"ミカン" に関するエピソード

「一番おいしかった食べ物」

24歳 女性のストーリー
小さいころから果物が好きでよくいちごやりんご、ミカンなどを食べていました。
しかし、ある夏に祖父母の家に遊びに行った際に出された果物が今まで食べたてきた果物の中で飛びぬけておいしかったものがあります。
それは「マンゴスチン」、果物の世界では果物の女王の異名を持っている。
可食部は、種の周りを覆っている白い部分でミカンのような形である、その甘さはさわやかな酸味をとのハーモニーで、いちごなど比べ物にならないほどのおいしさだった。
いくらでも食べられる、と思ったが、原産国は東南アジアや南アジアで熱帯果実の栽培ができる沖縄でも栽培に成功していない品種。
様々な店に足を運んだが、どこも夏にほんの一部しか販売されておらずお目にかかれたら奇跡というほどだった。
いまでも、あの味は忘れられず、見つけた場合は購入してひと時の贅沢を味わっている。

「おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出」

61歳 男性のストーリー
おばあちゃんとの思い出は,おばあちゃんは一人暮らしをしており,ミカン畑の手入れに良く畑に行き,その合間に料理・おやつを作ってくれていました。
この季節になると,サツマイモを掘り,収穫してそれを利用して,電気釜でご飯を炊くときにサツマイモを一緒に入れて,炊くと柔らかく焼き芋とは,又違うホンワカしたおいしがありました。
今では,家庭では殆ど作らない,おやつを農作物で取れる,小豆,イチジク,柿等身近に有る物を利用して,作って貰った思い出が沢山あります。時に家庭で作るおやつの中で,昔食べた事の有るおやつを見ると,おばあちゃんが作ってくれた事を懐かしく思いだしています。
今懐かしい,おやつを家族で食べると,子供たちが,又何年後かに思い出して懐かしんでくれると思います。
家庭の味は,こうして代々続くものだともおもいました。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
独身っていいなと思った瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
自分は特別だと思った瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
こんなひといました
わたしの周りの大恋愛
わたしの周りで一番お金持ちの人
わたしの周りで大変身した人
人が豹変した話
これまでに出会った天才
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
あの人と縁を切ってよかった
わたしの周りで一番勉強ができた人
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
今だから言えるごめんなさい
ノウハウ
異性は知らないなと思う話
○○の裏話
業界ならではの話
人間関係
一番ひどい友達からの裏切り
女同士って面倒くさいと思った話
家族に一番感謝したこと
女って本当に恐いと思った瞬間
学んだこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
これまでの人生で悟ったこと
思い出
嘘みたいなほんとの話
忘れられない夏休み
これまでで一番お金を無駄にした話
学校や仕事をサボってやったこと
人生最大の失恋話
これまでに一番勇気を出した瞬間
一番の苦労話
死ぬかと思った話
今までで体験した一番怖い体験
お金さえあればと感じた瞬間
これまでで一番笑った話
奇跡だと思った話
一番おいしかった食べ物
忘れられない夏の思い出
今までで一番感動した話
忘れられない先生の話
人を見返してやった話
修学旅行の思い出
人生最大の修羅場
これまでで一番悲しかった時
人生で一番運が良かったなと思う出来事
これはひどいなと思った結婚式
これまでで一番驚いた話
人生で一番贅沢した話
とっておきのすべらない話
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
どうしても許せないこと
私について
わたしの初恋と、その結末
誰にも言っていない秘密
そういえば昔夢見ていたこと
もっとも尊敬する人
仕事での大失敗
苦手だったのに得意になったエピソード
私の変えたい過去
誰かに聞いてもらいたい愚痴
わたしがやめられないもの
人生が変わった出来事
結婚・恋愛
夫婦関係を続けていくのが不安になった話
結婚を後悔した瞬間