"呼び出し" に関するエピソード

「今までで体験した一番怖い体験」

54歳 男性のストーリー
僕は小学校と中学の時にいじめられた経験があります。その為に登校拒否をなんどかありました。それから高校に入ってからいじめられた子を助けるためにヤンキーみたいな連中に文句を言ったら仕返しされてそれで高校の担任にそれを言ったら逆に先生がほっといたらいいのではないかと言われたのでほっといたらまた僕に暴言を吐かれたんで一発殴りました。それから何も言われなくなりその生徒はタバコを吸って退学になりました。ほとんでシンナーとかタバコで退学になってその人たちはヤクザになっているみたいです。僕は多分隙があるのではないかと自分では思っています。中学の時にいじめられて言い返したら集団で暴言言われて担任の先生に言ったらその子達を呼び出して注意したけどターゲットを他の女子に向けてその女子は自殺しました。悲しい出来事でした。

「これまでで一番笑った話」

33歳 女性のストーリー
同窓会の飲みの席で友人づてに聞いた話です。
浮気がバレて彼女を失いそうになった私の元クラスメイトの男性(30代前半)。
そんな彼は、頭がちょっと悪い以外は会話も面白く、空気が読めて、年齢の割にも童顔で甘え上手な性格から、女性の母性本能をくすぐるやつでした。
浮気がバレてしまい、それに気付いた本命彼女に別れを匂わされて焦って名誉挽回しようと決意した彼は、ハリポタオタクである本命彼女を映画グッズで釣って仲直り…と計画するも、それは関西のUSJ限定商品のようでした。購入代行を現地の人に頼みたいと考え、何故か浮気相手の彼女に依頼したそうです。
この時点で???なのですが。

無事希望通りのグッズを入手でき、ホッとして大喜びした彼。
浮気を反省するどころか、感謝のあまりお礼にディナーをご馳走しそのままホテルへとしけ込み、浮気続行したようです(謎)。
その日はクリスマスイヴでした。

翌日のクリスマス、家に呼び出した本命彼女に「どや!」とでも書かれたような顔でグッズを差し出す彼。
「メリクリ。これ、欲しかったやつやろ?」

無表情だった彼女はその一言で更に表情を一変、地を這うような声で「メリクリってかさぁ、」

「メリクリじゃねえ!!メリークルーシオ!!!」

と言い放つと、呆然とする彼の首を締め上げた後、言い訳の隙もなく張り手。そのまま去って問答無用で連絡を絶たれてしまったそうです。
本命彼女はおそらく、元カノのSNSなどで文面や、購入グッズ等同じ物を見て確信したのだと思います。

クルーシオはハリポタの世界における禁断の魔法の1つ、相手を苦しめる拷問魔法の呪文です。
首を締め上げられながら唱えられるなんて想像するだけでトラウマものです。ハリポタオタの彼女怖え……。

いつでも詰めが甘く、浅はかで憎めない彼の性格と、ブチギレた本命彼女が上手いこと言ったのが、聞いているうちにツボに嵌ってしまい、つい今までになく笑ってしまいました。

「これまでに出会った天才」

36歳 女性のストーリー
ソフトボール部の、学年が1つ上の先輩です。
とても身体能力が高くスポーツは何でも出来て、性格もサバサバして男っぽく、みんなの憧れでした。
女からもモテて、他の中学校のソフトボールチームの女の子達が、試合のあとサインをもらいに来るほどでした。
彼女は守備も完璧で、バッティング力もすさまじく、どんな球でも打ちます。
牽制ボールでさえ身を乗り出して打ち、ホームランにしてしまう、そんな天才でした。
私がいじめられている時も助けてくれ、いじめていた子達を呼び出しシメてくれました。
そんな彼女は、ソフトボールの推薦で他の県の高校に進学し、それからは会わなくなりました。
そして何年か時が過ぎ、彼女は実は姓同一障害で、男になったと聞きました。
その頃はまだ姓同一障害は有名ではなく、彼女も苦しかっただろうと思います。
どうりで身体能力が高く、かっこ良かったはずだと、納得しました。
私の人生を大きく変えてくれた、大切な人です。

「わたしの初恋と、その結末」

39歳 女性のストーリー
私の初恋は小学校3年生の時でした。相手はクラスの同級生で、いつも一緒に遊ぶグループの男の子でした。子どもでしたから、それまでは、好きな人といってもコロコロ変わったり、クラスに1番目から4番目に好きな人がいる状態でしたが、初めて1人の子を長く想うようになりました。彼は勉強こそ出来なかったけれど、運動神経は抜群で運動オンチな私はいつも助けられていました。バレンタインのチョコを初めて家族以外で渡したのも彼でした。学校には持ち込み禁止だったので、近くのスーパーに放課後呼び出しました。彼が来てくれるか、今の関係が壊れるんじゃないか、幼心にドキドキしたのを覚えています。無事に渡せて、関係も変わらず、ホワイトデーのお返し(確か、かわいい入れ物に入ったくまのクッキーだったと思います)ももらえました。大人のように付き合うもなにもなかったけれど、何気ない日々がすごく嬉しくて、毎日がとても楽しかったです。ですが、その1ヶ月後、私は親の転勤で引っ越すことになりました。そこで思っていたのはやはり彼のことです。子どもにとっては県をまたいでの移動なんて外国と同じですし、漫画やアニメのように手紙を出すなんて考えつきませんでした。こうして私の初恋は終わりました。最近、娘も大きくなり、あの頃の私の歳を越えて、好きな男の子が出来たのでこの話をしました。彼もどこかで私のことを覚えていてくれたら嬉しいな、と思います。
39歳 女性のストーリー
私の初恋は小学校3年生の時でした。相手はクラスの同級生で、いつも一緒に遊ぶグループの男の子でした。子どもでしたから、それまでは、好きな人といってもコロコロ変わったり、クラスに1番目から4番目に好きな人がいる状態でしたが、初めて1人の子を長く想うようになりました。彼は勉強こそ出来なかったけれど、運動神経は抜群で運動オンチな私はいつも助けられていました。バレンタインのチョコを初めて家族以外で渡したのも彼でした。学校には持ち込み禁止だったので、近くのスーパーに放課後呼び出しました。彼が来てくれるか、今の関係が壊れるんじゃないか、幼心にドキドキしたのを覚えています。無事に渡せて、関係も変わらず、ホワイトデーのお返し(確か、かわいい入れ物に入ったくまのクッキーだったと思います)ももらえました。大人のように付き合うもなにもなかったけれど、何気ない日々がすごく嬉しくて、毎日がとても楽しかったです。ですが、その1ヶ月後、私は親の転勤で引っ越すことになりました。そこで思っていたのはやはり彼のことです。子どもにとっては県をまたいでの移動なんて外国と同じですし、漫画やアニメのように手紙を出すなんて考えつきませんでした。こうして私の初恋は終わりました。最近、娘も大きくなり、あの頃の私の歳を越えて、好きな男の子が出来たのでこの話をしました。彼もどこかで私のことを覚えていてくれたら嬉しいな、と思います。

「忘れられない先生の話」

23歳 男性のストーリー
高校時代、入学してすぐの事です。
私は野球部に入部しました。
新入部員は私を含めて15人でした。
当時、先生(監督)はとても理不尽ですぐ怒る方でした。さらに暴力的なことも多々あるで有名でした。これは他の生徒にはすることなく、野球部員だけの態度でした。
ある日、先生の体育の授業で同期の野球部が忘れ物をしました。
それを授業を受けていた生徒の前で説教をしました。
先生の怒りのボルテージが上がり、最後に生徒の前で暴行を行いました。
それを見ていたある生徒が学校で定期的に行われる体罰調査のアンケートでそのことを書くと、学校側で問題となりその生徒は呼び出しを受けたりと大変なことになりました。
結果、先生の処分は減給になりました。

「人を見返してやった話」

46歳 男性のストーリー
とある仕事で、上司たちは手柄欲しさに社内で嘘八百の報告ばかりしていました。
全く関係のなかった私が、いきなり引き続きもなく、ただ成功する案件だからと渡されました。
今まで、携わっていた案件も、問題整理してやっと完成し、社内で表彰されて、一息ついて、旅行でも行こうかな、と考えていた時に、でした。
取り敢えず、状況を把握し、先方の状況を確認して、それをまとめて報告しました。
案の定、大問題になりました。
どちらが嘘つきか、はっきりさせるよりも、先方(お客様)から、社の経営幹部に、事実は何か、何をしてもらいたいか、はっきり言ってもらうようにしてもらいました。
事実関係を掴んだ幹部は、関係者全員を個別に呼び出し、真実は何か?を確認してもらいました。その結果、上司たちは全員定期異動で変えられた時。そして、その案件がきちんと成功した時。

「学校や仕事をサボってやったこと」

27歳 男性のストーリー
私が新卒で入った車のディーラーに営業マンとして入った時の話です。入社して1.2年目は、覚えることもたくさんあり、2年目は後輩も多く入ってくるため、なかなか気を抜けず、休日も返上して仕事に励む日々が続いておりました。
そんな中、私が暇な時にしていたのがパチンコです。自由な時間も無く、いつお客さんや、会社から呼び出しがあるか分からない状況でしたので、お金はあるけど遠出もできない、だからパチンコによく行ってハマっていました。
そして、3年目に上がると、基本的な仕事は後輩たちに任せ、外回りに出れる時間も多くなった私は、結果も出していたので外回りと言いつつパチンコによく行っていました。
仕事をサボってパチンコをする背徳感がまた格別でしたが、最終的にはタバコを吸わない私のスーツから匂うタバコ臭を同僚に指摘され、気まずい思いをしましたので、皆さんはサボるときはもっと上手く出来るといいと思います。

「人生が変わった出来事」

43歳 男性のストーリー
私は中学生の頃に不良グループから使い走りとしてコキ使われていました。高校に進学すれば不良グループと離れられる。そんな希望を持ち中学三年間を過ごしました。高校生になると新しい友人達に囲まれながら青春を謳歌し、次第にヤンチャな友人も増えて行きました。高校一年生の夏休みに地元の中学校卒業を卒業した同級生と会うことになり待ち合わせ場所に行くと、同級生はバリバリのヤンキーに変身していて既に高校は退学になっていました。この同窓生と私は夜な夜なつるむようになり、気が付くと私自身もヤンキーになっていました。夏休みが終わろうとする頃、ヤンキーの同窓生の提案で私を中学生時代にコキ使いまくったヤンキーグループに復讐しようと提案があり、悩んだ挙げ句呼び出しました。勢いよく威圧しながらやって来るかつての敵達。体に染み付いた恐怖感を抑えて私も威喝して一人と喧嘩になりマグレで私は勝ってしまったのです。その後、立場は逆転して敗退した彼等は私と同窓生の使い走りとして高校三年間を過ごしました。因果応報。私の人生が変わった瞬間です。

「人生最大の修羅場」

23歳 女性のストーリー
私の人生最大の修羅場は当時付き合っていた男性とその元カノとの浮気が原因でした。
浮気が発覚したその日、彼は私の家にお泊りをしていました。朝方何度も繰り返し鳴る彼の携帯に違和感を感じ見てはいけないと思いつつ見てしまったんです。
それはどこかで聞いたことのある女からのラインでした。その女の子は彼の元カノで私も面識があったので名前を見た瞬間ドキッとしたのを覚えています。
ここから私は自分でも驚くほど冷静に対応していました。まず彼の携帯を使って元カノにこう連絡を取りました。
「〇〇なら今私の横で寝ています。気になって携帯みてしまったんですけど、あなたと浮気してるんですね?」と。
元カノからもすぐに返事が来ました。内容としては私に対する謝罪とそれでも彼が好きだということでした。
このあとは彼を叩き起こし浮気相手を呼び出して話し合いをしました。私は彼と浮気相手に対して言いたいだけ暴言を吐いて、それでも彼を許すことができませんでしたので別れを告げました。彼と元カノもその後は上手くいかず破局したようです。

「仕事での大失敗」

34歳 女性のストーリー
人材派遣会社で勤めている時の話です。
元々1人派遣していた建設会社から現場監督の依頼がありました。派遣中の方が優秀で、長く派遣していたこともあり直接雇用の話が出ていたところです。また良い人紹介をお願いと言われ、こちらとしても良い就業先だったのでなんとか人材を募集して派遣しました。が、この新しく派遣をした人が問題ありでした。はじめはうまくいっていたのに、だんだんわがままを言うようになりました。私への呼び出し回数も増え、無断欠勤や金銭の要求など、どんどんエスカレート。今まで良い関係でいた会社だったのですが、社長から呼ばれてしまいました。今後は紹介不要とのことでした。単価もよく、長期で使っていただけた顧客だったのになくなってしまいました。
あの時、別の人を派遣していればと悔やんでも悔やみきれません。

「一番ひどい友達からの裏切り」

31歳 女性のストーリー
中学生の時に同じ学校の同級生を好きになりました。その人は陸上部でとても足が早く、私は毎日教室からグラウンドをみて、彼にドキドキしていました。そんな私をみて、周りの友達たちも応援してくれて、毎日「今日あいつ遅刻してきたよ」とか「今あいつトイレ行ったからチャンスだから話しかけてきなー」など情報やアドバイスを教えてくれました。

そんな毎日を過ごしていて、とうとう私は自分の気持ちに我慢が出来なくなりました。いつも1番に応援してくれていた友達に「私明日告白してくるわ」と宣言して、次の日放課後彼を呼び出し、思いの丈を伝えました。すると彼から「ごめん。昨日からお前の友達に告白されて付き合うことになったんだ」と言われたんです。その友達が告白を宣言して、毎日1番に応援してくれていた子だったのです。ショック過ぎて、その子にどうしてそうなったのか聞くことも出来す、今も友情は続いています。
24歳 女性のストーリー
高校生の頃、彼氏と親友が浮気をしていました。私に、バイト終わるの待ってるね!帰りは迎えに行くから頑張れ!と言いつつ、私の親友を呼び出しカラオケ行ったりなんやかんやしたり…。
そのことは共通の友人から聞かされました。
親友は大好きだった元彼がいて,その人と私の彼氏を重ねてしまったと言っていました。
何かある度に相談してお互い励ましあって何があっても味方でいる!ってずっと一緒にいたのに。本当に心からショックであれから7年たった今でもたまに思い出して、なんで…?と悲しくなります。
ですが私には今、可愛い子供に優しい主人がいてとても幸せです。
当時の親友はあの時のことをどう思っているのか分かりませんが私は仲良かっただけにきっとこれからも許せないんだろうなと思います。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
自分は特別だと思った瞬間
独身っていいなと思った瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
こんなひといました
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
あの人と縁を切ってよかった
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
わたしの周りで一番お金持ちの人
人が豹変した話
わたしの周りの大恋愛
今だから言えるごめんなさい
これまでに出会った天才
わたしの周りで一番勉強ができた人
わたしの周りで大変身した人
ノウハウ
異性は知らないなと思う話
○○の裏話
業界ならではの話
人間関係
女って本当に恐いと思った瞬間
家族に一番感謝したこと
女同士って面倒くさいと思った話
一番ひどい友達からの裏切り
学んだこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
これまでの人生で悟ったこと
思い出
お金さえあればと感じた瞬間
これまでで一番笑った話
奇跡だと思った話
どうしても許せないこと
人生で一番運が良かったなと思う出来事
これまでに一番勇気を出した瞬間
今までで一番感動した話
これはひどいなと思った結婚式
嘘みたいなほんとの話
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
死ぬかと思った話
人を見返してやった話
人生最大の失恋話
一番おいしかった食べ物
これまでで一番驚いた話
修学旅行の思い出
今までで体験した一番怖い体験
人生で一番贅沢した話
忘れられない夏の思い出
これまでで一番悲しかった時
これまでで一番お金を無駄にした話
学校や仕事をサボってやったこと
忘れられない先生の話
忘れられない夏休み
人生最大の修羅場
とっておきのすべらない話
一番の苦労話
私について
そういえば昔夢見ていたこと
わたしの初恋と、その結末
苦手だったのに得意になったエピソード
人生が変わった出来事
誰にも言っていない秘密
私の変えたい過去
わたしがやめられないもの
もっとも尊敬する人
誰かに聞いてもらいたい愚痴
仕事での大失敗
結婚・恋愛
結婚を後悔した瞬間
夫婦関係を続けていくのが不安になった話