"落ちこぼれ" に関するエピソード

「忘れられない先生の話」

57歳 男性のストーリー
 高校の時の専門科目に忘れられない先生がいる。
 私は建築科に在籍していたのだが、卒業時、留年しかけていた。
 別に落ちこぼれだった訳ではなく、自慢でではないが、どちらかと言えば成績は良い方だった。しかしスランプに陥り、必須課題であった製図の課題が全くと言っていいほどできていなかった。
 担当の建築製図の先生が、最終提出日を過ぎても提出できない私の描きかけの図面を見て「今までの成績から、この図面とこの図面はできたことにしよう。あとこちらの図面を仕上げれば、課題達成にする」といってくれて、本来の卒業式には間に合わなかったが、卒業することができた。
 そんな状態だったので、卒業後の進路は未定だったが、その先生が知り合いに頼んでくれて、先生の知人の設計事務所に入れてもらうことができた。が、3か月と続かず辞めてしまった私に、また、別の知人の勤める建築会社を斡旋してくれて、某鉄道系建設会社に入社させてくれた。
 卒業して何年も経っているのに、色々迷惑ばかりかけて、年賀状を送ったり、お中元、お歳暮を贈ったりしていたが、鉄道系会社も数年で辞めてしまってからは、年賀状も送らなくなってしまった。建築関係からも離れてしまった今でも、今の自分があるのはあの先生のお陰だと思っている。

「学校や仕事をサボってやったこと」

25歳 女性のストーリー
高校時代、勉強についていけなくなって、よく学校をサボっていました。
サボった日は、両親が仕事に行った後の時間に家に戻り、ひたすら動画サイトで趣味に関連する動画を見ていました。
音楽を聴いたり、クオリティの高い動画を見ている時だけ、学校で落ちこぼれている現実を忘れられました。
また、お小遣いも少なかったので、外で遊び歩くこともできず、結局パソコンしかやることがなかったのもあります。
一度ついたサボり癖はなかなか抜けず、大学でもたまに講義をサボってパソコンを見ていました。前と違うのは、大学内に自由に使えるパソコンがあるので、大学内で時間を潰すようになったことです。
さらに、就職のために通った予備校もサボり、今度はお金に余裕ができたため繁華街で遊び歩くようになりました。
そんな風だから、未だ定職につけません。サボり癖なんてつけるものじゃありませんね。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
独身っていいなと思った瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
自分は特別だと思った瞬間
こんなひといました
今だから言えるごめんなさい
わたしの周りで一番勉強ができた人
人が豹変した話
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
わたしの周りの大恋愛
これまでに出会った天才
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
あの人と縁を切ってよかった
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
わたしの周りで大変身した人
わたしの周りで一番お金持ちの人
ノウハウ
○○の裏話
業界ならではの話
異性は知らないなと思う話
人間関係
家族に一番感謝したこと
女って本当に恐いと思った瞬間
一番ひどい友達からの裏切り
女同士って面倒くさいと思った話
学んだこと
これまでの人生で悟ったこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
思い出
人を見返してやった話
とっておきのすべらない話
忘れられない夏の思い出
これまでに一番勇気を出した瞬間
今までで体験した一番怖い体験
忘れられない夏休み
人生で一番贅沢した話
奇跡だと思った話
一番の苦労話
これまでで一番悲しかった時
これはひどいなと思った結婚式
人生で一番運が良かったなと思う出来事
忘れられない先生の話
修学旅行の思い出
お金さえあればと感じた瞬間
学校や仕事をサボってやったこと
一番おいしかった食べ物
どうしても許せないこと
人生最大の失恋話
人生最大の修羅場
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
これまでで一番驚いた話
これまでで一番笑った話
これまでで一番お金を無駄にした話
死ぬかと思った話
今までで一番感動した話
嘘みたいなほんとの話
私について
わたしの初恋と、その結末
人生が変わった出来事
誰にも言っていない秘密
仕事での大失敗
わたしがやめられないもの
そういえば昔夢見ていたこと
私の変えたい過去
苦手だったのに得意になったエピソード
もっとも尊敬する人
誰かに聞いてもらいたい愚痴
結婚・恋愛
結婚を後悔した瞬間
夫婦関係を続けていくのが不安になった話