"女に生まれて" に関するエピソード

「男または女に生まれて良かったなと思う瞬間」

25歳 男性のストーリー
自分は男なのですが女性は大変だなと感じます。
なぜなら、毎日化粧をしなければならないからです。
朝20分。早い人でも10分程度かかるかと思います。
一年のうち丸三日ほど化粧をしている時間なのではないでしょうか。
朝化粧するのですから、当然男性より早く目覚める必要があります。
朝少しでも長く寝ていたい自分からすると考えるだけで億劫な気分になります。
また、月に一度女性は生理がきます。
ホルモンバランスが崩れたり、強い痛みを感じることがあるでしょう。
そのストレスたるや、想像を絶します。
その痛みを軽減させるために食生活に気を使ったり、生活習慣にも気を付けなければなりません。
また道具を常に携帯しておく必要もあるかと思います。
それを考えると男に生まれて良かったと強く感じます。
31歳 女性のストーリー
私が女に生まれて良かったと思う瞬間はメイクをしている時です。
もともと目がきつく見えるすっぴんが大嫌いだった私ですが、中学生ころから化粧をし始め、ナチュラルメイクからギャルメイクまでいろいろな種類のメイクができるようになり、今はTPOやその時なりたいイメージに合わせて自分の顔が変わっていくのがとても楽しく嬉しく思います。
自分の理想に少しずつ近づいていけると、自信も出てきます。

それに男性は常にすっぴんで勝負しなければならないので、もしも自分が男だったらと思うとほんとにぞっとします。

やはり自分に自信がなくても、メイクをすると理想の自分に近づけ自信が持てるという点は女性に生まれたメリットだと思います。
39歳 女性のストーリー
女にしかできないこと、それは妊娠出産だと思う。子どもを育てている間は色んなことで自由ではなくなったり、自分の時間がなくなったり、言うことを聞かない子どもにイライラしたり、これがずっと続くのかと思えてしまうけど、そんな時は一瞬ですぐに自分の手元からいなくなってしまう。子供と手を繋いだこと、「お母さん」と頼ってくれたこと、赤ちゃんを抱っこできたこと、なによりお腹の中にいると実感できた胎動や、出産は大変だけど、一生のうちに一回でも体験できたことがあるからこそ、今の子供との関係の根本にあり、昔を思い出すことで何があっても前に進んで行けると思う。それは女の特権で女にしかできないことで、私が女に生まれてよかったなと思うことです。
29歳 女性のストーリー
女性に生まれてよかったと思う瞬間は、会社でゴミ出し当番の時に男性がいつも手伝ってくださいました。

汚れた仕事は男性がやろうとしてくれるような気持ちを感じて、恐縮でもありましたが、女性であることが良かったなと感じました。

重い荷物持ちの時なども、男性がサポートしてくれました。重いものを持たなくてよいという嬉しさではなくて、男性が助けようとしてくれているそういった心を感じるということが、とても幸せなことだと感じました。

また、お化粧やファッションなどに関することが大好きなので、季節に合ったものや、自分を変えたいと思う時に沢山買い物をします・
そういったときに、なかなか男性では味わえないよろこびだと思い女性に生まれたことに嬉しさを感じる瞬間でもあります。
20歳 女性のストーリー
男性の場合だと、同年代の若い世代であっても、仕事を選択する際には結婚を前提にして選択しているようなことをよく耳にします。その理由を男性に尋ねると、結婚をすれば女性や生まれてくる子供を養うだけの年収が求められるので、一定以上の年収が見込めなければならないといった内容が多かったです。これに対して私が仕事を選択した際には、年収を気にすることはありましたが、それは自分自身のために使うお金に対して気を遣っていただけだったと思います。例えば旅行に行くための費用や、外で美味しい食事をするための費用などを賄うだけの給料が貰えるかどうかで、何十年後に年収がどれくらいになるかなど、気にしていませんでした。このようなことを思う瞬間に私は、女に生まれて良かったと思います。
60歳 女性のストーリー
私の時代は女性は小さいときから綺麗に可愛らしくすること、男性を立て、内助の功を示すのが当たり前と言われてきています。実際、性格も内向的なので家の中で楽しむ趣味が多く、あまり活動的ではないので、女でよかったと思います。
それでも芯は強く我慢強いので、出産の痛みや、子育ての苦労での辛抱とか、大変でしたが芯の強さがますます鍛えられたと、そんな風に思っています。特に妊娠中、自分のお腹の中で子供を育て、動きを感じて、生死に直面する出産を乗り越えた感動と言えば、何にも替えることができないくらい、自分の中で誇りに思う部分です。
男性にはいくら頑張ってもそれは経験することはできないし、耐えられないことだと思います。悪いけれど、そういう経験のできる女性に生まれ。本当に良かったと思っています。
33歳 女性のストーリー
私には、今年3歳になる娘と、今年生まれの娘がいます。二人とも、私の大切な子供です。
主人も私も子供が授かりにくい体質らしく、自然には難しいと言われており、人工授精を考え始めていたときに授かった子供でした。二人目は、体質が改善されたらしく、ベストなタイミングで自然と授かりました。
お腹に宿った小さな命を大事に大切に守りながら十月十日。胎児と共に愛おしさも育みながら、会える日を指折り数え、そして無事出産を迎えたときの喜びは何事にも変えられないほどの感動です。
こればかりは、主人に代わってくれと言われても代われません。主人は男、私は女ですから。残念。
この時ほど、ああ、女に生まれてきてよかったなと感じたことはありません。
10歳 男性のストーリー
同じ時給だけど、女ということで簡単な作業に配置されておしゃべりしながら仕事をさせてもらえたことです。
29歳 女性のストーリー
女に生まれてよかったと思うこと。
私は小さい頃から男のことの方が気があうことが多く、地域のお祭りで男の子だけ参加出来るものがあったりなど、男の子に生まれたらよかったと思っておりました。
しかし大人になるにつれ、自然や体、物事に対する捉え方は女性の方が共感できることが多くなってきて、女性で良かったと思うようになってきました。
自分が子供を産んだり出来る女性だからこそ、感覚的に理解できていることがあるように思います。
それはあまり突き詰めて考えすぎると、オーガニックやスピリチュアル、ベジタリアンなどのこだわりを持つようになり、それがこの世の中ではかえって生きにくいことになりそうなので、具体的に行動には起こさないのですが、ふんわりと体に感じる空気だとか、ある感情を大事にすることなど、直感的に動ける女性が1番心が自由なのではないかと思っているので、女性作家のいい作品に出会った時や、素敵な女性に出会ったときには、そんな風になれる可能性のある女に生まれて良かったと思います。
36歳 女性のストーリー
ズバリ、中高の学生時代の運動科目で男女で学校が指定する運動量が男女で全く違うので女で良かったと感じました。
今はどうか解りませんが、私が学生時代の時は持久走大会では男子のほうが女子よりも長く走らさせてました。
明らかに自分よりも持久力ないだろうという男子でさえ、規則ですから、決められた距離を走らなくてはなりません。それが不憫でたまらないのと同時に本当に私は女で良かったと感じました。
部活においても、男子は野球、女子はソフト、サッカー部は男子のみ(20年前の話です)と明らかにハードルが違いました。それが差別だというフェミニスト女子も居ましたが、私は心底安堵してました。運動が苦手な私にとっては少しでも身体への負担を少なくしたいと考えてたので喜ばしいことでした。
27歳 女性のストーリー
子どもを産んだ時、授乳している時。
陣痛はとても辛いけど、産まれた時の嬉しさと感動はやっぱり女で良かったと思った。
妊娠中から、男親よりも自覚の芽生えも早く、母性が生まれてくる。
妊娠中も大変で嫌な事も多かったが、産まれてくる我が子のことを思うと、頑張ろうと思う。
精神的にも強くなれる。
だが、思いの外、出産は厳しい体験だった。
死ぬかと思ったし、何度も気を失った。
こんなに辛い思いをしなければいけないのか?
もう投げ出したい、辞めてしまいたいと何度も思った。
だが、しかし、産まれてくる子どもを見れば、心の底から女で良かったと思った。
あと、授乳している時も辛い事も多いけど、授乳している時の子どもの表情や吸ってくる時はとても愛おしい。
こちらも、女で良かったと思う。
30歳 女性のストーリー
女に生まれていいなと思ったことは、妊娠したとき、子供を産んだときです。

それまでは毎月来る生理、生理痛、生理前後のイライラ、生理中の不快感で、なんでおんなばっかりこんな辛い目に合わなきゃいけないんだろう。
男も生理になってみたらいいのに…。

なんて、思っていました、ですが、妊娠が分かったとき、自分のお腹の中にかけがえのない命が宿っていると知って、本当に嬉しかったです。
胎動を感じる喜び、痛いけれど本当に幸せでした。動いたらすぐわかるんです。

出産は命がけです、自分が母親になって初めて、心から自分の母に、両親に感謝の気持ちが溢れました。
こんな気持ちになれるのも、女子の特権かもしれませんね。

パパは嫌だ、ママがいいという子供の言葉も、実は嬉しかったりします。
36歳 女性のストーリー
女は子供が産める。男は種を提供するだけ、女の体の中で実にして出産する。
自分の体から出てきているため、血のつながりを感じる強さが男より強いと思う。
女性は年齢が上になっても、多少可愛げがあれば男性からも職場など社会的な場でかわいがられる。男性が同じようにやっても、馬鹿にされたり気持ち悪がられるだけ。
男性は新卒で就職活動をするときに定年まで働くことを前提をしていることが多いが、女性は結婚・出産などを理由に円満に仕事が辞められる。
いざという時に男子トイレを女性が緊急的に使うことは許されても、女子トイレを男性が使うことは許されない気がする。
迷子の疑いがある小さい子にも声をかけるときに躊躇わずに声掛けできる。
男性が小さい子に声をかけると誘拐とおもわれることも。
26歳 女性のストーリー
女性に生まれて良かったなと思う瞬間は、メイクを楽しめることです。
男性はほとんどの人がメイクをしないので
素顔のまま勝負しなければならないので
気の毒だなと思うことがあります。
女性はメイクをすることで、何倍も可愛くキレイになることができます。
大抵の人が何かしらコンプレックスを抱いていて、いかにコンプレックスと上手に付き合うかという事を考える時間も楽しいし、
コンプレックスがあっても隠すことができるので、元の顔が嫌でもメイクで自信を持つことができます。
また、色々な化粧品を試していくことで
新しい自分を発見することができます。
メイクをする人が多い分、友人等から
この化粧品がオススメ!と教えてもらうことも多く、どんどん美意識が高くなり
努力次第で目に見えて結果がでるのが
醍醐味だと思います。
29歳 女性のストーリー
今現在、妊娠をしています。女性でないと、悪阻の苦しみや辛さ、体動の感動、お腹の中にいる赤ちゃんへの愛おしさは感じることのできないことだと思います。今はまだお腹の中にいるので、一心同体で私にしかわからない感情かもしれませんが、お腹の中にいる赤ちゃんが、動くたびに嬉しさや喜び感じます。男性ももちろん、赤ちゃんができることやお腹の中で育ち、生まれることを喜んだり、感動してくれると思いますが、男女間では感情は妊娠時には少し差があるような気がします。早く生まれてきてくれて、旦那さんとも色々な気持ちを共有して育てていきたいなと、感じています。妊娠の時だけに感じることのできる気持ちだと思うので、女性に生まれてよかったなと思いました。
26歳 女性のストーリー
女の人に生まれてよかったなと思う瞬間は、お洒落や化粧を周りの偏見なく楽しむことができる所です。最近では、男の人でも化粧だったりファッションでもロングスカートのようなものを履いてお洒落を楽しんでいる方もよく見られるようになり、かなり偏見の目は無くなってきていて男性も楽しみやすくなってきていますが、女の人に比べるとまだまだのように思います。派手な色のリップやマスカラなど女性ならではの化粧があったり、ネイルなど男性があまりしないようなお洒落も楽しむことが出来ます。ファッションでも、短めのスカートや少し肩を露出するオフショルダーなど女の人ならではのお洒落があります。アクセサリーも、ネックレスや指輪は男の人にもありますが、ターバンやカチューシャ、髪飾りなどは女性ならではという感じがします。こういったように、お洒落の幅が広いのでより楽しめるなと思うからです。
19歳 女性のストーリー
たくさんおしゃれができるので女に生まれてよかった!友達とコスメの話をしたり、美容の話をしたりするのはとても楽しい!毎日メイクしたり肌の手入れをするのは大変だったりするけど、好きな人の前では綺麗でいたいし、好きな人に褒められるように頑張ろうとおしゃれを楽しめるので本当に女に生まれてよかった。日焼け対策や保湿、脱毛など色んなことを頑張っていて、思いもよらぬ人から急に褒められた時も嬉しくなる!あとは愛嬌が武器になったり、女の子だからっていって優しくしてくれたり、少し特別扱いしてくれる時や男の子だけ厳しくされてる時。レディースデーがあったり女子会で恋バナをしたり甘いもの食べに行ったりする時も女に生まれてよかったと感じる!
29歳 女性のストーリー
私が思う女に生まれてよかったなと思う瞬間は、かっこいい物も可愛い物もどちらも身につけていて褒められる瞬間です。
私は可愛い物もかっこいい物も両方大好きです。特に天然石のブレスレットなどは、一見メンズ向けのようなデザインから、ファンシーな色合いの魔法具のようなデザインまで所持しています。最近は男女の垣根がなくなってきてはいますが、それでも可愛い物は男性が身につけづらい傾向にあると思っています。でも、私は今のところかっこいいブレスレットを身につけていても可愛いブレスレットを身につけていても周囲からお褒めの言葉をいただくことの方が多いです。お褒めの言葉をいただいた瞬間に、女性に生まれて少し得をしたなとよく思います。
24歳 女性のストーリー
子どもを産んだ時に、女に生まれて良かったと心底実感しました。
言葉では言い表せないような喜び、感慨深さ、強烈な痛み。
痛くて痛くて気を失ってしまいたい気持ちにもなり、生んだ直後にはもうこんな経験はしたくないと思いました。
産んだら終わりではなく、その後もいろんな痛みがついてきますし、初めての子供は分からないことばかりで、辛い事も正直多いです。
ですが反対に、子供を産んで初めて我が子と対面する時の感動であったり喜びは計り知れないもので、私は、あの時程幸せで喜びに満ちた瞬間はないなと思います。
出産という貴重な経験は女性の特権であり、誰でもが出来ることでもないので
今思えば、その時に一番女性に生まれて良かったなと思いました。
24歳 女性のストーリー
子どもを産んだ時に心底、女性に生まれて良かったと思いました。
あの時の喜びであったり、強烈な痛みは言葉で言い表すことが出来ないほど感慨深いものでした。
産まれるまでの10か月間の間にも、制限されるものが多く我慢の連続で、
産まれるときは痛くて痛くて気を失ってしまいたいほど強い痛みがあり、
産まれてからもなお続く痛みであったり、初めての子育て不安や泣きたくなることも多々ありました。
それでも、子どもが産まれたときの安心と、初めて対面した時の嬉しさなどは本当に素晴らしいもので、
身体がふわふわ浮くような気持になり喜びと幸せで満ち溢れた瞬間でした。
このような経験が出来るのは女性の特権でもあり、誰でもが経験できることでもないので、
今思えば、一番女に生まれて良かったなと感じれた瞬間でした。
27歳 女性のストーリー
女に生まれてよかったなと思う時は、女で若いというところだけでちやほやされ年上男性からの対応が優しいと感じるときです。愛想よくニコニコ笑っているだけでなんでもいいよ、いいよという態度をしてくれますし、ある程度年を重ねれば若い男性から姉御姉御と慕われて年上男性とは違ったちやほやをされるので、女って得だなと感じます。また、ファッション関係でも洋服は安くて可愛いものがいろんなブランドから販売されており、最近は質がいいものも出てきているのでたくさんお洒落を楽しめますし、メイクもいろんなブランドがあってデパコス、プチプラなどから様々な話題商品が出ていてそれを購入し自分で使用して女性ならではのメイクの楽しみを味わえるというのもいいところです。
46歳 女性のストーリー
私は2人の子供を持つ40代の母です。女に生まれて良かったなと思う瞬間は、やはり出産の経験をした時です。妊娠中、子供が自分のおなかの中で足を蹴ったりした瞬間は、女にだけしか味わえない幸せな体験だと思います。出産は女性にとっても一番のお仕事。中には出産で命を失う母も居るくらい大変な事ですが、無事に10か月もおなかの中で成長してきた我が子に会えた瞬間は、何物にも代えられない幸せな気持ちに包まれ、女で本当に良かったなと思える瞬間です。命をつなぐことができる世の中の女性たちは本当に偉大だと感じますし、尊敬の念を抱きます。男性には味わえない感情や体験だと思うので、女性としてこの世に生まれてきた事、母として子供たちを出産できた事は幸せな事だと思います。
30歳 女性のストーリー
私はコスメや雑貨、キャラクターグッズなどが好きなので、そういった可愛くてキラキラしたものに囲まれていると女性に生まれて良かったなと感じます。
また街を歩けば路面店もデパートも女性向けのお店ばかりだし、レストランでも周りを気にせずに気兼ねなくスイーツを食べることができます。レディースデーなど、女性限定のサービスもあり、お得にいろいろなサービスを体験することができます。
髪の毛の長さ、スカートやパンツ、ネイルなどいろいろな自分の表現の仕方があることも良いと思います。
女性消費者をターゲットとしたものが多いので、たくさんの娯楽があって男性よりも楽しめることが女性の特権ですし、女性に生まれて良かったなと思う瞬間です。
36歳 男性のストーリー
生理痛がないので、男に生まれて本当によかったほと思います。
うちの妻が特別生理痛がひどいのかもしれませんが、あの日になると鎮痛剤を飲まないと生活出来ないレベルになる。
また、出血量も多く頻繁にトイレに行かなければならないし、出血が気になり熟睡ができない。
外出もあまりできないので一緒に遊びに行くこともできません。
それを見て私は、どうすることもできずにただただ見ているだけでした。
なにもしてあげられないことを悔やみます。
毎月、妻の機嫌が悪くなり、死にそうな顔をしてるので本当にかわいそうです。
あの日が来なければいいどれだけいいことかと常々思っています。
神様はなぜあの日をつくったのでしょう・・・このやろー。



40歳 女性のストーリー
出産を経験して、女に生まれて良かったと思いました。私は結婚して7年間、子宝に恵まれず、不妊治療も行いましたが、お金と時間を使うだけで、なかなか効果がなく悩み苦しむ日々が続きました。そして悩みに悩んで、最後のチャンスとして体外受精を行い、7年目にしてやっと子宝に恵まれました。壮絶な痛みを乗り越え、我が子に会えた瞬間の嬉しさは今も忘れません。子供に対して、いくつになっても愛しく、守ってあげたいと想う気持ちを持ち続けられるのも自分のお腹を痛めて産んだという事実があるからだと思っています。辛い日々もありましたが、出産を経験して、母になれた事は、私にとっては最高の幸せです。女性に生まれて本当に良かったと思いました。
41歳 女性のストーリー
基本的に女性と言うだけで特別扱いが多いかなぁと。お店でも女性ばかりで来店したら特典があったり。何かにつけて女性が使うものにはサンプルが有ったりするのが多いですね。
甘いスィーツなどもお店で気兼ねなく食べられますね。男性は周囲の視線を気にしたりあるようですし。自分をきれいにするアクセサリーも女性は多いので、いろんな自分を作れます。
一番はやはり出産を体験できることですね。こればっかりは男性では絶対にできないことですから。
私はありがたいことにあの感動を2回味わうことができました。人生で一番の幸せを味わえた瞬間ですね。あの感動は口では伝えきれないです。痛い・しんどいっていうのもあるんですが、それ以上の幸せがありますね。
25歳 女性のストーリー
私は都内でSEとして働いていますが、男性の多い職種ですので、女性はすごく寛大に見てもらえるところがあります。
まず、仕事のアサイン自体がかなり気を使ってもらえます。炎上しそうにないもの、お客様が比較的優しいものを、上司が優先して回してくれます。理由は、「急な夜間作業とか女の子に言えないからね、夜道とか危ないし」とのこと。
男性と同じように仕事を何でも受けられないのは申し訳ないけれど、ストレスなく働かせてもらっています。
仕事面以外でも、職場での飲み会は、女性陣はほとんどお金を出していません。男性のにんずが多いので、少し多く出すよ、とみんながやってくれると、ほとんど払い終わってしまいます。
同じお給料をいただいているから、女性だからといってお金を出さないのもおかしいとは思うのですが、優しさに甘えてしまっています。
ずるいようですが、女に生まれて、快適だなと思います。生まれ変わったとしても女になりたいです。
31歳 女性のストーリー
焼き肉の食べ放題のお店へデートへ行った際に女子料金って言うのがあって男と比べて500円ぐらい安かった。私はラーメン次郎では大盛りでないと満足しない胃袋の持ち主。一方、彼氏は女の子かと思うぐらい食が細い。それなのに男ってだけで料金が高い。つまり胃袋の大きさなんて関係ないんだ。安いのは嬉しかったけど、結局いっぱい食べたから申し訳なくなって割り勘してしまった。だって彼氏は胃袋小さいから、あんまり食べてなかったんだもの…申し訳なくなってしまったんだ。よく新歓やコンパは女の子の方が圧倒的に安い。それを見ると女に産まれて本当に良かったと思う。女の方が化粧やらファッションやらでお金がかかると言われているけど、物を選べばそんなことない。私なんて毎日全身5000円コーディネートさ。
22歳 女性のストーリー
私は今妊娠しており、もうすぐ出産を控えています。
妊娠がわかった時は、驚きと嬉しさでなんだか胸がいっぱいでした。
妊娠が発覚してから1ヶ月もしないうちにつわりが始まり、体調の良くない日々が続き、正直とてもしんどい日々でした。
立ち仕事をしていたのですが、職場の方からの気遣いや、お客様からの、「身体大事にするんだよ!」「元気な赤ちゃん産んでね!」など、様々な言葉が本当に温かく、とても心が安らぎました。
旦那がのうのうと生活しているのを見ると、男の人は楽でいいなあ、、、なんて思ってしまうこともありましたが、お腹の中で愛しい我が子を育てられることや、色々な人からの温かい気遣いを感じられることも全て、女性の特権だなと思い、今では女に生まれてよかったなと感じています。
22歳 女性のストーリー
私が女に生まれて良かったと思った出来事は好きな人に会うときに頑張ってオシャレしたことを褒められた瞬間です。
いつもはあまり化粧もせず適当な洋服を着ていたんですが、ある日片思い中の好きな人とデートすることになってとても頑張ってオシャレしました。
褒められたとき、女に生まれて良かったと感じました。頑張った化粧も好みに合わせて選んだ洋服も悩んでいるときが一番女の子を楽しんでいると実感しました。
それから化粧や洋服に興味が出て毎日オシャレを心掛けるようになりました。そしてその片思い中だった人とは無事付き合えたのでとても幸せです。
可愛いと褒められるとさらに頑張りたくなるし、好きな人に言われる言葉はどんな言葉よりも嬉しかったです。

「自分は特別だと思った瞬間」

28歳 女性のストーリー
女に生まれてよかったことはいくつかありますが、おじさんたちにかわいがられていて得しているなと思うことがたまにあることです。
多分男だったとしたらこんなにいろいろしてもらえることは無いと思っています。
インスタのストーリーにどうしてもほしいマグカップが品切れでなくなっていて探すのを諦めたときに、全国のフォローしてくれている知り合いの方々(知り合いのおじさん)が探すのを手伝ってくれたり、あとは一人でいろいろ旅行しているときも、ご飯を驕ってもらえたり優しくしてもらえたりするので、私にとっては女に生まれてよかったな〜って思います。
旅行先でも一人で自分の写真を取ることはできないのですが、たくさん撮ってもらえたりするので、思い出を振り返ることもできてよかったと思います。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
自分は特別だと思った瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
独身っていいなと思った瞬間
こんなひといました
今だから言えるごめんなさい
わたしの周りで大変身した人
わたしの周りで一番お金持ちの人
わたしの周りで一番勉強ができた人
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
あの人と縁を切ってよかった
これまでに出会った天才
わたしの周りの大恋愛
人が豹変した話
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
ノウハウ
○○の裏話
業界ならではの話
異性は知らないなと思う話
人間関係
女って本当に恐いと思った瞬間
家族に一番感謝したこと
一番ひどい友達からの裏切り
女同士って面倒くさいと思った話
学んだこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
これまでの人生で悟ったこと
思い出
忘れられない夏休み
学校や仕事をサボってやったこと
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
一番の苦労話
修学旅行の思い出
一番おいしかった食べ物
忘れられない先生の話
これまでで一番悲しかった時
人を見返してやった話
奇跡だと思った話
死ぬかと思った話
これはひどいなと思った結婚式
これまでに一番勇気を出した瞬間
お金さえあればと感じた瞬間
これまでで一番笑った話
とっておきのすべらない話
忘れられない夏の思い出
人生最大の失恋話
今までで一番感動した話
人生で一番贅沢した話
人生最大の修羅場
今までで体験した一番怖い体験
これまでで一番お金を無駄にした話
嘘みたいなほんとの話
これまでで一番驚いた話
人生で一番運が良かったなと思う出来事
どうしても許せないこと
私について
もっとも尊敬する人
誰にも言っていない秘密
私の変えたい過去
わたしの初恋と、その結末
人生が変わった出来事
そういえば昔夢見ていたこと
苦手だったのに得意になったエピソード
わたしがやめられないもの
仕事での大失敗
誰かに聞いてもらいたい愚痴
結婚・恋愛
結婚を後悔した瞬間
夫婦関係を続けていくのが不安になった話