"自販機" に関するエピソード

「一番おいしかった食べ物」

50歳 女性のストーリー
 数年前、はじめてドイツに行くために、イギリスのドーヴァー海峡をフェリーで移動しました。船内でお金を代えておこうかな、と思ったのですが、「まぁ少しはユーロを持っているからいいか」と思いなおしました。船内で軽くスナックを食べ、ベルギーの港について、ちょうど列車が来たので、夜行に乗ってドイツに向かいました。
 すると、その列車は鈍行でしたが、途中で喉が渇き、空腹になってしまいました。機内販売を待っていたのですが、一向に来ません。隣の席の人に聞くと「機内販売なんかない」と言われました。せめて、途中の一時停車でなにかキヨスクのようなところで何か買えないかと聞いても、自販機はヨーロッパの駅のホームになんかありません。空腹で死にそう、と落ち込んでいたら、その人は自分用に持ってきていたサンドイッチとリンゴを差し出してくれて「これ、差し上げますから、食べて元気出して」と言ってくれました。遠慮したのですが、かなり強くすすめてくれるので、半分いただくことにしました。空腹であったことと、見知らぬドイツ人のやさしさのおかげで、あの時のサンドイッチとリンゴの味は忘れられません。

「おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出」

31歳 女性のストーリー
小さい頃、父方の祖父とよく近所の公園に遊びに行っていました。
祖父は公園に行くたびに、途中のコンビニでジュースを買ってくれました。
私は毎回不二家のネクターを買ってもらっていました。
今でも大好きで、自販機やスーパーで見つけては思わず買ってしまいます。
いつまでも忘れられない思い出ですし、思い出の味です。
父方の祖母は、祖父が亡くなってから一緒に住んでいました。穏やかで優しい祖母でした。
結婚式に来てほしい、と思っていましたが、残念ながら間に合わずなくなってしまい、悲しかったです。
結婚が決まり、相手のご両親への挨拶も終わったタイミングだったかと思いますが、夢に祖母が出てきて、とっても良い笑顔で何かを私に向って話しているんです。
夢の中の私はびっくりして声も出ませんでしたが、目が覚めて改めて考えると、
あぁ、結婚が決まって喜んでくれて、おめでとうって言いに出てきてくれたんだな、と思いました。
一番優しい思い出です。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
自分は特別だと思った瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
独身っていいなと思った瞬間
こんなひといました
今だから言えるごめんなさい
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
人が豹変した話
わたしの周りで一番お金持ちの人
これまでに出会った天才
わたしの周りで大変身した人
わたしの周りの大恋愛
わたしの周りで一番勉強ができた人
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
あの人と縁を切ってよかった
ノウハウ
異性は知らないなと思う話
業界ならではの話
○○の裏話
人間関係
一番ひどい友達からの裏切り
女って本当に恐いと思った瞬間
女同士って面倒くさいと思った話
家族に一番感謝したこと
学んだこと
これまでの人生で悟ったこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
思い出
学校や仕事をサボってやったこと
修学旅行の思い出
これはひどいなと思った結婚式
今までで一番感動した話
人生最大の修羅場
とっておきのすべらない話
人生で一番贅沢した話
一番おいしかった食べ物
これまでで一番驚いた話
忘れられない夏の思い出
これまでで一番笑った話
これまでに一番勇気を出した瞬間
これまでで一番悲しかった時
一番の苦労話
人生最大の失恋話
今までで体験した一番怖い体験
死ぬかと思った話
嘘みたいなほんとの話
人を見返してやった話
奇跡だと思った話
どうしても許せないこと
忘れられない夏休み
人生で一番運が良かったなと思う出来事
お金さえあればと感じた瞬間
忘れられない先生の話
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
これまでで一番お金を無駄にした話
私について
人生が変わった出来事
仕事での大失敗
苦手だったのに得意になったエピソード
誰にも言っていない秘密
私の変えたい過去
もっとも尊敬する人
そういえば昔夢見ていたこと
わたしがやめられないもの
わたしの初恋と、その結末
誰かに聞いてもらいたい愚痴
結婚・恋愛
夫婦関係を続けていくのが不安になった話
結婚を後悔した瞬間