"函館" に関するエピソード

「忘れられない夏休み」

48歳 男性のストーリー
大学3年の夏休み、北海道へ列車で旅行に行った時のことです。
函館から札幌に向かう夜行快速「ミッドナイト」の自由席で、たまたま向かい合わせになった女性がいて、発車までの間、お菓子を食べながら話をしていました。
翌朝、札幌駅に着いてから、一旦別れたのですが、どこで朝食をとろうかと駅の中をウロウロしているうちに、またその女性に会いました。私も特にこれといって予定があるわけではなかったので、しばらく一緒に付き合うことにしました。
大通公園でトウモロコシ雪印パーラーでグラタンを食べた後は、北海道大学に行き、クラーク像の前で写真を撮ったりしました。楽しい時間はあっという間に過ぎ、札幌駅で旭川に向かう彼女を見送りました。
旅には人との出逢いがあるのは本当だと実感した夏でした。

「一番おいしかった食べ物」

32歳 男性のストーリー
小学生の頃は家族4人で夏休みに大きな旅行に行くことが恒例でした。初めは幼馴染の子が沖縄に帰省するのが羨ましくて親に駄々をこねていたのが発端らしいのですが。
小学3年生の時には初めての北海道旅行でした。今でしたら函館の夜景や最北端の宗谷岬や釧路の湿原、札幌の繁華街など楽しみ方は何となく頭に浮かんでくるのですが、当時は予備知識なく親に連れられるがままでした。年の離れた姉は人気4人組ロックバンドのインディーズ時代のライブハウスに行き、私と両親は場所は忘れましたが、北海道でも有名だというジンギスカンのお店に行きました。美味しいお肉が食べられるならと期待をして行きました。気がつくと目の前には不思議な鉄板があり、その上に大量のバターが乗っかっていました。そして大量の野菜と肉の山。手際よく店員がバターを溶かし、野菜を積み上げ、肉を被せました。なんとも食欲をそそる見た目と香りに小学生ながら食欲のリミッターは解除され、あっという間にかんしょくしてしまいました。あの時のバターの風味と野菜の甘みと肉の香ばしさのコラボは三十路を超えた今でも忘れることのできない衝撃の美味しさです。機会ができたら是非自分の子どもにも食べさせてやりたいと思う今日この頃です。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
独身っていいなと思った瞬間
自分は特別だと思った瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
こんなひといました
人が豹変した話
今だから言えるごめんなさい
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
わたしの周りで大変身した人
わたしの周りで一番勉強ができた人
これまでに出会った天才
わたしの周りで一番お金持ちの人
あの人と縁を切ってよかった
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
わたしの周りの大恋愛
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
ノウハウ
業界ならではの話
異性は知らないなと思う話
○○の裏話
人間関係
一番ひどい友達からの裏切り
女って本当に恐いと思った瞬間
家族に一番感謝したこと
女同士って面倒くさいと思った話
学んだこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
これまでの人生で悟ったこと
思い出
忘れられない先生の話
人生で一番運が良かったなと思う出来事
これまでに一番勇気を出した瞬間
どうしても許せないこと
奇跡だと思った話
これまでで一番笑った話
一番おいしかった食べ物
今までで体験した一番怖い体験
これまでで一番悲しかった時
これはひどいなと思った結婚式
これまでで一番驚いた話
人を見返してやった話
嘘みたいなほんとの話
お金さえあればと感じた瞬間
これまでで一番お金を無駄にした話
一番の苦労話
とっておきのすべらない話
学校や仕事をサボってやったこと
人生最大の失恋話
人生最大の修羅場
人生で一番贅沢した話
忘れられない夏の思い出
今までで一番感動した話
修学旅行の思い出
死ぬかと思った話
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
忘れられない夏休み
私について
仕事での大失敗
誰にも言っていない秘密
そういえば昔夢見ていたこと
誰かに聞いてもらいたい愚痴
人生が変わった出来事
もっとも尊敬する人
わたしの初恋と、その結末
私の変えたい過去
苦手だったのに得意になったエピソード
わたしがやめられないもの
結婚・恋愛
結婚を後悔した瞬間
夫婦関係を続けていくのが不安になった話