"通信制" に関するエピソード

「もっとも尊敬する人」

22歳 女性のストーリー
高校時代の国語の先生を尊敬しています。
私は福祉の国家資格を取得するために通信制の大学に通っています。
その頃、どうしても文学の単位が取れず、母校に行き国語の先生にアドバイスやポイントを教えていただいていました。
ある時、なぜ資格を取りたいのかという話をしていたとき、先生がこうおっしゃいました。
「私は教員免許を取るのが嫌だった。もちろん、学校の先生にはなりたかったんだけどね。」
資格を持つということはその分責任が大きく付きまとう、教員になって子どもたちを指導することは子どもたちの人生の過程を背負っているということだから、
私は怖かった、と。
その話を聞き、当時の私は資格を取ることを目標にし、仕事が有利になることしか考えていませんでした。
もちろんそれも重要ですが、そこまでの責任が実際に伴うことまでは考えてられていませんでした。
その後、先生と私はあまり連絡することは無くなってしまいましたが、今でも先生のお言葉を胸に常に資格を持つことと責任、
対人に対しての仕事の在り方を考えるようになりました。

「人を見返してやった話」

26歳 女性のストーリー
幼稚園教諭の仕事を始めてすぐ、知識の欠如を感じて働きながら通信制の学校で学び、保育士の資格を取りました。進路相談の際には、担任の先生に仕事との両立は厳しく、成功した人はあまりいないということを言われ、おすすめしないということを言われて来ましたが、自分の意思を貫き、目標達成することができたことで、先生の考えを打ち砕くことができてました。報告をした際に、先生も喜んでくれており、まさか本当に最後までやりとげるとは思っていなかったと言っていました。それなりに大変な思いはしたのですが、その場では少しかっこつけて、計画通りにできましたと、自慢げにいってしまいました。それから私と関わる時の態度が少しかわり、認めてくれているきがします。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
独身っていいなと思った瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
自分は特別だと思った瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
こんなひといました
わたしの周りで大変身した人
今だから言えるごめんなさい
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
あの人と縁を切ってよかった
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
わたしの周りで一番お金持ちの人
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
人が豹変した話
わたしの周りの大恋愛
これまでに出会った天才
わたしの周りで一番勉強ができた人
ノウハウ
○○の裏話
業界ならではの話
異性は知らないなと思う話
人間関係
女同士って面倒くさいと思った話
女って本当に恐いと思った瞬間
家族に一番感謝したこと
一番ひどい友達からの裏切り
学んだこと
これまでの人生で悟ったこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
思い出
人生で一番贅沢した話
これはひどいなと思った結婚式
忘れられない先生の話
人生最大の失恋話
忘れられない夏の思い出
忘れられない夏休み
とっておきのすべらない話
どうしても許せないこと
一番の苦労話
今までで体験した一番怖い体験
修学旅行の思い出
今までで一番感動した話
これまでで一番お金を無駄にした話
人生で一番運が良かったなと思う出来事
学校や仕事をサボってやったこと
嘘みたいなほんとの話
一番おいしかった食べ物
これまでで一番悲しかった時
これまでで一番笑った話
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
奇跡だと思った話
人を見返してやった話
これまでに一番勇気を出した瞬間
お金さえあればと感じた瞬間
これまでで一番驚いた話
死ぬかと思った話
人生最大の修羅場
私について
誰かに聞いてもらいたい愚痴
仕事での大失敗
苦手だったのに得意になったエピソード
そういえば昔夢見ていたこと
もっとも尊敬する人
私の変えたい過去
人生が変わった出来事
わたしがやめられないもの
誰にも言っていない秘密
わたしの初恋と、その結末
結婚・恋愛
結婚を後悔した瞬間
夫婦関係を続けていくのが不安になった話