"仏壇" に関するエピソード

「人生が変わった出来事」

49歳 女性のストーリー
日本で大手企業に勤務していましたが、思い切って辞め、海外に移住した事です。日本にいた時の私は、何に対しても文句を言っていた様に思います。私は発展途上国と言われる国に住んでいますが、日本の様に恵まれた国に生まれ育ってきて何で文句ばかり言っていたんだろう?と今になって思います。
お墓参りはともかく、日本にいた時は先祖の仏壇に手を合わせる事も無く、スイッチを押せば電気が点いたり、蛇口をひねれば水が出る、毎日のご飯があるのも当たり前と思って生きてきました。
ですが、この国ではこれらの事が当たり前ではないのです。
交通事情にしても、日本に帰ると、こんな便利な事ある?って思います。
この様な毎日を過ごして行く中で、自分の身の回りにある物に感謝する様になり、物を大切にする気持ちを持ち、今日も一日無事に過ごせたと先祖に感謝する様になりました。
自分としては人間として大きく変わり成長したと思っています。

「おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出」

45歳 女性のストーリー
私が4、5歳の頃、高熱をだして寝込んでいると、私の母から電話で聞いた祖父が、バスを3回乗り継ぎ、バナナを片手にやって来ました。それから、夜通し私の傍らにいて、寝ずの看病をしてくれました。
以前から病弱だった祖父が、杖を頼りにもう片方の手には大きなバナナを引っ提げて来たと、ことあるごとに母が話していました。
当時の我が家は、祖父母の住む父の実家から離れていたこともあり、お盆とお正月に帰省する程度でした。
父の実家に行くと、沢山の本や古い品でごった返す、祖父の部屋に籠るのが大好きでした。
優しく微笑んでいた祖父は他界しましたが、今でも時折ふと思い出すことがあります。
そんな時は、お爺ちゃんが見守ってくれてるんだなと思い、目頭が熱くなります。
現在は、私の両親も他界し、弟の家族が御先祖様の仏壇を守っています。
実家を訪れた際には、お爺ちゃんを含む沢山の御先祖様に、感謝の気持ちで手を合わせています。
ありがとうございます。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
独身っていいなと思った瞬間
自分は特別だと思った瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
こんなひといました
これまでに出会った天才
わたしの周りの大恋愛
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
人が豹変した話
わたしの周りで一番勉強ができた人
あの人と縁を切ってよかった
わたしの周りで一番お金持ちの人
わたしの周りで大変身した人
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
今だから言えるごめんなさい
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
ノウハウ
異性は知らないなと思う話
○○の裏話
業界ならではの話
人間関係
家族に一番感謝したこと
女同士って面倒くさいと思った話
一番ひどい友達からの裏切り
女って本当に恐いと思った瞬間
学んだこと
これまでの人生で悟ったこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
思い出
忘れられない先生の話
学校や仕事をサボってやったこと
人生最大の失恋話
死ぬかと思った話
人生で一番贅沢した話
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
忘れられない夏の思い出
一番の苦労話
これはひどいなと思った結婚式
これまでで一番お金を無駄にした話
これまでで一番笑った話
忘れられない夏休み
修学旅行の思い出
今までで体験した一番怖い体験
これまでで一番悲しかった時
人生最大の修羅場
どうしても許せないこと
人生で一番運が良かったなと思う出来事
これまでに一番勇気を出した瞬間
人を見返してやった話
これまでで一番驚いた話
今までで一番感動した話
奇跡だと思った話
お金さえあればと感じた瞬間
一番おいしかった食べ物
とっておきのすべらない話
嘘みたいなほんとの話
私について
苦手だったのに得意になったエピソード
仕事での大失敗
誰かに聞いてもらいたい愚痴
人生が変わった出来事
そういえば昔夢見ていたこと
もっとも尊敬する人
誰にも言っていない秘密
わたしがやめられないもの
わたしの初恋と、その結末
私の変えたい過去
結婚・恋愛
結婚を後悔した瞬間
夫婦関係を続けていくのが不安になった話