"夢の続き" に関するエピソード

「誰にも言っていない秘密」

39歳 女性のストーリー
会社の上司に惹かれていたこと。ポーカーフェイスで、でも優しくて。最初から意識していた訳ではないけれども、直属の上司になってしばらくしてから気になり出した。日焼けした肌や、意外とずんぐりした指先。気付いたときには、その人の声や仕草に目を奪われて意識していた。個人面談のときに、個室で二人だけになるときは緊張してドキドキして、いつも以上に笑顔が多い上司に、胸がキュンとしすぎて息切れしてしまったり。気になり出したのが先だったか、夢を見たのが先だったか忘れてしまったが、夢の中で口づけされたこともある。そんなことはありえないはずなのに、まるで本当の出来事のように心に残っている。その人には、社内結婚の奥様も、お子様もいらっしゃるので、現状を変えようとは思わなかったが、二人で喫茶店で話し合いをしていて、ふと会話が途切れたときには、夢の続きのように、脈絡なく突然手を握られたりしないだろうか、と勝手にひとりでドキドキしていた。叶わぬ片恋は、誰にも言わず、誰にも迷惑を掛けず、心の中にしまっておく。

「そういえば昔夢見ていたこと」

51歳 男性のストーリー
毎晩、寝る時が一番幸せだと感じている。一日を過ごし床に就けることに感謝している。
観たい夢を見れることは無いが、現実ではかなっていない夢を見れる頃がある。
なぜその夢を覚えているかというと、トイレに起きたとき、または、夢の途中で目覚ましで夢から覚めた時である。
トイレなどで起きた時は、続きの夢を見れるようにまた、床に就く。
目覚ましで起きてしまったときは、その時の夢を忘れないように余韻を残しつつ準備をしている。その日の夜に夢の続きが見れるように記憶として残るように。
現実では、起きないであろういい夢を見て覚えていることはなかなか無いため、その時は夢から覚めたくない、または、夢の続きを見ようと必死になっている自分がいる。
そういう自分も嫌ではない。今後もそういう時間を大切にしていきたいと思う、いつ見れるか分からない夢のために。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
自分は特別だと思った瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
独身っていいなと思った瞬間
こんなひといました
あの人と縁を切ってよかった
これまでに出会った天才
わたしの周りで一番お金持ちの人
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
わたしの周りの大恋愛
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
人が豹変した話
わたしの周りで大変身した人
今だから言えるごめんなさい
わたしの周りで一番勉強ができた人
ノウハウ
異性は知らないなと思う話
業界ならではの話
○○の裏話
人間関係
一番ひどい友達からの裏切り
女って本当に恐いと思った瞬間
家族に一番感謝したこと
女同士って面倒くさいと思った話
学んだこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
これまでの人生で悟ったこと
思い出
奇跡だと思った話
とっておきのすべらない話
忘れられない夏休み
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
これはひどいなと思った結婚式
修学旅行の思い出
これまでで一番笑った話
これまでに一番勇気を出した瞬間
人生で一番運が良かったなと思う出来事
一番の苦労話
忘れられない先生の話
今までで体験した一番怖い体験
死ぬかと思った話
これまでで一番驚いた話
人を見返してやった話
学校や仕事をサボってやったこと
今までで一番感動した話
どうしても許せないこと
これまでで一番お金を無駄にした話
嘘みたいなほんとの話
一番おいしかった食べ物
これまでで一番悲しかった時
お金さえあればと感じた瞬間
人生最大の修羅場
人生で一番贅沢した話
人生最大の失恋話
忘れられない夏の思い出
私について
人生が変わった出来事
誰にも言っていない秘密
私の変えたい過去
苦手だったのに得意になったエピソード
わたしの初恋と、その結末
仕事での大失敗
誰かに聞いてもらいたい愚痴
もっとも尊敬する人
そういえば昔夢見ていたこと
わたしがやめられないもの
結婚・恋愛
夫婦関係を続けていくのが不安になった話
結婚を後悔した瞬間