"金持ち" に関するエピソード

「わたしの周りで一番お金持ちの人」

26歳 女性のストーリー
私の大学時代の友人に超がつくほどお金持ちの子がいました。身につけているものはほとんど全てがブランド物。カバンも何個もブランドのものを持っており、携帯ケースも1個1万はするであろうものを1ヶ月と言わずに変えていました。社会人になった今でも交流があり3ヶ月に1回の頻度で会っていますが、やはり毎回携帯ケースも変わっており、ストックも常に5個ほどあるようです。もちろん携帯も常に最新のiphoneを持っています。そんな彼女の凄いところは、お金は全て両親持ちという点です。どうやら学生時代から彼女専用のカードがあるらしくそれで自由に買い物をしているそうです。一番驚いたエピソードは、むしゃくしゃした時にストレス発散でショッピングをしたのですが、知らぬ間にカード上限を超えたと笑って言っていた時は本当に驚きました。
34歳 男性のストーリー
私の周りでの一番のお金持ちの話を述べますと、ボランティア仲間の男性です。
30歳の時に離職をし、今では株と実家の仕送りだけで生計を立てております。
定職も一切していません。
さらには家も2件も借りており、相当のお金持ちであると感じました。
その根拠となる出来事を述べます。
ボランティア活動中に仕事について聞かれました。
私は現在障害者雇用で働き、手取りで12万程だといった所こう彼は述べました。
「君がその気なら20万貸すよ、返す日はいつでも構わない。
君自身、障害を持っている事はこれからの世の中の変革に対応するのは大変だ。
消費税増税やらAIやスマートフォンを使いこなすやら技術進歩で大変だろう。
無理はするな。
その気になったらいつでも貸す」と話をしました。
彼自身は、まじめで一生懸命にキチンとボランティア活動をしています。
今は私は働きつつも自分で生活してやっています。
でも本当に困ることがあれば、その時にキチンと状況説明をして、借りようと思っております。
31歳 女性のストーリー
友人は都心に家を持っていて、家族の人数分車所有しています。
もちろん駐車場付き。

お肉はブランド牛のA5ランクしか食べたことがないそうで、自宅で料理するときもA5ランクのお肉を配達してもらうんだとか。
またおばあちゃんの自宅には、一般人には馴染みのない行商さんが来て、宝石やら毛皮やら高級品を売るそうです。
それに対し、欲しいものがなくても、何十万もするものをお情けで毎度毎度購入するそうです。
どうしてそんなにお金があるのか、はっきりとした事は分かりませんが、戦後の土地が安い時に都内の土地をたくさん買ったとかで、それを上手く運用している様子。
いい土地を持っていると、子孫にも楽をさせられ、余るくらいお金があるんだなと驚きました。
30歳 女性のストーリー
会社の友人です。友人のご両親が大企業の役員でかなりのお金持ちです。
彼は、最近都内のタワーマンションを購入。遊びにいきましたが、家具や家電も一流品ばかり。
驚いたのが、ものは基本的に使い捨てということ。メンテナンスして何度も使う労力がもったいないだとか。
庶民の私には目から鱗の発想でしたが、本当に使い捨てしている光景を見て、なんだか気持ちよかったです。
そして不要になったものは、友達にあげるという気前の良さ。この余裕が彼を更なるお金持ちにしているのかも。
羨ましいのが、お金持ちのご両親に毎年海外旅行に連れて行ってもらっているのです。
ときには、航空券だけが送られてくるときもあるそうです。
ここまでお金持ちで、気前よく散財している姿を見て、嫉妬を超えてかっこよく思えます。
22歳 女性のストーリー
社長関係の知り合いが多くいますが、お金持ちの人は大体、車3台くらいは保有してます。
おまけに愛人も結構な確率で居ます。
奥さんとは真反対なタイプが多いですね。
でも、お話を聞く限りだと奥さんもその人に相応しいくらいの寛大で頭のいい奥さんが多いです。
家もめちゃくちゃ広いですし、接待という名の社長関係で毎週のように飲んでます。
やはり男の人のお金持ちは自動車が好きなようでバイク、ジェットスキーなど趣味も幅広く持っている方が多いです。
性格も気さくな方が多いですね。やはりお金を持ってる分余裕があるのかと思いますが、寛大です。
ですが、社長関係の中でも位の低い人は性格にも余裕がなく怒ったりなどしているので、やはりトップの人柄などで収入も変わってくるのかなと思いました。
44歳 女性のストーリー
私の元上司の話です。休日1日はいろんな勉強しているという努力家の方でした。独学で英語もペラペラです。若い時から投資をやっていた方のようで株や先物取引を先駆けてやっていました。

少し若い奥さんをもらい子どももうまれました。子どもが生まれると子ども子どもとなりがちですが、彼は自分が死んだ後妻が困らないようなお金は残して、子どもは自分の力で生きていけばいいという考えの持ち主です。

その地域では高級エリアの高層階のマンションを買い、家具にもこだわり、奥さんは専業主婦で自由にしています。今では奥さんも料理教室を開くまでになりました。子どもも3歳から外国人の英語教師をつけ、小学校から私学に入れています。

年に一度は家族で海外旅行に行き、国内旅行にもちょいちょい出かけています。最近では自身だけで1週間ヨーロッパ旅行をしていましたね。
羨ましい限りです。しっかりものの旦那さんなら安心して任せられますね。
22歳 女性のストーリー
現在大学生なのですが、パパ活だけで生計を立てている子がいます。最初はキャバ嬢をしていた子のですが気付けばパパ活を始めてそのままキャバ嬢をやめて、パパを10人ほど作り、毎月100万程パパに貰い学費も自分で払いながらかなり自由な生活をしているみたいです。
話を聞いていてもパパは55~70位の年配の方が多いらしく、身体の関係は一切ないようです。
男性の方も忙しいらしくそんなに会えなからお手当も貰えないからと言って毎月パパが増えているみたいなので、毎月お手当の額も増えているようです。
今ではBMWの車もマンションも買ってもらっているようで、大学生では有り得ないような生活を毎日送っています。見てるだけでめちゃくちゃ羨ましいです。
47歳 女性のストーリー
私の住む場所の近辺では、かなりの土地を所有していて、その場所とかに有名な飲食店やスーパーを建てたり、マンションにアパートその他手広く資産運用している一族がいらっしゃります。

有名過ぎて誰でも知ってる程の資産家です、高い土地を祖父の代から持っているからか、その一族の息子さんや娘さんは趣味で個人経営の飲食店を開いてたりして、またお金に余裕があるからか、閉店時間が物凄く早かったり、美味しいのに、あまり食数を増やさないのも凄い所です。

やはり乗っている車も、有名な外車とかだし、噂によればその一族の息子さんはギャンブルとかもお好きで、毎日パチンコに来ては何十万円くらいは毎日使ったりしているとか聞いた事もあります。
26歳 男性のストーリー
祖父が一番お金持ちです。
祖父は公務員であり、Wikipediaで調べても名前が出てくる人物であり、勲等を授与されたこともあり、私がとても尊敬する人です。

孫の私にはとてもやさしいのですが、仕事ではかなり厳しいという話を聞き、とても驚きました。

趣味が植木や庭の手入れなのですが、私も小さいころにお手伝いをしたことを覚えています。
自宅の庭で野菜や果物を育てており、祖父宅へ遊びにいくといつも何かしらもらって帰っています。

また、祖父は仕事のことのみならず、様々なことを知っており、仕事を引退されてもなお、色々なことの挑戦していっています。

私自身も色々なことに興味を持ち今後生きていかなければならないと思わせてくれるお手本のような人です。
39歳 男性のストーリー
正確な年齢は覚えていないのですが、おそらく40代後半の方です。
その方は結婚をされていて、まだお子さんはいらっしゃいませんでした。
数年前に自宅で飲み会をしようと呼ばれた事があり、行かせてもらいました。
少し仕事で時間の余裕が出来ると、海外や国内の旅行に行った話は聞いていたので、もしかしたら家も相当なモノなのかな?っと思っていました。
予想通りマンションの最上階ワンフロア全てが自宅で屋上つき。
その屋上もかなりの大人数でBBQができそうな程の大きさでした。
少し広めの庭なイメージです。
室内も仕切りが少なく、解放的な作りで、何畳あるの?ってぐらいの部屋です。
リゾートホテルみたいなお洒落な作りでした。
部屋内にある家具も拘りを持っていて、ソファ・ベットも値段は聞いていないのですが、相当気持ちよかったです。
仕事が車関係の方だったので、駐車場に止まっている車も高級車がズラリ3台!気分によって使い分けているみたいです。
よく奥さんと2人でドライブに行かれていて、日帰りで近隣の県に食べ歩きをされていました。
美味しいものを食べる事が趣味と仰っていました。
その度にお土産を頂いていましたが、ただただ羨ましい限りです。
24歳 女性のストーリー
私の幼稚園の同級生が一番お金持ちでした。
私が通っていた幼稚園は名進研の系列の私立の幼稚園だったのでお金持ちの人はいっぱいいましたが、その人の誕生日パーティーをするから家に遊びに来てよと言われ、家に行った時外見はそこまで大きいとは思わなかったですが、中に入ってみると奥行きがありとても広い豪邸でした。
その時に出てきたケーキもキャラクターのついた大きいケーキでびっくりしました。
それよりも驚いたのは家の中を探検していたときのことです。
都会のど真ん中の家の中に大きな露天風呂があったのです。
もちろん普通のお風呂もありましたが、その日は晴れていたので男女別れてその露天風呂に入れてもらいました。
旅館やホテルでしか見たことなかった露天風呂が家の中にあるとは思いませんでした。
49歳 女性のストーリー
身内の話で申し訳ないのですが、私の1番身近なお金持ちの人は旦那の母親です。
旦那の母親の両親の話まで行くと身元がバレてしまうので簡単な説明になってしまうのと、夫婦であっても旦那の父親は逆玉の輿なので、資産は全て母親のになります。
海外在住ですが、私の旦那の母親はある地方で工場経営をしていたり牧場(牛2000頭くらい)も持っていています。
後は地方に家を15軒所有しており他の方に賃貸で貸しています。
私は結婚するまで旦那の母親が金持ちだと言う事を知りませんでした。
結婚式が終わった時に、私にはエメラルドとダイヤモンド(鑑定書付)の指輪とピアス、ブラックパールのネックレスをくれて、私達には結婚祝いと言う事でトヨタの新車と一軒家を買ってくれました。
はい、これと鍵を渡された時は驚きました。
私は経済大国日本からの嫁です、旦那は途上国の国民です。
日本ではこの様な義理の母の様な方に会った事は無いです(身内と言う意味です)
23歳 女性のストーリー
40代の親戚の男性が、私の周りだとお金持ちだと思います。
結婚されてないので、休日は趣味で出かけたりしていました。
その趣味が、まずは自電車、釣りと至って普通なんですが、その人は大体のものが高級品で自転車なんか20万くらいのを即決で購入するところを見てびっくりしました。
それからは高級車を持ったり、大型テレビや時計など購入品のコレクションが凄すぎて少し羨ましかったです。
さらには一軒家に住んでいるので最近は、リビングをリノベーションして派手なピンク色のキッチンで驚きました。
最近ではもう一つの家として何千万のマンションを一括購入したそうです。
お金を持っている人は飛び抜けていて清々しいと思いました。
これだけ使ってくれたら経済も回るので有り難いと庶民は思っています。
46歳 女性のストーリー
職場の同僚が結婚したおじさんが一番のお金持ちだと思う。
仕事は飲食店を何軒か持っている社長さん。
普段はぱっとしないおじさんだが彼女と付き合っていたときに誕生日プレゼントに車を買ってくれた。
しかもクラウンで新車、わりといいクラスだった。
その他にも三連休などちょっとした連休では韓国や台湾などの近場の海外にお出かけする。
夏休みやゴールデンウィークなど長期の休みはハワイなど。
海外旅行だけで年に10回近くは行っていると思う。
結婚式はもちろんハワイでコテージを借りきって招待客もたくさん招いた様子。
あげくのはてには生まれたこどもはインターナショナルスクールに通わせている。
私たちの県は田舎なので隣の県まで新幹線通学させている。
自分にはあまりお金をかけないが請われるとどんどん出費するおじさんが一番お金持ちです。
24歳 女性のストーリー
何十万点もする指輪やネックレスを平気で買ったり
服も2着で5万円するような服を悩むことなく即買ったりしていた友人がいます。
基本欲しいと思った物は高くても買う、といつも言っています。
また乗ってる車がハリアーを乗っていたりするので
維持費も高いとは思いますが、相当お金を持っているんだな、と思いました。
ご飯行った時は必ず奢ってくれて、お金を一度も出したことがありません。
また誕生日プレゼントも少し高級な腕時計をくれました。
さらに普段行くことがない、高い焼き肉も食べさせてくれました。
自分にお金を使うより、友達などにお金を使って喜ばせたいと言っていましたが
その思考は私には理解ができず、お金を持っているからこその思考だなと思いました。
37歳 男性のストーリー
20歳前半で1等ジャンボ宝くじが当たった人がいます。
時間をかけて家族で世界一周旅行に行き、人生を満喫した後、地元の自治体やNPO法人等の公共の福祉のために寄付をしている人がいる。
お金がありすぎて持て余している感じがするが、特段、人生が狂うわけでもなく、日々平穏に暮らしており、農業や軽作業をして過ごしています。
一言でお金持ちといえども、千差万別でお金をどう使うのかは、その人次第です。
周りの環境や友人や関係する金融機関の人の影響も少なからずあるのかもしれませんが、結局は人に流されて騙される人間はお金持ちにはなれません。
自分で自分の生き方を考えて、出来ている友人がお金持ちになることは良い事だと思います。
30歳 女性のストーリー
友人の男性の家が不動産を持ってるお家。
京都一帯を管理しているお父さんを持ってるのでお金持ち。
マンションの4フロアを所有していて、友人の部屋は1フロア全部。
お父さんからベンツを買ってもらい、それで大学通学。
もちろんお手伝いさん付き。
友人には靴を買ったりご飯をおごったりと周りへも大盤振る舞い。
ただ、庶民をバカにしているところがあるのが残念。
口が悪く、すぐに「これだから貧乏人」はと話す。
そのため、それほど周りに好かれていたわけではない。
なにしろ自分のお金ではなく、親のお金を使っているわけです。
そのためその男性に対する尊敬も周りはなし。
ただ、お金を持っていることをうまく周りも利用していい思いをしている感じ。
32歳 女性のストーリー
いとこのお姉さんです。
ご夫婦で会社を経営してるので次元が違います。
年商などは知りませんが、車はお兄さんがマセラティお姉さんはベントレーに乗っています。
車好きな私からすると羨ましいです。
後7台程所有していると聞きました。
見たことないので車種は分かりませんが、テスラ、フェラーリ、ランボルギーニ、アウディ、レクサス、ベンツ、があるそうです。
身内の集まりのご飯会などは全てご馳走してくれます。
温泉旅行なども一緒に行きましたが、宿はテレビで見た高級宿だったので驚いたり、私が海外旅行好きなので、LINEでどこに行ったことあるのー?と聞いてくれてそれ以外で行きたい場所あるならそこを今度身内の旅行にしようと思ってると言ってくれて、モルディブに連れて行ってくれたのが本当に嬉しかったです。
40歳 男性のストーリー
田舎住まいですが相当貯め込んでいるようです。
以前母が入院したときは「お見舞い金」だと言って100万円が届きました。
流石にそんなに受け取れないと言いましたが、好きに使ってくれとのこと。
また、母の退院後の自宅のリフォームの費用も全て出してくれましたが、その直後にまた新たに田舎に一軒家を建てて、農園が出来るほどの土地とカフェが開けるほどの物件も購入していました。

どこから出たお金なのだろう?と思いましたが、どうやら配偶者の遺産のようです。
カフェをやっている程度で、他に特に仕事をしていないので正直羨ましいです。
おそらくこのまま財産を使い切ってから天寿を全うするつもりなのだと思います。
とあるロックバンドが好きで、ツアーで遠征などもしています。
30歳 女性のストーリー
元同僚は、実家暮らしでドケチなのでお金持ちです。
週に何度も趣味のプラモデルを買って、時間があれば作る。
年に2回は、友達の車で遠出して旅行。
友達から誘われたら、オールで飲み会。
週末は、一人カラオケや温泉へ行く。
毎週、木曜日と金曜日のお昼は、外食の日と決まってたらしく、何がなんでも外食してました。
仕事の話が昼休みに被るとずっとソワソワして、早く外食に行きたいアピールをしていました。
婚活パーティーや街コンにも積極的に参加してます。
しかし、他人にはお金は使いたくないようで、冗談で「奢って!」と言っても「金ないですよ」と言ったり、奢ってくれても領収書をもらったりします。
お金持ちは、他人にお金を払うことをしないので、自分は物を与えられて当たり前。
と思ってるから、お金持ちなんだと思います。
41歳 男性のストーリー
私の知り合いの中で、最もお金持ち(推定)の方についてです。
その方は50代前半の地方公務員で、奥さんと大学生の子供が2人の4人家族です。
職業も市役所の一般職で身なりや車も極めて普通で、自宅に至っては築40年近いお世辞にも綺麗とは言いがたい状態です。
しかしこの方、この地区の大身庄屋の子孫で、持っている土地の広さが半端ないのです。
その所有地に、大手企業の工場や大型ショッピングモールが建っています。また最近では一部の山を宅地造成のために開発業者へ売却したとのことです。
本人から少し聞きましたが、借地代だけで一月あたり200万以上の収入があるとのことです。
しかし前述したとおり、見た目には全くそのような素振りも見せないのでこの事実を知っている人間は私を含めてごく僅かです。
しかし、そのお金持ちっぷりが判るのが東京の大学への進学が決まった長男への投資の仕方です。
下宿ではなく、都内某所に大学生の長男のためにマンションを購入してあげました。また、バイトせずとも勉強に専念出来るように仕送りを月に30万円!
そして車は某ドイツ製高級車を与えていました。
一見親の甘やかしかと思いますが、この長男はその仕送り等を最大限に利用し、勉強に打ち込んでおり、国家公務員1種を目標としているとのことです。
38歳 男性のストーリー
私の元部下の人の話です。5年前までは、私の部下でしたが、昔からやりたいことがあると言っており、ようやく準備ができたので退職して、起業をしました。その方は、国籍が中国の方なのですが、日本語はN1レベルで日本人である私すらかないませんでした。この3年で年商を一億円まであげており、かなりのやり手だと思います。今話題になっている、外国人の方の職業支援をメインに行っており、自身の言語能力を活用しています。7か国語を習得しており、各国を回ってはいろんな国籍の方の職業支援を行っております。週1で、旅行にも行っており、従業員の人たちと写っている写真を常にフェイスブックは更新され、楽しい情報を発信しているので間違いなくお金持ちだと言えます。
23歳 女性のストーリー
高校生時代の友人です。
友人のお父さんが美容院を経営している方でした。
いつも話の次元が違っていました。基本的に習い事は、どこかに習いにいくのではなく自宅に講師がくるという形でした。
家庭教師の方や、バイオリンの先生など様々な習い事をしていました。

家はタワーマンションでとてもひろく、外の景観がとてもきれいでした。
トイプードルとマンチカンを購入したそうで、家全体が高級感にあふれています。
ペッパーというロボットも家においてありました。

洋服もブランドものばかりでした。
普段から、次元が異なっており、周囲の人からは「また自慢だ」と煙たがられていました。
本人にとっては、当たり前の生活だと思うので悪気はないんだろなと思っていました。
34歳 女性のストーリー
建設会社を経営している母の友人。
我が家が金銭的に苦しいとき、私立大学に通っている兄の学費を無条件に出してくれ、それについての返済は求めないと言ってくれている。
母はその友人の悩みや家族の愚痴などをよく聞いてあげているらしく、友人にとって母はなくてはならない存在の様子。
旅行とかよく誘ってくれるが、一般家庭の我が家では行きそうにないところ(豪華客船、列車の旅等)の時は、全て費用を出してくれる。
些細な額のときには、母も費用を払っているようで、それを断らないところも、気を遣わせない対応で好感がもてる。
車や家とかはこだわりがなく、普通より少し良いものを使っている程度だけど、人のために使うお金には額を問わないところが、本当のお金持ちだなと感じる。
34歳 女性のストーリー
元職場の同期。
その同期は、結婚相手として将来養ってもらえるような人(外見は多少タイプでなくてもよかった)を探し、IT関係の自営業をしている男性と結婚した。
現在は、2人の子どもに恵まれ、1人を出産したあとは、専業主婦として生活している。
本人は「旦那が自営業だし雇い主だからお給料を払う側だし、将来どうなるか不安」と言っているが、こどもは、いつもブランドの服を着て、おもちゃも高級、旅行も北海道から沖縄、海外も年に何度も行っており、持ち家はないものの住宅は高級マンションで月20万以上はしそうなマンションにすんでいる。
同期は料理が苦手だそうで、AI機能が搭載された調理器具を何台も持っており、犬も飼っている、どうみてもセレブな生活をしている。
31歳 男性のストーリー
職場の同僚の方で年齢は60近くの男性。
趣味は多岐にわたるが、別荘を2件所持している。
最近までもう1件所持していた。
クルーザー船も所持しているのを見たことがある。
自分と同じ身分で給与にもさほど差がないにも関わらず、そのようなものを買うための資金をどこから調達してくるのかはわからない。
聞くところによると、知り合いの中にはどこかの社長のような身分の人が多いらしい。
プレゼントでもらったという100万超のロレックスはいつも身につけている。
車も複数所持していて、車を買い替える話しも複数回聞いたことがある。
自分も車を買わないかとすすめられたが、お断りをした。
別荘に遊びに誘われることもあったが、お金の出所がわからない方なので、あまりかかわらないようにしている。
41歳 女性のストーリー
知り合いにフィリピン系中国人がいますが、とても豊かな暮らしをしています。
家業が何なのか謎でしたが、どうやら不動産収入が大きいようです。
10年程前ワンルームタイプのコンドミニアムをビジネスタウンに一棟建設し、所有しています。
では家業がディベロッパーなのかと思いきやそういうこともないようで、手広く様々な事業を行っているようです。
彼らには5人の子どもがおりますが、運転手に加え、子どもひとりにつき、ヘルパーがひとりついている為大人数になり、パーティーなどでは御一行様という状態です。
一番末の幼い男の子には、ふたりのヘルパーが付き添っていました。
夫婦はふたりだけで、毎年長期の海外旅行に出てしまうので、その間の子ども達の世話など、随分とヘルパーを信頼されているのだなと驚きます。
57歳 女性のストーリー
母のお友達グループの中の一人です。
といっても母はもうじき80歳になりますが、そのお友達はまだ60過ぎ。
ご主人は保険会社に勤務していらしたのですが、数年前、定年を待たずに急逝されました。
とてもお元気で、意欲に溢れた仕事熱心な方だったそうで、突然のことに回りも本当に信じられなかったほどだそうです。
そのご主人が掛けていた保険金が1億。
保険会社に勤めていたので、必然的に何口かの保険に入っていたらしいです。
子供がいないので、それの全てが奥さんのところに。
ご主人を亡くされた当初は落ち込んでいたらしいのですが、もともと明るい性格の方なので、時間とともに元気を取り戻し、今では自分の思うままに気楽な生活を楽しんでいるとのことです。
j乗馬クラブに通い、年に数回はハワイ旅行。
健康に良いといわれる磁気のブレスレットをなんと50万で買われたといってました。
毎日やりくりに四苦八苦している身には、羨ましい限りです。
34歳 女性のストーリー
以前勤めていた会社の上司と一緒に、上司の知人に挨拶に行ったことがあります。
健康食品の販売や美容系の講習などを行っている方で、自宅である都内のマンションにお邪魔しました。
天井の高い、何十畳もありそうな広~いリビングに通され、そのお宅ではお手伝いさんとそのお子さんも一緒に暮らしているようでした。
忙しくされているようで、日本全国や海外を転々とされているようで、翌日も海外で仕事だと言っていました。
眺めの良いリビングでハーブティーをいただきながらお話を聞いている時間が、とても非現実な感じがしたのを覚えています。
後日、あのマンションの家賃がわたしの給料半年分に匹敵するような金額だったと聞き、世の中にはそういう部屋に簡単に住めちゃう人がいるんだなと感じました。
そんな、自分にとっては殿上人のような方でしたが、液晶がバキバキに割れたスマホを持っていたのがギャップを感じてちょっとおもしろかったです。
33歳 女性のストーリー
私の友人でMRの仕事をしている30代後半の男性がいます。
彼は勉強家でよくビジネス関連の書籍を読んでいたり、動画を見ています。
彼は仕事の休みを利用してよく海外に旅行しています。
おそらく100か国以上は旅していると思います。
東京の一等地に一人暮らしをし、最近ではマンションを購入して家賃収入も得ているとのことです。
彼の買い物を見ていると高いお酒や食材を値段を見ずに購入している感じでした。
高級なレストランやバーにもよく出かけているようです。
独身でお金を資産運用しながらプライベートも楽しんでいる感じです。
やりたいこと、食べたい物、行きたい場所などにお金を惜しまず使っている様子は私の周りの中で一番お金を使っている感じに見えます。
43歳 男性のストーリー
私の大学時代の先生はもう停年退職されておられますが、
金融資産は1億以上あるとのことです。
東大卒業で、博士号を持ち、大学の教員となり、国立大学の教授と
なられたので、生活は全く困ってないようでした。
退職金も3000万円以上もらったそうです。
自分で行なっていた資産運用でも1000万円以上の利益が出ているようです。
現在は、80歳で、元気に暮らしておられます。
その先生は、健康に気をつけておられましたが、
国立大学の教授になった先生でも、若くして病気で亡くなられる先生も
おられました。
せっかく仕事で第一線に立つことができても、途中で亡くなっては、
日本国にとっても損失ですが、残された家族もとても悲しい思いをされるでしょう。
22歳 女性のストーリー
私の周りで1番お金持ちな人は、中学生のときの同級生で、まず中学生の月のお小遣いが1万5千だったということが衝撃的でした。その子自身はお金持ちアピールとかは全くせずに、ただお小遣いの話をしてた時にそれを普通に話していて、周りにいた友達は、みんなびっくりしていました。
お父さんは医者をしているとは聞きましたが、お母さんも働いており、何をしているかは知りません。
家に遊びに行った時、三階建ての一軒家で、リビングは開放感があり、バーベキューができるくらいのテラスみたいなのがありました。二階の部屋は、普通より少し広いくらいの、部屋でした。3階には、少し狭いけれどシアタールームみたいなのがあって、映画館みたい雰囲気のお部屋がありました。これにもびっくりしました。
その子は一人っ子で、特に習い事をたくさんしてるわけでもなく、ピアノが上手でマイペースな子でした。
26歳 女性のストーリー
亡くなった祖父。
生き物が好きな人だったが、多忙で世話ができず、現役時代はひたすら剥製を集めて客間に飾っていた。
現役を退いてからは離れを建てて、各種鳥類をそこで飼っていた。
また、裏庭を拡張して犬も飼い始めた。
母屋のメインダイニングにはアクアリウムが置かれ、母屋の庭(表庭)には池を作って番の鴨を泳がせていた。

いったいいくらかけていたのか孫の私にはわからないが、母や伯母叔父の話しぶりを見ると、動物だけでなく子や孫の生活費・学費、福祉関係にも惜しみなく援助していたようだ。おかげで学歴は一族のある世代以降は全員大学以上である。病弱だった祖母は手厚い医療サービスを受けていた。
祖母が亡くなってからめっきり気落ちし、祖父自身も病床に伏したが、自分の飼った動物たちを見送るまでは生きていた。

運の強さとノブレスオブリージュの精神を持った偉大な祖父だった。
25歳 女性のストーリー
私の高校時代の同級生で毎月ディズニーに行っている子がいました。
母は看護師さん、父は郵便局員さんで両親がディズニー好きなことから幼稚園のころから毎月のようにディズニーに行っていたそうです。
高校時代も毎月ディズニーに行ってはたくさんのお土産をクラスメイトに配っていて、仲のいい友達には1個4~5000円するような某有名人気キャラクターの限定ぬいぐるみを渡していたりしていました。
持ち物もブランド物がメインでペンケースやカバンや財布などあらゆるものがブランドものでした。
聞いた話によると出かけたときは家族で何千円もするコース料理や焼き肉などに行っているみたいでした。
両親はそれぞれベンツとクラウンに乗っていて、その子のお姉さんは幼稚園から大学まで私立のお嬢様学校に通われていてかなり頭も偉かったみたいです。
37歳 女性のストーリー
大学のサークルの後輩に某一部上場企業のオーナーの娘さんがいました。
車通学は認められていませんでしたが、彼女はいつも運転手つきの車で正門まで送ってもらっていました。
バックやアクセサリー、その他持ち物も洋服も上質なブランド品でした。
お父様が伊豆に大きな別荘を持っていて、私を含めたサークルの仲間たちを招待してくれたこともありました。
でも彼女はお金持ちであることで他人を見下したり、自慢したりすることはありませんでした。
私たち同様、学食ではB定食を食べていましたし。
また性格もよく、誰にたいしても優しく親切で、いつも笑顔の絶えない明るい子でした。
お金持ちの余裕からくる心のゆとりなんだろうなと思いました。
59歳 男性のストーリー
近所で仲良くしている方の話です。
本業は会社経営ですが、会社はもう実体なくて経費のためだけの会社です。
不動産も沢山持っていて、駅前にビルをいくつも持っていますし駐車場もかなりのぢ数を保持しています。
アパート、マンションも貸したりしています。
聞く限りですが、固定資産税だけで一部上場会社の管理職の年収を軽く超えるということです。
1000万円以上の輸入車を何台も持っていて、どの車も車検を通さず次の車に乗り換えています。
ベンツ、アルファロメオ、ポルシェや聴いたことのないメーカーや車種を持っています。
先日、家を改築したのですが日光から大工さんたちが泊り込みで工事をしていました。
できた家はお寺のような大邸宅で屋根も銅葺きのものでした。
海外旅行も出かければ、月単位で旅行しています。
40歳 女性のストーリー
お金持ちと言えば、中学時代の友人ですかね‥。
子供の頃、そんな意識はしていませんでしたが、確かに他の友人のお家にお邪魔した時とは違うことがたくさんありました。
まず、家が今思えば、こだわりが見えていたように感じていました。
ダイニングのテーブルは立ち上がっても真ん中に置いてあるものが取れないほど大きなテーブル。
家にはエレベーターがあり、ビックリしました。
出てくるおやつはどこかの高級デパートで売っているようなお菓子。
アイスは、サーティワンのアイス。
もちろん、私も食べたことはありますが、子供の友人に出すアイスなんて箱に何本も入って売っているようなのが定番だったので申し訳ない気持ちになってしまっていました。
そんな彼女のお父さんは、会社経営者。
今は結婚していますが、育ちが裕福だからかダンナさんもかなり稼いでいるようです。
久々に会ったらどこのおばさんかと思うほど、ふくよかな姿になっていました。
見た目からしてお金があるんだろうなと言った装いで。
月々の食費がダンナさんと二人暮らしで30万だと聞いた時にはなるほどねと、納得してしまいました。
38歳 女性のストーリー
高校の時の同級生の話です。
彼女は高校生の時から現実思考で、将来の夢が薬剤師でした。
薬剤師は安定して仕事がありますし、お給料もかなり良いので、絶対に薬剤師になるんだと言っていました。
そして実際に薬剤師になり、長年同じ薬局で働いています。
彼女は結婚するつもりがないらしく、一生独身を貫くことを決めているそうです。
そのために、二十代の後半で新築の分譲マンションを購入し、そこで妹さんと二人で暮らしているようです。
女性で、しかも若いうちにマンションを購入するなんてすごい!と、素直に尊敬していますし、憧れもあります。
美容にも気をつけていて、同窓会でもひと際目立つ存在です。
「お金持ちになりたかったから頑張ったんだ」と正直に言える彼女はとても素敵だと思います。
26歳 男性のストーリー
ダントツで海外保険と資産運用を手がけいるフリーサンスの営業マンですね。

拠点はインドネシアにしており、そこではファミリーで暮らしています。
奥さんも子供もインドネシアでそれぞれ会社勤めと学校に通っており、インターナショナルスクールの費用はハンパではないと嘆いていましたが、正直そこまで大変そうではありません。

というのも、月に一回はビジネスクラスで日本に帰ってきては高級クラブに連れて行ってくれたり、別荘でBBQを楽しんだりと、その人がいないとできないことばかりを経験させてくれます。

学生時代からの友人で、最もしょうもないことで笑い合っていた友人なのですな、最も成功している人であり、私も大きく稼ぎたいなぁと思っています。
22歳 女性のストーリー
お金持ちだなと思った最初は、なんでも奢ってくれるし、いつも外食でいいものばかりたべていたからです。すべての支払いをカードで行っていたのでしっかりとした金額を全く本人が確認してなくて、大丈夫なの?と思うことばかりでした。
しかし、そんな心配は無用だったのです。メーカー勤めの彼は新入社員なのに給料は初任給の平均をはるかに超えており、ボーナスは150万円以上という私から見たら規格外すぎる数字でした。突然なんの前フリもなくパソコンを買いにいき一括払いするなど、衝動的にお金を使っているイメージがありました。
世界が少し違うなと思いつつ過ごしていましたが、少し人を見下す人ようになっていってこんなのもないの?知らないの?と言われることが多かったです。
お金があっても謙虚にならないと嫌われやすいと思うので注意するべきだと思います。
30歳 男性のストーリー
わたしの周りで一番お金持ちの人は、私の父親です。
 私が小さな頃に起業し、バブルの恩恵を受けたのか成功したようで、現在でも会社経営を続けています。お金持ちになって気分を良くした父は、気が大きくなったのか私が5歳の頃に私や母と別れて、経営に没頭しました。仕事が趣味だということで、寝る時間も惜しんで仕事ばかりしている様子です。
 私も大きくなり自分の子供を持つ年齢になりましたが、子供や妻と別れてまでするような仕事の楽しさは理解できません。経済的に豊かになり、好きなことをしている父は、本当にいい人生なのかどうか私にはわかりませんが、とにもかくにも一番のお金持ちです。
 良い車、良い時計を持ち、広い家に住んでいますが、私は父のようになりたいとは思えません。
57歳 女性のストーリー
わたしの周りで一番お金持ちなのは、娘だろうか。
なにしろ、毎月お小遣いをもらい2ヶ月に1度はわたしの実家へ行った際に
母方のおばあちゃんからお小遣いをもらい、
年4回の夫の実家への帰省で父方のおばあちゃんからお小遣いをもらい、
正月には叔母さんや親戚からお年玉をもらっているのだから。
しかも、洋服とか本や文房具などの出費は親持ちなので、
純粋に自分の欲しいもののみにお小遣いを使えるのだ。
親の方といえば生活のために出費、娘の学費のために出費、夫の仕事の必要経費と
自分のためにお金を使う余裕などなく、読みたい本は図書館で調達し洋服はちまちまと着まわし、美容院へは年に一度行くか行かないか、しかし一向にギャラは上がらずむしろ下がる傾向にあるのだからまったくあわない話だ。
これで娘は大学に入学してアルバイトでもするようになれば、さらに収入は上がり、
我が家の中で一番お金持ちなのは間違いなく娘だ。

「わたしの周りの結婚できなそうだなという人」

31歳 男性のストーリー
36歳の同僚で、彼氏もいないと思われる女性がいます。
彼女は月~金曜日までフルタイムで働き、職場は渋谷ですが、千葉の幕張方面の実家で両親と暮らし、毎日通勤に往復4時間程かけて通っています。移動時間も長いので、プライベートな時間も取れていなそうで、出会いもなさそうです。フルタイムで勤務しているなら職場で出会いが...と思いますが、残念ながらうちの会社は家族経営の個人事務所で従業員は少人数で男性社員はみんな既婚者です。取引先や外注先などの対面の付き合いもほとんどないので、職場で男性との接点はほとんどありません。
その上、モテそうとか、男性ウケしそうとか、家庭的、いい奥さんになりそう、などの印象はなく、都心のお金持ちセレブ風のママさんを見ては理想を高めて憧れてしまっています。
見た目は綺麗にしていますが、人間として薄いというか魅力がありません。婚活やマッチングアプリも頑張っているようですが中々うまくいってないようで、そういう場でも人としての魅力って大事なんだと思います。
アラフォー、独身、実家暮らし、理想が高くて、仕事人間、プライベート時間もほとんどなさそう、な女性は結婚は難しそうだなと感じます。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
独身っていいなと思った瞬間
自分は特別だと思った瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
こんなひといました
わたしの周りで大変身した人
わたしの周りの大恋愛
わたしの周りで一番勉強ができた人
これまでに出会った天才
わたしの周りで一番お金持ちの人
あの人と縁を切ってよかった
今だから言えるごめんなさい
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
人が豹変した話
ノウハウ
異性は知らないなと思う話
業界ならではの話
○○の裏話
人間関係
女同士って面倒くさいと思った話
家族に一番感謝したこと
女って本当に恐いと思った瞬間
一番ひどい友達からの裏切り
学んだこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
これまでの人生で悟ったこと
思い出
修学旅行の思い出
人を見返してやった話
忘れられない先生の話
今までで体験した一番怖い体験
お金さえあればと感じた瞬間
一番おいしかった食べ物
今までで一番感動した話
これまでに一番勇気を出した瞬間
どうしても許せないこと
忘れられない夏の思い出
一番の苦労話
忘れられない夏休み
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
これまでで一番驚いた話
これはひどいなと思った結婚式
人生で一番贅沢した話
人生最大の修羅場
人生最大の失恋話
これまでで一番悲しかった時
学校や仕事をサボってやったこと
これまでで一番お金を無駄にした話
死ぬかと思った話
人生で一番運が良かったなと思う出来事
とっておきのすべらない話
これまでで一番笑った話
嘘みたいなほんとの話
奇跡だと思った話
私について
苦手だったのに得意になったエピソード
そういえば昔夢見ていたこと
わたしがやめられないもの
もっとも尊敬する人
仕事での大失敗
誰かに聞いてもらいたい愚痴
人生が変わった出来事
誰にも言っていない秘密
私の変えたい過去
わたしの初恋と、その結末
結婚・恋愛
結婚を後悔した瞬間
夫婦関係を続けていくのが不安になった話