"DV" に関するエピソード

「これまでで一番笑った話」

39歳 男性のストーリー
沖縄あるある沖縄出身者:『沖縄の台風はスゴイよ~本土とはレベルが違う』

不動産屋 :『普通に電気も水も止まるし、電柱も倒れますよ!』

と、引越し前に散々インプットされていたため、移住してから初の台風来襲に戦々恐々の妻。窓に叩きつける雨と風の音でテレビもろくに聞こえない状況に不安は高まる一方。

妻:『(これ関東だったらとっくに電車が止まるレベルだよね)』

妻:『(都会で甘やかされた生活を送っていた自分に、水も電気もないサバイバルなんてハードル高すぎる・・・)』

そんな軽くパニック状態の妻をよそに、警報発令のためお仕事を早退してきた夫の手にあったのは沖縄を代表するお酒「泡盛」の一升瓶。
非常食や懐中電灯ではなく、お酒。

妻:『いやいや、サバイバルに必要なのは酒ではないよ。』

夫:『いやいや、これは台風を乗り切るためのマストアイテムだよ。』

妻:『・・・(恐怖のあまり日本語が通じなくなったか?)』

夫:『台風の日は、家が揺れてるのか自分が揺れているのか分からなくなるまで酒飲んで過ごすんだって』

妻:『?!』

夫:『それと、ほらアレ見て』

と夫が指差した先は、我が家の窓から見える某大手レンタルショップの駐車場。そして雨で川みたいになっている国道で強風にあおられながらも列を作っている車、車、車。

妻:『なにあれ?』

夫:『DVD借りる人で渋滞が出来てるんだよ。混んでて駐車場に入れないみたい』

妻:『?!』

夫:『明日は仕事休みになるし、ウチらも何か借りに行く?』

妻:『あ~うん・・・そうだね・・・そうだね』

「もっとも尊敬する人」

32歳 女性のストーリー
私が最も尊敬する人は私の母です。母は祖父から受け継いだ自営業をしながら私と兄二人の子供三人を一人で育ててくれました。父親はいたものの、ろくに仕事はせず少しDV的なところがあったので、子育てと家事は母が全て一人でおこなっていました。自分が子供だった頃は特に何も感じる事はありませんでしたが、結婚して子供ができた今になると母の偉大さが身にしみてわかります。毎日の生活をこなすだけでも大変なのに母は私達兄弟に惨めな思いはさせたくないと必死で、かつ人として大切な事はたくさん教えてくれてました。現在私には小さい子供が二人いますが、子育てに対するイライラや疲れ、行き詰まりを感じるとき常に母の事を考えるようにしています。

「学校や仕事をサボってやったこと」

21歳 女性のストーリー
私は中学校の時からずっとK-POPが好きでした。その中でもKARAがとても好きでした。中学の時にあったK-POPの女性のグループでは初の東京ドームコンサートコンサートに行きたかったのですが私はお小遣いがなかったのでコンサートに行くためのチケットや交通費がなかったので応募すらできませんでした。なのでその時はDVDを買って我慢しました。高校になってバイトをできるようになったのでお金をコンサートに行くために貯めました。頑張って貯めているとKARAのメンバーの2人が脱退することが決まってそのコンサートがあるとあったのでいかないといけないと思い応募して当たったので行きました。けどそのコンサートは平日でした。なので学校があるのですが、絶対に行きたいと思ったのだ学校には熱が出ました。ただ言って休みました。けど休んで行って良かったと思います。とてもいい思い出になりました。
24歳 女性のストーリー
高校生の頃、部活も引退した3年生の時
ずっと部活をしに高校に行っていたようなものだったので
その部活を引退したら高校に行く気力が一気になくなってサボったりすることが多くなりました。
卒業はできるようにはサボる日数をしっかり調節などはしていました。
仲のいい友達の家に遊びにいって、その子の家でDVD見てゴロゴロしたり、バイクに乗って遊びに行ったり、ファミレスでずっと喋っていたり、映画見に行ったり遊んでいました。
友達の家が田舎だったので警察などに学校は?と聞かれることもなかったので楽でした。
学校から家に電話があると親にサボったことがバレるのが嫌だったので
自分で親のフリして学校に電話かけて休みますと嘘の電話をして
親にはバレないようにしてサボったりもしていました。

「人生が変わった出来事」

31歳 女性のストーリー
大学時代、ちょっと変わったテニスサークルに没頭したことがあります。

元々テニスが好きな私は、もちろんテニスが上手くなりたいという一心で入部したのですが、思いとは裏腹に、応援、ボーラー(ボール拾い)を全力で行い、時には過呼吸で倒れる人が出ることがあるほど、応援、ボーラーに力を入れる厳しいサークルだったのです。4時間のうちに何度か休憩はありますが、ほぼぶっ通しで笑顔で全力ダッシュです。この状態で、順番が来たらコートに入りテニスをします。

先輩がボールを拾おうとすると、全力で取りに行きます。練習後にはミーティングがあり、練習中の応援が盛り上がっていたか、ボーラーは全力で行えたか反省を行い、ほぼ怒られておしまいです。

何度も辞めようと試みましたが受け入れてもらえず、授業のシフトをサークルに提出するため、ズル休みはできません。

飲み会も少し変わっていて、コップにビールが入っていなければ、瓶を取り合うようにして一目差に注ぎます。コップの向き、瓶を注ぐラベルの向き、注ぐ順番なども間違えてはいけません。

そんなサークルでしたが、不思議なことに、練習中はこれほど厳しいのに、それ以外ではとっても優しく個々は仲の良い思いやりがある人たちばかりなのです。
今思えばまるで、DVの手法と同じようにも感じてしまいますが、私はそのサークルに染まっていました。

このような過酷な時間を共にした仲間ということもあり、気づいた時には不思議と一体感が生まれていました。

卒業して社会に出て働いた時、あっと思いました。社会でのルール、厳しさ。
時代にあっていない風習ではあったけれど、経験しておいて良かったと。
こんな意味のわからない風習に苦しみ、時間を共にした仲間ももう二度と出会えないかもしれない。

今は私の一生の思い出となり、仲間とは思い出話に花が咲き、
そこで出会った仲間の一人と結婚して幸せに暮らしています。



「これはひどいなと思った結婚式」

34歳 男性のストーリー
 これは先輩の結婚式の話だが、私が今まで出席した中でもちろん一番だし、これからもこれを超えるひどい結婚式はないと思っている。
 まず挨拶する人する人むちゃくちゃ長い。仲人挨拶1時間、乾杯の挨拶1時間と飲食できるまで2時間もかかった。喋っている本人達は上機嫌だが、聞いているこちら側はまるで葬式のように下を向いて沈黙し、疲弊した。
 その反動からか、飲み始めると段々と一部の人達が荒れだした。先輩は長い間柔道をやっていたので、その師範や先輩先生方を呼んでおり、その人たちが完全に酒に呑まれてしまったのだ。ケーキ入刀や紹介DVDなど本来盛り上がるはずのイベントが、その方たちの汚いヤジで台無しになってしまい、極め付けはお色直しをして登場した新婦さんの元へ近づき、少しではあったがドレスのスカートをめくり上げたのである。感動どころか凍り付いたひどい結婚式だった。

「一番の苦労話」

28歳 女性のストーリー
高校の時に両親が離婚しました。
原因は父親のDV。アルコールをよく飲む父は、母にたびたび暴力的になることがありました。
離婚後は妹とともに、母についていきました。
自分のことは自分でしようと、高校生活はバイトにいそしみました。
母は仕事も忙しく夜いないこともしばしば。妹がかわいそうではないとか衝突することもありました。
妹をかわいがっていたつもりでしたが、姉として疎まれていたようで、母のいないある日、妹と大きな喧嘩をしてしまいました。妹は深夜なのに家出。わたしは悲しみのあまり自殺を考えていました。
まさか家族に疎まれているなんて。
妹は無事戻ってきましたが、それから口をきいてくれることはなく、母に相談しても被害妄想だといわれました。
離婚後数回食事に言っていた父にも、送迎をお願いした時に、お前のためになぜ酒を我慢しておかなきゃいけないのだと怒られ疎遠に。
数年後、国家試験を控えた私に、今度は母からお前は悪魔の子だ。とか、この家に災いをもたらしているなんて言われるように。
発言されるだけではなく、家族で住んでいる玄関に張り紙をされたりもしました。
病気であったということですが、わたしという人間は、本当に人を不快にさせるしかないのだと痛感しました。
いまでは結婚し、母と妹とも食事にでかけますが、どうしようもない胸の苦しさから解放される日がくるとは到底思えません。

「○○の裏話」

24歳 女性のストーリー
私の働いているDVDレンタルショップの裏話です。
いつも笑顔で働いているスタッフですが、お客さんのいないところでは意外と不満をスタッフ同士で言っていることもしばしばあります。
DVDの読み込み面に毎回傷をつけてくる客や、アダルトビデオを返却されたときにベタッとなにか汚れているものもたまにあります……
子供が傷をつけたとかならわかりますが、大人が誰かに借りたものを傷をつけたり、汚して返すのって、非常識じゃないの?ってよく思っています。
あまり人の多くない地方などでは、よく来るお客さんの顔は意外と覚えられているかもしれません。何気なく適当に扱っている人はもしかしたら、近々その系列のお店でブラックリストに入って、もう借りられなくなるかもしれません。ぜひ気をつけてください。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
独身っていいなと思った瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
自分は特別だと思った瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
こんなひといました
あの人と縁を切ってよかった
わたしの周りで一番勉強ができた人
これまでに出会った天才
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
わたしの周りで一番お金持ちの人
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
わたしの周りで大変身した人
人が豹変した話
今だから言えるごめんなさい
わたしの周りの大恋愛
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
ノウハウ
異性は知らないなと思う話
業界ならではの話
○○の裏話
人間関係
家族に一番感謝したこと
一番ひどい友達からの裏切り
女同士って面倒くさいと思った話
女って本当に恐いと思った瞬間
学んだこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
これまでの人生で悟ったこと
思い出
人生最大の修羅場
修学旅行の思い出
これまでで一番悲しかった時
これまでに一番勇気を出した瞬間
これまでで一番笑った話
忘れられない夏の思い出
一番おいしかった食べ物
一番の苦労話
今までで体験した一番怖い体験
お金さえあればと感じた瞬間
人生で一番運が良かったなと思う出来事
死ぬかと思った話
忘れられない先生の話
学校や仕事をサボってやったこと
とっておきのすべらない話
忘れられない夏休み
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
これはひどいなと思った結婚式
人生最大の失恋話
人を見返してやった話
どうしても許せないこと
これまでで一番お金を無駄にした話
人生で一番贅沢した話
これまでで一番驚いた話
今までで一番感動した話
嘘みたいなほんとの話
奇跡だと思った話
私について
わたしの初恋と、その結末
わたしがやめられないもの
誰にも言っていない秘密
私の変えたい過去
もっとも尊敬する人
仕事での大失敗
人生が変わった出来事
そういえば昔夢見ていたこと
苦手だったのに得意になったエピソード
誰かに聞いてもらいたい愚痴
結婚・恋愛
結婚を後悔した瞬間
夫婦関係を続けていくのが不安になった話