"シンガポール" に関するエピソード

「修学旅行の思い出」

26歳 男性のストーリー
高校の時の修学旅行の話である。私が当時在学していた高校は【北海道】、【沖縄】、【シンガポール】の3ヶ所から選択できるのだが、私は沖縄を選択した。その理由はその当時の好きな女の子(仮名、A子)が沖縄を選択していたからであった。今振り返るととても安易な発想ではあるが、当時の私にとっては重要な問題であった。なぜなら修学旅行の期間で告白することを決めていたからである。
修学旅行の主な日程は到着日(1日目)は午後から街の散策。2日目に海でのレクリエーションが予定されていた。つまり、A子に告白する時間はこの2日しかなかった。
街の散策は同じ班になることは叶わなかったが、2日目のレクリエーションの時間は同じ班になることができたのである。神は私を見捨ててはいなかった。
そして運命の2日目。今までになく、良い雰囲気になった。これが沖縄の海の力なのかと1人気分揚々と過ごし、片付けの時間。
周囲の友人が上手く気を遣ってくれ、2人きりになったタイミングで意を決した。
(私)『好きです。付き合ってください。』
(A子)『え、(しばらくの沈黙)
ごめんなさい

「一番おいしかった食べ物」

25歳 女性のストーリー
私が、“この世で一番おいしかった”と思えたのは、海外旅行後に食べる日本食です。具体的な食べ物でなくてすみません…。
私は一年に何度も海外旅行に行くタイプではないのですが、以前シンガポールに5日間ほど旅行に行きました。シンガポールは、多国籍な国で、食事もマレー系、中華系、インド系と様々なアジア料理が揃っています。もちろん、観光産業が盛んなので、多国籍ウケするアメリカンなカフェはもちろん、日本食レストランもあるのですが、『せっかく海外にいるのだから、現地のごはんを楽しみたい心』が発動し、日本食は一切口にしませんでした。
でも、やっぱり長年慣れ親しんだ味というのは、すぐに恋しくなるものですね。もちろん現地のご飯もとっても美味しかったのですが、帰りの飛行機に乗るころには味噌汁が飲みたくて飲みたくて…。
日本に着いた頃には夜遅く、もう大半のお店が閉まっていましたが、味噌汁とお米が食べたい一切で有名牛丼チェーン店に駆け込みました。
『ああ、なんて美味しいんだろう、日本に生まれて良かった』と感じた体験でした。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
独身っていいなと思った瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
自分は特別だと思った瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
こんなひといました
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
あの人と縁を切ってよかった
わたしの周りの大恋愛
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
これまでに出会った天才
わたしの周りで一番勉強ができた人
人が豹変した話
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
わたしの周りで大変身した人
今だから言えるごめんなさい
わたしの周りで一番お金持ちの人
ノウハウ
異性は知らないなと思う話
○○の裏話
業界ならではの話
人間関係
家族に一番感謝したこと
女同士って面倒くさいと思った話
一番ひどい友達からの裏切り
女って本当に恐いと思った瞬間
学んだこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
これまでの人生で悟ったこと
思い出
これはひどいなと思った結婚式
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
奇跡だと思った話
嘘みたいなほんとの話
忘れられない先生の話
修学旅行の思い出
どうしても許せないこと
これまでで一番笑った話
学校や仕事をサボってやったこと
これまでで一番悲しかった時
人を見返してやった話
忘れられない夏の思い出
今までで体験した一番怖い体験
これまでに一番勇気を出した瞬間
とっておきのすべらない話
これまでで一番お金を無駄にした話
お金さえあればと感じた瞬間
人生で一番運が良かったなと思う出来事
忘れられない夏休み
人生最大の失恋話
これまでで一番驚いた話
人生で一番贅沢した話
今までで一番感動した話
死ぬかと思った話
一番の苦労話
人生最大の修羅場
一番おいしかった食べ物
私について
私の変えたい過去
苦手だったのに得意になったエピソード
人生が変わった出来事
誰にも言っていない秘密
仕事での大失敗
誰かに聞いてもらいたい愚痴
わたしの初恋と、その結末
わたしがやめられないもの
もっとも尊敬する人
そういえば昔夢見ていたこと
結婚・恋愛
夫婦関係を続けていくのが不安になった話
結婚を後悔した瞬間