"安定剤" に関するエピソード

「わたしがやめられないもの」

46歳 男性のストーリー
どうしても、スナック菓子をたくさん食べることがやめまれません。お酒を飲む特に止まらなくなります。このままでは太る一方だと焦り、お酒をノンアルコールにしたり、炭酸でごまかしたりしたのですが、お菓子がやめられません。そこで、お酒の代わりになるものすら飲まないようにしてみたら、若干、お菓子の量をセーブできるのですが、やめられません。袋菓子を袋ごと食べるのをやめてお皿に小分けにして食べてみましたが、結局、何回もお代わりをしてしまうので、食べる量は変わりません。お腹がすいてるわけでもなく、口寂しいわけでもないのですが、一袋全部食べ切らなくては・・・という感じで黙々と食べてしまいます。これは、スナック菓子に限ってです。カステラなど、他のおやつは自分でセーブできることが多いです。スナック菓子には食欲をそそる何かや、安定剤的なものが入っているのかと感じたこともあります。主人に「無理にやめてストレスためるよりもいいんじゃないか」と言われて、今でも、スナック菓子を食べ続ける日々です。

「一番の苦労話」

33歳 女性のストーリー
新卒で入った部署の直属の上司がパワハラ上司だった。言葉の節々にとげがあって、しょっちゅう理不尽な叱りを受けて、さらに人間性までも否定されて、精神をかなりやられた。
仕事の雑用はいつの間にか自分に全部降りかかってきていたので、本当に多忙だった。でも「そんなに残業するほど仕事回してない」と、残業を付けることはパワハラ上司の許可が下りず、できなかった。なので上司が不在の時に残業申告を出さずにこっそり残って仕事を片付けるなどして、何とか仕事をしていた。
その部署で働いていた5年間は心療内科に通院していて、どうしてもものすごく気分が落ち込む時は安定剤を時々飲み、日々やり過ごしていた。
当時は新卒でそれがパワハラだとは気づかず、社会って辛いな、大変だな、自分はメンタル弱いんだろうな、と思っていたけれど、今思えばあれは立派なパワハラ、モラハラだった。あの5年間は本当にしんどかった。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
独身っていいなと思った瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
自分は特別だと思った瞬間
こんなひといました
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
これまでに出会った天才
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
あの人と縁を切ってよかった
わたしの周りで一番勉強ができた人
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
今だから言えるごめんなさい
人が豹変した話
わたしの周りで一番お金持ちの人
わたしの周りの大恋愛
わたしの周りで大変身した人
ノウハウ
業界ならではの話
異性は知らないなと思う話
○○の裏話
人間関係
一番ひどい友達からの裏切り
女って本当に恐いと思った瞬間
家族に一番感謝したこと
女同士って面倒くさいと思った話
学んだこと
これまでの人生で悟ったこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
思い出
これまでで一番お金を無駄にした話
人生で一番贅沢した話
一番の苦労話
今までで体験した一番怖い体験
一番おいしかった食べ物
人生最大の修羅場
忘れられない先生の話
これまでで一番驚いた話
お金さえあればと感じた瞬間
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
人生で一番運が良かったなと思う出来事
これまでで一番笑った話
これまでに一番勇気を出した瞬間
人を見返してやった話
とっておきのすべらない話
学校や仕事をサボってやったこと
忘れられない夏休み
奇跡だと思った話
これまでで一番悲しかった時
人生最大の失恋話
どうしても許せないこと
嘘みたいなほんとの話
今までで一番感動した話
修学旅行の思い出
死ぬかと思った話
これはひどいなと思った結婚式
忘れられない夏の思い出
私について
仕事での大失敗
そういえば昔夢見ていたこと
私の変えたい過去
わたしがやめられないもの
誰かに聞いてもらいたい愚痴
もっとも尊敬する人
わたしの初恋と、その結末
人生が変わった出来事
苦手だったのに得意になったエピソード
誰にも言っていない秘密
結婚・恋愛
結婚を後悔した瞬間
夫婦関係を続けていくのが不安になった話