"家電" に関するエピソード

「わたしの周りで一番お金持ちの人」

30歳 女性のストーリー
会社の友人です。友人のご両親が大企業の役員でかなりのお金持ちです。
彼は、最近都内のタワーマンションを購入。遊びにいきましたが、家具や家電も一流品ばかり。
驚いたのが、ものは基本的に使い捨てということ。メンテナンスして何度も使う労力がもったいないだとか。
庶民の私には目から鱗の発想でしたが、本当に使い捨てしている光景を見て、なんだか気持ちよかったです。
そして不要になったものは、友達にあげるという気前の良さ。この余裕が彼を更なるお金持ちにしているのかも。
羨ましいのが、お金持ちのご両親に毎年海外旅行に連れて行ってもらっているのです。
ときには、航空券だけが送られてくるときもあるそうです。
ここまでお金持ちで、気前よく散財している姿を見て、嫉妬を超えてかっこよく思えます。

「わたしがやめられないもの」

46歳 女性のストーリー
ポイント集め
ポイントといってもポイントサイト、スーパーのポイント・・・色々ありますが
私が一番重宝しているのが「楽天」ポイントです

楽天チェック 
1か所10P(10円)、コンビニで(1~3円)

楽天パシャ  
指定商品購入でポイント獲得、レシート投稿で1P(1円)

楽天ポイントクラブ タップで1P(1円)

楽天ツールバー 検索で毎日3~4P獲得

楽天市場 
5のつく日や楽天イーグルスが勝つとさらにポイントがつきます

楽天カード 
他のカードは1000円単位なのに楽天カードは100円単位でポイントがつきます

楽天を利用して10年以上たつかと思いますが獲得したポイントは35万ポイントを超えていました
今までそんなにお金を使ってきたんだという喪失感とお金を使ったのにさらにポイントで得をしたんだ!私は合理的な買い物をしているという安心感の矛盾した感覚をもっています

獲得したポイントで小さい家電から大きい家電(冷蔵庫、洗濯機、エアコン)などポイントを使って購入することで、「安く」買うことができるお得感が「やめられない」理由でこれからももっともっと貯めたいと燃えています
       
46歳 女性のストーリー
「ポイント集め」です

やはり一番の大口は「楽天」でしょうか
・楽天メール
・楽天ツールバー
・楽天チェック
・楽天パシャ(レシート投稿です)
・楽天edy
・楽天クレジットカード

私の通算獲得ポイント 35万 100円で1ポイント獲得で35万
思い返せば良く買い物しました、家に荷物がたくさん届きました
スイーツの注文からはじまり10年経過した今では、大物家電や日用品にかわりました
ポイントを使って買い物ができるという点も魅力ですね
その分自分でお金を負担する部分が減るので「安く買える」魅力で「ポイント〇倍日」とみるとすぐに注文できるように買い物リストを作成している自分がいます

楽天は買い物だけでなく、携帯電話も展開しています
再来月から楽天モバイルに変更する予定なので、私のポイント稼ぎはますます磨きがかかると確信しています
自分がネットを使えなくなる年齢までポイント集めが止まることはないと思います

「忘れられない先生の話」

44歳 男性のストーリー
中学の時、非常に見た目のキャラの濃い男性の先生がいた。
当時、とんねるずの石橋貴明が演じていた「ほもだほもお」にそっくりだったのだ。
そんな彼なのに、言動が非常にキザ、英語教師だった彼はまるでルー大柴のごとく会話に無駄に英語を挟んでくる、笑いの生まれないルー大柴。
そんなルーのことも卒業してしまうと忘れてしまっていた。
大学になった、久しぶりに地元の同級生とあった。同じクラスだったこともあり話も弾んだ、そのうち担任の先生の話になった。自分たちは彼女が初めて担任するクラスの生徒だった。小柄な彼女は少し生徒からナメられていた、そしてナメられたままにならぬよう彼女はよく大声で怒鳴っていた、とりたてて美人というわけでもなかったが可愛いらし印象で、今ならもっと人気があったんじゃないかな、みたいな話をしていた。
そこにちょうど別の同級生が来て、その元担任の先生と仲がいいといって、電話をかけ出した(当然家電だ)、横から電話の話きいていると、どうやら結婚したらしい、同級生はなぜか担任先生の旦那さまと話し始めた。??どういうこと、と思っていると。電話を切った同級生が「まさかルーと結婚するとはねー」
まじかーーー、人ってわかんない、そして二人のことは僕を忘れることがなくなった

「人生で一番贅沢した話」

46歳 女性のストーリー
今年の7月に入院・手術をしました
入院は経験ありましたが、手術は初めてでした。しかも乳がん(幸いにもステージ2)

数年前に入院したときは6人部屋で口から生まれたようなオバサマに囲まれて毎日血圧が高くなっていくのを体感できました

病名も乳がんなので「個室」を希望し、幸いなことに空き部屋があり使えることになりました

シャワーやトイレは部屋で使いたいと希望したところ、さらに家電付きの1日2万円のお部屋を使わせていただきました

入院期間は12日 +手術代=46万円の請求書に驚きました

医療保険、ガン保険に加入していたのでカバーできる金額でしたが旅行でも1日2万の宿泊は今まで一度もしたことがありません

個室なのでポケットWIFIをレンタルして一日中音楽を聴いたり、動画を見たり
ストレスのない「快適な入院生活」でした

食事も私の好物ばかり、入院前に体の免疫機能を高めるために始めたウォーキングでできたウエストのくびれが術後3日でなくなっていました

煮豚、酢豚、豚肉のピカタ、メロン、はまぐりのようなあさりの味噌汁
朝は焼鮭、のり

すべて美味しく頂きました、入院なのに心身ともに贅沢した12日間でした

「どうしても許せないこと」

41歳 女性のストーリー
私のどうしても許せない事。それはお金に関する事です。
主人は見栄っ張りで、自分でお金の管理が出来ない人でした。大人になっても母親に自分の給料の管理を任せていたようで、一人の大人としてどうなんだ。と疑問になることが度々ありました。お金に関して見境なく友人後輩におごったりするので、計画を立てて使用することがありませんでした。お金がなければローンを組めばいい。と短絡的に考えて実行に移してしまうので、家族としてどう支えていけばいいのか分からなくなるときは、いつものことでした。ローンでは車・家電など我慢することがないので、払い終わる前に次のローンをする繰り返しで大きく膨らんでしまいました。主人だけがそうなのかと思っていたのですが、義父はお金を出すときは口も出す人で、その一言一言が許せなく、絶縁状態になっています。一番キズついたのは「お前たちの生活もオレが金出さなくちゃ、やっていけないんだろ」です。その当時は家族が大変な時期でしたので、この心無い言葉に、もう二度と頼るものかと許せません。

「これまでに一番勇気を出した瞬間」

54歳 男性のストーリー
初恋の女の子に告白をしたこと。もう35年以上前の話です。中学校の卒業式の翌日、小学校3年のころから好きだった女の子に告白しようと決めました。自宅から彼女の家に電話をすると、電話に出たのはお母さん。当時は携帯電話なんかないので、自宅の家電に架けるしかないのです。家が近く、毎年誕生会に招待されていたのでお母さんのこともよく知っていました。でも今回ばかりは自分がかけていると知られてはいけないので、偽名を使った記憶があります。
彼女が電話に出て、何を話したかはもう全く覚えていませんが、一言「好きです」という前にあまりの緊張から言葉に詰まり、「ちょっと待ってね」と言って受話器を耳から外して深呼吸し、そのあとに告白をしました。彼女は「えー・・・?」と言い、最後は「また電話して」と言ってくれました。その時はなぜか付き合ってほしいとは言えず、結局その後電話することもできず。
彼女とはその後何度か駅で会ったりして、大人になってから車でドライブデートをしたこともありますが、最も勇気を出したのはそのきっかけとなった告白電話です。

「独身っていいなと思った瞬間」

31歳 男性のストーリー
結婚してみてからわかる、独身っていいなと思った瞬間がいくつもあります。

まずは自分の時間が持てるということです。夫婦で生活を共にすると、団らんの時間を過ごしたり、会話を楽しむなどの何かと時間を共有したりすることがあったり、食材や家電製品の買い物などの夫婦”共同”のものやことに時間を割かれたりします。

また、時間だけではなく、お金の部分においても夫婦ゆえに自由が利かなくなってくることもあります。
例えば買い物。食材はもとい、家電製品や自分では『いらないかなぁ……』と思うようなものでも配偶者の方が必要と言えば買わなくてはならなくなったりなど、独身の時以上に複雑な家計管理が必要になります。
当然、人数が増えますので住居にかかる費用や水光熱費などの費用も増えてしまうため、より難しくなります。

結婚して振り返ってみて改めて、独身の時はなんて自由だったんだと改めていいなと思う瞬間でした。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
自分は特別だと思った瞬間
独身っていいなと思った瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
こんなひといました
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
今だから言えるごめんなさい
わたしの周りの大恋愛
わたしの周りで一番お金持ちの人
これまでに出会った天才
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
わたしの周りで一番勉強ができた人
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
人が豹変した話
わたしの周りで大変身した人
あの人と縁を切ってよかった
ノウハウ
○○の裏話
業界ならではの話
異性は知らないなと思う話
人間関係
女って本当に恐いと思った瞬間
家族に一番感謝したこと
女同士って面倒くさいと思った話
一番ひどい友達からの裏切り
学んだこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
これまでの人生で悟ったこと
思い出
嘘みたいなほんとの話
学校や仕事をサボってやったこと
今までで体験した一番怖い体験
これまでに一番勇気を出した瞬間
奇跡だと思った話
これまでで一番笑った話
忘れられない先生の話
どうしても許せないこと
忘れられない夏の思い出
これまでで一番お金を無駄にした話
人を見返してやった話
一番おいしかった食べ物
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
これまでで一番驚いた話
お金さえあればと感じた瞬間
死ぬかと思った話
忘れられない夏休み
人生で一番贅沢した話
とっておきのすべらない話
一番の苦労話
人生最大の失恋話
修学旅行の思い出
人生最大の修羅場
今までで一番感動した話
これまでで一番悲しかった時
これはひどいなと思った結婚式
人生で一番運が良かったなと思う出来事
私について
苦手だったのに得意になったエピソード
わたしの初恋と、その結末
もっとも尊敬する人
人生が変わった出来事
誰にも言っていない秘密
仕事での大失敗
わたしがやめられないもの
私の変えたい過去
誰かに聞いてもらいたい愚痴
そういえば昔夢見ていたこと
結婚・恋愛
夫婦関係を続けていくのが不安になった話
結婚を後悔した瞬間