"推薦入試" に関するエピソード

「もっとも尊敬する人」

23歳 男性のストーリー
私がもっとも尊敬する人物は中学校の担任の先生です。中学3年生まで同じ担任だったのですがそれまで私はすぐになんでも諦めてしまう事が多く飽き性が酷い性格でしたが
中学2年生の時にもうそろそろ高校受験の志望校を決める際にみんなはだいたい決まっていてその志望校の為の受験勉強や準備をしていましたが、私は全然決めておらずそん
な時に修学旅行でファームステイがあり農業体験が出来る内容でそこで私は初めて「農業」というものの素晴らしさと楽しさを知り、そこから私は県内で唯一の県立農業高校
を志望してそこから推薦入試を希望して担任と一緒に小論文と面接の訓練の日々で正直、人生で一番と言っていいほどかなりきつかったです。しかしそこで担任の先生から「
何事も絶対にあきらめないこと」の大切さを教えてもらい私はそれを心の教訓にして猛勉強をしました。そして半年以上勉強して私立の滑り止め高校にも受験し受かって、志
望校にも推薦で見事合格する事ができました。家族も友達もその担任の先生もとても喜んでいました。今現在でも担任の先生から説いてもらった「何事も絶対にあきらめない
こと」を自分の座右の銘にしています。担任の先生には今でも感謝しており私が人生で一番尊敬している人物です。

「学校や仕事をサボってやったこと」

20歳 女性のストーリー
高校三年生の時、私は大学の公募推薦入試の前日に学校を休みました。休んだその日の授業は受験で必要ない科目ばかり、おまけに体育の授業まであり、一日そんな授業なら最後の追い込みをしたいと思って、同じ大学を受験する友達と相談して、初めて学校をサボりました。
しかし、それまで学校をサボったことがなかったせいか、妙な罪悪感があり結局あまり集中することはできませんでした。暗記漏れも結構あったのではないかと思います。
翌日の試験も面接も不安が残るまま受けてしまい、あまりいい出来ではなかったように思います。その後結果が来ましたが、結局不合格、一緒に受けた友人だけが合格しました。このせいで皆勤賞も逃してしまったので、後悔だけが残りました。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
独身っていいなと思った瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
自分は特別だと思った瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
こんなひといました
人が豹変した話
あの人と縁を切ってよかった
わたしの周りで大変身した人
わたしの周りの大恋愛
これまでに出会った天才
わたしの周りで一番お金持ちの人
わたしの周りで一番勉強ができた人
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
今だから言えるごめんなさい
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
ノウハウ
○○の裏話
業界ならではの話
異性は知らないなと思う話
人間関係
一番ひどい友達からの裏切り
女って本当に恐いと思った瞬間
女同士って面倒くさいと思った話
家族に一番感謝したこと
学んだこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
これまでの人生で悟ったこと
思い出
修学旅行の思い出
どうしても許せないこと
人を見返してやった話
これはひどいなと思った結婚式
人生最大の失恋話
忘れられない夏の思い出
これまでで一番笑った話
今までで体験した一番怖い体験
これまでで一番悲しかった時
学校や仕事をサボってやったこと
一番おいしかった食べ物
忘れられない夏休み
一番の苦労話
これまでに一番勇気を出した瞬間
お金さえあればと感じた瞬間
とっておきのすべらない話
人生で一番贅沢した話
忘れられない先生の話
死ぬかと思った話
人生最大の修羅場
奇跡だと思った話
これまでで一番驚いた話
今までで一番感動した話
嘘みたいなほんとの話
これまでで一番お金を無駄にした話
人生で一番運が良かったなと思う出来事
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
私について
もっとも尊敬する人
わたしの初恋と、その結末
人生が変わった出来事
誰にも言っていない秘密
仕事での大失敗
そういえば昔夢見ていたこと
誰かに聞いてもらいたい愚痴
苦手だったのに得意になったエピソード
私の変えたい過去
わたしがやめられないもの
結婚・恋愛
結婚を後悔した瞬間
夫婦関係を続けていくのが不安になった話