"愚痴" に関するエピソード

「誰かに聞いてもらいたい愚痴」

34歳 女性のストーリー
結婚したいのに、彼氏がいても理想の人ではない(犯罪的な仕事をしてる、モラハラ、50代など)で自分はどうしたら理想の結婚生活を送れるのか、、と毎日考えています。
考えるのがめんどくさくて、何もしたくない日々が続いています。
私たちの親の世代は専業主婦でいい、という考え方なので私もその価値観で育ってきてしまっているのに、今更不況になったからと言って共働きが必須、とか最悪すぎます、
友達はみな10歳以上上の経営者などと結婚してセレブ生活を送っています。私もそんな生活を送ります。そのために努力しなきゃと考えている段階です。ただし、あまり亭主関白な人は無理なのでそこも難しいです。実家に帰って親と過ごすか・・・困りましたね。
26歳 男性のストーリー
とにかく旦那の散らかし癖がすごいです。
せっかく片づけて夜眠っても、遅く帰ってきた旦那の脱ぎ散らかした服や、中途半端にあけたペットボトルが散乱していて朝起きるとまずは片づけでテンションさがります。。
46歳 女性のストーリー
5年以上まえから不仲になっている妹夫婦についてです

子供のいない私たち VS 子供のいる妹夫婦
よくある「お金のもらいっぱなし」がきっかけです

私たちと同居している両親も子供のいる妹夫婦の味方をしたことで家庭内で「7日間戦争」状態に。

数年経て和解を妹から提案されて受けましたがどうしてもギクシャクした状態でしたが、結局決別です(妹には伝えていません)

今年ガンで入院手術をしました、入院期間は12日です
そんなに長くありません、ガンといってもステージ2ですので早期発見・早期治療です

見舞いに来ない、たしか10年以上まえに妹の夫が入院したときには私たち夫婦、時間作って足運んでお見舞いを渡しました
人の時にはしらんふりです
 
「何もありません」 お見舞いメールの一言もありません

親からは姉妹近くにいればイザというときに助け合えると言われましたが、何もしない妹なんて要りません
夫も、「さすがに、姉をお見舞いしないなんて ありえない」
向こうが困っても助けないからと断言
私も同じ気持ちです
家族と思う気持ちを捨てました



10歳 男性のストーリー
これはぼくがバイト中に体験した話です。
僕がスーパーで品出しのバイトをしているとき後ろから60代前半くらいのおばあさんに「アスパラってどこにある?」と話しかけられました。僕はそのおばあさんをアスパラガスのある場所まで案内しました。するとおばあさんは「これじゃない」と言い出しました。僕が一瞬困惑すると続けておばあさんは「お菓子のほうのアスパラだ」と言いました。…そうです、おばあさんはアスパラガスビスケットというお菓子のことを言っているのです。僕はそのままそのお菓子があるところまで案内しましたが心の中では「わかるわけねえだろ!」と思いましたね。
31歳 女性のストーリー
自慢ではありませんが私はよく人に道を聞かれたりするタイプの人当たりが良さそうな顔をしています。正直性格はそこまで穏やかではないですし、自分を犠牲にしてまで人に何かをしてあげようと思うほどお人好しではありません。
ある日、毎月の生活費を入金しようと思い郵便局へ出かけました。その郵便局はATMが1台しかなくタイミングによっては多少待つこともあります。私がその場に着いたとき3人が並んでいました。正直早く済ませたいと思っていたので少しイラつきました。一人目が終わり二人目の母(祖母?)娘が使い始めると振込にとても手間取っていました。大きな独り言を言いながら機械の操作に手間取り、約5分・・。「いやあ、良く分からん、出来ん。後ろの人に悪いわね!変わろうか!」と言いました。内心(始めからさっさと諦めて譲れよ・・)と思っていたのですが、そのおばさんはなんと私の前に割り込むのです。カチンときた私は「すいません、順番並んでるんですけど。」というと「いや、一人譲ったからいいでしょ。」と訳の分からない言い分。普通並びなおすなら一番最後尾につきますよね?!結局私もう一度「私も順番待ちしてるので私の後ろに並んで下さい。」キレた口調で返すとそのおばさんは「あら怖い、いいわいいわ、○○ちゃんこっちに並び直そう。いやあ、振込難しいわあ・・」とまた独り言をいいながら後ろに並びました。娘も娘で、我関せずな態度でスマホをイジイジ・・。お前の母(祖母?)が意味不明な理論かましてるの聞いてるなら諭すなり、たしなめるなりせんかい!と一人脳内でキレていました。世の中こんな変な言い分を突き通そうとする老害が多くありませんか?またそれを見てもなにも思わない若者も変じゃないですか?
32歳 女性のストーリー
一年半付き合ってる彼氏がいて、押せ押せで押し切られた形でお付き合いすることになり、最初は全然好きになれず相手の気持ちが重すぎて、気持ちに応えられないもどかしさや申し訳なさがありました。
ですが一年半色々なことを一緒に経験し
ケンカもして、本音でぶつかりあった結果、今は大切だな。好きだな。と感じるようにやっとなりました。
年齢的にも結婚するならこの人かな?と考えるようになったのに…
兄のように慕っている人が猛反対!
あんな男にやれない!稼ぎもろくにないし、将来性もない!あんな男と一緒になっても失敗するのが目に見えると…
確かに彼は工場勤務で出世などあるのかわからないし、あったとしてもたかが知れている。
人間的にも未熟だし、頼りないなと思う部分はたくさんあるけど、そんなボロクソに言わなくても…
あんな男、あんな男と言われすぎて悲しくなります。
気にするなと言われても20年近くの仲ですし、確かに…と思う部分もあるので何も言い返せないのが辛いです。
49歳 男性のストーリー
在宅ワーカーです。これからがんばってライティングでかせいでいこうと思っております。ライティングはじめたてに本気ならコピペだけで月30万から50万稼げるというオファーがきました。結局はスクールやコミュニティの勧誘ということが多かったので、これからというときにやる気に水をさすオファーが多いのがとても残念です。地道にコツコツやればその先が見えてくるという内容ならとてもよいのですが、内容もオファー自体にはないし、つづきは動画無料セミナーで、と時間もとられてしまったのが重ねて残念です。甘い言葉にのせられてしまった自分にとても腹が立っています。ライティングで稼げる階段を探してしっかり確立して、人に教えられるようになります。
24歳 女性のストーリー
私は1歳児を育てている専業主婦なのですが、義両親と義祖母(義母の母親)と同居しています。
子どもが生まれる前は割と上手くやっていたほうだと思うのですが、子どもが生まれてからはいろいろと育児方針が違ったりして、イライラすることばかりです。
特に義祖母と義父は過干渉なタイプで、わかっていることをわざわざ言ってきたり、「こうしたほうがいい」と自分の価値観を押し付けてきたりするのが本当に苦痛です。
家事をやってくれたり育児を手伝ってくれたりするのはありがたいのですが、子どもに対してやっていることにまで口を出されるので、早く別居したいです。
良かれと思ってやってくれることがありがた迷惑だったりして、それが一番困っています。
子どもは録画したいないいないばあを見るのが好きで、テレビのリモコンを見ると、「見せろ」と催促してきますが、見せるとキリがないので、私はその催促があるまでは見せないようにしているのです。
でも、義祖母は子どもが要求する前にリモコンをとって「いないいないばあ見てろ」とつけてしまうんです。
些細なことですが、こういうことが積み重なってかなりのストレスです。
41歳 女性のストーリー
姪現在20歳。
兄が亡くなると、離婚した母と同居を決め、財産放棄したうえに、一切連絡なし。
その間、兄の借金、姪のためにと、高齢の母と一緒に兄の借り入れの返済を四年続けた。
兄が姪のためにかけていた保険料も支払い。
満期になったとたん現れ、保険料だけ300万受け取り、
母(姪の祖母)へはたった30万を手渡し、また連絡なし。
姪は、兄と母(姪の祖母)がずっと育ててきた、姪の母は時にしか現れないのに、やっぱり母は偉大なのか。
私たちへの気持ちは無いのか、腹が立った仕方ない。
できれば、私と母が支払いを続けてきた返済金額分もまとめて支払ってもらいたい。
姪に対しては、母(姪の祖母)が支払いを続けてきた金額の返済を求めたい。
弁護士に相談したところで、姪宛の保険料のため、私たちからは求める権利はない。とネット検索で知ったらため、どうもできないが、どうしても姪が許せないし、返済を求めたい。
22歳 女性のストーリー
私には6歳離れた妹がいます。
今年、高校に入学したのアルバイトを始めた妹。
元々ポッチャりしていたのですが美に興味を持ち始め最近2ヶ月で15キロの減量に成功し、高校でかなりモテているようでかなり調子に乗りまくっています。
また思春期ということもあり、姉の私にめちゃくちゃ反抗してきます。
最初は喧嘩をしていたのですが最近は呆れて喋ることも無くなりました。
私自身反抗期がそんなに無かったので分からないのですが思春期ってそういうものなのでしょか?
朝のおはようの挨拶すら、おはようと言うと黙れ。と返されます。
さすがに人間的にやばいだろと思い注意するのですが、それも一言黙れ。で終わらされます。
そろそろ手が出そうなほどストレスmaxです。
28歳 男性のストーリー
うちの車庫の話なんですけど、頑張ればクルマ四台止められるんですが、縦列駐車になるから、奥の二台出すの為に、一台どかさないと出られないという面倒くさい作りの車庫なんです。しかも、大通りに面していて、バックでしか出られないんです。恐る恐るクルマ来ないかなって首を後ろに伸ばしながら。しかもその大通りに面した出入り口、急傾斜だから余計に見づらいんです。通っているクルマからクラクション鳴らされるなんてしょっちゅうです。ジョギング中の人とか、チャリンコのおっちゃんとか、見えません。挙句の果てに隣の家の植木が邪魔なんです。ブーゲンビリアの枝が道に向けてビローンって垂れてるんです。ブーゲンビリアの花は綺麗だけど、勘弁してください。時々切ってくれるから、まだ助かってますけどね。
22歳 女性のストーリー
私の主人は一つ年上なのですが、甘えたりわがままだったりととにかく子供なのです。
いい歳だし娘のお手本になって欲しいと思い、全ての事を任せて1週間家をあけ地元に帰りました。
1週間の間にも電話が沢山かかってきて、「○○はどこ?○○はどうすればいいの?」と聞いてくる始末。
1週間後帰ってきた時はきっと家が凄いことになってるんだろうなぁ…そう思いつつ1週間後家に帰ってみると、先週帰る前に作ったカレーがそのままになっていたり洗濯物がものすごく臭かったりとどうしようもない程の無知っぷり。
結婚前はずっとおかあさんに任せていたんだなぁと思うと一気にマザコンに見えてきてどう頑張っても旦那のことを嫌としか思えなくなってしまいました。
19歳 女性のストーリー
私は現在大学生で、お昼ご飯の時間はいつも友人と3人でいます。
しかし、入学して3ヶ月が経った頃から「もしかしたらこの子たちと私、性格合わないかも?」と感じることが増えてきました。
私の性格上、一度このように考えてしまうと細かいことまで気になって「あれも合わない、これも合わない…」とどんどん悪い方向に考えてしまいます。
別にその子たちの性格が特別悪いわけではなくただ私の性格と合わないだけなのですが、どうも最近はそのことでイライラしてしまうことも増えて正直いっしょにいるのがしんどいです。
必修など授業が被っているところで一緒に過ごすのはもう仕方がないとして、とにかく今は、せめてお昼ご飯の時間くらいひとりで過ごしたいです。
27歳 女性のストーリー
私は専業主婦。子供は2人。
主人はいつも朝は早く帰りが遅いので
家事、育児は全て私がやる。
ここまではわかる。
その分主人にはいつも感謝しているつもりです。
朝早くから遅くまで私達、家族の為に
頑張って働いてくれているから。
でもね、専業主婦も意外と大変なのも現実。
子供達が起きる前に起きてお弁当作って
洗濯回して、子供達を起こしてからは
ご飯を食べさし、お見送りしてなど。
勿論子供が居なくなってからも掃除、買い物、夕飯準備……
そんなこんなしているうちに子供達が帰ってきてと
毎日が正直戦争!
寝れるのは誰よりも遅く起きるのは誰よりも早い
とうゆうのが私の生活!
でも主人からしたら
専業主婦なんて俺に比べたら対して疲れていない。
と思っている態度が身体から滲み出ている。
いやいや、一回くらいお疲れ様とかありがとうとか
言葉一つくらいかけてくれても
良くないですか?
とまぁ、こんな感じで
これが私の溜め込んでいる愚痴です(笑)。
21歳 女性のストーリー
聞いてもらいたいのは「人生」についてです。
わたしの人生は、良いことも、悪いこともなく淡々と歩んでいます。正社員じゃないことを除けば。それが原因で、家族との仲は最近良くありません。
でも思うんです。ああだこうだ言われても、1番に感じてほしいのは、わたしの人生はわたしものだと言うことを。こうすれば?、と言ってきますが、口を挟み、では貴方に言われたので実行しますね、となり、上手くいかなかったときに責任は取ってくれますか?と。それに、体験談をさも正しいかのように語ってきますが、今の時代にはそぐわないんだよと言いたいです。昔のバブル期が全てではないと思います。ギャップ間の違いも、お互い理解し合えません。わたしは、周りになんて言われようとしたいことをして見返します。
21歳 男性のストーリー
私は今、上場企業のとある会社で正社員として働いてます。
入社するまでは自分が上場企業で働けるという感動もあり、やる気に満ち溢れていたのですが、
いざ入社した私を待っていたのは会社説明のパンフレットに書いてあった、「社員は家族みたいに仲が良く誇りを持って仕事をしている」や「賞与年2回、各種手当が適応される」
などの謳い文句通りの職場ではなく、上司の暴言や暴力に怯えながら仕事をし、拘束時間が長いのに給料は手取り14万円、ボーナスなしという生活だけでも精一杯の毎日です。
先輩たちの口からは不安な言葉しか出て来ず、失敗した仕事を上司にバレないように隠したり、毎日のように怒鳴られる先輩方や、どんどん辞めていく社員の姿を見て不安でしかありません。
もう、ウンザリです。
上っ面だけで利益しか求めない詐欺企業はこれから消えるべきだと思う!
もっと沢山ありますが…長くなってしまうのでここまでにします。長文失礼しました。
24歳 女性のストーリー
"私は国際結婚をして現在韓国に住んでいます。
韓国といっても田舎なので日本人が全くいないところに住んでいます。もうすぐ韓国に住み始めて1年たちますが友達が一人もいません。

旦那さんとは7歳離れています。お友達の奥さんや彼女さんを紹介してくれたりしましたが韓国語を話すことにまだ自信もなく、歳も離れているのですごく仲良くなるところまではいけません。
気にかけてくれて一緒に家族同士でご飯を食べに行ったりするのですがどんな話をすればいいのか分からずに毎回終わってしまいます。

最近、支援センターに通い始めでもしかしてママ友が出来るのではないかと思いながら行っているのですが通い始めて1ヶ月たった今もママ友が出来ることなく常に息子に話かける感じになっています。

このまま友達が出来ないまま韓国に住み続けるのか心配です。"
57歳 女性のストーリー
主婦を20年以上もやっていると、愚痴ならいくらでもあります。
夫はフリーランスの仕事をしているので、仕事のない時には家にいます。
これは新婚当時ならちょっといっしょに出かけたり、映画を見たりと平日に2人で遊べて
楽しかったのですが、これが時間が経ち子どもが生まれてたあたりからちょっと違ってきました。
私自身もフリーで仕事をし、しかも自分の自宅での作業が多いので仕事と家事と育児とが渾然一体となり、自分の時間がどんどんなくなっていったのです。
しかも家族が増えて家のスペースが子ども優先になってくると、自分の居場所自体がなくなってきて、ゆっくりできるのは夜中ひとりになった時くらい。
夫が家にいると、リビングの机を占領しテレビはガンガン付けっ放し、食器は食べたまま、
窓を開けると花粉が入る、隣の家のタバコの匂いや嫌だと締め切ってエアコンつけっぱなし。
これじゃぁ家での仕事も集中できないし、自分の居場所もない!
あぁ自分だけの机が欲しい!夫にはもっと稼いで欲しい!私がそんなに働かなくていいくらい。いまの状態だと私の家事労働は無償なうえに自分の居場所もない!
だから自分の部屋が欲しい!いやせめて夫には毎日仕事で出かけて欲しい!
46歳 女性のストーリー
会社に、関西人の女性がいるお話です。テレビのスカッとジャパンに出したい位の変人なんですが…私は、この会社に勤めてかれこれ13年目になるお局様です。その関西人の女性はまだ2〜3年位のペイペイです。やはり、関西人なのか…関西人を悪く言う訳ではないけどかなりのおしゃべりさん&必要以上に人にあいさつをする女性なんです。悪い事では決してないのですが…時と場合を考えてないため、人がお客様と話ししてる時でもわざとかのように横で大きな声を張り上げてあいさつします。
私がお客様と話しをしてる会話が全く聞こえない為、お客様もイヤそうにその関西人の女性を見ながら私に近寄ってきて話してくださいます。あまりにひどいと私もシビレを切らし〇〇さん、静かにしてくださいと言います。
こんなに本当に周囲を気にしない人は今まで居なかったし、初めてのケースの人なので周りの従業員も飽きられています。どうしたら、いいものか困ってます。注意をすると素直に聞かずに反抗して何か必ずと言っていい程返してくる…ああ言えばこう言うタイプの人です。
どうにかしてほしい存在です。
34歳 男性のストーリー
5月末にパート契約でしたが、6年勤めた所を退職しましたが、退職理由は建前上は一身上の都合でありましたが、本音を言えば、勤めていて不満が募っていた事が理由で勤め先は営業所で本社は大阪でしたが、退職間際の営業所長に対しての振る舞いに不満が大きく、例を上げるとキリがないので何点かにしますが、営業所長は役が付く前から反りが合わない事が多々あり、所長になったあたりから横柄さが増し、同僚(女性)の娘を自己判断で決め、その事案を全体説明せずに入れたり、また、自分自身は加工する部署でしたが、社内では基本的ペーパーレスを進めていたものの、一部の指示をする際は指示書を必要となるんですが、営業所長は話したくないのか説明せずに指示書を作業スペースに置くのが常態化(一番最悪だったのがそばにいるのに置いていく…)という有り様で、しかも、性格が体育会系で何か言うと年上や評価してない人間に対してガッと言うので色々な事が募って退職に…。正直、当人がやりづらい原因を作っている事(自分自身が辞める前から年1人ペースで辞めていく事が続いていた…)いつ気づくのかや補填を何故、やらなかったのかと不満を出したら止まらなくなるので以上で終わります…。
31歳 女性のストーリー
初めまして。
私は現在精神科に通院していて、
精神科の診断では自閉症スペクトラム障害と神経症と診断されています。
二次障害で、鬱病も発症しています。
薬を飲んでいても、毎日がとても辛く、
一向に治りそうにありません。
おまけに社会不安障害も持っていて、人との関わりが上手くできず、
人を前にすると緊張で吐き気と涙がでできます。
言葉を整理して伝えるのが下手で、話すのにもとても時間がかかるし、
怖くなってしまうので避けてしまい、日常でも引きこもりがちになっています。
毎日毎日、マイナス思考で同じ悩みが頭の中でグルグル回っていて絶望を感じます。
無気力で死にたくもなります。
少しでも心が軽くなる方法を、知ってる人はいますか?
37歳 女性のストーリー
結婚5年目に突入した、37歳アラフォー主婦です。
2歳年下の優しい旦那と、毎日幸せに暮らしております。

しかし最近、「子供はまだなの?」と周りの色々な人に言われる事が多く、正直愚痴りたくなる毎日です。

誰も、悪気があって言ってるわけではないし、会話の流れでそういう話になっているだけなんだろうなとは分かってはいるのですが、どうしても気になり、イライラが募ってしまいます。

私達夫婦は、子供があまり得意ではありません。
できなければできないで、夫婦2人助け合って生きていこうというスタンスなので、子供の事を聞かれた時は、そのままを伝えています。

しかし、そう返答すると「絶対後悔するよ」「女なら一回は産んだ方がいいよ」「何の為に結婚したの?」などと言われてしまいます。

例え後悔したとしても、人にとやかく言われたくはないし、子供を産む為だけに、今の旦那と結婚したわけではありません。

もし、この先子供ができなかったとしても、夫婦2人助け合い、人生を共に楽しみながら、歳をとっていけたらいいなと思っています。
24歳 女性のストーリー
私は、旦那と2ヶ月を過ぎた息子との3人で暮らしています。
子どもが生まれる前から、自分のことを自分でできない旦那でした。俺は働いてるんだから家事しないなんて当たり前。ゲームや録画、YouTubeなど自分の好きなことを延々として、人の話すら聞かない。脱いだものは脱ぎっぱなし、ご飯食べたらそのまま、飲み終わった缶ビールもそのまま、自分の仕事で使うものや私物ですら私が管理し、旦那宛の郵便物のチェックや管理も私の仕事。旦那が呼ばれた結婚式の招待状の返事を書くのも出すのも私の仕事です。
子どもが生まれて、とても幸せな反面でとても忙しい日々。旦那は何も変わりません。煙草も赤ちゃんの隣で吸いますし(旦那曰く電子タバコだから害はないと言い張る)、赤ちゃんが大泣きしていようがスマホや自分の睡眠時間優先。時には、「うるさくて眠れないからちゃんと抱っこしててよ。俺は明日も仕事なんだから。寝不足でミスでもしたらどうするの。」とまで言われたこともあります。
仕事が忙しいのはわかります。でも、私だって24時間家事や育児。休みだってないのに、自分は好きなことばかり。飲みに行けば帰ってくるのは朝方4時5時とかなのに、私が起きてなければ起きるまで電話をかけてくる。
まだまだあります。本当に言い始めたら止まりません。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
独身っていいなと思った瞬間
自分は特別だと思った瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
こんなひといました
今だから言えるごめんなさい
人が豹変した話
あの人と縁を切ってよかった
わたしの周りの大恋愛
わたしの周りで大変身した人
わたしの周りで一番お金持ちの人
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
これまでに出会った天才
わたしの周りで一番勉強ができた人
ノウハウ
業界ならではの話
○○の裏話
異性は知らないなと思う話
人間関係
女同士って面倒くさいと思った話
一番ひどい友達からの裏切り
女って本当に恐いと思った瞬間
家族に一番感謝したこと
学んだこと
これまでの人生で悟ったこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
思い出
これまでで一番笑った話
これまでに一番勇気を出した瞬間
今までで一番感動した話
修学旅行の思い出
お金さえあればと感じた瞬間
忘れられない夏の思い出
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
今までで体験した一番怖い体験
これまでで一番お金を無駄にした話
どうしても許せないこと
嘘みたいなほんとの話
忘れられない夏休み
これまでで一番驚いた話
人生最大の修羅場
人生で一番運が良かったなと思う出来事
学校や仕事をサボってやったこと
とっておきのすべらない話
人生で一番贅沢した話
これまでで一番悲しかった時
奇跡だと思った話
人を見返してやった話
一番おいしかった食べ物
人生最大の失恋話
忘れられない先生の話
一番の苦労話
これはひどいなと思った結婚式
死ぬかと思った話
私について
わたしがやめられないもの
私の変えたい過去
誰かに聞いてもらいたい愚痴
仕事での大失敗
もっとも尊敬する人
人生が変わった出来事
誰にも言っていない秘密
わたしの初恋と、その結末
そういえば昔夢見ていたこと
苦手だったのに得意になったエピソード
結婚・恋愛
結婚を後悔した瞬間
夫婦関係を続けていくのが不安になった話