"マンガ喫茶" に関するエピソード

「学校や仕事をサボってやったこと」

43歳 男性のストーリー
家を出るときには、元気に「行ってきま~す」と出ていったのですが、なぜか気分が乗らず、会社に「体調不良で」と嘘をつき有給をもらったことが数回あります。
街中をふらついていても、どこで誰が見ているかわからないため、密室にこもることになります。だいたい、マンガ喫茶へ行くのですが。
マンガ喫茶で、早いうちからビールとつまみを注文し、読みたかった漫画を山積みにして読みふけります。
昼飯を食べて、昼寝をして、頃合いの時間になったら退店。
会社のみんなには、少々悪い気もするのですが、明日からの仕事の充実のための栄気を養うためと自分を理解させ、リフレッシュを行っていました。
有給を取りやすい会社のため、事前に言えばOKが出るのですが、事前に取った有給よりも、こういった急な有給の方が体が休まる気がします。
しかし、翌日会社に行くと「大丈夫?」と声を掛けられたりして、少々嘘を突き通すのが大変ですけど。ま、みんなやってるでしょう、たぶん。
26歳 女性のストーリー
高校生の頃、サボり癖がつき、学校にあまり行かなくなってしまいました。全日制の学校でしたが、週に3回くらいのペースで行っていたこともありました。卒業する事はできましたが、かなりギリギリの単位で卒業しました。両親は共働きで、私が学校に行く時間より前に職場に行っていました、そして学校から帰る時間よりも後に職場から帰ってくるような勤務だったので、1日家にいてもバレませんでした。1日家にいて、インターネットをしたり、テレビを見たりかなりダラダラと過ごしていました。たまに、平日でも両親が家にいる事があったので、そんな時は喫茶店でお茶をしたり、マンガ喫茶でインターネットをしたり漫画や雑誌を読んだりしていました。友達もいなかったので基本的に学校をサボる時は1人でした。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
独身っていいなと思った瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
自分は特別だと思った瞬間
こんなひといました
人が豹変した話
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
これまでに出会った天才
わたしの周りで一番勉強ができた人
あの人と縁を切ってよかった
わたしの周りで一番お金持ちの人
わたしの周りで大変身した人
今だから言えるごめんなさい
わたしの周りの大恋愛
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
ノウハウ
業界ならではの話
異性は知らないなと思う話
○○の裏話
人間関係
女同士って面倒くさいと思った話
家族に一番感謝したこと
一番ひどい友達からの裏切り
女って本当に恐いと思った瞬間
学んだこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
これまでの人生で悟ったこと
思い出
お金さえあればと感じた瞬間
忘れられない夏の思い出
一番の苦労話
とっておきのすべらない話
今までで一番感動した話
これまでで一番笑った話
これまでに一番勇気を出した瞬間
死ぬかと思った話
どうしても許せないこと
これまでで一番お金を無駄にした話
人生最大の修羅場
人生で一番運が良かったなと思う出来事
人生最大の失恋話
今までで体験した一番怖い体験
忘れられない夏休み
奇跡だと思った話
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
忘れられない先生の話
これはひどいなと思った結婚式
人生で一番贅沢した話
これまでで一番驚いた話
嘘みたいなほんとの話
人を見返してやった話
これまでで一番悲しかった時
修学旅行の思い出
学校や仕事をサボってやったこと
一番おいしかった食べ物
私について
誰にも言っていない秘密
わたしの初恋と、その結末
人生が変わった出来事
私の変えたい過去
わたしがやめられないもの
仕事での大失敗
そういえば昔夢見ていたこと
苦手だったのに得意になったエピソード
誰かに聞いてもらいたい愚痴
もっとも尊敬する人
結婚・恋愛
結婚を後悔した瞬間
夫婦関係を続けていくのが不安になった話