"ショートカット" に関するエピソード

「わたしの初恋と、その結末」

48歳 女性のストーリー
中学時代に通っていた美容院の美容師さんが初恋の相手です。女子校に通っていた私はかなり奥手で、美容室の中でも殆ど美容師さんと話すことができず、秘めた恋のようなものでした。最寄りの駅の近くの美容室だったため、学校帰りによくその美容室を覗いていましたが、美容師さんの姿を見るだけで満足していたように記憶しています。当時はショートカットにしていましたが、中学生ということで、凝った髪型にもできず、毎月通うほどでもなく、だんだん足が遠のいて、美容師さんのこともフェードアウトのように忘れていったと思います。友達同士で同じ美容室に行っていたら勇気を持ってもっと楽しく美容師さんと会話できていたのかなあと、当時のシャイな私が懐かしいです。
48歳 女性のストーリー
中学時代に通っていた美容院の美容師さんが初恋の相手です。女子校に通っていた私はかなり奥手で、美容室の中でも殆ど美容師さんと話すことができず、秘めた恋のようなものでした。最寄りの駅の近くの美容室だったため、学校帰りによくその美容室を覗いていましたが、美容師さんの姿を見るだけで満足していたように記憶しています。当時はショートカットにしていましたが、中学生ということで、凝った髪型にもできず、毎月通うほどでもなく、だんだん足が遠のいて、美容師さんのこともフェードアウトのように忘れていったと思います。友達同士で同じ美容室に行っていたら勇気を持ってもっと楽しく美容師さんと会話できていたのかなあと、当時のシャイな私が懐かしいです。

「誰にも言っていない秘密」

21歳 女性のストーリー
私はバイセクシャル(両性愛者)ということは公言しているのですが、唯一恋愛感情を抱いた女性がいるということが、誰にも言っていない私の秘密です。その女性と出会ったのは私が高校3年生のときで、相手の女性は私が入ったNPO法人のとある支部の先輩でした。ショートカットでボーイッシュな服装、一人称は「俺」でしたが、内面はとても女性らしく乙女な部分があり、また私がバイセクシャルであるということも寛容に受け入れてくださいました。なぜ私がこの女性を好きだったことが誰にも言っていない秘密かというと、その女性が支部のトップと交際しており、半同棲をしていたためです。当時高校生だった私には、自分の上司の交際相手に告白をすることは難しいことだったのです。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
自分は特別だと思った瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
独身っていいなと思った瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
こんなひといました
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
今だから言えるごめんなさい
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
これまでに出会った天才
わたしの周りで大変身した人
あの人と縁を切ってよかった
わたしの周りで一番お金持ちの人
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
人が豹変した話
わたしの周りの大恋愛
わたしの周りで一番勉強ができた人
ノウハウ
異性は知らないなと思う話
○○の裏話
業界ならではの話
人間関係
女って本当に恐いと思った瞬間
女同士って面倒くさいと思った話
一番ひどい友達からの裏切り
家族に一番感謝したこと
学んだこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
これまでの人生で悟ったこと
思い出
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
忘れられない先生の話
今までで体験した一番怖い体験
これはひどいなと思った結婚式
どうしても許せないこと
一番の苦労話
これまでに一番勇気を出した瞬間
人生で一番運が良かったなと思う出来事
これまでで一番お金を無駄にした話
とっておきのすべらない話
人生で一番贅沢した話
これまでで一番笑った話
人生最大の失恋話
人生最大の修羅場
学校や仕事をサボってやったこと
修学旅行の思い出
一番おいしかった食べ物
嘘みたいなほんとの話
お金さえあればと感じた瞬間
これまでで一番悲しかった時
これまでで一番驚いた話
奇跡だと思った話
人を見返してやった話
今までで一番感動した話
忘れられない夏の思い出
死ぬかと思った話
忘れられない夏休み
私について
わたしの初恋と、その結末
仕事での大失敗
そういえば昔夢見ていたこと
私の変えたい過去
苦手だったのに得意になったエピソード
わたしがやめられないもの
もっとも尊敬する人
誰にも言っていない秘密
人生が変わった出来事
誰かに聞いてもらいたい愚痴
結婚・恋愛
夫婦関係を続けていくのが不安になった話
結婚を後悔した瞬間