"休み時間" に関するエピソード

「わたしの初恋と、その結末」

62歳 女性のストーリー
私の初恋は、中学一年生の時です。
同じ学校の三年生で、バドミントン部の部長でした。
同じクラスの友人と誘い合い、バドミントン部に入部しました。
先に友人が、部長を好きになり、私も、いつの間にか、好きになっていました。
それからと言うもの、休み時間に部長の教室を見に行ったり、放課後は、待ち伏せをして、部長の少し後を歩いて帰ったりしていました。
ストーカーの様な行為ですね。
特に悪いとも思わずに、行動していました。
部長の家まで行って、「一緒に、バドミントンをしてもらえますか」と頼んでして頂いたり、バレンタインに、チョコを渡したり、ファン気分で行動していました。
卒業する頃に、色紙を買って書いてもらいました。
「良く頑張った❗これからも、何事も諦めずに頑張れ‼️」と。
卒業してからは、とても寂しくなりました。
特に、何もなかったけれど、甘酸っぱい初恋の思い出です。
大人になって、迷惑をかけたと、反省しましたが、いつも、笑顔で優しい先輩だったと、感謝しています。
43歳 女性のストーリー
私の初恋は小学校5年生と6年生の時の担任の男の先生だったと思います。勿論、想いを伝えることはありませんでした。当時は幼かったのでそれが恋だとも思っていなかったと思います。休み時間には先生の机の周りにいつもいました。修学旅行で先生と一緒に写真に写りたくて先生のまわりにいたのも覚えています。先生が結婚することになった時は子供ながらに奥さんにすごく嫉妬したのを覚えています。先生が新婚旅行でオーストラリアに行き、クラスのみんなにポストカードを買って来てくれました。今でも初恋の思い出として大切に取ってあります。その先生は私が卒業する時に他の小学校に異動になりました。離任式では私がクラスの代表としてお礼の言葉を言い、花束を渡すことになりました。先生がその小学校を去る前(春休み中)に先生の為に何か出来ないかと、友達と一緒に教室の掃除に行きました。その時の写真がなぜかあります。誰に撮ってもらったのかそれは記憶にありません。その日依頼、先生とは会っていませんが、お元気でいる事を願っています。
33歳 男性のストーリー
私の初恋は小学生の4年生の時です。当時は子供ですので男女関係なく学校の休み時間に遊んでいました。その時に鬼ごっこをするのですが、男女数人で走り回ってました。その時の鬼役の女の子がとても可愛くて人気者の子でした。その子に捕まえられると離さないように手を握ったり体の上に乗ったらされていました。それが嬉しかったので、きっと好きだったのだと思います。しかしその頃は好きという思いを伝えるという発想がありませんでした。そのまま月日が経ち、いつの間にかその子に対する好きという気持ちはなくなり別の子の事が気になってしまいました。その子とは両想いになり、好き同士でした。初恋の子に10年以上経って会った時には可愛くもなく、興味もありませんでした。その当時は本当に純粋に好きだったんだと思いました。
43歳 女性のストーリー
私の初恋は小学校5年生と6年生の時の担任の男の先生だったと思います。勿論、想いを伝えることはありませんでした。当時は幼かったのでそれが恋だとも思っていなかったと思います。休み時間には先生の机の周りにいつもいました。修学旅行で先生と一緒に写真に写りたくて先生のまわりにいたのも覚えています。先生が結婚することになった時は子供ながらに奥さんにすごく嫉妬したのを覚えています。先生が新婚旅行でオーストラリアに行き、クラスのみんなにポストカードを買って来てくれました。今でも初恋の思い出として大切に取ってあります。その先生は私が卒業する時に他の小学校に異動になりました。離任式では私がクラスの代表としてお礼の言葉を言い、花束を渡すことになりました。先生がその小学校を去る前(春休み中)に先生の為に何か出来ないかと、友達と一緒に教室の掃除に行きました。その時の写真がなぜかあります。誰に撮ってもらったのかそれは記憶にありません。その日依頼、先生とは会っていませんが、お元気でいる事を願っています。
33歳 男性のストーリー
私の初恋は小学生の4年生の時です。当時は子供ですので男女関係なく学校の休み時間に遊んでいました。その時に鬼ごっこをするのですが、男女数人で走り回ってました。その時の鬼役の女の子がとても可愛くて人気者の子でした。その子に捕まえられると離さないように手を握ったり体の上に乗ったらされていました。それが嬉しかったので、きっと好きだったのだと思います。しかしその頃は好きという思いを伝えるという発想がありませんでした。そのまま月日が経ち、いつの間にかその子に対する好きという気持ちはなくなり別の子の事が気になってしまいました。その子とは両想いになり、好き同士でした。初恋の子に10年以上経って会った時には可愛くもなく、興味もありませんでした。その当時は本当に純粋に好きだったんだと思いました。

「奇跡だと思った話」

27歳 女性のストーリー
小学校に入学したばかりの頃、健康診断で心電図の検査がありました。私はその検査に引っかかり、総合病院にて精密検査をすると不整脈で、運動制限をかけられ、体育の授業に参加することはもちろん、休み時間や昼休みに友達と追いかけっこすることも禁止される学校生活がスタートしました。
月に2回は総合病院にて検査があり学校を休んでいました。そんなことが2年ほど続いたころの検査にて、心電図の数値がとても悪くなっており、次の長期休みで入院することが決定していました。
そのころ、私には血液の病気で、別の病院に入院している祖父がいました。祖父は厳しい人で、あまり会話をした記憶がないのですが、病気が悪化する孫の私をとても心配してくれていたようです。
長い闘病生活の末、祖父は私が小学2年の服に亡くなりました。
そしてその数週間後、私の心臓の検査があったのですが、数値がだいぶ下がり、病変が消えていました。そこからは順調に心臓がよくなり小学校卒業前には体育の授業に参加できるまでになりました。
祖父が天国へ病気を持っていってくれたのだと、親戚一同思っています。

「これまでに一番勇気を出した瞬間」

18歳 女性のストーリー
高校生の頃、私の口の悪さが原因で、仲違いしてしまった友人がいました。
その友人とは、仲違いするまでは休み時間はいつも一緒に過ごし、放課後や休日はいつも一緒に遊んでいたほど仲が良かったため、仲違いしてしまった後は、とても寂しく、とても悲しく、一度謝罪をしましたが、もう一度さらにきちんと謝罪をしたいと考えていましたが、友人から避けられていたために話しかけられず、謝罪するタイミングが見つかりませんでした。
そんな時、体育祭のリレーの選手にその友人が選ばれ、私は自分の事のように嬉しくなり、友人に祝福の言葉をかけようとしました。ですが、今仲違いをしている私に祝福された所で嫌な気持ちになるかもしれない、となかなか言い出せずに、ついに放課後になってしまいました。私は、この機会を逃せばもう仲直りできないだろうと思い、勇気を出して友人に「おめでとう、あなたがリレーの選手に選ばれてよかった、自分のことのように嬉しいよ」と声をかけました。
すると、友人が笑顔になり、ありがとう、と言ってくれました。
友人も、仲直りする機会を探っていたようだったので、この時、勇気を出して声をかけてよかった、と本当に思っています。
そして、本当に大切なものは失ってから気づくということをこの事で実感したので、もう二度と友人を傷つけるような言動はするまいと日々心掛けています。

「一番ひどい友達からの裏切り」

24歳 女性のストーリー
私が高校生の時です。
休み時間、友人にスナック菓子をもらいました。
ちょうどお腹の空いていた私はラッキー、と思って袋を開けて一口ぱくり。
少し湿気っていたがおいしい、普通のスナック菓子だった。
これ湿気ってない?と尋ねたところ友人はニヤニヤとしていた。
なんだろうと思い詳しく聞くと、
「パッケージ裏見て」とのことだった。
私はその通りパッケージ裏をよく見てみると、少しだけ違和感を感じる。
……賞味期限切れてない?

賞味期限切れに気づいた私を見て友人は大爆笑。
美味しいがこれを人にあげるのは非常識だ、と怒るが友人は笑いながらごめんと言うばかり。
「私も食べちゃったけどなんともなかったよ!」
と言っていたので信じたも、数時間後私はお腹を壊した。
なんということだ。私はもう信じないぞ!
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
独身っていいなと思った瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
自分は特別だと思った瞬間
こんなひといました
わたしの周りの大恋愛
わたしの周りで大変身した人
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
これまでに出会った天才
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
わたしの周りで一番勉強ができた人
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
今だから言えるごめんなさい
人が豹変した話
あの人と縁を切ってよかった
わたしの周りで一番お金持ちの人
ノウハウ
○○の裏話
異性は知らないなと思う話
業界ならではの話
人間関係
家族に一番感謝したこと
女同士って面倒くさいと思った話
一番ひどい友達からの裏切り
女って本当に恐いと思った瞬間
学んだこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
これまでの人生で悟ったこと
思い出
死ぬかと思った話
これはひどいなと思った結婚式
人生で一番運が良かったなと思う出来事
修学旅行の思い出
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
嘘みたいなほんとの話
人生最大の失恋話
奇跡だと思った話
一番の苦労話
人生最大の修羅場
これまでで一番お金を無駄にした話
どうしても許せないこと
忘れられない夏の思い出
お金さえあればと感じた瞬間
忘れられない夏休み
これまでで一番驚いた話
一番おいしかった食べ物
学校や仕事をサボってやったこと
とっておきのすべらない話
人生で一番贅沢した話
これまでで一番笑った話
忘れられない先生の話
今までで体験した一番怖い体験
これまでで一番悲しかった時
今までで一番感動した話
人を見返してやった話
これまでに一番勇気を出した瞬間
私について
わたしの初恋と、その結末
誰にも言っていない秘密
仕事での大失敗
そういえば昔夢見ていたこと
わたしがやめられないもの
私の変えたい過去
もっとも尊敬する人
人生が変わった出来事
苦手だったのに得意になったエピソード
誰かに聞いてもらいたい愚痴
結婚・恋愛
夫婦関係を続けていくのが不安になった話
結婚を後悔した瞬間