「人生で一番贅沢した話」

47歳 女性のエピソード
私が、自分の人生で一番贅沢した話は、今の生活です。
今、私は大切な人と結婚して、一緒に住んでいます。
一緒に住みだしたのは昨年の春からですが、今の彼と生活する前は恥ずかしながら生活保護を受けていました。生活保護を受けていた理由は、母の虐待が何十年にもわたって続き、病気の私を虐待し続けて治療効果が出なかったためです。
生活保護を受けてからも地味な生活を続けていましたが、家でお仕事をしたりしながら収入を得ていました。その分は収入申告をして差し引かれるのですが、自分で得た収入がささやかな充実感となっていました。
その後、落ち着いた頃に、今の彼と出会いました。
今の彼との出会いは、インターネットです。
しかし、とても良い人で、優しく、思い出も沢山できるほど旅行も沢山行きました。
生活保護を抜けてからは、彼と一緒に暮らしています。
喧嘩のようなこともありますが、彼と一緒に行った北海道のフォトウェディングが一番幸せでした。今後も幸せで今のような贅沢な生活が続くとは思っていませんが、
ささやかな贅沢が続けばいいなと思っています。
このテーマの他のエピソード
46歳 女性のエピソード
今年の7月に入院・手術をしました
入院は経験ありましたが、手術は初めてでした。しかも乳がん(幸いにもステージ2)

数年前に入院したときは6人部屋で口から生まれたようなオバサマに囲まれて毎日血圧が高く...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
昨年新婚旅行でパラオに行った際に、思いつきで当日予約したセスナに乗り、上空からロックアイランドという世界遺産を見下ろしました。セスナに乗ったのも生まれてはじめてで贅沢だなぁと感じたのですが、インターネ...
続きを読む
25歳 男性のエピソード
人生で一番贅沢したものは、洋服の購入です。学生時代に購入した服の総額は当時としてはものすごかったです。当時夜の仕事をしていたのでお金はそこそこありました。また、その時と同時に洋服にもものすごく興味があ...
続きを読む
29歳 女性のエピソード
私が一番贅沢をしたと思う経験は、家族でのハワイ旅行です。私が5年生の時に初めて行ったのですが、初海外、それも4泊6日という日数で、とてもワクワクしていました。ハワイでは毎日海に入り、毎日ホテルの外でス...
続きを読む
34歳 女性のエピソード
昔からお金を使うことに抵抗があり、欲しいものを買うときにはいろいろな店を回り、一番安いお店でしか買いません。好きなブランドもあるのですが、いざ購入するとなると考えすぎてしまい、次回買おうと後回しにして...
続きを読む
30歳 女性のエピソード
先日友人と沖縄旅行に行ってきました。ずっと憧れていたリッツカールトンに宿泊し、朝はビュッフェで食べ放題、その後ホテルのプールで遊んでお部屋で何をするでもなく、くつろいで、夜はホテルのレストランでディナ...
続きを読む
42歳 女性のエピソード
20代のころ、当時付き合っていた彼氏と、クリスマスに一度何か派手なことをしてみようという事になりました。当時の彼氏と色々探してみた結果、クリスマスに豪華客船で1泊するツアーに申し込んで、豪華客船クルー...
続きを読む
59歳 男性のエピソード
一番贅沢をしたのは、高額ながら高性能スポーツカーを
現金一括(当時総額350万超)で買ったことです。
乗用車を買ったのは3台目でしたが、一番気に入った物が手に入りました。
ボディーは小型で、ほぼ5ナン...
続きを読む
31歳 女性のエピソード
私が人生で一番贅沢をしたなと思うのは、自分の結婚式です。
私は海の見えるチャペルでの結婚式にずっと憧れており、地元での結婚式と比較すると3倍近くのお金をかけて、沖縄の海沿いのチャペルで結婚式を挙げま...
続きを読む
26歳 女性のエピソード
私の人生で一番贅沢をしたのは結婚式のときです。
親族だけの式で、華やかな結婚式と比べると本当にシンプルな結婚式でしたが、今考えると本当に贅沢な事だなと感じます。
プロのメイクさんにしっかりとヘアメ...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
24歳の時にフランスへ一人旅をしました。
旅行費に200万円程貯めていたため、好きな物を買って高級な料理を満喫しようと考えていました。
宿泊はパリ8区内の有名なホテルに泊まり、7泊9日の日程を組ん...
続きを読む
34歳 男性のエピソード
ちょっと本題からズレてしまう話ですが、正確に言えば、一番贅沢をしたというよりは継続中の話で、実は趣味に関する事でその趣味というのはNゲージという鉄道模型集めで、さらにそれを貸しレイアウトという有料の走...
続きを読む
59歳 男性のエピソード
私のこれまでした一番の贅沢は、高性能スポーツカー(購入当時総額350万超)を買ったことです。
思い切って現金一括で購入しました。
これを買えるだけの金銭がある時期にこの車が発売されたことに感謝したいで...
続きを読む
39歳 女性のエピソード
去年旅行で香港に行きました。
その時の帰りの飛行機がかなり贅沢しました。
時間を間違えてしまい、飛行機を乗り遅れてしまいました。
カウンターで、新しくチケットを買わないと、乗せられないと言われて...
続きを読む
33歳 男性のエピソード
私は元々節約家で、農家である実家から送られてくる米と野菜で食生活のほとんどをまかなっております。
しかし、会社から臨時ボーナスが20万出たときに、意を決して贅沢をしようと試みました。
しかし、普段...
続きを読む
23歳 男性のエピソード
私が人生で1番贅沢をしたと思うのは、食べログランキング1位の高級ステーキ屋で1人前1万5千分のクリスマスコースを友人と、食べたことです。私が、贅沢だと感じた理由は2つあります。1つ目は、何と言ってもそ...
続きを読む
57歳 女性のエピソード
人生で一番贅沢したのは、結婚して2年目くらいに私たち夫婦と友人で行ったイタリア旅行だろう。
わたしの1年契約の仕事が終わったこともあり、友人の仕事にくっついていく形で(旅費は自腹です)イタリアへ10日...
続きを読む
34歳 女性のエピソード
家族でハワイ旅行にいきました!旅行代は母の退職金でホテルはどこでもいい!と言うので、モアナサーフライダーの最上階のスイート部屋を2部屋を繋げて取りました。飛行機はJAL。旅行代金だけで150万円はかか...
続きを読む

「わたしの周りの大恋愛」

26歳 女性のエピソード
中学生の頃通っていた塾の先生(男)と生徒(女)の話です。個別塾の担当だったので、受験期の頃は毎日会っていました。先生はとてもめんどうみがよく、お兄ちゃんのような存在だったのですが、その子にだけは他の生徒と比べて特別な扱いをしていました。その子も先生のことを尊敬して、先生みたいな大人になりたい!と言っていたり。のちにわかったことですが、お互い両思いだったそうです。しかし、受験期もおわり卒業。一緒にいることはなくなりました。卒業してから連絡先を交換したものの、お互い多忙で会うこともできず、そのうち携帯が壊れデータが消えてしまい、連絡が取れなくなり、ただの思い出となってしまったのです。しかし、なんと10年後にたまたま駅で再会。「大人になったら一緒にお酒を飲もうね!」と話をしていたのが10年越しに叶い、そのままお付き合い、ゴールイン。あの頃はまさかこんなことになるとは思っていませんでしたが、今はとても素敵な夫婦です。
このテーマの他のエピソード
35歳 女性のエピソード
年齢差26才。
女性20才、男性46才で既婚者でした。
男性に子供はおらず、家庭内別居状態とのこと。
お互い第一印象から惹かれあっていたようですが、男性が既婚者であるため、不倫はしたくないという理由か...
続きを読む
30歳 女性のエピソード
大学時代の友人が大恋愛を経て結婚しました。
彼女たちは大学時代からずっと交際をしていました。
誰が見ても美男美女の爽やかなお似合いカップルでそのまま結婚をするのであろうと思っていました。
しかし結婚と...
続きを読む
21歳 男性のエピソード
友達が中学1年生の頃から一目惚れした女の子がいました。その女の子は学校の中でも可愛い子でした。その友達はずっと好きで中学2年の時に告白をしたのですが振られてしまいとても落ち込んでいました。それでも友達...
続きを読む
32歳 男性のエピソード
私の友人が、これまで5年以上彼女がいなく合コンや知人の紹介で何人も女性とご飯いったがすべて実らず。
本人は正直イケメンなのだが積極的になれない性格から残念な結果ばかりだったのだが、昨年の1月に地元の居...
続きを読む
34歳 女性のエピソード
私の友人は、学生時代に長くお付き合いしていた彼と突然音信不通になってしまいました。
彼が学生から社会人になったことで精神的なバランスを崩してしまったことが原因かと思われますが
結局詳しい状況はわからず...
続きを読む
34歳 女性のエピソード
友達がドイツ人の男性に一目ぼれし、結婚してドイツに移住しました。それまでは英語も全然喋れない子でしたが、たまたま初めて行った台湾旅行で、観光に来ていた彼に一目ぼれ。英語が喋れる友達に通訳してもらって、...
続きを読む
48歳 男性のエピソード
元同僚です。知らぬ間に社内部署近隣では、バレてました。私が出向出向で、飛び回るようになったうちに向こうは退職。実家に帰り(こちらの実家からしても日帰りで苦痛のない距離)それ以降会う頻度も劇的に増えまし...
続きを読む
49歳 男性のエピソード
彼女と付き合っている男性がいました。あるとき喧嘩をして連絡を絶っていました。男性はそのことを会社内の先輩の女子社員に話していました。「大丈夫だよ」と悩みを優しく聞いてくれたことをきっかけに二人は良く出...
続きを読む
22歳 女性のエピソード
私の友達の話で、高校生の時に片想いをしている友達がいてその友達と彼は中学から一緒で4年も片想いをしていて、私がその彼と同じクラスで隣の席で初めて喋った相手でした。まさか友達の好きな人とは思わずにどうに...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
私自身の恋愛ですが、大学の新入生歓迎会で同じグループになった人とその後7年間の交際を経て結婚するとこができました。
彼との出会いはお互いたまたま参加したサークルの新入生歓迎会です。お互いの友だち同士が...
続きを読む
28歳 男性のエピソード
友人の男性がある女性と学生の頃から数年付き合っていました。
社会人になる時同じ県の職場で働く予定でしたが
女性側の親族が病気となり、仕方なく女性は実家に戻り
友人とは離ればなれになりました。友人は彼女...
続きを読む

「この職業で良かったなと思う瞬間」

46歳 女性のエピソード
私の仕事は、米軍基地内で働く事務員です。学生のころからずっと英語に触れる仕事に就きたくて何年かこの職に応募しながら他の仕事をしていました。夢がかない面接までたどり着き合格。それ以来、アメリカ人の上司や同僚たちと楽しく仕事をしています。上司によっては、文化の違いからイライラさせられることもありますが、やはり好きな仕事についているということからあまり負担に感じません。好きな仕事をすることの大事さを学びました。また、日本ではない文化内での仕事なので、朝ご飯を口にしながらパソコンで仕事。音楽を聴きながら仕事。職場にあるTVは常にONなのでそれを見ながら仕事。日本では考えきれない仕事の仕方だと思います。そういう事を思うと今の仕事で良かったなと思います。
このテーマの他のエピソード
28歳 男性のエピソード
私は現在、地域金融機関で営業をしております。預金、融資、企業支援業務、保険、投信等様々な募集営業活動をメインに行っております。それ以外に既存の大口管理(事業資金、住宅ローン利用者)も行っており、定期的...
続きを読む
34歳 男性のエピソード
朝は早いし、自営業なのできちんとした休みもないが、お客さんに「おかげで助かったよ!ありがとう」などと喜んでもらえると、この職業で良かったなと思う。またちゃんとした休みがない分、生活に困らないだけの収...
続きを読む
30歳 女性のエピソード
20歳で子供が生まれてすぐ、仕事を探しにハローワークに行って、見つけたのが今の仕事でした。

募集要項はネジ付け等の軽作業。
製造業の工場で、50〜60歳のおばちゃん達に「若いから!若いから!」と言わ...
続きを読む
25歳 男性のエピソード
私はいま,介護士を介護施設や病院などの事業所に派遣する派遣会社の営業をしています.
具体的な業務内容としては,弊社サービスにご登録いただいた求職者に電話口でヒアリングを行い,求人募集をかけている介護施...
続きを読む
33歳 女性のエピソード
私は小さい頃、両親が共働きだったので学校から帰ると祖父母と一緒に過ごす事が多かったんです。祖母のお茶のみに一緒に参加したり、祖父と一緒にテレビを見て学校の話をしたりしていました。
だんだん成長していく...
続きを読む
60歳 女性のエピソード
学生時代の友人が一般企業に就職してバブル景気の時に、ビックリするくらいのボーナスをもらって、海外旅行にどんどん出かけて、ブランド品を買い漁っているのを目の当たりにした時は、さすがに内心うらやましく思い...
続きを読む
30歳 女性のエピソード
大学で事務として働いているのですが、卒業する学生が事務所を訪ねてきてくれたり、卒業した学生たちが遊びに来てくれたときにはこの仕事をしていてよかったなと思います。また、頑張っている学生たちのサポートをし...
続きを読む
41歳 男性のエピソード
私は高校も出ていなく頭で仕事をする事が出来ない育ちでした。
高学歴の奴には負けてたまるかと思い資格を取り体を動かしなんぼの仕事しか稼げないし、安定した仕事なんか私にはあるのかな?と考えていました。
当...
続きを読む
25歳 女性のエピソード
私は正看護師なのですが、新卒で就職した頃はこの職業で働けるところは病院、介護施設だけだと思っていました。結婚を機に、新卒で就職した大学病院を辞めて地元に戻りデイサービスに勤務していたのですが、そろそろ...
続きを読む
28歳 女性のエピソード
自分はアパレル業で、店舗勤めの販売員です。

この職業で良かったなと思う瞬間は
「お客様が自分に会いに来てくれた」時です。

自分の配属店舗について簡潔に言いますと、
全国に店舗があるブランドで、価格...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
私は音楽講師をしています。
夏ごろにいつも皆の前で成果を発表する機会があるのですが、この時期にいつも生徒さんたちと、出る・出ないの攻防戦が始まります(笑)今年は初めて出る!と言ってくれた方がいました。...
続きを読む
28歳 女性のエピソード
私は転職し、現在は販売業に勤めています。前職はいわゆるブラック企業で、特に人間関係が悪く精神的に病んでしまい、退職せざるを得なくなってしまいました。
現在の職場を選んだ大きな理由は、面接時に店長が「僕...
続きを読む
61歳 男性のエピソード
私が大学を卒業して、入社した会社はゴム会社で営業職で就職いたしました。
入社して、数か月後に東京営業所に転勤になりました。
ここで知り合った、上司・先輩は皆さん私と同じ県出身でした。
皆さん同じ県の出...
続きを読む
29歳 女性のエピソード
今の職業で良かったなと思う事は、自分がした仕事が、どのように周りに影響を与えているかが、直接かつ直ぐに感じる事ができるところです。
医療職の特性でもあるのですが、自分がした事がどういう結果に繋がったの...
続きを読む
23歳 男性のエピソード
私は電気工事の仕事をしています。
普段は主に電柱の改修、新築、保安をしているのですがとにかく大変です。停電時間が決まっているのでお昼休みもろくに取れません。工事が早く終わった分には追加で仕事をもらい給...
続きを読む
36歳 女性のエピソード
私は発達障害の傾向があります。グレーゾーンといわれる分類で、療育が必要ではありませんが、そうでない人たちと感覚が違いすぎて生き辛いです。顕著なのは、自己中心性と空気の読めなさと、こだわりと衝動性です。...
続きを読む
29歳 男性のエピソード
私は今6年自動車整備士として仕事をしています。
初めは1年大型トラックの整備をしていましたが、高級外車を扱う車屋さんが近くにあり転職して今に至ります。
教えてくれる先輩も居ないために独学で勉強したり、...
続きを読む
46歳 女性のエピソード
今現在私は介護職員として高齢者施設で働いています。以前は福祉の仕事など自分には出来ないと思っていましたが、気が付けば一番長く働いているのは福祉の仕事でした。
以前は他の業種で働いていましたが、会社内の...
続きを読む
28歳 女性のエピソード
今の職業は歯科衛生士をしています。高校を卒業し、専門学校を3年間通い、国家資格を取得しました。専門学校は非常に厳しく毎日勉強で辛い日々でしたが、今働いてからは毎日がとても充実し、やりがいを感じています...
続きを読む
44歳 男性のエピソード
私は介護福祉士です。世間では3Kとも5Kともいわれますが、実際は世間のイメージとはだいぶん乖離があります。確かに排泄物のお世話やご利用者の死に直面するなどのマイナス面がありますが、実際にはご家族様から...
続きを読む
42歳 女性のエピソード
書店で働いています。
毎年夏休みになると、とあるママさんが私を訪ねてきてくださいます。
お子様が1年生の夏休みの時に、夏休みの宿題の読書感想文の本のおすすめをたずねられて、何冊か選ばせていただいたのは...
続きを読む
27歳 男性のエピソード
私はITエンジニアをしています。この職業をしていてよかったと感じる瞬間は、周囲の人と仕事の話をしている時です。
違う仕事をしている友人等との食事や飲み会の場で仕事の話になると、大部分が愚痴のようなマイ...
続きを読む
26歳 女性のエピソード
急性期の総合病院で理学療法士というリハビリの仕事をしております。
主に入院と外来を担当していますが、この仕事をしていて良かったと思う瞬間はありきたりですが、患者様から感謝されたときです。
入院されてい...
続きを読む
28歳 女性のエピソード
約7年間、看護師をしています。私は小さい頃から看護師になりたくて、念願かなってなることができました。思っていたよりもとてもハードな仕事で、嫌なことも多い仕事です。ですが、看護師をしていると患者さんから...
続きを読む
31歳 男性のエピソード
私は元々人としゃべることに少し自信を持っていた。なので大学を卒業してから就職先を探すときも「営業」一本で探していた。
また食べること、お酒を飲むことが大好きなので食品に関わる営業をしたいと考えていた。...
続きを読む
60歳 男性のエピソード
夕暮れ、私はあの京都の街のタクシーの中でハンドルを握っていました。その頃、私は、なりたてのタクシードライバーで、未だ慣れぬタクシーの仕事に付かれる毎日を送っていました。
私がその職を得た当初、タクシ...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
私は長年事務の仕事をしています。
事務の仕事は派手な仕事ではありません。
人から感謝されることも、正直少ない仕事です。
仕事内容は好きで、やりがいを持って取り組んでいましたが、やって当たり前と思われが...
続きを読む

「業界ならではの話」

55歳 男性のエピソード
クレジットカード業界ならではの話といえば、やはり知り合いや有名人のクレジットカードの利用状況が見えてしますということです。当然個人情報ですので、興味本位で利用状況を見たりすることはありませんが、業務の遂行上、どうしても見なければならないことがあります。当然のことなが、他言無用ですし、利用状況を迂闊に他人に話してしまうと個人情報保護法に抵触し、最悪の場合は逮捕されてしまいますので、そういったことは絶対しませんが、例えばお金持ちそうな著名人が意外にもキャッシングを利用しているなんてことも見たりすることもあり得なくはないので、心の中では「人は見かけに依らないなぁ〜」なんて思ったりすることはあります。
このテーマの他のエピソード
26歳 女性のエピソード
 私は保育士3年目です。保育園は集団生活の場ですのでインフルエンザなどの感染症が流行ることが多く、なかなか避けては通れない道です。流行る病気は様々で、”今年も来たな”というものや”なにそれ?初めて聞く...
続きを読む
36歳 女性のエピソード
以前、医療事務の仕事をしていました。医療事務の仕事は一見、安定しているように見えますが不満が多い職場です。理由は2つです。
まず、1つ目は給料が安い!事務と思われがちで簡単なお仕事に見えますが、カルテ...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
私は福祉業に務めていて普段から人の命を預かる立場にいて、その人達の安全を確保するのがこの職業において1番求められることですが、正直それは完全にはできません。普段から気をつけてはいますが人手不足であった...
続きを読む
46歳 男性のエピソード
建設業界で勤務していた頃の業界ならではの話として真っ先に浮かんだのは、
勤務時間が長く、人間関係がギスギスしていることになります。

自分が勤務していた時代は、「この業界に定時など存在しない。残業があ...
続きを読む

「わたしの周りで大変身した人」

24歳 女性のエピソード
中学生の同級生ですが、部活が同じ男子で
その当時は髪の毛がボサボサでメガネをかけて
ぽっちゃりしていた同級生がいました。
見た目はどちらかと言うと陰キャになります。
それから高校に入学し、別々の高校になったのですが
部活の試合でばったり会った時、髪の毛は短髪ですっきりしており
メガネをコンタクトにし、痩せていました。
一瞬誰かわからなくなりましたが、「久しぶり」などと
話をしていて、中学生の時の仲間と集まろうと話になりました。
集まった時、その同級生は本当にオシャレになっていて
中学の頃からは想像も出来ないイケメンになっていました。
高校に入って、初めての彼女ができたらしく
人は努力すれば変われるんだな、と思いました。
このテーマの他のエピソード
28歳 女性のエピソード
中学時代の同級生Yの話です。

Yとは小学校から一緒で、見た目は背が高くふくよかですが、穏やかな性格の子で、身長の割にはあまり目立つタイプではなく、クラスの中心からは一歩離れたような存在でした。

中...
続きを読む
51歳 女性のエピソード
先日地元のショッピングセンターで買い物をしていたら、何かのCMじゃないですが35年ぶりに中学の同級生を見かけました。
顔つきがあまり変わらないのですぐに「あー、〇〇君だ!」と分かりました。
結婚して家...
続きを読む
43歳 男性のエピソード
会社の後輩の話です。
一緒に仕事をしていた時は、少々自分勝手で、融通も利かない。
その割に自己主張は激しく、感情の浮き沈みが激しい。
という具合に、一見するととても扱いにくい人物でしたが、知識量は豊富...
続きを読む
46歳 女性のエピソード
職場で、26歳で転職してきた男性がいました。前職がテレフォンオペレーターで、うちの会社には営業として入ってきました。未経験と言うことで、最初は簡単な事務仕事からやっていましたが、物静かで、真面目で、我...
続きを読む
37歳 女性のエピソード
同じ会社に勤める30代後半の同僚の男性のことです。
バツイチの彼は、30代のうちに再婚を目指し婚活パーティーや、合コンなどに通っていました。
ただ、良い出会いはなくいつも恋愛が上手くいかないと悩んでい...
続きを読む
19歳 男性のエピソード
私の母は、昔と比べて大きく変わりました。
それは大きく2つ変わったことがある。
それは、体型と性格の2つです。
10年前に70キロほどあった体重が現在では50キロまで痩せました。
そうなると性格も大き...
続きを読む
22歳 女性のエピソード
高校時代の友人が大変身してしまった。

割と地味な印象だったが、大学デビューを機に自分磨きを頑張ったためメイクやカラコンも付け始め、洋服も可愛いものを身につけるようになった。
それだけならまだいいのだ...
続きを読む
60歳 女性のエピソード
つい何ヵ月前にまで、同じ会社で一緒に働いていました。
その人は逆大変身です。
よく聞かれる大変身はおでぶちゃんがスマートに変身して見違える、という感じですがその人はほんとに逆でした。
元々細いとは言い...
続きを読む
21歳 男性のエピソード
大学時代からのお友達なのですが、スタイルがよく高身長のバスケ友達が、いつの間にかモデルのお仕事を始めていたこと。
もともとバスケットボールを通して知り合った方なのですが、最近Instagram等のSN...
続きを読む
28歳 女性のエピソード
学生時代、私の友人の友人ですごくスタイルが良くてオーラがあって同じ大学生なのに、すごいなあと圧倒されていたのですが、実は読者モデルをしていると友人から聞いて驚きました。

その上、某有名恋愛ドキュメン...
続きを読む
20歳 女性のエピソード
小学校・中学校が同じだった男の子がいたのですが、当時は栄養満点な体型でものすごい汗っかきだった彼が、成人式で久しぶりに見かけたとき、スラっとしていてとても驚きました。
顔は面影があり一目で彼だと分かり...
続きを読む

「わたしがやめられないもの」

26歳 男性のエピソード
納豆を食べることがどうしてもやめられません。

アメリカに留学した際に、やはり日本の食文化とは異なっており、ステーキが日本でいう白米の感覚で食卓に登場します。

普段からウェイトトレーニングをしているため、トレーニング後は牛肉はもちろん、鳥や豚もたくさん食べていたので、全く気になりませんでした。

しかし、4日、5日とランチもディナーにもステーキが出てくると、食欲がわかなくなってくるんですよね。

日本では、肉もたくさん食べますが、味噌汁や漬物を意識することなく一緒に食べているので、肉がメインで食べている感覚というのはあまりないのかもしれません。
もちろんそこに、私の場合は納豆が入っています。

納豆は3歳からほぼ毎日食べ続けており、個人的なソウルフードなわけです。

そのため、ありとあらゆるスーパーをハシゴしたのですが納豆は見つからず、結局お寿司屋さんの店長に聞いてやっと売っているところを教えていただきました。

その時に食べた納豆の味は、生涯忘れないことでしょう。
このテーマの他のエピソード
48歳 男性のエピソード
私のやめられないものはラジオです。
普通に聴くのもそうですが、聴けない時は、radikoのアプリを使ってタイムフリー機能を使って聴いています。 特にFM横浜にはまっています。
朝9時から12時迄の...
続きを読む
39歳 男性のエピソード
それはズバリ、タバコです。何度も何度も禁煙をしようと試みてきましたが、なかなか長続きはせず、どうしても吸ってしまいます。コンビニでも無意識にタバコの番号を言ってしまう程です。昔に比べたらタバコ自体も値...
続きを読む
46歳 女性のエピソード
「ポイント集め」です

やはり一番の大口は「楽天」でしょうか
・楽天メール
・楽天ツールバー
・楽天チェック
・楽天パシャ(レシート投稿です)
・楽天edy
・楽天クレジットカード

私の通算獲得ポイ...
続きを読む
28歳 女性のエピソード
私は結婚3年目の主婦です。1年ほど前に10年続けていた職場を辞めました。職を失ったから大好きなジャニーズの追っかけも終わる事ができる!と思っていたのですが、むしろもっと行きたい!時間があるからもっと追...
続きを読む
52歳 男性のエピソード
私が52歳になっても辞められないのはレーシングカートです。

15歳で始めて、もうかれこれ37年になるのですが
いまだにカートコースに行くことを辞められません。

15歳から10年間は、レース三昧の日...
続きを読む
65歳 男性のエピソード
 私がやめられないもの、それはスキーです。私の最も好きなスポーツで、幼い頃から続けてきました。スキーをするといやなことを忘れることができます。これまで、何度スキーに助けられた事でしょう。仕事での失敗や...
続きを読む
35歳 女性のエピソード
わたしがやめられないものはタバコです。
数年前に、1度辞めようと思いつき、年末の23時59分まで吸う。そして、年始の0時からは吸わないという禁煙方法をしました。
最初はご飯の後我慢できずに苦しみました...
続きを読む
46歳 女性のエピソード
ポイント集め
ポイントといってもポイントサイト、スーパーのポイント・・・色々ありますが
私が一番重宝しているのが「楽天」ポイントです

楽天チェック 
1か所10P(10円)、コンビニで(1~3円)
...
続きを読む
56歳 男性のエピソード
この在宅ワークを始めた頃は上手く行くのかなと思っていた節もありましたが毎日、何件か熟す内に慣れてクラウドワークスも含めた在宅ワークがやめられなくなりました。理由は簡単です。時間内に文章を組み立ててテー...
続きを読む
23歳 男性のエピソード
20歳の頃から吸っているタバコがやめられません。はじめたきっかけは先輩に誘われて「吸ってみなよ」といわれてからです。当時はいつでもやめられるという自信があり飲み会や付き合いの時のみ吸っていました。しか...
続きを読む
46歳 男性のエピソード
仕事帰りの買い食いです。特にコンビニのホットスナックを見るとついつい買ってしまいます。一番良く買うのはチキンです。お腹が空いているので見た目につられてつい買ってしまうのですが、食べると脂っこくていつも...
続きを読む
54歳 男性のエピソード
私がやめられないものは競馬です。
 競馬歴は約10年ですが、それまでは知人の誘いで約5年間、競艇にはまっていました。
 そんなある日、ふとスポーツ新聞に目をやると競馬の結果が記載されていました。
 す...
続きを読む
46歳 男性のエピソード
どうしても、スナック菓子をたくさん食べることがやめまれません。お酒を飲む特に止まらなくなります。このままでは太る一方だと焦り、お酒をノンアルコールにしたり、炭酸でごまかしたりしたのですが、お菓子がやめ...
続きを読む
30歳 男性のエピソード
チョコレートがやめられないです。
新作のチョコレート味のお菓子などが出ると必ず買ってしまいます。
コンビニスイーツなどもクオリティが高いので必ずチェックします。
冷蔵庫にも常にストックがあります...
続きを読む
35歳 女性のエピソード
私がやめられないものは、間食です。
ポテトチップスやおかき等も食べますが、一番好きなものはチョコレートです。
しかも、カフェオレやココアといった甘さのある飲み物も飲んでしまうので、
カロリーを上乗せし...
続きを読む
46歳 男性のエピソード
私のやめられないものは、お菓子です。特に、甘いものがやめられません。ストレスがかかると、つい食べ過ぎてしまいます。疲れたときやストレスがかかったときは特に甘いものを食べてしまいます。体重がそれによって...
続きを読む
28歳 男性のエピソード
間食がどうしてもやめれません。夕飯を食べた後、作業をして寝るまでに必ずポテトチップスを買って食べてしまいます。

やめようと努めるも、近くにコンビニがたくさんあるため毎日誘惑に負けてします。最近だとポ...
続きを読む
35歳 女性のエピソード
私には趣味がある。それは、4歳から始めているピアノである。ピアノを始めたきっかけは、隣の子がピアノをしていて、そこに行って私もやりたいと宣言したことだ。これは親に聞いた話で、当の本人は始めたきっかけす...
続きを読む
45歳 男性のエピソード
私がやめられないものはお酒、タバコと趣味でやっているソフトボールと麻雀です。
お酒に関しては毎日、ビールとワインを飲むなどお酒を飲まない日はないぐらいに毎日飲んでいます。
タバコにしても、20歳になる...
続きを読む
54歳 男性のエピソード
 私がやめられないものは競馬です。
 世間ではギャンブル依存症というものが社会問題化しており、
完治は難しいと言われていますが、その通りだと思います。
 競馬を始めたのは約10年ですが、それまでは競艇...
続きを読む
54歳 男性のエピソード
 私がやめられないものは競馬です。
 競馬歴は約10年ですが、それまでは知人の誘いで約5年間、競艇にはまっていました。
 そんなある日、ふとスポーツ新聞に目をやると競馬の結果が記載されていました。
 ...
続きを読む
65歳 男性のエピソード
私は、趣味としてゲレンデスキーをしています。これは、私が子どもの頃から変わることのない大好きな事です。
雪深い地域に生まれ育った私には、よい条件がそろっていたのだと思います。
現在私は、60歳半ばの年...
続きを読む
32歳 男性のエピソード
私がやめられないものはズバリ、スイーツです。一番はチョコレートですが、チーズケーキやアイスクリームもやめられません。食後にケーキを食べたのに、風呂上がりにアイスを食べてしまいます。きっとスイーツをやめ...
続きを読む
37歳 男性のエピソード
買い食いですね。さすがにいい年齢なのですが、コンビニやスーパーで食べ物を買って食べながら歩くのが未だに止められません。
しかもマズイのは特に空腹というわけでもないのに何となく食べたいと思ったら買い食...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
私が辞めたくてもやめられない事はタバコですね。10月に消費税がまた上がるといいますがタイミングよく使用していたアイコス本体が壊れてしまい、二日間辞めることも検討しましたが結局吸いたいっという欲求のが買...
続きを読む

「誰にも言っていない秘密」

37歳 女性のエピソード
誰にも言えない秘密があります。それは、大人になって「おねしょ」したことがあります。たまたま1度だけ。と言うものではありません。自分は病気なのではないかと心配になるレベルで「おねしょ」してます。大人になってからの「おねしょ」は大学生になってからでした。普通にズボンも布団も濡れるレベルの「おねしょ」でした。その後も、大学時代何度か「おねしょ」してます。次は、30歳過ぎてからです。同棲していた彼氏の横で。幸い、スウェットを履いていたので、布団はほんの少し濡れた程度で、何とかごまかしばれませんでした。漏らしたとすぐ気づき、シャワーでこっそり洗い流し着替え、タオルを敷いて布団意入り、彼氏のほうが先に家を出るので、出るまで布団の中で寝た振りしていました。その後、速攻でシーツを洗い布団はファブリーズ拭き掛け捲り1日中外に干して乾かしました。そのときの冷静な対応は、何とも手馴れたものでした。
色々調べてみると、大人の「おねしょ」は精神的なものが原因となっていることがほとんどだと。思い返してみると、大学時代は様々なストレスで大変だった時期でした。同棲時代はいつまでも結婚してもらえず、毎日毎日不安との戦いの日々でした。
いまは、落ち着いていますが、、、
誰にも言ってない秘密。もう、これ以上黒歴史増やさないまま、墓場まで持っていきたいです。
このテーマの他のエピソード
31歳 女性のエピソード
顔をいじっていることです。メスを入れたりはしていないのですが、小顔にするためにエラにボトックスという注射をしたり、鼻の形を整えるためにヒアルロン酸を入れたことがあります。どれも時間が経つと吸収されて消...
続きを読む
43歳 男性のエピソード
中学生の頃、海釣りに行っていました。磯場だったので、近くにお店もなく、もちろんトイレもありませんでした。近くに民家が何軒かありました。最初は我慢していました。まあ、いつものことだから、そのうちおさまる...
続きを読む
34歳 男性のエピソード
完全な秘密ではないんですが、自分自身の趣味が鉄道模型(Nゲージ)を集め、それを貸しレイアウトというお金を払って、レールと街のジオラマが整備されたスペースで走らせる事をやっていますが、某SNSでは走らせ...
続きを読む
28歳 女性のエピソード
私の誰にも言っていない秘密は、
美容エステに200万年以上つぎ込んでしまったことです。
20代前半のころ、ダイエットをして痩せたのをきっかけに、お肌も白くきれいにしたいと欲を出してしまい、せっせと月に...
続きを読む
39歳 女性のエピソード
会社の上司に惹かれていたこと。ポーカーフェイスで、でも優しくて。最初から意識していた訳ではないけれども、直属の上司になってしばらくしてから気になり出した。日焼けした肌や、意外とずんぐりした指先。気付い...
続きを読む
33歳 男性のエピソード
誰にも言っていない秘密は知られたくない事になりますのでこのように自分を特定されない場合においてのみ教える事ができます。秘密はたくさんあるのですが、教えれるレベルの話をします。中学生の時に可愛いと思う子...
続きを読む
23歳 女性のエピソード
誰にも言ってない秘密はパパ活をしようとしてる事と、イケメンを探して恋愛をしようとしている事を妄想する事です。
ドキドキ感や、ハラハラ感みたいなスリルのある事をしてみたいです。
今は結婚してるのでとりあ...
続きを読む
41歳 女性のエピソード
仕事の後、お腹が空きすぎて、家族と夕飯を食べる前に一人で先に食べてしまう事が時々あります。家族にはわからないように、その後もう一度家族と一緒に夕飯を食べます。太らないように控えめにしたり、他の食事の量...
続きを読む
60歳 男性のエピソード
仕事上、やむを得ないのですが。詐欺をしてしまった会社社長を、刑務所送りにしたことです。
ネットで、「丸紅の稟議書」て入れてみてください。この事件では、「ポンチ―スキーム」というニセ債権を発行し、それで...
続きを読む
25歳 女性のエピソード
私が誰にも言っていない秘密は、子供の頃に買ってもらったペンギンのぬいぐるみに名前をつけ、大人になった今でもペンギンを飼ってるかのように可愛がっていることです。
ちなみに、ぬいぐるみが丸くてむにむにして...
続きを読む
29歳 女性のエピソード
職場の人によく食事をご馳走になっていますが、相手のことを好きではないことです。連れて行ってもらえるお店が銀座や六本木の、1人2万円以上のコースとグレードが高く、写真がインスタ映えすることや、23時前に...
続きを読む
39歳 女性のエピソード
実は、前歯の差し歯が取れて、金属がむき出しのまま暮らしています。差し歯が取れたのは今年の初めですから、もう半年以上そのままにしています。
取れたきっかけは自分で作ったパン。このとき作ったパンがとんでも...
続きを読む
29歳 男性のエピソード
会社の共用パソコンを使用するときに、
メールのアカウントがログインしたままになっていることに気が付きました。

普通はログアウトしておくのがルールなのに誰か忘れているのかな…と思い、
名前を確認してみ...
続きを読む
41歳 女性のエピソード
独身の時に、はじめに勤めた会社を退職し、10カ月ほど無職でした。失業保険受給中に職業訓練校に入校し、勉強をしていました。同じクラスの中に美人な人がいました。結婚退職し、スキルアップのために訓練校に入っ...
続きを読む
40歳 女性のエピソード
ずいぶん昔の話になりますが、高校生の時に友人が片想いしていた男子を好きになってしまいました。
最初は、応援するといったもののいつのまにか好きになってしまって、どうしたらいいのかも分からず誰一人として私...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
特に私は秘密主義者ではないので、1人で秘密を抱え込むようなことはありません。ただ、他の人がこれ秘密だからねと言われたことに関しては決して口外することはありません。つまり、私の誰にも言っていない秘密とは...
続きを読む
27歳 男性のエピソード
出会い系アプリを利用しています。
私は、彼女もいなく既婚者でもないです。
なので出会い系アプリを使っても大丈夫です。
しかし私は、実家暮らしです。
親に、このアプリを利用している事を知られるのは恥ずか...
続きを読む
52歳 女性のエピソード
他界した主人との出会いが、今では普通になっているけどネットでの出会い系でした。
周りのみんなには友人からの紹介で知り合ったっと言っていましたが、これは2人だけのひみつでした。
そのまま主人は他界してし...
続きを読む
21歳 女性のエピソード
私はバイセクシャル(両性愛者)ということは公言しているのですが、唯一恋愛感情を抱いた女性がいるということが、誰にも言っていない私の秘密です。その女性と出会ったのは私が高校3年生のときで、相手の女性は私...
続きを読む
35歳 男性のエピソード
実は私は100万近くの借金があります。
社会人15年目になりますが、ギャンブルや風俗、エステにハマりかなりの浪費をしました。特にエステは中国エステや韓国エステなど回春やアカスリがメインのお店を、500...
続きを読む
25歳 男性のエピソード
私は至って真面目な人間のように見せかけていますが、非常に女性のことが好きだということです。いわゆる高学歴で、真面目に生きてきたため、誠実そして堅実というのが周りのイメージだと思います。しかし、今までの...
続きを読む
33歳 女性のエピソード
確か中学2年生の時です。英語の授業中でした。
当時かなりの内向的だった私は人前が苦手で自分の意見が言えませんでした。
その英語の授業の時は先生が前に座り、別の事をして生徒は自習をしていました。教室がシ...
続きを読む
42歳 男性のエピソード
昔のホテルに勤めていた時フロントで飲み会をやる話になり
ホテルの冷蔵庫から大量のビ-ルを出して宴会をした。
夜も遅くなり酒もかなり回ってきて部下と一緒に調理場の冷蔵庫から
熊野牛やたらばがにを持ってき...
続きを読む
25歳 男性のエピソード
爆破バンコク在住なのですが、度々女の子と知り合う機会があります。もちろんそこからデートをし始めるのですが、みなさんご存知の通りバンコクはレズ、ゲイ、色々な人がいます。
ある日僕がバーで知り合ったことデ...
続きを読む
35歳 男性のエピソード
投資をしている事です。自由に使えるお金があるのでそれを投資に回しています。通帳にお金を預けていても増える事はほぼありません。そのお金をずっと保管していてももったいないと判断したからです。もちろんやみく...
続きを読む
46歳 女性のエピソード
私には、夫もいますが、恋人がいます。恋人は一回り年上です。私が落ちているときや疲れているときに、いつもそばにいてくれます。つまり、不倫ということになります。これは誰にも言えない秘密です。彼と過ごす一部...
続きを読む
36歳 女性のエピソード
私が誰にも言っていない秘密は実の父親に対してもう死んでくれないかな…と思っていることです。
私の父親は酒飲みのヘビースモーカーで自分の健康なんて考えて居ない人です。60を越えたあたりからタバコも酒も少...
続きを読む
22歳 女性のエピソード
水商売をしていた頃、かなり稼げていたのですがホストクラブにハマってしまい毎月数十万円から多い時は100万近く使っていました。流石にお金がもたなくなった私は風俗を考えましたがその度胸はなく、また親から風...
続きを読む
28歳 女性のエピソード
家族には言っていませんが、結構借金を抱えてしまっています
どうしてもストレスが溜まると、散財してしまう性格らしく、お菓子や現金だけでは買えないようなものをクレジットなどでついつい買ってしまい、支払いが...
続きを読む

「忘れられない夏休み」

19歳 男性のエピソード
中学1年の夏休みを僕は忘れることはないと思う。
毎年お盆休みになると家族でお婆ちゃんの家に遊びに行きます。お婆ちゃんの家はドがつくほどの田舎で周りは山と畑に囲まれていて1番近くのコンビニに行くのに30分くらいかかります。その年はたまたまゲームの充電器をわすれて遊ぶものがなくなりつまらなくて何もない田舎を適当に散歩していました。10分くらい歩いたところで僕より少し身長が高くて高校生くらいの女の人に会いました。僕は年が近い人を見つけて嬉しくなってついつい話しかけました。驚いて振り返った女の人はすごく綺麗なひとでした。女の人は僕と一緒でお婆ちゃんの家遊びに来ているらしくお互いのことをいろいろ楽しく話しました。夕暮れ時になり明日もここで話そうと約束して帰りました。しかし父親が仕事で帰らなければならなくなり会うことができませんでした。それからあの女の人に会えたことはありません。
このテーマの他のエピソード
22歳 女性のエピソード
大学2年生の夏休みに20歳を迎え、何か今までにやったことがないことがしてみたいと考えました。とは言っても学生の自分でできることは多くなく、結果「1人で二泊三日京都旅行」を敢行しました。
私は地方に住ん...
続きを読む
52歳 男性のエピソード
3つの人生初が多かった2019年の夏休み。
まずは転職。子育てと介護が終わったので、新しいことに挑戦したくて、
早速エージェントに登録。エージェント登録も人生初でしたが、
結局はハローワークで紹介して...
続きを読む
24歳 男性のエピソード
私にとって一番忘れられない夏休みは今年の夏休みです。というのも、私は大学4年生であり、今年の夏休みは就職活動に尽力し、ようやく第一志望のところから内々定を頂きました。私は一般の就活生と異なり、就職活動...
続きを読む
29歳 男性のエピソード
僕が専門学校に通っていた時なので10年ほど前の話になるのですが、夏休みに実家に帰省している時にお盆でほかの友達やら後輩もいて夜に何人かで灯台のふもとで流星群を見ようということになりました。
寝ずにおし...
続きを読む
42歳 男性のエピソード
自分が高校2年生の時の夏休みの話です。今から20年以上も前の話ですがその頃私には仲のいい親友と呼べる友達が4人ほどいました。

夏休み前に原付バイクの免許を全員が取得して夏休み前半には全員が人生で初め...
続きを読む
34歳 男性のエピソード
子供のころ、友達とプールに行った事が楽しかったです。

近所のプールなのですが、流れるプールと波の出るプール、スライダーなどがあって、いつまででも遊んでいられるような楽しい所でした。

そこに売店もあ...
続きを読む
37歳 女性のエピソード
高校生のときに、夏休みだけホテルのベッドメイキングのバイトをしました。
その時にお昼ゴハン食べるのに廊下で食べるしかなくて、一人で外に買いに行ったら小さな喫茶店を見つけてそこのオーナーの息子とひと夏の...
続きを読む
52歳 女性のエピソード
中学1年の夏休み、母が手術を受けるため入院した。
学校のお弁当があるため、夏休みを選んだが、家に一人でいる時間が長くさみしかった。
父が朝食をつくり、お昼はスーパーで買って、病院で母と一緒に食べた。大...
続きを読む
37歳 女性のエピソード
小学生の頃、遠くに住む幼馴染の家にお泊りに行った。
私と私の弟と、幼馴染と幼馴染の弟と遊んでいた。
その時代、家庭用ビデオカメラが普及していて、
それを使った遊びをしたくて、
そのために、
昼間に4人...
続きを読む
24歳 女性のエピソード
中学生の夏休みです。
私は吹奏楽部に所属していたのですが、活動日がお盆以外ほぼ毎日朝から夕方まで練習していました。コンクールがちょうど夏休みの間にあったため、ずっと練習でした。演奏するにも意外と体力を...
続きを読む
37歳 女性のエピソード
夏休みといえば学生。そんなイメージがありますが、夏休みは大人になっても楽しめます。
これは、社会人4年目の夏休みのことでした。職場の同僚が仲良く、みんなで夏休み1泊2日の海水浴旅行を計画しました。計画...
続きを読む
22歳 女性のエピソード
高校一年生の夏。

その頃の私は、「高校生」というなんとも輝かしい響きに胸踊り、なんにもないのになにかに期待するバカな女子高生でした。

そんな私にも一丁前に好きな人がいました。
同じ部活の2年生の先...
続きを読む
37歳 男性のエピソード
もうずっと昔の事だが、高校3年の1学期期末試験で友人たちと点数勝負をした。
負けたら夏休み中にとあるイベントに参加するという条件で乗ったのだが、まさかの敗北。
そしてそのイベントに参加した事で、そのイ...
続きを読む
28歳 女性のエピソード
15歳。中学3年生の夏休みでした。
当時私は周りの友達より早く携帯電話を持っていました。1番中の良かった友達も持っていました。
私たち2人は夏休み毎日のように会い、毎日簡単に出来る出会い系サイトの掲示...
続きを読む
21歳 女性のエピソード
初めての東京
ネットで知り合った人とそのご兄弟と東京に12時間かけて行きました。
初めての秋葉原行き、そこで初めてヴァンガードとと言うTKGのゲームをしたあと欲しいカードを買いに行きました。その後にス...
続きを読む
32歳 男性のエピソード
小学6年生の夏休みです。何の変哲もありません。朝は早く起きてラジオ体操に行って、帰ってきたら庭の草花に水やりをして、朝食。テレビを見て、宿題をして、午後には兄弟や友達と市民プールに行きます。プールでが...
続きを読む
48歳 男性のエピソード
大学3年の夏休み、北海道へ列車で旅行に行った時のことです。
函館から札幌に向かう夜行快速「ミッドナイト」の自由席で、たまたま向かい合わせになった女性がいて、発車までの間、お菓子を食べながら話をしていま...
続きを読む
41歳 男性のエピソード
小2の夏休み、おばあちゃんの家へ行って、従兄弟達と会って遊んでいました。私は、おばあちゃんが履いていた普通のサンダルが何となく好きで従兄弟達と外で遊びに行く時に、必ずそのサンダルを履いて遊んでいました...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
私が中学一年生だった年の夏休み。
入学式での吹奏楽部の歓迎演奏で、私は指揮者の先輩に一目惚れをしました。
彼は三年生。どうしてもお近づきになりたくて、彼と同じ吹奏楽部、しかも同じパートに入ることができ...
続きを読む
44歳 女性のエピソード
それは、次男が幼少期に、先定性の生まれつきのずがの病気の為に、一回目の手術、約7〜8時間かかり、無事に終わり検査通院しながら、2回目の手術3〜4時間かかり、無事に終了しました。主人は海外勤務中でしたの...
続きを読む
36歳 男性のエピソード
小学4年の頃、友達と遊んだ帰り、一人で畑に挟まれた道を歩いて帰っていた。前から歩いてきた男の人は近所では見かけない顔で、里帰りか何かだろうとそのまますれ違った。その瞬間、その人がこちらを見て笑ったよう...
続きを読む
26歳 女性のエピソード
子どものころ(小学生の時)には、夏のお盆の時期に毎年いとこや祖父母などの親戚たちと祖父母宅に集まっていました。
まずは、だいたいお昼ごろに集まって、お墓参りに行きました。

夜にはみんなで夜ご飯を食べ...
続きを読む
51歳 男性のエピソード
高校の夏休みは必ず仲間と自転車でテントなどの荷物を持って一週間ほどキャンプ、野宿などをしながらサイクリングをするのがたのしみでした。仲間は固定の四人組で夏休みが近づくと計画をたてるのも楽しみでありまし...
続きを読む
55歳 男性のエピソード
中学2年の夏休みのときに、沖縄から横浜の親戚の家に、約2週間滞在。
いま思うと、いろいろ迷惑かけたな~と反省しきりな面も...
しかし、ぼく自身は、当時は田舎ものだったので、いろいろと刺激があって、楽...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
小学生のころの話です。小学3年生の私は両親は共働きでしたが児童館や学童には行っておらず、お昼ご飯のお弁当の用意も無く、毎日毎日お金が置いてあり、自分で好きなものを買いに行くスタイルの日々を送っていまし...
続きを読む
19歳 女性のエピソード
今年の夏休みは今の段階でまだ半分ほどですが、すでに自分史上最高に楽しくて、忘れられない夏になりつつあります。
夏休み前夜祭(テスト最終日)から夜にカラオケに行き、高校のころや中学のころの友達と連日朝か...
続きを読む
29歳 女性のエピソード
毎年小さい頃、夏休みには父方の実家の鹿児島に帰っていました。親戚やいとこと遊んだり、鹿児島の名所桜島や海に行ったりと楽しかった思い出がたくさんあります。
その中でも20年以上前に亡くなってしまったおば...
続きを読む
22歳 女性のエピソード
社会人1年目で初めて訪れた夏休み(お盆休み)。
高校生の頃からお付き合いしている同い年の彼と少し距離を置いていた。
高校生活はずっと彼と一緒だった。(放課も週末も)私は少し疲れていた。
1人の時間が欲...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
19歳、短大2年生の夏休みが忘れられません。
片思いをしていた一つ年上の彼と、頻繁に2人で遊んでいました。彼の家に2人きりで泊まったり、ドライブをしたり。今思えばただの都合のいい女でしたが、当時は彼か...
続きを読む
61歳 男性のエピソード
 子供たちが小さいころ、毎年夏休みには家族で海水浴をしていました。自宅から車で2,3時間程度で行くことができる海水浴場は5,6か所あり、夏休みを含めた夏の期間に度々行っていたものです。
 ある年の夏休...
続きを読む

「人を見返してやった話」

54歳 女性のエピソード
30代の頃の話です。
派遣で働いていた職場は、小さな会社が集まるビルの中にありました。
今では珍しい、女性用の和室の休憩室がありました。
そこで昼食をとったりテレビを見たりなどして休憩していました。
他の職場の女性で、豚のように太ったおばさんがいて、少し癖のある性格でした。
自分を棚に上げて人の事をバカにするような人でした。
ある時、他の人の前で私のおなかの肉をつかんで、「ほら太ってる!」と言うのです。
今ならば犯罪まがいになると思いますが、ハラスメントなどという言葉のない時代でした。私は頭にくるやら殺意が芽生えるやらで、自分を抑えるのに必死でした。
確かに太目でしたが、そのおばさんに比べたら全然細いと思っていましたのでなおさら憤慨しました。そこで、一念発起してダイエットに取り組むことにしました。
食事や運動などで、痩せる事に成功し、おなかの肉などつかめない程になりました。
すると、おばさんも「私もやる~」と言ってアドバイスを求めてきましたので、適当な事を言ってやりました。結局おばさんは挫折したようで、そのまま豚のような体型でちっとも変わりませんでした。心の中でガッツポーズをとりました。
このテーマの他のエピソード
41歳 女性のエピソード
私は中学生の頃にイジメにあっていました。親や先生にも言えず耐えながら3年間を過ごしました。私は必死に勉強をして見返してやろうと思っていました。高校への進学は同じ中学から受験する同級生がいない自宅からか...
続きを読む
23歳 女性のエピソード
なんでもお前はできないと言われてきたけど、
部活の部長になってみんなを引っ張って世界大会に行って、ボランティア活動して、みんなから感謝されたて先生を見返した。
私は、元々勉強が無理で成績は下の方でした...
続きを読む
46歳 男性のエピソード
とある仕事で、上司たちは手柄欲しさに社内で嘘八百の報告ばかりしていました。
全く関係のなかった私が、いきなり引き続きもなく、ただ成功する案件だからと渡されました。
今まで、携わっていた案件も、問題整理...
続きを読む
31歳 女性のエピソード
小学生の頃、校内で放課後に開催されるテニス教室に通っていました。

私は当時6年生のキャプテンでしたが、どちらかと言えば人の意見に同調する
おとなしい女の子でした。
おとなしいながらも、固定された友達...
続きを読む
20歳 女性のエピソード
中学時代の部活の友達に自分のことを馬鹿にしてくる人がいた。私はその人の性格がすごく苦手で合わなかったから話したくなかったけど、部活が一緒だと嫌でも会うし、その度にテストなどの結果などで少しでも私より点...
続きを読む
25歳 男性のエピソード
私は大学を卒業後に、観光業界へ就職することを決めていました。ですが当時その業界の人気は薄く光の当たらないような存在でした。周りの同級生は公務員、警察官、消防士など安定した職業を求めて就職活動をしていま...
続きを読む
56歳 男性のエピソード
会社に入社して日が浅い頃に、仕事も未だ完全に理解していない私に対して先輩社員が
「こんなことも判らないのか」「学校で何を習ってきた」と、事あるごとに嫌味を言われたり、怒鳴られたり、ついには服装や髪形ま...
続きを読む
46歳 女性のエピソード
私は結婚して17年、不妊治療したものの子供には恵まれませんでした

でも結婚当初から10年ちかく、まわりからの「子供が生まれました」や子供の写真入り年賀状で涙の正月を迎えていました

子供がいる人と会...
続きを読む
19歳 女性のエピソード
今までクズのような男性としか付き合ったことがなく、今まで付き合ったクズという偉業を成し遂げました。
その中の一人、当時はなぜか情で離れられなかったトップクズの元カレ(一番長く付き合っていた)に「お前は...
続きを読む
49歳 女性のエピソード
私は20代前半で結婚・離婚を経験しています。
当時の結婚生活が酷かったため、結婚願望が全く無くなってしまい、その後10年ほど独身生活をしていました。

私の友達関係は私が過去にどの様な目に合い結婚する...
続きを読む
29歳 女性のエピソード
以前勤めていた会社には
私のことをすごく見下し、気に入らない後輩がいると挨拶を無視するような上司がいました。年齢も私よりも一回り以上、上で、すごく大人げないなぁと思いながらも反抗せずに我慢して仕事を続...
続きを読む
26歳 女性のエピソード
幼稚園教諭の仕事を始めてすぐ、知識の欠如を感じて働きながら通信制の学校で学び、保育士の資格を取りました。進路相談の際には、担任の先生に仕事との両立は厳しく、成功した人はあまりいないということを言われ、...
続きを読む
18歳 女性のエピソード
過去に仲良かったある女友達がいました。現在は友情関係はありません。その女友達は、彼氏がいました。ですが、その女友達は他の男性とも親しくしており、私は少し不安に思いながらその様子を見ていました。女友達が...
続きを読む
26歳 女性のエピソード
私は昔、キャバクラで働いていました。
正直キャバクラは、女の世界の為、意地悪な女の子は沢山居ます。
お店に入りたての新人の私を先に入って居た先輩がとても可愛がってくれました。
ですが、仲良くしていくう...
続きを読む
24歳 男性のエピソード
今まで様々なことで人にばかにされたり、見下されていて、とても悔しい思いを
してきましたが、自らの能力と何ができるかに焦点を当てることによって、
高校受験、大学入試などを運よく乗り越えることができました...
続きを読む
44歳 男性のエピソード
私と同期で入社した同僚は、出世欲がなく、常に飄々と仕事をこなすという人でした。
その人は、何か冷めていて、「別に出世なんかしなくてもいい」というスタンスでしたが、仕事はそれなりにできたので、それなりに...
続きを読む
29歳 男性のエピソード
私は中学高校の一貫校に通っていたのですが、入学以降部活や遊びに夢中で勉強はもってのほかで常に学年最下位クラスの成績でした。そんな中、高校2年の二学期末を迎え、皆受験を意識し始めたころ、皆で成績を上げる...
続きを読む
44歳 男性のエピソード
小学3年生のとき、私と友人Aは担任の先生の目の敵にされていました。
Aは先生に言われたことでも納得がいかないと先生に口答えをしており、私もAをかばったりしていたので気に食わなかったのかもしれません。
...
続きを読む
34歳 男性のエピソード
パワハラ社長に復讐
社会人4年目に転職で入社したK社での出来事です。
社長の他には6名のスタッフが勤務している、小規模な会社でした。
職場の先輩たちの話によると、私が入社する以前より社長のワンマン経営...
続きを読む
36歳 女性のエピソード
私には2歳上の姉がいます。
姉とは仲の良い姉妹として育ってきましたが、事あるごとに小さい頃から姉に「馬鹿!」と罵られたり、「あんたなんて一生結婚出来ないわよ」と、喧嘩する度に傷つくことを言われ続けてき...
続きを読む
37歳 男性のエピソード
小学校の頃、勉強は出来るが非常に高圧的で上から目線の女子同級生がいた。
そいつが自分より格下認定してる相手にはとにかく高圧的でうざいったら仕方なかったのだが、小学校の席の関係上席替えで男女隣同士になる...
続きを読む
34歳 女性のエピソード
数年前、以前勤めていた会社の部署内で簿記の模擬試験が行われました。受験者は私と後輩2名の計3名。私は経理未経験で入社したので正直不安しかありませんでした(後輩2名は他の会社で経験済み)。結果、後輩2名...
続きを読む
22歳 女性のエピソード
私は今から数年ほど前の専門学校に通っていました。
そこでは主に農作業をする知識をたくさん持つように教える学校でした。
そこの学校では入学してから間もないくらいに必ずといっていいほどトラクターの運転免許...
続きを読む
37歳 女性のエピソード
以前派遣で勤めていた会社でのことです。長年勤めている方も多く、なんとも部署の体質が生ぬるく、気づいてやった人が損をするような状況になっていました。真面目にやったらバカをみるといった環境で、そんな中での...
続きを読む
36歳 女性のエピソード
高校生の時、体が弱く、なかなか学校に行けない時期がありました。
久し振りに学校に来れて、しんどいながらも授業を受けていた時、忘れもしない英語科の先生が、突然私の顔をまじまじと見て、こうおっしゃいました...
続きを読む

「家族に一番感謝したこと」

38歳 女性のエピソード
私には子供がおります。
産後6カ月の頃腰が痛くなり、ついに起き上がれなくなりました。
独身のころにも腰椎椎間板ヘルニアを患ったことがありすぐにそれだとわかりました。
前回は痛み止めと使い、一週間弱横になって治りましたが、この時は授乳中であり、育児中で薬を飲むことができず、ただひたすら痛みをこらえて横になっていました。
その間私に代わって子供の世話をしてくれたのが実家の両親でした。夜間のミルクを作ってくれたり、おんぶして寝かしつけてくれたりお風呂に入れてくれたり、離乳食を作って食べさせてくれました。
その後まったく良くならず悪化し、手術することになり、実家に子供を預け入院することになりました。手術後も子供を抱き上げる事が出来ない私はその後、子供が1歳になるまで実家で子供を一緒に見てもらいました。授乳もできない、泣いてても抱っこもできず、精神的に辛く、そして腰は激痛で体力的にも辛かったのですが、親が一緒にわが子の成長をみて喜んで笑顔でいてくれて、とても救われました。
その後歩けるようになったことと術後3か月経ったこともあり1歳を機に自宅に帰りました。自宅に帰るとき母は泣いていました。大変だったことや嬉しかったことを思い出したようです。あの時の事はいまでも親には感謝してもしきれません。
このテーマの他のエピソード
31歳 女性のエピソード
去年の5月は初めての出産。妊娠経過は卵巣嚢腫があり、手術する羽目になったけれど極めて順調だった。お腹のこどもも「少し大きめの男の子だね」って医者に言われてたぐらいで健康優良児っぽかった。
予定日近くに...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
私が婚約破棄をしてしまったときのことです。家を出て行く覚悟もしており、仕事も辞めることも伝えていました。家族からも彼と幸せになるためだったら出て行ってもいいよと言ってくれていました。転勤族の彼の力にな...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
私が家族に感謝したこと。それは周りは大反対していたのに、留学に行かせてくれたことです。元々海外へ興味があった私は、大学の時に留学をしたいと決めていました。しかし両親はどんな反応をするだろう…そう思った...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
仕事で気持ち的にボロボロに追い詰められたときに、そんなに辛いならばやめてもいいんだよ、と言ってくれたことです。当時は夜勤がある職場で人でも足りなくて夜勤の回数が多く、熱が高くても出勤し、心に余裕がない...
続きを読む
57歳 女性のエピソード
 私は長いことうつ病を患っていて、こんなにうつって長引くものなのかと思っていたら、最近「双極性障害Ⅱ型」という診断が出ました。うつ病だけだとあんなに長く、また繰り返すものではないそうです。双極性もうつ...
続きを読む
38歳 男性のエピソード
自分が病気になったときに父親が仕事を辞めてまでも看病してくれたことです。父親は仕事に対してやりがいを持っていましたし絶対にやめたくないと思っていたはずです。それでもこちらに気を使わせないようにしていろ...
続きを読む
49歳 女性のエピソード
昨年の春に鬱病となりました。6月に自殺をしようと首を吊りましたが、ロープが切れて未遂となりました。その後は、精神病院の閉鎖病棟に強制的に入院となりました。鬱は、様々なことが組み合わされて発生しているの...
続きを読む
39歳 男性のエピソード
私は中学生の時に病気の癲癇になりました。
大学時代に、発作をおこして、自転車で交通事故にあいました。
そのために、手術することになりました。
両親は看護婦とサラリーマンでしたが、看護婦の母が会社を
休...
続きを読む
46歳 女性のエピソード
社会人になって一年目に、ストレスで自律神経失調症になった時のことです。
当時一人暮らしをしていたので、実家に帰って療養することになりました。
私は、親の期待を裏切ったような気がして、両親に申し訳ない気...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
今私には夫と子供3人、そして私の母の6人で暮らしています。母とは性格が似ていて些細な事ですぐに言い合いになり、喧嘩をしてしまいます。そして間に夫がいつも挟まれている感じです(笑)
子供が3人保育園へ通...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
私は二年前に娘を出産しました。妊娠中から主人に助けられ、つわり期も乗り切れました。
特に出産中から産後は助けられました。私が陣痛に苦しむ中、声を掛けてくれたり、背中をさすってくれた時はとても嬉しかった...
続きを読む
46歳 女性のエピソード
産まれたときからいる家族ではなく、結婚して築いた家族に感謝しています
家族といっても夫だけですが、わたしの内面を変えて支えてくれる人です

親や妹とは心からの信頼関係はありませんでした
ただ書類上一緒...
続きを読む
41歳 女性のエピソード
私は、一人っ子として育ちました。
現在両親は既に他界してしまいましたが結婚し子供が1人います。
生活は楽では有りませんが充実した生活を送っています。
その理由は、私には兄がいたそうですが彼が3歳の時に...
続きを読む
45歳 男性のエピソード
仕事で、ちょっとした交通事故に見舞われ、3カ月入院することになりました。不安と絶望に毎日、日々からけていました。心優しい妻は、毎日お見舞いに訪れてくれて、しかも毎日励ましのお手紙を書いてくれました。そ...
続きを読む
36歳 女性のエピソード
家族に一番感謝したのは、私が20代のころのことです。
当時付き合って、周囲にもうちの両親にも結婚する体で紹介していた同棲していた彼氏が、職場の女と浮気してしまい、同棲が解消されました。結局は別れました...
続きを読む
51歳 男性のエピソード
私は現在親子3世代で2世帯に住む50代無職の男性です。片方の家には長女と小学生1年生の孫が住んでいます。長女の旦那は数年前に急病で他界したため子供も小さいこともあり近くに住むことになりました。我が家に...
続きを読む
48歳 男性のエピソード
もう大分前になりますが、私が離婚をして実家に戻った時の話です。
元嫁や、その親、姉妹と価値観が合わずに離婚をしました。
向こうの家は金銭的に大変な事があり、借入金を申請する時に、二度も保証人になったり...
続きを読む
51歳 女性のエピソード
仕事を長年やってきたがとてもしんどくてはっきり言ってブラック企業になってしまった。むかしは事務部署と営業部署が力を合わせて仕事を完成しようという感じだったが、管理職が上層部から命令を受けるからそうなる...
続きを読む
39歳 男性のエピソード
専門学校を出て初めての就職で、何もわからない中で通勤をしていましたが、上司が何も教えてくれず、職場の雰囲気にも馴染むことが出来ない状況で、何とか数年務めましたが結局精神的にしんどくなり、最終的に無断欠...
続きを読む
21歳 女性のエピソード
私はかつて大きな病気をしたことがあります。その時私を一番に支えてくれたのが、家族でした。まだ子供だった私は周囲に対してはっきり向ける目を持たず、病気になったことを嘆いたり当たり散らしたりしました。ひど...
続きを読む
46歳 女性のエピソード
家族といっても、私が産声を上げて育った家族ではありません
結婚して一緒にいる家族です

血のつながった続柄なのにそっけない関係でした、絆や家族への想いは希薄です
自分は親から考えを押し付けられて育ち、...
続きを読む
41歳 女性のエピソード
私はシングルマザーですので、両親に手伝ってもらうことが大変多かったです。今でも中学校の子どものために習い事の送迎を頼んだりしています。子どもが小さい頃は、保育園の送迎等もお願いしていました。仕事をして...
続きを読む
37歳 男性のエピソード
私は妻と子ども3人の5人家族です。
結婚して7年目、仕事も36歳なので脂ののってきたところなので、
残業も毎日多いです。
残業が続くと、日が変わったぐらいに家につき、晩御飯をレンチンして
一人で寂しく...
続きを読む
24歳 女性のエピソード
私が病気になった時に家族が1番支えになってくれました。
精神的に弱っていた私を見捨てることもなく
諦めることもなく話を聞いてくれ、調子が良くなるように色々調べてくれ、実践してくれたりいておりました。
...
続きを読む
22歳 女性のエピソード
私は昨年、妊娠出産を経験しました。
妊娠期間中の想像を超えるつわりで、食べ物を食べても吐き、食べれるものも限られて体重は5キロ減りました。
また子宮が大きくなったための内臓の痛みや、骨盤などの痛み、足...
続きを読む
49歳 女性のエピソード
学生の頃からとにかく決めたことは曲げない性格で良く言えば行動力がありました。大学派行きたい所が決まっており両親からは家から通える学校にしなさいと言われたのにどうしても行きたい学校が通えない所だったにも...
続きを読む
26歳 女性のエピソード
私は、中学時代、吹奏楽部に入っていたのですが、中学1年生の頃から部活内でハブられたり、こそこそと陰口をされたり散々でした。私の左腕には、生まれた時から赤いアザがあるのですが、半袖の季節になると、否が応...
続きを読む
33歳 女性のエピソード
高校から進学する際、私はまだ就職も不安定な資格の職業に就きたいと両親を説得して、地元から離れた専門学校への進学を希望した。進学先は都会であるため、心配した両親は学費の他に寮での生活費なども援助してくれ...
続きを読む
36歳 女性のエピソード
今は結婚して旦那と二人で住んでいます。
独身時代は父親と祖父と弟と私の四人暮らしでした。離婚していて母親とは一緒に住んでいなかったため、洗濯物や洗い物、掃除、料理や買い物すべてというか、ほとんど祖父が...
続きを読む
25歳 男性のエピソード
一人っ子で今の家庭に生まれました。
小さい頃から、厳しくも優しく育ててくれました。
そんな中で感謝していることは、沢山あります。
しかし、その中でも、やはり、1番感謝していることと言えば、小学校から大...
続きを読む
40歳 女性のエピソード
心労がたたって、人混みや乗り物に乗ることが苦手となりました。できるだそのような状況を避けるようにしていますが、どうしても避けられないとき、夫や子どもが付き添ってくれて、なんとか無事に乗り切ることができ...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
家庭環境があまりよくない中で育ったため、両親に対して特別な思い入れなどがないのですが自分を産んで育ててくれたことに関してはとても感謝しています。今自分が子供がいるので尚更感じます。
あの家庭環境があっ...
続きを読む
39歳 女性のエピソード
普段ならいて当たり前、空気のような存在なのが家族だと思っていました。そんなに仲がいいわけでもなく、喧嘩もするような関係だったのあり、ありがたみを感じることはさほどありませんでした。
それが変わったのが...
続きを読む
43歳 女性のエピソード
一人暮らしをしていた時は、仕事もしていましたし友人もおりましたが、体調が悪い時に病院に行きたいので車を出してほしいとか、会社の先輩や友人には言えませんでした。
仕事が休みの日に起き上がるのも辛くてどう...
続きを読む
41歳 女性のエピソード
シングルマザーで、仕事をしているので、実家の父母には特に感謝しています。子どもが保育園の時は送迎をお願いしていました。朝子どもを保育園まで送るのはほとんど大丈夫だったのですが、仕事が遅くなることが多か...
続きを読む
31歳 女性のエピソード
私は地元から遠い大学に進学したことをキッカケに一人暮らしを始めました。
最初は人並みにホームシックにもなりましたが、人との出会いや交流の多い大学生活の中ですぐに解消され、次第に実家に連絡する頻度も下が...
続きを読む
賞金あり!アワード開催中!
賞金あり!アワード開催中!
人気のエピソード
いろんな瞬間
自分は特別だと思った瞬間
独身っていいなと思った瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
こんなひといました
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
これまでに出会った天才
わたしの周りで大変身した人
わたしの周りで一番勉強ができた人
今だから言えるごめんなさい
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
あの人と縁を切ってよかった
人が豹変した話
わたしの周りの大恋愛
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
わたしの周りで一番お金持ちの人
ノウハウ
○○の裏話
異性は知らないなと思う話
業界ならではの話
人間関係
家族に一番感謝したこと
女って本当に恐いと思った瞬間
一番ひどい友達からの裏切り
女同士って面倒くさいと思った話
学んだこと
これまでの人生で悟ったこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
思い出
学校や仕事をサボってやったこと
今までで体験した一番怖い体験
どうしても許せないこと
人生最大の失恋話
これまでで一番笑った話
これまでで一番お金を無駄にした話
修学旅行の思い出
一番の苦労話
人生最大の修羅場
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
人生で一番贅沢した話
これまでで一番驚いた話
人生で一番運が良かったなと思う出来事
人を見返してやった話
これはひどいなと思った結婚式
忘れられない夏の思い出
一番おいしかった食べ物
今までで一番感動した話
忘れられない先生の話
とっておきのすべらない話
忘れられない夏休み
死ぬかと思った話
嘘みたいなほんとの話
これまでに一番勇気を出した瞬間
お金さえあればと感じた瞬間
奇跡だと思った話
これまでで一番悲しかった時
私について
わたしの初恋と、その結末
苦手だったのに得意になったエピソード
人生が変わった出来事
誰かに聞いてもらいたい愚痴
誰にも言っていない秘密
私の変えたい過去
もっとも尊敬する人
わたしがやめられないもの
そういえば昔夢見ていたこと
仕事での大失敗
結婚・恋愛
夫婦関係を続けていくのが不安になった話
結婚を後悔した瞬間