"ボトル" に関するエピソード

「誰かに聞いてもらいたい愚痴」

26歳 男性のストーリー
とにかく旦那の散らかし癖がすごいです。
せっかく片づけて夜眠っても、遅く帰ってきた旦那の脱ぎ散らかした服や、中途半端にあけたペットボトルが散乱していて朝起きるとまずは片づけでテンションさがります。。

「どうしても許せないこと」

42歳 女性のストーリー
電車や職場で口に何も当てずに、くしゃみや咳をする人が許せません。
以前、実家に帰省する際の電車内に酷く咳き込んでいる人がおり、数日後にインフルエンザを発症したことがあります。
家族もインフルエンザに罹っておりませんでしたので、帰省中の電車内でかなと思いました。
また、電車内でペットボトルのお茶が口の中に残っている状態で咳をして、手で押さえたようでしたが、隙間からしぶきが飛んできて顔にかかったこともあります。
後ろに立っている人に咳をされた場合も、マスクをしているか必ず振り返って見てしまいます。
職場でも周りに関係なく豪快に咳やくしゃみをする人がいますが、せめて口にハンカチを当てるか、自主的にマスクをしていただきたいです。
そのため電車内や職場では、なるべくマスクをするようにして、ドラッグストアで売られている次亜塩素酸水を持ち歩いて、いつでも消毒できるようにしています。
22歳 女性のストーリー
ペットボトルを飲みかけで中身が入っている時に、
机の上などに蓋を閉めない状態で置く人。
何度注意しても治らなかったり、そういう人に限って何回もこぼして、騒ぎ立てたり、すごく落ち込んで周りの空気悪くしたり、こっちにまで八つ当たりしてきたりするので本当にやめて欲しいと思ってます。
どれだけ好きな人でも、この行為をされると、残念な人だなと感じてしまいます。
でも残念だなと感じはしますが、そういう方にも直して欲しいと思うので、一応気をつけて欲しいという気持ちは伝えます。
もしかしたらその人の癖かもしれないと思ってるので、3回は許そうと決めているので許しますが、3回もやっていた時は自然と距離を空けてしまう傾向があります。

「修学旅行の思い出」

30歳 男性のストーリー
高校生の時の修学旅行にて二泊三日での沖縄になったのですが、一日目が西表島残りが沖縄本島に移動してのスケジュールでした。
一日目は楽しく西表島にて予定されていたスケジュールをこなし夜には外に出て街灯がなかったので素晴らしくきれいな星が空を覆いつくしていました。
次の日お昼前ぐらいに西表島から本島にボートで移動する前に島唯一の売店がありそこでペットボトルの期間限定のジュースを買いボートで移動中飲んでいたのですが、本島に着きホテルに着いたあたりでおなかの調子が悪くなりホテルの部屋についてからトイレにこもりそこから下痢が止まりませんでした。
ジュース以外口にいていなかったので原因がそのジュースですたがどこにも言えずじまい。
二日目の晩御飯がホテルの広場にて沖縄料理バイキングだったのですが下痢のせいで沖縄料理を楽しめず唯一口にできたのがシークワーサージュースのみでした。
せっかくの楽しみにしていた料理が食べれなかったのが悔やまれましたが全体的に楽しい修学旅行でした。

「人生最大の修羅場」

40歳 女性のストーリー
以前、LGBTの集まる飲み屋で働いていた時のことです。
私自身はLGBTではないのですが、ちょっとしたきっかけで働くこととなりました。
その際に、出会ったバイセクシャルのお姉様。
私のことをとても気に入ってくれて、私がシフトで入っていた時は必ず来てくれてました。
週に1回は、シャンパンを入れてくれたり。
キープのボトルも高めのものを入れてくれたり。
しかし、私がお店を辞めたとなった後に急変。
昼の仕事に戻るためにお店を辞めたのですが、友達として付き合っていこうと思っていました。
何度か遊びに誘われたのですが、昼の仕事に戻ったばかりというのもあって疲れが抜けず、何回か断っていました。
そんなある日、
「お店辞めても遊ぶって言ってくれたじゃん」
「そんなに疲れが取れないのなんておかしい」
「あれだけ、お金落としてあげたのに」
「あんたにいくら使ったと思ってるの?」
「マンションだってタダで貸してあげるって言ったじゃん」
等など、怒涛のメールが来るように。
挙句、うちの最寄り駅で待ち伏せされるようになりました。

顔は合わさずに済んだのですが、同性と揉めたのが一番の修羅場でした。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
独身っていいなと思った瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
自分は特別だと思った瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
こんなひといました
わたしの周りで一番お金持ちの人
あの人と縁を切ってよかった
わたしの周りで大変身した人
わたしの周りの大恋愛
人が豹変した話
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
わたしの周りで一番勉強ができた人
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
今だから言えるごめんなさい
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
これまでに出会った天才
ノウハウ
○○の裏話
異性は知らないなと思う話
業界ならではの話
人間関係
一番ひどい友達からの裏切り
女って本当に恐いと思った瞬間
女同士って面倒くさいと思った話
家族に一番感謝したこと
学んだこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
これまでの人生で悟ったこと
思い出
学校や仕事をサボってやったこと
これまでで一番笑った話
これまでで一番驚いた話
今までで体験した一番怖い体験
奇跡だと思った話
嘘みたいなほんとの話
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
これまでで一番悲しかった時
一番おいしかった食べ物
とっておきのすべらない話
これはひどいなと思った結婚式
忘れられない先生の話
一番の苦労話
修学旅行の思い出
忘れられない夏の思い出
お金さえあればと感じた瞬間
死ぬかと思った話
人生で一番贅沢した話
これまでで一番お金を無駄にした話
忘れられない夏休み
人生最大の失恋話
今までで一番感動した話
人生で一番運が良かったなと思う出来事
人生最大の修羅場
人を見返してやった話
どうしても許せないこと
これまでに一番勇気を出した瞬間
私について
わたしの初恋と、その結末
もっとも尊敬する人
誰かに聞いてもらいたい愚痴
仕事での大失敗
人生が変わった出来事
私の変えたい過去
苦手だったのに得意になったエピソード
そういえば昔夢見ていたこと
わたしがやめられないもの
誰にも言っていない秘密
結婚・恋愛
夫婦関係を続けていくのが不安になった話
結婚を後悔した瞬間