソード
そういえば、昔は漫画家になることを夢見ていました。
自分の画力に限界を感じて「それなら小説を書こう」と思いつつ、書いたり書かなかったりと細々趣味として続けています。
娘は絵が得意な夫に似て、私が子供の...
続きを読む
57歳 女性のエピソード
 フランスの古い俳優ピエール・フレネーが大好きで、調べると日本には入ってきていない出演映画がたくさんあり、そのためにパリに3か月くらい滞在して「シネマテーク・フランセーズ」で見まくろうというのが夢でし...
続きを読む
43歳 女性のエピソード
昔、夢見ていたことといえば私の場合、自給自足でした。
自分の土地を持って、古民家に住んで、田畑を耕して暮らすというのが目標だったり理想だったりしました。
都会に暮らしているので、緑の豊かな場所に住んで...
続きを読む
32歳 男性のエピソード
そういえば昔夢見ていたこと

という問いに対してふと考えを巡らせたのは、幼いころに夢見ていたことが複数存在していたからだ。
まず一つは自分は25歳ごろに亡くなるのではないか?という漠然とした妄想を夢見...
続きを読む
123歳 男性のエピソード
野球選手になりたいと思っていました。
野球が好きというわけじゃないのですが、男らしくてかっこよくてチヤホヤされてお金もたくさんあって美人と結婚するイメージです。...
続きを読む

「独身っていいなと思った瞬間」

28歳 女性のエピソード
20代後半の女です。独身の時は結婚願望が人よりも強く早く結婚したいと思っていました。
そんな事を考えていた最中、今の旦那さんと出会いました。そして交際期間1年未満で婚約しました。
当時はこの人と結婚してこれから一生幸せな生活を暮らせるんだろうなと思っていました。
しかし、私が考えていた結婚生活が甘い考えだったと言うことを気付かされました。
料理が苦手だった私は旦那の健康の事を考えながら毎日違うご飯を作る事にとても苦労しています。 独身の時は自分しか食べないので、適当にすませていたのですが。。
また今まで自分の為だけに使っていたお金も2人の物となるのです。
自分のお気に入りのやや高いのシャンプーや美容院を安いコスパの良いものに替えたり服を買うのも我慢することが増えました。
また友人と遊びに行くときも旦那の許可をもらい限られた時間とお金で遊ぶ事に窮屈感を覚えました。
まだまだ自分のやりたいことや楽しみたい事もたくさんあります。特に友人と遊ぶことがとても楽しく感じていたので、急に自由がなくなった気持ちで、まだ独身でも良かったなと思う時があります。
このテーマの他のエピソード
43歳 男性のエピソード
結婚したら、独身ではないということ。結婚した時から、独身生活とはさよならしなければならない。稼いだお金の使い道や自由な時間の使い方のすべてが結婚生活に費やされることになります。もっと独身時代にいろんな...
続きを読む
33歳 女性のエピソード
20代前半時に友人が結婚をした。当時、彼女はウエディングハイを起こすほど喜んでいて、私も含め友人数名で苦笑するほどだった。
そんな彼女は旦那さんの仕事の関係で県外に引っ越してしまい疎遠になった。
当時...
続きを読む
25歳 男性のエピソード
私は25歳になり、高校や大学時代の友達の結婚ラッシュが始まってきました。そして、結婚した友達に結婚後の話を聞く機会も多く、いろんな話を聞くのですが、口々にみんなこういいます。「結婚はいいかもしれないが...
続きを読む
45歳 女性のエピソード
40代、独身です。好きな職業、好きな人に囲まれてようやく生きられるようになりました。この環境を手に入れた瞬間、独身で良かったと思いました。なぜなら、もし自分を自分で満たす術を知らずに私が結婚したとした...
続きを読む
48歳 女性のエピソード
結婚して独身の方が毎日楽しそうに遊んでいたり、呑みに行ったり、その時に独身でいれば良かったと後悔しました。

シングルマザーになってから、絶対にずっと再婚しないと決めました。

子供が社会人になって今...
続きを読む
20歳 女性のエピソード
両親ともに毒親です。父は家族に対し無関心な精神疾患患者で、約20年もの間共に過ごしてきたはずなのに趣味や好物など全く知りません。母は元々の支配者気質に加えて現在更年期障害を患っており、以前にも増して心...
続きを読む
30歳 女性のエピソード
1人暮らしなので、誰にも干渉されることなく過ごせるときは、独身で良かったと思います。例えば、最近結婚した友達は、お盆に旦那さんの実家に行き、気を遣い休みが逆に疲れたと言っていました。その点、独身だと誰...
続きを読む
38歳 女性のエピソード
 韓国の男友達2人が平日に日本に来た時のこと。事前に来ることは知らされてはいたものの、平日だったということと、彼ら宿泊する場所が私の住んでいるところからはやや距離があるところだったため、私は合うことが...
続きを読む
39歳 男性のエピソード
現在私は,結婚10年経過しました。
子どもは2人いて,共に小学生です。
私は会社員で妻はパート勤めで,仕事帰りは家事を分担するというその生活が日常となっています。

その中で独身がいいなと思った瞬間は...
続きを読む
39歳 女性のエピソード
子供はかわいいが、毎日朝起きて朝ごはんや洗濯から始まり、子供の支度や自分の仕事に掃除に夕飯にお風呂に片づけにとバタバタしてほっとする時間もなく日々眠りにつく。
休みの日には、普段足りていない掃除を細か...
続きを読む
36歳 女性のエピソード
何より自由に時間とお金を使うことが出来ることです。
私は子育て中の既婚者です。先日、バリバリと働く元職場の先輩と久しぶりにご飯を食べました。
素直に感じたことは、お肌ツルツル、ステキな洋服やカバンを持...
続きを読む
38歳 女性のエピソード
韓国在中の男友達2人が平日、日本に遊びに行くという連絡が入ったのですが、平日ということもあり、また、彼らの宿泊地が私の住んでいるところよりも遠くいるということもあり、私は仕事もあるし無理だと断っていま...
続きを読む
33歳 女性のエピソード
私は旅行が趣味で、時間を作っては1人でよくハワイなどに行ったりしています。その時の写真をSNSなどにアップすると、「よく旅行行ってるよね!よくお金があるよねぇ。」などと言われることが多いです。
私は収...
続きを読む
41歳 男性のエピソード
独身っていいなと思った瞬間は、自分のために時間を使えるところ、自分のためにお金を使えるところ、この2点が大きな部分です。
妹家族を見ていて、大変だなと感じる部分があります。
子どもが熱を出したり、病気...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
私は現在結婚して、子供2人の育児中です。子供のことにかかりっきりになることが多く、家事や育児で毎日が終わってしまいます。
そんな時、SNSなどで独身の友達の近況がわかると、羨ましくなることがあります。...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
去年、26歳で結婚しました。
主人は優しく穏やかな性格でとても平和な結婚生活を送っています。
ただ、周りの友人たちは結婚していない人が多く
インスタグラムやツイッターを見ているとたまに羨ましくなります...
続きを読む
28歳 男性のエピソード
私は現在独身ですが友達は結婚している人が多いです。
友達は家事の仕方や料理の味付けについて奥さんと揉めることがしょっちゅうでイライラするそうです。自分は一人暮らしなので完全に行動がフリー。
洗濯を好き...
続きを読む
50歳 女性のエピソード
今年で50歳になります。
20代前半で、心肺停止状態の病気をして以来、結婚というのもを諦めました。
お付き合いしていた方には、母から相手に対して、「ご自分の人生を歩いて下さい。」と私がまだ、意識が戻ら...
続きを読む
31歳 女性のエピソード
年末年始に実家に帰りました。私は今は都会に出ていますが、元々は田舎出身です。本当に田舎なので、田舎に残っている友人たちは誰も残らず皆結婚していて、子供もいます。
そんな友人たちと年末年始にランチへ行き...
続きを読む
38歳 男性のエピソード
独身っていいなと思った瞬間は、結婚してから二人で生活が始まった翌月の生活費の計算をしている時に感じました。
自分のお金に関する性格は人から見るとケチといわれる部類で、独身時代も実家暮らしでお金を生活の...
続きを読む
37歳 女性のエピソード
結婚して10年です。子供も3人いてますが最近独身の幼馴染を見ると独身っていいなと切実に感じます。仕事もある程度の地位に就くことができる年齢ですしそうなると収入も安定していますし、自由も手にはいるのでと...
続きを読む
39歳 女性のエピソード
結婚して子供がいる男友達は、奥様に隠れて飲みに行ったり、奥様から許可が下りてても22時過ぎたらすぐ帰ったりと、「子供は可愛い。幸せだ」と嬉しそうに話すが、ずっと家族に気を使っていて窮屈そうに見える。
...
続きを読む
25歳 女性のエピソード
現在25歳なので、周囲の友人がちらほらと同棲を始めたり結婚するようになりました。私は独身で、一人暮らしをしています。
独身っていいなと思ったのは、好きな時間に起きて、好きなものを食べ、時間も好きに使え...
続きを読む
31歳 女性のエピソード
わたしは独身時代、4年ほど一人暮らしをしていたのですが、そのときが一番楽しかったのではないかと思います。

朝何時に起きてもいいし、好きなものを食べられる。時には自分のためだけに美味しい料理を作り、き...
続きを読む
21歳 女性のエピソード
私の両親がケンカをよくしていて私に八つ当たりしたり家にあるものに当たっていたりしたし、私の祖父母もいつもケンカをしていて昔は窓を壊したり机をひっくり返したりしていた。私は、家で結婚している人間のケン...
続きを読む
30歳 女性のエピソード
30歳目前で独身だと周りからの視線がかなり痛いが、毎日自分の好きなおつまみ系メニューの晩御飯を食べながらビールを飲んでいるときと自由にお買い物しているときは独身で良かった~と心から思う。(たまに声も出...
続きを読む
31歳 男性のエピソード
結婚してみてからわかる、独身っていいなと思った瞬間がいくつもあります。

まずは自分の時間が持てるということです。夫婦で生活を共にすると、団らんの時間を過ごしたり、会話を楽しむなどの何かと時間を共有し...
続きを読む
33歳 男性のエピソード
現在、勤めている職種を何度も変更したいと考えてました。1年前に職場環境の変化と給料の激減により転職をしましたが、その時にも異業種を視野に入れて、転職活動をしましたが、どうあがいても今までの給料よりかわ...
続きを読む
39歳 男性のエピソード
周りが次々と結婚していく中で、自分だけが結婚せずに残っていると、20代はよかったのですが、30代前半になるとまだか、いつ、いい人はいないのか?親族、両親、同僚、そして上司にまで心配される始末。つきあっ...
続きを読む
39歳 女性のエピソード
友人や妹、周囲の女性たちが結婚し妊娠出産を経て、自分の時間がなくなっただけでなく、経済的にも困窮してしまったり、義実家、とくに姑との問題に巻き込まれて苦しんでいる姿、さらには育児に追われているのを目の...
続きを読む
31歳 男性のエピソード
結婚していないので、自身の好きなように時間を使えるのが良いと思っている点です。
仕事に関しても集中してできますし、仕事に関わる資格取得、スキルアップの為の勉強にも時間を充てられます。あとは、プライベー...
続きを読む
45歳 男性のエピソード
お相手の事を気にする、気を使うことが無いので自分の好きなように時間を過ごせることが独身でいいなと思っています。例えば今週末は1泊2日の観光旅行したいなって思い立ったら、遠慮なく行動できます。観光ルート...
続きを読む
36歳 男性のエピソード
気軽に、自分の好きな事、やりたい事が気軽にできる。
欲しいものがあったら、我慢せずすぐ買える。
どこか行く時、いちいち許可を取らなくて良い。
友達と飲みや遊びに行った時に、帰る時間を気にしなくていい。...
続きを読む
46歳 女性のエピソード
独身のころは、結婚を強く憧れていました
一人じゃない、そばにいてくれる人がいるという安心感はありますが時々独身でいる自分ってどうなんだろうと想像することもあります

体調が悪いとき家族がいれば心強いと...
続きを読む
36歳 女性のエピソード
結婚してから独身の友達が羨ましくなりました。充実した独身時代を過ごしすぎたのかもしれません。
妊娠中や子供が小さいうちは母親が子育ての中心で90%を担うことが少なくないと思います。
それでもなんとか、...
続きを読む
35歳 女性のエピソード
食事ひとつにしても、独身であれば、作るのが面倒だったらご飯も出来合いのもので済ませたりしても誰にも文句を言われません。
撮りためたドラマを徹夜で観ていて、休日に起きる時間がお昼を過ぎても怒る人もいませ...
続きを読む
25歳 男性のエピソード
一人で自由に使えるお金を確保した瞬間に思います。そのお金で自由に何買っても怒られませんし、子供のころ欲しかったものを大人買いしても誰にも咎まれないので漫画アニメゲーム映画フィギュアに使っています。また...
続きを読む
54歳 男性のエピソード
現在、単身赴任中です。既婚者でありながら、独身生活を満喫してます。離婚こそしていませんが、一人の安心感はしみじみと実感します。私が自宅に住んでいるころ、妻は、私に怒鳴りまくりです。実際は怒鳴ってはない...
続きを読む
23歳 男性のエピソード
まずお金の面で、妻のファッションや趣味、ランチ代、子供が居るのであれば養育費などがすべて掛かりません。同時にそれらに使われる時間も一切掛かりません。という事でとにかく趣味と仕事に打ち込むことが出来る。...
続きを読む
39歳 女性のエピソード
自分の為だけに時間とお金を使えるということは贅沢なことだなと思い、独身はいいなと思います
休日に好きな時間まで寝ていられること、好きなだけテレビやネットを見ていられること、好きなものだけ食べられること...
続きを読む
38歳 女性のエピソード
今現在趣味をもっています。イラストを書いたり、粘土で動物を作ったりと完全インドアな趣味です。また創作活動なので、1人で集中できる時間が何よりも大事で、今では音楽を聞きながら自分の世界にこもるのがストレ...
続きを読む
23歳 男性のエピソード
独身のいい所はやっぱりパートナーの状況に左右されずに趣味に没頭できる所かなって思います。
趣味を理解できないパートナーと付き合って毎日イライラ。話も合わないっていう人達を何度も見てきましたが本気で見て...
続きを読む
30歳 女性のエピソード
結婚を全体に付き合っている彼氏と半同棲している友人がいるのですが、
その彼氏が電車で女子高生を盗撮している疑惑が浮かんだり、前カノとのいざこざがあったりなど、心身ともにボロボロ状態のようで
す。
友人...
続きを読む
52歳 男性のエピソード
 働いていると思うことがある。それは、友人、知人が「今日はとことん吞みに行くんだ」「明日から旅行に行くんだ」などという話をしているときがある。それに正直憧れる瞬間がある。
 一人鍋、一人酒、一人旅、私...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
私は2歳の娘が居ます。
友達は結婚している子は少なく、独身で趣味に没頭している子達が多いです。
私も元々、趣味に没頭していて、独身を謳歌していました。
その為、独身の友達のTwitterや、Insta...
続きを読む
38歳 女性のエピソード
独身って良いなと思う最大の瞬間は、自分がしたいことをしたいようにできたときだ。

することはなんだって良い。
仕事の拘束から解放されたその瞬間、もうそこからはすべて自分のためだけに時間とお金のを使える...
続きを読む
28歳 女性のエピソード
出産してからは自分のタイミングで好きな時に出掛けたり、好きなことして過ごすことが全く出来なくなってしまい、独身時代をもっとゆっくり楽しめば良かったかなと思うことが多々ある。特に自分の好きなアーティスト...
続きを読む
26歳 女性のエピソード
私は20代後半の独身女性です。私の回りにはすでに結婚していたり子供がいる人が多く、結婚ラッシュも続いている時期となります。私の友達も結婚しており、友達同士で集まっても結婚や子供の話ばかりで独身の私から...
続きを読む
32歳 男性のエピソード
私は生まれてこのかた恋人や配偶者がいませんでした。
ですが、そのことを悪いと思ったことはありませんでした。
なぜなら、クリスマスや誕生日などのイベント日にわざわざ恋人や配偶者に時間やお金を割かなければ...
続きを読む
38歳 男性のエピソード
細かく注文をつけられない事です。
結婚している時は、頼まれた買い物をしても、

「このメーカーじゃない」
「24個入りの物のほうがお得だったのに」

等と言われ、休日に家事をしても、

「掃除機のかけ...
続きを読む
49歳 女性のエピソード
子供を育てる苦労を知らない分、ストレスフリー。年齢毎の苦労、思春期になり反抗期の時の苦労、高校、大学入試、就職難での就職活動などその時々で苦労が変わるのを独身者は知らないし経験しなくても良い。お金は全...
続きを読む
29歳 女性のエピソード
独身の良いところは、自分のために、時間とお金が使えることだと思います。独身であると、自分が中心で考えて行動ができるので、いつどこで何をしててもさほど問題ではありません。また、時間に融通が効くので食事や...
続きを読む
44歳 男性のエピソード
私の職場には、結婚をしている人、独身の人が、約半々の割合でいます。
結婚をしている人は、月々の生活費を捻出するのに、非常に頭が痛いそうです。
特に、子供に関しての支出が多くを占めているみたいで、自分の...
続きを読む
28歳 男性のエピソード
私は12歳から絶えずずっと彼女がいました。
フリー期間も1ヶ月以上経過することはなく、常にパートナーがいました。
高校生の時から付き合う彼女とはいつもすぐにどちらかの家に棲みつき、少しでも離れると常に...
続きを読む
30歳 女性のエピソード
結婚した友人の話を聞いていると、旦那さんに対する愚痴や自由な時間が制限されてしまうことに対する話をよく聞かされるので、独身だとそのような悩みもないので良いなと思いました。
独身なら、自分の好きなように...
続きを読む
39歳 男性のエピソード
自身は独身なのですが、やっぱり独身のほうがいいなと思う時が多いと思います。

私の趣味はスポーツ観戦なのですが、それをどのように時間やお金をかけるのかは
すごく自由なのです。

例えば野球観戦をすると...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
現在2児の母をしていますが、独身がいいなと感じるところは自分のペースで時間、お金を使えることです。仕事では残業がある時に子供のお迎えがあるので、みんなに申し訳ないと思いながら先に退社しますし会議も長時...
続きを読む
28歳 女性のエピソード
この年になると、周囲には結婚したり子どもを持った知人も増えてきます。彼らと話しているとよく聞くのは、幸せを感じさせるエピソードよりも、配偶者やその家族・親族への不満です。やはり結婚というのは当人たちの...
続きを読む
25歳 男性のエピソード
 先日、既婚者の友人(男)と飲みに行った際に感じたことことなのですが、彼はお小遣い制で毎月やりくりしているらしく、月のお小遣いは3万円だそうです。それを聞いて、正直、「大学生かよ。」と思いました。独身...
続きを読む
51歳 女性のエピソード
私はプロ野球のあるチームを応援しています。
2年前のその日、新人の頃から応援していた選手が、引退する引退試合が設けられました。
私は、同じチームのファンである友人と一緒にその日のチケットを取って、楽し...
続きを読む
50歳 男性のエピソード
一番良いと思う事は結婚してる人達は職場や社会で気を遣い、我慢しなければならない事が山ほどあるのに、家庭を持てば家の中でも我慢しないといけないし、たまの休みも結婚してれば疲れていてもゆっくり寝てる訳にも...
続きを読む
46歳 女性のエピソード
独身はやはり独身貴族です。
自分が独身のころは結婚がいいなと思っていましたが、いざ結婚すると独身がいいなと思うようになりました。
自分で生活を支える必要はありますが、自分のペースで生活できます。
結婚...
続きを読む
29歳 男性のエピソード
もちろん年齢も年齢ですので、何名かの女性とお付き合いしたことはあります。
そこで、交際していた時分と独身である時分を比較して
とにもかくにも、第一と言えるのは、お金が自由に使えること

時間も加えよう...
続きを読む
43歳 男性のエピソード
人生の半分を一人暮らし+独身という状態で過ごしてきました。
誰に気を遣うわけでもなく、自分の好きなように起きて、飯を食べて、遊んで、寝るという生活に慣れてしまいました。
いまさら、他人との同居など考え...
続きを読む
30歳 女性のエピソード
独身時代は好きな時間に寝て好きな時間に起きて食べて仕事行ったり遊んだりといった事が当たり前だったけど、子供が産まれてからは自分の時間など子供が寝たあとしかなく、起きてから子供が寝るまでずっと用事です。...
続きを読む
32歳 男性のエピソード
私は3年前に結婚しており、2年前には女の子が生まれた。
もちろん今の生活には満足しているし毎日嫁と子供の二人と過ごす日々は楽しくてしょうがない。
しかし最近私は一つだけ悩みがある。
それは最近始めた趣...
続きを読む

「わたしの周りで一番勉強ができた人」

34歳 女性のエピソード
本人にも自覚のある変わり者、文字通り変人。
頭の回転が早く、要領もとてもいい。
学校のテストなどは鮮やかに通過するし、必死に勉強をする様子もないのに何故かいつも成績は高水準で歯がゆさを感じたくらいだった。
しかしコミュニケーションが少しズレていて、会話ができないという訳では無いが、少し噛み合っていない感覚がいつもあった。
本人曰くコミュニケーション情報を集めて、その情報から自分のリアクションやコミュニケーションの手段を決めているというのだから、珍しいとしか言えない。
突然偏食になって納豆しか食べなくなったりもしていたし面白い人、という印象である一方よく分からないところも印象深くて、ミステリアスにすら思わせるほどだった。
このテーマの他のエピソード
36歳 女性のエピソード
中学生の同級生で、落第忍者乱太郎が大好きな女の子でした。
難しい言葉をたくさん知っていて日常会話にも混ぜてきました。
急に変な踊りを踊りはじめたり、そのまま人の周りをぐるぐる回ったりするので、学年の中...
続きを読む
49歳 女性のエピソード
小学6年生の時のクラスメイトの男子です。
当時、成績は5段階評価だったと思うのですが、オール5の成績で学年でもトップにいた男子です。
卒業文集に、将来は政治家になると書いていました。
これだけだと、た...
続きを読む
48歳 女性のエピソード
大学の法学部を首席で卒業して、大学在学中に司法試験に受かって検察官になりましたが、普通の生活では面白くないと言ってアンダ-グラウンドの世界に転職?していってしまった知人がいます。

頭が切れて回転が速...
続きを読む
55歳 男性のエピソード
大学時代の友人です。

授業は最低限の出席しかせず、出ても何もせずにしておりました。しかし、テスト前日になると、教科書、人のノートのコピーを元に夜中まで殆ど声を発することなく、ひたすらそれらを読みふけ...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
わたしの周りで一番勉強ができた人は、Wスクール先の専門学校の1歳年上の男性でした。

その男性は遠方から通学していたり、非常に女性に人気があって沢山の人とデートをしたりと、明らかに私よりも勉強できる時...
続きを読む
30歳 女性のエピソード
私の兄です。
私はあまり勉強は得意な方ではなく、他に熱中することも多かったので成績も良くはありませんでした。
私の兄は昔はやんちゃで勉強も普通くらいでした。
しかし、ある日から突然勉強を始めました。
...
続きを読む
28歳 女性のエピソード
私は勉強が好きでも得意な方ではありませんでした。それを補うように塾に通ったりとしていましたが、それでも成績は真ん中辺りをキープするのが精一杯でした。仲良くしていた友人の中に塾にも通わず、自己の勉強のみ...
続きを読む
57歳 男性のエピソード
私の周りで一番勉強ができた人は、やっぱり少し変わった人でした。両親はともに先生で、自宅のその人の部屋にはピアノがありました。もちろんピアノも弾けてショパンの何かしらの曲を弾いてくれました。また音楽は普...
続きを読む
20歳 女性のエピソード
私には2個上の姉がいますが、、、
その姉は本当に頭が良くて、いつもいつも比べられてました。
それでも馬鹿な私にも勉強を教えてくれようとしていましたが、
私が本当に理解が出来ずに???ばっかり頭の上にあ...
続きを読む
22歳 男性のエピソード
私が通っていた高校は、県内ではとても有名な超進学校でした。私は入学試験のときの倍率が低かったおかげで入学できたようなレベルだったので、勉強を必死にしていても下位層にいました。
そんな私と同じ部活動に所...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
私の周りで一番勉強ができた人は、旦那です。
とにかく雑学が豊富で、しかも一度インプットした知識はほとんど忘れることはありません。
例えば一緒に水族館に行ったときは、わたしが魚の解説を読むより先に、横か...
続きを読む
50歳 女性のエピソード
私の周りで一番勉強ができた人は、何故かウチの長男でした。私も主人もあまり勉強ができない方でした。なので、なぜ、長男が頭が良くなったのかわかりません。家でもずっと勉強するタイプではなく、あまり勉強をして...
続きを読む
44歳 女性のエピソード
私の周りで1番勉強が出来たのは中学校の頃の親友でした。
私は決して真面目とは言えない生徒だったので、テスト前でも勉強なんてせず、買い物やカラオケに行ったりしていました。なので、その私の親友も私と一緒に...
続きを読む
21歳 男性のエピソード
わたしの周りで一番勉強ができた人は、私の幼稚園の頃からの幼なじみでした。
彼は学年でもずば抜けて頭が良く、テストの順位も「どうせ1位だ」と思われているような人でした。
しかし、頭の良さをひけらかす...
続きを読む

「異性は知らないなと思う話」

30歳 女性のエピソード
綺麗な女性はデート、友人との食事などに出かける場合、自宅でスキンケア、保湿、マッサージ、日焼止め入り化粧下地など下準備に2時間。

約束の1時間前にスッピンとマスクで現地に行き近くの化粧室でフルメイクとヘアーをまとめて行います。

その話を聞いて私は絶句しましたが、現在の人気の艶肌は女性の努力と多くの時間でできているのだと知り、自分も驚くだけではなく頑張って美容に積極的にならなくてはダメだと感じました。

化粧を崩さない努力、髪型を崩さない努力、服装に気遣う努力、美は努力である程度作れると思うと少し希望がわいてきたす。

お洒落で綺麗な女の子と話すと自分のモチベーションも上がりとても良いですよね。

また、色々聞いてみたいです。


このテーマの他のエピソード
23歳 女性のエピソード
私は中学生の時から現在までずっと女子校なのですが、今回は男性の皆さんが知らないであろう女子校について書きたいと思います。
まず女子校の良いところは自分の趣味を共学よりもオープンにできるところです。
女...
続きを読む
40歳 女性のエピソード
女性の無駄毛処理について、男性は知らないと思った話です。
男性の同僚と雑談をしている際、彼は「男はひげそりを毎日しなければならない」と愚痴っていたので、切れた事があります。
女性である私が「そんなの、...
続きを読む
24歳 女性のエピソード
男性は女物の下着が高いと知らないと思いました!
脱いだ時に彼氏に可愛いといいよね、といったり褒めてくれたりはしますが、私のために下着を買ってくれることはありません……
彼氏のために可愛い下着を探して、...
続きを読む
29歳 女性のエピソード
異性は知らないなと思うことは、やはり妊娠から出産、ある程度の年齢になるまでの子育てです。
女性は妊娠してお腹に子供が出来るとゆうことは普通だと思われていると思います。初期のめまい、吐き気、眠気、頭痛、...
続きを読む
41歳 女性のエピソード
女性が知ってて男性が知らない事と言えば、大体は下の話になると思う。例えば、セックスについて。男性はAVのようなセックスが女性に喜ばれると思っている人が多い。それが故に初体験で失敗してる男性は多いとよく...
続きを読む
19歳 男性のエピソード
中学生、高校生の頃のお話しです。少しアダルトな内容が入るかもしれませんがご了承願いたいです。
男子はよく女子の話をしています。しかもその内容はほぼほぼ卑猥な内容の話題になります。年頃の男子だからしょう...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
女性の生理について、男性はあまり理解をしていないと思います。
生理は子供を産む為に必要な現象ぐらいの考えだと思いますが、生理は女性にとってはとても嫌な現象です。
まずお腹の痛み。これが1番苦痛に思う人...
続きを読む
29歳 女性のエピソード
...
続きを読む
30歳 女性のエピソード
女性がまったく興味のない男性であっても奢ってもらえるのならば食事に行くということを、男性は知らないと思います。男性は女性を、食事に誘って了承をもらえたら、脈があるとか、好感があると勘違いしていると思い...
続きを読む
29歳 女性のエピソード
...
続きを読む
29歳 女性のエピソード
...
続きを読む

「これまでで一番悲しかった時」

30歳 女性のエピソード
私には子供が2人いるのですが、妊娠した事は5回あります。
3回は流産でした。
体質的に初期がかなり不安定なようで、妊娠が分かりしばらくすると出血、流産という感じでした。
流産といっても、初期なのであまり痛みなどは感じませんでした。
無事産まれた子供達の時も妊娠初期は危なく、自宅安静になったりしました。
妊娠した事が分かるといつも不安で、さらにつわりや貧血もひどい体質なので毎日横になり安静にしてるにも関わらず流産してしまうのがとても悲しかったです。
さらに悲しいのは初期の流産は流産してしまったと確定になると、中絶手術と同じ手術を行わなくてはいけなかったという事です。
事務的に書類も書かなければいけません。
毎回涙を流しながら書いていました。
流産がこんなに起こりやすい事も自分に起こった後で初めて知りました。
それが今までで一番悲しかった話です。
このテーマの他のエピソード
36歳 女性のエピソード
職場の上司とうまく意思疎通ができなかった時です。
働いている会社は異動が多く、その時も来年度から異動で別の所属にお世話になることが分かっていたので、ご挨拶に伺うことになりました。
そういう場合は通常、...
続きを読む
49歳 女性のエピソード
子供の頃から両親が共働きだったため、私は祖母に育てられました。
私が初孫と言う事もあり、祖母は厳しくもありましたが、それ以上に愛情もお金もかけてくれました。
雛人形や成人式に着た着物は今でも持っていま...
続きを読む
48歳 女性のエピソード
まだ結婚する前に
3年間付き合ってた人がいたのですが、ある日突然連絡がとれなくなました。
しばらくしてから兄弟と名乗る人から彼氏は交通事故で死んだと連絡がありました。

なにか不自然さを感じ、兄弟と名...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
結婚も考えていた四年付き合った彼氏に二股をかけられていた。しかもその期間はなんと2年半弱。わたしが付き合った期間の半分以上だ。相手はわたしより1つ上のバツイチ子持ち。

それを知った時は本当にハンマー...
続きを読む
34歳 女性のエピソード
京都アニメーションの放火事件がショッキングで悲しかった。
以前から京都アニメーションのアニメを好んで見ていて、スタッフさんが登壇されるトークイベントや体験会みたいなものに何度か参加していたり、スタッフ...
続きを読む
24歳 女性のエピソード
私が今までに1番悲しかった経験は、初期流産を経験した時です。
結婚を前提に一緒に暮らしていた彼氏との子どもを授かり、初めは驚きましたが、なによりもこのお腹に命があるということに嬉しさが大きかったのを今...
続きを読む
52歳 女性のエピソード
配偶者の突然死です。
いつもと変わらずの休日で、息子のスポーツの為に外出している最中、配偶者が車に息子の荷物を置きに行ったのが最後の別れになりました。
配偶者は心筋梗塞で車のトランクの後ろにちゃんと荷...
続きを読む
35歳 女性のエピソード
これまでで一番悲しかったのは、飼い犬が死んでしまった時です。もともと捨て犬で、いとこが拾ってきたのを我が家で飼い始めました。まだ小さく、生後2ヶ月くらいだったため、世話が大変でした。慣れるまでは夜鳴...
続きを読む
52歳 男性のエピソード
私が中学生の頃、家の軒下に燕が巣を作りました。
ヒナもかえり、玄関先が糞で一杯になりながらもヒナの成長を楽しみにしていしました。

ある日、学校から帰宅すると巣がなくなっていました。
小学生の通学路に...
続きを読む
20歳 女性のエピソード
小学生3年生の頃から飼っていた犬が亡くなりました。

初めての死を見届けることになりました。

亡くなる前は急に心臓の病気になってしまい獣医さんからも覚悟しといてくださいと言われてました。

散歩には...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
一緒に暮らしていた祖父は幼い頃からわたしを可愛がってくれていました。
社会人になり数年後、祖父は癌のため長期入院をすることになりました。
市内なのでお見舞いによく行っていき最後の別れ際には「また会いに...
続きを読む
57歳 女性のエピソード
悲しかった出来事といえば、肉親の死、友人の死や別れなど悲しい出来事を経験してきましたがそれは長い人生の中で出会う当然の悲しみで、幸い大きな悲劇には今のところ見舞われていません。
なので一番悲しかった時...
続きを読む
37歳 女性のエピソード
私は昔から、自分は強い人間だと思っていました。
悲しい事があっても、人前で涙は見せず、すぐに立ち直れるタイプだと。
しかし、それは間違いだった事に気付かされました。

昨年、突然父が亡くなりました。
...
続きを読む
29歳 女性のエピソード
これまで一番悲しかったことは祖母が亡くなったことです。
祖母とは家族の中で1番仲が良いと言っても過言ではないくらい仲良しでした。小さい頃からずっと一緒にいるので祖母がいるのは当たり前と思っていました。...
続きを読む
24歳 女性のエピソード
いままででとても悲しくてどうしようもないとおもったのは、3.11の地震。
私はディズニーシーにいて、その日は家に帰ることさえもできなかった。外の状況がどうなっているかわからず、家族とも連絡がとれず、と...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
これまで1番悲しかった出来事は
ずっと信用していた友達に裏切られた事です。
私が付き合っていた彼と隠れて浮気をしていたので、彼に裏切られるよりも
女友達に裏切られた方がすごく傷つきました。
友達にいろ...
続きを読む
56歳 男性のエピソード
私の母が平成16年12月11日に、交通事故に遭いました。
その知らせを聞いて本当に驚きました。初めての経験で、私の頭の中は,何を考えているか、わかりませんでした。人生の中で、最低最悪の、1日でした。そ...
続きを読む
26歳 女性のエピソード
20代の頃に久しぶりに出会った彼とのお話です。
彼も私もお互いに久しぶりの恋人ができて凄く毎日が新鮮で楽しかったです。
プチ遠距離恋愛で、お互い仕事もあるので毎日は会えませんでしたが各週でデートに行っ...
続きを読む
49歳 男性のエピソード
やはり、自分の父親が他界を下のが今まで一番いきていて悲しいことです。
私自身親と言う人物はいつまでも、長生きをしてくれると思っていたからです(永遠に)

今考えればいつまでも長生きをしてくれるわけでは...
続きを読む
49歳 男性のエピソード
今でこそ、父親がなくなり、改めて父親の偉大さ、家族を縁の下の力持ちと私を高校卒業まで支えてくれた事に非常に感謝をしています。

生前の時は親に文句、いうことを聞かなく迷惑ばかりをかけていた事、親孝行が...
続きを読む
49歳 男性のエピソード
まさか!と思いました。親は永遠に生きてくれると思っていましたから。

もう、人にはわかってもらえないでしょうが、本当に辛く悲しかったです。それに、人並みですが、なぜ、親孝行ができなかったのか。今まで、...
続きを読む
48歳 女性のエピソード
12年間当たり前のように一緒に過ごしていた愛猫が、4年前に天国に旅立ったことです。
当たり前のように生きて側にいると思っていただけに、亡くなった時は茫然自失でした。

一人暮らしなので、常にその子がわ...
続きを読む
49歳 男性のエピソード
何と言っても、私の父親が亡くなった事です。
今まで、親と言う人物はいつまでも、いつまでも永遠に生きてくれていているだろうと思っていましたから(実際にはそのようなことはないのでしょうが)

今でも、早朝...
続きを読む
42歳 男性のエピソード
自分が5歳の時に両親が離婚したことです。その時に両親にこれからどっちと一緒に暮らしていきたいかを問われたのです。

まだ幼かった私は子供心にも直感というか優しかった父親のほうを選びました。母親の方は時...
続きを読む

「今までで体験した一番怖い体験」

49歳 女性のエピソード
会社の残業が終わり、駅から家まで徒歩で帰宅していた時の事です。
私もバスを使えば良かったのですが、あの時の私はパニック障害を抱えていたので、満員のバスに乗り体調が悪くなるのを避けていました。
駅から自宅まで徒歩15分位なのでいつも歩いて帰っていました。
ある日、家の前でいきなり後ろから首を締められました。
その後、スカートの中に手を入れられたので、首から手が離れてすぐに大声で叫びました。
びっくりしたのか、近所の人が出てきたので、逃げて行きましたが、逃げて行く姿を見たら顔は目と口だけが見える覆面を被っていたんです。
体型からして若い男性なのは間違い無いです。
怖いと思ったのは、その人がいつから私の後を付けてきたのか、私は全く気がつかなかった事です。
首を締められただけで済んで良かったかもしれません。
後ろからいきなり刺されたとしても不思議では無いと思ったら、暫く夜に一人で歩くのが怖くなりました
このテーマの他のエピソード
30歳 女性のエピソード
まだ10代だった時の話です。
夜勤明けで寝ようと布団に入りました。
今日も疲れたなぁと眠りに落ちそうになった時、キイィィィンと頭が割れるような大きい耳鳴りが起こりました。
どうしようと焦っていると、突...
続きを読む
43歳 女性のエピソード
妊娠中に逆子だと分かり、毎日逆子体操なる逆子を治す体操をしていました。
妊娠8ヶ月になった時、まだ逆子で朝からずっと逆子体操をしていたところ、お腹に激痛が走りました。しばらくはただの腹痛かなと思ってい...
続きを読む
50歳 女性のエピソード
二人目の子供を帝王切開で産んだ時の話です。
一人目が帝王切開だったので、二人目も帝王切開になったのですが、一人目の時は、全身麻酔で、子供と会えたのがなんやかんや5日後になった話を先生にしたら、じゃあ二...
続きを読む
26歳 女性のエピソード
大学生の頃の話です。
大学の帰り、いつものように最寄りの駅から電車に乗ろうとホームで待っていると、当時流行っていた厚切りジェイソンに似ている外国人の方に声をかけられました。ここに行きたいのだがどの電車...
続きを読む
47歳 男性のエピソード
高速道路での体験で実家に帰省する際のできごとなんですが、渋滞ラッシュを避けて夜中の高速道路を走らせていました。
しかし休憩を挟まずに連続で運転していたため非常に強い睡魔が襲ってきており何度も意識が飛び...
続きを読む
46歳 女性のエピソード
私の自宅は神奈川県某所にあり、自然豊かなのどかな地域で、近所の方とも仲良く暮らしています。
少し歩いたところにURの団地があり、そこの中の公園で子供を遊ばせることも多く、近所のママ友との交流の場になっ...
続きを読む
24歳 女性のエピソード
おばけを見たことです。
小学生の冬に風邪を引き、母と父と3人で寝ていました。
私は一番端っこで母の隣で寝ていました。
夜中にふと目が覚めて、なかなか寝れずにいた時に
何か嫌な気がするな、と子供ながらに...
続きを読む
36歳 女性のエピソード
小学校低学年の頃、友人と二人で土手でつくしを摘んで遊んでいました。
二人ともどんどん夢中になってそれぞれ地面だけを見て摘みながら進んでいきましたが、少し離れたところに長くてりっぱなつくしを見つけて喜ん...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
ベルギー・ブリュッセル旅行に行った際に、団体客の他の旅行者の皆さんと一緒にバス停に向けて歩いていました。
すると突然、ナイフを持った二人組の男たちに襲われ、一緒に横を歩いていた友達がスリにあいました。...
続きを読む
24歳 女性のエピソード
私が中学生の時に林間学校で経験した体験談です。
その時に宿泊したコテージの女子トイレを使用したクラスメイトが何人も
「トイレに髪の長い女の人がいる」と言い始めました。
みんなトイレを使うのを怖がってい...
続きを読む
34歳 女性のエピソード
昔、火事があった場所の近くで真っ黒い人影をみたような気がしたこと。
ゆらりと動いてゆっくりゆっくりと近寄ってくる、走ってきたり追い詰めてくるようなことは無かったけれど、確かに気配を感じつづけるようなも...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
これはわたしが中学3年生のある日の放課後、自宅で受験勉強をしていた時に起きたちょっと怖い出来事です。弟が塾に行く時間になったので、わたしは玄関まで送り出し自分の勉強に戻ったのですが、少し眠くなったので...
続きを読む
50歳 女性のエピソード
まだ20代のころ毎年大晦日から出かけて、翌日の元日まで何社か神社を友人とめぐるという年越しをしていました。
ある年、市内の地元の神社だけでなく県内の有名な神社まで足を延ばそうと、車で出発しました。
車...
続きを読む
24歳 女性のエピソード
中学生のとき、友達の家に泊まりに
行きました。夏の暑い時期で、
夜になっても部屋が蒸し暑く
外に出て家の前で座って話していました。
田舎の車通りが少ない場所なので
周りは真っ暗です。
2人で対面で座っ...
続きを読む
24歳 女性のエピソード
大学時代の友人とドライブで友人の祖父母宅に行った時の話です。
星のきれいなほど真っ暗な田舎だったため、あたりには街頭が少なく、さらに、遅い時間だったため電気のついている家も少なかったのですが、田んぼの...
続きを読む
21歳 女性のエピソード
中学生の頃のことです。
夏休みだったと思います。
2階建ての家に両親と姉、私、幼い妹と暮らしていました。
2階に各自の部屋があったのですが、両親はベビーベッドの都合上1階の和室で寝起きしていました。
...
続きを読む
26歳 女性のエピソード
短大の頃に地元でバイトをしていた時の話です。
その日は帰りが22:30を過ぎていて、バイト仲間と帰り際にバイト先の店前で喋っていると、先に帰った後輩1人が、「白いお面をつけて笑いながらバイクに乗ってる...
続きを読む
37歳 男性のエピソード
若いころは少なくみて7~10人は殺人を犯している年配(おそらくは反社会勢力)の方とのトラブルの交渉。
仕事柄、仕方がないものであったが、話をするととんでもない迫力を感じた。
生きて戻ってくるのが業務命...
続きを読む
52歳 女性のエピソード
高校2年生時の夏の深夜、自宅で就寝中の出来事です。
歳の離れた妹は母と一緒に別の部屋、私は自分一人でした。父は夜勤で不在。深夜2時頃、私の部屋に人が入ってきたのが暗い中で見えました。母かと思い声を掛け...
続きを読む
26歳 女性のエピソード
私は全く霊感もないですし、勿論、霊感がない為、全然怖い話しも怖くありません。
シャワーを浴びていたら、後ろに気配が!という話しを聞きますが、気配なんか感じることがないですし、まず、お風呂に入って居る時...
続きを読む
19歳 女性のエピソード
つい先日、サークルの夏休み合宿がありました(と言っても私が所属しているのは映画研究会というサークルなので1本だけ映画を見てあとは遊ぶだけというユルいものでした)。そこでの出来事なのですが、私は夜寝ない...
続きを読む
43歳 男性のエピソード
一度テレポートというかワープに似た体験をしたことがあります。
子供の時にマンションのエレベーターで遊んでいたのですが、ボタンを滅茶苦茶におしているうちに勝手に上昇していき、ついには一番上の階を通り越し...
続きを読む
33歳 女性のエピソード
レンタルビデオ屋店内で、男の人に追いかけられたのが一番怖かったです。
近所のレンタルビデオ屋に1人でCD返却に行き、店内をウロウロしていると目線を感じました。
気付くと、私が見ている棚の向かい側に中年...
続きを読む
39歳 女性のエピソード
20年以上前の話になります。

友人数人と心霊スポットへ行きました。
札幌の南の方にある有名な場所です。

友人の中に一人だけ霊感があると言っている子がいました。
わたしには全く霊感などありません。
...
続きを読む
29歳 女性のエピソード
この経験に対しては中学校の校外学習のことです。キャンプ場な所で、皆BBQをつくりながら、たべてる時に、友達がイヤホンを持って来るので、私に誘われて、一緒に歩いてカバンを置くところまで行きました。行く前...
続きを読む
24歳 女性のエピソード
高校に入学して間もない頃の出来事です。段々と学校生活にも慣れ、友人もでき、一緒にテスト勉強をしていました。友人と別れ、いつも乗るバスに乗ろうとしました。しかし、曜日によってダイヤが変わることを知らず乗...
続きを読む
28歳 男性のエピソード
夜間の勤務のとき、巡回のため渡り廊下を歩いてたときです。廊下の閉めたはずのカーテンがヒラッっと動く様子がたまたま視界に入ったので、窓が開いているのかと思い確認しに近寄りました。すると、窓もしっかり閉ま...
続きを読む
54歳 男性のエピソード
僕は小学校と中学の時にいじめられた経験があります。その為に登校拒否をなんどかありました。それから高校に入ってからいじめられた子を助けるためにヤンキーみたいな連中に文句を言ったら仕返しされてそれで高校の...
続きを読む
25歳 男性のエピソード
高校生の頃、部活で旧校舎に入った際に誰もいないのに後ろから頭を触られたことです。
後輩と一緒に二階に居たのですが、後輩は反対側の一番奥に居て後輩触ったのが後輩ではなかったことが分かり恐怖したこと
また...
続きを読む

「人生最大の修羅場」

36歳 女性のエピソード
同棲していた婚約者が浮気したことが分かったとき。当時、私は大学生で、相手はパチンコ屋でバイトしていた8歳年上の男性。当時30代。フリーターだし、おまけ中卒、資格なし。という状態だったが、依存的にも愛してしまっていた私は「大学卒業後に入籍する」と親にも友達にも大学教授にも触れ回っていた。しかし、そこで彼のバイト先の同僚との浮気が判明。言動がちょっと怪しかったのと、私への愛情表現が若干減っていたことが気になり、身勝手にもメールチェックして判明して、人を平手で初めて連打した時の心の荒れ模様もかなり修羅場だった。その後、彼は浮気相手を取った。同棲解消も諦められなかったので、彼と連絡を取ったり、バイト先に押しかけて、浮気相手に客や店員の前でビンタを数発食らわせた。彼の絶縁していた実家に、彼の居場所を教えたり、色々感情に任せて、今振り返ったら自分でも引くけど、同じことが今起こったら、同じ行動を起こすだろうなあと思う。
このテーマの他のエピソード
29歳 女性のエピソード
大学生の時、合コンで知り合って付き合った彼氏がいた。近くの大学の先輩で、かっこいい人だった。付き合って1月ほど経った頃、高校の同窓会があってその時の友達と飲んでたら、一人遅れてきた友達が泣いてやってき...
続きを読む
40歳 女性のエピソード
 婚約中にもかかわらず、既婚者の職場の上司を好きになってしまいました。次第に、この関係を続けていくのは無理だと思い、2人と別れることを決めました。
 それぞれに、「別れてほしい」とメールをしたところ、...
続きを読む
40歳 女性のエピソード
結婚式の4日前に、結婚相手の浮気がばれました。しかも、私自身が発見してしまうというとんでもない修羅場があります。
きっかけは、結婚前に彼が一人暮らしをしている部屋に、彼に何も言わずに掃除と洗濯をしに彼...
続きを読む
35歳 女性のエピソード
昔は恋愛関係にあった男友達が結婚しました。数年経ってから友達として久しぶりだしドライブに行こうと誘われて、恋愛感情もお互いに無く、海までドライブに行きました。帰り道が思っていたより渋滞していて帰路に着...
続きを読む
22歳 男性のエピソード
大学で所属していたサークルの同期にかわいい女の子がいました。
その子は、彼氏が体育会系の部活にいたのですが、ある時の複数人で開催した宅飲みの最中にお互いにお酒に酔った勢いではあったのですが隠れてキスを...
続きを読む
29歳 男性のエピソード
当時付き合っていた女性が解離性同一性障害、いわゆる多重人格者で、約50の人格(実際に話をしたのは10人程度)がありました。
付き合っているのは一人なのに数人の女性と同時に付き合っているようで初めは楽し...
続きを読む
52歳 男性のエピソード
私の人生においての一番の修羅場は
ウチの家内がうつ病になってしまったことで。

平穏な生活は一変し、私や義母そして親戚など
大勢で家内の介護、看病に追われる生活が始まりました。

そんなある日家内から...
続きを読む
19歳 女性のエピソード
私には仲のいい友人Aがいるのですが、彼女は男運がとてつもなく悪いです。いつも、ろくでもない男にひっかかっては泣きながら私に相談してきます。
ある日、学校帰りにAから「今から会いたい」という電話がかかっ...
続きを読む
24歳 女性のエピソード
2年前、現在の彼と当時大好きだった元彼と二股掛けていて、
元彼と家にいた時に、現在の彼が訪問してきたことです。
適当に取り繕い帰ってもらおうと思いましたが、有無を言わさずそのまま上がってきたため修羅場...
続きを読む
43歳 女性のエピソード
もう20年以上前になりますが、若かったころ、親が失踪したうえで自殺しました。いきなりだったので本当に驚きました。当然、探しに行きたくて職場から休みをもらおうとしたものの上司に「プライベートのことで迷惑...
続きを読む
53歳 女性のエピソード
カフェのアルバイトで知り合った人と付き合うことになり、恋人同士となりました。住んでいた地域が近かったため、バイトが終わると一緒に変えることも多々あり、その後半同棲生活ような仲になりました。
それから2...
続きを読む
67歳 男性のエピソード
大学院生だった時に研究室に入ってきた4年生の女の子が、卒論をまとめるために私の下に付き、わたしが指導することになりました。
ある日、実験が遅くなってしまったので、その女の子を私が借りていたアパートに止...
続きを読む
23歳 女性のエピソード
私の人生最大の修羅場は当時付き合っていた男性とその元カノとの浮気が原因でした。
浮気が発覚したその日、彼は私の家にお泊りをしていました。朝方何度も繰り返し鳴る彼の携帯に違和感を感じ見てはいけないと思い...
続きを読む
52歳 女性のエピソード
遠距離恋愛の末、故郷に高齢の母を1人残しての結婚で、結婚生活はずっと気もそぞろだったことは事実です。
早くに父を亡くしたので、それまでずっと母と娘2人で生活してきましたので。
はっきり言って理由はなん...
続きを読む
40歳 女性のエピソード
以前、LGBTの集まる飲み屋で働いていた時のことです。
私自身はLGBTではないのですが、ちょっとしたきっかけで働くこととなりました。
その際に、出会ったバイセクシャルのお姉様。
私のことをとても気に...
続きを読む
39歳 女性のエピソード
結婚前、付き合っていた当時の話ですが、両親が不在時に、彼を私の自宅(実家)に招いていた時のことです。
その日は泊まりになって帰って来ないと聞いており、安心して二階の私の部屋で二人くつろいでいたのですが...
続きを読む
43歳 男性のエピソード
命に関わるような修羅場ではないのですが、
もう20数年前位前に当時付き合っていた彼女に浮気がバレてしまった時の事です。
とりあえずその日は友人5人でいわゆる合コンをしていました。
当然、彼女には男5人...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
大学時代、同じサークルに入っていた先輩と2年間付き合っていたんですが、好きな人ができたと言われ、別れることになりました。その2か月後、改めて付き合ってほしいと言われ、正直なところまだ好きな気持ちがあっ...
続きを読む
25歳 女性のエピソード
当時付き合っていた彼氏が私が可愛がっていた後輩と浮気をしていることを知りました。なぜそのような関係になったのかちゃんと知りたくて、彼氏と話をした後、浮気相手の後輩を食事に誘い浮気について問い詰めました...
続きを読む
20歳 女性のエピソード
わたしが地元の喫茶店でアルバイトをしていた時のことです。
よく来てくれる女性のお客様がいて、わたしのことをいつも気にかけてくれるし、
よくお話も聞いてくれて
優しく接してくれるとても良い印象のお客様で...
続きを読む

「今だから言えるごめんなさい」

24歳 女性のエピソード
学生時代、人にべったりとされるのが苦手だった。ある一人の友達に入学当初べったりされてしまい、行動するときいつも一緒にいた。誰か一人の人とずっと一緒にいるのが苦手なので、だんだんその子の嫌な部分が見えてきてしまい、苦手に思えてきてしまった。他の友達を作り、その子と仲良くし、べったりしてくる子のことを適当に話したり、冷たくあたってしまうことが多かった。だんだんその子は自分の元から離れていき別の友達を作っていた。自分の元を離れて最初は良かったと思っていたが、時間が経つにつれ、ひどくあたってしまったと後悔している。その友達は何も言ってこないが、きっと傷ついていたと思う。その友達に当時のことを謝りたい。
このテーマの他のエピソード
28歳 女性のエピソード
私は7歳上の姉、5歳上の兄、7歳下の弟がいます。
私が17歳ぐらいの時、ドラッグストアで除毛テープや脱毛クリームを買っていました。
姉と一緒に除毛テープを試してみたものの全く効果が感じられず2人で男兄...
続きを読む
23歳 女性のエピソード
小さい頃から泣き虫で、怒られるどころか、怒るそぶりを見せられるだけで泣いてしまうタイプでした。普段から鈍臭くて、親兄弟、学校の先生、近所のおじさんからもよく怒られていて、中学、高校でもずっと泣き虫キャ...
続きを読む
23歳 女性のエピソード
 LINEが普及し、ID検索に関しても制限なく自由にできていた時代のお話です。当時、高校に入学し携帯を買ってもらったばかりの頃、常識も知らなかった私は、検索からやってきた知らない人ともLINE上でのや...
続きを読む
28歳 女性のエピソード
彼氏に嘘をついてしまいました。
どうしても彼と別れたくなくて、
妊娠したと嘘をついてしまいました。
そしたら彼が本当に信じてしまい、
私のことを大事にしてくれるようになって
嬉しかったです。
そしてし...
続きを読む
42歳 男性のエピソード
小学校6年生の夏休みに母親の実家のおばあちゃんの家に弟と二人で遊びに行きました。
新幹線にローカル線にと電車を乗り継いで7時間ほどかけてやっとの思いでおばあちゃんの家に到着しました。年に数回しか会うこ...
続きを読む
24歳 女性のエピソード
彼氏がLINEを乗っ取られたと騒いでいた。話を聞くと、知らないパソコンからログインされたと通知が来たようだ。仕方なく、既存のアカウントを削除して新しい物を作成したが、トークはおろか友達もほとんど消えて...
続きを読む
26歳 男性のエピソード
小学生の頃の話です。
小学校の図書館の本棚
の棚は自由に棚の位置を変えれるタイプのもので、棚の四方に固定するピンのようなものがありました。
そのピンは1つ取っても本棚はあんていを保てていたため何個かピ...
続きを読む
50歳 女性のエピソード
私は短大の保育課を中退しました。本当の理由は友達に嫌われ仲間はずれにされていたからですが、親には「進路が変わった。保育士ではなくて看護師になりたいから中退して受験したい」と言いました。親は私がどんな道...
続きを読む
26歳 女性のエピソード
私は小学生高学年の頃父を亡くしました。
私にとってはとても頼りになり大好きな父でした。
相談も聞いてしっかり答えてくれる父だったのでとても悲しかったです。
私の母は父とは違い私はあまり好きではありませ...
続きを読む
23歳 女性のエピソード
私が中学生の頃の話ですが、
おばあちゃんは長年500円貯金をしていました。
可愛いたぬきの大きな貯金箱だったと思います。
何キロにもなるほど500円貯金をしていました。
ある日、一緒に数えようと言って...
続きを読む
18歳 女性のエピソード
高校時代のお話です。当時、コンピューター部に所属していたのですがとても緩い部活でした。先生も優しい方でよくしてもらったのを覚えています。しかし、緩すぎて少しコンピューター室のルールを破っていたことがあ...
続きを読む
29歳 女性のエピソード
今の恋人の元カノが別れた直後からずっと連絡が頻繁で、内容は「あなたが好きそうな音楽を見つけた!」「あなたが好きそうな店があった」「最近こんな悲しいことがあった」など、連絡の必要度が低いことばかり。
さ...
続きを読む
19歳 女性のエピソード
これは私が小学生だった頃の話。私の家庭はまあまあ厳しく、パソコンもケータイも与えてもらえず、9時には布団に入らなければなりませんでした。そのおかげで私は健康ですごく元気な少女でした。しかし周りの子はみ...
続きを読む
29歳 女性のエピソード
私は学生の頃、両親に対してすごく口が悪かったです。
また悪い態度ばかりとっていました。
結婚して妊娠して実際に子供を育ててみると
こんなに苦労するんだと初めてわかりました。
そして、それと同時に感謝と...
続きを読む
30歳 男性のエピソード
中学生の頃に夏休み、両親共働きのためおじいちゃんと2人で過ごすことが多かった。

昼ごはんをいつも買ってきてくれるおじいちゃん。

最初に頼んだ唐揚げ弁当を多分何を選んでいいのかわからず毎日買ってきて...
続きを読む
31歳 男性のエピソード
何年も前になりますが、けんえいじゅうたくにすんでいたころ、こねこをちゅうおうこうえんでひろってしまいました。
その猫でしばらくあそんでいましたが、そのままほかの子にあげてしまい、忘れていました。ですが...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
中学生のころ、私はまぁまぁ遊んでいて、友達と中学生だがコンパニオンに行って2時間接待してお給料貰ったり、万引きしたり、原付バイクを2人乗りしていたりしていました。そんな遊びまわっているある日、今日の夜...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
中学の時、部活動の同学年代でいじめ、嫌がらせがありました。
運動部だったのですが、休憩中に陰口を言われたり、無視されたり、
パス練習でボールを強く、あさっての方向へ投げられたり…

ターゲットはリーダ...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
中学校の頃仲良かった子がいました。
その子は小学校の時に大阪から転校してきた子でした。
向こうから話しかけてきてくれたのでそこから話すようになり帰り道も坂の下で家も近くて一緒だったのでいつも一緒に帰っ...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
本当に大人になった今となってはしょうもない話です…。けれど当時私は小学生。

仲の良い女の子といつもの様に小学校から帰っていた時に、偶然対立していた男子グループに会いました。
そこでちょっとまあ小学生...
続きを読む
45歳 女性のエピソード
「今だから言えるごめんなさい」、と聞いて、必ず思い出すのが大学時代から長年付き合っていた元彼のこと。
悪いことをしたな、と思い出すことも多く、その罪悪感からかいまだに時々夢でその当時に戻って謝っている...
続きを読む
22歳 女性のエピソード
中学生のときどうしても生理的に無理で嫌いになってしまった男の子と授業で隣の席でした。小テストを交換しなければならなかったけど本当に嫌すぎて、完全に無視してしまってとても気を使わせてしまいました。その子...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
私は小学校5年生の時から20歳ぐらいまでずっと父親に対して反抗していました。
きっかけは家族旅行出発前に起きた両親の喧嘩から、今まで聞いてきた話は嘘だったのかという絶望を抱いたことからでした。
そして...
続きを読む
36歳 女性のエピソード
その当時は、付き合っていた彼氏の方が好きで好きでたまらなくて大学を卒業する大事な時期に彼氏の家によくいっていました。就職も適当に決めてなぁなぁで過ごしていました。
そして卒業したあとも、結婚する気は無...
続きを読む
48歳 女性のエピソード
22~23歳の頃の事です。私はタバコを吸っていて、結構ヘビースモーカーで1日1箱は無くなっていました。
アルバイト先で好きな人がいて、両思いになる前は常にバッグの中にタバコを入れていました。両思いにな...
続きを読む
29歳 女性のエピソード
高校時代から仲の良い友人だった子と
20代前半では結婚したいねーと2人で婚活っぽいことをしていました。私が最初に彼氏ができたのですがあまりうまくいっていませんでした。
その友人も後から彼氏ができました...
続きを読む
30歳 女性のエピソード
今だから話せるごめんなさいというテーマで以下にお話させていただきます。
わたしは小学生の頃、片道45分ほど歩いて通学しておりました。朝、自宅を7時半に出る際には雨の日で無い時がありがたかったです。一方...
続きを読む
21歳 女性のエピソード
いま20歳なのですが妹がいて小さい頃に何か悪いことをしたりする自分が悪いのに全部妹のせいにしていました。親は私が言ったことの方を信じるので妹もなぜ怒られているか分からないはずなのに否定することなくめん...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
私にはもうおじいちゃんおばあちゃんはいません。全員亡くなってしまいました。
そのなかで、父親の方のおじいちゃんおばあちゃんに申し訳ない気持ちがあります。
それは私が小学校のときからずっと、父親の弟の叔...
続きを読む
45歳 女性のエピソード
父親が分割で中古車(父の好みの車)を購入したのですが、
私も車を使用していたこともあり、父親が毎月車の支払い代として
私にお金を数万円支払わせ、勿論、そのお金を車の支払いに
充てていたようなので、私も...
続きを読む
72歳 男性のエピソード
古い話ですが、高校を卒業して就職した会社を3ヶ月足らずで辞めて放浪の旅に出ました。理由は特にないのですが、何となく生活の全てが面白くなかったと思います。
求人広告を見て京都の中華料理店でホール係と皿洗...
続きを読む
23歳 女性のエピソード
今から10年ほど前、私がまだ中学生だったころのお話です。
当時私には周りに秘密で付き合っていた彼氏がいました。その彼は学年でも特に目立つような人ではなく成績もルックスも標準の人でしたが彼の優しさと告白...
続きを読む
33歳 男性のエピソード
私は現在既婚者で過去に付き合った女性は今の奥さんを除いて1人しかいません。
その人は20歳のとかにバイト先で知り合いました。
顔はそこまで可愛くもなく、身体は細く少しお洒落ですが性格も暗く正直あまり好...
続きを読む
45歳 女性のエピソード
もう30年位前になりますが、わたしが小学生の頃、休憩時間に廊下で友達と話しをしてまったりしていました。
5クラスが並ぶ長い廊下だったので、定期的に消火器が設置してあり、私達はその消火器の横あたりで話し...
続きを読む
24歳 女性のエピソード
これは私が小学生の時の話なのですが、その日は非常にむしむしした夏の暑い日でした。そんな日に私の小学校では全校集会が開かれました。
その全校集会に行く前から私は自分の体に異変を感じます。
「 あれ、なん...
続きを読む
39歳 女性のエピソード
現在は遠距離で一人暮らしですが、実家住まいだった頃、母にすごく可愛がられていたのもあり、お金の面でつい甘くしてもらいがちでした。欲しいものがある時、「お母さん、〇〇が欲しいんだけど、お金がなくて、、、...
続きを読む
22歳 女性のエピソード
私はつい数年前まで専門学校に通っていました。
そこではおよそ2年間知識を取り入れていくことが大切でしたが私は一切そのことに関して気持ちがなくそもそも専門的な知識を取り入れていくことに関心すらありません...
続きを読む
54歳 男性のエピソード
僕は昔中学生の同級生と遊んでいて仲間5人である飲食店で
食い逃げをしました。お金は持っていましたがスリル半面悪い事をしていると認識をしていましたけどお客さんがたくさんいたのでバレないのでは無いかと思っ...
続きを読む
50歳 女性のエピソード
20代のころスキーに夢中になっていました。その頃、正社員で事務の仕事をしていて普通のオフィスワーク、平日出勤の土日休みでした。でもどうしても出勤の日に泊まりで行きたいスキー旅行がありました。事前に休み...
続きを読む
33歳 男性のエピソード
昔のことですが、アパートに住んでいて、梅雨時期に雨連発だったのですが合間に一度だけ晴れた日がありました。正面の家と道路の間で子供とサッカーしていた。その時、家の玄関口にあるポストにボールをぶつけ、ポス...
続きを読む
42歳 女性のエピソード
社会人なりたての頃、常識が全くなくて、会社名をことごとき聞き間違えて
社内中をパニックに陥れたことがあります。
例えば、伊藤忠商事の伊藤忠を、伊藤 忠(タダシ)さんと言ってしまったり、
丸紅を紅花と言...
続きを読む
36歳 女性のエピソード
私が子供のころ、どこかに出かけようと玄関で母が来るのを待っている間、鍵を振り回して遊んでいました。
すると手が滑り、ガラスがはめ込まれた玄関の戸に直撃してしまいました。
「うわ~やっちゃった~!」
ガ...
続きを読む
26歳 男性のエピソード
小学生のバレンタインデー。
前日の帰りの会で先生から、『明日はバレンタインデーですが、学校にお菓子は持ってきてはいけませんからね!』と忠告があった中、朝学校に来てみると、机の中に大きめの箱でが入ってい...
続きを読む
52歳 女性のエピソード
私がまだ20代の頃です。高校時代の部活の同学年の仲間から手紙が届きました。彼女は大きな病院に入院中との事。その時の私はなんて返事を書けば良いかわからず、そのままにしてしまいました。彼女とは仲間ですが親...
続きを読む
49歳 女性のエピソード
反省すべきいたずらをしたのは小学2年生のことでした。
近所に住む祖父母の家で、親戚が集まり鍋パーティーをする日のことです。
居間には大きなローテーブルが置かれ、その上には卓上コンロとすでに大きな鍋がセ...
続きを読む
67歳 男性のエピソード
小学校から仲良くしてくれていた先輩が10年前に突然亡くなりました
運動会の男子のマスゲームで5年・6年は組み体操をしました。私が5年、彼が6年でした。
2人組みで組むことになりました。彼はスポーツマン...
続きを読む
43歳 女性のエピソード
今だから「お兄ちゃん」ごめんなさい。

お母さんのお財布からお金盗ったのワタシ…なんだ。お財布からお金が減っているのにお母さんが気付いて、即座にお兄ちゃんを呼んだよね。たしかに、前からお兄ちゃんはお金...
続きを読む
35歳 女性のエピソード
現在3児の子育てをしています。
自分の子供は可愛いですが、結婚前は子供があまり好きではありませんでした。公共の場で泣き叫んだり、床に転がったりする子供を見かけると、態度には出しませんが、内心うるさいな...
続きを読む
人気のエピソード
いろんな瞬間
独身っていいなと思った瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
自分は特別だと思った瞬間
こんなひといました
人が豹変した話
これまでに出会った天才
わたしの周りで一番勉強ができた人
わたしの周りで一番お金持ちの人
わたしの周りで大変身した人
あの人と縁を切ってよかった
今だから言えるごめんなさい
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
わたしの周りの大恋愛
ノウハウ
業界ならではの話
異性は知らないなと思う話
○○の裏話
人間関係
一番ひどい友達からの裏切り
家族に一番感謝したこと
女同士って面倒くさいと思った話
女って本当に恐いと思った瞬間
学んだこと
これまでの人生で悟ったこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
思い出
お金さえあればと感じた瞬間
学校や仕事をサボってやったこと
人生で一番贅沢した話
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
人を見返してやった話
今までで体験した一番怖い体験
人生最大の失恋話
どうしても許せないこと
死ぬかと思った話
人生最大の修羅場
とっておきのすべらない話
嘘みたいなほんとの話
これまでで一番笑った話
忘れられない夏休み
人生で一番運が良かったなと思う出来事
これまでで一番悲しかった時
これまでで一番お金を無駄にした話
これはひどいなと思った結婚式
これまでに一番勇気を出した瞬間
修学旅行の思い出
忘れられない先生の話
一番おいしかった食べ物
忘れられない夏の思い出
これまでで一番驚いた話
一番の苦労話
今までで一番感動した話
奇跡だと思った話
私について
もっとも尊敬する人
誰かに聞いてもらいたい愚痴
仕事での大失敗
人生が変わった出来事
誰にも言っていない秘密
わたしがやめられないもの
わたしの初恋と、その結末
そういえば昔夢見ていたこと
苦手だったのに得意になったエピソード
私の変えたい過去
結婚・恋愛
夫婦関係を続けていくのが不安になった話
結婚を後悔した瞬間