"ホワイトデー" に関するエピソード

「わたしの初恋と、その結末」

39歳 女性のストーリー
私の初恋は小学校3年生の時でした。相手はクラスの同級生で、いつも一緒に遊ぶグループの男の子でした。子どもでしたから、それまでは、好きな人といってもコロコロ変わったり、クラスに1番目から4番目に好きな人がいる状態でしたが、初めて1人の子を長く想うようになりました。彼は勉強こそ出来なかったけれど、運動神経は抜群で運動オンチな私はいつも助けられていました。バレンタインのチョコを初めて家族以外で渡したのも彼でした。学校には持ち込み禁止だったので、近くのスーパーに放課後呼び出しました。彼が来てくれるか、今の関係が壊れるんじゃないか、幼心にドキドキしたのを覚えています。無事に渡せて、関係も変わらず、ホワイトデーのお返し(確か、かわいい入れ物に入ったくまのクッキーだったと思います)ももらえました。大人のように付き合うもなにもなかったけれど、何気ない日々がすごく嬉しくて、毎日がとても楽しかったです。ですが、その1ヶ月後、私は親の転勤で引っ越すことになりました。そこで思っていたのはやはり彼のことです。子どもにとっては県をまたいでの移動なんて外国と同じですし、漫画やアニメのように手紙を出すなんて考えつきませんでした。こうして私の初恋は終わりました。最近、娘も大きくなり、あの頃の私の歳を越えて、好きな男の子が出来たのでこの話をしました。彼もどこかで私のことを覚えていてくれたら嬉しいな、と思います。
29歳 女性のストーリー
私の初恋は3歳の時でした。近所に住んでいた3つ年上の男の子です。その男の子とは毎日一緒に遊んでいました。近所のお母さんたちにも、「将来大きくなったら〇〇くんと結婚する!」と言っていたくらいです。
しかしその子が小学校に上がると、一緒に遊ぶこともほとんどなくなってしまいました。私はバレンタインデーにチョコレートを渡していましたが、ホワイトデーでもらうこともありませんでした。だんだん疎遠になり、お互い顔を合わせても挨拶しかしなくなり、「あぁ、これで私の初恋も終わったのだな」と思ったのを覚えています。
その後は私も幼稚園に新たに好きな男の子ができ、初めての失恋を克服しました。今となってはとても素敵な甘い思い出です。
39歳 女性のストーリー
私の初恋は小学校3年生の時でした。相手はクラスの同級生で、いつも一緒に遊ぶグループの男の子でした。子どもでしたから、それまでは、好きな人といってもコロコロ変わったり、クラスに1番目から4番目に好きな人がいる状態でしたが、初めて1人の子を長く想うようになりました。彼は勉強こそ出来なかったけれど、運動神経は抜群で運動オンチな私はいつも助けられていました。バレンタインのチョコを初めて家族以外で渡したのも彼でした。学校には持ち込み禁止だったので、近くのスーパーに放課後呼び出しました。彼が来てくれるか、今の関係が壊れるんじゃないか、幼心にドキドキしたのを覚えています。無事に渡せて、関係も変わらず、ホワイトデーのお返し(確か、かわいい入れ物に入ったくまのクッキーだったと思います)ももらえました。大人のように付き合うもなにもなかったけれど、何気ない日々がすごく嬉しくて、毎日がとても楽しかったです。ですが、その1ヶ月後、私は親の転勤で引っ越すことになりました。そこで思っていたのはやはり彼のことです。子どもにとっては県をまたいでの移動なんて外国と同じですし、漫画やアニメのように手紙を出すなんて考えつきませんでした。こうして私の初恋は終わりました。最近、娘も大きくなり、あの頃の私の歳を越えて、好きな男の子が出来たのでこの話をしました。彼もどこかで私のことを覚えていてくれたら嬉しいな、と思います。
29歳 女性のストーリー
私の初恋は3歳の時でした。近所に住んでいた3つ年上の男の子です。その男の子とは毎日一緒に遊んでいました。近所のお母さんたちにも、「将来大きくなったら〇〇くんと結婚する!」と言っていたくらいです。
しかしその子が小学校に上がると、一緒に遊ぶこともほとんどなくなってしまいました。私はバレンタインデーにチョコレートを渡していましたが、ホワイトデーでもらうこともありませんでした。だんだん疎遠になり、お互い顔を合わせても挨拶しかしなくなり、「あぁ、これで私の初恋も終わったのだな」と思ったのを覚えています。
その後は私も幼稚園に新たに好きな男の子ができ、初めての失恋を克服しました。今となってはとても素敵な甘い思い出です。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
独身っていいなと思った瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
自分は特別だと思った瞬間
こんなひといました
わたしの周りの大恋愛
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
今だから言えるごめんなさい
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
わたしの周りで一番勉強ができた人
これまでに出会った天才
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
あの人と縁を切ってよかった
わたしの周りで大変身した人
人が豹変した話
わたしの周りで一番お金持ちの人
ノウハウ
業界ならではの話
○○の裏話
異性は知らないなと思う話
人間関係
家族に一番感謝したこと
女って本当に恐いと思った瞬間
一番ひどい友達からの裏切り
女同士って面倒くさいと思った話
学んだこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
これまでの人生で悟ったこと
思い出
修学旅行の思い出
嘘みたいなほんとの話
忘れられない先生の話
これまでに一番勇気を出した瞬間
これまでで一番笑った話
どうしても許せないこと
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
これはひどいなと思った結婚式
人生最大の失恋話
今までで一番感動した話
人を見返してやった話
人生で一番贅沢した話
人生で一番運が良かったなと思う出来事
人生最大の修羅場
忘れられない夏休み
これまでで一番お金を無駄にした話
一番おいしかった食べ物
今までで体験した一番怖い体験
とっておきのすべらない話
これまでで一番驚いた話
学校や仕事をサボってやったこと
一番の苦労話
これまでで一番悲しかった時
死ぬかと思った話
奇跡だと思った話
忘れられない夏の思い出
お金さえあればと感じた瞬間
私について
誰にも言っていない秘密
もっとも尊敬する人
苦手だったのに得意になったエピソード
人生が変わった出来事
わたしがやめられないもの
私の変えたい過去
わたしの初恋と、その結末
誰かに聞いてもらいたい愚痴
仕事での大失敗
そういえば昔夢見ていたこと
結婚・恋愛
結婚を後悔した瞬間
夫婦関係を続けていくのが不安になった話