"現在進行形" に関するエピソード

「もっとも尊敬する人」

43歳 女性のストーリー
私の最も尊敬する人物は父です。
父は地元では少しだけ有名な地主の家の末っ子として生まれ、比較的裕福に育ったと聞いています。
そんな父の性格は、とても温厚で、細かいところをこだわらない。というよりは水に流す術を持っているので常に前向き。
私がどんなに悪いことをしてしまっても水を外すようなことがあっても、一度は厳しい言葉をかけますが、決して見放すこともなく
必ずフォローをしてくれます。子供のころから何かあれば父が助けてくれるという思いを強くもっていました。
母親になった今、人間として父のような存在でありたいという思いがあります。
子育て中の今、フっとした瞬間に思いだす「あの時の父の立場」の自分が同じ対応をすることの難しさを実感。
そんな父も、少しだけわがままな、少しだけ新しいことを覚えていられない、かわいいおじいちゃんになりました。
尊敬の気持ちは現在進行形です。

「一番の苦労話」

36歳 女性のストーリー
過去の苦労話ではなく、現在進行形になります。
子どものころから、人の気持ちが分からない、不注意、衝動的、段取り能力の欠如など、生きていくのに大変やりづらさを抱えていました。知的障害なのかと思ったこともありましたが、学校の成績は良かったので、益々悩んでしまいました。
そんな私が心について興味を持つことは自然な流れだったのかもしれません。今では精神科の仕事についています。そこで、勤務していた医師とカウンセラーに「発達障害だよ」と指摘されました。頭がそれなり良かったので社会適応できていたけれども、明白に発達障害だと言われました。昔ほどは悩んでいませんが、相変わらず人の気持ちが分からないのです。これは致命的です。必死に人の表情や言動のパターンのデータを蓄積中です。人生で一番このことに苦労しています。生まれてからずっとです。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
自分は特別だと思った瞬間
独身っていいなと思った瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
こんなひといました
わたしの周りの大恋愛
今だから言えるごめんなさい
わたしの周りで一番お金持ちの人
あの人と縁を切ってよかった
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
人が豹変した話
わたしの周りで一番勉強ができた人
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
わたしの周りで大変身した人
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
これまでに出会った天才
ノウハウ
○○の裏話
業界ならではの話
異性は知らないなと思う話
人間関係
家族に一番感謝したこと
女同士って面倒くさいと思った話
一番ひどい友達からの裏切り
女って本当に恐いと思った瞬間
学んだこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
これまでの人生で悟ったこと
思い出
忘れられない夏休み
修学旅行の思い出
今までで一番感動した話
奇跡だと思った話
お金さえあればと感じた瞬間
嘘みたいなほんとの話
人生最大の修羅場
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
人生で一番贅沢した話
死ぬかと思った話
これまでで一番驚いた話
一番おいしかった食べ物
どうしても許せないこと
今までで体験した一番怖い体験
人生で一番運が良かったなと思う出来事
これまでで一番悲しかった時
これまでで一番お金を無駄にした話
とっておきのすべらない話
忘れられない夏の思い出
人生最大の失恋話
これはひどいなと思った結婚式
忘れられない先生の話
これまでで一番笑った話
これまでに一番勇気を出した瞬間
人を見返してやった話
一番の苦労話
学校や仕事をサボってやったこと
私について
そういえば昔夢見ていたこと
人生が変わった出来事
もっとも尊敬する人
苦手だったのに得意になったエピソード
わたしがやめられないもの
わたしの初恋と、その結末
誰にも言っていない秘密
私の変えたい過去
仕事での大失敗
誰かに聞いてもらいたい愚痴
結婚・恋愛
結婚を後悔した瞬間
夫婦関係を続けていくのが不安になった話