今までで一番感動した話

60歳 男性のエピソード
夕暮れ、私はあの京都の街のタクシーの中でハンドルを握っていました。その頃、私は、なりたてのタクシードライバーで、未だ慣れぬタクシーの仕事に付かれる毎日を送っていました。
私がその職を得た当初、タクシー自由化というものが私が仕事を初めた頃行われ、ました。結果、月日が経つにつれ、街は、タクシーで溢れかえるようになって行きました。

その日も私は客足を見る事も容易にままならぬまま、むやみに車を走らせる中、無情に時はながれ、ひるから夕へと日は傾いていき、やがて、街は黄昏の薄闇に包まれて行きました。私は日報と呼ぶ売り上げの報告の書類にわずかに書いた乗客の売り上げの記録に失望と大きな苛立ちを覚えつつ、あてどもなくただ、一心不乱に客の人影を探りながら車を走らせていました。

そしてさらに、宵闇が街を覆うに連れ、道は行き交う車のライトで眩くなって行きました。「ああ、たまらん、なんとかならんかなあ…。別の場所に変えるかな…」私は、空しく、悲しい思いで胸がつぶれそうになりながら、尚も走りました。「もう今日はだめだ。見込みがないな。もう営業時間も無くなってきたよ」

私が、仕事を切り上げようと、心に決めかけて恨めしく町の灯を睨んでいたその時、遥か遠くに手を振る人の姿が、見えました。「おっ、久し振り!」私は速度をゆっくりと落としながら車を道の傍らへよせて行きました。幼い男の子でした。その子は手提げを持ったお母さんに手を引かれながら、手を振っていました。

「運転手さん止まってくれて有難う」ドアを開けるとその子がひょっこり覗いてにっこりと微笑みつつ言いました。「いや、いや!」思わず、私はその子に笑いかけました。私にはその子が天使に見えました。「宜しくお願いします。」母親が子供に続きました。

私は弾んだ声で、「有難うございます、どちらまで」と叫ぶように言いました。するとその子供のかん高いつやのある声が応えました。「堀川寺の内」。「堀川を北へ向かって、立体歩道橋をくぐってから西に入ってください」母親が続けました。「有り難うございます」私は黙々と、車を走らせました。

車は、行きかう車の灯や町の灯の下、幾つもの通りを過ぎ、曲がり進みました。私はそっと背後の客の様子を見やりました。ルームミラーにその幼い子供が母の膝で眠っている様子が見えました。どんどん車を進め、堀川通に入りさらに北へ向かう内、やがて前方に立体の歩道橋とその先に信号が見えて来ました。

「あの先を左です」母親が言いました。私が車は無事、目的地へ着き小さな公園の前で車を止めると母親は料金を払い、ひじに持ち物を掛け、眠った子供を背負いました。その母は丁寧な優しい声で、礼を言い、出て行きました。親子が路地の奥へ消えるまで私は、静かに見送りました。しばらく私は、黙ってぼんやり町の灯を見ていましたが、やがて、又、車を走らせていきました。

私がある公園の前に来た時、少し休憩を取り車外に出て、しばらく時を費やした後乗り込もうとドアを開けしなにふと、後部座席の床の何かしら不明の物に目が行きました。座席を倒して、私はそれをさぐりますとそれは小さな手提げ袋でであることが判りました。「ああ、あの子たちのか、」私は、少し、疲れを覚えつつ、会社へ連絡して待ちました。

当初は落とし主からの連絡が届いて居らずそのまま仕事を続けるのも厄介なので私は手持無沙汰のままその公園で暇を潰して居ましたが、やがて暫くして母親から連絡が入り、その親子の住所がわかりました。私はとるものもとりあえず、そそくさと親子の降りたところへ向かいました。

私が親子の降りた場所に着くと既にそこにその母親の姿がありました。「どうも済みません、うっかりしてて、あの子が落としたんです。」彼女は、とても丁寧に、恐縮した様子で言いました。「私こそ、ちゃんと見てあげられなくて」私は頭を下げました。私が忘れた手提げを差し出すと彼女は小さな白い封筒を差し出しました。「これは、あの子が書いたものです。読んでやってください。もうあの子は寝てます」

それは、子供用の絵入り封筒で中に一枚の子供用の便箋が入っていました。「運転手さん、届けてくれてありがとう。今日も元気で頑張って気をつけて乗ってね。」私は今もその手紙を机の引き出しに仕舞い続けています。


24歳 男性のエピソード
感動富士山
私が今までで一番感動したのは登山をした時です。
富士山のような有名であったり過酷な山というわけではありませんが、人生初の...
続きを読む
34歳 女性のエピソード
感動
息子を妊娠、出産したことです。
付き合ってから結婚するまでがとても長く、正直子供を作ることは当初考えていませんでした。
...
続きを読む
23歳 女性のエピソード
感動
友人が事故にあった時の話です。
友人は車が好きで、よく知り合いと車でドライブに行くことが多くあったようです。
友人達はあ...
続きを読む
32歳 男性のエピソード
感動
今私は3人の子供がいてその内の長男(小学2年生)が知的障害をもっていて、普通の子と比べて国語や算数などはまだ1年生の内容...
続きを読む
39歳 女性のエピソード
感動女の子
子供が産まれた時が一番感動しました。
25歳で結婚し、子供は欲しかったけどなかなか主人に欲しいとは言えず、さらに仕事も忙...
続きを読む
31歳 女性のエピソード
感動人工肛門大腸ガン酸素マスク肺塞栓症生命力
2年前祖父が大腸ガンになりました。
92歳と高齢ではありましたが、手術を選択しました。
やはりリスクは覚悟してくださいと...
続きを読む
25歳 男性のエピソード
感動グラウンド
私が12歳(小学校6年)のときの思い出です。

私の担任の先生があまりにも厳しすぎたことで有名でした。
特に私が苦しめら...
続きを読む
38歳 女性のエピソード
感動ピアノコンクールオーディエンス
ピアノを5歳からしてまして、夢がピアノコンクールで入賞することでした。
反抗期の時期もあり、一度はやめたピアノを再び復活...
続きを読む
36歳 女性のエピソード
感動中学校小学校偏差値高等部過去問
高校受験の時だと思います。
幼稚園から大学まで、全ての節目で受験を経験してきました。
しかし、どれも上手くいきませんでし...
続きを読む
22歳 女性のエピソード
感動私立女子中マンツーマン
中学受験での経験が今まで1番感動した体験です。
私はとある私立女子中に行きたくて、小学五年生から勉強をしていたのですが、...
続きを読む
41歳 女性のエピソード
感動
妊娠、出産ですね。
妊娠した時は、本当に本当に嬉しくて、幸せな気持ちになりました。
自分がずっと望んでいた事が叶ったこと...
続きを読む
31歳 女性のエピソード
感動精神病精神病院統合失調症妄想・幻覚・幻聴Y
私は統合失調症という病を患っております。
この精神病は、発症すると、「妄想・幻覚・幻聴」など、周囲が全くゆがんで見えてし...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
感動専門学校高等学校卒業後時間割高校生醍醐味卒業生卒業後就職
仕事上での出来事です。
専門学校で教員をしています。当たり前ですが、ほとんどの方が未経験で入学をしてきます。また、中には...
続きを読む
27歳 女性のエピソード
感動ウェディングドレス
服飾を専門としている大学に通っていました。そのため何かあれば小物を作ったり、服を常に作製してました。
大学時代に仲が良か...
続きを読む
23歳 女性のエピソード
感動結婚式場探し
つい先日の記憶にある感動話です。
その時は家を出た時は小雨でしたが、駅に向かって歩くに連れ雨が強くなり私は恥ずかしながら...
続きを読む
23歳 女性のエピソード
感動産婦人科
私が、小学校2年生の時に妹が生まれたことが1番感動しました。
その日は休日だったので母親が入院している産婦人科に祖母と一...
続きを読む
49歳 女性のエピソード
感動ベンツメルセデス・ベンツ自営業
5年前のクリスマスに夫から車の鍵を貰いました。
鍵を見て車種は分かりましたが、まさかと言う気持ちがありました。
住まいの...
続きを読む
32歳 男性のエピソード
感動
私の誕生日は夏休みのお盆中で、毎年田舎に行っていたので親族以外に祝われたことがありませんでした。
学校を卒業し仲の良かっ...
続きを読む
36歳 女性のエピソード
感動高校生おばあちゃん
社会人1年目で、右も左もわからず、同期もいなかったので相談できる人もいなく、朝が憂鬱でした。
まだ慣れない運転で会社に行...
続きを読む
45歳 女性のエピソード
感動トイレ小学生冷えピタ
私が熱中症になってしまい、仕事から帰ってきて横になっていた時のことです。小学生と幼稚園生の子供がいるのですが、上の子が私...
続きを読む
20歳 女性のエピソード
感動
今まで1番感動した話は、両親の話です。
私の母は現在53歳、父は60歳です。
2人が結婚したのは今からちょうど20年ほど...
続きを読む
35歳 女性のエピソード
感動幼少期
月並みではありますが、親の偉大さには感動を覚えます。
私自身はまだ親になった経験がなく、誰かのために必死になったり、誰か...
続きを読む
人気のエピソード
いろんな瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
自分は特別だと思った瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
独身っていいなと思った瞬間
こんなひといました
わたしの周りで一番お金持ちの人
あの人と縁を切ってよかった
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
人が豹変した話
わたしの周りで大変身した人
これまでに出会った天才
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
今だから言えるごめんなさい
わたしの周りの大恋愛
わたしの周りで一番勉強ができた人
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
ノウハウ
業界ならではの話
異性は知らないなと思う話
○○の裏話
人間関係
一番ひどい友達からの裏切り
女同士って面倒くさいと思った話
女って本当に恐いと思った瞬間
家族に一番感謝したこと
学んだこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
これまでの人生で悟ったこと
思い出
今までで体験した一番怖い体験
これまでに一番勇気を出した瞬間
これまでで一番お金を無駄にした話
忘れられない夏休み
忘れられない夏の思い出
人を見返してやった話
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
修学旅行の思い出
嘘みたいなほんとの話
一番おいしかった食べ物
人生最大の失恋話
これまでで一番驚いた話
学校や仕事をサボってやったこと
人生最大の修羅場
奇跡だと思った話
これはひどいなと思った結婚式
お金さえあればと感じた瞬間
死ぬかと思った話
とっておきのすべらない話
どうしても許せないこと
これまでで一番笑った話
人生で一番贅沢した話
これまでで一番悲しかった時
一番の苦労話
忘れられない先生の話
人生で一番運が良かったなと思う出来事
今までで一番感動した話
私について
わたしがやめられないもの
誰かに聞いてもらいたい愚痴
そういえば昔夢見ていたこと
仕事での大失敗
わたしの初恋と、その結末
もっとも尊敬する人
私の変えたい過去
苦手だったのに得意になったエピソード
人生が変わった出来事
誰にも言っていない秘密
結婚・恋愛
夫婦関係を続けていくのが不安になった話
結婚を後悔した瞬間