"江戸時代" に関するエピソード

「もっとも尊敬する人」

31歳 男性のストーリー
私がもっとも尊敬する人は中江藤樹さんです。
江戸時代の初期の頃に活躍なさった方で、近江の国(滋賀県)高島で生まれた方です。
下級武士だったため家族が貧しく、農業も営む両親の元に生まれますが、大洲(愛媛県)藩に出向いた祖父の付き人として高島から大洲に向かいます。
そこで、熱心に学問を学び後に陽明学者となります。
日本で唯一、聖人と呼ばれることでも有名です。正式には近江聖人といいます。
現代では、滋賀県の高島氏に中江藤樹記念館があり、当時中江藤樹さんが開いていた
寺小屋(日本の寺小屋の始まりを作ったとされています)の跡地を見学することもできます。中に入って当時の様子を伺うことも可能です。
中江藤樹さんの影響で後に活躍する熊沢蕃山の活躍にもつながります。


「忘れられない先生の話」

23歳 男性のストーリー
小学6年生の1学期の始業式の校長先生の話です。校長先生は日本国内を鉄道で旅行することが好きで、移動中に車窓から富士山を眺める機会が多くあったようです。特に、車窓から見える綺麗な台形の富士山が、印象的だと話していました。しかし、あるとき旅行で普段あまり通らないルートの鉄道に乗っていたとき、車窓から富士山を眺める機会がありました。そのとき見た富士山は、綺麗な台形ではなく、中腹にコブのようなもの見えたそうです。これは、富士山が江戸時代に噴火した際に富士山の中腹にできた宝永山というものです。校長先生はこのとき、この宝永山を見つけることができたのは、富士山を普段見ない方向から見たためであり、あるものを色々な方向から見ることで、新しい発見をすることができるのだと感じたそうです。その経験を踏まえて、校長先生は生徒たちに物事を色々な方向から見ることができるようになってほしいと伝えました。この話は今でも強く印象に残っています。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
独身っていいなと思った瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
自分は特別だと思った瞬間
こんなひといました
あの人と縁を切ってよかった
わたしの周りで一番勉強ができた人
これまでに出会った天才
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
わたしの周りで一番お金持ちの人
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
今だから言えるごめんなさい
わたしの周りで大変身した人
わたしの周りの大恋愛
人が豹変した話
ノウハウ
異性は知らないなと思う話
○○の裏話
業界ならではの話
人間関係
女同士って面倒くさいと思った話
家族に一番感謝したこと
女って本当に恐いと思った瞬間
一番ひどい友達からの裏切り
学んだこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
これまでの人生で悟ったこと
思い出
お金さえあればと感じた瞬間
これはひどいなと思った結婚式
今までで一番感動した話
死ぬかと思った話
忘れられない先生の話
これまでで一番笑った話
人生最大の修羅場
忘れられない夏休み
人生で一番運が良かったなと思う出来事
人生最大の失恋話
一番おいしかった食べ物
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
とっておきのすべらない話
これまでで一番お金を無駄にした話
修学旅行の思い出
どうしても許せないこと
人を見返してやった話
一番の苦労話
忘れられない夏の思い出
学校や仕事をサボってやったこと
今までで体験した一番怖い体験
これまでに一番勇気を出した瞬間
奇跡だと思った話
嘘みたいなほんとの話
これまでで一番悲しかった時
これまでで一番驚いた話
人生で一番贅沢した話
私について
苦手だったのに得意になったエピソード
誰かに聞いてもらいたい愚痴
そういえば昔夢見ていたこと
もっとも尊敬する人
私の変えたい過去
わたしがやめられないもの
誰にも言っていない秘密
人生が変わった出来事
仕事での大失敗
わたしの初恋と、その結末
結婚・恋愛
夫婦関係を続けていくのが不安になった話
結婚を後悔した瞬間