"サッカー部" に関するエピソード

「わたしの初恋と、その結末」

28歳 女性のストーリー
もともと一目惚れしやすい性格で、学生時代は毎年のように好きなタイプが変わってました。
そんな私が初めて本気で好きになった初恋は、中学2年生の時でした。相手は私の1学年上の先輩でした。会えるのはごくわずかな時間、掃除の時間だけでした。
月毎に掃除する場所が変わる為、たまたま掃除する場所が理科教室がある棟の中で、私は2階。先輩は1階で掃除を11月とか12月とかその辺りに担当していたように記憶しています。
ある日たまたま早く自分の持ち場が終わってしまった私は、終わってしまったことがバレるのが嫌で、室内の階段の踊り場で時間を潰していた時に、まさにその時にその先輩を見かけて、初めて本気で気になってしまい、いつのまにか好きになっていて、持ち場を担当している間はずっと早めに掃除を終わらせて、その先輩を見てわずかな時間を、幸せだなぁって感じてました。
名前もわからず、どうすれば近づくことができるかと考えていたところ、クラスメイトのサッカー部の男子と話している先輩を見かけて、『サッカー部だったんだなぁ』って思い、サッカー部に入っているという事実を知ることができてそれだけで幸せだし、実らなくていいやって、その先輩を好きになれただけで幸せだなぁって思い、片想いで終わりました。
28歳 女性のストーリー
もともと一目惚れしやすい性格で、学生時代は毎年のように好きなタイプが変わってました。
そんな私が初めて本気で好きになった初恋は、中学2年生の時でした。相手は私の1学年上の先輩でした。会えるのはごくわずかな時間、掃除の時間だけでした。
月毎に掃除する場所が変わる為、たまたま掃除する場所が理科教室がある棟の中で、私は2階。先輩は1階で掃除を11月とか12月とかその辺りに担当していたように記憶しています。
ある日たまたま早く自分の持ち場が終わってしまった私は、終わってしまったことがバレるのが嫌で、室内の階段の踊り場で時間を潰していた時に、まさにその時にその先輩を見かけて、初めて本気で気になってしまい、いつのまにか好きになっていて、持ち場を担当している間はずっと早めに掃除を終わらせて、その先輩を見てわずかな時間を、幸せだなぁって感じてました。
名前もわからず、どうすれば近づくことができるかと考えていたところ、クラスメイトのサッカー部の男子と話している先輩を見かけて、『サッカー部だったんだなぁ』って思い、サッカー部に入っているという事実を知ることができてそれだけで幸せだし、実らなくていいやって、その先輩を好きになれただけで幸せだなぁって思い、片想いで終わりました。

「忘れられない先生の話」

31歳 男性のストーリー
中学3年からのサッカー部の顧問の先生。

自分が中学3年生の時にサッカー部の顧問が異動になり、新しく別の中学校から来た先生がサッカー部の顧問となった。
それまでの自分はそこまで熱心にサッカーに取り組んでいるというわけではなく、部活自体も楽しいとは感じていなかった。

しかし、新しく来た先生の練習は厳しい面もありながら非常にやりがいがあり、中学3年生の4月から部活を引退するその年の夏までの間、とても楽しくサッカーに取り組むことが出来た。その結果、自分は中学で辞めようと思っていたサッカーを高校でも続けるようになり、今でもサッカーに関わる仕事をしている。

この先生に出会っていなければ、間違いなく自分は別の道を歩んでいた。
指導を受けた期間は5か月程度だったが、その先生のことは今でも強く印象に残っている。

「これまでに一番勇気を出した瞬間」

33歳 女性のストーリー
中学1年の春、同じクラスになった隣の席のNくんに一目惚れ!私好みのイケメン!小さな時からシャイで、恥ずかしがり屋な性格の私、目を合わすことも、もちろん話すこともできませんでした。サッカー部だったNくんは、授業後には毎日部活。その姿をこっそりと見るのが私にとって毎日の楽しみでした。その思いを3年間秘めたまま、ついに卒業の日。高校は別の学校、明日から会えなくなってしまうと思うと寂しくて仕方ありませんでした。卒業式が終わり、みんなで記念撮影。私はNくんと2ショットが撮りたくて、迷いに迷った結果、勇気を出してNくんに写真をお願いしました。
しかし、私は何を思ったのか、写真とろうとお願いしたのではなく、突然、付き合ってください!っと。
自分でも言った後に驚き、顔が真っ赤に。。Nくんは呆然。。その後、お断りされてしまいましたが、私にとっては3年間の思いが伝えられてなんだかスッキリとした気持ちになり、中学校もNくんに対する片思いも卒業することができました。

「男または女に生まれて良かったなと思う瞬間」

36歳 女性のストーリー
ズバリ、中高の学生時代の運動科目で男女で学校が指定する運動量が男女で全く違うので女で良かったと感じました。
今はどうか解りませんが、私が学生時代の時は持久走大会では男子のほうが女子よりも長く走らさせてました。
明らかに自分よりも持久力ないだろうという男子でさえ、規則ですから、決められた距離を走らなくてはなりません。それが不憫でたまらないのと同時に本当に私は女で良かったと感じました。
部活においても、男子は野球、女子はソフト、サッカー部は男子のみ(20年前の話です)と明らかにハードルが違いました。それが差別だというフェミニスト女子も居ましたが、私は心底安堵してました。運動が苦手な私にとっては少しでも身体への負担を少なくしたいと考えてたので喜ばしいことでした。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
独身っていいなと思った瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
自分は特別だと思った瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
こんなひといました
わたしの周りで一番勉強ができた人
人が豹変した話
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
わたしの周りの大恋愛
今だから言えるごめんなさい
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
わたしの周りで大変身した人
これまでに出会った天才
あの人と縁を切ってよかった
わたしの周りで一番お金持ちの人
ノウハウ
業界ならではの話
○○の裏話
異性は知らないなと思う話
人間関係
家族に一番感謝したこと
女って本当に恐いと思った瞬間
女同士って面倒くさいと思った話
一番ひどい友達からの裏切り
学んだこと
これまでの人生で悟ったこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
思い出
どうしても許せないこと
これまでで一番笑った話
今までで体験した一番怖い体験
嘘みたいなほんとの話
奇跡だと思った話
人生最大の失恋話
修学旅行の思い出
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
忘れられない夏の思い出
これまでに一番勇気を出した瞬間
これまでで一番悲しかった時
お金さえあればと感じた瞬間
これまでで一番驚いた話
今までで一番感動した話
人生で一番運が良かったなと思う出来事
学校や仕事をサボってやったこと
これまでで一番お金を無駄にした話
忘れられない先生の話
人を見返してやった話
とっておきのすべらない話
これはひどいなと思った結婚式
忘れられない夏休み
死ぬかと思った話
一番の苦労話
人生で一番贅沢した話
一番おいしかった食べ物
人生最大の修羅場
私について
仕事での大失敗
私の変えたい過去
誰にも言っていない秘密
そういえば昔夢見ていたこと
人生が変わった出来事
わたしの初恋と、その結末
誰かに聞いてもらいたい愚痴
わたしがやめられないもの
もっとも尊敬する人
苦手だったのに得意になったエピソード
結婚・恋愛
結婚を後悔した瞬間
夫婦関係を続けていくのが不安になった話