"管理人" に関するエピソード

「今までで体験した一番怖い体験」

46歳 女性のストーリー
私の自宅は神奈川県某所にあり、自然豊かなのどかな地域で、近所の方とも仲良く暮らしています。
少し歩いたところにURの団地があり、そこの中の公園で子供を遊ばせることも多く、近所のママ友との交流の場になっていました。

今から数年前、作業服を着た30代くらいであろう男性が仕事帰りに公園にいる私達に挨拶をしてくれるようになり、徐々に会話をするようになり、そのうち公園で遊ぶ子供たちとも話をしてくれるようになり、「とても感じが良い方だね」とママ友たちと話していました。
ある日の昼間には仕事が急に休みになったからと、子供たちと遊んでくれたこともありました。
知らない男性ですし普段ならば警戒するのですが、いつも公園の周りを管理人さんが掃除しながら様子を見てくれていた為、私達はなんの疑念も抱かず子供たちと遊ぶ男性を微笑ましく見ていました。

しかしある日の夜遅くに、私服の警察官数名が訪ねて来て驚愕の事実を知らされました。
あの男性は世の中を震撼させた事件の犯人少年Aだったのです。
警察官に色々聞かれましたがその時の記憶がほとんど無く、ただ恐怖で震えていたように思います。

そのことはすぐに噂となり、男性はいつの間にか姿を消しました。

このような話を書くことを躊躇いましたが、今でも何処かで暮らしているであろう少年Aの存在は、罪を償っても変わらずに、私達には恐怖の対象でしかないということと、普通に暮らしていても凶悪犯と接点を持ててしまう現実に違和感を感じた為、書かせて頂きました。

これが私が今までで体験した一番怖い体験です。
ありがとうございました。


「「あなたの番です」のあらすじ」

50歳 女性のストーリー
新婚の夫婦の手塚菜奈と翔太がキウンクエ蔵前に引っ越してきて、菜奈が代表で出た、最初の住民会で殺したい人の名前を書くことにしようと紙に書いて、箱に入れ、住民がその紙を引きました。そして、その日のうちに管理人の床島比呂志が屋上から落下して死にました。
その後、医師の山際祐太朗、ブータン料理屋の店主のタナカマサオ、502号室の赤池夫妻、俳優の袴田吉彦、102号室の児島佳世、201号室の浮田啓輔、菜奈の戸籍上の夫の細川朝男、銀行員の甲野貴文、菜奈、刑事の神谷将人が殺されました。山際は402号室の榎本早苗が殺したと自供しました。赤池、児島、浮田、甲野、神谷の犯行を動画で自白した202号室の黒島沙和のストーカーの内山達生も自分の部屋で自殺しました。
その後、黒島沙和が犯人としてAIの分析で89%と出ました。
25歳 女性のストーリー
新居生活を始めようと、とあるマンションに引っ越してきた翔太と奈菜。
これから新しい生活が始まろうとしていた矢先、住民会の参加すると「殺人ゲーム」という自分が殺したい人の名前を紙に書くゲームをした。内容は「殺したい人の名前を書く。しかし、殺したいひとが本当に殺せば怪しまれてすぐ捕まる。なのでその人とは全く関係ない人が殺せばいい。その代わり、殺してくれた後は次は自分が誰かを殺さなくてはならない。」というゲーム。
遊びのつもりが、その後、本当に殺人ゲームが始まった。管理人さんから始まり、次々と住人が死んでいく、、。自分が殺してほしい人が死んだら、「あなたの番です。」というメッセージが届く。繰り返される殺人ゲームでついに翔太の愛する妻、奈菜もその被害者に、、。
そして物語は第二章に。第二章は翔太の復習が始まる。一緒に事件解決を試みるのは空室に引っ越してきた大学院生の二階堂。彼と一緒に着々と真相に迫っていく。
21歳 男性のストーリー
秋元康が企画と原案を手掛けている2クール連続ドラマで。あるマンションの周囲で次々と亡くなって行く交換殺人ゲームがが行われている。新婚の菜奈(原田知世)と翔太(田中圭)はあるマンションに引越してきたことで運命が変わってしまいます。マンションの住民会に参加した菜奈は交換殺人ゲームということで殺したい人の名前を書く。住民の軽い冗談で始めたつもりがその夜に管理人の床島さんが屋上から飛び降り菜奈と翔太が目撃、警察は転落死と判断するが翔太たちが他殺じゃないかと思い推理を始める。それからも交換殺人ゲームが終わる事なく紙に書かれた人が次々と殺害されてしまう、翔太と大学生の二階堂の二人でAIを使って犯人を突き止めようとしています。
27歳 女性のストーリー
新婚の夫婦が引っ越してきたお洒落なマンション。そこの住民たちと仲良くなるために、マンションの住民たちが定期的に開いている住民会に出た時に出た話題、
「誰だって殺したい人はいるでしょ?」という言葉ををきっかけに交換殺人ゲームというのをやってみることにしました。
すると、主人公手塚翔太とその妻菜奈の引っ越し初日の夜、ベランダを見たらコードなどで縛られて吊り下げられていた管理人がいて、重力に耐えきれず落下し死亡します。
その日から起こるマンションの住民たちが次々と殺される交換殺人ゲーム。誰が誰の名前を書いた紙を引いたのか全ては判明されないまま、犯人もわからないまま、殺されていく人はどんどん増えていく。そして、その毒牙は主人公の愛する妻の菜奈にまで及び、殺されてしまうのです。
そこからさらに真剣に加速していく犯人探し、捜査。それでも殺人事件は続いていくばかりで毎回ドキドキハラハラする展開ばかりな作品のドラマです。
20歳 女性のストーリー
手塚翔太、菜奈夫妻は結婚し、あるマンションに引越してきた。菜奈は住民会にでると、そこで遊び半分の交換殺人ゲームに参加することになった。住民は各自殺したい人を書き、住民で回す。そこから交換殺人ゲームが始まってしまう。管理人が転落死することからはじまり、住民の周りの人が次々と殺されていく。住民会に参加していなかった翔太も交換殺人ゲームの存在を知り、交換殺人ゲームを進めている黒幕を探していくことが1クール目の主な話であった。1クール目で1番の衝撃は最終回で菜奈が殺されてしまうことであるだろう。2クール目では翔太主体となり菜奈を殺した交換殺人ゲームの黒幕を探すことが主となる。バディとして横浜流星を迎えAIを使いながら犯人を模索していく。たくさんの伏線があり、住人の中に怪しい人物は複数いる。SNSでも犯人の考察が盛り上がりを見せており、回を追うごとに白熱している。残り2話となったいま、誰が犯人なのか、これまでの伏線を回収できるのか注目の作品である。
27歳 女性のストーリー
手塚菜奈と手塚翔太は、15歳年の離れた新婚さん。幸せいっぱいの二人は、新居のマンションの引っ越し作業に張り切っていた。
仲良しそうな家族、親切なカップル、幸せそうなお年寄りなどすれ違うマンションの人たちはいい人そうで買ってよかったと思う二人。
作業が一段落すると管理人の床島という男が現れて隅々までチェックされる。その床島の態度に菜奈は不信感を募らせつつ住民達に挨拶へ。
301号室の尾野幹葉から、この後月に1回の住民会があると聞かされて、そこで2人の事を紹介すると言われる。
住民会への出席は各部屋一人ずつと教えてもらい、ジャンケンで負けた菜奈が出席することになる。
住民会では新入りの菜奈に興味津々の住民達。住民会の議題は、ゴミ置き場の清掃係を決めること。
誰も自分から引き受けようとはせず、結局投票で決めることになり、そんな流れから「人間誰しも、殺したい人がいる」ということに。
住民達は戸惑いながらも自分が消えてほしいと思った人について話し始め、「交換殺人ゲーム」という思わぬ方向へ。
ゲームならばと皆軽い気持ちで余っていた投票用紙に殺したい人の名前を書き始め、くじのように引く交換殺人ゲームが始まった。
こうして住民会をきっかけに恐ろしい殺人ゲームが幕を開ける。
32歳 女性のストーリー
2クールに渡って放送されている、原田知世と田中圭主演のドラマです。
前半は原田知世演じる手塚奈々がメインです。引っ越してすぐの住民会で交換殺人ゲームの話題が上がり彼女が巻き込まれてしまいます。そしてその夜最初の犠牲者である管理人(竹中直人)の死を皮切りに次々と事件が起こります。奈々ちゃんがメインとなって事件の真相を暴こうと動きますが、前半の最後にこの奈々ちゃんが何者かに殺害されてしまいます。ここからは翔太くんがメインとなってドラマが構成されています。交換殺人ゲームをきっかけに、誰が奈々ちゃんを殺したのか、それを調べるために躍起になります。交換殺人ゲームから始まり、それとは一見無関係な人たちも混ざり合って引き起こる思わぬ事件、とにかく毎週毎週驚きの連発のドラマです。
31歳 女性のストーリー
マンションの住民会でたまたま話題に出た交換殺人ゲーム。
殺したい人の名前を紙に書いてそれぞれが紙をひき、書いてあった人を殺す。
冗談のようにも思われた話題でしたが、その後管理人がマンションから落ちて死んでしまう。
マンションの掲示板には「管理人」と書かれた紙が・・・
その後マンションで次々と殺人が起きる。
その謎を解こうと奈菜と翔太は動くが、翔太が入院中奈菜までも殺されてしまう。
翔太は復讐を誓い、色々な人を巻き込み犯人探しを始める。
協力を頼んだのは新しくマンションに引っ越してきた大学生の二階堂だ。
二階堂はAIの研究をしていて、翔太はそのAIを利用して真犯人を見つけようとしています。
少しずつ色々なことがわかってくる中、AIが出した犯人は二階堂の恋人・黒島だった。
黒島を守ろうとする二階堂と、黒島を犯人と疑っている翔太は次第にすれ違っていく。
翔太と二階堂はついてに、犯人をおびき寄せるため、あやしい人物に手紙を出すことにしました。
約束の時間、その場に現れたのは…
301号室の尾野だった。
尾野に気を取られている翔太を後ろから襲ってきたのはなんと二階堂でした。
首を絞められて気絶してしまう翔太。
二階堂は翔太を裏切ったのだろうか、本当の目的は?
27歳 男性のストーリー
ある日、マンションに引っ越してきた新婚夫婦(手塚菜奈と手塚翔太)はマンションの住民から毎月行われる住民会に出席し、その場の雑談で「殺したい人の一人くらいいるんじゃない?」と話し始める。そういった殺人が起きれば動機のある人間が真っ先に疑われるよね、といったことを菜奈が言い、なら動機のある人間同士が代わりにそれぞれの殺したい人間を殺す「交換殺人」をしたらいいんじゃないかと遊び半分で住民のみんなで小さな紙に殺してほしい人間を書いてくじ引きのように引いた。
その後家に帰るとき自分のものではない鍵を見つけ、将太が管理人の所有している者だと気づき連絡をして、着信音がベランダから流れたため外を見たとき管理人が逆さにつるされていた。そのまま転落して管理人が死んでしまう。というのがあなたの番ですのあらすじです。
33歳 女性のストーリー
主人公の手塚翔太、菜奈という年の差新婚夫婦がマンションを買い、その住民会で殺したい人の名前を書いてくじ引きをするという交換殺人ゲームが行われ、名前を書かれた管理人さんが死んでしまったことから、どんどん人が殺されていきます。
殺してもらったら、名前を書いた人が自分の引いた紙に書いてある人を殺さなければならないというルールがあり、次に殺す役目の人を脅迫する人もいることでどんどん交換殺人が進んでいきます。
しかし、交換殺人とは関係のない殺人も同時に起こりはじめ、ついには主人公の手塚菜奈が殺されてしまったことで、夫の翔太が本格的に犯人探しをやりはじめる第2章反撃編へと突入していきます。
反撃編からのキャラクターも参加し、それまでの謎がどんどん解き明かされていく本格派サスペンスです。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
自分は特別だと思った瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
独身っていいなと思った瞬間
こんなひといました
わたしの周りの大恋愛
わたしの周りで一番お金持ちの人
今だから言えるごめんなさい
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
わたしの周りで一番勉強ができた人
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
わたしの周りで大変身した人
あの人と縁を切ってよかった
人が豹変した話
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
これまでに出会った天才
ノウハウ
○○の裏話
異性は知らないなと思う話
業界ならではの話
人間関係
一番ひどい友達からの裏切り
女って本当に恐いと思った瞬間
女同士って面倒くさいと思った話
家族に一番感謝したこと
学んだこと
これまでの人生で悟ったこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
思い出
人生で一番贅沢した話
学校や仕事をサボってやったこと
忘れられない夏の思い出
忘れられない先生の話
人生で一番運が良かったなと思う出来事
これまでで一番驚いた話
今までで体験した一番怖い体験
忘れられない夏休み
一番の苦労話
奇跡だと思った話
とっておきのすべらない話
これまでで一番お金を無駄にした話
死ぬかと思った話
人生最大の失恋話
修学旅行の思い出
これまでで一番笑った話
どうしても許せないこと
これまでに一番勇気を出した瞬間
一番おいしかった食べ物
これはひどいなと思った結婚式
これまでで一番悲しかった時
人を見返してやった話
嘘みたいなほんとの話
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
お金さえあればと感じた瞬間
今までで一番感動した話
人生最大の修羅場
私について
わたしがやめられないもの
誰にも言っていない秘密
苦手だったのに得意になったエピソード
人生が変わった出来事
誰かに聞いてもらいたい愚痴
もっとも尊敬する人
そういえば昔夢見ていたこと
私の変えたい過去
仕事での大失敗
わたしの初恋と、その結末
結婚・恋愛
結婚を後悔した瞬間
夫婦関係を続けていくのが不安になった話