"ヴィトン" に関するエピソード

「人生で一番贅沢した話」

34歳 女性のストーリー
昔からお金を使うことに抵抗があり、欲しいものを買うときにはいろいろな店を回り、一番安いお店でしか買いません。好きなブランドもあるのですが、いざ購入するとなると考えすぎてしまい、次回買おうと後回しにして結局買わずに終わります。しかし、ヴィトンのバッグはどうしても欲しくなり、悩みに悩んで独身最後の贅沢として購入しました。結婚してしまうと中々購入するのは難しくなるだろうと思い、私に取って最大の贅沢をしました。いざ購入すると、勿体なくて使うことはなかなか出来ません。しかし1つ高級バッグを持っていると、どこか良いレストランなどにも行くことが出来るし安心です。今はタンスの肥やしになっていますが、買ったことには凄く満足しています。

「これまでの人生で悟ったこと」

37歳 女性のストーリー
努力だけではどうにもならないということです。
私は特別な資格もなければ秀でた成績でもなく、ひたすら真面目さを武器に就活を乗り切りました。
採用された会社は全国に支店がある企業で、私の勤務地エリアでは12人の同期がいましたが、その中に1人取引先の社長令嬢という子がいました。
彼女は部署の中でも比較的残業の短い部署に配属され、彼女の親を知っているという上司・先輩だけではなく、他の支店の人にまで「お父さんと話したことあるよ~」気さくに話しかけられ、同期の中では1番の有名人でした。
持ち物はいつもブランド品で、私たちが100円ショップのふせんを使っている中、彼女はルイヴィトンのふせんを愛用していました。
私がどんなに努力しても、生まれ持った家柄が人生を左右するんだなと骨身に染みました。
そんな私も普通の会社員と結婚し、普通の専業主婦をやっていますので、わが子も将来そういう思いをするのかと思うとふがいない親で申し訳ないです。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
独身っていいなと思った瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
自分は特別だと思った瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
こんなひといました
わたしの周りで大変身した人
わたしの周りで一番勉強ができた人
これまでに出会った天才
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
人が豹変した話
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
わたしの周りで一番お金持ちの人
あの人と縁を切ってよかった
わたしの周りの大恋愛
今だから言えるごめんなさい
ノウハウ
業界ならではの話
異性は知らないなと思う話
○○の裏話
人間関係
女同士って面倒くさいと思った話
一番ひどい友達からの裏切り
女って本当に恐いと思った瞬間
家族に一番感謝したこと
学んだこと
これまでの人生で悟ったこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
思い出
これまでで一番驚いた話
忘れられない夏の思い出
嘘みたいなほんとの話
これまでに一番勇気を出した瞬間
これまでで一番笑った話
学校や仕事をサボってやったこと
これまでで一番悲しかった時
奇跡だと思った話
修学旅行の思い出
お金さえあればと感じた瞬間
一番の苦労話
今までで一番感動した話
忘れられない夏休み
人生で一番贅沢した話
人生最大の失恋話
人生で一番運が良かったなと思う出来事
人を見返してやった話
とっておきのすべらない話
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
死ぬかと思った話
これまでで一番お金を無駄にした話
これはひどいなと思った結婚式
どうしても許せないこと
一番おいしかった食べ物
忘れられない先生の話
今までで体験した一番怖い体験
人生最大の修羅場
私について
誰にも言っていない秘密
そういえば昔夢見ていたこと
わたしの初恋と、その結末
もっとも尊敬する人
私の変えたい過去
人生が変わった出来事
苦手だったのに得意になったエピソード
誰かに聞いてもらいたい愚痴
仕事での大失敗
わたしがやめられないもの
結婚・恋愛
夫婦関係を続けていくのが不安になった話
結婚を後悔した瞬間