"バツイチ" に関するエピソード

「これまでで一番悲しかった時」

27歳 女性のストーリー
結婚も考えていた四年付き合った彼氏に二股をかけられていた。しかもその期間はなんと2年半弱。わたしが付き合った期間の半分以上だ。相手はわたしより1つ上のバツイチ子持ち。

それを知った時は本当にハンマーで殴られたくらいの衝撃だった。寝られなくて、食べられなくてなんもしたくなくて、その当時の記憶があまりない。1週間で4キロも痩せた。
揉めて別れたが、数カ月後どうやら元彼は二股相手と結婚したらしい。劣等感に苛まれた。悔しかったし、苦しかった。相手の親とも仲良くしていたのに、、、。

だがそんな信用できない相手と一生を添い遂げるのは精神的に無理だ。心が死んでしまう。当時は辛かったが(今も時々辛い)もっと素敵な相手に出会うべく女磨きに精を出している。とりあえずその元彼には因果応報があることを期待している。

「これまでで一番驚いた話」

38歳 女性のストーリー
以前の勤め先の同期が社内結婚したことです。
その同期は同期の中で一番若誰が見てもかわいかったです。さらに、性格もよくて仕事もできて誰もが羨むパーフェクトな女性でした。入社してすぐに一個上の先輩と付き合い始めました。その先輩もやはりその代では一番スラッとしていて誰が見てもイケメンでした。美男美女で本当にお似合いでした。5年は付き合ったと思います。先輩の方がかなり太ってきて彼女から指摘されても生活を改めず、他にもたくさん理由があったとは思いますが破局しました。
それから数年後、他の同期からその同期が結婚するという話を聞きました。相手を聞いて仰天しました。同じ会社の20歳上の小太りの先輩でした(イケメンではない)。その先輩はバツイチで前の奥さんから浮気されてそれを追及することもなく離婚したというエピソードは社内でも有名でした。仕事ができるわけでもなく、遅刻して社外に迷惑をかけたというエピソードもあり、正直ダメ男のイメージでした。
同期は、両親からももっとふさわしい人がいるんじゃないかと反対されたにもかかわらず結婚しました。
相手を聞いた時の衝撃が忘れられません。

「わたしの周りで大変身した人」

37歳 女性のストーリー
同じ会社に勤める30代後半の同僚の男性のことです。
バツイチの彼は、30代のうちに再婚を目指し婚活パーティーや、合コンなどに通っていました。
ただ、良い出会いはなくいつも恋愛が上手くいかないと悩んでいました。
彼はかなり体格が良かったため、まずは見た目だけでも改善しようとダイエットを決意。
ライザップに通うことを決意しました。
費用は50万円ほどかかったようですが、週一度から二度の運動と、食事制限で体重が30キロ減りました。
3桁だった体重が70キロまで落ち、見た目もすっきりし似合う洋服も増え髪型にも気を遣うようになりました。
ダイエットに成功したことで、自身がつき女性に対しても積極的にアプローチできるようになり今は充実した生活を送っているようです。

「お金さえあればと感じた瞬間」

46歳 女性のストーリー
毎日、思っています。私は、40代でバツイチの夫と2人暮らしです。2人の間に子供はいませんが夫には前の奥さんとの間に3人の子供がいます。私は、未だに貯金がありません。
この歳になっても貯金がない為…いざと言う時の資金がなくて困っています。お金さえあれば…といつも思っています。ZOZOTOWNのまえざわ社長ぢゃないですが、あんなにお金あったら人間の性格や生活にお金の感覚はどうなってんだろーって思います。もし私に宝くじが当たったとしてもあんな贅沢はしません。何故なら、一生食べていけるだけの資金を一瞬で手に入れる事が出来るからです。何食わぬ顔で会社に行き普通の生活を送る自信あるんですけどね。この世に神様はいないと思っている私ですが…世の中不平等だなって思います。でもそれが私に与えられた運命だと思って頑張るしかありませんよね。でも、頑張っても頑張ってもお金って増えないものです。この世にお金なんてなくていいのにって思います。

「」

28歳 男性のストーリー
バツイチの彼氏と先日別れた。
前の奥さんと子供がまた一緒に暮らしたいって。
俺には責任があるからって。
ごめんなさいって泣きながら言われた。

カッコつけて、それはしょうがないよね、
次は幸せになるんだよって言ったけど
抑えきれずに昨日電話しました。

やっぱり別れたくないって。
シワシワのおじいちゃん
おばあちゃんになるまで一緒にいたいって

ずっと一緒にいたいって。
年をとっても一緒に美味しいものを食べて笑顔になって、
一緒にきれいなものを見て笑顔になって、
あなたはカメラでそれを撮って
私はそれを見て笑っていたいって。

たくさん悩んで悩んで、
悩んで決めて思いを伝えてくれたのに
また困らせてごめんって。
自分勝手でごめんって。
子供には申し訳ないけど、私を選んでほしいって。
素直に送り出せなくてごめんって。

性格悪くてごめん、
でもあなたの居ない未来が見えないって。
一人にしないでほしいって。
優しさに漬け込んでごめんって。

泣いたら困らせるってわかってるのに止められなかった。

あの人も電話口で泣きながら、
好きなのに別れなくちゃいけないのは俺も辛いって。
泣かせてゴメンな。ちゃんと考えるからって。

責任感のすごい強いあの人のことだから、
どっちを選ぶのかなんて心の中では
分かってるのに期待しちゃう。

早く答えを聞きたいけど聞きたくない。
あの人との繋がりを手放したくない。

手放すにはあなたとの思い出が多すぎる、


これが私の大失恋です
まだ立ち直れておりませんが
ゆっくりと傷を癒していこうと思います

「人を見返してやった話」

49歳 女性のストーリー
私は20代前半で結婚・離婚を経験しています。
当時の結婚生活が酷かったため、結婚願望が全く無くなってしまい、その後10年ほど独身生活をしていました。

私の友達関係は私が過去にどの様な目に合い結婚するのを嫌がっているのかを知っていましたが、会社の同僚達には話した事がありませんでした。

ですので、何故結婚しないのか?バツイチだから結婚出来ないんじゃないか?
もう子供生める年齢じゃないのにやばくない?年とった女なんか男が相手にしなそうなどなど男女問わず言われてきました。

そんな私ですが、旅行先で知り合った男性と付き合う様になり、4か月と言うスピード結婚をしたのです。
夫の職業は弁護士で、しかも事務所を4軒構えています。
夫の両親がかなり裕福層なので、結婚のお祝いとして、新築の家と新車をプレゼントされるほどでした。
更に、私は海外在住で、家事一切はお手伝いさんがしており、車も運転手付きです。

この事を知った元同僚からは、すっごいセレブの奥様になった!
クリスマスプレゼントにメルセデスベンツをもらったの?
(車の写真程度なら提供できます、嘘ではない証明です)。
弁護士さんなんてどこで知り合ったの?誰か紹介してと質問責めにされました。
上に記載した様な言われた事を覚えていた私は、心の中で「あなた達レベルは弁護士の嫁は無理!」と思っていました。
この時は見返してやった気分になったものです。

「どうしても許せないこと」

32歳 女性のストーリー
前職場にどうしても許せない人が居ました。その人は、長年勤めている事務さんで今年還暦を迎えました。バツイチで子ナシという事で、大人になりきれていないのかやる事がとても幼稚でした。その人自身も三人姉妹の三女という事もあり、なんでもお姉ちゃんに助けてもらっていたのだと思います。その人に子供がいれば娘世代になる私にも、あれやってこれやって状態でした。しかし、時給は向こうの方が上です。でも仕事はしない。割りに合いません。他の店の人の事は責任感がないだの、返事をしろだの偉そうに言う癖に自分の店では自分がコレそのものです。自分で発言した事の責任を持てと思い続け上司に直談判しましたが、上司よりも年齢が上のこの人に手を焼いているようで、辞めるつもりも定年もないとの事から転職をしました。責任ということについてきちんと認識し直してほしいなと本気で思いました。

「私の変えたい過去」

48歳 男性のストーリー
私の変えたい過去は、バツイチなので前回結婚した事実を変えたいです。
理由は、私の家族、親族、友人、知人など色々な方に迷惑をかけた生活でした。結婚が早く、10年位生活をしていましたが、子供もおり普通にアパートで暮らしていました。
最初は良かったのですが、相手方の家の資金繰りが悪くなり、近くに住んでいた私の親族から金策したり、私も2本ほど借金の保証人になったりと散々でした。
私はサラリーマンでしたが、若い割には収入があったと思いますが、家計を任せていたので、別れる時には貯金ゼロ、処かマイナスでした。どのくらい援助していたのかも解らず、別れてからも保証人になった金融機関から督促が再三あるなど、もう思い出したくも無いです。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
独身っていいなと思った瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
自分は特別だと思った瞬間
こんなひといました
わたしの周りで一番お金持ちの人
わたしの周りで大変身した人
今だから言えるごめんなさい
これまでに出会った天才
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
あの人と縁を切ってよかった
人が豹変した話
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
わたしの周りで一番勉強ができた人
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
わたしの周りの大恋愛
ノウハウ
異性は知らないなと思う話
業界ならではの話
○○の裏話
人間関係
一番ひどい友達からの裏切り
女同士って面倒くさいと思った話
家族に一番感謝したこと
女って本当に恐いと思った瞬間
学んだこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
これまでの人生で悟ったこと
思い出
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
忘れられない先生の話
一番の苦労話
これまでに一番勇気を出した瞬間
お金さえあればと感じた瞬間
死ぬかと思った話
忘れられない夏の思い出
修学旅行の思い出
これまでで一番笑った話
嘘みたいなほんとの話
一番おいしかった食べ物
これまでで一番驚いた話
これまでで一番悲しかった時
人生で一番運が良かったなと思う出来事
人生最大の修羅場
とっておきのすべらない話
学校や仕事をサボってやったこと
今までで体験した一番怖い体験
人を見返してやった話
これまでで一番お金を無駄にした話
今までで一番感動した話
人生最大の失恋話
人生で一番贅沢した話
どうしても許せないこと
奇跡だと思った話
これはひどいなと思った結婚式
忘れられない夏休み
私について
わたしの初恋と、その結末
苦手だったのに得意になったエピソード
仕事での大失敗
もっとも尊敬する人
誰にも言っていない秘密
人生が変わった出来事
わたしがやめられないもの
私の変えたい過去
そういえば昔夢見ていたこと
誰かに聞いてもらいたい愚痴
結婚・恋愛
結婚を後悔した瞬間
夫婦関係を続けていくのが不安になった話