"全国大会" に関するエピソード

「これまでで一番驚いた話」

34歳 男性のストーリー
つい最近、交流が途絶えてしまった女性の話ですが、その方は、元々、僕が行く趣味の鉄道模型店にいた方で約6年位前に知り合い、その後、お店を諸事情で辞められてしまいましたが、お店にいる時にSNSで繋がって、辞められてもやり取りをしていて、また、お店にいる時から舞台女優をしている話を聞いていて、ある時、違うSNSへやり取りを変えた事をきっかけに出る舞台へ見に行く事があり、最終的には10回近く行ったと思いますが、そのうちの2回目の時、舞台のパンフレットを購入し、その際、その女性のプロフィールに`ハイスクールマンザイ優勝´と書かれていて、この時は大した大会ではないと思っていましたが、ネットで調べたら吉本興業主催の高校生の漫才全国大会で、しかも、相方の男性からスカウト(相手の事情でコンビ別れしたらしく…)されて組んだ急造コンビな上、約2ヶ月位で東海地区代表となり、そのまま優勝(その際、審査員だったオール巨人師匠が女性を称賛)し、当時の様子も写真と記事がネットに残っていて、見てなお驚きました。

「忘れられない夏の思い出」

62歳 男性のストーリー
今から30年ほど前になりますが、当時は中学校の教師として働いていました。夏は、部活動の稼ぎ時でもあります。また、市郡の大会で県大会への出場権を得た場合や、それに続く中国大会・全国大会への出場権を得た時は、暑さの中でも活動をする必要があります。当時、私は野球部の顧問をしていましたので、一日外で練習をするという日もたくさんありました。暑さの中、意識がもうろうとするような場面があったことを思い出します。今のように熱中症への注意喚起もほとんどされていない時代です。生徒も自分も無事に活動できたことは奇跡とも言えます。今年も暑い夏が続いています。夏の高校野球も全国大会が始まります。関係される方が暑さの中で守られることを祈念します。

「嘘みたいなほんとの話」

64歳 男性のストーリー
50歳を超えるまで野球ばかりやっていた私が、脳出血で野球が出来ない体になり、今まで全国大会出場を目指していた野球もこれまでとあきらめていたのですが、仲間が頑張って北海道代表になり全国大会の出場権を獲得、それも、全国大会はあの、あこがれの阪神甲子園球場、私も、久々にユニホームを着て、杖を頼りに阪神甲子園球場のベンチに入ることが出来ました、あこがれていた阪神甲子園球場はテレビで見るのと同じ大きな球場でした、そこでなんと全国一になったのです、若いときからあこがれていた全国大会出場、それも阪神甲子園球場で全国一になるなんて、奇跡の様な出来事でした。私の野球人生に思い残すことはなくなり、これからはのんびりと仲間の野球の応援に励みたいと思います。

「私の変えたい過去」

30歳 女性のストーリー
息子が6歳になり、誕生日会で保育園の担任先生より、
「○○君は大きくなったら何になりたいですか?」
という質問をされた事をきっかけに将来の夢についてを考えるようになりました。
勿論、母親の将来の夢と今の職業について、問われます。

私の変えたい過去は、18歳の頃の過去です。

高校で、演劇部に所属して、全国大会や実際のプロ(劇団四季など)の方からの指導を頂く機会が多い中、高校三年生の秋に個人演技賞を近畿内の大会で受賞しました。
それをきっかけに、プロの方からのオファーがいくつかあり、私は是非とも舞台俳優としての道に進みたいと父親に打ち明けました。

当然の如く、「アカン」の一点張りの父。母親も、「そんなんで食べていけないでしょ?」と拒否されました。

でも、どうしても演劇の道に進みたい私は、秘密で、アルバイトのような形でプロダクションに所属しながら大学へと通いました。

秘密というのはどこかでばれてしまうもの。
親に見つかり、プロダクションを強制で辞めさせられてしまいました。

それでも、自分が進みたい道へとガンガン進む勇気が私には無く、諦めて一般企業へと就職しました。

でも、子どもが出来て、その子どもから、
「ママ、夢は諦めちゃそこでおしまいなんやって!いつか掴むチャンスがあるかもしれへんからその時までじーって待つんや」
と息子に励まされ、勇気をもらいました。

あの時、息子みたいな背中を押してくれる人で出会ってれば、私は今、こうしてここにはいなかったのかな?と思います。

「そういえば昔夢見ていたこと」

64歳 男性のストーリー
私は子供のころから野球をやっていて、昔はプロの選手になることにあこがれていました。しかし環境がよくなかっつたので,高校へ進学した時点であきらめてしまいましたが、その後も野球は続けていました。そうして40歳を超えたころから、50歳以上の軟式野球の全国大会があることを知り、それに向けて仲間が集まり、チームを作り練習を重ねて、ようやく全国大会の切符を手に入れることが出来ました、それも2度の全国大会出場です。憧れだった全国大会へも出場することが出来、その上、甲子園球場での大会へも行くことが出来、甲子園の土を踏むことが出来ました、長年行ってきた野球の夢がかなったのだと思っています。そうして今も、還暦の野球を同じメンバーで夏の間は休みなしで、がんばっているのです。私の人生は野球に始まり野球で終わりそうなそんな人生の様に思います、ともかくあこがれの全国大会と、甲子園球場の土が踏めたことで、子供のころからの夢が叶ったようです。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
独身っていいなと思った瞬間
自分は特別だと思った瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
こんなひといました
これまでに出会った天才
わたしの周りで大変身した人
わたしの周りの大恋愛
今だから言えるごめんなさい
わたしの周りで一番お金持ちの人
わたしの周りで一番勉強ができた人
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
人が豹変した話
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
あの人と縁を切ってよかった
ノウハウ
異性は知らないなと思う話
業界ならではの話
○○の裏話
人間関係
家族に一番感謝したこと
女って本当に恐いと思った瞬間
一番ひどい友達からの裏切り
女同士って面倒くさいと思った話
学んだこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
これまでの人生で悟ったこと
思い出
忘れられない先生の話
お金さえあればと感じた瞬間
今までで体験した一番怖い体験
これまでで一番驚いた話
奇跡だと思った話
人を見返してやった話
どうしても許せないこと
学校や仕事をサボってやったこと
人生で一番運が良かったなと思う出来事
これまでに一番勇気を出した瞬間
これはひどいなと思った結婚式
人生最大の失恋話
人生最大の修羅場
人生で一番贅沢した話
忘れられない夏の思い出
死ぬかと思った話
嘘みたいなほんとの話
一番の苦労話
とっておきのすべらない話
修学旅行の思い出
これまでで一番笑った話
これまでで一番悲しかった時
一番おいしかった食べ物
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
忘れられない夏休み
これまでで一番お金を無駄にした話
今までで一番感動した話
私について
わたしがやめられないもの
もっとも尊敬する人
私の変えたい過去
苦手だったのに得意になったエピソード
人生が変わった出来事
誰にも言っていない秘密
誰かに聞いてもらいたい愚痴
そういえば昔夢見ていたこと
仕事での大失敗
わたしの初恋と、その結末
結婚・恋愛
夫婦関係を続けていくのが不安になった話
結婚を後悔した瞬間