"苗字" に関するエピソード

「誰にも言っていない秘密」

41歳 女性のストーリー
独身の時に、はじめに勤めた会社を退職し、10カ月ほど無職でした。失業保険受給中に職業訓練校に入校し、勉強をしていました。同じクラスの中に美人な人がいました。結婚退職し、スキルアップのために訓練校に入ったということでした。そんななかで5人ほど気が合う人たちがいて、ちょくちょく外食しに行ったりしていました。
職業訓練校がおわっても3から6カ月に一回は集まってご飯を食べたり、再就職先の話をしていました。
そうこうしているうちに美人の子が離婚したと行ってきました。まったくご主人の愚痴など言わなかったのでまさに青天の霹靂!そして、三か月ほどで再婚しました!こっちにもびっくり!
美人な人はすごいなぁって思ってました。
一方私のほうは独身のまま、地元の友達つながりで合コンに参加することも度々でした。
地元中学の友人関連の合コンで初めてあう銀行員がいました。
プッシュが強くて、二人で飲みに行ったりしていましたが、名字が美人の子の前の苗字と同じ(よくある苗字だったので、すぐには気付かず)。職業も、勤務先のエリアも同じなんか怪しいと思いつつも決定打がなく、もやもやしていました。
そうこうするうちに、なんだか告白されそうな雰囲気を出しだしたので、これはいかんと思い、思い切って元妻の名前を聞いたらドンピシャでした。

「仕事での大失敗」

36歳 女性のストーリー
仕事でDM配達をしていた時がありました。住宅地図と大量のDMを持って店舗を出て、数件のわからない家以外はすべて配達が完了しました。
1ヵ月おきくらいにその作業を何度か繰り返していたある日、1人のお客様が来店されました。「DMが届くけど、自分の家ではない」と。その方は近所に住む同姓のお宅で、毎回DMに明記された住所のポストに届けてくださっていたそうです。最初は間違って入れたんだと思っていたそうですが、何度も届くうちに「あ、間違って入れていることに気づいてない」とわかり、わざわざ来店して教えてくださいました。住所は近いけどDMの住所ではなく、同姓だけど同名ではない。私はその苗字が2軒あることに気づかず、ポストに住所(番地)の表示はないけど名前だけを見て「この人の家はここだ」と思い込み、確認を怠っていました。完全に似て非なるものです。
その時は本当に情けなく、大失敗したと思いました。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
自分は特別だと思った瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
独身っていいなと思った瞬間
こんなひといました
これまでに出会った天才
あの人と縁を切ってよかった
わたしの周りで一番勉強ができた人
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
わたしの周りで大変身した人
今だから言えるごめんなさい
わたしの周りの大恋愛
わたしの周りで一番お金持ちの人
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
人が豹変した話
ノウハウ
異性は知らないなと思う話
○○の裏話
業界ならではの話
人間関係
家族に一番感謝したこと
女同士って面倒くさいと思った話
女って本当に恐いと思った瞬間
一番ひどい友達からの裏切り
学んだこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
これまでの人生で悟ったこと
思い出
これはひどいなと思った結婚式
これまでに一番勇気を出した瞬間
修学旅行の思い出
これまでで一番悲しかった時
これまでで一番笑った話
学校や仕事をサボってやったこと
今までで体験した一番怖い体験
一番の苦労話
死ぬかと思った話
嘘みたいなほんとの話
一番おいしかった食べ物
人生で一番贅沢した話
今までで一番感動した話
忘れられない先生の話
とっておきのすべらない話
人を見返してやった話
奇跡だと思った話
人生最大の修羅場
どうしても許せないこと
お金さえあればと感じた瞬間
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
人生最大の失恋話
これまでで一番お金を無駄にした話
これまでで一番驚いた話
忘れられない夏の思い出
忘れられない夏休み
人生で一番運が良かったなと思う出来事
私について
私の変えたい過去
仕事での大失敗
そういえば昔夢見ていたこと
人生が変わった出来事
わたしの初恋と、その結末
苦手だったのに得意になったエピソード
誰かに聞いてもらいたい愚痴
もっとも尊敬する人
わたしがやめられないもの
誰にも言っていない秘密
結婚・恋愛
結婚を後悔した瞬間
夫婦関係を続けていくのが不安になった話