"目覚まし時計" に関するエピソード

「わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳」

29歳 男性のストーリー
私が実際にやってしまった言い訳ですが、平日の木曜日の深夜にフットサルをしました。いつも行きつけのイタリアンパスタ屋さんのオーナー達の集まりと言う事もあり私は気合を入れて行きました。スタートが夜の22時からでした。フットサルの終わりは深夜の4時でした。家についたのは、朝の5時でしたが睡魔が家についた瞬間に襲ってきました。私はすぐに寝てしまいました。目が覚めたのは、昼の12時でした。会社の上司からは数十件の電話がありました。私は急いで準備をして会社に行き上司に本当の事を言いました。その言い訳は「朝起きるために目覚まし時計などはしっかりとして寝坊をするつもりは一切ありませんでした。だから、申し訳ありませんでした。」と訳のわからないとても厳しい言い訳をしていました。

「苦手だったのに得意になったエピソード」

25歳 男性のストーリー
私が苦手だったとこは朝起きる事です。
実家にいた頃は目覚ましをかけてもほとんど起きる事が出来ず、夜早く寝てもダメで親に頼んだ際も起こされたことにすら寝ぼけて気づかないこともありました。やっと起きれても二度寝をしてしまうなどかなり酷いものでした。
しかし、一人暮らしを始めてから一度も寝坊をしたことはありません。特に早く寝ているわけでもありませんし、むしろ遅くまで起きてる日も多くありました。それでも朝になると自然と目が覚めます。もちろん目覚まし時計はセットしていますが目覚ましが鳴る前に起きることもありました。
しかし、休みの日に実家に帰った際はまた朝起きることができなくなっていました。
これは、会社に遅れては行けないと言う気持ちの問題だと思いました。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
独身っていいなと思った瞬間
自分は特別だと思った瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
こんなひといました
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
わたしの周りで一番勉強ができた人
人が豹変した話
これまでに出会った天才
今だから言えるごめんなさい
わたしの周りの大恋愛
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
あの人と縁を切ってよかった
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
わたしの周りで大変身した人
わたしの周りで一番お金持ちの人
ノウハウ
異性は知らないなと思う話
○○の裏話
業界ならではの話
人間関係
女って本当に恐いと思った瞬間
女同士って面倒くさいと思った話
家族に一番感謝したこと
一番ひどい友達からの裏切り
学んだこと
これまでの人生で悟ったこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
思い出
忘れられない先生の話
これまでで一番悲しかった時
忘れられない夏の思い出
これまでで一番驚いた話
とっておきのすべらない話
これまでで一番笑った話
今までで体験した一番怖い体験
嘘みたいなほんとの話
一番おいしかった食べ物
どうしても許せないこと
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
今までで一番感動した話
人生最大の修羅場
忘れられない夏休み
奇跡だと思った話
学校や仕事をサボってやったこと
人生最大の失恋話
死ぬかと思った話
人を見返してやった話
修学旅行の思い出
人生で一番贅沢した話
人生で一番運が良かったなと思う出来事
お金さえあればと感じた瞬間
これはひどいなと思った結婚式
これまでに一番勇気を出した瞬間
これまでで一番お金を無駄にした話
一番の苦労話
私について
わたしの初恋と、その結末
私の変えたい過去
そういえば昔夢見ていたこと
人生が変わった出来事
わたしがやめられないもの
誰にも言っていない秘密
仕事での大失敗
誰かに聞いてもらいたい愚痴
もっとも尊敬する人
苦手だったのに得意になったエピソード
結婚・恋愛
結婚を後悔した瞬間
夫婦関係を続けていくのが不安になった話