"運動会" に関するエピソード

「苦手だったのに得意になったエピソード」

51歳 男性のストーリー
小学校低学年生のころ足が遅くて運動が大嫌いで、体育の授業がある日、運動会などは、ズル休みしたくてグッズってよく母に叱られていた。
でも、6年生になるころから成長期になり、体が大きくなるのにあわせて足が速くなった。
特にトレーニングをしたわけでもないのに、学年でトップグループに入るぐらいに短距離走を速く走れるようになっていた。
足が速くなると嫌いだった運動が好きになり、中学・高校では、体育の授業、体育祭、部活などで活躍できてかなり目立っていた。
目立つようになると、モテる様になり、先輩・後輩・同級生を問わずチヤホヤされた。
思い起こせば、人生で一番モテていたのは、このころだ。
あれから数十年、いまでは立派なメタボ中年、人生で一番足が遅くなっている。

「奇跡だと思った話」

34歳 男性のストーリー
「奇跡だと思った話」
それは、私が中学三年生の時、『体育祭』という運動会のようなもので、
全学年対抗の【大縄跳び】に挑戦した時のことです。
私が在籍していたクラスは、他所のクラスに比べると大人しく、静かな印象でした。
私自身、大人しい性格だったので丁度よかったのですが、何か大きな目標があると
一致団結するような、そんな気概がありました。
その目標というのが、先に挙げた【大縄跳び】です。
母校では伝統的な行事で、特徴的なのは”全学年対抗”という点です。
学年関係なく頂点を競うわけなので、自然と燃えてくるのが分かりました。
本番に向けての練習では、最初こそすぐにつかえてしまいましたが、徐々に
成果が表れ、100回前後は続くようになってきました。
これまでの歴代最高記録がそれぐらいだったので、一つの参考にしました。
そして本番当日。全種目の最後に行われました。
制限時間10分でどれだけ跳べるか。ただし、続く限りは無制限という条件です。
私のクラスは幸先が良く、中盤くらいまでに100回を超えました。
しかし、同学年の隣のクラスも同じくらいの記録を出したので、もう少し記録を
伸ばさなければなりません。
残り時間はおよそ3分。正真正銘のラストチャンス…。
プレッシャーより、ダメもとで開き直った雰囲気でした。
1回、2回と順調に回数を刻み、テンポが一定になってきたころに全学年のトップに‼
しかし、それよりも自分たちがどこまで跳べるか?記録を伸ばせるか?
そこに全神経を集中させ、無心で跳び続けました。
周囲の生徒たちは静かに見守ります…。
そして最終的に跳んだ回数は、【245回】の新記録‼
周囲で喝采が湧き、皆、充実感でいっぱいでした。
最後の最後、土壇場での大記録達成に、奇跡というか、超越した何かを感じました。
中学校生活の最後に良い思い出が出来たと、誇らしく思えました。
ちなみに【最後に足がひっかかったのは自分】というオチが付きます(笑)
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
独身っていいなと思った瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
自分は特別だと思った瞬間
こんなひといました
わたしの周りの大恋愛
これまでに出会った天才
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
わたしの周りで大変身した人
あの人と縁を切ってよかった
わたしの周りで一番お金持ちの人
わたしの周りで一番勉強ができた人
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
今だから言えるごめんなさい
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
人が豹変した話
ノウハウ
業界ならではの話
○○の裏話
異性は知らないなと思う話
人間関係
一番ひどい友達からの裏切り
女同士って面倒くさいと思った話
家族に一番感謝したこと
女って本当に恐いと思った瞬間
学んだこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
これまでの人生で悟ったこと
思い出
死ぬかと思った話
これまでに一番勇気を出した瞬間
今までで体験した一番怖い体験
お金さえあればと感じた瞬間
学校や仕事をサボってやったこと
これまでで一番お金を無駄にした話
人生で一番贅沢した話
一番の苦労話
修学旅行の思い出
人生で一番運が良かったなと思う出来事
忘れられない先生の話
奇跡だと思った話
これまでで一番驚いた話
これまでで一番悲しかった時
忘れられない夏休み
人生最大の修羅場
とっておきのすべらない話
どうしても許せないこと
人生最大の失恋話
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
今までで一番感動した話
一番おいしかった食べ物
嘘みたいなほんとの話
忘れられない夏の思い出
これまでで一番笑った話
これはひどいなと思った結婚式
人を見返してやった話
私について
仕事での大失敗
私の変えたい過去
誰かに聞いてもらいたい愚痴
そういえば昔夢見ていたこと
誰にも言っていない秘密
苦手だったのに得意になったエピソード
もっとも尊敬する人
わたしがやめられないもの
人生が変わった出来事
わたしの初恋と、その結末
結婚・恋愛
夫婦関係を続けていくのが不安になった話
結婚を後悔した瞬間