"大変身" に関するエピソード

「わたしの周りで大変身した人」

28歳 女性のストーリー
中学時代の同級生Yの話です。

Yとは小学校から一緒で、見た目は背が高くふくよかですが、穏やかな性格の子で、身長の割にはあまり目立つタイプではなく、クラスの中心からは一歩離れたような存在でした。

中学では同じバレーボール部に所属し、身長を活かして大活躍できる…かと思いきや、少女バレー上がりの部員に勝るものもなく、3年間をほぼベンチで過ごしていました。

勉強も中の中、性格も相変わらずの穏やかさで、中学3年間も目立たず騒がず過ごしていました。

そんなYとも、私が県外の高校へ通ったのを機に疎遠になり始め、すっかり会わなくなってしまいました。

高校卒業をし、成人を迎えても、成人式にも来ていないY。
地元を離れてしまったのかと思いつつ、私たちが中学卒業の頃は携帯もまだその歳では持たない時代だったので、連絡先も分からず、会うことは叶いませんでした。

しかし、SNSの広がりで容易に繋がりを持てるようになり始め、もしかしたら…とYの名前を検索してみました。

すると、見事にヒット!
…したのですが、そこには別人のようなYの姿がありました。
黒髪のショートで大人しい印象のままでしたが、打って変わって、そこには長い茶髪を緩く巻き、大きなつばの帽子を被り手を添えてポーズを取り、妖艶な表情をする美女と化していました。

更に、職業を見ると、なんと「DJ」と書かれていたのです!
SNSのプロフィール欄は、イベントの告知でびっしり…

大人しく穏やかだったYが、見事に人気DJに大変身していて、度肝を抜かれました。
19歳 男性のストーリー
私の母は、昔と比べて大きく変わりました。
それは大きく2つ変わったことがある。
それは、体型と性格の2つです。
10年前に70キロほどあった体重が現在では50キロまで痩せました。
そうなると性格も大きく変わっていきました。
暗く内向的な性格が、明るく社交的な性格に変わっていったのです。
それまでオシャレに興味が無かった母は、服に衣服に興味を持つようになりました。
こうして母は、しだいに自信を持つようになりました。
私への関わり方も変わっていきました。
今まではあらゆることで私の心配をしていましたが、しだいに心配しなくなっていきました。
それは決して私のことを嫌いになったからではなく、自分自身の人生を歩み始めたという方なのだと実感しました。
人は何歳になってもスタートできるし、チャレンジすることができるのだと実感しました。
20歳 女性のストーリー
小学校・中学校が同じだった男の子がいたのですが、当時は栄養満点な体型でものすごい汗っかきだった彼が、成人式で久しぶりに見かけたとき、スラっとしていてとても驚きました。
顔は面影があり一目で彼だと分かりましたが、体型だけで見ると誰だか分からないくらい変わっていました。
彼は中学時代は剣道部に所属していたのですが特に変わらず、高校に入ってから部活で痩せたそうです。
ハードだったのかなと思いましたがあまりの代わりっぷりに本当に驚きました。
身長も中学時代とさほど変わっておらず、食べる量は変わらないと言っていたので健康痩せかなと思いましたが羨ましい限りです。
自分も見習おうと思ったと同時に自分のだらしない身体が恥ずかしいです(笑)
21歳 男性のストーリー
大学時代からのお友達なのですが、スタイルがよく高身長のバスケ友達が、いつの間にかモデルのお仕事を始めていたこと。
もともとバスケットボールを通して知り合った方なのですが、最近Instagram等のSNSでの投稿頻度が上がったなと薄々感じていたのですが、大変びっくりしました。
コンテストなどにも出場していたりなど、多岐にわたる活動の展開していく感じが、モチベーションの高さを表していて、やっぱ根っこはスポーツマンだなと子感じる次第ではあります。

バスケをしていた頃よりInstagramでの活動が活発になりみているこちらとしても楽しい。

昔にもまして自信に満ち溢れた表情に進化していて勝手に嬉しい気持ちになりました。
22歳 女性のストーリー
高校時代の友人が大変身してしまった。

割と地味な印象だったが、大学デビューを機に自分磨きを頑張ったためメイクやカラコンも付け始め、洋服も可愛いものを身につけるようになった。
それだけならまだいいのだが、恋愛の面においても大変身してしまった…。

大学でできた彼氏と1年いかないぐらいで別れ、その後はたまたま飲み屋で知り合った社会人と付き合うがすぐにフラレてしまったらしい。
そんでもって今は彼氏不在のセフレがいるらしい。
もしかしたらセフレに本気になりそうな予感がする…。
大学デビューでかわいくなりビジュアル面で大変身したのはいいが、恋愛面においても良くない方に大変身してしまい、正直今のセフレとも上手くいかない気がする
51歳 女性のストーリー
先日地元のショッピングセンターで買い物をしていたら、何かのCMじゃないですが35年ぶりに中学の同級生を見かけました。
顔つきがあまり変わらないのですぐに「あー、〇〇君だ!」と分かりました。
結婚して家族と楽しそうに歩いていました。
当時は足が速くてカッコよくて女子にモテモテの彼でした。
もう50ですからお互いシワとか仕方がないけれど相変わらずのイケメンです。
が、視線を上げると頭がピカピカ光っていました。
完全なハゲではなかったけれど、かなりきてました。
少しカッパみたいでした。
私の実家の町から買い物に来たのね…懐かしくて話しかけそうになったのですが見送る事にしました。
絶対に視線を頭部に向けてしまうだろうし、「俺、ハゲたべ?」なんて言われたら久しぶりの再会なのに何と答えてあげたら良いのか分からないので。
最近一番ビックリした大変身でした。
60歳 女性のストーリー
つい何ヵ月前にまで、同じ会社で一緒に働いていました。
その人は逆大変身です。
よく聞かれる大変身はおでぶちゃんがスマートに変身して見違える、という感じですがその人はほんとに逆でした。
元々細いとは言い難いでしたが、1年足らずで倍ほどに膨らんだといいますか、日毎に丸くなっていくという感じでした。
同僚との会話の中には必ずと言っていいほど「あの子、また太った?」と話題にのぼるほどでした。

ほんとに入社した頃と比べると制服などもはち切れそうな感じになっていました。

会社の制服はスラックスとキュロットの2つがあったのですが、その子はキュロットだったので、お尻が横に大きく見えてしまうというか
大きかったです。
仕事もけっこう椅子に座ってばかりだったので、そうなってしまったのかな?って思ってしまいました。

私たちの仕事はスーパー勤めですので、太ってもそこまではいきません。
1日中動き回っていますから。
やっぱり動かなければ駄目ですね。
28歳 女性のストーリー
学生時代、私の友人の友人ですごくスタイルが良くてオーラがあって同じ大学生なのに、すごいなあと圧倒されていたのですが、実は読者モデルをしていると友人から聞いて驚きました。

その上、某有名恋愛ドキュメンタリー番組に出演するようになり、大学は途中で辞めてしまっていたようなのですが、某有名恋愛ドキュメンタリー番組に出演してからもオーラは変わらず、というよりもオーラが増していて、びっくりしたのと、最初から住む世界が違っていたんだなぁと感じさせられました。

今はもう結婚もして、お子さんも生まれたみたいですが(某SNSより)同じ大学に行っていて、同じ教室で少しの間だけ一緒に授業を受けられたこと、同世代の彼女の活躍が嬉しいです。
37歳 女性のストーリー
同じ会社に勤める30代後半の同僚の男性のことです。
バツイチの彼は、30代のうちに再婚を目指し婚活パーティーや、合コンなどに通っていました。
ただ、良い出会いはなくいつも恋愛が上手くいかないと悩んでいました。
彼はかなり体格が良かったため、まずは見た目だけでも改善しようとダイエットを決意。
ライザップに通うことを決意しました。
費用は50万円ほどかかったようですが、週一度から二度の運動と、食事制限で体重が30キロ減りました。
3桁だった体重が70キロまで落ち、見た目もすっきりし似合う洋服も増え髪型にも気を遣うようになりました。
ダイエットに成功したことで、自身がつき女性に対しても積極的にアプローチできるようになり今は充実した生活を送っているようです。
43歳 男性のストーリー
会社の後輩の話です。
一緒に仕事をしていた時は、少々自分勝手で、融通も利かない。
その割に自己主張は激しく、感情の浮き沈みが激しい。
という具合に、一見するととても扱いにくい人物でしたが、知識量は豊富で、頼らざるを得ない場面も多々ありました。

ある日、県外への異動が発表になった時、彼の名前が呼ばれました。
昇格を条件に県外への異動が告げられました。
先輩としては、昇格に喜ばしく、「よかったね」と伝えていましたが、裏話では、早く県外へ出して厄介払い(仕事上だけでなく、職場の人間関係でもトラブルメーカーだったため)をしたかったという話です。

県外異動してから3年。
その間も、プライベートでは何度か連絡を取ったりしていたのですが、県外異動を終えて戻ってくることになしました。

周りは戦々恐々としていましたが、実際戻ってくると、別人のような様子。

仕事に責任感を持ち、周りを気遣い、自分の主張を押し殺してでも仕事を回すということを最優先に動く。
そんな人物に変化していました。

行った先の上司は、人材育成で評判の良い人でしたので、そこでだいぶ鍛えられたのでしょう。

今後の発展が楽しみです。
24歳 女性のストーリー
中学生の同級生ですが、部活が同じ男子で
その当時は髪の毛がボサボサでメガネをかけて
ぽっちゃりしていた同級生がいました。
見た目はどちらかと言うと陰キャになります。
それから高校に入学し、別々の高校になったのですが
部活の試合でばったり会った時、髪の毛は短髪ですっきりしており
メガネをコンタクトにし、痩せていました。
一瞬誰かわからなくなりましたが、「久しぶり」などと
話をしていて、中学生の時の仲間と集まろうと話になりました。
集まった時、その同級生は本当にオシャレになっていて
中学の頃からは想像も出来ないイケメンになっていました。
高校に入って、初めての彼女ができたらしく
人は努力すれば変われるんだな、と思いました。
10歳 男性のストーリー
aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa
10歳 男性のストーリー
aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa
10歳 男性のストーリー
aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa
46歳 女性のストーリー
職場で、26歳で転職してきた男性がいました。前職がテレフォンオペレーターで、うちの会社には営業として入ってきました。未経験と言うことで、最初は簡単な事務仕事からやっていましたが、物静かで、真面目で、我慢強い感じのする子でした。
2年位経った頃、営業でも企画を提出することになったのですが、その男性が提出した企画が通って、社内でもお客さんにも評価を受けました。そうしたところ、自信を持ったのか、その後どんどん企画や自主的な動きをするようになりました。そうなると周りも見る目が変わって、まず、呼び名が君付けだったのが、さん付けになりました。それから、いろんな企画に、彼が呼ばれるようになり、まさに追い風が吹いている感じでした。
すると、彼の言動もちょっとずつ変わったなと思います。前髪が長くて顔が隠れる感じだったのがおでこを出すようになり、メガネもおしゃれなものになり、服も暗い色だったのになんだかパキっとしたおしゃれなものになりました。
で、久しぶりに彼のプレゼンを聞いたら、ジョークを交えながら大きな声で話す人になってたんです。入社した頃は小さな声でつぶやくだけだったので、周りの評価を受けると大変身できるものだなぁ!とびっくりしました。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
独身っていいなと思った瞬間
自分は特別だと思った瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
こんなひといました
わたしの周りで一番お金持ちの人
人が豹変した話
わたしの周りで一番勉強ができた人
わたしの周りで大変身した人
あの人と縁を切ってよかった
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
これまでに出会った天才
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
今だから言えるごめんなさい
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
わたしの周りの大恋愛
ノウハウ
○○の裏話
業界ならではの話
異性は知らないなと思う話
人間関係
一番ひどい友達からの裏切り
女同士って面倒くさいと思った話
女って本当に恐いと思った瞬間
家族に一番感謝したこと
学んだこと
これまでの人生で悟ったこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
思い出
一番おいしかった食べ物
嘘みたいなほんとの話
一番の苦労話
今までで体験した一番怖い体験
これはひどいなと思った結婚式
これまでで一番お金を無駄にした話
奇跡だと思った話
人生で一番贅沢した話
学校や仕事をサボってやったこと
お金さえあればと感じた瞬間
これまでで一番悲しかった時
修学旅行の思い出
これまでで一番笑った話
とっておきのすべらない話
死ぬかと思った話
忘れられない夏の思い出
人生最大の失恋話
人生で一番運が良かったなと思う出来事
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
これまでで一番驚いた話
忘れられない夏休み
これまでに一番勇気を出した瞬間
人を見返してやった話
忘れられない先生の話
人生最大の修羅場
どうしても許せないこと
今までで一番感動した話
私について
誰にも言っていない秘密
わたしがやめられないもの
誰かに聞いてもらいたい愚痴
もっとも尊敬する人
わたしの初恋と、その結末
そういえば昔夢見ていたこと
苦手だったのに得意になったエピソード
人生が変わった出来事
仕事での大失敗
私の変えたい過去
結婚・恋愛
結婚を後悔した瞬間
夫婦関係を続けていくのが不安になった話