"思考停止" に関するエピソード

「嘘みたいなほんとの話」

26歳 女性のストーリー
それは、私が高校3年生だったとき、ある冬の日の夜に起きました。
私は当時電車通学をしていて、高校と駅の間の距離は15分くらい自転車移動でした。
私の高校は進学校で、学校が終わるのが18時くらいだったので、冬はかなり帰りが暗くなっていました。

帰りのホームルームで校内放送があり、いつも通学時に自転車で通っていた道で不審者が目撃されたと知らされました。
友達と「○○が通る道じゃない?」、「いや、不審者て○○なんじゃない?」などとふざけていました。
私はやはりちょっと怖かったので、その日の帰りは別ルートを通ることにしました。
そして自転車をこいでいたとき、ある駐車場を通り過ぎるときに、途中でなぜかたまたま自転車をこぐのをやめ、一度足を付きました。
その時なぜそこで止まったのかは、今でも覚えていません。

止まると左側(駐車場の方)に何かがいるのが見えました。
そちらを見ると、そこには何羽ものペリカンがいたのです。
大きなペリカンだったので、その姿をはっきりと見て取れたし迫力がありました。
暗い中、目が光っていて、でもペリカンの大きな頭と大きな嘴、そして大きな下あごははっきりと見て取れました。
羽ばたいていて、しかも一羽ではなく何羽もいたので、ぎょっとしてしばらく思考停止したまま動けませんでした。
別に襲われたというわけでもないのですが、怖かったので急いで再び自転車をこぎだして帰りました。

ペリカンたちは消えたりはしなかったので、確実にそこにいたのですが、今思い出すとかなり不思議な実体験です。

「人が豹変した話」

49歳 男性のストーリー
子供の頃、小学校高学年の時でしたか、友人が豹変した事がございます。
この頃は自分を作っている段階で、判断する知識や能力にも乏しく、
他人の立場に立って考えるとか、人それぞれあらゆる条件・環境などの違う事が
認識出来ない状態であり、親の威を借るキツネや、みんなと違う間違い探しをして
「悪人作り上げて正義面」したりして自己主張するものです。
学校や地域、子供向けの教育番組、家庭もそうかもしれませんが、
あらゆる所で「みんなが同じでなければならない」と教育をしています。
良く「間違い探し」という問題がありますね。これは、将来の人のあら捜し人間となります。まさに「みんなが同じでなければならない」という思考停止教育そのものです。
まず、自分と他人は違って当たり前という事を理解してみようと教育すべきですね。
友人が豹変したのは「自分がヤバくなった途端に」私に罪を擦り付けた事です。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
独身っていいなと思った瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
自分は特別だと思った瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
こんなひといました
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
わたしの周りで一番勉強ができた人
わたしの周りの大恋愛
人が豹変した話
今だから言えるごめんなさい
わたしの周りで大変身した人
わたしの周りで一番お金持ちの人
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
あの人と縁を切ってよかった
これまでに出会った天才
ノウハウ
異性は知らないなと思う話
○○の裏話
業界ならではの話
人間関係
女って本当に恐いと思った瞬間
女同士って面倒くさいと思った話
一番ひどい友達からの裏切り
家族に一番感謝したこと
学んだこと
これまでの人生で悟ったこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
思い出
とっておきのすべらない話
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
これまでで一番笑った話
これはひどいなと思った結婚式
一番の苦労話
今までで体験した一番怖い体験
人生で一番運が良かったなと思う出来事
今までで一番感動した話
これまでに一番勇気を出した瞬間
学校や仕事をサボってやったこと
どうしても許せないこと
死ぬかと思った話
嘘みたいなほんとの話
忘れられない先生の話
人生最大の失恋話
これまでで一番悲しかった時
人生最大の修羅場
忘れられない夏の思い出
これまでで一番驚いた話
忘れられない夏休み
一番おいしかった食べ物
これまでで一番お金を無駄にした話
人生で一番贅沢した話
修学旅行の思い出
人を見返してやった話
お金さえあればと感じた瞬間
奇跡だと思った話
私について
仕事での大失敗
人生が変わった出来事
誰かに聞いてもらいたい愚痴
誰にも言っていない秘密
わたしがやめられないもの
私の変えたい過去
わたしの初恋と、その結末
そういえば昔夢見ていたこと
苦手だったのに得意になったエピソード
もっとも尊敬する人
結婚・恋愛
結婚を後悔した瞬間
夫婦関係を続けていくのが不安になった話