"地主神社行こうぜ" に関するエピソード

「修学旅行の思い出」

18歳 男性のストーリー
 それは私が中学二年生の時でした。中学二年生といえば待ちに待った修学旅行。私の通っていた学校は奈良・京都に行きます。一か月の間、クラス全員で旅行プランを立てて、その時を待っていました。
 そして修学旅行。班行動で京都を丸一日見学しに行きました。京都を回って早2時間。そろそろ回るところもなくなってきた中、友達が一言、「地主神社行こうぜ」
地主神社とは縁結びの神社で知られていて、全員男子だった私の班は即決で行くことになりました。
 そしてその神社に着いて、お待ちかねのおみくじを引くことになり全員で引いてみると、なんと私だけ大吉でした。でも実際、大吉を引いたところで何かいいことが起きたためしはなく、大吉を引けたことがラッキーだと思い、宿に帰りました。
 しかしここでおみくじの力が発揮されました。携帯を先生に預けるために一人で部屋を出た私はある女の子のクラスメイトに呼び止められました。一瞬何のことかわかりませんでしたが、彼女の紅潮した顔を見てすぐに察しました。しかし、私にはそう言った経験が一度もなく、なんせ中学二年生だったものですから、そうなることが周りの人から冷やかされ、恥ずかしいだけだと思い込んでおり、とっさに部屋に引き返してしまいました。それからというもの、私は彼女から距離を取られてしまい、二人でいるのも気まずい関係です。彼女は勇気をもって私を呼び止めたのに…それ以来私は恩を仇で返した気分です。
 自業自得の思い出でした。
 

人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
独身っていいなと思った瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
自分は特別だと思った瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
こんなひといました
人が豹変した話
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
わたしの周りで大変身した人
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
わたしの周りの大恋愛
わたしの周りで一番お金持ちの人
わたしの周りで一番勉強ができた人
今だから言えるごめんなさい
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
これまでに出会った天才
あの人と縁を切ってよかった
ノウハウ
○○の裏話
異性は知らないなと思う話
業界ならではの話
人間関係
女って本当に恐いと思った瞬間
家族に一番感謝したこと
一番ひどい友達からの裏切り
女同士って面倒くさいと思った話
学んだこと
これまでの人生で悟ったこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
思い出
お金さえあればと感じた瞬間
学校や仕事をサボってやったこと
これはひどいなと思った結婚式
これまでで一番驚いた話
忘れられない夏の思い出
人生で一番運が良かったなと思う出来事
一番おいしかった食べ物
これまでで一番悲しかった時
今までで体験した一番怖い体験
今までで一番感動した話
嘘みたいなほんとの話
修学旅行の思い出
死ぬかと思った話
人生最大の失恋話
これまでで一番お金を無駄にした話
これまでに一番勇気を出した瞬間
忘れられない先生の話
忘れられない夏休み
人生最大の修羅場
人生で一番贅沢した話
どうしても許せないこと
これまでで一番笑った話
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
人を見返してやった話
一番の苦労話
とっておきのすべらない話
奇跡だと思った話
私について
もっとも尊敬する人
わたしがやめられないもの
わたしの初恋と、その結末
誰かに聞いてもらいたい愚痴
そういえば昔夢見ていたこと
私の変えたい過去
苦手だったのに得意になったエピソード
仕事での大失敗
誰にも言っていない秘密
人生が変わった出来事
結婚・恋愛
夫婦関係を続けていくのが不安になった話
結婚を後悔した瞬間