"赤信号" に関するエピソード

「これまでで一番驚いた話」

48歳 女性のストーリー
 これまでに一番驚いた話は、今から32年前に高校から自宅への帰宅途中、自身に起きた出来事です。

 当時、自宅→自転車→JR→徒歩通学をしていました。その日はテスト休みだったので、JRを途中下車して買い物へ行き、夕方自宅へ帰るところでした。

利用しているJR駅前が珍しく人通りが少なかったことを覚えています。

駅前交差点で信号待ちをして、青信号になったので横断歩道を渡ろうとすると、赤信号のはずの車道側も青信号。車、歩行者用4つの信号機が全て青信号に驚いた時、頭上でピカッと光る物体を発見しました。明らかに未確認飛行物体です。

何が起きたのだろうと考え出した時には、赤信号で当たり前のように車が目の前で停車しています。

恐らく地球より文明が発達した宇宙人が地球へ遊びに来て、ちょっとイタズラをしたのだろうと考えました。

「死ぬかと思った話」

35歳 女性のストーリー
私がまだ、小学校低学年だった頃のことです。
家族でお出掛けした帰りに、電車に乗るために駅に向かっていました。その時兄弟や両親と競争したい気分になり、駅まで走っていました。駅の直前、とても広い道路で、車の交通量も多い道を渡るのに信号が有ったのですが、当時走っていたのと、初めての場所だったこともあり、信号にまったく気付きませんでした。
そのまま赤信号なのに、ひとりで走って広い道路を横断してしまいました。その時も車はたくさん有ったのですが、幸いどの車も停まってくれたので、ひかれずに済みました。今振り返りますと、あれだけたくさんの車がいたのに皆停まってくれたことに感謝すると共に、私もひかれてたらと思うと危なかったですが、急停車が原因で後ろの車からのからの衝突事故などもなくて、本当に良かったと思います。
40歳 女性のストーリー
いけないとは思いつつ、移動する時間が長いのでついついながらスマホをしてしまいます。
電車やバスなど席に座っている時には何ら問題はないのですが、私は歩いている時にもながらスマホをしてしまうんです。
どこでもやるわけではなく、自宅から最寄駅の往復の道でしてしまいます。
危なかった兆候は多々あり、赤信号だと確認もせずに横断歩道を渡っていたということがありました。
運よく、クルマが来ていないタイミングで横断してしまっていたのでそれまでは危ない思いをしたことがなかったのですが、つい数ヶ月前、クルマに轢かれそうになってしまいました。
クルマの方が少しでも私に気づくのが遅かったら‥。
ブレーキを踏むのが、ハンドルを切るのがと考えるとゾッとします。

「どうしても許せないこと」

42歳 男性のストーリー
ここ最近、あおり運転やその結果の口論や喧嘩などのトラブルが注目されている。
私もなるべくトラブルには関わりたくないのだが、一度だけ相手に文句を言ったことがある。

スクーターで橋の上を走行中、赤信号のため前の車列が停車していた。
車列に合わせて停車するために減速したところ、後ろを走っていたワンボックスカーが無理矢理スクーターの前に入って来た。

スクーターに乗っている生身の体からすれば、ワンボックスカーの車体は凶器でしかなく
、急な割り込みは暴力のように感じられた。

一度も交通トラブルで文句を言った事がない私だが、どうしても許せない気持ちになり運転手に文句を言った。

私が「危ないだろう」と声をかけると、注意されると思っていなかったのか女性はびっくりして目を見開いて固まってしまった。

「これまでに一番勇気を出した瞬間」

30歳 男性のストーリー
私は大型バイクに普段乗っていてよく車の幅寄せや右直事故にあいそうになるのですが。
私が一番勇気を出した瞬間は片道3車線の大きい交差点で私が直進対向車線に大型10tトラックが右折待ちで待っていました。私と前の車は少し車線が開いていました。そして右折してくるトラック私は60km/h出ていました間違いなく止まれませんでした。トラックも既にヘッドは私の進路を塞いでいます。大型交差点なので歩行者や赤信号待ちの自転車等いろいろいました。どちらかに避けてバイクをこかすのは誰かに突っ込んだ後のことを考えて、怖くてできませんでした。私は結局大型トラックの前輪タイヤと真ん中のタイヤの間のフレーム部分にバイクごと衝突するしかありませんでした。あの時は最高に勇気を出して死を覚悟しました。結局フルブレーキしながらなのもあって、胸部骨折とバイク廃車で済みました。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
自分は特別だと思った瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
独身っていいなと思った瞬間
こんなひといました
人が豹変した話
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
あの人と縁を切ってよかった
わたしの周りの大恋愛
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
わたしの周りで一番勉強ができた人
わたしの周りで大変身した人
わたしの周りで一番お金持ちの人
今だから言えるごめんなさい
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
これまでに出会った天才
ノウハウ
○○の裏話
異性は知らないなと思う話
業界ならではの話
人間関係
一番ひどい友達からの裏切り
女同士って面倒くさいと思った話
女って本当に恐いと思った瞬間
家族に一番感謝したこと
学んだこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
これまでの人生で悟ったこと
思い出
今までで体験した一番怖い体験
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
人を見返してやった話
死ぬかと思った話
人生最大の失恋話
とっておきのすべらない話
これまでで一番お金を無駄にした話
これまでで一番悲しかった時
今までで一番感動した話
忘れられない夏の思い出
人生最大の修羅場
これまでに一番勇気を出した瞬間
一番の苦労話
人生で一番運が良かったなと思う出来事
嘘みたいなほんとの話
お金さえあればと感じた瞬間
忘れられない夏休み
忘れられない先生の話
修学旅行の思い出
これまでで一番笑った話
学校や仕事をサボってやったこと
一番おいしかった食べ物
これはひどいなと思った結婚式
奇跡だと思った話
人生で一番贅沢した話
どうしても許せないこと
これまでで一番驚いた話
私について
誰にも言っていない秘密
わたしの初恋と、その結末
そういえば昔夢見ていたこと
人生が変わった出来事
誰かに聞いてもらいたい愚痴
わたしがやめられないもの
苦手だったのに得意になったエピソード
もっとも尊敬する人
仕事での大失敗
私の変えたい過去
結婚・恋愛
結婚を後悔した瞬間
夫婦関係を続けていくのが不安になった話