"白髪ネギ" に関するエピソード

「一番おいしかった食べ物」

22歳 男性のストーリー
自分が1番思い出に残ってる味は通っている大学近くにあった家系ラーメンの店の豚骨醤油ラーメンだ。
入学時に知り合った同級生と、その数日後の放課後に食べに行き、感動したことを覚えている。
自分は油っこい食べ物が少々苦手なので、やや豚骨ラーメン自体にも抵抗があったが、そのラーメンのスープははこってり過ぎず、しかし濃厚な甘みが口の中で優しく広がってきたことが衝撃だった。
それからというもの、金曜の授業を乗り越える度に、友達と豚骨ラーメンを食べに行くことが毎週の楽しみとなっていった。
自分が今や1日三本は食べるほどのネギ好きになってしまったのも、毎週のようにこの豚骨ラーメンのトッピングの白髪ネギを堪能していたことが原因であることは間違いない。
しかし、やはり豚骨ラーメンの匂いは好き嫌いが別れるようで、その家系ラーメン屋さんは、自分が入学してから3年程で店を畳むことになってしまった。店主のおじいさんは現在別の場所で居酒屋を営んでいるらしいが、豚骨ラーメンは扱っていないらしく、もうあの優しい濃厚スープを味わうことは出来なくなってしまった。
外出先で家系ラーメンを見つけた時には試しに食べてみたりするが、不思議なことに同じ豚骨ラーメンでも、「あの味」を思い起こさせるような店はなかった。
もうじき卒業し、社会人となる身だが、日々を乗り越えていく中で、自分にとってのうまい飯というものを見つけていくことは人生において実はかなり大切なことなんじゃないかと思ってしまうようなある意味で充実した日々だったんじゃないかと感じた。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
自分は特別だと思った瞬間
独身っていいなと思った瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
こんなひといました
人が豹変した話
あの人と縁を切ってよかった
わたしの周りで一番お金持ちの人
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
わたしの周りの大恋愛
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
わたしの周りで一番勉強ができた人
今だから言えるごめんなさい
これまでに出会った天才
わたしの周りで大変身した人
ノウハウ
異性は知らないなと思う話
業界ならではの話
○○の裏話
人間関係
女同士って面倒くさいと思った話
女って本当に恐いと思った瞬間
一番ひどい友達からの裏切り
家族に一番感謝したこと
学んだこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
これまでの人生で悟ったこと
思い出
忘れられない夏の思い出
人生で一番贅沢した話
修学旅行の思い出
これまでで一番お金を無駄にした話
これまでで一番驚いた話
死ぬかと思った話
人生で一番運が良かったなと思う出来事
これまでで一番笑った話
とっておきのすべらない話
忘れられない先生の話
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
人を見返してやった話
今までで一番感動した話
お金さえあればと感じた瞬間
これまでに一番勇気を出した瞬間
忘れられない夏休み
学校や仕事をサボってやったこと
奇跡だと思った話
人生最大の修羅場
どうしても許せないこと
嘘みたいなほんとの話
これはひどいなと思った結婚式
これまでで一番悲しかった時
一番おいしかった食べ物
今までで体験した一番怖い体験
人生最大の失恋話
一番の苦労話
私について
人生が変わった出来事
わたしがやめられないもの
私の変えたい過去
苦手だったのに得意になったエピソード
もっとも尊敬する人
誰かに聞いてもらいたい愚痴
誰にも言っていない秘密
そういえば昔夢見ていたこと
仕事での大失敗
わたしの初恋と、その結末
結婚・恋愛
結婚を後悔した瞬間
夫婦関係を続けていくのが不安になった話