この職業で良かったなと思う瞬間

36歳 女性のエピソード
私は発達障害の傾向があります。グレーゾーンといわれる分類で、療育が必要ではありませんが、そうでない人たちと感覚が違いすぎて生き辛いです。顕著なのは、自己中心性と空気の読めなさと、こだわりと衝動性です。
学業の成績は良いのに、みんなと同じになれなくて自分はダメ人間だと思ってきましたが、現在の精神科の心理職に就いたことで、専門の精神科医から発達障害の認定をされました。そのことで、取り組むべきことが分かったりしました。
普通に暮らしていては、どうやって心を整理したら良いか分からないので、解決できる新しい療法を知ることができる瞬間が、この職で良かったと思う瞬間です。
また、同僚が精神疾患に理解があるので、私の傍から見たら奇抜な言動を「お前は発達だから」と良い意味で諦めて受け入れてくれるのを見ると、発達障害に理解のない一般社会だったら、精神を病んでいただろうと思います。
心の在り方や人の気持ちを専門的にデータとしてわかり、周囲の理解も得られるので、本当にこの職で良かったと思います。
28歳 男性のエピソード
仕事金利企業支援業務募集営業活動住宅ローン利用者金利引下げ相談金利引下げ申請お兄さん
私は現在、地域金融機関で営業をしております。預金、融資、企業支援業務、保険、投信等様々な募集営業活動をメインに行っており...
続きを読む
34歳 男性のエピソード
仕事自営業育児お父様方本当お疲れ様
朝は早いし、自営業なのできちんとした休みもないが、お客さんに「おかげで助かったよ!ありがとう」などと喜んでもらえると、...
続きを読む
30歳 女性のエピソード
仕事
大学で事務として働いているのですが、卒業する学生が事務所を訪ねてきてくれたり、卒業した学生たちが遊びに来てくれたときには...
続きを読む
30歳 女性のエピソード
ハローワークおばちゃん達妊婦モットー在庫管理検査梱包手順
20歳で子供が生まれてすぐ、仕事を探しにハローワークに行って、見つけたのが今の仕事でした。

募集要項はネジ付け等の軽作...
続きを読む
25歳 男性のエピソード
仕事派遣会社介護士ヒアリング介護士人員不足介護士人材不足高齢社会
私はいま,介護士を介護施設や病院などの事業所に派遣する派遣会社の営業をしています.
具体的な業務内容としては,弊社サービ...
続きを読む
46歳 女性のエピソード
仕事米軍基地内事務員アメリカ人日本音楽ONTV
私の仕事は、米軍基地内で働く事務員です。学生のころからずっと英語に触れる仕事に就きたくて何年かこの職に応募しながら他の仕...
続きを読む
33歳 女性のエピソード
仕事介護福祉士テレビ高齢者専門学校
私は小さい頃、両親が共働きだったので学校から帰ると祖父母と一緒に過ごす事が多かったんです。祖母のお茶のみに一緒に参加した...
続きを読む
60歳 女性のエピソード
ボーナスブランドOL某生命保険会社パート
学生時代の友人が一般企業に就職してバブル景気の時に、ビックリするくらいのボーナスをもらって、海外旅行にどんどん出かけて、...
続きを読む
28歳 女性のエピソード
仕事ブランド
自分はアパレル業で、店舗勤めの販売員です。

この職業で良かったなと思う瞬間は
「お客様が自分に会いに来てくれた」時です...
続きを読む
46歳 女性のエピソード
仕事高齢者施設トイレイジメ
今現在私は介護職員として高齢者施設で働いています。以前は福祉の仕事など自分には出来ないと思っていましたが、気が付けば一番...
続きを読む
61歳 男性のエピソード
営業所東京エピソード
私が大学を卒業して、入社した会社はゴム会社で営業職で就職いたしました。
入社して、数か月後に東京営業所に転勤になりました...
続きを読む
41歳 男性のエピソード
仕事建設業高学歴パチンコスロット運送業年収
私は高校も出ていなく頭で仕事をする事が出来ない育ちでした。
高学歴の奴には負けてたまるかと思い資格を取り体を動かしなんぼ...
続きを読む
29歳 女性のエピソード
仕事モチベーション
今の職業で良かったなと思う事は、自分がした仕事が、どのように周りに影響を与えているかが、直接かつ直ぐに感じる事ができると...
続きを読む
31歳 男性のエピソード
仕事
私は元々人としゃべることに少し自信を持っていた。なので大学を卒業してから就職先を探すときも「営業」一本で探していた。
ま...
続きを読む
28歳 女性のエピソード
仕事販売業
私は転職し、現在は販売業に勤めています。前職はいわゆるブラック企業で、特に人間関係が悪く精神的に病んでしまい、退職せざる...
続きを読む
27歳 男性のエピソード
仕事ITエンジニア飲み会AIIT
私はITエンジニアをしています。この職業をしていてよかったと感じる瞬間は、周囲の人と仕事の話をしている時です。
違う仕事...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
仕事音楽生徒さんたち
私は音楽講師をしています。
夏ごろにいつも皆の前で成果を発表する機会があるのですが、この時期にいつも生徒さんたちと、出る...
続きを読む
29歳 男性のエピソード
仕事自動車整備士トラック
私は今6年自動車整備士として仕事をしています。
初めは1年大型トラックの整備をしていましたが、高級外車を扱う車屋さんが近...
続きを読む
28歳 女性のエピソード
仕事看護師心を込めて
約7年間、看護師をしています。私は小さい頃から看護師になりたくて、念願かなってなることができました。思っていたよりもとて...
続きを読む
25歳 女性のエピソード
仕事看護師派遣会社大学病院ストレスフリー
私は正看護師なのですが、新卒で就職した頃はこの職業で働けるところは病院、介護施設だけだと思っていました。結婚を機に、新卒...
続きを読む
28歳 女性のエピソード
仕事専門学校歯科衛生士
今の職業は歯科衛生士をしています。高校を卒業し、専門学校を3年間通い、国家資格を取得しました。専門学校は非常に厳しく毎日...
続きを読む
42歳 女性のエピソード
仕事夏休み読書感想文タイミング
書店で働いています。
毎年夏休みになると、とあるママさんが私を訪ねてきてくださいます。
お子様が1年生の夏休みの時に、夏...
続きを読む
23歳 男性のエピソード
仕事
私は電気工事の仕事をしています。
普段は主に電柱の改修、新築、保安をしているのですがとにかく大変です。停電時間が決まって...
続きを読む
26歳 女性のエピソード
仕事理学療法士リハビリ入院患者
急性期の総合病院で理学療法士というリハビリの仕事をしております。
主に入院と外来を担当していますが、この仕事をしていて良...
続きを読む
44歳 男性のエピソード
仕事介護福祉士ご家族様ご利用者
私は介護福祉士です。世間では3Kとも5Kともいわれますが、実際は世間のイメージとはだいぶん乖離があります。確かに排泄物の...
続きを読む
32歳 女性のエピソード
仕事
私は長年事務の仕事をしています。
事務の仕事は派手な仕事ではありません。
人から感謝されることも、正直少ない仕事です。
...
続きを読む
okiyutomokiw60歳 男性のエピソード
仕事タクシー落とし運転手京都ハンドルタクシードライバータクシー自由化歩道橋切り上げお母さん堀川寺の内堀川ルームミラー堀川通料金
夕暮れ、私はあの京都の街のタクシーの中でハンドルを握っていました。その頃、私は、なりたてのタクシードライバーで、未だ慣れ...
続きを読む
人気のエピソード
いろんな瞬間
独身っていいなと思った瞬間
自分は特別だと思った瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
こんなひといました
あの人と縁を切ってよかった
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
わたしの周りの大恋愛
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
わたしの周りで一番お金持ちの人
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
人が豹変した話
わたしの周りで一番勉強ができた人
今だから言えるごめんなさい
わたしの周りで大変身した人
これまでに出会った天才
ノウハウ
○○の裏話
業界ならではの話
異性は知らないなと思う話
人間関係
家族に一番感謝したこと
一番ひどい友達からの裏切り
女って本当に恐いと思った瞬間
女同士って面倒くさいと思った話
学んだこと
これまでの人生で悟ったこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
思い出
忘れられない夏休み
これまでで一番笑った話
人生で一番運が良かったなと思う出来事
人を見返してやった話
人生最大の失恋話
これまでで一番驚いた話
お金さえあればと感じた瞬間
これまでで一番お金を無駄にした話
これはひどいなと思った結婚式
とっておきのすべらない話
一番おいしかった食べ物
これまでで一番悲しかった時
これまでに一番勇気を出した瞬間
人生で一番贅沢した話
死ぬかと思った話
奇跡だと思った話
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
今までで体験した一番怖い体験
忘れられない夏の思い出
学校や仕事をサボってやったこと
人生最大の修羅場
今までで一番感動した話
修学旅行の思い出
どうしても許せないこと
嘘みたいなほんとの話
一番の苦労話
忘れられない先生の話
私について
誰にも言っていない秘密
私の変えたい過去
わたしがやめられないもの
わたしの初恋と、その結末
仕事での大失敗
そういえば昔夢見ていたこと
人生が変わった出来事
苦手だったのに得意になったエピソード
もっとも尊敬する人
誰かに聞いてもらいたい愚痴
結婚・恋愛
結婚を後悔した瞬間
夫婦関係を続けていくのが不安になった話