"公共交通機関" に関するエピソード

「わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード」

28歳 男性のストーリー
かなり寒い日でした。
その日彼氏とショッピングデートの約束をしていたのですが、私はまさかの寝坊をしてしまいました。
さらに悪いことに、その日は公共交通機関も麻痺。
当時はまだ学生でしたし、公共交通機関しか移動手段のなかった私は、彼に謝りつつ、待ち合わせ場所へと向かいました。
待ち合わせ場所は彼の自宅の近くだったため、「近くになったらまた連絡するから、自宅で待っていて」とメール。
彼からは「大丈夫、気を付けて!けがのないように!」との返信がありました。
「かなり時間かかりそうだから、今日はデートキャンセルで大丈夫だよ」と言うと、
「どうせ自宅で待ってるだけだから、せっかく向かってくれているんだし、待ってるよ」とも返ってきました。
結局待ち合わせ場所についたのは、当初の予定から3時間も経過していました。
直接謝り、手をつなぐと彼の手は氷のように冷たかったのです。
「冷え性だから」と隠そうとされましたが、半ば強引に聞き出すと、少なくとも1時間前からその場で待っていたとのこと!
時々暖を取りに近くの店舗に入ったりしたようですが、なぜそんなに早く来たのか問うと、「もしかしたら突然公共交通機関がスムーズに動いたら、今度はそっちを待たせちゃうでしょ?楽しみにしていたし、なんかただ待っていられなかった」と。
言ってくれたらよかったのにと思う反面、彼のウソのおかげで、私は氷道を走って転ぶことなどなく到着できたのだと思うと、寒い日でしたが心はとても温かくなりました。

「苦手だったのに得意になったエピソード」

39歳 男性のストーリー
街で小さい子供に会った時に、コミュニケーションをとれるようになった。
もともと子供が嫌いだったのと、自分が一人っ子で親戚とも離れて暮らしていたため、子供という存在が身の回りにいなかった。だから、公共交通機関やショッピングセンターに子供がいても、できれば関わりたくないし、泣いていることに嫌悪感はかんじなかったけれど、どうしようもないと思っていた。
自分が出産し、子育てをしていく中で、公共交通機関で自分や子供に話しかけてくれる大人に救われることがたくさんあるんだと知り、自分自身も子供の扱いがある程度わかるようになったため、子供と接するということに対して、抵抗感がなくなっていた。
もちろん、泣かせっぱなしや騒がせっぱなしで、何もしない親に対しては許せない存在なので、接すること自体避けたいという気持ちは昔のままであるが、必死になっているお母さんの子供に対しては、協力してあげたいという気持ちのほうが大きくなった。他人の子供に対して、すごくかわいいとか好きとかいう感情があるわけではないが、話したりあやしたりということが苦手だった私だけれど、子供を持つようになって、話しかけたりあやしたりが得意になった。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
独身っていいなと思った瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
自分は特別だと思った瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
こんなひといました
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
わたしの周りで一番勉強ができた人
今だから言えるごめんなさい
これまでに出会った天才
あの人と縁を切ってよかった
人が豹変した話
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
わたしの周りで大変身した人
わたしの周りの大恋愛
わたしの周りで一番お金持ちの人
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
ノウハウ
業界ならではの話
異性は知らないなと思う話
○○の裏話
人間関係
女同士って面倒くさいと思った話
一番ひどい友達からの裏切り
家族に一番感謝したこと
女って本当に恐いと思った瞬間
学んだこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
これまでの人生で悟ったこと
思い出
忘れられない先生の話
人生最大の修羅場
人を見返してやった話
人生で一番運が良かったなと思う出来事
学校や仕事をサボってやったこと
一番の苦労話
どうしても許せないこと
これはひどいなと思った結婚式
これまでで一番お金を無駄にした話
忘れられない夏休み
奇跡だと思った話
一番おいしかった食べ物
修学旅行の思い出
人生最大の失恋話
これまでで一番悲しかった時
嘘みたいなほんとの話
これまでで一番笑った話
人生で一番贅沢した話
今までで体験した一番怖い体験
忘れられない夏の思い出
お金さえあればと感じた瞬間
とっておきのすべらない話
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
これまでで一番驚いた話
これまでに一番勇気を出した瞬間
今までで一番感動した話
死ぬかと思った話
私について
そういえば昔夢見ていたこと
誰にも言っていない秘密
人生が変わった出来事
仕事での大失敗
苦手だったのに得意になったエピソード
誰かに聞いてもらいたい愚痴
わたしの初恋と、その結末
私の変えたい過去
わたしがやめられないもの
もっとも尊敬する人
結婚・恋愛
結婚を後悔した瞬間
夫婦関係を続けていくのが不安になった話