"モノづくり" に関するエピソード

「人生が変わった出来事」

31歳 男性のストーリー
自分が中学生に上がるまでは、勉学に勤しみ、部活動に励むというその日その日をなんとなく生きていく人生でした。
そんなある日、「技術」という選択授業で簡単なロボットを作り、大会に出るというものがありました。授業が始まり、お手本となるロボットを見て、自分なりに設計して実際に制作を始めるというものでしたが、初めて見るとある程度の制約はあるものの、自由度が高い作業にどんどんのめり込んでいる自分がいました。大会では2回戦敗退ということであまりよい結果を残せませんでしたが、その日からモノづくりの楽しさに気が付き将来はモノづくりに携われるように進路を進めようと決意しました。
実際にその後の進路は工業高校に進み、国内ではレベルの高い工業大学へ進学し製造業の開発部門で日々製品開発業務に勤しむ生活を送っております。中学生の時のきっかけがあって本当によかったと思っています。

「おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出」

43歳 女性のストーリー
私は祖父母と暮らしていたのでおじいちゃんおばあちゃんが大好きでした。
両親は家業が忙しく私達姉妹の世話を祖父母がしてくれました。
特に祖父は孫の私をとてもかわいがってくれて
毎日「散歩へ行こう」と連れ出しては近所の駄菓子屋さんへ通いました。

陶芸家だった祖父は粘土を捏ねては私が好きな動物の置物を作り喜ばせてくれました。
そして秋には近くの森へ行きドングリを拾ってやじろべえや駒を作ってくれました。
私は祖父の作ってくれた素朴なおもちゃが大好きでした。

そんな祖父の影響を受けて私もモノづくりが大好きになり美術系の短大へ進学し一時は陶芸家として自分の作品を発表していました。
しかしここ10年は父の介護に追われ粘土に触っていません。
いつまでこの介護生活が続くのだろうと時々不安になるけれど
祖父が私に惜しみなく注いでくれた愛情とモノづくりを好きになった気持ちを支えに毎日を過ごしています。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
独身っていいなと思った瞬間
自分は特別だと思った瞬間
こんなひといました
これまでに出会った天才
あの人と縁を切ってよかった
今だから言えるごめんなさい
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
わたしの周りで一番お金持ちの人
わたしの周りで大変身した人
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
わたしの周りの大恋愛
人が豹変した話
わたしの周りで一番勉強ができた人
ノウハウ
○○の裏話
業界ならではの話
異性は知らないなと思う話
人間関係
女って本当に恐いと思った瞬間
家族に一番感謝したこと
女同士って面倒くさいと思った話
一番ひどい友達からの裏切り
学んだこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
これまでの人生で悟ったこと
思い出
忘れられない先生の話
忘れられない夏休み
死ぬかと思った話
嘘みたいなほんとの話
人生で一番贅沢した話
学校や仕事をサボってやったこと
今までで一番感動した話
これまでで一番笑った話
一番の苦労話
忘れられない夏の思い出
これまでで一番お金を無駄にした話
奇跡だと思った話
これはひどいなと思った結婚式
とっておきのすべらない話
人を見返してやった話
どうしても許せないこと
これまでに一番勇気を出した瞬間
修学旅行の思い出
お金さえあればと感じた瞬間
これまでで一番悲しかった時
一番おいしかった食べ物
人生最大の修羅場
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
今までで体験した一番怖い体験
人生で一番運が良かったなと思う出来事
これまでで一番驚いた話
人生最大の失恋話
私について
わたしの初恋と、その結末
もっとも尊敬する人
そういえば昔夢見ていたこと
仕事での大失敗
わたしがやめられないもの
人生が変わった出来事
私の変えたい過去
誰かに聞いてもらいたい愚痴
誰にも言っていない秘密
苦手だったのに得意になったエピソード
結婚・恋愛
結婚を後悔した瞬間
夫婦関係を続けていくのが不安になった話