"熊本" に関するエピソード

「わたしの周りの結婚できなそうだなという人」

27歳 女性のストーリー
私が言うのもなんですが顔可愛くないです。
そしてプライドが高くて毒舌です。
短気だと思います。
前職場の子ですが彼氏と別れて新しく彼氏が出来
その彼氏が熊本の人でこっちに仕事で来たらしく
その彼氏とはうまくいっているのに別れたらしいです。
その時に職場に配達や収集で来ていた佐川の人に声をかけられ可愛いねご飯行こうと誘われてまんまとその気になったらしいです。
そしてご飯行ったりしてたけどその男は結婚。
なんだ彼女いたのかと腹を立てたらしいです。
その後元彼とよりが戻りそうって事で相談されました。
ですがその元彼はワンナイトでいいって言う人でセフレがちらほらいる人でした。
それが嫌で別れたのにまたよりを戻すけど次は大丈夫だと思う?って聞かれて。
駄目だろうこの子馬鹿?痛い目にあうのにと思いながらこの前会った時に1年半続いてると聞きました。
絶対結婚はないなと思いました。

「死ぬかと思った話」

41歳 女性のストーリー
・ある日いきなり、頭を後ろからドンキでおもいきり殴られたかのような痛みがあり、病院に行き、最終的には脳梗塞と言われた。その後意識を失い、臨死体験をした。それ以来、頭痛が起きるたびに怖い思いをしている。
・幼い頃かなづちだった私は、深いプールで溺れかけ、もうだめだと思った。
・熊本地震の本震で、マグニチュード7以上の地震が10分以上続き、体育館に避難していた私は、体育館が下から突き上げられるように跳ねて、上から電球が揺れ、10分超え、その時は絶対死ぬと思った。
・彼氏にあまりにショックな事を言われてしまい、過呼吸に陥り、荒い呼吸がずっと止まらず、意識を失いかけ、もう死ぬと思った。
・大嵐の中を、山道のカーブの道を車を運転してて、道路の向こうは崖なのに周りが見えない状態でずっと運転しててもういつ崖にてんらくするか!?って状態でもう死ぬと思った。

「修学旅行の思い出」

55歳 男性のストーリー
中学のとき、沖縄から九州へ。
長崎は、グラバー邸でコーラを飲む。
当然ながら、観光地巡るので、それなりに、人がいっぱい。
長崎の平和公園では、友だちとだらだら歩いたので、昼食に遅刻して、先生に怒られた。
あと、どこかの城へ行った。
熊本城?
武者返しの部分で、走ってどこまで登れるか、友だちと競いあった。
熊本では阿蘇山にも行って、ガイドの人に火山についての説明をされて、いろいろと勉強になった。
火山といえば、鹿児島では、いきなり桜島の火山灰が降ってきて、学生服の背中が白っぽくなった。
そこでは、名産?の焼き饅頭も食べた。
あと、どこかのドライブインで食べた、揚げじゃがいも?はうまかった。
船で一日かけて行ったので、旅行中ほとんど船酔い状態。
そして、おそらくみんな、便秘状態。
船中では、なぜか、カップルがたくさん誕生してました。
31歳 女性のストーリー
高校生の時の修学旅行の思い出です。当初、海外の予定でしたが、当時新型肺炎が海外で流行しており、急遽国内となった修学旅行。行先は九州でしたが、初めての九州、また修学旅行ということで、みんなとても楽しみにしておりました。
長崎、熊本を周りましたが、夜は遅くまで友達をお喋りをしており、移動中のバスの中ではほとんど寝ておりました。
そして、最終日ですがこの日は朝から台風が九州に接近しており、天気が大荒れでした。風雨ともに大変強く、飛行機が飛ぶのかみんな不安でしたが、案の定、飛行機は欠航してしまいました。
結局、予定にはなかった福岡に1泊し、翌日に帰ってきました。
当時、みんなは大変喜んでましたが、先生方は大変だったんだろうなと思います。なかなかない経験が出来、一生の思い出になりました。

「忘れられない夏休み」

51歳 男性のストーリー
高校の夏休みは必ず仲間と自転車でテントなどの荷物を持って一週間ほどキャンプ、野宿などをしながらサイクリングをするのがたのしみでした。仲間は固定の四人組で夏休みが近づくと計画をたてるのも楽しみでありました。
地元は熊本でして一年目は天草を一周しながらサイクリングを楽しみました。キャンプ、海水浴をしながら多少のトラブルもありましたが、無事に成功しました。
2年目は長崎をほぼ一周するコースで真っ黒に日焼けしながら、長距離のためおしりも痛くなったりしながらも楽しく成功しました。
そして3年目の夏がきました。この時の計画は鹿児島までいきフェリーで屋久島にわたり屋久島一周でした。計画の当日台風がちかずいて来ていました。計画の変更は日程に余裕がなく計画強行3人(私もこちら側)反対1人で意見がまつぷたつにわかれました。話あいの結果、計画断念となりました。長い間計画していた事と初めての挫折に反対した友達をうらんだりもしました。
今となって考えれば台風がきてるから危険というのは当然であるが当時は3年連続でいくことに意義を求めいたきがします。今はその友達とも気の合う親友です。
忘れられない夏休みの思い出です。

「一番おいしかった食べ物」

45歳 男性のストーリー
私が過去一番おいしかった食べ物は、意外と思われるかもしれませんが博多のとんこつラーメンです。
以前私はラーメンといえば味噌、とおもっており、豚骨ラーメンはどちらかというとブタくさいにおいのきついものぐらいにしか思っていませんでした。
その私が福岡に転勤になり1年間すごしたことがあります。
福岡県は博多ラーメンの聖地、飲み会の後などは〆で博多ラーメンを食べることがでてきたのですが、これが非常にうまい、この時とりこになりました。
いまだに福岡含めた九州にはよく出張にいきますが、この時はかならずラーメンを食べます。今では博多なら博多ラーメン、長浜ラーメン、久留米なら久留米ラーメン、熊本ならマー油たっぷりの熊本ラーメンなどもう豚骨ラーメンの虜です。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
自分は特別だと思った瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
独身っていいなと思った瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
こんなひといました
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
今だから言えるごめんなさい
わたしの周りで大変身した人
わたしの周りで一番勉強ができた人
あの人と縁を切ってよかった
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
人が豹変した話
これまでに出会った天才
わたしの周りの大恋愛
わたしの周りで一番お金持ちの人
ノウハウ
業界ならではの話
異性は知らないなと思う話
○○の裏話
人間関係
女同士って面倒くさいと思った話
女って本当に恐いと思った瞬間
家族に一番感謝したこと
一番ひどい友達からの裏切り
学んだこと
これまでの人生で悟ったこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
思い出
これまでで一番悲しかった時
修学旅行の思い出
これまでで一番驚いた話
人を見返してやった話
人生最大の修羅場
人生で一番贅沢した話
一番の苦労話
死ぬかと思った話
嘘みたいなほんとの話
今までで体験した一番怖い体験
これまでで一番お金を無駄にした話
これはひどいなと思った結婚式
これまでで一番笑った話
忘れられない先生の話
奇跡だと思った話
お金さえあればと感じた瞬間
これまでに一番勇気を出した瞬間
とっておきのすべらない話
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
忘れられない夏の思い出
学校や仕事をサボってやったこと
忘れられない夏休み
人生最大の失恋話
一番おいしかった食べ物
人生で一番運が良かったなと思う出来事
今までで一番感動した話
どうしても許せないこと
私について
誰かに聞いてもらいたい愚痴
私の変えたい過去
そういえば昔夢見ていたこと
わたしの初恋と、その結末
苦手だったのに得意になったエピソード
もっとも尊敬する人
仕事での大失敗
誰にも言っていない秘密
人生が変わった出来事
わたしがやめられないもの
結婚・恋愛
夫婦関係を続けていくのが不安になった話
結婚を後悔した瞬間