"ICU" に関するエピソード

「わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳」

32歳 男性のストーリー
・部下から、事故で怪我してICUにいるため出勤できません。と言われた。
・デイサービスの居宅訪問で、おやつ代わりにキュウリ漬けを出されて、キュウリが大嫌いな同僚が「母がキュウリだけは食べてはいけない」と言われている。と説明していた。
・デイサービスの部下に時計の電池を買って来て。と言ったら単3のはずが、単4を買って来て、
「前は入った」と言われた。
・デイサービスの部下にA4サイズのクリアファイルの発注を頼んだらA4の3倍ぐらいのクリアファイルが届き、返品するように求めたら半分に切って使おうと思ったから発注したと非を認めなかった。
・母がカレーにつける福神漬けを買いに行ったら赤い箱のポッキーを買って来た。何故か聞いたら、「赤い容れ物だから間違えただけ!」とキレられた。
天然の母ではあるが流石によくわからなかった。

「人生が変わった出来事」

30歳 女性のストーリー
飼っている犬が意識不明の重体になった。原因も不明、脳が影響しているらしく、下手に検査もできなかった。毎日仕事と動物病院の往復。ICUに入っている2歳の天使が、意識もなく腕の中でぐったりしているのに毎日泣きながら過ごした。治療の続行と安楽死、本当に決断を迫られた。しかし、ある日突然立つことはおろか意識もなかった愛犬が、医師が朝様子を見にICUをのぞきみると、愛犬が立ち上がっていた。それまでにけいれん発作を併発し、その発作の動きでICUの壁に頭を強打しぽっかり皮膚がうげたり、輸血を小さな体に5回も行っていたので、医師も驚き、電話をくれた。会いに行くと、昨日まで意識もなかったわが子が、立ち上がり尻尾を振っていた。そのまま愛犬は回復した。後遺症とまではいかないが、歯が抜けてしまい、犬歯2本になってしまったのと、度重なる採決で剥げができてしまったが、生きていてくれるだけでいとおしい。腹が立つこともあるがペットではなく家族として愛犬に向き合っていることを再実感し、人生が変わった。

「家族に一番感謝したこと」

57歳 女性のストーリー
 私は長いことうつ病を患っていて、こんなにうつって長引くものなのかと思っていたら、最近「双極性障害Ⅱ型」という診断が出ました。うつ病だけだとあんなに長く、また繰り返すものではないそうです。双極性もうつになりますが、うつ病の人とはまったく飲む薬が違います。うつでないときの私は陽気なので基本的には陽気なたちだと思います。でも双極性と診断が下るとその陽気さを今度は「躁ではないか」と疑わねばならず、しんどい病気なのです。
 うつに落ち込めば死にたくなるもので、もう何回OD(薬の大量服用)をして救急車で運ばれ、ICUに入ったかしれません。そんなとき119番してくれるのはもちろん夫です。でも彼は私が意識を取り戻したとき、非難したことは一度もなく、普通に接してくれます。でもこのあいだ、犬の散歩で歩いているとき救急車が通り、「あのサイレンを聞くとドキドキする」と言ったので、これは悪いことをしたんだなとつくづく思いました。私が逆の立場で、意識不明の伴侶を発見する側ならもちろんそうです。改めて考えてみて、家族(愛犬含む)には感謝しています。病気について勉強する人ではありませんがどんなときも夫が私を見捨てなかったことには間違いありません。
 今はどんなつらい夜もきっと夜明けが来るのだと、それを忘れないように生きています。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
自分は特別だと思った瞬間
独身っていいなと思った瞬間
こんなひといました
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
わたしの周りで大変身した人
わたしの周りで一番勉強ができた人
今だから言えるごめんなさい
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
人が豹変した話
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
あの人と縁を切ってよかった
わたしの周りで一番お金持ちの人
わたしの周りの大恋愛
これまでに出会った天才
ノウハウ
○○の裏話
異性は知らないなと思う話
業界ならではの話
人間関係
女って本当に恐いと思った瞬間
家族に一番感謝したこと
女同士って面倒くさいと思った話
一番ひどい友達からの裏切り
学んだこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
これまでの人生で悟ったこと
思い出
今までで体験した一番怖い体験
一番の苦労話
人生で一番贅沢した話
どうしても許せないこと
修学旅行の思い出
人生で一番運が良かったなと思う出来事
忘れられない夏の思い出
これまでで一番笑った話
人生最大の失恋話
これはひどいなと思った結婚式
とっておきのすべらない話
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
人を見返してやった話
今までで一番感動した話
学校や仕事をサボってやったこと
これまでに一番勇気を出した瞬間
忘れられない先生の話
これまでで一番お金を無駄にした話
一番おいしかった食べ物
これまでで一番驚いた話
お金さえあればと感じた瞬間
嘘みたいなほんとの話
これまでで一番悲しかった時
人生最大の修羅場
奇跡だと思った話
死ぬかと思った話
忘れられない夏休み
私について
苦手だったのに得意になったエピソード
仕事での大失敗
わたしがやめられないもの
誰かに聞いてもらいたい愚痴
誰にも言っていない秘密
もっとも尊敬する人
わたしの初恋と、その結末
私の変えたい過去
人生が変わった出来事
そういえば昔夢見ていたこと
結婚・恋愛
結婚を後悔した瞬間
夫婦関係を続けていくのが不安になった話