"贅沢" に関するエピソード

「人生で一番贅沢した話」

46歳 女性のストーリー
今年の7月に入院・手術をしました
入院は経験ありましたが、手術は初めてでした。しかも乳がん(幸いにもステージ2)

数年前に入院したときは6人部屋で口から生まれたようなオバサマに囲まれて毎日血圧が高くなっていくのを体感できました

病名も乳がんなので「個室」を希望し、幸いなことに空き部屋があり使えることになりました

シャワーやトイレは部屋で使いたいと希望したところ、さらに家電付きの1日2万円のお部屋を使わせていただきました

入院期間は12日 +手術代=46万円の請求書に驚きました

医療保険、ガン保険に加入していたのでカバーできる金額でしたが旅行でも1日2万の宿泊は今まで一度もしたことがありません

個室なのでポケットWIFIをレンタルして一日中音楽を聴いたり、動画を見たり
ストレスのない「快適な入院生活」でした

食事も私の好物ばかり、入院前に体の免疫機能を高めるために始めたウォーキングでできたウエストのくびれが術後3日でなくなっていました

煮豚、酢豚、豚肉のピカタ、メロン、はまぐりのようなあさりの味噌汁
朝は焼鮭、のり

すべて美味しく頂きました、入院なのに心身ともに贅沢した12日間でした

47歳 女性のストーリー
私が、自分の人生で一番贅沢した話は、今の生活です。
今、私は大切な人と結婚して、一緒に住んでいます。
一緒に住みだしたのは昨年の春からですが、今の彼と生活する前は恥ずかしながら生活保護を受けていました。生活保護を受けていた理由は、母の虐待が何十年にもわたって続き、病気の私を虐待し続けて治療効果が出なかったためです。
生活保護を受けてからも地味な生活を続けていましたが、家でお仕事をしたりしながら収入を得ていました。その分は収入申告をして差し引かれるのですが、自分で得た収入がささやかな充実感となっていました。
その後、落ち着いた頃に、今の彼と出会いました。
今の彼との出会いは、インターネットです。
しかし、とても良い人で、優しく、思い出も沢山できるほど旅行も沢山行きました。
生活保護を抜けてからは、彼と一緒に暮らしています。
喧嘩のようなこともありますが、彼と一緒に行った北海道のフォトウェディングが一番幸せでした。今後も幸せで今のような贅沢な生活が続くとは思っていませんが、
ささやかな贅沢が続けばいいなと思っています。
57歳 女性のストーリー
人生で一番贅沢したのは、結婚して2年目くらいに私たち夫婦と友人で行ったイタリア旅行だろう。
わたしの1年契約の仕事が終わったこともあり、友人の仕事にくっついていく形で(旅費は自腹です)イタリアへ10日間ほど滞在したのだ。
訪れたのはベネツィア、ローマ、フィレンツェ、チンクエテッレなどなど。
ベネツィアでは友人の仕事が終わるのを待つ間にプラプラと街中を散歩したりゴンドラに乗ったり、教会を見学したりとちょっとした新婚旅行。
ローマではヴァチカンへ行ったり、フィレンツェでも美術館巡りと美味しいイタリア料理を堪能、そして世界遺産へのチンクエテッレへ、美しい海と可愛い街並みでのんびりしました。
道中、崖沿いの道にあった小さなレストランで食べた海の幸と美味しいパスタ、そしてデザートのピーチシャーベットの味は忘れられませんね。
ツアー旅行ではないレンタカーでまわる、気の張らない友人と夫との気ままな旅。
もう一生そんな旅行はできないだろうなぁ。
イタリアの空気、美しい景色、映像でした見たことのなかったシスティーナ礼拝堂の天井画、ミケランジェロのピエタ、そして飲めるくらいフレッシュなオリーブオイルには感動したし、ワインは安物ですら美味しい。当然のことならがパスタも素晴らしかった。
しかぁし!もらった感動はプライスレスかもしれないが、旅のための出費はそこそこ大きな金額。しかも夫婦して自由業の身なので10日休めはその分の収入ゼロ。
懐は通常の2倍の痛手となるわけで、こんな贅沢はそれ以降二度とできないでいるのである。

34歳 女性のストーリー
家族でハワイ旅行にいきました!旅行代は母の退職金でホテルはどこでもいい!と言うので、モアナサーフライダーの最上階のスイート部屋を2部屋を繋げて取りました。飛行機はJAL。旅行代金だけで150万円はかかっていました。さすがサーフライダーのスイートは部屋もキレイで景色・ロケーションが抜群でした!(^^)! アメリカの独立記念日に合わせて花火の打ち上げがあったのでディナークルーズを予約して船上より花火鑑賞。アクティビティはスキューバーダイビングなど、すべて母のお金。ご飯代などは一緒に行った姉家族が負担してくれ私は0円。CHANELで見つけた腕時計に一目ぼれして80万円でしたが、今回の旅行でお金を使っていないので勢いあまって買っちゃいました!贅沢旅行でした。
59歳 男性のストーリー
一番贅沢をしたのは、高額ながら高性能スポーツカーを
現金一括(当時総額350万超)で買ったことです。
乗用車を買ったのは3台目でしたが、一番気に入った物が手に入りました。
ボディーは小型で、ほぼ5ナンバーサイズ(幅のみが3ナンバー)に収まり、
狭い道でも扱いやすく、正しく楽な運転姿勢がとれ、安定した走り、加速の良さ、
ハンドリングの気持ちよさなどを兼ね備えた最高の乗用車です。
フロントデザインも他の物にない独特な風貌で気に入っています。
高価格なこの車を買える金銭的余裕が有る時に出会えた幸運なタイミングに
感謝したいです。
もう20年近く乗っていますが、未だ手放す気になれません。
高性能な車だけに、世間では乱暴に乗って事故を起こす人が多くいるようですが、
私に言わせればこんな良い車を雑に扱うのは非常にもったいない話です。
私はこの車に乗ってからこれまで無事故で来ています。
これからも丁寧に運転し、大事に乗って行きたいです。
59歳 男性のストーリー
私のこれまでした一番の贅沢は、高性能スポーツカー(購入当時総額350万超)を買ったことです。
思い切って現金一括で購入しました。
これを買えるだけの金銭がある時期にこの車が発売されたことに感謝したいです。
正しい運転姿勢がとれ、小型で車幅感覚も掴みやすい、ほぼ5ナンバーサイズ(幅のみ3ナンバー域)で、加速、ハンドリングはもちろんのこと、
フロントマスクも風変わり個性的で気に入ってます。
これまでに2台普通乗用車(セダン、200万前後))を購入していますが、
3台目のこれは格段の差で気に入っています。
因って、贅沢といえども安い買い物だと思っています。
世間ではこの車で事故を起こす人たちが大勢いると聞きますが、
私にすれば、こんな良い車を勿体ないことだと思います。
私は公道では力任せの運転をせず、スムースで綺麗な運転を心がけています。
この車で乱暴運転をしたら、それこそ格好悪いし、ましてや煽りなどしたら洒落にもならないですから。
ですので、この車を運転するようになってから20年近く経ちますが、ここまで無事故で来ています。
これからも大事に乗って行きたいです。
27歳 女性のストーリー
昨年新婚旅行でパラオに行った際に、思いつきで当日予約したセスナに乗り、上空からロックアイランドという世界遺産を見下ろしました。セスナに乗ったのも生まれてはじめてで贅沢だなぁと感じたのですが、インターネットや写真やポスターぐらいでしか見たことがない世界遺産の景色を見て人生ではじめて心が揺さぶられるほど感動しました。また、乗ったセスナは料金をプラスして窓がないものを選べたため、上空の空気や風を感じながら手を伸ばせば届きそうな雄大な景色を目の当たりにできました。セスナ自体の料金は、安くはなかったのですが、せっかくの新婚旅行だしと奮発して贅沢をしてとても良い経験になりました。セスナに乗って世界遺産を目にすることはおそらく一生に一度の贅沢だと思い、とてもいい経験でした。
32歳 女性のストーリー
24歳の時にフランスへ一人旅をしました。
旅行費に200万円程貯めていたため、好きな物を買って高級な料理を満喫しようと考えていました。
宿泊はパリ8区内の有名なホテルに泊まり、7泊9日の日程を組んでゆったりと楽しみました。
しかし、私はブランド品は興味がなく、高級レストランはあまり口に合わずに2日目に行った高級レストランを最後にマクドナルドやスーパーで買ったサンドウィッチを食べて過ごしました。
ゆっくりとパリで過ごしているうちに、パリっ子はあまり高級店で食事をしていないことに気づき、どんな生活をしているのか目を凝らしました。すると、マルシェで買ったパンやチーズを景色を観ながらだれかと食べる。そんな姿が目につくようになりました。
私もマルシェで様々なチーズを買い、パンや果物を買ってホテルで広げて食べました。エッフェル塔が見えるホテルで様々なチーズを食べる。窓の外は観光客でいっぱいだけど、上に視線をそらすとエッフェル塔や歴史ある建物と青々とした空が見事でした。
身の丈に合わない食事よりも身の丈に合った美味しい物を食べながらステキな景色を見る。これが一番の贅沢だと感じました。
34歳 男性のストーリー
ちょっと本題からズレてしまう話ですが、正確に言えば、一番贅沢をしたというよりは継続中の話で、実は趣味に関する事でその趣味というのはNゲージという鉄道模型集めで、さらにそれを貸しレイアウトという有料の走らせるスペースで走らせる事をしています。ちなみにNゲージは新品・中古(状態の良いものや玉数・生産から経ってしまって付加価値が付いたものも有)でもそれなりにかかるので約6年位で200万円は軽く越えていると思いますが、元を辿れば、生まれは福岡で幼少期に住んでいた近所に1つ下の幼なじみがいて、その子はやたらミニカーやその関連の建物等を比にならない位持っていて、元から鉄道好きでもありましたが、もしかしたら、その事に対する憧れからの反動かもしれないです。
39歳 女性のストーリー
去年旅行で香港に行きました。
その時の帰りの飛行機がかなり贅沢しました。
時間を間違えてしまい、飛行機を乗り遅れてしまいました。
カウンターで、新しくチケットを買わないと、乗せられないと言われてしまい。
その場で定価で飛行機のチケットを買いました。
格安ツアーで行ったのに、その倍以上の値段を払い、エコノミーの狭い席に座りました。
その時とったツアーが、エコノミーよりもランクアップされた席だったので行きはとても広く快適に過ごせたのですが、まさか帰りの飛行機が、高値を払って狭い席に座るとは思いもよらなかったです。あとあと考えたらLCCなどの飛行機会社もあったのですが、かなり高い飛行機会社のチケットを購入してしまい、すごいあの時は贅沢したなーと今でも思います。
34歳 女性のストーリー
昔からお金を使うことに抵抗があり、欲しいものを買うときにはいろいろな店を回り、一番安いお店でしか買いません。好きなブランドもあるのですが、いざ購入するとなると考えすぎてしまい、次回買おうと後回しにして結局買わずに終わります。しかし、ヴィトンのバッグはどうしても欲しくなり、悩みに悩んで独身最後の贅沢として購入しました。結婚してしまうと中々購入するのは難しくなるだろうと思い、私に取って最大の贅沢をしました。いざ購入すると、勿体なくて使うことはなかなか出来ません。しかし1つ高級バッグを持っていると、どこか良いレストランなどにも行くことが出来るし安心です。今はタンスの肥やしになっていますが、買ったことには凄く満足しています。
31歳 女性のストーリー
私が人生で一番贅沢をしたなと思うのは、自分の結婚式です。
私は海の見えるチャペルでの結婚式にずっと憧れており、地元での結婚式と比較すると3倍近くのお金をかけて、沖縄の海沿いのチャペルで結婚式を挙げました。
人生で1番高額な支払いになりましたし、更なる負担を避けるため家族のみの参加になりましたが、念願叶い海目の前の素敵なチャペルで挙式が挙げられましたし、さらにチャペルそばのプライベートビーチにてウェディングフォトも撮影でき、贅沢だなとは思ったものの大満足で夢のような時間を過ごさせてもらいました。
そして、結婚式後もそのまま沖縄に滞在し約1週間新婚旅行も兼ねて沖縄を旅行し、たくさん美味しいものを食べ思い出をつくりさらに贅沢な時間を過ごしました。
26歳 女性のストーリー
私の人生で一番贅沢をしたのは結婚式のときです。
親族だけの式で、華やかな結婚式と比べると本当にシンプルな結婚式でしたが、今考えると本当に贅沢な事だなと感じます。
プロのメイクさんにしっかりとヘアメイクして頂く事は日常的には本当にない事ですし、アクセサリーと合わせても10万円いかないドレスですが、普段こんなに高い服を着ることはありません。
小さな庭のような場所で人前式をしました。みんなが自分たちのために来てくれて、花びらをかけてくれて、おめでとうとお祝いの言葉をくれました。
1万円を超えるフルコースも結婚式では当たり前ですが、普段はめったに食べません。本当に美味しかったです。
みんながよかったと笑顔で帰ってくれました。
本当に贅沢をしました。
30歳 女性のストーリー
先日友人と沖縄旅行に行ってきました。ずっと憧れていたリッツカールトンに宿泊し、朝はビュッフェで食べ放題、その後ホテルのプールで遊んでお部屋で何をするでもなく、くつろいで、夜はホテルのレストランでディナーを食べました。夜はお部屋のお風呂で泡ぶろをして、ホテルのスパに行っておもいっきり自分を甘やかしました。普段オフィスワークで肩こりや腰痛がひどく、簡単なマッサージには行っていましたが、リッツカールトンのオイルマッサージは格別でした。担当者の方もきめ細やかで丁寧なサービスで、お部屋もアロマの香りがし、オイルマッサージでじっくりほぐしてもらえました。国内旅行でこんなに高額な旅行は初めてだったので、今までで一番贅沢な日でした。
25歳 男性のストーリー
人生で一番贅沢したものは、洋服の購入です。学生時代に購入した服の総額は当時としてはものすごかったです。当時夜の仕事をしていたのでお金はそこそこありました。また、その時と同時に洋服にもものすごく興味があって洋服を購入することにしました。ブランドはトルネードマートというブランドで購入しました。冬服を購入しました。コートとパンツを購入しました。総額で5万円しました。カードでなくて現金で支払ったので、あんなに現金を一度で出したのは初めてでした。お金を出した瞬間は勢いだったので特に何も考えていませんでした。欲しいものは目に付いたものはとりあえずきて、気に入った2点を購入しました。その買い方は最初で最後でした。
42歳 女性のストーリー
20代のころ、当時付き合っていた彼氏と、クリスマスに一度何か派手なことをしてみようという事になりました。当時の彼氏と色々探してみた結果、クリスマスに豪華客船で1泊するツアーに申し込んで、豪華客船クルーズを楽しんでみることにしました。豪華客船の中で宿泊する部屋はランクによって値段がかなり違うのですが、中ランク程度の部屋を予約しました。クリスマスなのでお互いにプレゼントを用意して、豪華客船の中でプレゼントしあいました。私は彼氏に時計を、彼氏は私にバッグを、それぞれプレゼントしたと記憶しています。豪華客船クルーズを体験したのは初めてでしたが、今まで過ごしたのクリスマスの中で、一番贅沢をしたクリスマスでした。
29歳 女性のストーリー
私が一番贅沢をしたと思う経験は、家族でのハワイ旅行です。私が5年生の時に初めて行ったのですが、初海外、それも4泊6日という日数で、とてもワクワクしていました。ハワイでは毎日海に入り、毎日ホテルの外でスパムを食べ、小学生ながらも日常を忘れて贅沢なひとときを過ごしていたなと思います。高級ブランドを買ったり、高級ホテルに泊まったり、高級レストランに行ったわけではありませんが、南国の島で好きなことを好きなだけした時間。家族分の旅費を出してくれた親にも感謝です。「物より思い出」とよく言われますが、私はこの思い出が人生で一番の贅沢だったと思っています。今ではなかなか海外へ行くことも難しくなりましたが、またあの時間を味わえたら、と思います。
33歳 男性のストーリー
私は元々節約家で、農家である実家から送られてくる米と野菜で食生活のほとんどをまかなっております。
しかし、会社から臨時ボーナスが20万出たときに、意を決して贅沢をしようと試みました。
しかし、普段から贅沢を遠ざけて生活していたため、贅沢をしようにも何をどうすればいいのか思いつかないものです。
考えた末思いついたのは、いつも見てるだけだったスーパーの高級食材を食べ漁ることでした。
あの時の快感は今でも忘れません。
いつも訪れるスーパーでおいしそうなものは片っ端からカゴに入れていきました。
国産牛肉ステーキ(3980円)刺身の盛り合わせ(2480円)いくら醤油漬け(1980円)宮崎県産マンゴー(5980円)
特にマンゴーは驚くほどおいしくて、死ぬときに食べたいものはマンゴーにしようと、心から思いました。
23歳 男性のストーリー
私が人生で1番贅沢をしたと思うのは、食べログランキング1位の高級ステーキ屋で1人前1万5千分のクリスマスコースを友人と、食べたことです。私が、贅沢だと感じた理由は2つあります。1つ目は、何と言ってもそこで食べるステーキが今まで食べたステーキの中で、1番美味しかったからです。特にシャトーブリアンの肉寿司を食べた時は、口の中に入れた瞬間になくなるのですが、最後の最後まで味わっていたかったため、言葉一つ発さずに味わったほどです。コースの1品1品にそのような感動があったため、店を後にした時に、しばらくそこら辺の安い肉は食べれないと感じたほどでした。そして2つ目は、20代前半でクリスマスに1食で1万5000円という値段のコースの肉を食べている人は多くないと感じ、優越感に浸ることできたからです。後日、友人にクリスマスに食べたものを聞いても私たちほど良いお店に行っている友人はいませんでした。彼女、彼氏のいない友人同士で集まって奮発した甲斐があり、異性の人肌という寂しさこそあるものの、食欲を最高の形で満たすことができました。以上の2点より、私自身の食に関する満足感と、周囲の友人より良いものを食べることができたという優越感を感じることができたため、高級ステーキ店での経験を私の人生で1番贅沢した経験としました。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
自分は特別だと思った瞬間
独身っていいなと思った瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
こんなひといました
人が豹変した話
わたしの周りで大変身した人
わたしの周りの大恋愛
今だから言えるごめんなさい
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
わたしの周りで一番お金持ちの人
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
これまでに出会った天才
あの人と縁を切ってよかった
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
わたしの周りで一番勉強ができた人
ノウハウ
異性は知らないなと思う話
○○の裏話
業界ならではの話
人間関係
女同士って面倒くさいと思った話
一番ひどい友達からの裏切り
家族に一番感謝したこと
女って本当に恐いと思った瞬間
学んだこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
これまでの人生で悟ったこと
思い出
これまでで一番お金を無駄にした話
人を見返してやった話
どうしても許せないこと
嘘みたいなほんとの話
とっておきのすべらない話
これはひどいなと思った結婚式
これまでで一番笑った話
忘れられない先生の話
今までで体験した一番怖い体験
奇跡だと思った話
人生で一番贅沢した話
忘れられない夏の思い出
学校や仕事をサボってやったこと
これまでで一番悲しかった時
これまでに一番勇気を出した瞬間
人生で一番運が良かったなと思う出来事
忘れられない夏休み
人生最大の失恋話
人生最大の修羅場
一番おいしかった食べ物
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
今までで一番感動した話
お金さえあればと感じた瞬間
修学旅行の思い出
一番の苦労話
死ぬかと思った話
これまでで一番驚いた話
私について
そういえば昔夢見ていたこと
わたしの初恋と、その結末
わたしがやめられないもの
人生が変わった出来事
仕事での大失敗
誰かに聞いてもらいたい愚痴
私の変えたい過去
もっとも尊敬する人
誰にも言っていない秘密
苦手だったのに得意になったエピソード
結婚・恋愛
夫婦関係を続けていくのが不安になった話
結婚を後悔した瞬間