"保育園" に関するエピソード

「わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード」

23歳 男性のストーリー
自分が保育園~小学生の頃、お手伝いが好きで共働きの両親に代わって洗濯物を取り込み畳むことを積極的にしてました。
夜になり母が仕事が終わり帰ってきて、その畳まれた洗濯物を見て「ありがとう~ほんと助かるよ~」ととても褒めてくれてるのが嬉しくて仕方なかったのをよく覚えています。
しかし、所詮小さい子供が畳んだものなのでたたみ方も綺麗とは言えませんし、タンスに入るように畳むにはまた違ったたたみ方があるのでしょう。
自分が寝たあとに母がこっそり洗濯物を畳みなおしているのを、夜トイレに起きた先に見てしまいました(母には気づかれてない)。
それがなんとなくショックで、逆に手を煩わせたような気がしてそれ以来お手伝いをあまり積極的にしなくなった覚えがあります。
しかし今考えると母のあの喜んでた顔は、息子の積極的に手伝う純粋な気持ちに答えるためだけでなく、その思いに対する本当の喜びであり、「愛」のある優しい嘘だったのかなぁと思います。

「わたしの初恋と、その結末」

30歳 女性のストーリー
保育園の年少組の頃でした。コウイチ君という男の子が好きでした。コウイチ君は他の3、4歳児とは違ってどこか大人びた雰囲気を持つ子でした。
その姿が私にはかっこよく思えたのしれません(今では定かではありませんが)。
それからはよく話しかけたり、遊びに誘ったりと積極的なアプローチをしていました。当時の写真にはよくコウイチ君が一緒に写っています。
バレンタインの時にはチョコレートも渡していました。これは小学校に上がるまで続けていました。
保育園までは直接手渡ししていたのですが、小学校は別々だったので親がコウイチ君の家に行き渡しました。
クールなコウイチ君はそれまでも私の好意には受け流す感じでいました。今思えば照れていたのかもしれません。
親がチョコレートを渡したその夜、電話が来ました。私が出るとぼそりと一言「チョコありがとう」と言って切れました。
それ以降は私も成長し、別の子が好きになったり、友達と遊んだり部活や習い事が忙しかったりとコウイチ君とは疎遠になりました。
親同士は今でも交流があるので、彼の近況は時々耳に入ります。今でも元気に生活しているようです。
私は彼とは全然違うタイプの人と結婚しました。でも、コウイチ君との思い出は幼い頃の1ページとしてずっと忘れないでしょう。
30歳 女性のストーリー
保育園の年少組の頃でした。コウイチ君という男の子が好きでした。コウイチ君は他の3、4歳児とは違ってどこか大人びた雰囲気を持つ子でした。
その姿が私にはかっこよく思えたのしれません(今では定かではありませんが)。
それからはよく話しかけたり、遊びに誘ったりと積極的なアプローチをしていました。当時の写真にはよくコウイチ君が一緒に写っています。
バレンタインの時にはチョコレートも渡していました。これは小学校に上がるまで続けていました。
保育園までは直接手渡ししていたのですが、小学校は別々だったので親がコウイチ君の家に行き渡しました。
クールなコウイチ君はそれまでも私の好意には受け流す感じでいました。今思えば照れていたのかもしれません。
親がチョコレートを渡したその夜、電話が来ました。私が出るとぼそりと一言「チョコありがとう」と言って切れました。
それ以降は私も成長し、別の子が好きになったり、友達と遊んだり部活や習い事が忙しかったりとコウイチ君とは疎遠になりました。
親同士は今でも交流があるので、彼の近況は時々耳に入ります。今でも元気に生活しているようです。
私は彼とは全然違うタイプの人と結婚しました。でも、コウイチ君との思い出は幼い頃の1ページとしてずっと忘れないでしょう。

「どうしても許せないこと」

21歳 女性のストーリー
私はここ最近でどうしても許せないことがありました。それは親戚の言葉です。
私は18歳で第一子を産みました。親も喜んでくれてとても可愛がってくれています。親戚には何が気に入らないのか私達家庭の悪口をよく言われます。言われた事は「働いてない、お金もない、貯金もない、計画性のないできちゃった婚」です。根拠のない事をよく言えたもんだなと頭にきました。「働いてない」は、子供も小さいし、私が働かなくても暮らせるから働いてないだけであって子供が3歳になり保育園に入ったら働く予定でした。「お金もない、貯金もない」は、何故そう思ったのかすごく不思議でたまりません。私自身には確かに貯金は一切ありませんでした。でも旦那さんが貯金していたのでないとは言い切れません。「計画性のないできちゃった婚」は言われて一番腹が立ちました。無計画に子供を作ったわけではありません。確かに、年齢からしたら若くてチャラチャラしているなど思われるかもしれませんが親になる覚悟があったから子供を作ったわけです。その親戚に、「幸せにならんと認めん」と言われたのですが正直認めてもらわなくても構いません。今現在私は幸せなのに認めてもらえてないと言うことは幸せだと言ってもどうせ認めてもらえないのですから。
このように私達家庭の事をよく思っていない発言が多いのです。それも私達に直接言うんじゃなくて陰でぐちぐち言っているのが更に許せません。

「奇跡だと思った話」

23歳 女性のストーリー
 私は、保育園の頃から水泳を習っていました。スイミングスクールに行くのは億劫でしたが、着いてしまえば友達と話せるのでそれなりに楽しく通っていました。スイミングを辞める頃には、タイムは早くありませんでしたが、一通り泳げるくらいになり、その頃には喘息も出なくなっていました。
 中学生に上がる前にスイミングを辞め、中学では違う部活に入るつもりでしたが、初心者もいて緩そうだった水泳部に結局入部しました。先輩方も優しく、とても楽しい部活の日々を送りました。大会では、最下位でゴールするのなんて当たり前、自己記録更新(タイム)できればいいな~位のノリでしか大会に臨んでいませんでした。そんな活動を送っていた私ですが、予期せぬ事態が起きました。
 私は、個人種目のほかリレーメンバーの補欠選手に入っていました。県大会の出場をかけた大会の日、私は個人種目でその前の大会ですでに予選落ちしていたので、リレーメンバーの補欠として気楽に応援だけしに行っていました。リレーメンバーの順位は6位、県大会に行けるのは上位3校と他校が出場辞退しても、繰り上がりで行くのは厳しいところでした。辞退校の発表があり、繰り上がっていく順位...期待が膨らみ、私はこれまで頑張ってきた選手達が県大会に出場できるように必死に祈っていました。そして、ついに、4校の辞退が発表され、私達の学校が繰り上がりで県大会の出場が決まったんです!!
そして、県大会当日、その日もリレーの補欠として大会に同行しました。初めての県大会の場に、出場するわけではありませんでしたが、気楽に楽しく観戦できると思いワクワクしていました。ですが、出発時刻になってもメンバーの1人が来ませんでした。電話をかけにいった先生が戻ってきて、「具合が悪いみたいで来れないらしいから、補欠の◯◯が代わりに出てね」と私に向けて言ってきたんです。
えぇ、もう、絶望しましたよ(笑)
補欠なんて、名ばかりで気楽だな~なんて思ってたのに、県大会出場の予選にすら出れない実力なのに、選手との時間差20秒もあるのに....
なぜここで補欠が発動されるんだ?!?!
とにかく、他の選手に申し訳ないし、大会にも出たくないしで、とにかくパニックになりそうでした。ひたすらメンバーの子に謝ってたなぁ(笑)
結果は最下位でしたが、こうやって振り返ってみれば、形はどうであれ、出れるはずのない県大会に出れたことは奇跡だったなと思っています(笑)
水泳をやっていたことで、喘息も軽減したと思うし、出れるはずのない県大会にも出れたので、ある意味奇跡だと思いました。

「家族に一番感謝したこと」

41歳 女性のストーリー
シングルマザーで、仕事をしているので、実家の父母には特に感謝しています。子どもが保育園の時は送迎をお願いしていました。朝子どもを保育園まで送るのはほとんど大丈夫だったのですが、仕事が遅くなることが多かったので、お迎えはほぼ母に頼んでいました。小学校になっても一緒で学童へのお迎えを頼んでいました。子どもに対しての愛情も沢山与えてくれました。子どもがせがんだら一緒に遊んでくれたり、ご飯も沢山作ってもらいお裾分けもよくしてくれていました。時が経ち、今は夜勤のある仕事をしています。夜勤の時は子どもの面倒を見に家に来てくれています。また、習い事もさせているため、送迎をお願いすることも沢山あります。子どもが元気に育っているのは、私の親なしじゃありえません。とても感謝しています。
41歳 女性のストーリー
私はシングルマザーですので、両親に手伝ってもらうことが大変多かったです。今でも中学校の子どものために習い事の送迎を頼んだりしています。子どもが小さい頃は、保育園の送迎等もお願いしていました。仕事をしていたので、遅く帰ってくることも多々あり、お迎えに行ってもらって、夕ご飯までご馳走になったことも沢山ありました。今は、夜勤のある仕事に転職しているため、夜勤の時は泊まりで子どもをみてもらい、食事を食べさせてもらったり、一緒に寝てもらったりしています。両親なしでは、子どもが元気に今まで育ってくれるのは難しかったと思います。私にも気をくばり、心配してくれたり、相談にのってくれたりしています。親への感謝は尽きません。
32歳 女性のストーリー
今私には夫と子供3人、そして私の母の6人で暮らしています。母とは性格が似ていて些細な事ですぐに言い合いになり、喧嘩をしてしまいます。そして間に夫がいつも挟まれている感じです(笑)
子供が3人保育園へ通っているので朝の準備は戦争の様に慌ただしいのですが、いつも夫と母に支えられながら、みんなで協力して日々を過ごしています。周りは核家族や旦那が単身していてワンオペ育児をしている人が何人かいるので、私は家族に支えられていて、時には私が体調を崩したときは代わりに保育園の送迎へ行ってくれたり本当に恵まれていて家族には感謝の気持ちでいっぱいです!
なので夫や母についイライラしてしまった時は日頃を思い出して感謝を忘れずに生活しています。

「私の変えたい過去」

30歳 女性のストーリー
息子が6歳になり、誕生日会で保育園の担任先生より、
「○○君は大きくなったら何になりたいですか?」
という質問をされた事をきっかけに将来の夢についてを考えるようになりました。
勿論、母親の将来の夢と今の職業について、問われます。

私の変えたい過去は、18歳の頃の過去です。

高校で、演劇部に所属して、全国大会や実際のプロ(劇団四季など)の方からの指導を頂く機会が多い中、高校三年生の秋に個人演技賞を近畿内の大会で受賞しました。
それをきっかけに、プロの方からのオファーがいくつかあり、私は是非とも舞台俳優としての道に進みたいと父親に打ち明けました。

当然の如く、「アカン」の一点張りの父。母親も、「そんなんで食べていけないでしょ?」と拒否されました。

でも、どうしても演劇の道に進みたい私は、秘密で、アルバイトのような形でプロダクションに所属しながら大学へと通いました。

秘密というのはどこかでばれてしまうもの。
親に見つかり、プロダクションを強制で辞めさせられてしまいました。

それでも、自分が進みたい道へとガンガン進む勇気が私には無く、諦めて一般企業へと就職しました。

でも、子どもが出来て、その子どもから、
「ママ、夢は諦めちゃそこでおしまいなんやって!いつか掴むチャンスがあるかもしれへんからその時までじーって待つんや」
と息子に励まされ、勇気をもらいました。

あの時、息子みたいな背中を押してくれる人で出会ってれば、私は今、こうしてここにはいなかったのかな?と思います。

「おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出」

27歳 男性のストーリー
母方おじいちゃん
幼少期、私に木工作業を教えてくれました。トンカチやクギ、ノコギリを使った作業はとても楽しかったのを覚えています。ものづくりってたのしい!と思い始めたきっかけとなりました。

母方おばあちゃん
優しい。とにかく色んなことに対して優しかったです。動物園に私を連れて行ってくれました。一緒に公園に行ってくれたり、私に料理を教えてくれたりしました。両親共働きだったので、保育園への送り迎えなど、よくおばあちゃんが私の面倒をみてくれていました。おばあちゃんの家にもよく泊まりに行っていました。

父方おじいちゃん
横笛を教えてくれました。すげー難しくてすぐ断念したけど。お米や野菜作るのが上手で、家に送ってくれていました。ときどきあったときにお小遣いをくれる人、という印象でした。

父方おばあちゃん
高校生の気難しい私に優しく接してくれました。
36歳 女性のストーリー
生まれたときから、父方の今は亡き祖父母と同居していました。両親、姉、私の核家族が、父方の祖父母宅に身を寄せた形です。保育園は年少クラスから通い始めたので、それまでは祖母に面倒を見てもらっていました。
絵を描いたり、カルタもどきをしたり、田舎なので畑仕事の邪魔をしたり、ご飯を食べたり、おやつに祖母の土の匂いが残る手で握ってくれた塩おむすびを食べたり。楽しかった記憶があります。また、祖父には全く遊んでもらった記憶はありませんが、畑仕事の邪魔をしたり、病院に連れて行ってもらったり、話を聞いてもらった記憶があります。とても愛されていたのだと思います。
しかし、その後に、結婚して家を出た父の姉の子ども(私にとって従妹)の方が色々と愛されていたことが、祖父が亡くなった後に出てきた日記でわかりました。お小遣いの額が違ったり、ナチュラルに従妹アゲされていたり。それほど愛されていなかった事実があっても、愛された記憶が消せず、悔しいような寂しいような様々な感情が同居しています。死んだ人の日記は見るもんじゃないですね。
36歳 女性のストーリー
生まれたときから、父方の今は亡き祖父母と同居していました。両親、姉、私の核家族が、父方の祖父母宅に身を寄せた形です。保育園は年少クラスから通い始めたので、それまでは祖母に面倒を見てもらっていました。
絵を描いたり、カルタもどきをしたり、田舎なので畑仕事の邪魔をしたり、ご飯を食べたり、おやつに祖母の土の匂いが残る手で握ってくれた塩おむすびを食べたり。楽しかった記憶があります。また、祖父には全く遊んでもらった記憶はありませんが、畑仕事の邪魔をしたり、病院に連れて行ってもらったり、話を聞いてもらった記憶があります。とても愛されていたのだと思います。
しかし、その後に、結婚して家を出た父の姉の子ども(私にとって従妹)の方が色々と愛されていたことが、祖父が亡くなった後に出てきた日記でわかりました。お小遣いの額が違ったり、ナチュラルに従妹アゲされていたり。それほど愛されていなかった事実があっても、愛された記憶が消せず、悔しいような寂しいような様々な感情が同居しています。死んだ人の日記は見るもんじゃないですね。
32歳 女性のストーリー
私がまだ保育園に通っていた時、ピアノ教室に通っていました。送り迎えは、おじいちゃんの車でやってもらっていました。ピアノ教室と言っても、まだ年齢的に幼かったからか、先生が弾いたピアノに合わせて教室のみんなで歌ったり活動したりするといったものでした。しかし、引っ込み思案だった私は、みんなと一緒に上手に歌うことが出来ませんでした。そのため、ピアノ教室に通うのがなんとなく憂鬱に感じでいました。
しかし、送り迎えの車の中でおじいちゃんとおしゃべりをするのは大好きでした。信号機の話や、歩行者信号から流れるメロディの話など、色々な話を教えてくれました。大好きなおじいちゃんの車の助手席で、いつも楽しい話が聞けたので、最後まで辞めることなくピアノ教室に通い続けられたと思います。
27歳 女性のストーリー
保育園に通っていたころ、シングルマザーで働きに出ていた母の代わりに、祖父と祖母が交代で徒歩20分くらいの保育園まで毎日迎えにきてくれました。たまに公園で遊んで、駅まで歩いて、バスで眠りながら帰りました。そして、近くのコンビニのような店でその日のおやつを買ってもらいました。母の分はとっておいて、祖父母と分けて楽しくその日の出来事を話しながら食べました。
保育園のことはあまり覚えていませんが、祖父母と家に帰るのは大好きで今でもよく覚えています。一緒に歌を歌ったり、ごっこ遊びをしながら帰りました。
そうやって大切にしてもらったおかけで、父親が居なくて寂しいと思うことはあまりなく、楽しく過ごすことができ感謝しています。

「結婚っていいなと思った瞬間」

19歳 男性のストーリー
近くの公園で保育園の遠足を見たとき。歩道橋から電車を見る子、前日降った雨の水溜まりで泥遊びをする子、道具の取り合いで喧嘩して、泣きわめいている子。大人に忘れてしまった純粋なキラキラした心、キラキラした目。思わず立ち止まってしまった。自分のしたいことをただひたすらに、楽しいことをただひたすらに。もうすべてを忘れて、自分は何を生き急いでいたのかと思い返した。時間に追われ、課題に追われる毎日。そのピュアな心に触れたとき、なぜだか心がふわっとして、今まで結婚なんて微塵も考えてなっかた私でさえも、家庭を築きたいと思ってしまった。そして、自分の本当に愛した人とその子供と一緒にこの公園で遠足をするのが今の私の夢である。

「独身っていいなと思った瞬間」

28歳 女性のストーリー
出産してからは自分のタイミングで好きな時に出掛けたり、好きなことして過ごすことが全く出来なくなってしまい、独身時代をもっとゆっくり楽しめば良かったかなと思うことが多々ある。特に自分の好きなアーティストのコンサートや、ライブ、イベント等は子供の居ない平日昼間しか出掛けるタイミングがないので中々難しい。預け先を見つけて、お願いしてまで…となるとやめとこうと思ってしまい、余計に遠退く。忘年会や新年会ですら、あまり家を空けたら良くないかななどと考え出したらやっぱり行けない。服も、独身時代のように流行のおしゃれなのを身に付けたい気持ちはあるが、公園や保育園などには着て行けなかったり、自分好みの服は場所を選ばなくてはならない。オシャレして子供に汚されたら…とか考えたら結局安全な服を着てしまう。

「業界ならではの話」

26歳 女性のストーリー
 私は保育士3年目です。保育園は集団生活の場ですのでインフルエンザなどの感染症が流行ることが多く、なかなか避けては通れない道です。流行る病気は様々で、”今年も来たな”というものや”なにそれ?初めて聞く”というものまで…。
 病気が流行り始めると少数ではありますが、保護者の方からこんな質問を受けることがあります。「●●(病名)ってどんな症状ですか?」。この質問には正直困ってしまいます。よくある病気だったり代表的なものは表面的には分かりますが、同じような症状の病気もたくさんありますし、元を言うと病気は覚えきれないほどたくさんあります。
 質問してくださった保護者の方は、毎日の大変な子育てに加えて感染症が近くに迫っているという状況の中で、私のことを信頼して質問してくだっさたのだと思います。保育の専門性を日々勉強しており、流行っている病気について頭に入れておかなければ十分わかっているのですが、たくさんの仕事と比べると、他に医療の専門家がいる内容についてはどうしても後回しになってしまいます。
 私の勉強不足の為に答えられないことが申し訳ないのと、もし答えられても間違った症状や知識を伝えてしまうかもしれないので、病院でたずねたりネットで調べて頂くとありがたいです。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
自分は特別だと思った瞬間
独身っていいなと思った瞬間
こんなひといました
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
わたしの周りで一番勉強ができた人
これまでに出会った天才
人が豹変した話
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
わたしの周りで大変身した人
わたしの周りの大恋愛
わたしの周りで一番お金持ちの人
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
あの人と縁を切ってよかった
今だから言えるごめんなさい
ノウハウ
業界ならではの話
○○の裏話
異性は知らないなと思う話
人間関係
女同士って面倒くさいと思った話
女って本当に恐いと思った瞬間
家族に一番感謝したこと
一番ひどい友達からの裏切り
学んだこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
これまでの人生で悟ったこと
思い出
死ぬかと思った話
一番おいしかった食べ物
これまでで一番悲しかった時
今までで体験した一番怖い体験
今までで一番感動した話
これまでで一番お金を無駄にした話
これはひどいなと思った結婚式
これまでで一番笑った話
奇跡だと思った話
どうしても許せないこと
人を見返してやった話
嘘みたいなほんとの話
これまでに一番勇気を出した瞬間
これまでで一番驚いた話
人生で一番贅沢した話
お金さえあればと感じた瞬間
修学旅行の思い出
忘れられない夏休み
一番の苦労話
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
人生で一番運が良かったなと思う出来事
人生最大の失恋話
学校や仕事をサボってやったこと
忘れられない先生の話
忘れられない夏の思い出
とっておきのすべらない話
人生最大の修羅場
私について
私の変えたい過去
誰にも言っていない秘密
わたしの初恋と、その結末
仕事での大失敗
苦手だったのに得意になったエピソード
誰かに聞いてもらいたい愚痴
そういえば昔夢見ていたこと
わたしがやめられないもの
人生が変わった出来事
もっとも尊敬する人
結婚・恋愛
結婚を後悔した瞬間
夫婦関係を続けていくのが不安になった話