"AI" に関するエピソード

「わたしの周りで一番お金持ちの人」

34歳 男性のストーリー
私の周りでの一番のお金持ちの話を述べますと、ボランティア仲間の男性です。
30歳の時に離職をし、今では株と実家の仕送りだけで生計を立てております。
定職も一切していません。
さらには家も2件も借りており、相当のお金持ちであると感じました。
その根拠となる出来事を述べます。
ボランティア活動中に仕事について聞かれました。
私は現在障害者雇用で働き、手取りで12万程だといった所こう彼は述べました。
「君がその気なら20万貸すよ、返す日はいつでも構わない。
君自身、障害を持っている事はこれからの世の中の変革に対応するのは大変だ。
消費税増税やらAIやスマートフォンを使いこなすやら技術進歩で大変だろう。
無理はするな。
その気になったらいつでも貸す」と話をしました。
彼自身は、まじめで一生懸命にキチンとボランティア活動をしています。
今は私は働きつつも自分で生活してやっています。
でも本当に困ることがあれば、その時にキチンと状況説明をして、借りようと思っております。
34歳 女性のストーリー
元職場の同期。
その同期は、結婚相手として将来養ってもらえるような人(外見は多少タイプでなくてもよかった)を探し、IT関係の自営業をしている男性と結婚した。
現在は、2人の子どもに恵まれ、1人を出産したあとは、専業主婦として生活している。
本人は「旦那が自営業だし雇い主だからお給料を払う側だし、将来どうなるか不安」と言っているが、こどもは、いつもブランドの服を着て、おもちゃも高級、旅行も北海道から沖縄、海外も年に何度も行っており、持ち家はないものの住宅は高級マンションで月20万以上はしそうなマンションにすんでいる。
同期は料理が苦手だそうで、AI機能が搭載された調理器具を何台も持っており、犬も飼っている、どうみてもセレブな生活をしている。

「「あなたの番です」のあらすじ」

50歳 女性のストーリー
新婚の夫婦の手塚菜奈と翔太がキウンクエ蔵前に引っ越してきて、菜奈が代表で出た、最初の住民会で殺したい人の名前を書くことにしようと紙に書いて、箱に入れ、住民がその紙を引きました。そして、その日のうちに管理人の床島比呂志が屋上から落下して死にました。
その後、医師の山際祐太朗、ブータン料理屋の店主のタナカマサオ、502号室の赤池夫妻、俳優の袴田吉彦、102号室の児島佳世、201号室の浮田啓輔、菜奈の戸籍上の夫の細川朝男、銀行員の甲野貴文、菜奈、刑事の神谷将人が殺されました。山際は402号室の榎本早苗が殺したと自供しました。赤池、児島、浮田、甲野、神谷の犯行を動画で自白した202号室の黒島沙和のストーカーの内山達生も自分の部屋で自殺しました。
その後、黒島沙和が犯人としてAIの分析で89%と出ました。
30歳 男性のストーリー
新婚夫婦の将太と菜奈が引っ越して来たマンションで、交換殺人ゲームが行われる。住人達の謎の死が繰り返される中で、将太と菜奈が犯人特定の為に動き出したが、その最中で将太の妻である菜奈も誰かのてによって殺されてしまう。怒りに満ちた将太はその犯人に復習をする為に、犯人特定へ全力で取り組むのであった。
そして第2章反撃編が始まり、将太の隣部屋に二階堂が引っ越してくる。彼は将太からこのマンションで殺人が繰り返されていることを伝えられ、犯人特定への協力を求められるなか、自身が作成したAIを駆使した犯人探しを始める。そんな中で二階堂が黒島に恋心を抱く。
エピソードも終盤になりさまざまな情報が固まった中でAIが出した答えがまさかの・・・
果たして誰が犯人なのか、何故殺人が繰り返されるのか、最終回に向けて目が離せないストーリーとなっている。
20歳 女性のストーリー
手塚翔太、菜奈夫妻は結婚し、あるマンションに引越してきた。菜奈は住民会にでると、そこで遊び半分の交換殺人ゲームに参加することになった。住民は各自殺したい人を書き、住民で回す。そこから交換殺人ゲームが始まってしまう。管理人が転落死することからはじまり、住民の周りの人が次々と殺されていく。住民会に参加していなかった翔太も交換殺人ゲームの存在を知り、交換殺人ゲームを進めている黒幕を探していくことが1クール目の主な話であった。1クール目で1番の衝撃は最終回で菜奈が殺されてしまうことであるだろう。2クール目では翔太主体となり菜奈を殺した交換殺人ゲームの黒幕を探すことが主となる。バディとして横浜流星を迎えAIを使いながら犯人を模索していく。たくさんの伏線があり、住人の中に怪しい人物は複数いる。SNSでも犯人の考察が盛り上がりを見せており、回を追うごとに白熱している。残り2話となったいま、誰が犯人なのか、これまでの伏線を回収できるのか注目の作品である。
29歳 女性のストーリー
結婚して新しくマンションに引っ越してきた夫婦が、マンション内で行われる交換殺人ゲームに巻き込まれていきます。どんどん紙に書かれた人が死んでいく中で、住人たちは疑心暗鬼になっていきます。自分が既婚者でまだ離婚できていないという現実に後ろめたさがある妻は、夫に交換殺人ゲームのことを秘密にしていました。しかしついに話し合い一緒に犯人を見つけようとすることに。そんな中、妻が何者かに殺されてしまい住人が怪しいと思う夫はなんとしても復讐しようと犯人を探し続けます。新たに引っ越してきた人と協力してAIに犯人を当ててもらおうと様々なデータを入力していきますがなかなか見つかりません。少しずつ事件の真相がわかっていきますが、新たな謎も増えてきます。
25歳 女性のストーリー
久住が階段から突き落とされ、田宮は黒島の元彼の波止を殺したと自主をし、そしてAIによって犯人と疑われた黒島。そんな展開から始まった第19話。翔太はすっかりAIを信じ、黒島を疑います。ですが彼氏の二階堂はどうしても信じたくなく…、二階堂は小野が塩化カリウムに詳しい、殺された手塚奈々のことを毛嫌いしてた、内山の動画が小野の部屋で撮影されていた可能性があること、そして南の娘が殺された高知に小さい頃高知に住んでいたという事実から小野を犯人と疑います。
そして不可解なことが1つ。完成したはずのパズルうちの1ピースが不自然で、そこを外すと奈々の字で占いの紙が…。奈々が気づいたのはラッキデー殺人。これがまた黒島を疑うきっかけになってしまいます。そんな翔太に嫌になったのか、犯人をおびき寄せるためにホテルに翔太と2人きりになり翔太の首を締め襲います。翔太は果たして助かるのか…
31歳 女性のストーリー
マンションの住民会でたまたま話題に出た交換殺人ゲーム。
殺したい人の名前を紙に書いてそれぞれが紙をひき、書いてあった人を殺す。
冗談のようにも思われた話題でしたが、その後管理人がマンションから落ちて死んでしまう。
マンションの掲示板には「管理人」と書かれた紙が・・・
その後マンションで次々と殺人が起きる。
その謎を解こうと奈菜と翔太は動くが、翔太が入院中奈菜までも殺されてしまう。
翔太は復讐を誓い、色々な人を巻き込み犯人探しを始める。
協力を頼んだのは新しくマンションに引っ越してきた大学生の二階堂だ。
二階堂はAIの研究をしていて、翔太はそのAIを利用して真犯人を見つけようとしています。
少しずつ色々なことがわかってくる中、AIが出した犯人は二階堂の恋人・黒島だった。
黒島を守ろうとする二階堂と、黒島を犯人と疑っている翔太は次第にすれ違っていく。
翔太と二階堂はついてに、犯人をおびき寄せるため、あやしい人物に手紙を出すことにしました。
約束の時間、その場に現れたのは…
301号室の尾野だった。
尾野に気を取られている翔太を後ろから襲ってきたのはなんと二階堂でした。
首を絞められて気絶してしまう翔太。
二階堂は翔太を裏切ったのだろうか、本当の目的は?
41歳 女性のストーリー
マンション内での住民同士の名前を書いていく交換殺人ゲームをきっかけに連続殺人が発生していくドラマ。主人公の周辺住人が次々と殺されていく中、犯人を突き止めるために主人公は奔走し推理を進めていく。それぞれがそれぞれに疑いをかけ、住人それぞれの性格や、生活・仕事・過去など、個々のパーソナルな部分に踏み込んでいき推理を巡らすが、犯人が判らないまま殺人が進んでいくスリリングな展開とストーリー。そんな中、遂に主人公の奥様ナナちゃんも交換殺人の被害者として自宅で殺されてしまう。怒りと悲しみに打ちひしがれた主人公は、同じマンションに住む大学院生と組んでAIの技術を併せて犯人像に迫っていく。犯人を追っていく中で、住人を殺した犯人は複数おり、次々と浮かび上がってくるが殺されてしまう。しかし、主人公の奥様ナナちゃんを殺した真犯人は判らないまま。犯人として絞り込まれていく住人と、主人公との攻防を追っている。

「この職業で良かったなと思う瞬間」

27歳 男性のストーリー
私はITエンジニアをしています。この職業をしていてよかったと感じる瞬間は、周囲の人と仕事の話をしている時です。
違う仕事をしている友人等との食事や飲み会の場で仕事の話になると、大部分が愚痴のようなマイナスのことばかりで、なんでその仕事を選んだのだろうと感じてしまいます。
私は現在の仕事内容には全く不満がなく、IT技術の急激な進化も相まって、必要性の高い職に就くことができたと感じています。
また、「多くの職業がAIで代用される」といった話をよく耳にしますが、私はAIの開発を行う側なので、少なくとも私が生きている期間は必要とされるのではないかなと感じています。
仕事に不満がないことがよかったと感じるとは思いもしませんでしたが、周囲の環境と比べることで実感できています。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
自分は特別だと思った瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
独身っていいなと思った瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
こんなひといました
わたしの周りで大変身した人
わたしの周りで一番お金持ちの人
今だから言えるごめんなさい
これまでに出会った天才
わたしの周りの大恋愛
あの人と縁を切ってよかった
わたしの周りで一番勉強ができた人
人が豹変した話
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
ノウハウ
業界ならではの話
異性は知らないなと思う話
○○の裏話
人間関係
家族に一番感謝したこと
女同士って面倒くさいと思った話
女って本当に恐いと思った瞬間
一番ひどい友達からの裏切り
学んだこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
これまでの人生で悟ったこと
思い出
奇跡だと思った話
今までで体験した一番怖い体験
学校や仕事をサボってやったこと
修学旅行の思い出
これはひどいなと思った結婚式
どうしても許せないこと
人生で一番運が良かったなと思う出来事
とっておきのすべらない話
人を見返してやった話
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
忘れられない先生の話
人生で一番贅沢した話
これまでで一番笑った話
お金さえあればと感じた瞬間
死ぬかと思った話
これまでで一番悲しかった時
一番おいしかった食べ物
嘘みたいなほんとの話
これまでに一番勇気を出した瞬間
これまでで一番驚いた話
これまでで一番お金を無駄にした話
人生最大の修羅場
忘れられない夏休み
人生最大の失恋話
忘れられない夏の思い出
今までで一番感動した話
一番の苦労話
私について
誰かに聞いてもらいたい愚痴
誰にも言っていない秘密
わたしの初恋と、その結末
私の変えたい過去
人生が変わった出来事
わたしがやめられないもの
苦手だったのに得意になったエピソード
そういえば昔夢見ていたこと
仕事での大失敗
もっとも尊敬する人
結婚・恋愛
夫婦関係を続けていくのが不安になった話
結婚を後悔した瞬間