"ディズニーシー" に関するエピソード

「これまでで一番悲しかった時」

24歳 女性のストーリー
いままででとても悲しくてどうしようもないとおもったのは、3.11の地震。
私はディズニーシーにいて、その日は家に帰ることさえもできなかった。外の状況がどうなっているかわからず、家族とも連絡がとれず、とても不安だった。次の日親が迎えにきてくれて帰ることができた。そこで外の状況をようやく把握することができた。電柱が倒れていたり、液状化になってひどい状況だった。それだけで、外の状況がひどいことはわかったが、一番ひどいのは東北であった。家に着いてから放送されているのは津波の映像。全てを飲み込む津波の映像はとても恐怖で、涙が止まらなく、悲しみを覚えた。地震も揺れが続いていて、もうやめてと叫んでしまうほどだった。何気無い日常が一番幸せで、非日常はとても悲しいものであった。

「人生が変わった出来事」

24歳 女性のストーリー
3.11のとき私はディズニーシーにいた。
友達9人くらいで楽しんでいたが、地震は起きた。
地震が起きたとき私はトイレにいた。
揺れ始めは立ち眩みかと思ったが一緒にトイレに行った友達が私の名前を叫んだのでこれは地震だとわかった。
家族とも連絡が付かず、家の状況、外の状況が今どうなっているのかがわからなかった。
ワンセグから見れる情報は津波や火災であり、自分の家もそのような状況なのかもしれないと思い不安に思った。
夜になり長い長い公衆電話の列に並び、ようやく家族と連絡を取ることができた。
家は無事で安心した。
しかし、その日は家に帰ることができず、レストランで宿泊した。
次の日家族が迎えに来てくれて、帰ることができた。
帰る途中見た景色は、電柱が倒れかかっていたり、駐車場が液状化で水没状態だった。
家に帰っても地震はなかなかおさまらず、テレビでも地震が及ぼした影響、津波の映像が連日放送され、もうやめてほしい。普通の生活に戻りたい。と思った。
今までは地震に恐怖を感じることはほとんどなかったが、それから地震に敏感になり、防災用の荷物を用意したり、防災用アプリを取ったりしている。
また、いつ首都直下地震が起こるかわからないといわれており、恐怖を感じながら生活している。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
自分は特別だと思った瞬間
独身っていいなと思った瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
こんなひといました
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
あの人と縁を切ってよかった
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
今だから言えるごめんなさい
わたしの周りの大恋愛
わたしの周りで大変身した人
わたしの周りで一番勉強ができた人
これまでに出会った天才
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
人が豹変した話
わたしの周りで一番お金持ちの人
ノウハウ
○○の裏話
業界ならではの話
異性は知らないなと思う話
人間関係
女同士って面倒くさいと思った話
家族に一番感謝したこと
女って本当に恐いと思った瞬間
一番ひどい友達からの裏切り
学んだこと
これまでの人生で悟ったこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
思い出
人生最大の失恋話
今までで一番感動した話
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
どうしても許せないこと
一番の苦労話
これまでで一番笑った話
忘れられない夏の思い出
とっておきのすべらない話
忘れられない夏休み
修学旅行の思い出
これはひどいなと思った結婚式
お金さえあればと感じた瞬間
学校や仕事をサボってやったこと
奇跡だと思った話
忘れられない先生の話
嘘みたいなほんとの話
人生最大の修羅場
人生で一番運が良かったなと思う出来事
これまでに一番勇気を出した瞬間
これまでで一番お金を無駄にした話
死ぬかと思った話
人を見返してやった話
今までで体験した一番怖い体験
一番おいしかった食べ物
これまでで一番悲しかった時
人生で一番贅沢した話
これまでで一番驚いた話
私について
誰にも言っていない秘密
わたしがやめられないもの
苦手だったのに得意になったエピソード
誰かに聞いてもらいたい愚痴
仕事での大失敗
私の変えたい過去
そういえば昔夢見ていたこと
もっとも尊敬する人
人生が変わった出来事
わたしの初恋と、その結末
結婚・恋愛
夫婦関係を続けていくのが不安になった話
結婚を後悔した瞬間