"酸素マスク" に関するエピソード

「これまでで一番驚いた話」

51歳 男性のストーリー
出張が多く、飛行機を良く使います。
たまに、離島に行く時は10人乗りくらいのセスナ機にも乗ります。
そのようなこともあるので、多少の荒天でのフライトも慣れておりいます。
2年くらい前、荒天ではなかった時のフライトでの話。
離陸後、水平飛行になり、いつものようなフライトで機内サービスを受け、ジュースを飲んでいる時でした。
突然、前の座席の酸素マスクだけがなぜか出てきました。
その時はあまり気にせず、でも初めて酸素マスクが出てきたのをみたので、珍しく眺めていると、音はしなかったのですが、「ドスン」というような感じで、機体が水平に落ちていきました。
すぐに正常な飛行になりましたが、どうやらエアーポケットのようなものに落ちたようでした。
乗客に怪我はなかったようですが、紙コップや本などが一瞬のうちに天井にあたり、すぐに落ちてくる体験を初めてして、非常に驚きました。
無事だったので良かったですが、今でもその時の衝撃は覚えています。
酸素マスクが落ちてきたのは何かの予感だったのかもしれません。

「今までで一番感動した話」

31歳 女性のストーリー
2年前祖父が大腸ガンになりました。
92歳と高齢ではありましたが、手術を選択しました。
やはりリスクは覚悟してくださいと医師から言われ、最悪の場合、人工肛門になる可能性等と説明されました。
手術は無事に終了。
転移もなく、人工肛門になることもありませんでした。
そんな奇跡を起こした祖父でしたが、手術後私が祖父のお見舞いに行くと、酸素マスクをしているもののとても苦しそうでした。
酸素の吸い込みが良くない、とのことで検査をすると血栓が肺に飛んでしまう肺塞栓症になっていると。
このまま人工呼吸器に切り替えます、切り替えたらおそらくそのまま取れることはないでしょう。
宜しいですか?と主治医に聞かれました。
その時病院にはまだ私と叔母しかいなくて、その決断をすることが良いのかすら分からないまま、泣きながらお願いしますとしか言えませんでした。
足が悪くて外出できない祖母に会わせてあげるべきかとかさまざまな想いが込み上げましたが、私たち家族ができることは祖父の生命力を信じることだと、祈り続けました。
祖父はまたしても奇跡を起こし、数日後人工呼吸器が外れ、自ら歩き、食事も再開したのてす。
入院前と変わらず、好きな食べ物を自ら食べれるという幸せを祖父は感じたそうです。
現在も祖父は元気です。
祖父がこうして元気でいることに日々感謝しています。
94歳まだまだ長生きしてもらいたいです。

「人生が変わった出来事」

49歳 女性のストーリー
私の人生が変わった出来事は、昨年1月14日に車にはねられ、意識不明の重体に陥り、生死を彷徨った事です。
飲食店で朝6時まで働いてフラフラでした。仕事終わりに何も口にしていなかったので、ファミリーレストランで食事をした後、自宅へ帰る途中の出来事でした。信号のある交差点から10メートルの道路を横断しようとした時です。私自身は、自転車に乗っていました。そして渡ろうとした瞬間、「あーー死ぬーー」。気づいた時には、恐らく1メートルの近くで、横から走ってくる車のマークが、視野にはいり「ドカーン」と物凄い衝撃音で、私は相手のフロントガラスに頭をぶつけ、そのまま20メートル引きづられました。道路に転がって、すぐ周りの人が救急車を呼んでくださり、私はそのまま意識不明になりました。気づいた時は、線に繋がれ、酸素マスクをし、自分でも死ぬと思いました。それから数日入院をしましたが、私の命は奇跡的に助かりました。まだ完全には治っていませんが、命拾いをしました。事故後は、考える事も多いですが、くいのない生き方、そして人に優しくを心掛けています。

「奇跡だと思った話」

24歳 女性のストーリー
これは一人目の長男、出産時の実体験です。
臨月まで無事何事もなく進み
予定日いざ1週間前
そろそろかなと思っていた矢先、
夜中から微妙に痛みが伴いました。

我慢できそうですが念のために、病院に連絡をすると
お産の入院セットを持って来いとのこと。

そのまま病院で朝を迎え、いつ波がまた来るかと期待していましたが、来ず。
子宮口も2cmから全く動かず。

朝方5時すぎ、私の目の前に数人の大人がバタバタ。私も何が何かわからないまま、
酸素マスクをつけられ、旦那は外へと言われていた。
のちに分かったことは、胎児機能不全でお産がストップ。胎児の頭に10分間も血が流れていなかった状態でした。
このままだと母子ともに危険です。と医師から告げられ個人病院から急遽、国立の大学病院へ、緊急帝王切開での出産。

あの日、痛みを我慢して病院に電話せず、
家にいたら…と考えると恐ろしいです。

本当に奇跡でした。生まれるタイミングを我が子はしっかり教えてくれたように感じます。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
自分は特別だと思った瞬間
独身っていいなと思った瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
こんなひといました
今だから言えるごめんなさい
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
あの人と縁を切ってよかった
わたしの周りの大恋愛
人が豹変した話
これまでに出会った天才
わたしの周りで一番勉強ができた人
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
わたしの周りで大変身した人
わたしの周りで一番お金持ちの人
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
ノウハウ
業界ならではの話
異性は知らないなと思う話
○○の裏話
人間関係
女って本当に恐いと思った瞬間
家族に一番感謝したこと
一番ひどい友達からの裏切り
女同士って面倒くさいと思った話
学んだこと
これまでの人生で悟ったこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
思い出
一番の苦労話
これまでで一番笑った話
嘘みたいなほんとの話
今までで体験した一番怖い体験
学校や仕事をサボってやったこと
今までで一番感動した話
忘れられない夏休み
これまでで一番驚いた話
人生で一番運が良かったなと思う出来事
これはひどいなと思った結婚式
お金さえあればと感じた瞬間
人生最大の修羅場
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
奇跡だと思った話
どうしても許せないこと
人生で一番贅沢した話
一番おいしかった食べ物
死ぬかと思った話
これまでに一番勇気を出した瞬間
人生最大の失恋話
忘れられない夏の思い出
これまでで一番悲しかった時
とっておきのすべらない話
これまでで一番お金を無駄にした話
忘れられない先生の話
修学旅行の思い出
人を見返してやった話
私について
誰にも言っていない秘密
そういえば昔夢見ていたこと
私の変えたい過去
もっとも尊敬する人
わたしの初恋と、その結末
わたしがやめられないもの
仕事での大失敗
人生が変わった出来事
苦手だったのに得意になったエピソード
誰かに聞いてもらいたい愚痴
結婚・恋愛
結婚を後悔した瞬間
夫婦関係を続けていくのが不安になった話