「結婚っていいなと思った瞬間」

50歳 男性のエピソード
毎日、一緒に話せる人がいる。好きな時に一緒にお酒が飲める。旅行に行きたい時に、一緒に行く人を探す必要がない。体調不良の時に、お互いに助け合える。共稼ぎだと、経済的に余裕がある。自分の不得意分野をカバーしてくれる。気持ちが安らぐ。頼ったり頼られたりする人がいると、精神的に落ち着く。お互いの友達と知り合いになることで、人脈が広がる。週末や大型連休でも一人ぼっちじゃない。家事を分担して、自分で全部やらなくてもいい。他のご夫妻とも仲良くなれる。子供がいると、家族団欒ができて心が温まる。パートナーが明るいと自分も元気になれる。自分の知らなかった世界を教えてくれる。社会的に自分に自信が持てる。孤独感が無い。
このテーマの他のエピソード
29歳 男性のエピソード
現在、結婚して4年が経ちますが、つい半年前に待望の第一子を授かる事ができました。
どこにでもある普通の話ですが、子供を作り始めたのは、結婚してすぐの頃からでした。
始めは時期に自然にできるだろうと軽く...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
今の夫とは学生時代からの付き合いで交際期間が8年ほどありました。夫が家を購入したことをきっかけに同棲が始まりました。長いこと付き合っていたので特に結婚しなければという意識もなくそのままお付き合いをして...
続きを読む
51歳 女性のエピソード
3年前に乳癌が見つかり、休職して手術、抗がん剤治療をしました。脇の下に転移があったので再発の心配があり、それを抑えるためのホルモン治療をしていますが不安な日々が続いています。
主治医から、再発を防ぐに...
続きを読む
49歳 女性のエピソード
両親が離婚したりまた、結婚したり家にいても、言い争ったりして、どうして好きあって何度も結婚し直して暮らしているのに、仲が悪いのだろうかと子供心に理解が出来なくて結婚に対して、前向きでなかったのに、結婚...
続きを読む
19歳 男性のエピソード
近くの公園で保育園の遠足を見たとき。歩道橋から電車を見る子、前日降った雨の水溜まりで泥遊びをする子、道具の取り合いで喧嘩して、泣きわめいている子。大人に忘れてしまった純粋なキラキラした心、キラキラした...
続きを読む
51歳 女性のエピソード
 近所に母の姉(伯母)家族が住んでおり、そこへ遊びに行くと伯母が決まっていろいろな料理を作って出してくれたりしました。
 母もかなり完璧な専業主婦でしたがチョット変わっていて、自分は親戚の家に行くのに...
続きを読む
35歳 女性のエピソード
独身の時は部屋に帰ると真っ暗な部屋で何も聞こえてこなく一人でご飯をたべなくてはならないけど、夜遅くに仕事が終わって帰ると真っ暗の部屋ではなく電気の灯った部屋が外から見えるのはとても安心するし、寒い中帰...
続きを読む
43歳 男性のエピソード
新婚旅行でいったメキシコのカンクンが忘れられず、いつかもう一度行くと夫婦でずっと思っていました。子供たちも3人小学生、長男は来年中学生のこの時期が、家族で行くには一番のチャンスと意気込んで、大金をはた...
続きを読む
31歳 男性のエピソード
 高校の頃から付き合いがある友達が最近結婚したのですが、その結婚式と披露宴に参加した際、結婚っていいなと思いました。
 
 その友達とは、高校の頃からほかの友達と一緒に馬鹿な事ばかりをして遊んでたので...
続きを読む
54歳 男性のエピソード
妻と結婚して25年を迎えます。
妻との結婚のきっかけは、私の実家の隣のおじいさんが世話好きな人で、その人の紹介によるものでした。
その頃の私は、北海道で教員を始めて3年目で、日々の仕事で心が荒み...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
25歳で結婚し、夫と2年間2人暮らしです。結婚して最も良いと感じている点は、新しい恋を探さなくて済むことです。世間では婚活、恋活と煽られ、若い人は盆正月に帰省するたびに彼氏はまだか、結婚はまだかとせか...
続きを読む
34歳 女性のエピソード
日々の生活の中でいつも思うことですが、一緒に生活を共にするパートナーが居るという事自体がまず、いいなと思えるのですが、特に結婚っていいなと思う瞬間はいくつかあります。
1つ目は、居場所です。
家が居に...
続きを読む
46歳 男性のエピソード
 独身で独り暮らしをしていると、男性の場合は夕食等が外食になる傾向が多いです。外食では一般的に揚げ物系統や中華料理など油物が多く、量も多いため気を付けなければ体重が増加して健康診断でも引っかかることが...
続きを読む
31歳 男性のエピソード
彼女との結婚を考えていた際いろいろな人に相談したところ返ってくる答えは「給料全部自分の好きに使えたのに今では決められた小遣いだけで辛い」だとか「家に帰っても家事と育児を手伝わなければならないから自分の...
続きを読む
31歳 男性のエピソード
独身の時には味わうことのなかった嬉しいこと、楽しいことを共に共有できたときに結婚っていいなとしみじみ感じます。
例えば、週末の朝にコーヒーが上手く炒れることができ、それを飲んだ妻が美味しいと笑顔になっ...
続きを読む
39歳 男性のエピソード
結婚して干支1周りしてしまいましたが、結婚前では思えなかった感情がこの間に生まれています。当時は実感もなければその後のイメージもわかない。自分にそうした時がくるのかとわからなかった時期でもありました。...
続きを読む
35歳 男性のエピソード
私の結婚っていいなと思った瞬間は、仕事にやりがいが出たことです。
独身時代は自分の趣味や自分の貯金のために働いてきましたが、やはり全ては自分が中心であり自分がそれをいらないと思えばいつでも辞められる状...
続きを読む
40歳 男性のエピソード
私が結婚っていいなと思った瞬間は、小さな子供を連れている夫婦が子供を真ん中にして楽しそうに手を繋いで歩いている姿を見た時です。家族で幸せそうにしている姿とも言えるのかもしれませんが、微笑ましい光景を見...
続きを読む
23歳 女性のエピソード
先日、友人の結婚式に行ってきました。
留学時代の友人で、同期だったのですごく感慨深かったです。
学生時代のその子は、いつも賑やかでおしゃべり好きで、大人しめの私にも積極的に声をかけてくれた記憶がありま...
続きを読む
41歳 女性のエピソード
私は20代前半に、パニック障害、鬱、摂食障害になりました。その頃、父の不倫から両親の離婚問題に発展し、家族や親戚を巻き込み耐え難い日々を過ごしていました。
もともと不仲で物心ついた時には既に家庭内別居...
続きを読む
31歳 女性のエピソード
独身時代、結婚に関しては興味も全くありませんでした。付き合う人それぞれとも、結婚したいとも思わず、結婚したら自由じゃないというイメージだったので、私には無縁だと思っていました。
そんな折に妊娠が分かり...
続きを読む
29歳 女性のエピソード
勤めている会社の方たちが、今までの呼び方が旧姓だったものが新姓に変わった時
結婚っていいなと思えました。

交際4年目に入り、遠距離恋愛を続けていた彼と同棲を始めました。
同棲初日にプロポーズを受け、...
続きを読む
35歳 男性のエピソード
結婚してよかったと思えるのは、仕事が終わって家に帰った瞬間です。
子どもたちがお昼寝から起きているときは、走って玄関まで出迎えに来てくれます。その瞬間から仕事の疲れも吹き飛びますし、自分に甘えに来てく...
続きを読む
33歳 女性のエピソード
一人だったら諦めているだろうなってことも、結婚して家族がいるとみんなで乗り越えられる所。
毎日「いってきます」と「ただいま」を言ったら「いってらっしゃい」「おかえり」と、言葉が返ってくる所。
仕事で嫌...
続きを読む
44歳 女性のエピソード
40歳も過ぎてくると、家族や自分に病気がふりかかってくる。
そんなとき身近に相談できる相手がいるととても安心できる。
自分の場合は不安な気持ちを聞いてもらったり、一緒に検査結果を聞きに行くことができる...
続きを読む
29歳 男性のエピソード
私が『結婚っていいな』と思った瞬間は、街中やイベント会場で見かける夫婦や子連れの家族を見かけた時です。

よくカップルを見かけた時にもそう思うとは言いますが、カップルはある意味互いに独立した個々人のグ...
続きを読む
36歳 女性のエピソード
学生の時のアルバイトになりますが、披露宴会場でのお手伝いの仕事をさせていただいておりました。
一緒に一度の結婚式、注意する点や気をつける点は毎回違い、確認することは多々あります。私たちが失敗しないよう...
続きを読む
24歳 女性のエピソード
去年の秋に4年おつきあいしている彼と結婚をしました。年も違えば、生まれた国も文化も言葉も何もかも一致することがない凸凹国際結婚カップルです。4年一緒にいたとはいえ、ほとんど一緒にいたことがなくトータル...
続きを読む
59歳 女性のエピソード
今は結婚観も多様な時代。結婚するかしないかはそれぞれが考え決めればいいと思う。
ただ、一生独身というのは若い時はいいけれど歳を重ねるにつれ寂しい気がします。
私は夫と二人暮らしで、今はいい夫婦関係が築...
続きを読む
34歳 女性のエピソード
結婚して5年。
子供も生まれて実家から離れたところで暮らしています。
年末年始に実家に帰りましたが、その時私が母と喧嘩をしてしまいました。
事あるごとに子供の教育方針などに価値を出すくせに、孫を目の前...
続きを読む
63歳 男性のエピソード
私の妻は本が好きでいろいろな本を読みます。一方、私はというとあまり本を読まない方でこれまで生きてきました。だから『何か面白い本を紹介してほしい』と頼むことが時々あります。今まで紹介してくれた作家でよか...
続きを読む
53歳 女性のエピソード
旦那さんと結婚して早20年が過ぎましたが、旦那さんに飽きるということが一度もなく、ずーっと好きでいられるのが不思議だと思います。普通の就職だと転職を何度か経験しているので、結婚となると永久就職と一昔前...
続きを読む
56歳 男性のエピソード
自分はルックスも悪く、お金もない男だったが、唯一、勤務先だけは安定していて自慢できるものであった。ある時、職場の男友達と合コンへ行き、素敵な女性と出会った。しかし、女性は最近、元彼と別れたばかりで、ま...
続きを読む
29歳 女性のエピソード
結婚して2年が経ちました、結婚したきっかけは出会い系サイトで出会った人と勢いで半年お付き合いしたのに、半年同棲したあとに結婚しました。最近子供を授かり自分のことよりも子供のことを考えて行動することが中...
続きを読む
32歳 男性のエピソード
私の思う結婚っていいなと思った瞬間ですが、色々ありますが、一つは仕事から帰ってくると、晩御飯を用意して待っていてくれてるときです。とても幸せな気分になります。独身だと、仕事終わりに自分で晩御飯を作らな...
続きを読む
24歳 男性のエピソード
一緒にいる時間が増えて楽しいと思えたときが一番結婚してよかったーと思えました。結婚してから一緒に暮らすようになりました。
やっぱり一緒の時間が増えるとうれしいです。それから結婚してまわりの友人や家族か...
続きを読む
31歳 男性のエピソード
結婚については、良いパートナーと巡り合えず諦めているのが現状です。

仕事と一人暮らしのアパートの往復だけで、人生に刺激もなく
また、守るべきも特になく毎日ダラダラしているのが現状です。
「守るべきも...
続きを読む
29歳 女性のエピソード
私は結婚して2年になります。今の旦那さんとは恋愛を5年して結婚しました。恋愛している時はしている時で楽しかったのですが、結婚すると一緒にいる時間が長くなりより旦那さんの事を知る事ができます。独身時代は...
続きを読む
36歳 男性のエピソード
2013年に結婚し、2015年に子供が生まれました。現在、6年が経ちましたが、一番いいなぁと思った瞬間は親子の家族愛を感じた事です。

私は幼少期(2歳ぐらい)に親が離婚をしたため、母親と実弟、祖父母...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
両親と過ごした楽しい時間ももちろん幸せな思い出ですが、やっぱり結婚して子供が生まれて自分たちで家庭を作り上げて行けることは本当に結婚して良かったと思います。
夕方、夫の帰宅に子供と一緒におかえりと出迎...
続きを読む
29歳 女性のエピソード
私の親は昔から喧嘩ばかりしていて、私は絶対に結婚なんてしたくないと思っていました。今まで恋人はできたことはありますが、恋人といっても赤の他人ですし、その人と一生一緒に暮らしていかなければならないのかと...
続きを読む
29歳 女性のエピソード
長い遠距離から、やっとのことで結婚しました。
福岡、東京で遠く5年も離れていましたが、ずっとすぐに会いに行ける距離でもなくお金もかかり、一緒に居たくてもいれない寂しさが募ってましたが、結婚して同棲を始...
続きを読む
34歳 女性のエピソード
夫と付き合ってる時から仲は良かったのですが、結婚してからはラブラブ度は減ったかもしれないけど一緒にいて落ち着く関係になれた事が嬉しいです。
自分の身内以外で自分のことをよく知っていてくれる人がいる事、...
続きを読む
30歳 女性のエピソード
私は、5年前に結婚し、今では3人の元気な子どもたちがいます。主人とは短大のころから知り合いでその頃は付き合っていなかったので、今こうして結婚して子どもがいることが不思議だと主人が話します。

私たちは...
続きを読む
29歳 女性のエピソード
ひとりの時間がもともと好きなのもあり、暇な時間を自由に使えること。カフェしたり買い物したり、知らない駅や場所を開拓したり。人見知りじゃないので喋りたいときは店員さんや始めてお会いしたひととも喋れるので...
続きを読む
23歳 女性のエピソード
結婚のいいなと思ったところはやっぱり、好きな人とずっと一緒に居れるところです。
付き合っている頃はお互い忙しく会う回数も月に1.2回でした。
いつも寂しい思いをしていましたが、我慢していました。結婚し...
続きを読む
35歳 女性のエピソード
友達が震災で亡くなった時です。
彼女には、お子さんが1人いました。
彼女が亡くなって、悲しくて、辛かったのです。なんで。って思いました。お葬式でも、現実だと受け止めることができませんでした。人前で泣く...
続きを読む
28歳 女性のエピソード
彼氏と付き合って5年で結婚しました。結婚して最初は結婚式や引っ越しの準備でバタバタして大変でした。一緒に住み始めたとき、今まで別々に住んでいたので、朝起きたときに顔が見れるは嬉しいと思いました。喧嘩も...
続きを読む
56歳 女性のエピソード
結婚をしてよかったことは、いつも誰かがそばにいてくれて、いろいろな話を二人で話し合い、これから先の人生を二人で一緒に歩んでいけるのがとてもうれしいなと思いました。結婚すると 付き合っていた頃にはわから...
続きを読む
28歳 女性のエピソード
両親が早くになくなり、長い間一人暮らしをしてました。そんな中結婚して一人暮らしから二人暮らしへなった時、普段はどうしようもなく腹が立ちます。
イライラします。なんでも二人分になってしまったし、何もして...
続きを読む
46歳 女性のエピソード
いざという時、そばにいてくれる存在がいるということに、結婚の良さを感じます。
東日本大震災で余震が続いて心身ともに疲れている時に、家でひとりだったら心細さを感じますが、夫がいるだけで、なんだか心強さを...
続きを読む
121歳 男性のエピソード
やっぱり家事を分担できることでしょうか。
個人的に家事が苦手なのでパートナーと一緒にやることで手間が半分になることはとても嬉しいです。...
続きを読む

「仕事での大失敗」

28歳 女性のエピソード
私がパチンコ店でアルバイトをしているときの事です。
当時働いていたパチンコ店では、出玉をプラスチックのケースに入れそれをお客さんの後ろに積んでいました。
それを働いていたスタッフが計数機に運びます。
当然ですが私もスタッフとしてお客様の出玉を計数機に運ぶ作業を行っていました。
ある日、10箱を超える出玉を計数機に運ぼうとしたところ、箱を載せたカートの下に球が1つだけ挟まっていました。
今思えばその玉を取り除いて移動させれば良かったのですが私は面倒で勢いをつけて無理やりにカートを発進させました。
すると、縦に積み上げられた出玉ケースがゆっくりと前に倒れていきました。
まずい、と思った時にはあっという間に出玉は店内に散らばり私はお客様と、店長にとても怒られてしまいました。
このテーマの他のエピソード
19歳 女性のエピソード
わたしはコールセンターの仕事をしていました。その当時は初めてのコールセンターで大失敗をしてしまったのは少し慣れてきた頃の話です。
かなりクレームが多く、精神的にも参っていました。
ある日、一本の電話を...
続きを読む
34歳 女性のエピソード
派遣社員としてホテルで勤めていた時、日頃はレストランのランチタイムに入っていたのですが、その日だけたまたまパーティの配膳係が足りなかった事もあり、急遽入ることになりました。ただ配膳係は事前に特別な研修...
続きを読む
26歳 女性のエピソード
医療系の専門学校で資格を取って、新卒で入職した病院での大失敗です。
同じ部署にいた8年ほど先輩の職員がいわゆる「御局様」で、新人の私は早速目をつけられてしまいました。入職して早々に任された仕事は、病院...
続きを読む
57歳 男性のエピソード
仕事に失敗は付きもの。私もしばしば仕事で失敗を繰り返してしまいますが、半年程前の失敗はまさしく『大失敗』と言えるものでした。

私の勤務する会社と取引先の或るフランスの出版社とは、『送料は毎月の請求額...
続きを読む
54歳 男性のエピソード
以前旅行会社の社員として働いていた時、大型団体のチーフ添乗員としてパリに行った時の話です。毎年自分が海外に連れて行く団体旅行で、旅行の最後の夜に必ずさよならパーティーを開催します。ホテルのバンケットル...
続きを読む
36歳 女性のエピソード
広告営業に従事しております。クライアント企業の電話番号を間違って校了し、紙媒体の広告が全国に流れてしまう大失敗を犯しました。回収、再発行、と自分のクライアントだけでなく他の営業にも多大な迷惑と損害を被...
続きを読む
36歳 女性のエピソード
病院のリハビリ職についていますが、仕事をして間もないことのことです。当時、私は20代でした。精神疾患を病んだ方を対象としたリハビリ施設です。
そこで、私はある男性患者さんと親交を深めました。変な意味で...
続きを読む
24歳 女性のエピソード
お客様がお会計されるときにお釣りを間違えて返してしまったことです。
お会計の金額が1万2百円で、お預かりした金額が2万2百円だったのにも関わらず
預かり金を誤って2万2千2百円と打ってしまいお釣りを2...
続きを読む
36歳 女性のエピソード
仕事でDM配達をしていた時がありました。住宅地図と大量のDMを持って店舗を出て、数件のわからない家以外はすべて配達が完了しました。
1ヵ月おきくらいにその作業を何度か繰り返していたある日、1人のお客様...
続きを読む
37歳 女性のエピソード
旅行会社で働いていた時の話です。飛行機を利用する旅行の場合、旅行最終日程表のようなものが一式旅行会社から渡されると思うのですが、その重要な書類をお客様の3日前になってもお渡しすることをすっかり忘れてお...
続きを読む
39歳 男性のエピソード
機械設備のメンテナンス作業のため、半年後の工事日程を
計画し、お客様と調整していた。部品の納期もようやくきまり
いったんお客様と工事日を確定し受注したが、お客様都合で
工事日が伸び、違う日になった。(...
続きを読む
26歳 女性のエピソード
数年前スナックに勤務していました。店内はそこそこきれいで厳か?なつくり。ボーイなどがいなかったため、女の子たちで開店閉店作業をしていました。8時オープンなためだいたい6時には出勤して、店内でコンビニで...
続きを読む
26歳 女性のエピソード
私が幼稚園教諭として幼稚園で働き始めて一年目の時、いつもはお母さんがお迎えに来る家庭で、たまたまその日お母さんの都合が悪くてお父さんがお迎えに来たことがありました。
私はお父さんに会ったことがなかった...
続きを読む
35歳 女性のエピソード
軽度の吃音がある私は会話に少々難しい時があります。
調子の良し悪しはその時次第で本人でもわからないのが難点ですが、普段はつっかえそうになったら言葉を言い換えたりジェスチャーで補助したりと日常生活では何...
続きを読む
34歳 女性のエピソード
人材派遣会社で勤めている時の話です。
元々1人派遣していた建設会社から現場監督の依頼がありました。派遣中の方が優秀で、長く派遣していたこともあり直接雇用の話が出ていたところです。また良い人紹介をお願い...
続きを読む
36歳 男性のエピソード
連日遅い日が続いており、前日も最終退室で施錠をしましたが、鍵を管理室に返却することを忘れてしまいそのまま帰宅しました。
引き返すことも考えましたが、次の日に早く出社すれば良いと思い、そのまま就寝しまし...
続きを読む
40歳 女性のエピソード
私はお葬式の司会をする仕事をしています。経験で言えば10年以上。
ベテランまではいきませんが、こなしたお葬式の数は1000件以上になります。そんな私が先日お通夜の司会をしている際に絶対にやってはいけな...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
わたしは大学生時代、本や漫画が好きだったので本屋でアルバイトをしていました。
レジで、夕方の決まった時間に売上を確認する作業と、一日の終わりに締めの作業がありました。先輩に夕方に行うレジ作業を頼まれ、...
続きを読む
58歳 男性のエピソード
私は50代男性で、自動車学校の送迎をしています。主に送迎を行っているのは高校3年生で、忙しくなる時期は11月後半からで、3月末まで続きます。学校がある日は、授業終了後のお迎えで、午後4時~5時くらいに...
続きを読む
31歳 女性のエピソード
私は好きな人がいました。学生の時の話です。同じ学校の隣の席の人でした。その人は、私が男友達のなかで1番仲良くなった人でもある人です。当時は仲がよかったのですが今は連絡を途絶えてしまいました。当時に、女...
続きを読む
33歳 女性のエピソード
新卒で就職したばかりのことです。事務職のとき、相手方への到着期限が明後日までの郵便物の発送を頼まれました。県内だったので、その日のうちに投函すれば次の日には着きます。封筒に住所を書いて、ポストに投函。...
続きを読む
38歳 女性のエピソード
営業事務がよくわかっていなかった時期、多分入社して一年たっていなかった時期だと思うのですが、大口顧客へ納品する商品を欠品させるという事態を起こしたことがあります。在庫を引き落としていったにも関わらず、...
続きを読む
45歳 男性のエピソード
2週間の海外出張に行った時に、現地に着いて2日目に持っている現金を全て落としてしまいました。
出張先はクレジットカード決済ができないような地域であったため、生活が出来なくなってしまいました。
出張先か...
続きを読む
28歳 男性のエピソード
過去に携帯修理業で働いていました。
修理だけではなく、依頼があればスマートフォンからスマートフォンへのデータ移行も承っておりました。
スマートフォンからパソコンにデータを取り出すと、スマートフォンのデ...
続きを読む
31歳 女性のエピソード
医療機関で勤めていた時の体験談です。
病院で使用していたFAX機は、受信したときに即時印刷される物ではなく、
データを画面上で確認し、必要な場合だけ印刷するという機能でした。
ある日メモリ数がいっぱい...
続きを読む
42歳 女性のエピソード
私が高校一年生で、夏休みに初めてバイトをしたときの体験談です。
初めてのバイトは、ファミリーレストランのウエイトレスでした。友達に誘われて一緒にやることになりました。先輩方はほとんど優しい方が多く、丁...
続きを読む
34歳 女性のエピソード
介護福祉士として老人ホームで働いていた時の話です。
当時新人職員だった私は、知識は有れども現場での経験がまだまだ浅く、ホームに入所している入所者さんへの対応で先輩スタッフに怒られる事もしばしばでした。...
続きを読む

「もっとも尊敬する人」

50歳 女性のエピソード
私がもっとも尊敬する人は、星野源さんです。
普通なら、両親や、兄弟、先生・・など、身近な人の名前を出す人が多いかもしれないのですが、私の中の、尊敬に値するイメージは、真の自分を飾ることなく認め、受け止め、そのことを外に発信できる力を持っている人・・・であり、星野源さんはまさしく当てはまります。
星野さんの、音楽、執筆した書物、ラジオの語りからは、常に、自分の弱さを飾ることなく認め、平凡な、時にはバカバカしいと思える日常を、慈しみ、生き抜く力に変えていく証を見出すことができます。
私は、世の中のために、偉大なものを発見したり、作ったりできるほどの能力は持ち合わせていないけれど、星野源さんのように、自分の恥ずかしい部分を隠そうとせず、正直に、ありのままの平凡な日常の、何気ないエピソードを歌いながら、生まれてきたことに感謝を感じ、人生を全うするような人間でありたいと思っています。
このテーマの他のエピソード
39歳 男性のエピソード
その人はまったく嫌味がありません。おそらく人生で、誰がみても成功者だろうと思います。まずは、知識が豊富なところです。あらゆる分野に精通していらっしゃるかのようです。実は若い頃からトランペットを吹かれて...
続きを読む
47歳 女性のエピソード
ある製薬会社の営業の方です。年齢は父親と同じくらいの方です。
私が仕事ができるようになったのはその方が一生懸命教えてくださったからです。
短大を卒業し、ある薬屋の店頭販売員をしていました。
私自身が幼...
続きを読む
22歳 女性のエピソード
高校時代の国語の先生を尊敬しています。
私は福祉の国家資格を取得するために通信制の大学に通っています。
その頃、どうしても文学の単位が取れず、母校に行き国語の先生にアドバイスやポイントを教えていただい...
続きを読む
21歳 男性のエピソード
僕が一番尊敬している人はTHEBEATGARDEN(ビートガーデン)という4人組の音楽グループでそのメンバーでもあるレイさんを尊敬しています。その理由はまず顔が凄くかっこいいし歌も凄く上手いです。TH...
続きを読む
22歳 女性のエピソード
シドニーオリンピック金メダリストの高橋尚子さん。
公務員のご両親の元に生まれ、マラソン選手として生きていくと言った時反対されても自分の信念を貫き通した彼女は一般的に言う才能溢れる選手かといえばそうでは...
続きを読む
38歳 男性のエピソード
私の尊敬する人は先日引退してしまいましたが、プロ野球のイチロー選手です。
どんなところが尊敬しているのかと言うと、アメリカや日本の誰もが彼を認めているこの現状に満足せずに、まだまだ更に上を目指している...
続きを読む
26歳 女性のエピソード
高校時代に3年間担任だった恩師を、私は最も尊敬しています。
幼い頃に父親を亡くし、経済的にも苦しい状況の中で育った恩師。
大学だけは出ておきなさいと母親に言われるものの、とても私立なんて行ける状況では...
続きを読む
34歳 男性のエピソード
私が最も尊敬する人は専門学校時代に短い間だけ交流のあった先輩です。
その先輩は私が大学を休学して声優や役者について学ぶ学校に通っていた時に出会いました。
初めて出会った時に個人的に感じた第一印象は最悪...
続きを読む
28歳 女性のエピソード
私が尊敬する人は、オンラインゲームの中であったフレンドです。
その人は年上の男性で、話し方もフレンドリーで面白く、人付き合いも上手くて、人と上手くコミュニケーションをとれないまま関係が終わってしまう私...
続きを読む
23歳 男性のエピソード
私が尊敬する人は大学三年時を休学し、10ヶ月行ったカンボジアでお世話になった社長です。
彼を尊敬する理由は失敗を恐れず、挑戦を続けている事です。彼は18年程勤めた広告代理店を退職し、以前から好きだった...
続きを読む
31歳 男性のエピソード
私がもっとも尊敬する人は中江藤樹さんです。
江戸時代の初期の頃に活躍なさった方で、近江の国(滋賀県)高島で生まれた方です。
下級武士だったため家族が貧しく、農業も営む両親の元に生まれますが、大洲(愛媛...
続きを読む
47歳 女性のエピソード
母親です。どんな逆境にあっても、愚痴のひとつも言わず自分にできることをコツコツと毎日続けることのできる1つです。取り乱したり、感情的なった所は見た事がありません。父親が浮き沈みの激しい人生を送っている...
続きを読む
30歳 女性のエピソード
私の尊敬する人はやはり両親です。まずは私をここまてここまで育ててくれたことに感謝です。私には妹がおり二人姉妹でまだ未婚で子供もいませんが産まれてきてから今の歳まで子供を育てれるのは本当に凄いと思います...
続きを読む
51歳 男性のエピソード
アイルトン・セナ
世界的に有名なF1ドライバーです。当然、何度もワールドチャンピオンになったことは素晴らしことですが、若くて才能があったこと、アスリートとして勝つこと、勝つために最善のことを考え行動し...
続きを読む
28歳 女性のエピソード
私が最も尊敬する人は、以前の職場の上司です。
その上司は60代の女性で、家庭の事情があり、毎日2時間、車を運転して会社に来ていました。
通勤だけでも、大変なのに、会社のために、深夜まで残って仕事をし、...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
その人は自分の目標に向かってひたすら努力できる人です。30代前半で有名な会社のマネージャーまで登り詰めたのに、心理学の教授になりたいと全てを捨てて今大学で働きながら勉強しています。何年以内に教授になる...
続きを読む
22歳 女性のエピソード
私が最も尊敬するのは母です
では、何故母が尊敬する人なのかお話ししましょう
母は、左手が発達せず左手が無い障がい者としてここ日本九州の大分に産まれ母の家族は、母の下に年の離れた妹1人、弟1人だったそう...
続きを読む
40歳 女性のエピソード
わたしがもっとも尊敬する人物は、それは手塚治虫です。
手塚治虫の描いた漫画は、全て目を通し、何回も何回も読みました。彼は、世に既に知られているようにかなり素晴らしい才能をもった人物です。
それは、彼の...
続きを読む
45歳 女性のエピソード
尊敬する人は主人です。もちろん日常生活においては主人に対して小さい愚痴はそこそこありますけど(笑)
まず、常に冷静さを保てること。感情で周りに当たり散らしたりしたことを見たことがありません。もちろん私...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
ジブリで色彩設定というお仕事をされていた、保田道世さんです。
色々のアニメーション制作会社で、仕上げという、アニメの原画に着彩していくお仕事を重ねながら、一つの作品全体の色合いを決めていく色彩設定とい...
続きを読む
38歳 男性のエピソード
両親を尊敬しています。実母はいまは67歳ですがまだ、看護師として働いています。今までずっと同じ職場で長年働いてることがすごいとかんじます。実父は74歳ですが、お父さんもずっと同じ工場で働いてました。今...
続きを読む
19歳 女性のエピソード
もっとも尊敬する人は中学三年生の時の担任の先生です。その先生は人との関わりや使う言葉をとても大切にする先生で、私もその先生からたくさんのことを教わりました。先生から教えていただいたたくさんの素敵な体験...
続きを読む
25歳 女性のエピソード
わたしがもっとも尊敬する人は絵本作家のかこさとしさんです。
かこさんは、子供の絵本をお亡くなりになるまでずっと書き続けていました。
みなさんが一度は目にしたであろう「からすのパンやさん」や「だるまちゃ...
続きを読む
33歳 女性のエピソード
私が最も尊敬する人はありきたりですが母です。
20年以上前、末っ子の私が7歳の時に父がうつ病になり仕事を辞めました。そこから母は私達兄妹3人を育てるために仕事を二つ掛け持ちし家計を支えました。今でも振...
続きを読む
26歳 女性のエピソード
母のことを尊敬しています。
周りが友人たちが遊んでいる20歳の時に出産し、
一生懸命私を育ててくれました。
若い母親だから…と偏見の目で見られないように
言葉遣い、挨拶や公共の場でのマナーは厳しく躾け...
続きを読む
23歳 男性のエピソード
私がもっとも尊敬する人物は中学校の担任の先生です。中学3年生まで同じ担任だったのですがそれまで私はすぐになんでも諦めてしまう事が多く飽き性が酷い性格でしたが
中学2年生の時にもうそろそろ高校受験の志望...
続きを読む
30歳 女性のエピソード
祖母です。幼少期に父親を病気で亡くしてから母親、兄弟たちと力を合わせて生活し、戦争中でも様々な工夫をして乗り切りました。
祖父と結婚後、勉強をして医療事務の資格を取り、子育てと仕事、舅や姑の世話などを...
続きを読む
33歳 男性のエピソード
私が最も尊敬する人は大学生時代のゼミの教授です。この手の質問で両親の事はもちろん頭に浮かびますが、両親に対しては感謝の念が大きいため、純粋に尊敬できる方を選びました。この方は幼少期にかなり貧しく、大学...
続きを読む
23歳 女性のエピソード
私が尊敬する人は、職場のチーフです。10年のブランクからまた、仕事を再開してチーフとして活躍されています。なので約20年近く現役でバリバリ働いているのでとで尊敬しています。そのチーフとすごいところは、...
続きを読む
26歳 女性のエピソード
私がもっとも尊敬しているのは自分の母親です。

朝起きてから夜寝るまで家族のために働いてくれます。
しかも毎日こなしているのできっと大変なことでしょう。
しかし、それを本人に言うと家族が幸せになるなら...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
私が最も尊敬する人は、自分の母親です。ベタな回答かもしれませんが、この世でもっともかけがえのない、尊敬する人物です。
子供の頃はわがままばかり言って、迷惑をかけて、それを受け止めてくれるのが母親なのだ...
続きを読む
29歳 女性のエピソード
私が最も尊敬する人は、以前私が勤務していた病院の院長です。院長は70歳後半なのですが、現役でバリバリ働かれていました(現在も継続してお仕事をされているそうです。)プロフェッショナルな先生の技術は全国的...
続きを読む
50歳 女性のエピソード
私が最も尊敬する人は職場の先輩です。いつも笑顔で全ての方に対応されていて神です。相談事にも、的確なアドバイスがもらえて、ついつい小さな問題でも相談してしまいます。
また全体を常に気にかけて仕事をされる...
続きを読む
34歳 女性のエピソード
私がもっとも尊敬する人は、20代の頃に8年程付き合っていた元彼です。彼の仕事に対する熱意をとても尊敬していて、別れて何年も経った今でも1番尊敬する人として思いつくのはその彼です。
彼はハウスメーカーの...
続きを読む
23歳 女性のエピソード
私が最も尊敬するのは、今お付き合いしている人です。彼は中学からの同級生ですが、同い年とは思えないくらいしっかりしていて、いつもすごいなと驚かされたり、尊敬させられたりしています。特にそう感じるのは、人...
続きを読む
43歳 女性のエピソード
私の最も尊敬する人物は父です。
父は地元では少しだけ有名な地主の家の末っ子として生まれ、比較的裕福に育ったと聞いています。
そんな父の性格は、とても温厚で、細かいところをこだわらない。というよりは水に...
続きを読む
45歳 女性のエピソード
私が尊敬する人は両親ですが、特に母親を尊敬しています。子供を産んで育ててから40代にして医療事務の仕事を勉強しながら資格を取得し、最後は支店長になるまでしっかり仕事をやり遂げました。あまり収入はよくな...
続きを読む
25歳 男性のエピソード
私が最も尊敬する人は、前の会社の上司です。縁あって別の会社に行くのこととなりましたが、ずっとその上司の下で働けていたならば、会社に残っていたかもしれません。前の会社は新卒がほとんどの会社でしたが、その...
続きを読む
36歳 女性のエピソード
私がもっとも尊敬してる人は主人のお母さん、つまり義母さんです。車で20分程度の距離に住んでますがこちらの家庭に干渉してくることはせず、良い距離感で接してくれています。私の場合、自分の親が過干渉ですごく...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
私が最も尊敬する人は私の母です。母は祖父から受け継いだ自営業をしながら私と兄二人の子供三人を一人で育ててくれました。父親はいたものの、ろくに仕事はせず少しDV的なところがあったので、子育てと家事は母が...
続きを読む
39歳 男性のエピソード
私がもっとも尊敬しているのは妻です。仕事をバリバリこなしし会社の人からも信頼されています。挫折という言葉を知らないかのような感じで何でもやってしまいます。また失敗もしていないかのようにやっているところ...
続きを読む
31歳 女性のエピソード
自分の主人を最も尊敬しています。20代にして難関資格試験に合格したこと、30代になった今でも勉強を学ぶことを忘れないこと、仕事でも結果を出していること、家庭を大事にしてくれること、親を大事でしているこ...
続きを読む
46歳 女性のエピソード
自分の両親を尊敬しています。
短大を卒業するまでは実家で過ごしていました。
家事を手伝っていなかったわけではありませんが、食事、洗濯、掃除を毎日行うのは初めてで最初のうちは気を付けていても、仕事に慣れ...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
一番尊敬する人は私の母です。
週6日土曜日だけ半日でそれ以外はフルで働いてました。
朝9時〜夜11時までそれから帰って来てご飯
ずっと仕事ばかりでしたが休みの日は買い物に出かけたり祖母の家に行ったりし...
続きを読む
37歳 男性のエピソード
私の尊敬する人は、同じ会社の上司で、歳は私より一つ下です。
その人は一言で、筋の通った人情深い人で、常に自分の行動指針を持っていて、かつそれに縛られすぎない柔軟性もあります。
ももっとも尊敬するところ...
続きを読む
26歳 女性のエピソード
高校の時の先生です。授業も楽しく、人生について教えてくれました。雑談もとっても面白いですし、授業もちゃんとしてて、わかりやすかったです。
また、高校を卒業してからも毎年1度は卒業生のグループにコンタク...
続きを読む
33歳 男性のエピソード
 最も尊敬する人は父である。私の父は、口数はそれほど多くはないが、私を気にかけてくれるような行動や言動をしてくれる。たまにしか家には帰らないが、帰ったら「おかえり」と声をかけてくれたり、冬には、家の前...
続きを読む
43歳 男性のエピソード
私がもっとも尊敬する人は、昔勤めていた会社の上司です。
現在、私の会ってきた上司の中でナンバーワン、理想型となる上司の姿です。
仕事はしない、突然仕事中に外出、そしてたまに酒臭い。と、この点だけを見て...
続きを読む
37歳 男性のエピソード
自分の嫁さんを本当に尊敬しています!
子供が4人いるのですが、自分の仕事柄、土日は休めないし、夜も遅いのですが、ほぼワンオペ状態で家事と、育児をしてくれています!
休みの日に多少なりと自分も家事や育児...
続きを読む
32歳 男性のエピソード
私が尊敬するのは母です。
私の父は私が小学校3年生の時に病気で他界しました。
それから母は女手一つで3人の子供を育ててきました。
私の家はどちらかと言うと貧乏で父がいる時から借金がありました。母は父が...
続きを読む
31歳 女性のエピソード
私は大人になるまで親からも疎遠状態で、父はまともに向かい合ってくれませんでした。そんな人生でしたが今の主人と出会ってから私の人生は変わりました。私は持病があり夫にも迷惑をかけてしまっていますがそんな私...
続きを読む
30歳 男性のエピソード
私がもっとも尊敬しているのは父です。30代に差し掛かろうとしている今やっとそう思います。大学を卒業し、ある程度社会人として部下も出来て役職もつくようになりましたが結婚や子育て、マイホームの購入などの資...
続きを読む
33歳 女性のエピソード
祖母を尊敬しています。
とにかく前向きで、嫌味や悪口は一切言いません。無理に前向きでいようとやせ我慢している訳ではなく、自然とポジティブシンキングが出来る人です。嫌味や悪口を言うより、自分が今目の前に...
続きを読む
35歳 女性のエピソード
母です。
小さいころから私に「働いている父を蔑ろにしてはいけない」と教えてくれて育ててくれたのです。
子供の為にパートに出て、私の学費や家族のお金を作ってくれました。
「お家があってご飯が食べられるの...
続きを読む
26歳 女性のエピソード
私がもっとも尊敬しているのは、お母さんです。私が産まれてすぐに離婚し、女手一つでお姉ちゃんと私を育ててくれました。夜の仕事をやっていたので、小さいときは「なんでママお仕事いっちゃうの?」と泣いて困らせ...
続きを読む
24歳 女性のエピソード
私が尊敬する人はお母さんです。なぜかというと、私自身結婚と出産を最近して色々と大変なことが多すぎで、お母さんがこうしていたんだなと思うと、お母さんのありがたさをとても感じました。特に出産は、陣痛から出...
続きを読む
33歳 女性のエピソード
母親です。
私は12才で父親を癌で亡くしました。3つ下に弟が一人います。小さい子供を残された母は一生懸命生活する為に働いてくれました。
子供の頃はどのぐらい大変なことだったのかが理解できていませんでし...
続きを読む

「忘れられない夏の思い出」

23歳 女性のエピソード
19歳の社会人1年目の時に、久々に高校の友達3人と遊びました。夏だったので花火をしようと河川敷で花火をしました。車を止めて、携帯だけ写真を撮るために持っておりました。車から100メートル離れたところで花火をして楽しんでいました。するとバーンっと音が聞こえて、何?と言ってビビっていたのですが、近くに高速道路があったのでトラックの音かな?と言ってました。30分ほど花火をして終わって車に戻ったらなんと車の窓が割られていました。まさかの車上荒らしにあってました。携帯だけ持って荷物は置いていたので見事に全て盗まれていました。後々気づいたのですが、あのバーンとした後は窓を割る音だったんだと思うと、ゾッとします。忘れられない夏の思い出です。
このテーマの他のエピソード
40歳 女性のエピソード
私の両親の実家は、双方ともに地方にあります。
親戚は、それぞれその地方に固まり、しょっちゅう交流をしているようで、我が家だけが1年に1回、夏休みに帰省するのが毎年恒例の夏休みの行事でした。
親戚が我が...
続きを読む
57歳 女性のエピソード
57歳の専業主婦です。忘れられない夏の思い出は、恋の思い出です。20歳の時会社の得意先の方で、月に何回か来られる時に会釈程度ぐらいで、特に意識はしてませんでした。
しばらく経って、映画館でバッタリ...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
中学生の時友達と海に行く約束をしました。
好きな男の子達と一緒に行くこともあって、計画は友達と念入りに考えました。海に行く交通手段やお昼ごはん、そして水着!中学生ながら背伸びして友達とビキニを買いに行...
続きを読む
49歳 女性のエピソード
1998年7月に横浜スタジアムで開催された氷室京介さんのライブに行った事が忘れられないです。
OneNightstandライブ、ファイナルとその前日の2日間参戦したのですが、ファイナルの日は座席がアリ...
続きを読む
24歳 女性のエピソード
それはまだ私が大学生だったころ、学校のカリキュラムでクラス全員で行った月山への写生旅行。
初夏だというにもかかわらず、着いた場所はひんやり冷えており、山の山頂付近では雪が積もっていた。どこで写生するか...
続きを読む
43歳 男性のエピソード
高校生の頃の話です。卒業する学年になり、仲の良かった人たちで海に行こうという話になりました。BBQもついでに行うということにして、すでに車の免許を持っていた友人たち何人かの運転で海に向かいました。私は...
続きを読む
40歳 女性のエピソード
高校生の夏休みにイギリスにホームステイに行った時の人生最大のモテ期だった体験を告白します。
当時私は女子校に通っていました。中学まで共学だったので、出会いがなく、恋バナがしたかったのでオーバーに軽いノ...
続きを読む
24歳 女性のエピソード
小学生の頃、近所の夏祭りを友達と楽しんでいた時のこと、突然夕立に見舞われました。真夏だというのに、雨で冷え、浴衣は台無し。二人でプルプル震えながら、肩を寄せ合い、ごった返す人波の中、財布を握りしめ、雨...
続きを読む
48歳 男性のエピソード
江ノ島に彼女と行った事です。付き合いはじめて間もない頃だったのですが、2人で江ノ島水族館へ行きました。
昼御飯は、釜揚げしらす丼を食べました。美味しかったです。
水族館では記念撮影をして、館内をブラブ...
続きを読む
37歳 男性のエピソード
当時28歳でした。
地元のお店で接客業をしていました。
そこに高校中退の女の子が新人で来ることに。

ツンデレな感じな女で、「この仕事お願い」といっても

「めんどくさいです」「やりたくないです」とい...
続きを読む
33歳 男性のエピソード
当時中学生だった僕は、夏休み限定で家庭教師を頼んでいました。
来てくれていたのは地元の国立大に通う19歳の大学生のお姉さんです。
勉強はわかりやすく、楽しくて夢中になっていたのを覚えています。
当時は...
続きを読む
62歳 男性のエピソード
今から30年ほど前になりますが、当時は中学校の教師として働いていました。夏は、部活動の稼ぎ時でもあります。また、市郡の大会で県大会への出場権を得た場合や、それに続く中国大会・全国大会への出場権を得た時...
続きを読む
43歳 男性のエピソード
私が小学生の時、夏休みには友達と集まって近所の山や空き地などに良く遊びに行きました。今の時代ならあまり子供達も外では遊びませんし、出かけるにしても日焼け対策や熱中症対策など万全にして出かけると思います...
続きを読む
22歳 女性のエピソード
私は夏が大好きです。海にプールに川遊び・・・毎年夏はアウトドアを、沢山して楽しんでいます。
特に私は海などでするBBQが大好きで毎年10回以上する程です。
ある年の夏も毎週のように海などに遊びにいって...
続きを読む
52歳 男性のエピソード
小学生の頃、夏休みに和歌山の方へ家族で、2、3泊でしたが、親に海に連れて行ってもらいました。電車とバスでの移動で、宿泊は民宿でした。場所は和歌山県日高町産湯の辺りでした。弟も含め、家族4人で毎年、その...
続きを読む
40歳 男性のエピソード
私の忘れられない夏の思い出は、「仕事に明け暮れた」ということである。
私は塾講師をしているので、夏は「夏期講習」に明け暮れることになる。普段平日昼間子供達は学校に行っているので、塾講師の仕事は午後から...
続きを読む
37歳 女性のエピソード
花火大会の後に下駄の靴擦れが痛くて、用意しておいた普通のサンダルに履き替えて歩いて帰りました。しかし、下駄を忘れてきてしまい、忘れた場所が悪くてちょっとした騒ぎになってしまいました。

その花火大会で...
続きを読む
34歳 男性のエピソード
ひと夏の恋関係のネタは残念ながら一つも持ってないんですが、中学時代の話で自分自身は部活で美術部に所属し、元々、絵を描く事は嫌いではなく、また帰宅部だと担任(中学3年同じだった…)が口うるさい(どちらか...
続きを読む
29歳 女性のエピソード
夏は、私と夫が付き合いはじめた記念日がある。それで毎年、決まったお店でディナーを楽しんでいる。去年も例年通り、今までの思い出に浸りながら楽しく食事をした。食事が終わり外に出ると、たまたま地元の祭りが開...
続きを読む
37歳 男性のエピソード
親の介護と上司への信用がなくなり仕事を辞めた直後の夏の一件が未だに忘れられません。その日はとても暑く、ビアガーデンに行ったら最高だろうなと思う日でした。かくいう私も友人達と飲みに行く約束をしており友人...
続きを読む
21歳 男性のエピソード
中学時代の友人と久々に会うことになり、会った時、彼に彼女がいました、
しかも相手は自分も好きだった女性、そう彼もその女性が好きだったそうです。

話を聞くと、中学卒業式後に告白したみたいでした。

私...
続きを読む
33歳 女性のエピソード
小学生の頃に通っていた学習塾のキャンプでの出来事です。その学習塾には仲の良い友達と通っていました。キャンプ場はログハウスがあり、プールも付いており昼間はプールを友人達と楽しんで、夜はログハウスでみんな...
続きを読む

「結婚を後悔した瞬間」

28歳 男性のエピソード
私は、今の妻と結婚する前、東証1部上場の大手企業にて働いておりました。

結婚するとき、妻から「一緒にしっかりと、共働きで稼いでいこう。お互いに好きなことを仕事にしていこう」という話を結婚前にしており、結婚と同時にそれまで勤めていた会社を辞め、自分の興味のあるベンチャー企業に転職しました。給料は前職の約半分です。

その直後、妻がメンタルの病気を発症し、会社を長期で休むことになりました。結局退職することになり、メンタル不調が寛解し、新しい仕事に就いても、すぐ嫌に転職する、という流れを現在まで繰り返しております。

これではとても生活していくことができないということで、やむを得ず副業をはじめて稼いでおりますが、こんなことならあのとき結婚せずに会社を続けていればよかったと後悔が残っております。
このテーマの他のエピソード
49歳 女性のエピソード
結婚して、しばらくは気づきませんでした。人は結婚すれば自然と子どもができるもんだと思っていました。1年経ち2年経ち、一向に妊娠しませんでした。病院に行ってみても、これといった原因は見つかりませんでした...
続きを読む
46歳 女性のエピソード
付き合っているときはほとんど喧嘩したことはありませんでした、結婚後も数年間意見の違いはあるものの喧嘩にはいたりませんでした
夫の母は「嫁姑」で大変苦労したようで、夫には結婚したら奥さんの味方をするよう...
続きを読む

「わたしがやめられないもの」

26歳 男性のエピソード
納豆を食べることがどうしてもやめられません。

アメリカに留学した際に、やはり日本の食文化とは異なっており、ステーキが日本でいう白米の感覚で食卓に登場します。

普段からウェイトトレーニングをしているため、トレーニング後は牛肉はもちろん、鳥や豚もたくさん食べていたので、全く気になりませんでした。

しかし、4日、5日とランチもディナーにもステーキが出てくると、食欲がわかなくなってくるんですよね。

日本では、肉もたくさん食べますが、味噌汁や漬物を意識することなく一緒に食べているので、肉がメインで食べている感覚というのはあまりないのかもしれません。
もちろんそこに、私の場合は納豆が入っています。

納豆は3歳からほぼ毎日食べ続けており、個人的なソウルフードなわけです。

そのため、ありとあらゆるスーパーをハシゴしたのですが納豆は見つからず、結局お寿司屋さんの店長に聞いてやっと売っているところを教えていただきました。

その時に食べた納豆の味は、生涯忘れないことでしょう。
このテーマの他のエピソード
56歳 男性のエピソード
この在宅ワークを始めた頃は上手く行くのかなと思っていた節もありましたが毎日、何件か熟す内に慣れてクラウドワークスも含めた在宅ワークがやめられなくなりました。理由は簡単です。時間内に文章を組み立ててテー...
続きを読む
52歳 男性のエピソード
私が52歳になっても辞められないのはレーシングカートです。

15歳で始めて、もうかれこれ37年になるのですが
いまだにカートコースに行くことを辞められません。

15歳から10年間は、レース三昧の日...
続きを読む
48歳 男性のエピソード
私のやめられないものはラジオです。
普通に聴くのもそうですが、聴けない時は、radikoのアプリを使ってタイムフリー機能を使って聴いています。 特にFM横浜にはまっています。
朝9時から12時迄の...
続きを読む
46歳 女性のエピソード
「ポイント集め」です

やはり一番の大口は「楽天」でしょうか
・楽天メール
・楽天ツールバー
・楽天チェック
・楽天パシャ(レシート投稿です)
・楽天edy
・楽天クレジットカード

私の通算獲得ポイ...
続きを読む
65歳 男性のエピソード
 私がやめられないもの、それはスキーです。私の最も好きなスポーツで、幼い頃から続けてきました。スキーをするといやなことを忘れることができます。これまで、何度スキーに助けられた事でしょう。仕事での失敗や...
続きを読む
39歳 男性のエピソード
それはズバリ、タバコです。何度も何度も禁煙をしようと試みてきましたが、なかなか長続きはせず、どうしても吸ってしまいます。コンビニでも無意識にタバコの番号を言ってしまう程です。昔に比べたらタバコ自体も値...
続きを読む
35歳 女性のエピソード
わたしがやめられないものはタバコです。
数年前に、1度辞めようと思いつき、年末の23時59分まで吸う。そして、年始の0時からは吸わないという禁煙方法をしました。
最初はご飯の後我慢できずに苦しみました...
続きを読む
28歳 女性のエピソード
私は結婚3年目の主婦です。1年ほど前に10年続けていた職場を辞めました。職を失ったから大好きなジャニーズの追っかけも終わる事ができる!と思っていたのですが、むしろもっと行きたい!時間があるからもっと追...
続きを読む
23歳 男性のエピソード
20歳の頃から吸っているタバコがやめられません。はじめたきっかけは先輩に誘われて「吸ってみなよ」といわれてからです。当時はいつでもやめられるという自信があり飲み会や付き合いの時のみ吸っていました。しか...
続きを読む
54歳 男性のエピソード
私がやめられないものは競馬です。
 競馬歴は約10年ですが、それまでは知人の誘いで約5年間、競艇にはまっていました。
 そんなある日、ふとスポーツ新聞に目をやると競馬の結果が記載されていました。
 す...
続きを読む
46歳 女性のエピソード
ポイント集め
ポイントといってもポイントサイト、スーパーのポイント・・・色々ありますが
私が一番重宝しているのが「楽天」ポイントです

楽天チェック 
1か所10P(10円)、コンビニで(1~3円)
...
続きを読む
46歳 男性のエピソード
私のやめられないものは、お菓子です。特に、甘いものがやめられません。ストレスがかかると、つい食べ過ぎてしまいます。疲れたときやストレスがかかったときは特に甘いものを食べてしまいます。体重がそれによって...
続きを読む
46歳 男性のエピソード
仕事帰りの買い食いです。特にコンビニのホットスナックを見るとついつい買ってしまいます。一番良く買うのはチキンです。お腹が空いているので見た目につられてつい買ってしまうのですが、食べると脂っこくていつも...
続きを読む
35歳 女性のエピソード
私には趣味がある。それは、4歳から始めているピアノである。ピアノを始めたきっかけは、隣の子がピアノをしていて、そこに行って私もやりたいと宣言したことだ。これは親に聞いた話で、当の本人は始めたきっかけす...
続きを読む
46歳 男性のエピソード
どうしても、スナック菓子をたくさん食べることがやめまれません。お酒を飲む特に止まらなくなります。このままでは太る一方だと焦り、お酒をノンアルコールにしたり、炭酸でごまかしたりしたのですが、お菓子がやめ...
続きを読む
45歳 男性のエピソード
私がやめられないものはお酒、タバコと趣味でやっているソフトボールと麻雀です。
お酒に関しては毎日、ビールとワインを飲むなどお酒を飲まない日はないぐらいに毎日飲んでいます。
タバコにしても、20歳になる...
続きを読む
30歳 男性のエピソード
チョコレートがやめられないです。
新作のチョコレート味のお菓子などが出ると必ず買ってしまいます。
コンビニスイーツなどもクオリティが高いので必ずチェックします。
冷蔵庫にも常にストックがあります...
続きを読む
35歳 女性のエピソード
私がやめられないものは、間食です。
ポテトチップスやおかき等も食べますが、一番好きなものはチョコレートです。
しかも、カフェオレやココアといった甘さのある飲み物も飲んでしまうので、
カロリーを上乗せし...
続きを読む
32歳 男性のエピソード
私がやめられないものはズバリ、スイーツです。一番はチョコレートですが、チーズケーキやアイスクリームもやめられません。食後にケーキを食べたのに、風呂上がりにアイスを食べてしまいます。きっとスイーツをやめ...
続きを読む
28歳 男性のエピソード
間食がどうしてもやめれません。夕飯を食べた後、作業をして寝るまでに必ずポテトチップスを買って食べてしまいます。

やめようと努めるも、近くにコンビニがたくさんあるため毎日誘惑に負けてします。最近だとポ...
続きを読む
65歳 男性のエピソード
私は、趣味としてゲレンデスキーをしています。これは、私が子どもの頃から変わることのない大好きな事です。
雪深い地域に生まれ育った私には、よい条件がそろっていたのだと思います。
現在私は、60歳半ばの年...
続きを読む
54歳 男性のエピソード
 私がやめられないものは競馬です。
 世間ではギャンブル依存症というものが社会問題化しており、
完治は難しいと言われていますが、その通りだと思います。
 競馬を始めたのは約10年ですが、それまでは競艇...
続きを読む
37歳 男性のエピソード
買い食いですね。さすがにいい年齢なのですが、コンビニやスーパーで食べ物を買って食べながら歩くのが未だに止められません。
しかもマズイのは特に空腹というわけでもないのに何となく食べたいと思ったら買い食...
続きを読む
54歳 男性のエピソード
 私がやめられないものは競馬です。
 競馬歴は約10年ですが、それまでは知人の誘いで約5年間、競艇にはまっていました。
 そんなある日、ふとスポーツ新聞に目をやると競馬の結果が記載されていました。
 ...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
私が辞めたくてもやめられない事はタバコですね。10月に消費税がまた上がるといいますがタイミングよく使用していたアイコス本体が壊れてしまい、二日間辞めることも検討しましたが結局吸いたいっという欲求のが買...
続きを読む

「これまでに一番勇気を出した瞬間」

19歳 女性のエピソード
これまでにいちばん勇気を出した瞬間は、人生で初めて好きな人に告白したときです。
自分から告白なんてすることがないと思っていたにも関わらず、友達に流されてしまったのもありついLINEで言ってしまいました。
恋バナをしつつ、流れで「この人自分のこと好きそうだなって思う人とかいない?」などとふっかけ、「いないよ?」と言われると「そっかあ、(笑)」みたいな微妙な返事をし、そのあとに「だれかいるの?(笑)」という流れにして「私、とか?(笑)」という、今思えば微妙な告白の仕方だったとは思いますが(笑)、あの当時は心臓が止まりそうでしたし、結果的にはフラれてしまいましたが、人生経験としてとてもいい経験だったと思います。
このテーマの他のエピソード
30歳 男性のエピソード
私は大型バイクに普段乗っていてよく車の幅寄せや右直事故にあいそうになるのですが。
私が一番勇気を出した瞬間は片道3車線の大きい交差点で私が直進対向車線に大型10tトラックが右折待ちで待っていました。私...
続きを読む
18歳 女性のエピソード
高校生の頃、私の口の悪さが原因で、仲違いしてしまった友人がいました。
その友人とは、仲違いするまでは休み時間はいつも一緒に過ごし、放課後や休日はいつも一緒に遊んでいたほど仲が良かったため、仲違いしてし...
続きを読む
24歳 女性のエピソード
就活の際に知り合った男の子に連絡をとった時。就活で連絡先を交換してから就職して1年目の1月になるまで、全く連絡をとっていませんでした。私は彼氏がいたことがなかったので、さすがに少し焦ってしまって何か行...
続きを読む
40歳 女性のエピソード
これまでに一番勇気を出した瞬間、それは社会人から看護学校の受験を決めた時です!
勤め先の上司に伝える時が本当に勇気が要る瞬間でした。でももう自分の中では受験すると決めていたので勇気は必要でしたが、迷い...
続きを読む
57歳 女性のエピソード
南フランスへ一人旅をしたことがある。アルルという町に宿をとり、前々から行ってみたかったカマルグという郊外を訪れるのが目的であった。
カマルグはアルルからバスで一時間程行ったところにある田舎なのだが、そ...
続きを読む
33歳 男性のエピソード
勇気を出した瞬間は、20歳を超えてから初めて告白をした時です。
相手は同じ職場の年下の女性で、同じ仕事の時に空いた時間で趣味などの話しているうちに気になってきました。
それまでは、接点がなかったのです...
続きを読む
37歳 男性のエピソード
私は現在37歳です。30歳で結婚し32歳で離婚しましました。理由は私のギャンブルです。私は結婚前からパチスロをしていましたが結婚をする前に妻にそのことは内緒にしていました。結婚したらパチスロはやめるし...
続きを読む
29歳 女性のエピソード
 理不尽な理由で解雇されそうになり、労働基準監督署に行ったことです。今までの人はこの会社と早くおさらばしたい気持ちで、何も反論せず辞めていく人ばかりでした。自分もついに辞めろと社長に言われたので、自分...
続きを読む
38歳 女性のエピソード
息子の幼稚園の会長になったことです。
学生時代や社会人生活では役職につくなど全く無縁の責任を負わない人生を送ってきました。
ですが、息子が発表会で指揮者を見事やり遂げた事に刺激を受けて、私も息子に頑張...
続きを読む
24歳 女性のエピソード
私がこれまでに一番勇気を出した瞬間。
それはずばり出産です!
私には2人の子供がいます。
一人目は初めての経験だったので、
陣痛・出産はどんな痛みなのか、自分はちゃんと耐えられるか、赤ちゃんは無事生ま...
続きを読む
29歳 女性のエピソード
高校生の時に好きな先輩が居ました。その先輩は1つ年上なのですが、留年した為3年生で同じクラスになりました。学生の頃の歳の差は、とても大人に感じて憧れもありかっこ良いな~と思っていましたが、なかなか話す...
続きを読む
26歳 女性のエピソード
今までで一番勇気を出した瞬間…
これは数年前の話です。
バイトで働いていた場所の近くのコンビニ店員さんに一目ぼれし、どうにかして近づきたくて何度か通っていました。
いつか連絡先を渡せたらいいなぁと思い...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
中学3年のとき、4月から卒業までずっとクラスメイトに片思いしていました。元々仲が良かったわけではなく、初めて同じクラスになり一目惚れから始まったので、目が合うだけで、一言挨拶をするだけで舞い上がる、と...
続きを読む
27歳 男性のエピソード
私がこれまでの人生で一番勇気を出した瞬間は、異性への告白です。
遡ること中学2年生のクリスマスイブの夜、何気なしに前々から好きだった女の子とメールのやり取りをしていました。そこで恋の話に発展し、「○○...
続きを読む
56歳 女性のエピソード
今のこの時代子供が喧嘩やいじめ、夜間に夜遊びをして注意されたことは有りますか?なんか注意いすると、反感や偏見の目を向けたり、殺我の時代なのでさ剃れると恐れる人は数多くいると思います。
2年前自宅のそば...
続きを読む
29歳 男性のエピソード
新卒で就職した会社が嫌で嫌でばっくれたことがありました。関西から、神奈川へ就職で行ったのですが、内定が出たのも遅く気持ちを入れ替えることもできないまま実家を離れることになってしまいました。
住...
続きを読む
29歳 女性のエピソード
私には長年お付き合いをしている恋人がいます。
2年前に突然、彼が別れを切り出してきました。
当時私は、相当心を病んでいて外出もまともに出来ないほどに落ち込んでいたのです。
それを長年支え続けてくれた彼...
続きを読む
30歳 女性のエピソード
お互いの仕事の都合も考慮し、新婚旅行の日程を決定、予約後、同じ日程での夏フェスの開催が決まってしまいました。
その夏フェスは、私が個人的に行きたいと切望していたものでした。
そんなことを言い出してよい...
続きを読む
52歳 男性のエピソード
私が製造業勤務していた頃の話。
ある社員が会社の軽トラックの窓ガラスを
鉄鋼材料にぶつけて割ってしまったのです。

その報告を聞いた常務や課長は
「自己の見せかけて、修理代を保険で賄おう」
と、話し始...
続きを読む
39歳 女性のエピソード
親の仕事に同行する為にアメリカのボストンを訪れた時に、これまでで1番勇気を必要とする経験をしました。
子どもに絵本を読むという、たったそれだけの経験でしたが、とても怖かったです。
親の仕事相手のご家族...
続きを読む
34歳 男性のエピソード
高校時代に好きだった同級生(♀)に告白した事です。学校のマドンナという程でも無かったですが可愛くて愛嬌があって誰からも好かれる女の子でした。
しかも告白する当日は昼休みに呼び出すつもりだったんですが、...
続きを読む
37歳 女性のエピソード
10年程前、どうしても輸出入ビジネスをしている会社で働きたいけれど、全く経験がなく転職エージェントを利用したり、直接募集している会社に履歴書を送っていたけれど、面接にすら全く引っかからない状況でした。...
続きを読む
48歳 女性のエピソード
スト-カ-と直接対峙したことですね。

「駅で見掛けて一目惚れした、運命の人だと思った」で、3年ほどつきまとわれたスト-カ-とコミュニケーションを取ったことですね。

何度警察に言っても取り締まってく...
続きを読む
54歳 男性のエピソード
初恋の女の子に告白をしたこと。もう35年以上前の話です。中学校の卒業式の翌日、小学校3年のころから好きだった女の子に告白しようと決めました。自宅から彼女の家に電話をすると、電話に出たのはお母さん。当時...
続きを読む
32歳 男性のエピソード
新卒で就職した職場の上司に「辞めたい」と伝えるときが勇気を出した瞬間です。

約7年働くも将来の不安がありました。例えば給与面、昇格、業務のスキルアップが現状望むことが難しいなと感じていました。

さ...
続きを読む
22歳 女性のエピソード
私がこれまでに一番勇気を出したこと。
それは大学四年生で出産を決め、親になるという決意をきめたことだった。
付き合っていた彼との間に大学四年の夏休みにお腹に一つの命が誕生した。その事実はものすごく奇跡...
続きを読む
33歳 女性のエピソード
中学1年の春、同じクラスになった隣の席のNくんに一目惚れ!私好みのイケメン!小さな時からシャイで、恥ずかしがり屋な性格の私、目を合わすことも、もちろん話すこともできませんでした。サッカー部だったNくん...
続きを読む
33歳 女性のエピソード
大学生の時にインドに一人で行ったことがこれまでに一番勇気を出した瞬間でした。
行くまでにすごく悩みましたし、いろんな情報を集めて本当に大丈夫かなと何度も何度も考え直しました。女一人でインドに旅行に行っ...
続きを読む
23歳 女性のエピソード
当時付き合って3年くらいになる彼がいました。お互い働いているので、月に一度程度しか会えませんでしたが、何かあると休みを合わせて旅行へ行ったりと喧嘩もなく仲良くしていました。
そんな中で、仕事で忙しいせ...
続きを読む
32歳 男性のエピソード
登山が趣味の30代です。
趣味と言っても年間に2〜3の山々を登る程度のすごくライトな登山家です。登るときはいつも単独です。友人、知人の中で登山に興味のある人は誰も居ないので、気づけば誰も誘う事なく、山...
続きを読む
42歳 男性のエピソード
19歳のときに、同じ職場にいた26歳の女性に告白したときが一番勇気を出した瞬間です。それが人生初めての告白だったために非常に緊張しました。
結果は当然のごとく振られてしまいましたが、以後その女性には仲...
続きを読む

「奇跡だと思った話」

29歳 女性のエピソード
この話は私が生まれる前、正確にはお腹の中にいた頃の話です。
つわりがひどく、私を妊娠していても体重が45キロ(160cm)と痩せていたのもあり出産前、通常より早めに入院していた母親ですが、入院中風邪をこじらせてしまい40℃の熱が続く状態になりました。私を妊娠していた関係で解熱薬が飲めなく、母子とのに危険な状態でした。そこで主治医が父親に「奥さんと娘さんの命どちらをとりますか?」という究極の選択を切り出したそうです。そろで父親が苦渋の決断をし「嫁の命をとります」と告げ、医者が解熱剤を投与しようとしたらみるみる熱が下がったそうです。その時父親は「奇跡だ」と感じたそうです。その後、難産ではあったが私が無事に誕生し、母子ともに元気に退院しました。
このテーマの他のエピソード
29歳 女性のエピソード
今から3年ほど前の冬、祖母のすい臓がんが見つかりました。すでにステージは4。始めにかかった病院ではもう治療は出来ない、死を待つのみと言われ、このまま何もしなければ数ヶ月ももたないと言われました。
セカ...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
小学校に入学したばかりの頃、健康診断で心電図の検査がありました。私はその検査に引っかかり、総合病院にて精密検査をすると不整脈で、運動制限をかけられ、体育の授業に参加することはもちろん、休み時間や昼休み...
続きを読む
60歳 男性のエピソード
私の田舎は四国の徳島県と高知の丁度間に位置します。
四国全体に言うと丁度真ん中あたりの秘境地帯にあります。
交通は池田駅(高校野球で有名な池田高校のある所)から車で
2時間ほど山に入った所です。丁度今...
続きを読む
35歳 女性のエピソード
初めてバイク(原付)に乗った時、カーブで速度を落とさずに曲がり、電柱にぶつかり救急車で運ばれました。

倒れた瞬間、バイクから飛ばされている自分がスローに見えて、まるでドラマを見てるかの様でした。

...
続きを読む
56歳 男性のエピソード
雨の日の夜、阪神高速を走っていて、環状線から守口線に入ろうとしていて一番左の車線を走っていたところ、自分の右側の車線を走っていた車が、自分の車にに気づかずに車線変更しようとしたので思わずハンドルを左に...
続きを読む
34歳 男性のエピソード
「奇跡だと思った話」
それは、私が中学三年生の時、『体育祭』という運動会のようなもので、
全学年対抗の【大縄跳び】に挑戦した時のことです。
私が在籍していたクラスは、他所のクラスに比べると大人しく、静...
続きを読む
55歳 女性のエピソード
第一志望の大学に合格できたことです。教育学部(美術系)です。
今でいうセンター試験、当時は共通一次試験と言っていました。模試は真面目に受けていましたが点数が合格ラインとかけ離れていました。特に数学がひ...
続きを読む
23歳 女性のエピソード
 私は、保育園の頃から水泳を習っていました。スイミングスクールに行くのは億劫でしたが、着いてしまえば友達と話せるのでそれなりに楽しく通っていました。スイミングを辞める頃には、タイムは早くありませんでし...
続きを読む
21歳 女性のエピソード
お金持ち携帯も持ってない歳の時に家族で出かけていたのですが駅からバスで移動した場所でバスで20分ぐらいかかるところで遊んでいたのですが妹とケンカしていじけて勝手に一人で行動し始めました。そしたらお母さ...
続きを読む
24歳 女性のエピソード
私が生まれたのは1月3日である。
もともと出産予定日は12月24日でクリスマスイヴであったようだ。
なので名前もイヴちゃんにしようかなどと話もしていたらしい。
しかし、生まれる気配もなく、年末を迎え、...
続きを読む
44歳 女性のエピソード
美容院にて、螺旋階段の2階部分から足を踏み外して、転がるように落ちていき、螺旋階段の隙間から1階フロアに頭から落下しました。
頭部に激しい痛みと、ギーンという大きな耳鳴りが響き渡り、起き上がろうとして...
続きを読む
20歳 女性のエピソード
大学の期末試験で、1限に英語のテストがあった。
前の日の夕方に少し寝てしまい、夜中に全然眠れないという状況になった。
1限は9時から始まり、テストの日は10分前には多くの人が集まるため、自分も8:50...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
私は、15年生理がとまっていました。
原因はおそらく、当時付き合っていた彼氏に振られたことがきっかけで、どんどん痩せていきました。生理がとまり、ガリガリ、足は凍傷、とてもひどかったです。座ることすら痛...
続きを読む
21歳 女性のエピソード
私が中学1年生の時、大切にしていた猫が死んでしまいました。もともとは野良猫だったのですが、よく一緒にいた母猫が死んでしまい、病弱でこのままだと死んでしまう、と思い保護した猫でした。5歳という若さではあ...
続きを読む
24歳 女性のエピソード
今から5年前、韓国に住む祖父が亡くなりました。
私は日本生まれ日本育ちで、当時大学生でした。幼少の頃から、長期休みの度に祖父の家で過ごし、優しくて聡明な祖父が大好きでした。高校の時は、バイトやライブな...
続きを読む
36歳 女性のエピソード
私は猫を飼っていました。
雨に濡れた小さな鍵尻尾の子猫でした。
模様は鯖模様。サバトラ猫です。女の子でした。
成猫になり10年が経ちました。

保護した後に避妊手術もしていたせいか、
骨格は小さいもも...
続きを読む
54歳 男性のエピソード
社会人に成り立てのころ、残業も少なく貧乏なサラリーマンでした。
当然、好きな晩酌も出来ずにただ眠るだけの生活という具合です。
定食屋で「カツ丼」が食べられず、「玉丼」しか食べられませんでした。
ある日...
続きを読む
28歳 男性のエピソード
小学生の頃に通っていたそろばん教室でそろばん終わりに仲間と夜8時頃にサッカーをして遊んでいた。
そのそろばん教室の周りは新しく団地が出来る予定で家が少しずつ建っている。その場所でしばらく遊んでいる時に...
続きを読む
54歳 女性のエピソード
都内に住んでいた時の事です。
ある日、所用で少し遅刻して出勤しました。乗っていた通勤電車はラッシュの時間が過ぎて空いていました。途中東京駅で止まり、私の目の前のドアが開くと、そこになんと幼馴染であり、...
続きを読む
24歳 女性のエピソード
これは一人目の長男、出産時の実体験です。
臨月まで無事何事もなく進み
予定日いざ1週間前
そろそろかなと思っていた矢先、
夜中から微妙に痛みが伴いました。

我慢できそうですが念のために、病院に連絡を...
続きを読む
22歳 女性のエピソード
当時高校生だった私は、母と喧嘩して彼氏の家に家出していました。家出してから3日目に母から連絡があり「やばいなー。絶対帰らなあかんやつやん。」と思い自転車で彼氏の家をでました。大通りに出るまでに細い路地...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
数年前、少し古いフランス車に乗っていました。普段は幌の屋根で、電動でオープンにできるという車でした。電動なので、幌と言っても配線や様々な部品が付いていて重たいです。
ある日、高速道路のトンネル内を時速...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
当時私は大学生で大阪の実家から離れ上京し、東京の大学に通っていました。一人暮らしの東京の家で、寂しさを紛らわせるために文鳥を飼っていました。もちろん生き物なので、私が帰省する度にその文鳥を虫かごの中に...
続きを読む
53歳 女性のエピソード
私が結婚したのは22歳の時になります。
その後、子供がなかなか授からなくて、不妊治療も何回か通い、
とても痛い思いをしたのに出来なかった。
その間に流産も経験しました。
もう、子供はあきらめようと思っ...
続きを読む
26歳 女性のエピソード
1年半お付き合いをしている彼との共通の趣味は旅行。二人ともまとまった休みが取れるときにはよく旅行に出かけています。
今年の5月には山口〜福岡へ旅行に行きました。天気予報は少し怪しい雰囲気。あとは当日の...
続きを読む
30歳 男性のエピソード
私の住んでいる地域では3年の間に二度の大きな地震がありました。
二回目の地震では震源地がすぐ近くでしたのでかなり大きく揺れたことを覚えています。
当時休日だったこともあり、ゆっくり寝ていたのですが、当...
続きを読む
25歳 女性のエピソード
今から13年ほど前、中学生の頃に近所のお祭りに友達数人と遊びに行ったときの話です。

私たちはお祭り会場の入り口付近で立ち止まって、おしゃべりに夢中になっていました。
特に注意を受けたり嫌な目で見られ...
続きを読む
42歳 女性のエピソード
夫との出会いです。
私は就職のため地元を離れ、現在住んでいる県に引越してきました。仕事でも何度か顔を合わせることはあったようですが、意識にはなく、共通の知人が催した飲み会で意気投合し付き合うようになり...
続きを読む
23歳 男性のエピソード
小学2年生の時に実家の新潟県に帰省した時に、地元の従妹と駄菓子屋に行き箱に入っているガムを1つ購入しました。そしてアタリが出たのでまたもう1つ購入しました。するとまたアタリが出てまたもう1つ購入しまし...
続きを読む
45歳 男性のエピソード
今まで生まれてから運が良いと思ったことは一度もなく自分は運が悪いと思ってました。10年位前のことですが、いつものごとく年末ジャンボ宝くじを10枚購入して穏やかないつもと変わらない年末年始を過ごしてまし...
続きを読む
35歳 女性のエピソード
主人が資格の試験を受けるために電車で出かける事になり、街の中心部の大きい駅まで電車に乗ってから、更に電車を乗り換えて行くのですが、大きい駅なのでショッピングができるお店や本屋さんなどが入っているので、...
続きを読む
50歳 女性のエピソード
私の大好きなアーティストがあります。そのアーティストのライブでのスペシャル企画で、ある一定の条件を満たすとその企画にエントリーする事が出来ます。
その企画とは、ライブ終了後にあるアーティストとの記念撮...
続きを読む

「人を見返してやった話」

41歳 女性のエピソード
私は中学生の頃にイジメにあっていました。親や先生にも言えず耐えながら3年間を過ごしました。私は必死に勉強をして見返してやろうと思っていました。高校への進学は同じ中学から受験する同級生がいない自宅からかなり遠い所に決めました。必死に勉強をして小さい頃から目標にしていた職業に就く事が出来ました。中学を卒業して25年程経ちましたが、最近になって私をいじめていた一人に会う機会がありました。その人は現在は非正規雇用で働いている様子でした。私はすぐにその人のことに気づきましたが気づかないふりをしていました。しばらくしてその人が私の事に気付いて声をかけてきたときに「こんな仕事しててすごいなあ」って言ってきたので「◯◯くんにいじめられたおかげでいつか見返してやろうと思って必死に勉強を頑張ってきた。今は仕事にやりがいがあって楽しい、ありがとう」と言ったときにすがすがしい気持ちになった。
このテーマの他のエピソード
54歳 女性のエピソード
30代の頃の話です。
派遣で働いていた職場は、小さな会社が集まるビルの中にありました。
今では珍しい、女性用の和室の休憩室がありました。
そこで昼食をとったりテレビを見たりなどして休憩していました。
...
続きを読む
31歳 女性のエピソード
小学生の頃、校内で放課後に開催されるテニス教室に通っていました。

私は当時6年生のキャプテンでしたが、どちらかと言えば人の意見に同調する
おとなしい女の子でした。
おとなしいながらも、固定された友達...
続きを読む
20歳 女性のエピソード
中学時代の部活の友達に自分のことを馬鹿にしてくる人がいた。私はその人の性格がすごく苦手で合わなかったから話したくなかったけど、部活が一緒だと嫌でも会うし、その度にテストなどの結果などで少しでも私より点...
続きを読む
23歳 女性のエピソード
なんでもお前はできないと言われてきたけど、
部活の部長になってみんなを引っ張って世界大会に行って、ボランティア活動して、みんなから感謝されたて先生を見返した。
私は、元々勉強が無理で成績は下の方でした...
続きを読む
46歳 男性のエピソード
とある仕事で、上司たちは手柄欲しさに社内で嘘八百の報告ばかりしていました。
全く関係のなかった私が、いきなり引き続きもなく、ただ成功する案件だからと渡されました。
今まで、携わっていた案件も、問題整理...
続きを読む
56歳 男性のエピソード
会社に入社して日が浅い頃に、仕事も未だ完全に理解していない私に対して先輩社員が
「こんなことも判らないのか」「学校で何を習ってきた」と、事あるごとに嫌味を言われたり、怒鳴られたり、ついには服装や髪形ま...
続きを読む
29歳 女性のエピソード
以前勤めていた会社には
私のことをすごく見下し、気に入らない後輩がいると挨拶を無視するような上司がいました。年齢も私よりも一回り以上、上で、すごく大人げないなぁと思いながらも反抗せずに我慢して仕事を続...
続きを読む
46歳 女性のエピソード
私は結婚して17年、不妊治療したものの子供には恵まれませんでした

でも結婚当初から10年ちかく、まわりからの「子供が生まれました」や子供の写真入り年賀状で涙の正月を迎えていました

子供がいる人と会...
続きを読む
25歳 男性のエピソード
私は大学を卒業後に、観光業界へ就職することを決めていました。ですが当時その業界の人気は薄く光の当たらないような存在でした。周りの同級生は公務員、警察官、消防士など安定した職業を求めて就職活動をしていま...
続きを読む
19歳 女性のエピソード
今までクズのような男性としか付き合ったことがなく、今まで付き合ったクズという偉業を成し遂げました。
その中の一人、当時はなぜか情で離れられなかったトップクズの元カレ(一番長く付き合っていた)に「お前は...
続きを読む
26歳 女性のエピソード
幼稚園教諭の仕事を始めてすぐ、知識の欠如を感じて働きながら通信制の学校で学び、保育士の資格を取りました。進路相談の際には、担任の先生に仕事との両立は厳しく、成功した人はあまりいないということを言われ、...
続きを読む
49歳 女性のエピソード
私は20代前半で結婚・離婚を経験しています。
当時の結婚生活が酷かったため、結婚願望が全く無くなってしまい、その後10年ほど独身生活をしていました。

私の友達関係は私が過去にどの様な目に合い結婚する...
続きを読む
18歳 女性のエピソード
過去に仲良かったある女友達がいました。現在は友情関係はありません。その女友達は、彼氏がいました。ですが、その女友達は他の男性とも親しくしており、私は少し不安に思いながらその様子を見ていました。女友達が...
続きを読む
44歳 男性のエピソード
私と同期で入社した同僚は、出世欲がなく、常に飄々と仕事をこなすという人でした。
その人は、何か冷めていて、「別に出世なんかしなくてもいい」というスタンスでしたが、仕事はそれなりにできたので、それなりに...
続きを読む
24歳 男性のエピソード
今まで様々なことで人にばかにされたり、見下されていて、とても悔しい思いを
してきましたが、自らの能力と何ができるかに焦点を当てることによって、
高校受験、大学入試などを運よく乗り越えることができました...
続きを読む
26歳 女性のエピソード
私は昔、キャバクラで働いていました。
正直キャバクラは、女の世界の為、意地悪な女の子は沢山居ます。
お店に入りたての新人の私を先に入って居た先輩がとても可愛がってくれました。
ですが、仲良くしていくう...
続きを読む
29歳 男性のエピソード
私は中学高校の一貫校に通っていたのですが、入学以降部活や遊びに夢中で勉強はもってのほかで常に学年最下位クラスの成績でした。そんな中、高校2年の二学期末を迎え、皆受験を意識し始めたころ、皆で成績を上げる...
続きを読む
44歳 男性のエピソード
小学3年生のとき、私と友人Aは担任の先生の目の敵にされていました。
Aは先生に言われたことでも納得がいかないと先生に口答えをしており、私もAをかばったりしていたので気に食わなかったのかもしれません。
...
続きを読む
34歳 男性のエピソード
パワハラ社長に復讐
社会人4年目に転職で入社したK社での出来事です。
社長の他には6名のスタッフが勤務している、小規模な会社でした。
職場の先輩たちの話によると、私が入社する以前より社長のワンマン経営...
続きを読む
34歳 女性のエピソード
数年前、以前勤めていた会社の部署内で簿記の模擬試験が行われました。受験者は私と後輩2名の計3名。私は経理未経験で入社したので正直不安しかありませんでした(後輩2名は他の会社で経験済み)。結果、後輩2名...
続きを読む
37歳 男性のエピソード
小学校の頃、勉強は出来るが非常に高圧的で上から目線の女子同級生がいた。
そいつが自分より格下認定してる相手にはとにかく高圧的でうざいったら仕方なかったのだが、小学校の席の関係上席替えで男女隣同士になる...
続きを読む
37歳 女性のエピソード
以前派遣で勤めていた会社でのことです。長年勤めている方も多く、なんとも部署の体質が生ぬるく、気づいてやった人が損をするような状況になっていました。真面目にやったらバカをみるといった環境で、そんな中での...
続きを読む
36歳 女性のエピソード
私には2歳上の姉がいます。
姉とは仲の良い姉妹として育ってきましたが、事あるごとに小さい頃から姉に「馬鹿!」と罵られたり、「あんたなんて一生結婚出来ないわよ」と、喧嘩する度に傷つくことを言われ続けてき...
続きを読む
36歳 女性のエピソード
高校生の時、体が弱く、なかなか学校に行けない時期がありました。
久し振りに学校に来れて、しんどいながらも授業を受けていた時、忘れもしない英語科の先生が、突然私の顔をまじまじと見て、こうおっしゃいました...
続きを読む
22歳 女性のエピソード
私は今から数年ほど前の専門学校に通っていました。
そこでは主に農作業をする知識をたくさん持つように教える学校でした。
そこの学校では入学してから間もないくらいに必ずといっていいほどトラクターの運転免許...
続きを読む
人気のエピソード
いろんな瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
独身っていいなと思った瞬間
自分は特別だと思った瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
こんなひといました
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
わたしの周りで一番勉強ができた人
あの人と縁を切ってよかった
わたしの周りの大恋愛
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
わたしの周りで大変身した人
人が豹変した話
今だから言えるごめんなさい
わたしの周りで一番お金持ちの人
これまでに出会った天才
ノウハウ
異性は知らないなと思う話
○○の裏話
業界ならではの話
人間関係
女同士って面倒くさいと思った話
女って本当に恐いと思った瞬間
家族に一番感謝したこと
一番ひどい友達からの裏切り
学んだこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
これまでの人生で悟ったこと
思い出
今までで体験した一番怖い体験
学校や仕事をサボってやったこと
修学旅行の思い出
一番の苦労話
人生で一番贅沢した話
とっておきのすべらない話
これまでで一番悲しかった時
一番おいしかった食べ物
人生最大の失恋話
忘れられない先生の話
どうしても許せないこと
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
忘れられない夏の思い出
これはひどいなと思った結婚式
お金さえあればと感じた瞬間
人を見返してやった話
死ぬかと思った話
これまでで一番笑った話
これまでで一番驚いた話
人生で一番運が良かったなと思う出来事
これまでで一番お金を無駄にした話
これまでに一番勇気を出した瞬間
奇跡だと思った話
忘れられない夏休み
人生最大の修羅場
今までで一番感動した話
嘘みたいなほんとの話
私について
仕事での大失敗
もっとも尊敬する人
わたしがやめられないもの
そういえば昔夢見ていたこと
人生が変わった出来事
誰かに聞いてもらいたい愚痴
誰にも言っていない秘密
わたしの初恋と、その結末
苦手だったのに得意になったエピソード
私の変えたい過去
結婚・恋愛
夫婦関係を続けていくのが不安になった話
結婚を後悔した瞬間