"専業主婦" に関するエピソード

「これまでに出会った天才」

36歳 女性のストーリー
うちの弟は天才だと思います。
この話をすると友達からはもれなくブラコンと言われますが、そんな自覚は全くなく、本当にすごい人だと思っています。
1つ年下の弟は、当然同じ両親のもとに生まれました。
1年の違いなだけの人生だったはずです。
その弟は、小さい時からコツコツ努力することが苦手でした。
どちらかというとそれは私の方が得意で、私はゴールに向けて長期間頑張り続けることが弟よりはできていたと思います。
学校の宿題も私の方が先に初めていましたし、ゲームも私の方が長くはまって遊んでいました。
それにもかかわらず、夏休みの宿題はいつも弟の方が早く終わっていました。
鉄棒の逆上がりも弟の方が軽くこなしていました。
ゲームで裏技を見つけては早々にクリアしてしまうのは弟でした。
高校受験では、私よりレベルの高い学校へ合格し、3年連続特待生です。
大学受験がしたくないと、付属の大学へ進み、理系大学の困難な課題をクリアし、教授を圧倒させる研究成果をあげて卒業しました。
大学時代に1か月間、自分の好きな国で生活し、英語をマスターして帰ってきました。
現在彼は、大手外資系企業にスカウトされ、英語を使いこなしながら私の倍以上の給料をもらって、専業主婦の奥さんと穏やかな家庭を築いています。
私とはかけ離れた人生。
私にとっては、今のところ弟以上に天才だと思う人を見たことはありません。
私はブラコンでしょうか。

「そういえば昔夢見ていたこと」

33歳 女性のストーリー
今の主人と付き合い始めた頃、主人は初めから私と結婚するつもりで付き合っていると伝えてくれたので、私も自然と、主人と結婚した後の生活をいろいろと妄想・夢見ていました。
願わくば、子供は授かりたい。そして、その子供の成長を出来る限り一番近くで見ていたい。ならば、やはり母としていつでも動ける環境、家庭を全て任される立場の専業主婦が望ましい。収入が少し足りないなら、内職でもすれば良いから、子供におかえりを言える環境を作ってやりたい。
などと夢見ていましたが、いざ現実、今現在主人は無職。転職先で精神病んでしまって療養中。私もフルでガッチリ稼がないと生活できないレベル…。不満もなければ不幸とも思っていませんが、やっぱり、夢は夢だなー、と時々思います。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
自分は特別だと思った瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
独身っていいなと思った瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
こんなひといました
わたしの周りで大変身した人
わたしの周りの大恋愛
わたしの周りで一番お金持ちの人
わたしの周りで一番勉強ができた人
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
あの人と縁を切ってよかった
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
今だから言えるごめんなさい
これまでに出会った天才
人が豹変した話
ノウハウ
○○の裏話
業界ならではの話
異性は知らないなと思う話
人間関係
女って本当に恐いと思った瞬間
家族に一番感謝したこと
一番ひどい友達からの裏切り
女同士って面倒くさいと思った話
学んだこと
これまでの人生で悟ったこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
思い出
一番おいしかった食べ物
お金さえあればと感じた瞬間
忘れられない先生の話
忘れられない夏の思い出
修学旅行の思い出
人生で一番贅沢した話
これまでで一番驚いた話
これまでに一番勇気を出した瞬間
人生最大の失恋話
今までで一番感動した話
人生で一番運が良かったなと思う出来事
死ぬかと思った話
これまでで一番笑った話
これまでで一番お金を無駄にした話
とっておきのすべらない話
学校や仕事をサボってやったこと
これまでで一番悲しかった時
人を見返してやった話
どうしても許せないこと
一番の苦労話
人生最大の修羅場
これはひどいなと思った結婚式
忘れられない夏休み
奇跡だと思った話
今までで体験した一番怖い体験
嘘みたいなほんとの話
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
私について
人生が変わった出来事
誰にも言っていない秘密
苦手だったのに得意になったエピソード
わたしがやめられないもの
誰かに聞いてもらいたい愚痴
わたしの初恋と、その結末
もっとも尊敬する人
そういえば昔夢見ていたこと
私の変えたい過去
仕事での大失敗
結婚・恋愛
結婚を後悔した瞬間
夫婦関係を続けていくのが不安になった話