"最先端" に関するエピソード

「人生で一番運が良かったなと思う出来事」

48歳 男性のストーリー
ある業界で4回バブルに踊れたこと。
可愛げのない社員でした。
主たる業務で可愛がられてたらそんな事なかったのですが、問題児のレッテルを貼って頂き(体育会系だったので同期と時間外に遊びに行こうにも見事にずれてるしそこから段々疎遠になり)そのお陰で業界最先端の話に呼ばれて長期で出向してたことです。
本籍の会社を忘れかけた頃に出向先での仕事が片付いて暫く帰って、また次の案件で在籍中4回そんな話に紛れ込めたことが運が良かったかなぁと思います。
最先端である反面何か知らんしょうもないトラブルも抱えてるのだらけだったので、あのトラブルを止めれる。
あの渦中に入れるそれだけでもワクワクしてました。
昨今ならどれ位言われたのかなぁ残業。
正直に書いて信用できる管理職に一切委ねますと処理をお願いして、その後退職時に恩恵に授かれました。

「そういえば昔夢見ていたこと」

32歳 男性のストーリー
そういえば昔夢見ていたこと

という問いに対してふと考えを巡らせたのは、幼いころに夢見ていたことが複数存在していたからだ。
まず一つは自分は25歳ごろに亡くなるのではないか?という漠然とした妄想を夢見ていた、これは漫画やアニメの影響をもろに受けていた時のもので、中学から高校までそのようなことを思っていた、いわゆる中二病というやつである。
夢見ていた、ということとは外れいるように見える人はおそらくまっとうな方であろう。
今の自分から見てもかなりサイコで恥ずかしい奴だと思う。ただその当時は素直に25歳ですっぱりこの世から消えるのがすごくかっこいいと思っていたのだ。

もひとつはコンビニのオーナーになることである。
その当時はコンビニが町中に多くでき始めた時代だったので、子供心に最先端の店を経営したいと若かりし自分は夢を見ていた。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
独身っていいなと思った瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
自分は特別だと思った瞬間
こんなひといました
わたしの周りで一番お金持ちの人
これまでに出会った天才
人が豹変した話
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
あの人と縁を切ってよかった
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
わたしの周りで大変身した人
わたしの周りの大恋愛
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
わたしの周りで一番勉強ができた人
今だから言えるごめんなさい
ノウハウ
異性は知らないなと思う話
○○の裏話
業界ならではの話
人間関係
女って本当に恐いと思った瞬間
一番ひどい友達からの裏切り
家族に一番感謝したこと
女同士って面倒くさいと思った話
学んだこと
これまでの人生で悟ったこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
思い出
人を見返してやった話
死ぬかと思った話
これまでで一番笑った話
人生で一番運が良かったなと思う出来事
一番の苦労話
これまでで一番お金を無駄にした話
奇跡だと思った話
今までで一番感動した話
学校や仕事をサボってやったこと
これまでで一番悲しかった時
今までで体験した一番怖い体験
これまでに一番勇気を出した瞬間
忘れられない先生の話
一番おいしかった食べ物
お金さえあればと感じた瞬間
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
修学旅行の思い出
これまでで一番驚いた話
とっておきのすべらない話
これはひどいなと思った結婚式
嘘みたいなほんとの話
人生最大の修羅場
忘れられない夏休み
どうしても許せないこと
人生で一番贅沢した話
忘れられない夏の思い出
人生最大の失恋話
私について
苦手だったのに得意になったエピソード
人生が変わった出来事
誰かに聞いてもらいたい愚痴
わたしの初恋と、その結末
仕事での大失敗
私の変えたい過去
そういえば昔夢見ていたこと
誰にも言っていない秘密
もっとも尊敬する人
わたしがやめられないもの
結婚・恋愛
夫婦関係を続けていくのが不安になった話
結婚を後悔した瞬間